FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

澪「Jai guru De Va, om.」律「澪がインドにハマった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:08:20.46 ID:1bHTGEkZ0

澪「Jai guru De Va, om.」

澪「Jai guru De Va, om.」

澪「Jai guru De Va, om.」

唯「…澪ちゃん、どうしたの?」

澪「Jai guru De Va, om.」

律「…瞑想中らしい」

梓「瞑想…?」

紬「澪ちゃん、最近インドにハマってるから…」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:10:05.45 ID:dwtrtkzx0

ミュージシャンとしてはインドは基本だしな


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:12:38.14 ID:ArKcCP4F0

次はガンジャか


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:15:57.61 ID:1bHTGEkZ0

澪「Jai guru De Va, om.」

唯「さっきから何を呟いてるのかな?」

律「調べてみたんだけど…ヒンドゥー教の祈りの言葉らしい」

梓「ビートルズの曲の歌詞でもありますよ」

紬「そうなの!なんて曲?」

梓「Across The Universeです」

律「…きっとビートルズ経由でハマったんだろうなあ」

梓「特にジョージ・ハリスンはインドにどっぷりでしたからね」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:24:15.85 ID:1bHTGEkZ0

唯「澪ちゃんの瞑想終わるまでどうしようか」

梓「練習はできないし…先にお茶してるってのも…」

紬「じゃあわたし、さっき梓ちゃんが言ってた曲を聞いてみたいわ!」

律「ウォークマンに入ってないのかよー?」

梓「入ってますけど…ここで鳴らすのは瞑想の邪魔じゃないですか?」

律「大丈夫だよ!集中してたらそんなの聞こえないって!」

梓「じゃあこのシールドでスピーカーに繋げて…」

http://www.youtube.com/watch?v=Rj-4t9drUlM



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:33:53.49 ID:1bHTGEkZ0

唯「うわあ!いい歌だね!」

澪「だろー!?」

唯「わっ!びっくりした!」

律「聞いてたのかよ…」

紬「瞑想は終わり?」

澪「ああ!今日の瞑想はこれで終わりだよ」

律「今日の…」

紬「じゃあそろそろお茶にしましょうよ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:39:57.33 ID:1bHTGEkZ0

唯「やったー!」

律「やっとお茶だー!」

紬「今日のおやつはロールケーキよ~♪」

唯律「わーい!」

梓「澪先輩、どうしていきなりインドにハマったんですか?」

澪「…ハマった?」

律「違うのか?」

澪「変な言い方しないでくれ。ハマったんじゃない。…目覚めたんだ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:46:20.06 ID:1bHTGEkZ0

律「…(ビートルズから仕入れた知識でよく言うよ)」

梓「…(このままにしておいていいのかな)」

唯「おおー!なんかカッコイイねえ!」

紬「そうね唯ちゃん!」

梓「じゃあ…どうしていきなり目覚めちゃったんですか?」

澪「そうだなあ…ある日ビートルズを聞いてたら…降りてきたというか」

律「…そうなのか」

梓「…そっとしときましょう」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 18:53:59.91 ID:1bHTGEkZ0

――翌朝

律「あっ、澪ー!おはよー!」

澪「律!ナマステ!」

律「えっ」

澪「どうしたんだ?」

律「いや…今なんて…ナマステ?」

澪「サンスクリット語での挨拶だよ!知らないのか?こうやって手のひらを合わせて」

律「えっ私もやるのか!?」

澪「当たり前だろ!ほらナマステ!」

律「…な、ナマステ……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:01:22.85 ID:1bHTGEkZ0

――放課後

紬「今日は新茶に大福よ~♪」

唯「やったー!お茶お茶お茶♪」

梓「そうだ、お茶しながら例の部費の話もしませんか?」

律「さわちゃんがなんでもひとつだけ買っていいって言ってたアレかー?」

梓「そうですよ!そろそろ決めないと…」

唯「私はメサブギーのアンプがいいなあ~」

梓「あ…私もそれいいと思います」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:02:55.82 ID:1bHTGEkZ0

律「え~。私は銅鑼かティンパニかぶっ壊す用のドラムセットがいいな!」

紬「私はなんでもいいわ~」

唯「う~ん、意見がバラバラだねえ」

紬「澪ちゃんは何がいいと思う?」

澪「私?私は…」

律「ムギ、聞かなくても分かるだろー?ベーアンかエフェクターって言うに決まっt

澪「私はシタールがいいな!」

律「  」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:09:54.21 ID:1bHTGEkZ0

唯「したーる?って何ー?」

梓「ビートルズのジョージ・ハリスンがよく使ってたインドの弦楽器ですよ」

澪「よく知ってるな!梓もシタール弾いてみたいと思うよな?」

梓「まあ…難しそうですけど興味はありますね…」

澪「よし!これで2票だな!」

律「ちょ、ちょ…待って」

澪「なんだー?律も弾いてみたいのか?」

律「いや…こういうのってもっとたくさん話し合ってから決めた方がいいと思うんだ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:17:43.58 ID:1bHTGEkZ0

律「なっ?今日はこの話これで終わり!」

梓「そっそうですね!慌てて決めることでもないし!」

唯「さっきはそろそろ決めないとって…」

紬「唯ちゃん!梓ちゃんはそんなこと言ってないわ!」

唯「そうだっけ?えへへ」

澪「みんな変だな。あ、シタールに決まりかけたから焦ったんだろ?」

律「(そうだよ!!!)」

梓「みんな自分の欲しいものがありますからね!うん!ゆっくり話し合って決めましょう!」

澪「仕方ないなあ。よしっそろそろ練習始めるぞ!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:27:01.99 ID:1bHTGEkZ0

梓「(よかった…練習に関してはいつもの澪先輩だ)」

澪「今日の練習曲はビートルズのLong,Long,Longだ」

澪「ジョージが神に向けて書いた曲だぞ!」

http://www.youtube.com/watch?v=qkmrjrfitBo



律「梓…どうにかして…」

梓「み、澪先輩…その曲は私も大好きなんですけど…」

梓「いつも明るくて楽しい曲をやってるHTTには合ってないんじゃないでしょうか…?」

澪「聞こえないな。とにかくやってみよう!」

律「悪化してきたな…」

梓「放っておいて大丈夫ですかね…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:35:42.95 ID:1bHTGEkZ0

――翌朝

律「あ…澪、な、ナマステ…」

澪「律、ナマステ!ラーマクリシュナクシャトリア!」

律「ああ…うん(本格的にワケ分かんなくなってきたな)」

唯「律ちゃん澪ちゃーん!ナマステー!」

紬「あらみんなナマステ~」

梓「(律先輩何ですかこれ)」

律「(布教活動を始めたらしい)」

唯「あずにゃんもナマステ~!」ギュウッ

梓「ちょっ…くるしいですう」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:44:46.69 ID:1bHTGEkZ0

梓「ハァ…いつまで続くんだろうこのインドブーム…」

梓「あ、おはよー!」

憂「梓ちゃん!ナマステ!」

梓「  」

憂「??どうしたの?」

梓「その挨拶…唯先輩から教えてもらったの?」

憂「うん!今軽音部で流行ってるって!」

梓「間違ってはいないけど…」

純「あー二人とも!ナマステー!」

梓「  」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:50:55.39 ID:1bHTGEkZ0

――昼休み

唯「やった♪やった♪憂のおべんと♪」

紬「いつも美味しそうねぇ」

澪「いい妹で羨ましいな」ガサッ

唯「澪ちゃんのお弁当もいい匂い!」

律「このスパイシーな匂いは…」

澪「カレーとナンだ。昨日私が作ったんだぞ」

澪「こうやって手で食べる」

唯「すごいねえー!おいしそう!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:56:05.04 ID:RYKLOhvdO

澪「カレーにはキムチを入れる」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 19:56:57.82 ID:1bHTGEkZ0

澪「唯も一口食べるか?」

唯「いいのー!?いただきます!」

唯「おいしい!このカレーお肉が入ってないんだね」

澪「ああ。菜食主義になったんだ」

律「  」

紬「あら澪ちゃん、いつの間にベジタリアンに?」

澪「殺生は良くないと悟ったんだ」

唯「そうなんだー。すごいねえ」

律「唯…マネはしなくていいからな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:01:21.32 ID:1bHTGEkZ0

――放課後

澪「律!悪いけど今日は部活を休ませてもらうよ」

律「なんで?どっか具合でも悪いのか?」

澪「ヨガ教室に通い始めたんだ」

律「  」

澪「律も来るか?ヨガは気持ちいいぞ!精神エネルギーが沸き上がってくるようで」

律「いや…一応部長だし部活に行くよ」

澪「そっか。やりたくなったらいつでも紹介するから!」

律「あ…どうも…」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:08:04.31 ID:1bHTGEkZ0

律「なんかまずいことになってきたぞ…」

梓「部活まで休むようになるなんて」

唯「澪ちゃんがいないと練習できないよ~…」

紬「どうするべきかしら…信教の自由は憲法で保障されているから、止めるのも…」

律「いや!もうこの際そんなことは言っていられない!」

梓「そうです!このままじゃバンドからの脱退なんてことも考えられます!」

唯「脱退…そんなのやだよお…!」

紬「そうね…!作戦を考えないと!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:15:39.72 ID:1bHTGEkZ0

律「作戦か…」

唯「澪ちゃんのインド趣味をジャマしてみる!」

梓「いえ、そんなことをしたらフラストレーションが溜まって爆発してしまうかもしれません」

梓「そうなると少し面倒かも」

紬「じゃあ…別の楽しいことに誘うとか」

律「無難だけどそれしかないよなあ…」

唯「よし!じゃあ今度の休み、澪ちゃんを映画に誘ってみようよ!」

紬「すてきね!映画楽しみ~♪」

梓「自分たちが楽しむためじゃ…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:22:24.70 ID:1bHTGEkZ0

――翌日

律「澪、今度の休みさ、みんなで映画を見に行かないか?」

澪「映画?いいな!行く行く!」

唯「なんと!ホラーだよお~ヒュルルルル~!」

梓「貞子3Dって映画です!面白そうじゃないですか?」

紬「私、一度3D映画を見てみたかったの!」

澪「貞子?…うーん……」

律「(あれ…反応がよくない)」

澪「ホラーはまた今度にしてさ、私のオススメを見に行かないか?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:30:02.19 ID:1bHTGEkZ0

唯「へえー!どんな映画?」

澪「ロボットっていうインド映画だ」

梓「  」

律「  」

澪「携帯で予告編が見られるぞ!ホラ」

http://www.youtube.com/watch?v=vQ9nYcs27c8



唯「すごーい!面白そうだよ律ちゃん!」

紬「あら、本当に面白そうね!」

梓「(二人とも本来の目的を忘れないでください…)」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:37:46.16 ID:1bHTGEkZ0

――休日

唯「すっごく面白かったねー!」

紬「ええ!ダンスのシーンが良かったわ~!」

澪「だろ?インド映画にダンスは欠かせないんだ」

律「結局押し切られてインド映画を見てしまった…」

梓「でも面白かったですよね…」

律「うん…」

澪「おなか空いたな。この近くにいいカレー屋があるんだ。みんなで行かないか?」

唯「やったー!カーレーちょーっぴりライスたーっぷり♪」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:44:12.46 ID:1bHTGEkZ0

――カレー屋

律「お…おいしい!このチキンカレー!」

澪「ナンもおいしいだろ?私のほうれん草カレーも一口あげるよ」

律「おおー!どうもどうも」

梓「(律先輩!)」ドン

律「(そ、そうだった…どつかなくてもいいって)」

澪「それでさ、今日はみんなにちょっとした発表があるんだ」

唯「発表?」モグモグ

紬「何かしら~?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 20:52:20.55 ID:1bHTGEkZ0

律「(嫌な予感…)」

梓「(嫌な予感…)」

律「(いや、でも“ちょっとした”発表って言ってたし)」

梓「(きっとシタール買っちゃったとかそういう…)」

澪「実は来週からインドへ2週間の瞑想旅行に行くことにしたんだ」

律「  」

梓「  」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:00:26.65 ID:1bHTGEkZ0

唯「澪ちゃん、インドに行くの!?」

紬「瞑想旅行ってなんだか修行みたいね~!」

澪「そんなところかな。ヒンドゥー教の導師に師事して瞑想や呼吸法を学ぶんだ」

律「かっ家族と行くのか!?」

澪「一人だ」

梓「そんな…一人だなんて危ないですよ!もし何かトラブルにでも巻き込まれたら」

澪「その辺は大丈夫!滞在中は導師と寝食を共にするんだ。24時間修行ができるんだぞ!」

梓「でも…その導師さんは男の人なんでしょう!?」

澪「それも大丈夫!俗人の欲を捨てた人だから」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:08:04.04 ID:1bHTGEkZ0

――出発前日

澪「じゃ!行ってくるよ!お土産買ってくるからな!」

唯「修行がんばって!」

紬「気をつけてね!」

律「いいか?何かあったらすぐ連絡するんだぞ!?」

梓「危険を感じたらすぐに逃げるんですよ!?」

澪「大げさだなあ。大丈夫だよ!じゃあ2週間後に!」

律「大丈夫かなあ…」

梓「心配ですね…」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:14:52.69 ID:1bHTGEkZ0

――インド

澪「…ここか。すみませーん!」

導師「やあ、よくいらっしゃった。君が日本からの門下生じゃな?」

澪「ハイ!秋山澪といいます!」

導師「では荷物を下ろして。これに着替えて」

澪「…サリー…!夢みたいだ!」

導師「では、瞑想を始めよう。足を組んで」

澪「はいっ」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:22:03.30 ID:1bHTGEkZ0

律「今日で1週間か…連絡ないなあ…」

梓「携帯は持って行かないって言ってましたからね…心配だなあ…」

唯「でも連絡がないってことは元気にやってるんじゃないかな?」

紬「そうよ!おなか壊して入院なんてことになったら家族にも連絡が行くでしょうし」

律「…だよな!きっと心配し損になるからやめとこ!はは!」

梓「そうですね…(心配だ…)」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:30:12.24 ID:1bHTGEkZ0

――それから1週間後

澪「明日でこの瞑想修行も終わり」

澪「本当に多くを得た旅だったな」

澪「荷造りもこれで終わり!明日の昼には飛行機の中か」

導師「ミオ…」

澪「あっ導師!この2週間本当にお世話になりました!感謝してもしきれ」ギュッ

澪「え?」

導師「ミオ…愛している…ハァハァ」

澪「え…ちょ…」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:30:57.34 ID:rRm3o5Cj0

レイプだけは……レイプだけは……


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:38:08.34 ID:1bHTGEkZ0

導師「君が帰ってしまうなんて…ミオ…」スリスリ

澪「きゃあー!」ドンッ

導師「うわっ」グラッ

澪「あ…あ……す、少し早いですけどこれで失礼します!」バタバタ

導師「ミオ…君が好きなんだ…!」

澪「お世話になりましたー!」ダッ

澪「タクシー!空港まで!」

運転手「あいよ」

澪「…ハァ……」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:44:24.47 ID:1bHTGEkZ0

澪「なんなんだ…俗人の欲は捨ててるはずじゃ…」

澪「怖かった…でも…それより…」

澪「すごく…腹が立つ!」

澪「聖人みたいに振る舞っても中身は同じ俗な人間じゃないか!」

運転手「着いたよお嬢さん」

澪「あ…ありがとう。これお金、お釣りはいりません」

運転手「どーも!気をつけてね~」

澪「今日は空港のロビーで夜を明かそう…」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:51:40.45 ID:1bHTGEkZ0

――

唯「澪ちゃんおかえりぃー!!」

梓「食べ物に当たったりしませんでしたか?」

紬「瞑想修行はどうだった?」

律「もーほんとに心配したんだぞ!何事もなく帰ってこられてよかった!」

澪「…何事もなく…か」

全員「えっ」

律「澪…向こうで何かあったのか?」

梓「よければ…話してもらえませんか?」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:57:28.84 ID:1bHTGEkZ0

澪「向こうで瞑想を教わってた導師が…」

律「うん」

澪「あろうことか…私に…せ、性的興味を……」

全員「!!!!!!」

梓「なっ何かされたんですか!!?」

律「警察には行ったのか!?」

澪「いや…すんでのところで逃げてきたんだ…帰国の前日だったから、そのまま空港に」

唯「…よかったあ~……」

紬「怖かったでしょうね。今はもう大丈夫?」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 21:58:05.18 ID:twDcUEGE0

よかったあああああああああああああああああああああああああああ


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 22:04:49.21 ID:1bHTGEkZ0

澪「ああ、だいぶ落ち着いたよ。もうヒンドゥー教はやめる。みんなと一緒に音楽やってる方が100倍楽しいよ!」

律「(聖人だと思っていた相手が俗っぽかったから愛想を尽かしたのか)」

梓「(ビートルズとまるで同じじゃないですか)」

律「でも本当によかった!無事に帰ってきてくれて!」

梓「そうですね!その通りです!」

律梓「(インド病が治って本当によかった…)」

澪「これお土産の紅茶!ダージリンとアッサム」

紬「ありがとうー!すぐ淹れるわね!」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 22:12:44.80 ID:1bHTGEkZ0

――翌朝

律「澪!おっはよー!」

澪「律、おはよう!」

律「(よかった、挨拶も普通だ)」

澪「律、私と一緒にベッドに入ってくれないか」

律「はい?」

律「ベッド・インだよ!一緒に世界平和を訴えよう!」

唯「なになにー?世界平和?」

澪「ああ!ヒンドゥー教じゃ世界は救えない!」

澪「必要なのは、もっと直接的な言葉と行動だ!」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 22:19:27.31 ID:giwFW/K+O

澪どんだけびーとるず好きなんだよwww


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 22:19:39.58 ID:1bHTGEkZ0

紬「あら、次はかなり大きな目標ね~」

梓「澪先輩…もしかしなくても…」

澪「ジョンとヨーコは平和の使者だったんだ!」

梓「(そんなわけないじゃないですか…)」

律「(平和の使者があんな鬱ソングを残すだろうか…)」

澪「すぐにみんなでヌード写真を撮ろう!」

律「澪!目を覚ませ!!!」


おわり
読んでくださってありがとうございました
因みにジョンの鬱ソング
http://www.youtube.com/watch?v=z2LRqQBquDs



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 22:20:24.54 ID:+NtcCYDf0



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/16(日) 22:28:29.74 ID:gKT+K4iq0

saadhu, saadhu



関連記事
スポンサーサイト