FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

える「の、農家もいいものですよ!」奉太郎「大変そうだ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 02:10:16.54 ID:OzzN0KcBO


える「日々成長していく作物を見ると、疲れなんて飛んでいってしまいます!」

奉太郎「それはいいな…」

える「でしょう!いいものですよ!農家は!」

奉太郎「千反田は体力があるからな、俺には一生縁がない世界だろうな。はははっ」

える「…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 02:15:51.18 ID:OzzN0KcBO


える「体力は日々の作業の中で自然とついてきます!千里の道も一歩から!ですよ!」

奉太郎「そういえば先週里志と腕相撲したんだが、筋肉痛がまだ抜けなくて困ってるんだよな。ペンを持つのも一苦労さ、はははっ」

える「うぅ…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 02:24:33.50 ID:OzzN0KcBO


える「た、ただ作物を育てるだけが農家ではありません!」

奉太郎「ほう」

える「経営です!経営を担う人材が必要不可欠です!」

奉太郎「ああ、でも確か千反田は理系だろう?」

える「はい、私は作物をより育てるための勉強をしに行きます!」

奉太郎「千反田にはやっぱりそっちが向いてるよ」

える「ところで折木さんは…ぶ、文系でしたよね?」

奉太郎「いや、実は金銭面に問題があってな、大学進学はしないことになったんだ」

える「えぇっ!?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 02:33:13.47 ID:OzzN0KcBO


える「でで、では卒業後は…」

奉太郎「…恥ずかしいから誰にも言ってないんだが」

奉太郎「…一番先に千反田に言おうと決めてたんだ」

える「!!!」

奉太郎「今までの俺からしたら信じられないようなことだが…笑わずに聞いてくれるか?」

える「折木さん…私…」

奉太郎「旅に出る」

える「えぇぇえぇぇっ!!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 02:40:50.77 ID:OzzN0KcBO


える「ななっなっなんでですか!?」

奉太郎「いや…姉貴に影響されたらしい。大丈夫、ちゃんと考えてのことだ。計画としてまずは中東方面から

える「折木さん熱があります!高熱です!!今日はもう寝た方がいいです!そうです私の家が近いです!さぁ行きましょう!!」

奉太郎「いや体調はいいぞ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 03:01:25.10 ID:OzzN0KcBO


える「!ときに折木さん!」

奉太郎「なんだ」

える「折木さんは、男女のお付き合いをしたことがないと聞きます!」

奉太郎「それがどうした」

える「不毛です!」

奉太郎「毛を剃ることか」

える「それは剃毛です!」

える「って違うんです!違うんです!!」

奉太郎「落ち着け、下の階に迷惑だから足を踏み鳴らすな」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 03:10:55.94 ID:OzzN0KcBO


える「高校生は一生に一度!青春ともいいます!」

奉太郎「薔薇色ってやつだな」

える「その通りです!この限られた青春の時間を、彼女と共に過ごすというのはとても素晴らしいことだと思うんです!」

奉太郎「一理あるな」

える「そ、そこで…なんですがね?その…か、彼氏のいない女子生徒が、こっここここにですね?

奉太郎「、っとすまん、電話だ」

える「~~~~っ!」ダンッダンッ ←足踏みしている


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 03:21:26.94 ID:OzzN0KcBO


奉太郎「……先輩?ええはい……はい……、えっ………………本気ですか?……いえ……いえ、嬉しいです。…………はい。……こちらこそ、よろしくお願いします」


える「お話は終わりましたか!?」

奉太郎「聞いてくれ千反田」

える「は、はいっ」

奉太郎「さっきの話、俺なりに真剣に考えてたんだ」

える「!そ、そうですか!」

奉太郎「ひょっとすると俺には早すぎるかもと思われるかもしれんが」

える「早すぎるなんてことありません!ドンとこいです!!」

奉太郎「入須先輩と付き合うことになった」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 03:37:35.67 ID:OzzN0KcBO


える「…えっ?」

奉太郎「凄いタイミングで告白されてしまってな。いい機会…というのも失礼だろうが、俺も少しは他人と関わることを……千反田?」

える「~~~~~っ!うえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!!おれきさんのばぁかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ!!!」ガラッバタバタバタバタ


奉太郎「…そうかトイレに行きたかったのか…長話して悪かったな…明日謝っておくか」




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 03:39:41.52 ID:OzzN0KcBO


~千反田家~

える「おれきさんのばか、おれきさんのばか、おれきさんのばかぁぁぁ……」ヒックヒック

かほ「おーよしよし、それにしても毎日毎日諦めないわねぇ」ポンポン

える「すきなんです!折木さんが!」

かほ「知ってるわよ、ほら鼻かんで」

える「~~!明日!明日こそ!折木さんを落としてみせます!」

かほ「はいはい。じゃあ…恒例の作戦会議、始めましょうか」

える「はいっ!!」




終わり


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 03:47:41.63 ID:ENB2TcLQ0


でもえるが幸せになるSSがなさすぎて…


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 04:30:21.57 ID:4epgJx9A0

最終回入須さん出るから楽しみにしておけよ


関連記事
スポンサーサイト