FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルフルン「出たなプリキュア」ボーボボ「お前の好きにはさせねぇ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:28:14.17 ID:uSRjGsUh0

ビュティ「キラキラ輝く、未来の光…キ、キュアハッピー………」

首領パッチ「太陽サンサン、熱血パワー!キュアサニー!」

ボーボボ「ピカピカぴかりんじゃんけんポン♪ キュアピース!」

軍艦「勇気リンリン直球勝負!キュアマーチ!」

天の助「しんしんと降り積もる清き心!キュアビューティ!」

五人「5つの光が導く未来!輝け!スマイルプリキュア!」

ウルフルン「………誰だてめぇら」

首領パッチ「どーみたってプリキュアだろ。日曜は昼までねるタイプか?」

ウルフルン「どっからどうみてもプリキュアじゃねぇ!」

ボーボボ「しょうがねぇ、身体に分からせるしかないようだな」

ビュティ(何やってるんだろう、私……)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:37:06.80 ID:uSRjGsUh0

ウルフルン「ちょっと待て。一旦整理させろ」

ウルフルン「まずそこの女、てめぇはなんだ」

ビュティ「……キュアハッピーです」

ウルフルン「まあ、てめぇはまだいい」

ウルフルン「次、そこのちっこいの」

首領パッチ「俺はサニーだっていってんだろ!」

ウルフルン「確かにオレンジ色でなんか太陽みてぇだが……」

ウルフルン「残りのてめぇらはもうダメだろーがそれ!」

ボーボボ「俺は金髪だし、じゃんけんもするぞ」

軍艦「みろよ、緑色の服きてるだろ?」

天の助「水色だろ、俺は」

ウルフルン「なんか頭いたくなってきやがった……」

ボーボボ「さっさとやるぞ、ウルフルン。いつも通りアカンベエをぶっ潰してやる!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:42:27.00 ID:uSRjGsUh0

ウルフルン「ちっ、まあいい!アカンベエ、このワケのわからねぇやつらをやっちまえ!」

アカンベエ「あかーんべーぇ」

ボーボボ「いくぜ!鼻毛真拳奥義…プリキュア・ピースサンダー!」

アカンベエ「あっかぁーん!」

ウルフルン「なっ…、鼻毛が伸びやがった…。つーか……」

ウルフルン「サンダー要素どこにもねーだろ!」

ボーボボ「そんなモノに頼るほど俺は軟弱者じゃねぇ」

ボーボボ「続いていくぜ、鼻毛真拳奥義!サニーシュート!」

首領パッチ「ぎゃああああああああああ!」

アカンベエ「あっかーんべええ…!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:46:40.36 ID:uSRjGsUh0

首領パッチ「ピース、てめぇ……」

ボーボボ「どうする、ウルフルン。」

ボーボボ「こっちにはあと、マーチボンバーとビューティショットが残っているぞ」

ウルフルン「それがどうしたぁ!この程度でアカンベエが…」

天の助「ねえ、奥さん。最近どうかしら?」

アカンベエ「アカン?」

軍艦「あら、うちの旦那もそうなのよ……」

アカンベエ「ア、アカン……?」

天の助「でも大丈夫、きっとうまくいくわよ!」

アカンベエ「アカン…」

天の助「何がアカンのじゃあ!」

ベシィッ

アカンベエ「アカッ……ンベッ!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:50:25.36 ID:uSRjGsUh0

天の助「さっきからだまって聞いてりゃぁグチグチ抜かしやがって!」

天の助「てめぇそれでもぬ組の若頭か!」

ビュティ「何その不愉快な名前の組!?」

アカンベエ「アカンベェ……」

軍艦「親父、大変です…!ピース組が攻めてきやがりました!」

天の助「なんだとぉ!?」

ボーボボ「ビューティ…、今日でぬ組も終わりだな」

天の助「ここまでか……!」

首領パッチ「ほれほれ、さっさとピース組に膝おらんかいボケ~!」

ウルフルン「な、なんだコイツら……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:54:32.82 ID:uSRjGsUh0

ウルフルン「さっきから好き放題ふざけやがって……!」

ウルフルン「てめぇらプリキュアならマジメに戦いやがれ!」

ボーボボ「断る!」

ウルフルン「!?」

ボーボボ「マジメなんざ戦ってやれっかーーーー!」

バシンッ

ウルフルン「ぐはっ」

ウルフルン「くそ、アカンベエ…、早くコイツらを……!」

首領パッチ「あははは、待ってよ~ダーリ~~~ン♪」

アカンベエ「アーカンベェー♪」

ウルフルン「 」

ウルフルン「おいコラ、アカンベエ!てめぇ何やってんだよ……」

首領パッチ「ちょっと、アンタなによ!私のダーリンに手を出さないで!」

ウルフルン「は、はぁ…?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/02(日) 23:58:50.75 ID:uSRjGsUh0

首領パッチ「ダーリンは私のモノよ!」

首領パッチ「この泥棒猫!ダーリンから離れなさいよ!」

ゲシッゲシッ

ウルフルン「痛ぇっ!くそ、何なんだコイツらはーーーーー!」

ボーボボ「ビューティ、ちょっと来てくれ」

天の助「ん、なんだ?」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義ィィィィ!」

ボーボボ「ビューティマグナム!」

ドコンッ

天の助「ぎゃあああああああああっ!?」

ボーボボ「…ちっ、とどかなかったか」

ビュティ「やられ損だーーーーー!?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:04:18.57 ID:uSRjGsUh0

ボーボボ「…ビューティ!誰がいったいこんなことを……!」

軍艦「ウルフルンのヤツだ……、野郎、ゆるさねぇぞ!」

ボーボボ「ウルフルーーーン!てめぇだけは俺がぶっ潰す!」

首領パッチ「ダーリンから離れて!」

ウルフルン「何なんだてめぇはさっきから……!」

アカンベエ「アカン、アカン」

首領パッチ「……俺のために争うなですって?」

アカンベエ「アカンベエ…・」

首領パッチ「だ、ダァ~~~~~リーーーン!」

アカンベエ「アッカーーーーーン!」

首領パッチ「汚ェ手でさわんじゃねぇ!」

ドコォン!

アカンベエ「アカッ…ン!?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:08:21.07 ID:fet8U/s00

首領パッチ「さっきから黙ってみてりゃー」

首領パッチ「お前やる気あんのかぁ?」

アカンベエ「あ、あかん……」

軍艦「ウルフルン、お前に勝ち目はないぞ?」

ウルフルン「くそ…」

ウルフルン「おいアカンベエ!こんなふざけた連中にまけたらシャレになんねえぞ」

アカンベエ「アカンベエ!」

ボーボボ「残念だったな、お前には勝ち目はないぞ」

ウルフルン「!?」

ボーボボ「鼻毛真拳究極奥義……!」


ボーボボ「聖鼻毛領域!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:12:30.01 ID:fet8U/s00

ボーボボ「ここは己を解放できねえやつには死あるのみ!」

ボーボボ「貴様に生き残るすべはねええええええ!」

ウルフルン「意味がわかんねぇんだよ、さっきから!」

ウルフルン「やれっ!アカンベエ!」

アカンベエ「アーカァアアアアン!」

天の助「ぶっぶー、車が通りまーす!」

ゴシャァアアアアン

アカンベエ「アカアアアアアアアアン!?」

ボーボボ「さらに…こい!キャンディ!」

田楽マン「田楽くわせるのらー!」

ガシッ

ボーボボ「キャンディアルティメットボンバー!」

アカンベエ「アカアアアアアンッ!?」

田楽マン「マ、マスコットなのに酷いのら……」

ボーボボ「てめぇにマスコットとしての価値はねえ」 ペッ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:17:21.07 ID:fet8U/s00

首領パッチ「カルパッチョカルパッチョ!」

軍艦「カルパッチョカルパッチョ!」

天の助「カルパッチョカルパッチョ!」

ボーボボ「てめぇら何いってんだーーー!」

ズガーンッ!

3人「ぎゃああああああっ!」

ボーボボ「そしてまとめて……!」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!三位一体シュート!」

ズカーンッ!

アカンベエ「アカーン!」

3人「グハァアアッ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:19:55.31 ID:fet8U/s00

ボーボボ「ど、どうした、誰にやられた……!?」

軍艦「ピース」

ボーボボ「きこえねー!」

ドコッ

軍艦「ぎゃあああああああああ!」

ボーボボ「もう一度聞く、誰にやられた?」

首領パッチ「ウ、ウルフルンだよ!なぁ、ビューティ?」

天の助「おうよ、あの野郎、よくもやってくれたな……!」

ボーボボ「そうか……」

ボーボボ「ウルフルン!よくも俺の仲間を傷つけてくれたな!」

ウルフルン「意味わかんねぇんだよ!行け!」

アカンベエ「……」

ウルフルン「ビビってんじゃねーよ!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:26:34.49 ID:fet8U/s00

ボーボボ「ウルフルンよ、お前に相応しい技を送ってやる!」

ウルフルン「何……!?」

ボーボボ「ぴろぴろぴろぴろぴろぴろぴろ」

KING鼻毛様「ぴろぴろぴろぴろぴろぴろぴろ」

首領パッチ「ぴろぴろぴろぴろぴろぴろぴろ」

天の助「「ぴろぴろぴろぴろぴろぴろぴろ」

軍艦「ぴろぴろぴろぴろぴろぴろぴろ」

5人「ガタポン」

ウルフルン「ぐあああああああ!?」

アカンベエ「アッカアアアアアン!?」

ウルフルン「な、なんだ…、苦しい……!」

ボーボボ「いっただろう、ここでは己が精神を開放しなければ死ぬと!!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:30:34.48 ID:fet8U/s00

ボーボボ「そして、これが貴様に送る、極上の鼻毛真拳じゃああああああ!」

シュルルルルル

バシンッ

アカンベエ「あかんっ!?」

ボーボボ「うおおおおおお!」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義……!」

ブルンブルン

ボーボボ「ジャイアントアカンベエスイングー!」

ドシャァアアアアアア!

ウルフルン「グ……ハアッ!」

首領パッチ「…まさか、この俺が負けるとは…!」

ビュティ「えぇー!?首領パッチくんも巻き添えーーーー!?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:32:17.88 ID:fet8U/s00

ビュティ「あ、元の世界に戻った」

ボーボボ「さて、この男をどうするか」

ウルフルン「  」

軍艦「アカンベエも倒したことだし、放っておいていいんじゃないのか?」

天の助「何いってんだよ、またすぐ悪さするかわかったもんじゃねーぞ!」

ボーボボ「ようし、ならばこの男は俺達で預かろう」

ボーボボ「二度と悪さを出来ないように、この俺が教育してやるぜ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:34:57.53 ID:fet8U/s00

そして数日後

天の助「師匠、今日こそアンタを倒す!」

首領パッチ「ふははは、貴様にはまだはやいわぁ!」

ボーボボ「がんばって、私応援してる!」

軍艦「ああ、やつならきっと出来る!」

田楽マン「信じて見守るのらー!」

ウルフルン「なんだよこれ……」

ビュティ「普段からこうなの……」

ウルフルン(こんなヤツらに勝とうとしたのが間違いだったぜ……)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:42:21.96 ID:fet8U/s00

天の助「うおおおおお!」

首領パッチ「どうした、貴様の腕はその程度かあああ!」

ボーボボ「あ!ビューティが負けちゃう!」

軍艦「くそ、ビューティは俺達の希望なんだ…!」

ウルフルン「なるほど、好きにやらせてやりゃいいわけだ」

ビュティ「そうなの、でも突っ込むべきばしょは突っ込んでね」

天の助「あと少し、あと少しでみかんの潰さずに剥く拳を極められるんだーーー!!」

ウルフルン「なんだその拳法!?」

ビュティ「うん、そんなカンジ。後はタイミングとか、顔が重要かな?」

ウルフルン「なるほど…。ウルッフッフ…、コツがつかめてきたぜ……!」


こうして、ウルフルンのツッコミとしての人生が始まった
彼がハジケリストに落ちてしまうか、はたまたボケ殺しになるか
それは神のみぞしる…




49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:44:17.44 ID:VSPUHAQE0



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 00:57:04.02 ID:2NWXHtgY0


澤井先生これからも頑張ってくれよ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 01:43:04.22 ID:Dn50/NqL0

正直、真説やらんで無印続けてほしかったな…


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。