FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

みのり「私は貴方が…高須竜児がずっと好きだった」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:45:48.93 ID:Wk3a1EzK0

竜児「…朝か」

竜児「しかし…いい夢をみた…くぅううううかわいいぜ櫛枝!!」

竜児「朝飯でもつくるか」

泰子「りゅうちゃんおはよう…どうしたのそのかっこう??」

竜児「ああ、もうそんな格好で寝るなよ…それに今日から新学期の始まりだ」

泰子「そうなのかぁー…男前になってぇお父さんみたい」

竜児「もういいから朝飯置いとくからちゃんと食えよ」

泰子「ぃってらっしゃぁーい」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:47:03.32 ID:Wk3a1EzK0

竜児(この世界の誰一人見たことのないものがある…)
   
竜児(おれはそれをみたことがある気がする…いつだった?本当にみたのか?)

竜児(昔長い夢をみた…多分…どんな話であったのかすら思い出せない)

竜児(ただそのときの俺は全てを捨てて何かを手に入れたそして…失い…また手に戻した)

竜児「さてとクラスはどうなったかなぁっと…」

ざざっ!!

竜児(別に睨んだわけじゃねえのに…ふぅ…慣れたけどさぁ)

竜児(おっ!!櫛枝と一緒!!!!!!!!人生はじまた!!!いやっほおお)

北村「よ、今年も同じクラスだな高須」

竜児「北村ぁ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:48:37.18 ID:Wk3a1EzK0

放送「これで始業式はおわりです…えぇ各自教室にもどりHRを受けなさい」

竜児「はぁ、またみんなの誤解を解くことからはじめるのか…」

北村「大丈夫 俺がいるだろ?」

竜児「あぁ、ありがとな」

????「やぁ、北村君!!今年は同じクラスだね!!!」

竜児(こwwwのwwwこwwwえwwwはwww)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:50:06.09 ID:Wk3a1EzK0

北村「おぉ櫛枝、おまえもC組か」

櫛枝「あ!高須君だよね?私のこと覚えてる?何度かニアミスしたんだけど」

竜児「くしえだみのりだろ?」

櫛枝「あらあらまぁフルネームで覚えててくれたのかぁうれしいよぉ」

竜児(人生の運全部つかっちまったかも)

櫛枝「一年間よろしくね高須君」

竜児「お、おう」

竜児(北村が何か話してるがシカトでいいや)

竜児「じゃあ教室はいるか…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:51:36.76 ID:Wk3a1EzK0

みそじ「今日から貴方たちの担任をやることになりましたみそじですよろしくお願いします」先生の名前わすれた

竜児(櫛枝の席は…俺から見て右1前2の位置か)

竜児(北村は櫛枝の前か…)

キーンコーンカーンコーン

竜児「昼休みつまり弁当の時間か」

竜児「北村と食べるか…北村そっち席空いてるか?」

北村「ああこっちひとつ空いてるぞ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:53:03.08 ID:Wk3a1EzK0

竜児「でだ…この状況はなんだ?」

竜児(俺の横に北村 前には櫛枝の友達のあいさか そして斜め前には櫛枝はぁと)

北村「いやぁたまたま席が近いし弁当は大勢で食べたほうがうまいんだよ」

櫛枝「私は自己紹介終わってるし…たいがほら自己紹介」

くず「あいさか たいがですよろしく…///」

あいさか(北村くぅうううううううん!!!!なんかよこに変な犬がいるけど北村君が入ればおk)

竜児「高須 竜児です宜しく」

北村「これで自己紹介は終わりだな…さて弁当をたべよう!!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:54:35.33 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「今日のおかずは…なんと!!あのキング・オブ・オカズの称号をもつミートボールだぁあああああ」

北村「あれあいさかはパンなのか?」

大河「私は…そのお弁当作るの苦手で」

櫛枝「はっはっは!!こんなこともあろうかと!大河ようの弁当を持ってきているのだよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:55:36.34 ID:Wk3a1EzK0

大河「みのりぃいいん!!ありがとおおおおおおお!!!!!!!おいしいいいいいいいいいいい!!!」

櫛枝「そうかそうか、味わって食えよ…」

竜児「櫛枝すごいな人の弁当まで作るなんて」

櫛枝「はっはっは!!!そんなことないよぅこれくらいはっはっはぁああああ」

北村「お前だって自前じゃないか、俺から見ればお前だってすごいよ」

櫛枝「高須君て料理上手なんだぁ~かっこいいなぁ」

竜児「いや、俺は…別に」(かわええなぁ)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:57:22.87 ID:Wk3a1EzK0

放送「北村と櫛枝こいやぁ」

北村「それじゃあの」

櫛枝「それじゃぁ」

竜児(うそだろ!?…うそだといってくれ!!!!!!)

大河「あんたみのりんの事好きなの?」

竜児 ぶぅぅうううううううううううううううううう!!!!ごほっごほ!!

竜児「い、い、い、いきなしなんだ?」

大河「ばればれだっての…」

大河「まぁ精々がんばりなさいよ」

竜児「え?ああ おぅ」

竜児(何なんだいったい!?)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 16:58:47.21 ID:Wk3a1EzK0

きーんこーんかーんこーん

竜児(帰るか…)

竜児「じゃあな北村」

北村「また明日なぁ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:00:05.88 ID:Wk3a1EzK0

竜児(さてさてものすごく進歩してんじゃないか?)

竜児(このまま幸せ死するかもな)

竜児(ん…あれは櫛枝♪とあいさか?)

竜児(家こっちらへんなのか?…おっ分かれたぞ)

竜児(あれ今大河が入ったマンションって…)

  我が家のとなりじゃねえかあああああああああああああああ

第一話「新学期」完


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:03:33.54 ID:Wk3a1EzK0



第二話 大河の告白


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:05:47.64 ID:Wk3a1EzK0

竜児「ただいまぁ」

竜児「…あれ?バッグに何か入ってる?…手紙か?」

竜児「北村君へ…あれ?北村宛て?てことはミス?」

竜児「…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:06:28.62 ID:Wk3a1EzK0

竜児(あけるorあけない…)

竜児「特に糊付けされてる訳でもない…つまり中を見てもばれない」

竜児(あけるorあけちゃう)

竜児「少しだけなら…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:08:18.79 ID:Wk3a1EzK0

北村君へ

好きです 付き合ってください

アイサカ タイガ より

竜児「なにやら大量に文字が書いてあるがだるいから大切なとこだけ読んだ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:08:59.25 ID:Wk3a1EzK0

竜児(問題は書いた人だ…)

竜児(俺の家の隣に住んでる人が間違って手紙を俺にわたした)

竜児(つまり 返すor返さない)

竜児(そして昼ごはんのメンバーにも問題がある)

竜児(俺は櫛枝がすき あいさかは北村が好き)

竜児(昼ごはんのメンバーやべぇな)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:11:18.67 ID:cxPBGG1R0

!vip2:stop:
---
見習い戦士のふつうの攻撃
ログインしてないです。


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:11:29.20 ID:Wk3a1EzK0

竜児(…行動で示した大河)

竜児(ただ黙って見ているだけの俺)

竜児(大河は勝負をしかけた…俺がずっと出来なかったことだ)

竜児(俺は何をしているんだ?)

竜児(…やめよう…でっかい悩みならしっかり抱え込もう)

竜児(返しに行くか…)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:12:14.83 ID:Wk3a1EzK0

>>32
やめてくれええええええええええ

ピンポーン

大河「どちら様ですか?」

竜児「あ、今日同じクラスになって一緒にごはん食べた高須竜児です」

大河「なんのよう?」

竜児「えっと…なんつうか…落し物…みたいな」

大河「は?」

大河「まあいいや今出るからまってろ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:14:06.20 ID:Wk3a1EzK0

ガチャ

大河「で・なに?」

竜児「えっと…これ…」

大河「ん?…え?な…ななな…なんで貴様がそれをもっとるんじゃああああああああ!!!!」

竜児「えっとお間違って俺のバッグに入れてあった…っていう」

大河「殺す」

竜児「?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:16:31.56 ID:Wk3a1EzK0

大河「貴様を殺して忘れさせてやるうううううううううう!!!!!」

竜児「わわわ、まてまて!1中身をちらっとみただけだーーー」

大河「なにみとんじゃわらあああああああああああ!!!!!」

ギュルルルルルル

大河「…///」

竜児「…えっとおなか減ってんのか?」

大河「…悔しいけど動く体力がない…なんか食べさせて」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:17:35.18 ID:Wk3a1EzK0

竜児「しょうがねえなぁ…」(…ひとんちはいるのは失礼かな)

竜児「俺の家まで運ぶぞ、すぐ隣だから安心しろ」

大河「・・・・」

竜児「それでお前が北村すきなのはわかった」

竜児「それと誰にもこのことは言わないから安心しろ」

大河「もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐゴックン」

大河「…協力しなさい」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:19:37.91 ID:Wk3a1EzK0

竜児「え?」

大河「協力しろって言ってんのよ」

竜児「なにを?」

大河「告白に決まってんでしょうがあああああああ」

竜児「えええええええええええええ」

大河「やならいいわよ、みのりんにあんたの事言うだけだし」

竜児「喜んで手伝わさせてもらいます」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:21:44.16 ID:Wk3a1EzK0

大河「それでいいのよ、あんたは私の犬なの」

竜児「おれは竜児だ、それに告白の手伝いって何をすりゃいいんだ?」

大河「まずは好感度をあげるの手伝いなさい」

竜児「たとえば?」

大河「なんか二人組みになるときとか…昼休み消えるとか」

竜児「なんだそりゃ」

大河「まあいいわ、手伝ってくれたらみのりんと出会える機会を与えるわ」

竜児「ありがとうございます」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:22:30.70 ID:Wk3a1EzK0

そして翌日

体育教師「今日はバスケをする…ええまずはパス練だ、二人組み作れ」

おまえら「ペアがいない…」

大河(犬!あんたしっかり働きなさいよね)

竜児(よしここがチャンスだ)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:25:53.44 ID:Wk3a1EzK0

竜児と大河(あれ…なぜか一緒になった)

竜児「あれ」

大河(くず犬!!!!!いつのまに北村君、ペア組んだの?…しかも相手はみのりんだし)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:26:34.14 ID:Wk3a1EzK0

竜児(まだチャンスはある!)

体育教師「二時間目は野球だ、二人組みでキャッチボールしろ」

おまえら「;;」

竜児(ここだあああああああああああああ!!!!!!!)

竜児「櫛…」ドカッ!!! グハァ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:30:13.56 ID:Wk3a1EzK0

大河「あんた抜け駆けしてんじゃないわよ」

竜児「ごめんなさい」

大河「ってなんでまたあんたとなのよおおおおおおおおおおおお」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:33:41.54 ID:Wk3a1EzK0

北村「はっはっは早速仲良くなったか…はっはっはっ」

櫛枝「元気が一番!健康一番だねぇ…」

北村「帰宅部とは思えん肩だな、あいさかは」

櫛枝「むむむっ!タイガーに惚れちまったかい?北村よぉ…あいつがほしけりゃ俺を倒すんだな…フッ」

北村「はっはっは」

櫛枝「ううわはっはっはっは!!!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:38:55.85 ID:Wk3a1EzK0

竜児(櫛枝…きれいだ…そのさわやかな笑顔そのさわやかな汗…)

大河(北村君はぁと)

竜児「あ」

大河「え?」

ドカッ

竜児「あいさかあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:42:40.42 ID:Wk3a1EzK0

そして保健室へ

櫛枝「大丈夫?たいがぁ?」

竜児「大丈夫か?あいさか!」

北村「ただの打撲だそうだ…まぁ少しの間痛いが我慢だな」

大河「みのりん…竜児…北村君(はぁと」

櫛枝(…私は邪魔者かのう)

北村「じゃあ俺は先生を呼んでくるな」

櫛枝「あ、私もいくよ」

竜児「あ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:43:50.10 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「大河ぁの事頼むよ」

竜児「え、ああ」

竜児「どっか痛いとこあるか?」

大河「ん大丈夫…」

大河(今の対応…みのりん…)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:46:04.07 ID:Wk3a1EzK0

竜児(昼休み 櫛枝と北村は部会でいなくなっていた)

竜児「今日はもう帰るか…」

大河「じゃあね」

竜児「お前は帰らないのか?」

大河「みのりんと一緒に帰る、今日はミーティングだけだから一緒に帰れるんだ」

竜児「そうか、じゃあな」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:47:07.20 ID:Wk3a1EzK0

>>51
ありがとう
http://www.youtube.com/watch?v=U2cTa29G3-o&feature=related



大河「あ、みのりーん!一緒にかえろう!!!」

櫛枝「おお!大河ぁ!待っていてくれたのかぁ!!!友情だあ!!」

大河「さあ帰ろう♪」

櫛枝「いやあすまないねぇー待たせてぇ高須君と帰らなかったのかい?」

大河「そのことで一つ聞きたいことがあるんだ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:48:41.64 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「もしかしてもう付き合っちゃってますぅ♪とかぁ?」

大河「逆だよみのりん」

大河「みのりん私と高須が付き合ってるとか思ってたから今日保健室からわざわざ出てったでしょう」

櫛枝「いやぁそんなことないようー」

大河「嘘…みのりんの表情が曇ってたもん」

大河「私はあいつが別に好きじゃない」

大河「私が好きな人はあいつじゃない」

大河「それだけは勘違いしないで」

大河「…それと、逃げないでね」

櫛枝「…」

大河「じゃあねみのりんまた明日」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:50:19.79 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝(私は…逃げてなんかない…いや)

櫛枝「逃げすぎてどっちに進んでたかわかんないよ」

櫛枝(悩まないように暇をなくすようバイトしたりソフトボールをしていた)

櫛枝「逃げることしか知らない人間なのかもね」

櫛枝「・・・簡単に言ってくれるよね…」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:53:00.50 ID:Wk3a1EzK0

竜児「さて…明日の作戦はどうするんだ?」

竜児「てか当たり前のように飯を食いに来たな」

泰子「あら大河ちゃんいらっしゃい」

泰子「ご飯なら好きなだけ食べていいからねぇ」

大河「ありがとうやっちゃん♪」

竜児「ほら早く仕事いかねぇとちこくすっぞ」

泰子「うう、やっちゃんのけものぉー」

竜児「おにぎり作っといたから腹へったら食べろよ」

泰子「りゅうちゃんいつもありがとうねぇ」

竜児「ほら早くいってこい」

泰子「やっちゃんがんばってきまぁあす♪」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 17:54:46.93 ID:Wk3a1EzK0

竜児「それで明日はどうするんだ?」

大河「…あのさ」

竜児「どうした?」

大河「明日北村君に告白する」

竜児「え?」

大河「もう決めたんだ」

竜児「…そうかがんばれよ」

大河「うん」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:00:00.84 ID:Wk3a1EzK0

その日の大河の目は真っ直ぐに明日を見つめていた
…俺はなにも出来ちゃいない
俺はいったい何をしているんだ
人の心配ばかりして
一歩も進めてない
それなのに目の前の小さくか弱いそれは大きく前に歩いている
明日こそ…なんて思えることもなく寝てしまった

次の日の放課後大河は北村を屋上に誘った


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:04:19.35 ID:Wk3a1EzK0

大河「北村君」

北村「なんだ?あいさか屋上にまでよんで?」

大河「私たちの入学式…私は高校なんて中学と変わらぬものに見えた」

大河「ただ名前が変わっただけ、やることは結局変わらないんだ」

大河「そう思っていた」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:07:07.25 ID:Wk3a1EzK0

大河「一年前の今日を覚えている?」

大河「わたしは鮮明に覚えているよ」

大河「あの日北村君は私に告白をしてきた」

大河「私は緊張でなにも言えずに適当にNOと答えた」

大河「あの日から私の高校生活は激変した」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:09:09.83 ID:Wk3a1EzK0

大河「生まれて初めての告白だった」

大河「すごくうれしかった、それから私はあなたばかり見てきた」

大河「最初はただ告白されたのが嬉しかっただけだった」

大河「見ている内にだんだんと貴方の存在が大きくなった」

大河「見れば見るほど惹かれていった」

大河「私はあの日からずっと…」

大河「貴方のことが好きでした」

大河「私と付き合ってください!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:11:12.26 ID:Wk3a1EzK0

北村「…」

北村「あいさか」

北村「俺もあの日からこの気持ちが変わることは無かった。」

北村「俺でよければこれから宜しくだ」

大河「!!!!!!!!!!!」

大河「こ、こここ、ごちらごじょじょろじくじょじぇじゃいじじゃじゅ!!!」

北村「嬉しいことじゃないかはっはっはっ」

大河「うれじじゅぎちぇ」ビエエエエエエエエエエエエン!!!!

大河「にゃみじゃがちょまらにゃいにょおおおおおおおおおおお」ウワアアアアアアアアアアアアアン


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:13:20.38 ID:Wk3a1EzK0

その日から大河の朝は激変した
登校するときはいつも北村が迎えに来た
朝練は?と思ったがなんとかしてるらしい
北村マジックか?

そしてこのカップルは学校で一番有名なカップルになった

第二話 大河の告白 完
http://www.youtube.com/watch?v=FW-TIOkCS-U&feature=related


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:14:57.58 ID:Wk3a1EzK0

…俺はこの日もっと大変なことをしてしまった

いまだ解決していない問題
櫛枝 みのり
である

あの日大河に言われた言葉
「逃げないでね」
櫛枝みのりはどうなるのか
そして高須竜児は思いを伝えられるのか
全ては動き出す

次回 第三話 ゆれる想い


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:15:51.62 ID:Wk3a1EzK0

第三話 ゆれる想い

大河が告白する前日の放課後、大河と道を分かれてから


おまえらもっと支援しろよ
したくNE-YOwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:17:24.09 ID:Wk3a1EzK0

逃げないでね

櫛枝(…)

櫛枝「あんな顔で言われたら…冗談も言えないよ…」

櫛枝「くそっ!!…なんで悩んでんだろ?悩まない為に動き続けてたのに…」

櫛枝「はぁ…仕事行って忘れちゃお」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:19:11.10 ID:Wk3a1EzK0

店長「櫛枝君?あのさぁ今日はもう上がってかまわないよ」

櫛枝「え?まだ時間ありますよ」

店長「いやぁいつも遅くまで働かせてるし、今日は客も少ないからあがってかまわないよ」

櫛枝「…はい、わかりました」

櫛枝(今日は早目に寝ちゃおうっかなぁ)

逃げないでね


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:20:58.94 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝(…)

櫛枝(まただ…動かなきゃ忘れられない…動いてなきゃ気を紛らわせなきゃ!!!)

櫛枝(…だめだ、動く気すらおきない)

櫛枝「はぁ、明日になれば忘れられるだろうよ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:22:08.12 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝(…)

櫛枝(まただ…動かなきゃ忘れられない…動いてなきゃ気を紛らわせなきゃ!!!)

櫛枝(…だめだ、動く気すらおきない)

櫛枝「はぁ、明日になれば忘れられるだろうよ」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:23:46.53 ID:Wk3a1EzK0

>>75きゃあああああああああ


翌日

櫛枝(そうか…今日は朝練ないのか…)

櫛枝「早めにいこうにも、起き上がりたくない」

櫛枝「少し遅めに行こうかな」

櫛枝「ああ!もう!!」

櫛枝「いってきまぁす」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:25:10.88 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝(あ…高須君だ…今日はたいがぁと一緒じゃないんだ…)

櫛枝(やっぱり昨日の会話は…)

櫛枝(ちょっと聞いてみよう…)

櫛枝「たっかすくんおっはよー」

竜児「お、おおおう、おは…よう…櫛枝」

櫛枝「ねぇ、たいがぁの事で聞きたい事あるんだけどいいかな?あ、歩きながらでいいよ」

竜児「え?…ああなんだ?」

櫛枝「昨日さぁ…たいがぁが私にね」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:26:25.58 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「…」

竜児「どうした?」

櫛枝「急に…高須君とは何もない…私が好きな人は高須君じゃないって言うの」

竜児「…」

櫛枝「真剣に…必死そうに私に伝えてきたの」

櫛枝「それってさ」

竜児「ああ、そうだ」

櫛枝「え?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:27:55.43 ID:Wk3a1EzK0

竜児「あいさかは今日…北村に告白する」

櫛枝「ええええ?」

竜児「あいつは…ずっと決めてたんだ…」

竜児「それを俺は…ずっと応援してた…」

竜児「いや、逆だ…おれがお前に向かって踏み出せるように応援してもらったんだ」

竜児「あいつはそんな気ないかもしれないが、俺には凄い励みになった」

竜児「あいつに踏み出す勇気をもらったんだ」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:30:02.38 ID:gYnecZvy0

あーみん出すなら支援する


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:30:27.78 ID:Wk3a1EzK0

竜児「…いや!!なんでもない!!!その!!今の無し!!!!!!!じゃあ俺先に行くな!!」

竜児(どんな口走りだぁあああああああああああああああああああああああ)

櫛枝「え・」

竜児(ああ、何故俺はあんな口走り方を…すげぇ気づくの遅かったじゃねえかよ)

竜児「…きまずい」

竜児(気分を改めよう…昼飯を食うか)

竜児「ん、昼飯?」

竜児「昼飯のめんばぁああああああああああああああああああああああ!!!!11」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:32:01.77 ID:Wk3a1EzK0

>>81
あーみんならでるぞ

竜児「ああ北村…その俺調子悪いから先食っててくれ」

北村「おおそうか…風邪に気をつけろよ、病は気からだからなはっはっは」

北村「いっただっきまぁああああああす」

竜児「はぁ…気まずい」

竜児「かえろっかなぁ」

櫛枝「高須君」

竜児「!!」

振り向けばそこには、いつもと違う真剣な眼差しの櫛枝がいた


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:33:58.64 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「朝のことなんだけど、いいかな」

俺はだまってうなずいた

櫛枝「朝…高須君は」

覚悟を決めよう

櫛枝「私に向かって踏み出すって言ったの?」

そうか…しっかりと聞こえていたのか…

櫛枝「…」

俺は黙ったまま階段を降りて家に帰った

櫛枝は追って来なかった

俺がだまっている事で答えはわかったのだろう

明日は…晴れるかな


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:35:48.54 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝(答えないか…)

私は黙って降りていく高須君を黙って見送った

私は追わなかった…

黙っているという事は言ったという事だろう

今日私は始めての早退をした…

明日は…なければいいのに

第三話 ゆれる想い 完


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:38:01.98 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝が働いてるファミレスに大河と北村と高須が押し寄せる

そして青い髪の女性が同席している

次回 第四話 転校生


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:40:50.88 ID:Wk3a1EzK0

第四話 転校生

櫛枝にばれてから数日経った…
あの日から櫛枝は昼休み顔を見せなくなった
俺もあまり一緒に食べない
北村とあいさかは付き合っている
あまり邪魔したくない
しかし今日は北村が紹介する人がいると飯に誘った
メンバーは俺 北村 大河
くしえだああああああああああああああああああがいない


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:43:49.56 ID:Wk3a1EzK0

竜児「北村ーあいさかはまだこねえのか…?」

北村「はっはっは!こんなことだろうと思って集合時間を一時間早めにしてある」

竜児「(♯^ω^)」

北村「まぁそうカリカ…おっ!きたようだな」

大河「ごめん北村君!」

北村「はっはっは!こんなことだろうと集合時間を早めてあるから心配するな」

大河「さっすが北村君!!!!!」

竜児(はぁ…櫛枝ときまずいし早くなんとかしたいなぁ…あぁ俺に青春を!!)


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:45:40.12 ID:Wk3a1EzK0

北村「じゃあそろそろ待ち合わせのとこに行くかな」

大河「そういえば北村君、今日紹介する人ってだれなの?」

北村「まぁなんというか…むずかしいやつだ」

大河「ふーん」

北村「ついたようだな」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:48:00.67 ID:Wk3a1EzK0

ウィーン ←ドアの開く音

店員「いらっしゃいませー」

竜児(なんとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお)

大河「みのりん!」

店員「おやおや大河さんじゃあるめえかぁ」

櫛枝「おやぁ?北村くんと一緒にデートですか?」

北村「おお櫛枝は今日ここでバイトだったのか」

北村「今日はデートじゃないんだ、それに高須もいるしな」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:49:21.43 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「おやぁ高須君おはよう」

櫛枝(もう忘れたことにするよ!!)

竜児「お、おはよう」

竜児(…)

北村「パフェを3つ頼む」

櫛枝「あいよー」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:50:05.86 ID:Wk3a1EzK0

竜児「ちょっとトイレいってくるな」

北村「あ、俺もいくぞ」

北村「高須すこし話がある」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:51:41.04 ID:Wk3a1EzK0

北村「今日紹介する人がいるって言ったろ」

竜児「ああ」

北村「昔この町に住んでた俺の幼なじみてきな奴なんだが…」

竜児「ふむふむ」

北村「そいつは我が高校に転校してくる」

竜児「なんと」

北村「そして問題がある。簡単に言えば性格に問題がある」

竜児「ほうほう」

北村「この雑誌を見てくれ」

竜児「かわいい人だな」

北村「実はこいつなんだ」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:55:08.44 ID:Wk3a1EzK0

竜児「…へぇ……//……………!!!」

竜児(…なんだ?…思い出せそうだ)

竜児(……うっすらと…見える光)

北村「…あ来たみたいだ…いくぞ高須」

北村「おーい亜美こっちだ」

????「あ、祐作~」

北村「こいつが佐藤 亜美」 亜美は俺の嫁だからしょうがない


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:58:26.81 ID:Wk3a1EzK0

亜美「佐藤亜美ですよろしく」 

竜児(そうか…)

北村「こっちが高須でこっちが俺のガールフレンドのあいさか 大河 だ」

亜美「へぇ~宜しくねあいさかさん」

大河「宜しくお願いします」

高須「よろしく」

亜美(…変わったか)

高須「おれちょっとトイレ行ってくる」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 18:59:08.70 ID:Wk3a1EzK0

高須(すべてがぼんやりと見えた)

高須(黄色い光と青い光が見える)

高須(赤の光は弱く光っている)

高須(なぜだ?)

高須(なぜそんなに涙を流す)

高須「櫛枝 みのり」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:01:55.71 ID:Wk3a1EzK0

亜美「ゆうさく付き合ってるんだぁ意外だねぇww」

北村「まぁ付き合い始めたのは最近なんだけどな」

亜美「へぇ~あいさかさんおもしろーい」

大河「大河でいい…」

亜美「…たいがぁ?」

大河「それでいい」

北村「さっそく仲良くなってくれて嬉しいぞはっはっは!!」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:02:41.21 ID:Wk3a1EzK0

亜美「私今度…ゆうさくと同じ高校に入るんだぁ」

亜美「今度から宜しくねたいがぁそれと高須君」

北村「はっはっはっはっはっはっ」

竜児「宜しくな佐藤」

大河「よろしくねちわわちゃん」

亜美「(#^ω^)」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:03:43.45 ID:Wk3a1EzK0

バイト中のみのりは

みのり(ほっほうなんと転校生かぁ)

みのり(これは…盛り上がるねぇ)

そしてこのファミレスに来てたお前ら

「頼んだのがこねぇ…」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:05:23.53 ID:Wk3a1EzK0

翌日

みそじ「今日は転校生がいます!!」

生徒「おおおおおおおおおおおおおお」

亜美「佐藤亜美ですよろしくおねがいします」 まぁ俺の嫁だししょうがねぇ

生徒「美少女が!!!!!!!!!!!!!!」

生徒「きたあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

生徒「股間の高まり制御できませぇーーーーん!!!!!!!!」

バカ「そして!!!!なんと!!!!明日からは!!!!!!!!!!!!!プール開きです!!!」

生徒「不おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

亜美「みんなどエロ全開だね」

大河(なん…だと!)


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:07:12.70 ID:Wk3a1EzK0

竜児「そして翌日のプールである」

北村「ひどかったな」

竜児「ああ」

北村「ここの内容は自主規制です」

竜児「はぁ」

北村「ふむみんなも仲良くなったし亜美も本性が気に入られたみたいだし」

竜児「意外と猫かぶりがなかったな」

北村「ああ元から本性が意外とでてて安心したぞ」

竜児「因みにここの内容は書く力がなかっ…いやエロいシーンがあったから自主規制しただけだ」

北村「さて続きだ」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:08:04.02 ID:Wk3a1EzK0

亜美「あら高須君おはよう」

亜美「あら?ゴミがついてるわよとってあげるね…あれたいがぁだったのね?小さすぎてわからなかった」

大河「万年発情期のバカチーおはよう」

亜美「発情期なんかじゃないわよ」

女生徒「相変わらずなかいいね~亜美ちゃんとたいがぁ」

亜美「別にこんな乱暴小娘と仲良くなんて…」

北村「仲良き事はいいぞおおおおおおおおおお」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:09:11.12 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「それではぁあみ貴様にはこのチョコをやろう受け取りなぁ」

亜美「いらないわよ」

櫛枝「ふ、そうかじゃぁあたいがぁに高須ぅ貴様達にこのとびきりおいしいチョコをやろう」

竜児「あ、ああ ありがと」

櫛枝「礼にはおよばねぇなぁ」

大河「ありがと」

櫛枝「ちなみにこのチョコにははずれがあってだなぁ」

櫛枝「なんとぉ一つだけ超激辛のチョコがある」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:10:29.99 ID:Wk3a1EzK0

みそじ「不オオオオオオオオオオオオおおおおおおおおおおオオオオオオオオオオオオ尾おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

みそじ「からいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:11:51.94 ID:Wk3a1EzK0

自主規制ですな

北村「毎度すまんな」

みそじ「まったくひどい目にあったわ」

大河「北村君続きはじめるよ」

北村「おう」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:14:51.85 ID:Wk3a1EzK0

竜児「…それでだ…明日からは夏休みだな」

櫛枝「私は夏休みバイトいれてもらえなくてねぇ…逆につらい」

大河「私は北村君と一緒に宿題を終わらせたり」

北村「部活があったりするからなぁ」

亜美「私も暇なのよねぇ」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:16:53.63 ID:Wk3a1EzK0

亜美「休みはいいけど特にやることないと…」

大河「そうねぇ」

竜児「確かになぁ」

とうことで

五人「ん?」

皆さんには旅行へいってもらいます

五人「え?」

そろそろ前に進まないとおわんねえの

五人「まぁいいか」

あ忘れてたけど

第四話 転校生 完

次回 最終話 見えないもの


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:18:42.53 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「大河…もう逃げないよ」

大河「そう…私には何も出来る事はない」

大河「だからがんばってね」

櫛枝「うん」


最終話 見えないもの


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:23:58.11 ID:Wk3a1EzK0

竜児「さてと行くか」

大河「行くわよ」

竜児「あれ?北村と一緒に行くんじゃないのか?」

大河「待ち合わせ場所を考えろ駄犬」

竜児「すいませんでsた」

大河「やれやれ…」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:25:17.87 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「おっはよ~二人とも時間ぴったり♪」

北村「はっはっは””!!!えらい!!えらいぞおおおおお」

櫛枝「どうした~?元気ないよぉ!!声だしていこう!!」

竜児「あ、ああ」

北村「はっは!!今日は絶好の行楽日和だな!!!はっはっは!!!!!」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:26:57.26 ID:Wk3a1EzK0

亜美「あれ、なんだ…誰も来てないじゃん」

亜美「やれや…」

竜児「よ、よう」

北村「2分遅刻だぞ亜美」

櫛枝「おっはよーあーみん」

大河「遅いのよばかちわわ」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:28:17.32 ID:Wk3a1EzK0

ぶおおおおおおおおおおおおおん←新幹線が止まる音

竜児「これのようだな」

櫛枝「のるぜぇ!!超のるぜぇ!!!」

大河「うん!みのりんレッツゴー!!」

櫛枝「さぁて…パクッ もぎゅもぎゅ」

櫛枝「うめが入ってて超うめえええええええええええ!!」

北村「さすがだな高須」

亜美「ほんとおいしい♪家にお嫁にくる?」

竜児「NE-YO」

亜美「もういじわるぅ~」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:31:39.70 ID:Wk3a1EzK0

亜美「あれ?そういえばまだあいさかさんの姿が見えないけど遅刻かしら?」

亜美「高須君れんrぐぇ!!いったぁああああああいいい!!」

亜美「何すんのよ!?」

大河「あぁらばかちー起きてたの?目を開けて寝てるのかと思ったわよ」

竜児「旅行に来てまでけんかするなって」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:33:03.54 ID:Wk3a1EzK0

竜児「それより佐藤は夏休み中何やってたんだ?」

亜美「私ぃ?もうずぅっと仕事よ」

北村「ああ仕事再開したのか…」(台詞すくないなぁ)

大河「みのりんは?」

櫛枝「部活バイト部活バイト…」

竜児「大河は・?」

大河「私はねぇ…」ゴソッゴソ


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:35:25.41 ID:Wk3a1EzK0

大河「なんとクッキーの練習をしていましたぁ」

櫛枝「おおおおおおおお」

大河「食べて食べて」

櫛枝「ふぉおおおおおおおおおおおおおおおお1!!!!!」

櫛枝「おいしいいいいいいいいいいいいいい」

櫛枝「しっとりとしてるけどなめらか」

大河「これは私のオリジナルなのだ!」

櫛枝「やっぱりいいいいいいいいいいいいいきゃああああああああああああああああ」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:38:58.58 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「うめええええええええええええええええええええええええ」

櫛枝「のろわれるうううううううううううううううううううううううう」

北村「へぇあいさかが作ったのか…料理好きなんだなぁ」

大河「へぇ!?うん、なんかこう好きかな」

北村「俺も食べていいか?ぱくっ…うんうまい!!」

竜児(それで何回か煙が…

櫛枝「うまいお」

櫛枝( ^ω^) (^ω^ )大河

       ニヤニヤ


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:40:56.00 ID:Wk3a1EzK0

亜美「ん、ついたみたいよ」

北村「そのようだな」

北村「えーとこっちのバスに乗ってから」

北村「こういって」

北村「よしついた」

大河「あー疲れたぁ」

竜児「お、あれか?」

亜美「あーあれあれ」

亜美「後ろから入れるようになってるからその階段から」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:43:26.41 ID:Wk3a1EzK0

目の前には絶景だ!

櫛枝「おおおおおおおお!!!!ここがあーみんの別荘?ここに泊まれるのか~」

亜美「へへーん驚いた?」

櫛枝「すげえええええええええええちょおおおおおおおおかんげきだあああああああああ」

亜美「まぁでも、掃除しないとほこりだらけだと思うわよ」

竜児(む!掃除だと!!)


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:44:38.53 ID:Wk3a1EzK0

亜美「去年から使ってないし」

竜児「去年だと!?」

竜児(おもしろいじゃないか!!)

大河「北村君!!掃除なんかより海に行こうよ!!」

北村「行くぞおお!!」

亜美「私もいく~」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:45:24.41 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「高須君は行かないの?」

竜児「ん?俺はみんなが帰ってこれるように掃除しとくさ」

櫛枝「…」

櫛枝「私も…掃除しようかなぁ」

竜児「いいのか?掃除は得意だから任せてもいいぞ」

櫛枝「そ、そう?じゃあ遊んでくるね…」ダッ

竜児「あれ?二人きりのチャンスだった?」

竜児「ふぅとりあえず掃除するか」

竜児「…あれ夏休みだよな??」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:46:18.37 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝(何であんなこと言ったんだろう?)

櫛枝(…だめだよね…こんなの)

亜美(はぁあまったくあの二人は…)

亜美(まぁなるようになるわよね)

おっぱい


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:48:33.83 ID:Wk3a1EzK0

大河「みのりん!いくよぉ!!おりゃぁ1!!」

櫛枝「おっとぉ!!じゃあ次は北村君いくぜぇ!!」

北村「はっはっはっ!!いくぞ亜美!」

亜美「よっと、行くわよおちびちゃん!」ドカッ

大河「ふべっ!!」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 19:50:18.17 ID:Wk3a1EzK0

竜児「よしっ掃除も終わったな」

大河「だるかったぁ」

北村「掃除も終わったなじゃぁ買出し行ってくるか…」

北村「あいさかぁ下にバイクあるし行くか?」

大河「行くぅ!!」

櫛枝「じゃあ少し休憩でもしますか~」

竜児「あ、大河…ちょっとメモを」

大河「わかったわ」

竜児「じゃあ頼んだ」

北村&大河「じゃあいってくる」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:04:38.87 ID:Wk3a1EzK0

北村「ただいまぁ」

大河「つかれたぁ」

竜児「おうおかえり」

北村「とりあえずいろいろな材料買って来たぞ」

竜児「頼んどいたものも買ってくれたか?」

北村「カレーの甘口と辛口となにやらスパイスだったな」

竜児「ありがとな」

竜児「よし!じゃあ晩飯の準備するか」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:07:40.46 ID:Wk3a1EzK0

大河「私は甘いのがいいの!!!!」

亜美「私は辛いのがいいの!!!」

竜児「ああわかってるから二つルーは買ってもらってる」

亜美「そうやって一人の女の子に優しくしてると嫌われちゃうよ」

竜児「…はいはいじゃあもう一個はなるべく辛く作るな」

櫛枝「あれ?もう夕飯の準備してたのかぁ」

竜児「あと少しで出来るから待っててくれ」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:10:13.63 ID:Wk3a1EzK0

竜児「片方は大河のでもう片方ははなるべく辛くしたぞ」

櫛枝「おお!辛いのですか!!いいですねえええ」

竜児「よし出来たぞ!!」

五人「いっただっきまぁす!!!!!!」

亜美「もぐもぐ…そんなに辛くないわね」

北村「普通においしいなぁ」

櫛枝「思ったより辛くないし」

大河「そうなの?」

櫛枝「食べてみる?」アーン

大河「もぐもぐ…本当だ辛くな…」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:11:29.00 ID:Wk3a1EzK0

不おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

櫛枝「きたああああああああああああ」

北村「超辛いが!!!不思議ともう一口食いたくなる」

亜美「ああ、何かへんになっちゃいそう」

櫛枝「高須君!!君は天才だ!!!ちょうからくて超うまい!!!!」

ウメええええええええええええええええええええええええええええええ

竜児「おかわりあるからな」

櫛枝「高須君!!おかわり!!!」

おかわりだああああああああああああああああああ

ヒィイイイイイイイトエエエエエエエエエエエエエエエエエエエンド!!!


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:12:46.11 ID:Wk3a1EzK0

食後

櫛枝「洗い物ぐらい私がやるよ」

竜児「そうか?じゃあ頼むな、俺は材料確認とかしとく」

櫛枝「おっけー」

竜児「ふむふむ」

櫛枝  ぼー…

竜児「どうした櫛枝?」

櫛枝「えっいやなんでもないよ!はっははそれにしても高須君って本当に家事得意だね」

竜児「いやこれくらいは当たり前だよ…」

櫛枝「当たり前に出来るから凄いんだよ…」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:14:03.98 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「洗い物も終わったし…高須君いいものあげるよ」

櫛枝「こっちきて」

高須「ん、ああ」

高須(ベランダ?…また赤い光が…最近は見なかったんだが…なにかあるのか?…いや…ある!!)

櫛枝「どうしたの高須君?はいこれっ」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:17:03.04 ID:Wk3a1EzK0

高須「なんだ?これ?」

櫛枝「クッキーだよ…みんなに配るつもりだったんだけど大河ぁが配っちゃったからあまったんだ」

高須「ふぅん、ありがとな」

高須「パクッ…モグモグ…おいしいな」

櫛枝「そう?私にはわからない」

高須「どういうことだ?」

櫛枝「…」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:18:26.91 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「綺麗な星だねぇ」

高須「ああ、そうだな」

高須(赤が消える!?…二人きりだ!今が!最後の光!!!)

高須「櫛枝は大切な人…いや、好きな人がいるか?」

櫛枝「高須君は幽霊とか見た事ある?」

櫛枝「私はまだ見た事がない」

櫛枝「私は幽霊や見えないものを見た事がないんだ…」

櫛枝「みんなが当たり前に見えるものが私には眩し過ぎて見えない」

櫛枝「だから答えはいな…いや見えないんだ」

竜児「くしえだ…」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 20:19:27.99 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「私は臆病で世間知らずな女だからさ…見ようともしなかった」

竜児「くしえだ、」

櫛枝「誰もが見た事のあるものを見た事がなく」

竜児「くしえだ」

櫛枝「私が見た事のあるものは誰もが見えるもの」

竜児「櫛枝!!」

櫛枝「見えないしわからない…見たくても見れないんだ」

竜児「櫛枝 みのり!!!!」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 21:07:27.44 ID:Wk3a1EzK0

竜児「何も見えない!!」

竜児「何も知らない!!!!」

竜児「なら俺が!!!見てやる!!!」

竜児「お前と一緒に!!どんなにまぶしくて!!!!目をそらしたくても!!!!!」

竜児「俺がお前を支えて!!!見せてやる!!!!」

竜児「俺が一緒に!!!横に並んで!!!見てみせる!!!」

竜児「櫛枝!!!!俺は!!!お前と見たい!!!!」

竜児「この世界で!!!誰も見た事のない!!!俺らが一度も見た事のないものを!!!!」

竜児「みよう!!!!この世界を共に!!!!」

竜児「俺はお前が好きだ!!」

竜児「俺は櫛枝みのりが好きだ!!!!!!」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 21:09:27.89 ID:Wk3a1EzK0

櫛枝「私も…」

櫛枝「私も…貴方と…高須竜児と共に並んで…見る!!」

櫛枝「私は」

櫛枝「私はずっと…高須竜児が好きでした…」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 21:12:17.37 ID:Wk3a1EzK0

大河(うるせーっつーの)

亜美(うわぁ…私のときはあんなんじゃなかったなぁ)

北村(明日は赤飯でもたくか…)

大河(てか抱き合ってんじゃねぇよ)

亜美(いつまでハグってんだよ…)


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 21:13:34.18 ID:Wk3a1EzK0

竜児(いまなら見える…綺麗な赤い光が)

竜児(赤色…黄色…青色)

竜児(光が…そろった…)

竜児(誰にも見た事のない光が…)

竜児&櫛枝(私たちの光が…)


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 21:16:55.70 ID:Wk3a1EzK0

後日

竜児「おっす櫛枝!」

櫛枝「おはよ~高須君!!」

竜児「今日も朝練か?がんばれよ!!昼はみんなの分用意してあるからな!!」

櫛枝「おっけ~!!!だよ!!!それじゃぁいってきまぁあす!!!!」

櫛枝「ファイトオオオオオオオオオオオオ!!!」

竜児(この世界で誰も見た事がないものがある)

竜児(それは確かに存在しているもので)

竜児(確かに見えないものでもある)

竜児(ただ…誰もが知っているものである)

最終話 見えないもの 完


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/16(火) 21:24:59.09 ID:1q+DUeSw0

>>1おつ


関連記事
スポンサーサイト