FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

竜児「あ、こいつ? 俺の彼女」亜美「いっっひっ」ビビクンッ

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [2/84回(PC)]
亜美「……高須くんじゃん」

____竜児 ウロウロ

亜美「ぐーーぜーーん! ……いや、違うか、もっとこう自然な感じを装えないもんかしら……」

____竜児 キョロキョロ

亜美「むぅ……」

チンピラ「お、亜美ちゃんじゃーーん! ぐーーぜーーん! モデルの亜美ちゃんだべぇ!?」

亜美(SHIT)



8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [4/84回(PC)]
チンピラ「マジマジ? マジモン亜美CHANN!? おいおいマジかよぉ!」

亜美(あーあ……。こんな事で一々高須くんに助けて貰うのも何かみっともないし……。あーあ……)

チンピラ「ちょ、マジ生亜美ちゃんマジ激マブなんすけどっ、ちょ、亜美ちゃん1人ー? 暇してるん? 俺マジ暇でさぁ?」

亜美(いつもだったら適当にあしらえるのに。あっ、もう……高須くん行っちゃうよ……。ちょっ、邪魔なんだよテメェ! 高須くーーーん! ヘルプ! 亜美ちゃんマジピンチ! 貞操の危機!)

チンピラ「おっ、逃げることないっしょぉ? いいじゃーーん。ここで会ったが百年目じゃん。ちょい付き合えよぉ?」

亜美「んもうっ!! (この場合はシカタナイよね!) 高須くーーーーん!!!」


















竜児「げっ!!! 気付かれた!!!」



10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [5/84回(PC)]
竜児(い、いやだなぁ。なんか怖そうなヤツに絡まれてるし……。川嶋だったらきっと1人で大丈夫だと思ったのに、何故俺を呼ぶ。最悪呼ぶならそいつをぶっちぎってからにしてもらいたかった……)テロテロ…

亜美(あ、なんか来てくれるっぽいけど、うわ暗っ。そんなに嫌だったのかしら……。ごめん。後でなんか奢るからとりあえず今は亜美ちゃんのもとに来て欲し いです。というか出来るなら今日一日付き合って……。あれ? 亜美ちゃんなんで出かけてきたんだっけ? うーむ……)

チンピラ「あ? 誰だよあいつ。亜美ちゃんの知り合い?」

竜児(いいえ、本当は違うんです……)
亜美(たりめーだろ! 目ぇ腐ってんのかこのダボハゼがぁ! 高須くんは、亜美ちゃんのヒーローなんだからね!!)

竜児「……ど、どうした川嶋?」ギロッ

亜美「た、高須くん! (やーん! いつもながら目つきサイコー! 最高に悪い。の意で)」

チンピラ(ヤベェのが来た!!)ビクッ

11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [6/84回(PC)]
竜児(どうしよう、怖そうだなぁ)ギロッ…

チンピラ「て、てめぇあに眼くれてんだらぁ! 喧嘩売ってんのかわりゃりゃぁー!」タジ…

竜児(こ、怖い……)ギンッ!

チンピラ「んひぃっ」ビクッ

亜美(その調子だよ高須くん! 高須くんが怯えれば怯えるほど目つきが鋭くなっていく! いかなる感情の高ぶりも目つきの悪さに比例する高須くんの眼くれBADループに勝てるやつなんてあんまりいないぜ! 亜美ちゃん惚れそう!)

竜児「あ、あの、すいません」ジロッ

チンピラ「あ、あんだこらぁぁ!?」ビクビク…

亜美(うーん、でもここで敢えて亜美ちゃんが、高須くんをフォローして出来る女をアピールするのも有りか……。
完全にトラの威を借るなんとやらだけど、高須くんビビってて、なんか可愛い。じゃなかった、可哀想だし。よし、亜美ちゃんが1つティンピラ退治の手本を……オルルァ!)

竜児「あ、あの……」すっ

________

亜美 ) 竜児( チンピ
________

竜児「こ、こいつ、俺の彼女なんで……」

亜美「……んひっ……!?」ビビクンッ!

12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [7/84回(PC)]
チンピラ「そ、そう言うことは早く言えやぁ、くそがぁ!!」ビクビク…

竜児「す、すいません……」ギロッ

チンピラ「ち、ちっ……」すごすご

竜児(あー、怖かった……。しかし舌打ちを噛むやつなんて初めて見たぞ。一発目は上手く鳴らなかったのかな)

亜美「…………」

竜児「……ん? 川嶋、顔が真っ赤だぞ。ああ言う手合には慣れてると思ったんだけど」

亜美「ううん、さっきのは、なんか、ヤバそうなやつだったし……」

竜児(ま、まじか。俺良く生き残れたな……。でも勇気ちゃん振り絞って助けにきて良かったぜ。見捨ててたら川嶋やばかったんだな)

亜美(ちょ、まっ、無理! でもお礼は言わなきゃ……あ、だめだ、無理っ! 何も言え無い! 手汗まじ限界なんすけど……!!)

竜児「じゃあ俺はこれで……」

亜美「や、やだよ、待って、行かないで!」


衆人___ざわっ…



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [9/84回(PC)]
竜児「ちょっ、お前、川嶋、何言って……!」
亜美「や、やだ、ゴメン! 私何言って……」

衆人___ジロジロ

竜児「と、とにかく、えーと、どうしよう……」

亜美「す、スドバ! スドバいこ!」

竜児「そ、そうだな。立ち話もなんだし……って、ん? 何かこの流れおかしくないか?」

亜美「……?」キョトン

竜児「……そうだった。俺は用事があるんだった。すまん、川嶋、スドバはまた今度だ! それじゃ!」
亜美「えっ、やだ! 亜美ちゃんのこと置いてくの!?」ガシッ

竜児「なんでだよ! 知らねーよ!」ズリズリ

亜美「ささ、さっき助けてくれたじゃん!」
竜児「助けたんだからもう良いだろ!」

亜美「えっ、うぅ……おれい……」

竜児「いらねーよ!あ、そうだっ。じゃあ、お礼に手を離してくれよ!」

亜美「いいい、今いらないって言ったじゃん!」
竜児「本当に予定があるんだよぉ!!」

実乃梨「あれぇー高須くんと、あーみんじゃん! こんなとこで何してんの~? ぐーーぜーーん!」
竜児、亜美「「!!?」」



19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:lIt5YbT50 [1/4回(PC)]
あーみん可愛い

20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [10/84回(PC)]
高須「よ、よう、櫛枝……」
亜美「み、実乃梨ちゃん、こんにちは……」

実乃梨「んー偶然ー? あ、そういや高須くんとは会う約束してたんだっけー? なら偶然じゃねーなー。あーみんとはしてない。なら、こっちゃ偶然だぁ」

亜美「…………」

実乃梨「おっすおっす、あーみん! ぐーーぜーーん!」
亜美「ぐ、ぐうぜーーん……」
竜児「櫛枝、その、だな……」

実乃梨「なんと!? 竜児ドノ、何故にいいわけ口調ナリィ? 拙者全くわからんでごじゃりましゅるよ」

竜児「そ、それも、そう……だな……」

実乃梨「ま、確かに約束の時間はちょろっと回っちまってっから、その辺に謝意を覚えるのは、律儀な高須くんとしては真っ当な判断だぁな。
しかれど、竜児殿は今そのことについて詫びようとしたんだろーか!? あっしにゃあ、ちぃとそうは思えんのだなぁ」

竜児「櫛枝、あのさ……」

実乃梨「しかしだからと言って、高須くんが詫びる必要性については、このみのりん皆目検討がつかぬ! だから、謝ることないんだよぉ、高須くーん! さ、時間も押してるにつき、我らはこれにて! あーみんバイ↓ビー↑にござるー!」
亜美「………」

実乃梨「いこ? 高須くん!」
竜児「お、おぅっ」

亜美「ま、待たれよ!」

実乃梨「あん?」
竜児(こ、怖い!)

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:QE/Sfhc+0 [2/2回(PC)]
すけこましやで

22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [11/84回(PC)]
実乃梨「なんでい? あーみん。これからうちらは新生活における買い出しに行くのだー! 正史はどうかは知らんが、みのりんはもう18だーからーの大学生。コツコツバイトして貯めたお金をはたいて始めるは夢のワンルームマンション! は嘘! 有り体に言えば一人暮らしなのだ!
で、その諸々の生活必需品をこの家事手伝いの鬼、別名メイド紳士の高須の竜児ちゃんに見繕ってもらうべく、前々よりお互いの予定をすり合わせてたんだぜ? と言うわけで時間押してっから早く死んでくれ。さらば」

亜美「実はね、じーーーつーーーはねぇ! 亜美ちゃんも実は新生活の買い出しに来てるところだったのよ! これは実に奇遇だわねー!
ねぇ、ここで会ったが百年目。亜美ちゃんも着いていってついでにお買い物できたら、なんだかとってもいい塩梅なんじゃないかと亜美ちゃん思うのよ~!」

実乃梨「知るか、消えろ、失せろ。消 え 失 せ ろ。お前はもうマンションに住んでんだから、そっから通うんだろ? なら生活用品いらねーーじゃんか。
いらんものを買うと、お金勿体無いおばけがヒュードロドロだぜ? 呪い殺される前に、お帰りを言う人もいないマンションちゃんの四隅に塩でも盛ってろ長髪女」

亜美「いやーーーん、口汚い短髪野郎だこと! ん? 短髪? 単発? タンパク? もしかしておっぱいまで筋肉ゴリゴリのタンパク野郎なんじゃないかしらーー? 髪型的に~。
高須くん! そんなおっぱいゴリゴリアマゾネスなんかとデートするぐらいなら、筋肉までやらかい亜美ちゃんとソフトにお買い物しましょーー?」

実乃梨「キャンキャンうるせぇな長髪女。そんなにやらかい体がお望みなら、そこの電柱で全身の筋と言う筋を、叩いて伸ばして、食べやすくのしてやろうか? どうせ筋張ったお前の筋肉なんて、付きっ切りで三日三晩煮込まなきゃ食えねーんだろーけどなぁ。
安い食材を美味く食うには手間ぁ惜しんじゃなんねぇって山岡さんも言ってたから、やってやるよ。私はやってやる……が、高須くんはどうかなぁ。そのままペロリいけちゃうみのりんの方がいいんではないだろうか? いいに決まってるので。はいさよなら! 死ね!」




竜児「もしもし、大河? うん、やっぱりお前が正しかった。女ってコエーわ……。うん、俺お前の世話してるのが一番性に合ってると思う……。うん、どうか末長くよろしく……」

おわり



25 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [] : 投稿日:ID:IQxBIGQz0 [1/1回(PC)]
え?
終わり?
いやいやそんなはずは



32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [15/84回(PC)]
実乃梨「……あー、高須くんだー! おーい! 待ってたんだぞぃ……あれ?」

____亜美 )竜児 ( チンピ

実乃梨「あーみんじゃん……。と言うか何あの少女漫画見たいな状況……」

____ズルズル… 亜美←竜児

実乃梨「あ、こりゃだめだわ。押しに貧弱過ぎる高須くんじゃ連れてかれる……」すぅぅぅーーー



実乃梨「あっれぇ!! 高須くんと、あーみんじゃん! 偶然!」

二人__!?

33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [16/84回(PC)]
実乃梨「もーー、来ねぇと思って、うろついてたらなんであーみんに捕まってるかなぁ。この人はぁ」

竜児「や、ごめん」

亜美「え? 用事って、実乃梨ちゃんと?」

竜児「そうなんだよ。新生活に必要な諸々を見繕うのを手伝って欲しいってさ」

実乃梨「もう、デートって言っちまって構わんぞ。高須氏」

竜児「で、デェト!? そ、そんな耳触りの良い単語で表現してもいいのか!」

亜美「た、高須くんが実乃梨ちゃんとデートなんて有り得ないから!!」

実乃梨「私がそう思ってるんだからデートでいーんですぅ。もう、高須くん、他の女の子に目移りしちゃヤーダーヨー……」

竜児「目移りなんて……。ん? というか、待て櫛枝。なんかおかしくね?」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [17/84回(PC)]
竜児「俺は、お前と付き合ってない。これは、飽くまで買い物の手伝い。よってデートではないはずである」

実乃梨「……ぶー、不正解ですぅ」

亜美「ほら見なさい! やっぱり亜美ちゃんの思った通りだ! デートじゃない!」

チンピラB「おいおい、なんだよぉ、女の子二人も連れて、いいご身分じゃねぇかよ」

チンピラA「コルルァテメェ、さっきはよくも、やってくれやがったなぁ!」

竜児「うっわまず……」ギロッ

亜美「馬鹿が馬鹿連れて来やがった……」

実乃梨「はぁ……なんでこうなんのさ」

36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [18/84回(PC)]
チンピラA「テメェコラッ、おかしいんじゃねぇのぉ? フツー彼女は1人につき1人だよなぁ。なら片っぽは彼女じゃねぇってことだよなぁ!!?」

亜美「すげー。こいつ算数出来るタイプの馬鹿だわ。亜美ちゃんカンドーしたわ」

チンピラB「あぁ!? テメェ可愛いからって調子くれてってヤベェことんなんぞ!?」

実乃梨「ちょっとあーみん、だめだぜ刺激しちゃあ」

チンピラA「お、この子も亜美CHANN程じゃねぇけど激マヴじゃん! おいニーチャン、1人分けろや?」

竜児「ど、どうしよう……」

実乃梨「高須くん。ここは仕方ないよ。選ぼう。1人」

竜児「え? まじで?」

亜美「亜美ちゃんもそれにさんせー。二股ばだめだよ。フられた女はこの馬鹿どもに尖兵として送られるってことでー。いいよね?」

実乃梨「あー? 望むところっしょー。どうする? 高須くん」

竜児「
>>37

37 : 以下、名無しにかわりましてHBKを愛しています[] : 投稿日:ID:OJxwC8iJ0 [1/1回(PC)]
安価かよ死ね

亜美で




41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [19/84回(PC)]
ぜってー安価こねーと思って自分で取ろうと思ってたのに!

二人の場合

竜児「わ、わりーんだけどさ……こいつら二人とも、俺の彼女だから……」

チンピラAB「あぁ!? そんな道理が通用するわけねぇだろうが!!?」

亜美「……どうする?」

実乃梨「……ま、いいや。本編よりマシっしょ」

亜美「それもそうか……」

チンピラA「ぐわっ!!」
チンピラB「あべしっ」

亜美「さーてそれじゃあ、亜美ちゃんも買い物ついてこーっと」パンパン

実乃梨「あーあ。せっかくデートだったのに。あーみんのせいだ……」

亜美「文句はこのだらしないスケコマシに言いなさいよ」

実乃梨「……だめだ。惚れた弱みでなんも言えねぇや」

亜美「じゃ、諦めることね」

竜児(これで良かったのだろうか……)


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [20/84回(PC)]
竜児「さ、さっきも言ったろ? こいつは俺の彼女だから……」

亜美「……あ、だめだ。泣く」

実乃梨「………」

チンピラB「へっじゃあこっちのどちらかと言うと冴えない女は持って行っていいんだなぁ?」

チンピラA「はぁ、俺は亜美ちゃんが良かったんだけどよぉ。こっちのどちらかと言うと冴えないねぇちゃんで我慢してやる……ぐほぉ!」

チンピラB「て、テメェなにしやがっがはぁ」

実乃梨「あーもしもし、大河ぁ? うん、私ぃちょっとチンピラいじめてるの。手伝ってぇ?」


竜児「矛先が俺に来ないのが逆に怖い……」

亜美「ねっ、ねっ、どこ行こっか?」

竜児「もうどこでもいいよ……」

亜美「んーじゃあ亜美ちゃんちー」

竜児「はいはい……」

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:p43WrP3C0 [2/2回(PC)]
池沼ルートじゃなくて本当に良かった

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [21/84回(PC)]
亜美「でもね、嬉しかったんだ。さっきは」

竜児「何がだよ」

亜美「後ろに庇ってくれた事。ありがとね」

竜児「……とんでもねーこと口走っちまったけどな」

亜美「ダメですー。忘れろったって亜美ちゃんは、忘れてあげないから」

竜児「……五時には帰るぞ」

亜美「え? なんで? 泊まって行くでしょ?」

竜児「なんでだよ。色々あるんだよ。仕事が……」

亜美「ちぇ、つまんねぇ……」

46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [22/84回(PC)]
亜美「さて、何する? 何する? ゲームする?」

竜児「ゲームか……いいな。ゲーム」

亜美「ゲームはねぇ、マリオカートとぉ、マリオテニスとぉ、あとは何だろ、ダメだあとは1人用のしか亜美ちゃん持ってねーや。どっちがいい?」

竜児「んー、じゃあカート」

亜美「いぇーいカーートーー。でもなんでカート?」

竜児「テニスは実際にできるだろ」

亜美「……それだけ?」

竜児「お、おぅっ。悪いかよ」

亜美「……ぷっ、あははは、変なのー。カートだって出来るよ?」

竜児「俺は免許持ってねーし」

亜美「あははははははっ」

47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [23/84回(PC)]
亜美「私有地なら免許はいらないんだよー。今度また亜美ちゃんちの別荘に追いでよ。ポルシェとか、ぶつけ合おうぜ!」

竜児「や、やだよ。そんなもったい……。でも別荘か。あれは楽しかった」ピコピコ

亜美「今度来るなら、高須くん1人で来なきゃだめだからね」

竜児「あ、それは無理だ」ピコピコ

亜美「あっそう……」

竜児「おい、そのショートカットは卑怯だろ!」

亜美「亜美ちゃんは誰が相手でも手加減はしないのだ……」

48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [24/84回(PC)]
竜児「わかった。ショートカットのないステージにしよう」

亜美「いいぜ。どこを選んでも相手ちゃんが負けるとは思えないしーー」

竜児「よし……」






竜児「もうやだ……ツマンナイ」

亜美(少し大人げなかったかな……)



51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [25/84回(PC)]
竜児「………もう帰る」

亜美「えっ!? そんなに? ちょ、ゴメンって! やり過ぎた! そうだ、今度はテニスやろうテニス!」

竜児「いや、そうじゃなくて、時間……」

亜美「……あ。そうか、もうそんな時間か……」

竜児「わりーな。また遊びにくるよ」

亜美「………」

竜児「それじゃ」

亜美「や、やだ……」

52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [26/84回(PC)]
亜美「帰っちゃやだ……」

竜児「つってもな……ほら、俺一応母親に養われてるわけでさ、だからその分返さなきゃいけないんだって」

亜美「じゃあ、家事が終わったらまた来て」

竜児「えっ、な、なんでだよ」

亜美「……本当は高須くん、早くタイガーに会いたいだけなんでしょ」

竜児「そ、そんなことねぇよ」

亜美「嘘だ。ずるいよ……さっきは亜美ちゃんのこと彼女だって言ってくれたのに……」

竜児「あれは、あの場を切り抜けるためにだなぁ……」

亜美「じゃあ、高須くんは、この場を切り抜けるために、どうするのかな……?」

竜児「………」

亜美「……お風呂入ってくる。いーよ帰って」

53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [27/84回(PC)]
亜美「で、本当に帰った……と。まぁ仕方ないよね。お母さんは大事だ」

亜美「………はぁ、書き置きだ。高須くんらしいや」

____竜児『また来る』

亜美「……またっていつよ。亜美ちゃんおばあちゃんになっちゃうよ。なんちゃって……」

____ピンポーン

亜美「あ、来た。馬鹿だあいつ。何しにきたんだろ」アセアセ

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:CqNrRCNY0 [1/3回(PC)]
支援する

55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [28/84回(PC)]
竜児「……で、来たわけなんだが」

亜美「……えっち」

竜児「は!? 別にそんなわけじゃねぇよ」

亜美「いーから早く入んなよ」

竜児「お、お邪魔します」

亜美「やばいよー、亜美ちゃん今どスッピンだぜ」

竜児「いつも化粧してたのか」

亜美「してたのだ。高須くんに会う時は特に念入りに自然な感じを心がけてたのだ」

竜児「お前なんか口調変だぞ」

亜美「う、うっさい! こっちを見るな!」

57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [29/84回(PC)]
亜美「さすがに大好きな相手と言えども、
亜美ちゃんはシャワーを浴びてもいない男子とHする気にはなれないんだけど……」

竜児「い、家で入ってきた……」

亜美「……なんだ。やっぱりHしにきたんじゃん。すけべ」

竜児「し、仕方ねーだろ! あんな風に言われたら勘違いするなって方が無理だろ!」

亜美「勘違いじゃないよ……。でも、うん、そうだね。来てくれて嬉しいよ」

竜児「川嶋……」

亜美「……野暮だけど、タイガーのことはいいの?」

竜児「あいつとは……その」

亜美「ん、いいや、別に。亜美ちゃんは別に竜児の二号さんでもいい。はっきりしない方がいいことなんていっぱいあるもんね」

竜児「………すまん」

亜美「謝んないでよ……バカ」

58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [30/84回(PC)]
亜美「じゃあ、その、宜しくお願いします……」

竜児「お、おおぅっ」

亜美「んっ」

竜児「あ、あのさぁ川嶋」

亜美「なに?」

竜児「いや、その……」





実乃梨「悪い子はいねがぁ!!!!」



亜美「きゃーーー!!!」

竜児「おおぅっ!!!?」

59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [31/84回(PC)]
実乃梨「やろーこのやろめーー! 大河からネタはあがってんだよ! 全く、鍵もかけずにこんな小っ恥ずかしいことしくさりやがって! ほら、虎の巣に帰るぞ。高須くん! 浮気は良くない」

竜児「大河が!? な、なんて?」

実乃梨「やけに股間を重点的に洗ってやがったそうじゃねぇか。ったく、信じらんねぇジゴロっぷりだぜ! そしてお前! 川嶋亜美! なーーにか二号さんでいいだ! いい加減にしろ!」

亜美「き、聞いてたの!」

実乃梨「聞いてたどころじゃねぇぜ。これを聞け!!」ポチ

____亜美「してたのだ。高須くんに会う時は特に念入りに自然な感じを心がけてたのだ」

亜美「ちょっ! なによこれぇ!!?」

実乃梨「何ってあーみんが惚けて口走った睦言じゃん。これは既にマザーに送ってあるんで、しばらくは実家に監禁されることでしょうね」

亜美「し、信じらんない! なんでお母さんのアドレス知ってるの!?」

実乃梨「きた」

亜美「裕作のばかぁ!!」

実乃梨「さぁ帰るぜ、高須くん。お前にはこの後大河からのキツーーーイお仕置きが待っている……」

竜児「……なんてこった」

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [32/84回(PC)]
実乃梨「じゃーな川嶋亜美! 高須竜児は
貰っていく! お前は一生二号さんがどうとか言ってろー!」

亜美「ち、ちくしょーーー!!」





竜児「………」ズーン

実乃梨「元気出しなよ。高須くん、ところでさ」

竜児「なんだよ櫛枝……」

実乃梨「……私んち、今日親いないんだ」



おわり





66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [34/84回(PC)]
大河「あのさぁ竜児」

竜児「おぅっ」

大河「あんた最近えらいモテてるらしいじゃん」

竜児「え、な、なんのことやら……」

大河「……別にいいけどね。昨日みのりんと遅くまでどこ行ってたの?」

竜児「櫛枝? はて……」

大河「……いいんだけどね。最終的に私のところに帰ってきてくれれば」

竜児「えっ」

大河「そのままの意味よ。ごちそうさま」

竜児「お、おぅっ……」

67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [35/84回(PC)]
実乃梨「へー、大河がそんなことをね」

竜児「嬉しいやら悲しいやら」

実乃梨「まぁ私としては、本妻の許可が出たのは美味しいんだけどね」

竜児「やめろって言ってくれればヤメルノニ……」

実乃梨「……それを二号の私に言う?」

竜児「ん?」

実乃梨「聞こえないフリをするな」ペシッ

竜児「イテッ」

68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [36/84回(PC)]
亜美「うう……ママは、家から通いとか何時間かかると思ってるのよ……」

亜美「もうクルマの免許取ろうかしら。マイカー通学とかオシャレよねー。でも校則では禁止なのよねー。当たり前だけど。ってあれ……?」

竜児、実乃梨____イチャイチャイチャイチャ……

亜美「うわ、信じらんねー……。公然と浮気してるよあいつら。ちょっとタイガー! いいのあれ?」

大河「今日も平和だ。竜児のご飯が美味い」パクパク…

亜美「まだ朝のホームルーム前なんですけど……」

69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [37/84回(PC)]
大河「いいの。だって人間は去勢できないもん。だから我慢するしかないんだもん」

亜美(人間は去勢できない分、理性を持って行動すべきだと思うんだけど……。でも言わないでおこう。亜美ちゃんにも美味しいしっ)

亜美「高須くっグェッ!」

大河「でも、ウチの竜にはチワワはもったいないと思うのよね」

亜美「ゲホッゲホッ、ちょ、今星が見えたわよ……」

大河「へぇ、こんな朝っぱらに星だなんて、ロマンチックなこと言うじゃん、チワワのくせに」

亜美「カエルが潰れるような声出しちゃったじゃない! もう、亜美ちゃんのイメージ崩さないで!」

大河「私と対等にやりとりしてる時点で皆の中では変人確定してるから、今更心配する必要はないわよ」

亜美「対等……。あ、でもやっぱり変人枠はノーサンキューだわ……」



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [38/84回(PC)]
大河「あーあ。そもそもね、竜児が好きだったのってみのりんだし。私はいい具合でフェードアウトしようかなーなんて」

亜美「高須くんが好きなのはあんたなのに?」

大河「………」

亜美「………やべ」

大河「そ、それどこ情報! どこ情報よそれぇ!!」

亜美「本人に聞いてみなさいよーー!!」


____ギャースギャース

竜児「な、なんか騒がしいな」

実乃梨「んー、みのりんの心は安らかだて」

竜児「そうか」

実乃梨「高須くんさぁ、昔自分で天然って自称するやつをどう思うかって聞いてきたよね」

72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [39/84回(PC)]
竜児「おー聞いた聞いた」

実乃梨「あー懐かしい。まだあーみんが転校してきた直後じゃん。あの辺から仲良くなってきたんだよね。皆」

竜児「そうだな」

実乃梨「私ね。天然じゃないんだ。全部計算なんだ」

竜児「ブーーーー!」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [40/84回(PC)]
実乃梨「私の中にね、アホになるスイッチがあってさ、それを常に連打してんだ。だからもし高須くんに私が天然に見えてもそれはみのりんが狙ってやってることなのだー」

竜児「そ、それってどこにあるんだ?」

実乃梨「目には見えないところ」

竜児「そ、そうなのか……」

実乃梨「だからそれを押すのをやめたらね、今みたいな感じになる」

竜児「今?」

実乃梨「そう。今私はアホスイッチを押すのをやめてマジで脳みそフル回転させて考えてる」








実乃梨「どうやって大河から高須くんをぶんどってやろうかね」

74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [41/84回(PC)]
竜児「………く、櫛枝?」

実乃梨「なーにかな? 高須くん!」

竜児「いや、その……」

実乃梨「昨日も言ったけどみのりんはあーみんみたいに二号さんに甘んじる気はねーぞー。ま、高須くんがそれが良いってんなら暫くはそれでもいいさ。でもね、気づいた時にはみのりん無しではいられなくなってる予定なので、お気をつけてー」

竜児「それはどういう……」

実乃梨「例えばさ、なんで高須くんは大河を放っておけないわけ?」

竜児「そりゃあ、ドジだし」

実乃梨「だよね。じゃあもしも私がドジだったらさ、放っておけなくなんねーかな?」

竜児「さぁ……」

実乃梨「試してみよっか。あ! こんなとこらにハサミがぁ!」

竜児「!!!? バカよせ!!」

75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [42/84回(PC)]
実乃梨「ばっかだなぁ、高須くん。私がそんなメンヘラみたいなマネしてドジだなんて言うと思う?」クルクルクルクル…

竜児「いや、その、落ち着け、櫛枝。とりあえずそのハサミを……」

実乃梨「あ、飛んでいった」ヒュッ

竜児「………大河!!」



____ギャースギャース

大河「……えっ」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [43/84回(PC)]
亜美「ちょ、タイガーあんた、頬っぺた切れてるわよ!」

大河「えっ、うそ、えっ……」ツゥー

竜児「おまっ」

実乃梨「しー! 高須くん、しー!」

実乃梨「さて……大河! ゴメン、大丈夫!?」

大河「え、大丈夫。多分……」

実乃梨「ゴメン、私が、ハサミ弄ってたら飛ばしちゃって……、保健室、連れてってあげる。一緒にいこ?」

大河「だ、大丈夫。一人でいける……」

実乃梨「ううん、心配だから、私が、ついていって、あ、げ、」チラッ

竜児「……」ゾクッ

竜児「か、川嶋!」

亜美「へ? なんで私?」

竜児「頼む、お前がついていってやってくれないか?」

亜美「いいけど……」

78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [44/84回(PC)]
実乃梨「でも、私も……」

竜児「いいから、お前は、俺と話の続きを、しようぜ」

実乃梨「……うん」

大河「……」

亜美「……ほ、ほら、行こう?」

大河「大丈夫。一人でいけるよ」ガラガラッ

亜美「あ、ちょっと!」タッ




亜美「なんか、おかしいよね」

大河「………どうしよ」

亜美「? どうしたの?」

大河「みのりんが、みのりんが私の敵になっちゃった……」

79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [45/84回(PC)]
実乃梨「それでね、それでね」クルクルクルクル…

竜児「櫛枝、ハサミをクルクル回すのをやめろよ。さっきすっぽぬけたばっかりだろ……」

実乃梨「はーい。わかった。みのりんやめまーす」ピタ…

竜児「…………」

実乃梨「もう、そんな睨まないの。みんな怖がってるよ?」

クラスメイト____いやいやいやいや、怖いのは貴女ですって……



81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [46/84回(PC)]
亜美「ふーん、なるほど、あの櫛枝実乃梨があんたを人質にして高須くんを脅迫してると……」

大河「そ、それはあってるかわからないけど、敵になったのは多分、本当……」

亜美「ふーーん」

亜美(こいつは私のぶりっ子も見破ってたみたいだし、その辺の目は確かか……)

亜美「わかった! それなら亜美ちゃんが人肌脱ぎましょう!」

大河「……は?」

亜美「共同戦線! 悪い魔女から高須くんを取り戻すのだー!」

82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [47/84回(PC)]
実乃梨「じゃあ今日はさよなら、私部活あるから」

竜児「おぅっ……」

実乃梨「もしも大河と帰ったりしたら、またドジしちゃうかもー。なーんて! ドジは狙って出来るもんでもねーかー! そんじゃまたあしたー!」

竜児「…………」

実乃梨「……またねって言ってんじゃん」

竜児「……またな」

実乃梨「うん! それではー」

竜児「………あの櫛枝がなぁ」

亜美「いょう! 大変そうだね」

竜児「……川嶋か」

亜美「タイガーもいるぜ?」

大河「……」

竜児「ちょっ! 馬鹿野郎空気読め!」



85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [48/84回(PC)]
亜美「亜美ちゃんレディだもーん。野郎じゃねぇしー」

竜児「あぁ、悪かったな! とにかくダメなんだ! 櫛枝がなんかおかしくなっちまって……」

亜美「あーそこでよ。亜美ちゃんがこの手乗りタイガーのボディガードを買って出たわけだ!」

竜児「……は?」

大河「本当よ?」

竜児「お前自分守るの一番得意なんじゃねぇの?」

大河「……あれ?」

亜美「まぁこんな具合だし、親友を失ってメンタルぶっ壊れ気味の可愛いタイガーちゃんを亜美ちゃんがガードしてやろうってわけよ」

竜児「……なんでまた」

亜美「そりゃまぁ、友達の危機に身を張って助けるのが亜美ちゃんの信念っつーか」

大河「こいつ、あんたの肉奴隷になりたいんだってさ」

亜美「ちょ、そうだけど、直接的表現は避けなさいよ! 日本人でしょ! 風流人でしょうが!」

竜児「肉奴隷……」ごくり


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [49/84回(PC)]
竜児「でも正直川嶋が櫛枝の本気のバイオレンスに太刀打ちできるとは思えないんだが……」

亜美「別に太刀打ちしようとは思ってないもん」

竜児「はぁ? じゃあ何するんだよ」

亜美「ひとりぼっちにしない」

竜児「………」

大河「ね、バカでしょ? こいつ」

竜児「……ありがとう、川嶋」

亜美「言っとくけどタイガーのためじゃないんだからね!」

大河「はいはい」

亜美(でも心配してないわけでも無いんだから、なんて、言わないけど)


89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [50/84回(PC)]
実乃梨「おっはよー! 高須くーーん」

竜児「よぅ」

実乃梨「なんかさ、あーみんが大河についたっぽいじゃん」

竜児「良く知ってんな」

実乃梨「いや、適当ぶっこいた」

竜児「…………」ゾワッ

実乃梨「あはははそんなにビビんなって。あたしゃあ別にそれをなーんにも悪いことだとは思っとりゃあせんよ。
だってさ、あーみんが大河にひっつくってことは、高須くんにベタベタする機会が減るってことじゃん? みのりん的にはそれは別にデメリットじゃないんだよねー」

竜児「櫛枝……」

実乃梨「あいストーップ。それ以上はみのりんのドジっ子センサーに引っかかるよ。ま、それでも別にいいけどね。どうなるか試してみる? 昨日のあれだけじゃイマイチ実感わかないっぺや。そら、高須くんみのりんに言いたいことあるんやろ?」

竜児「……櫛枝。その……」

実乃梨「うんうん、なぁに?」ギュッ

竜児「……」ゾワッ

90 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 だけどお前らより古参[] : 投稿日:ID:yPgEeQY30 [2/9回(PC)]
ゾワッ


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [51/84回(PC)]
実乃梨「他人の危険より身の危険ってね。高須くんの場合、前者の方が堪えそうだけど、両方ってなるとやっぱり相当面倒臭いのかもねー。にゃはは」

竜児「さすがに、俺もちょっと怒ったぞ」

実乃梨「…………怒った? じゃあ勝負する? 怒り勝負。キレてやろっか? なぁ?」

竜児「櫛枝……」

実乃梨「もー、高須くんったらさっきから「櫛枝……」としか言ってねーしー! そんなにみのりんの名前を呼ぶのが好きなんかーい! こら困った困った」

竜児「………」

実乃梨「そんなこんなで学校ついちゃったねー。いやー、楽しい時間は過ぎるのが早い! そんじゃ先に教室行ってるね。みのりんのモットーは飴とムチ! お先ー」

竜児「…………」

亜美「お、おっかねぇ……」

大河(みのりん……)


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [52/84回(PC)]
竜児「もう俺疲れたよ……」

亜美「よしよし」

竜児「……大河ぁ」

大河「なに?」

竜児「いや、何じゃなくて……」

大河「早く付き合っちゃえばいいじゃない。好きだったんでしょ?」

竜児「いや……その……」

亜美(こいつらは、もう……。まぁ、それが都合いいんだけどね。亜美ちゃんと……実乃梨ちゃんにとってはさ……)



102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [53/84回(PC)]
亜美「で、あとは?」

竜児「えーっと、大河と一緒に帰らない、教室では大河と喋らない、えーっと今のところはそれだけか」

亜美「なにそれ、チョー楽勝じゃん」

実乃梨「あとは川嶋亜美の名前を姓名問わず呼ばない。を追加で」

大河「……」ビクッ

亜美「えーなにそれー。亜美ちゃん二人称で呼ばれちゃうの? マジワイフ気分なんですけど」

実乃梨「あ、今のアウトね」
亜美「は?」

実乃梨「一回のアウトにつきー、私が高須くんに衆人環視のもと、キスを強要しまふ、ん~」ちゅっ

竜児「!!?」
亜美「………アホくさ」

実乃梨「やー、別に私流行りのヤンデレじゃねーしさ、ホント高須くんが好きなだけなのさー。高須くんだって私のことを憎からず思ってる。これは勘違いじゃないと思うんだよねぇ」

亜美「そうなの?」

竜児(……因みに今のは俺のファーストキッスである。おふくろ以外のな!!)

実乃梨「だからー罰ゲームはみのりんとイチャイチャすることに限るのだー! 何の悪いこともない! 二人とも幸せ! みーんな幸せ!」
大河「………」

実乃梨「でも大河関係は別」

103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:zakHxwU5O [3/5回(携帯)]
いいね面白い

104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [54/84回(PC)]
実乃梨「大河だけは敵。大河関係に限ってルールを違えたら容赦しない。何をって別に何とは言わないけどね。うんでももう大河を傷つけることはないよ。それは安心だね。高須くん」

大河「…………」

亜美「え、えーっと、じゃあ別にわ、私が高須くんと話そうが、ちゅーしようがいいんだ?」

実乃梨「いーけど……。あまりおいたが過ぎるとあーみんをぶちのめさなきゃなんなくなるけどね」

亜美「亜美ちゃんその辺は心得てる!」

実乃梨「今のワザとっしょ? えへっ、あーみん、そういうのは無しでいこーぜ? お互いさ!」

亜美「………はーい」

大河「…………」

竜児(大河………)



110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [56/84回(PC)]
亜美(なるほどね。高須くんが言ってた。『ドジ』ってやつが発動するのが、逢坂大河と関わった時に限るってことか。ふーん、でもそれってさ……)

実乃梨「あーみんあーみん、ちょいちょい」

亜美「なーに? 私にも得な話」

実乃梨「もちろんさね」

亜美「ふーん、で、何?」

実乃梨「……」グイッ

亜美「きゃっ! なによ!」

実乃梨「大河には何もアドバイスすんな。いいな」

亜美(やっぱり……。こいつは大河を一番警戒してるんだ。タイガーが心中をぶちまけたらそれで終わり。だから大河関係だけ厳格に対処するって高須くんに念をおしたのか)

亜美「な、なにそれ、亜美ちゃんは眼中にないってこと?」

実乃梨「………はっ」

亜美「何がおかしいのよ!」


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [57/84回(PC)]
実乃梨「端から二号とか言ってるやつなんて、目ぇかける価値すらないよ」

亜美「ふ、ふーん……。でも亜美ちゃんはなぁなぁでやっても、高須くんくらい誘惑できちゃうと思んだけどなぁ」

実乃梨「この前みたいに?」

亜美「そ。実乃梨ちゃんがちょっと待ったー! しなけりゃ亜美ちゃん余裕で高須くんをいただきますしてた気がするんだけどー?」

実乃梨「さぁ? どーだか」

亜美「えーなにそれ、負け惜しみー?」

実乃梨「……」カチ

___竜児「あ、あのさぁ川嶋」

___亜美「なに?」

___竜児「いや、その……」

亜美「これがなによ……」

実乃梨「めちゃくちゃ渋られてるじゃん」

113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [58/84回(PC)]
亜美「こ、これは! お互い初めてだったから!」

実乃梨「ま、なんとでも言えるけど、それ以前にさ、あーみん、本気で私と高須くん取り合う勇気なんてないでしょ?」

亜美「ど、どうかしら」

実乃梨「あるんだ。へーじゃあいいよ。ねぇあーみん、あんた………今日何回『亜美ちゃん』って言った?」

亜美「………あ、あんた、頭おかしいよ」

実乃梨「うふ、恋をすると、女の子はおかしくなっちゃうんだよねー!」

亜美「…………」

114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:OC9l0Tq/0 [1/2回(PC)]
くしくしへけけ

115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [59/84回(PC)]
亜美「ところでさ、大河が高須くんちに行くことに関しては制限を設けないのはな?でよ?」

実乃梨「あ、それはね、見てればわかるよ」

亜美「………あ、馬鹿だあいつら、気まずくなってる」

116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:sNGl5AGV0 [1/1回(PC)]
まじでイラっとすんだけどwww

117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [60/84回(PC)]
竜児「あ、あのさ、大河」

大河「私と喋ったらみのりんに叱られるんじゃないの?」

竜児「叱られはしない……けど」

大河「みのりんがなにをするかわからない……か。私は大丈夫だよ。さっきみのりんも言ったじゃない。もう私には手を出さないって」

竜児「いや、どう考えてもあれは逆の意味だろ!」

大河「多分、違うと思う。竜児は昨日、私は自分を守るのは得意なはずって言ったでしょ? さすがに私だって一日おけば気持ちも据わってくるもん。だからみのりんももう私を人質にするのは難しいと思ったのよ……」

竜児「じゃあいったいどうドジるっていうんだ?」

大河「それは、わかんないけど……」

竜児「………」

大河「………」

118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [61/84回(PC)]
大河「ねぇ竜児、朝も言ったけど、みのりんと付き合いなよ。あんな風に必死なみのりん、初めて見た。それだけあんたのことが好きなのよ」

竜児「俺は……俺は」

大河「やめて。……大丈夫、大丈夫だから。私は私の面倒をちゃんと見れるようになるから。もう竜児がいなくても平気になるから。何にしろ、ならなきゃだめだったの」

竜児「大河……」

大河「幸い、みのりんは私が竜児のうちに行くことについては制限をかけなかった。前は一気にだったから未練が残っちゃったけど、今度はちょっとずつ……離れていこう」

竜児「…………」



124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [63/84回(PC)]
実乃梨「おはよー大河」

大河「おはよう。みのりん」

実乃梨「家事の勉強頑張ってる?」

大河「ごめんね、まだ暫くかかりそう。迷惑かけるね」

実乃梨「ホントだよ。大河はずるいよ……。何も出来ないから、高須くん、大河のこと気になって仕方ないってさ。大河が自立してくれないと、高須くんはずっと大河の面倒みなくちゃならないじゃん」

大河「……ごめんね。あ、あのねみのりん」

実乃梨「なーに?」

大河「もしもさ、もしも私が竜児から自立して、一人で生きていけるようになったら、また、友達になってくれる?」

実乃梨「…………」


126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [64/84回(PC)]
実乃梨「私は大河を邪魔だと思ってたんだよ?」

大河「うん」

実乃梨「大河の家の事情も知ってて、高須くんを引き離そうと奸計をめぐらしてるんだよ? そうしたら大河が、どうしようもなくひとりぼっちになるって知ってながら」

大河「うん」

実乃梨「大河の大好きな人と、一生愛し合いたいと思ってるんだよ……」

大河「……ん」

実乃梨「……ごめん、大河は良くても私には無理だ。耐えられない」

大河「そのぐらい我慢しなよ。他は全部許すから、ね? みのりん」

実乃梨「………もしも、そうなったらね」

大河「ん」



138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [66/84回(PC)]
亜美(うーん、私はどっちつくべき何だろうか……)

実乃梨「あーみんハヨーっす」

亜美「お、時の人だ」

実乃梨「君も物怖じしない人だね。みのりんは昨日の今日でビビられて誰も話しかけてくれりゃあしない。ま、どーでもいいんだけどね。それよりまいったまいった」

亜美「どうかしたの?」

実乃梨「大河が自立しようと頑張ってんだってー。できるわけないのに」

亜美「良かったじゃん」

実乃梨「そんでねー、見事巣立ちの時を迎えたら、私とまた友達になりたいんだってー。まいったわ」

亜美「ふーん……」

亜美(まいったかはどうでもいい。これは逢坂大河がリングから降りたことに他ならない。なら私は如何に身を振るうか……)

実乃梨「はぁ、大河もあーみんみたいにバカだったら楽なんだけどねー」

亜美「だ、誰が馬鹿じゃい!」

139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [67/84回(PC)]
竜児(大河はドジだけど着々と自立していってる。この調子ならもしかしたら、もしかするかもしれない……)

竜児(でもやっぱりあいつはドジなままだ。心配で放っとけない。ドジ……)

___実乃梨「だよね。じゃあもしも私がドジだったらさ、放っておけなくなんねーかな?」

竜児(櫛枝……か。俺は今、櫛枝をどう思っているんだろうか……)

竜児(正直、思われるのは、悪い気がしないんだよな……。ばかみてーだ。あんな重たい思いなのに)

竜児(まぁいいや。大河が自立した時、俺の気持ちがどう傾くか。その時の気持ちに
素直になろう)

140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [68/84回(PC)]
実乃梨「おはよう高須くん」

竜児「おはよう実乃梨」

実乃梨「なっ!! ちょっ、か、からかってるなら怒るぞ!」

竜児「櫛枝、俺決めたよ。櫛枝と付き合いたい」



竜児「櫛枝のことがずっと好きだった」













実乃梨「うわー、スゲー夢。軽く死にたい」

141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:Z3/xnQGO0 [1/2回(PC)]
え?
夢オチか?
は?



144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [69/84回(PC)]
亜美「んー? どーしたのー? 高須くんに告られる夢でもみたー?」

実乃梨「……そーだよ」

亜美「まじか。良かったじゃん。亜美ちゃん今だに夢の中でさえキスすんのも躊躇っちまうぜ」

実乃梨「あーみんは本気じゃないからだよ」

亜美「そーかも。そんな本気な、みのりんにろーほー。少女漫画で読んだ。夢ってのはねぇ」

実乃梨「知ってる。会いたいって相手の思いが飛んでくるんでしょ?」

亜美「そーでーす。じゃあ亜美ちゃんもう少し寝るね。せっかく学校が近くなったんだから寝なきゃ損損……」

実乃梨「………はぁ。シャワーでも浴びっか」

145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [70/84回(PC)]
大河「ふぅ全自動洗濯乾燥機って本当便利だわ……」

大河「畳むの面倒くさい。けど、みのりんのためにしっかししないと」

大河「…………」

大河「…………」

大河「……良く考えたらバカチワワは竜児とイチャイチャするの見過ごされてるのよね。それっておかしくない?」

大河「……考えない考えない」

大河「…………」

大河「あーこれ独り言増えそうだわ」



149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [71/84回(PC)]
北村「……おい亜美、いい加減この状況を説明しろ」

亜美「高須くんとタイガーが別れて、実乃梨ちゃんと付き合い始めましたー。おしまい」

北村「はぁ!!? お前最近高須との不純異性交遊がばれて自宅謹慎くらったばっかだろ!!? その上実家から通いなんだろ!? なんでそうなる! とっかえひっかえか高須は!!」

亜美「実は亜美ちゃんとは未遂だったのですねー」

北村「信用できるかそんなん!」

大河「でも私と別れたのは本当だよ」

北村「あ、逢坂? じゃあその……櫛枝が高須を寝取ったって話は」

大河「午前様が一回あったけど、その時何かあったならそれも本当ね。私はどっちか知らないけど」

北村「……あんにゃろぉ。ぶん殴る」

150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [72/84回(PC)]
大河「北村君、面倒くさいから口出さないで。悪いことばかりじゃないんだから」

亜美「そうそう!」

北村「…………」ジトー

亜美「な、なによ……」

北村「お前また美味いとこだけ食おうとしてないだろうな……」

亜美「また? 亜美ちゃんわかんなーーい!」


152 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [74/84回(PC)]
実乃梨「今日ね、高須くんに告られる夢見たよ」

竜児「へぇ」

実乃梨「高須君は最近夢とか見た?」

竜児「最近は、そうだな……最近は見ない」

実乃梨「みねーか、そーか」

竜児(そういや最近大河の夢見ないな)

153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:zakHxwU5O [5/5回(携帯)]
いいねいいね

154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [75/84回(PC)]
実乃梨「高須くーん、好き」

竜児「…………」

実乃梨「だーーいすき」

竜児「……俺も、櫛枝のことずっと好きだった」

実乃梨「みたいだね。ごめんね、気づくのが遅くなって。今更ムシがいいかもしれないけどさ、付き合ってほしいな……なーんて」

竜児「……断ったら」

実乃梨「えー、なーんで断るとこから始めっかねぇ。普通、試しに付き合うとこからっしょ」

竜児「………」

実乃梨「私ばっかり本気で怖いんでしょ?」

竜児「…………」

実乃梨「知ってる高須くん、女の子ってさ、すげー柔らかいんだぜ? みのりんでさ、試してみない?」


156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [76/84回(PC)]
実乃梨「都合のいいことに両親はずっといないんだ。昨日なんてあーみん泊まっていったぜ」

竜児「…………」

実乃梨「女の子の部屋に来たのに暗いぞー。そんなに嫌かね?」

竜児「……いや、実はそんなに嫌じゃねーんだ。寧ろ」

実乃梨「わかるよ。男の子だもんね。いーよ、やりたいこと全部みのりんにしなよ。飽きてボロクズになるまで私に吐き出せばいいのさ。そんで本当に吐き気がするほど嫌いになったら捨てなよ。きっとその頃には、みのりんも高須くんに飽きてっかもよ?」

竜児「………櫛枝!」

実乃梨「……んっ」

157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [77/84回(PC)]
実乃梨「あのね、高須くんが飽きるまで、私の嫌いにならないで」

竜児「ああ」

実乃梨「んっ、な、何でもさせてあげるから、大河のところに帰らないで……」

竜児「わかった」

実乃梨「できれば、あーみんとも、私のいる前でしか会わないで……」

竜児「わかったよ」

実乃梨「じゃ、しよっか」




160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [78/84回(PC)]
実乃梨「はぁはぁ、高須くん、高須くんっ……」

竜児「はぁはぁはぁ……」

実乃梨「んっ、気持ち、いいよ……。ね、もう慣れたから、もっと激しくしていいよ。もう、この前みたいに痛くないから」

竜児「本当……か?」

実乃梨「大丈夫。ごめんね。何でもさせてあげるって言ったのに、この前は、やめてもらっちゃったね。今日はこの前の分も含めて、みのりんにいっぱい乱暴して?」

竜児「櫛枝っっ!!」

実乃梨「やっ高須くん! もっと、もっと乱暴にして! みのりんのことモノみたいにしてっ、高須くんの、高須くんだけの、やっ、あっ、はぁ、はぁ」



164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [80/84回(PC)]
実乃梨「はぁはぁ、やだ、きそう……」

竜児「はぁはぁっ、櫛枝、いきそうなのか?」

実乃梨「ん、ごめん、抱きつかせて、んっ、先、いっ、く……」ガクガクッ

竜児(くっ……)

実乃梨「はぁはぁはぁっ……」ギューー

竜児「………」

実乃梨「い、ちゃった……」

竜児「櫛枝……」

実乃梨「んっ、はぁ、やら、乳首さわっちゃ……ビクッてなっちゃうから……」

竜児「櫛枝、可愛いよ……」

実乃梨「ん、んっ、あ、ありあと……」ビクッ

165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [81/84回(PC)]
竜児「………櫛枝」

実乃梨「なーに?」

竜児「俺、決めたよ。櫛枝と付き合う」

実乃梨「あは、夢と一緒だ。ねぇ高須くん、事後の睦言ほど信用ならないものはないんだって。それも男の」

竜児「………すまん」

実乃梨「いーよ。私も汚い手をいっぱい使ったもんね。告白だってこのくらいがちょうどいいのかも」

竜児「………」

実乃梨「……竜児、キス、しよっか」

実乃梨(ああ……やっぱり)

実乃梨(夢の中ってこんなにも、現実と違うんだな)



fin

166 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:Xm/Jq2ep0 [1/1回(PC)]
まさかの夢オチ?

167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:blVQ2Jpb0 [82/84回(PC)]
夢ではない

168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:5IZCZMH40 [2/4回(PC)]
つうかスレタイからすると亜美ちゃんが主役じゃねえの?
みのりん厨だから別にいいけど

169 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:fMLC3FV40 [1/1回(PC)]


170 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:8gxlStSF0 [1/1回(PC)] 狂っとる
関連記事
スポンサーサイト