fc2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

亜美「高須君、起きてる…?」 竜児「…zzz」 亜美「…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:12:43.33 ID:RAWIOqEU0

亜美「高須君のこと大好きだよ」

竜児「…」

亜美「なんて聞こえる訳ないか…」

竜児「…」

亜美「亜美ちゃん疲れたからもうか~えろ~」

ガララ

竜児「…冗談だよ…な…」

みたいなのを
期待してた時期がぼくにもありました


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:27:00.15 ID:RAWIOqEU0

竜児(まさか川島があんなこと言うなんて…)

大河「馬鹿犬」

竜児(でもあいつの事だから冗談に決まってるよな)

大河「おい聞いてるのか馬鹿犬!」

竜児「おぉどうした大河」

大河「あんたさっきから何考えてるの?」

竜児「なにって…あぁ、ほら今日の晩飯だよ!何が食べたい?」

大河「ったく…豚肉」

竜児「また肉か、おまえほんと肉ばっかだよな」

大河「うっさい」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:40:12.65 ID:RAWIOqEU0

竜児(でも、もしあれが本当だとしたら…)

竜児(くそ、なんで川嶋のやつは突然あんな事いいだしたんだ。)

コトッ

大河「なによこれ…」

竜児「え?豚肉入りの野菜炒め」

大河「焦げてんじゃないのよ!馬鹿犬が!」

竜児「え?ああ、しまった。」

泰子「竜ちゃんがこんなミスするなんて珍しいね~もしかして好きな人でもできた?」

竜児「んな別に川嶋のことなんか…」

大河「…!!…あんたもしかしてまた馬鹿チワワに腰振ってたんでしょ!?」

竜児「し、してねぇよ!落ち着け大河!」

竜児(くそ、こうなったら本人に直接聞いてやる…)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 03:59:19.81 ID:RAWIOqEU0

竜児(川嶋はまだ学校にきてないのか。)

北村「どうした高須?なにか考え事か?」

竜児「あぁ…川嶋の姿がみえないなって…」

北村「あいつなら今日は休みだ…」

竜児「え?休み?

北村「あぁ、風邪をひいたらしい、今朝連絡があった」

竜児「そうなのか」

北村「そうだ…お前に頼みたい事があるんだ…」

竜児「なんだ?」

北村「亜美のところにプリント類とか届けてくれないか?生徒会の仕事が忙しいんだよ…」

竜児「あぁいいぞ」

北村「ほんとうか?恩にきるぞ高須!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:31:31.60 ID:RAWIOqEU0

竜児「川嶋の部屋ってここだよな…」

ピンポーン

竜児「でない…寝てるのか?」

ガチャ

竜児「開いてる…不用心すぎるだろう…」

竜児「プリント届けないと駄目だし中にはいるか…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:36:58.07 ID:RAWIOqEU0

竜児「おーい川嶋」

亜美「…zzz」

竜児「寝てるのか…」

竜児「プリント置いて帰るか…」

竜児「川嶋の事大好きだぞ…」

亜美「…」

竜児「なんてな…はやく帰るか…大河もうるさいし」

ガタン

亜美「は?ちょっと…どういう事?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 04:42:31.46 ID:RAWIOqEU0

亜美「なんであいつが私の部屋にいたわけ?」

亜美「あっそういえば…扉の鍵閉め忘れた…」

亜美「それでも入ってくるかっての」

亜美「それに私の事大好きって…」

亜美「……」

亜美「え?もしかして昨日の聞かれてたの?」

亜美「う~でもあいつは冗談っぽく言ってたし」

亜美「あ~もう~亜美ちゃん超意味分かんないし~」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 05:15:17.46 ID:RAWIOqEU0

掛け持ちしんどいです


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 05:22:32.20 ID:RAWIOqEU0

―――
亜美「おはよう高須君!」

竜児「おう川嶋か…」

大河「なんだ馬鹿チワワか…今日は休みじゃないんだ…休んでくれた方がいいのに」

亜美「もぅ…逢坂さんったらいじわるなんだから…そういえば高須君…昨日私の部屋に上がり込んで私の部屋を隅々まで物色したよね~」ニコ

竜児「んな」

大河「どういう事だ…馬鹿犬…」

竜児「誤解を招く言い方をするな!おれはプリントを届けただけだ…」

亜美「またまた…高須君ったら…私の事大好きだって言ったじゃない。」

竜児「!!」

大河「!?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 05:37:42.30 ID:RAWIOqEU0

大河「あんたやっぱり馬鹿チワワに…」

竜児「ちがう…それは…」

亜美「へぇ…冗談であんな事いうんだ…」

竜児「お前が最初に…」

亜美「私は冗談でそんな事いわないわよ」

竜児「だってお前が俺を好きなわけ…」

亜美「あんたのそ~いうとこって天然?それともわかってやってるの。」

竜児「…」

亜美「もういい、あんたと話してると、生理中の気分になる。だからもう話しかけるな」スタスタ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 05:43:41.68 ID:RAWIOqEU0

竜児「なんだよ…あいつ」

大河「な・ん・だ・?は私のセリフよこの馬鹿犬!!」ギュー

竜児「うぅ…苦しい。苦しいぞ大河…。離してくれ!!」

大河「どういう事か飼い主である私に一から説明しなさい。」

竜児「…別にお前に関係ないだろ。」ダッ

大河「あ、こら待ちなさい!!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 05:58:28.78 ID:RAWIOqEU0

北村「なぁ高須!亜美の奴、今日も来てないんだが。なにか知ってるか?連絡きてないんだよなぁ。」

竜児「…」

北村「高須?」

竜児「…あぁ…すまん北村…なんだっけ?」

北村「大丈夫か?保健室で休むか…」

竜児「悪いけど俺、早退するわ…」

北村「そうか…。先生には俺が連絡しておくよ…」

竜児「あぁ…悪いな北村…」

北村「大丈夫かあいつ…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:11:52.27 ID:RAWIOqEU0

―――
――――――
大河「あんた途中で学校サボってなにしてんのよ…」

竜児「…」

大河「馬鹿チワワの事ね?」

竜児「だからお前には関係n…」

大河「私は、虎で。あんたは、竜よ。竜と並び立つものは、昔から虎だと決まってるの。」

竜児「…」

大河「あんたが何をしたって…私はあんたの傍らに居続ける。」

竜児「…」

大河「それに私はあんたの飼い主よ…関係ない事ない」

竜児「ははは、なんだよ最後の飼い主って。」

大河「んな、私は真面目に…。」

竜児「いや、ありがとな大河。聞いてくれるか?」

大河「……話しなさい。」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:18:18.50 ID:M1ULEdiY0

あーみん幸せにしたって


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:20:12.26 ID:RAWIOqEU0

大河「そ れ は お ま え が悪い!!」クギュー

竜児「ちょ、だから苦しいって大河!!」

大河「はぁ…それであんたはチワワの事好きなの?」

竜児「…」

大河「それともやっぱりミノリンが好きな訳?」

竜児「俺は…」

大河「…」

竜児「俺は川嶋の事が好きだ」

大河「ふぅ…ほら!!さっさといきなさい!」

竜児「あぁ…」

大河「…」

竜児「ありがとな!大河!」

大河「私はいいからさっさといけ!」

竜児「あぁ」ダッ

大河「ふふ…馬鹿竜児」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:26:58.41 ID:RAWIOqEU0

ピンポーン

竜児「いないのか?」

がちゃ

竜児「また開いてる。」

竜児「よし入るか…」


竜児「いない…あいつ鍵開けたままでかけたのか?」

竜児「くそ、他にあいつがいそうな場所なんて…」

竜児「…!!あそこか?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:34:15.59 ID:RAWIOqEU0

亜美ちゃんスペース

亜美「…」

竜児「やっぱりいた!」

亜美「なに?私に話しかけるなって言ったはずだけど…」

竜児「というかずっと此処にいたのか?」

亜美「どうでもいいでしょ…そんな事…」

竜児「あぁ…今はどうでもいい…」

亜美「…」

竜児「俺は川嶋亜美が好きだ」

亜美「はぁ?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:42:07.49 ID:RAWIOqEU0

竜児「お前はどうなんだ?」

亜美「…」

竜児「…」

亜美「高須くんは馬鹿だから嫌い。」

竜児「…」

亜美「自分のことも馬鹿だから嫌い」

竜児「…」

亜美「でもあんたはこの馬鹿な私を好きでいてくれるの?」

竜児「あぁ…。おれはお前が好きだ…」

亜美「あはは…あんた本当に馬鹿ね…。」

竜児「なっ俺は真面目に」

亜美「はぁ…結局は私も馬鹿な高須くんが好きなのね…」

竜児「…」

亜美「これからよろしくね竜児。」


おわり


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:43:56.49 ID:J4qEBxUb0

よくやった


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 06:45:13.00 ID:2zEQb9Rn0


次はみのりんオナシャス


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/22(水) 07:22:11.66 ID:JlirmdDV0

あみドラ



関連記事
スポンサーサイト