FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

エイラ「サーニャの肉布団ナンダナ」

  
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:45:03.93 ID:Za1X17/e0

エイラ「つまりダナ」

エイラ「私がサーニャの下で」

エイラ「サーニャが私の上に乗っかって寝てるという」

エイラ「なんともミステリアスな状況になっているわけだが」

エイラ「まったく、モテる男はつらいゼ」ハハッ

サーニャ「……」スースー

サーニャ「ん…んん……」モゾモゾ

エイラ「はっ、はぅ……」





2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:49:20.20 ID:Za1X17/e0


エイラ「サーニャが動くたびに、擦れて……」



サーニャ「ん……」モゾモゾ



エイラ「んぅ……っ」



エイラ「なかなかに刺激的なんダナ……」



エイラ「……」クンクン



エイラ「匂いとか、もう、たまらんぞ」



芳佳「私にも分けてください」



エイラ「出たな淫獣」







5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:55:12.66 ID:Za1X17/e0


エイラ「なんとなくお前が来そうだなとは思ってたヨ」



芳佳「早く!私にもその布団貸してください!」



エイラ「ダメだダメだ、お前はリーネと寝てろ」



芳佳「違うんです!リーネちゃんとか、そういうことじゃなく!」



芳佳「絡みたいんです!サーニャちゃんと!とにかく!」



エイラ「最近こいつが欲望に忠実で嫌になる」









6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 20:59:40.98 ID:Za1X17/e0


芳佳「……」



芳佳「むしろいまの状態だと、エイラさんがサーニャさんの敷き布団じゃないですか……」



エイラ「んあ、なんだッテ?」



芳佳「なんでもありませんよ」



サーニャ「……ん」モゾモゾ



エイラ「うぇ!」



芳佳「サーニャちゃんが足を……!これが噂の……」



芳佳「決まったあああああ!!!だいしゅきホールド!!!」







8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:04:06.46 ID:Za1X17/e0


エイラ「さ、サーニャ!?」



サーニャ「むにゃ……」ギュウッ



芳佳「凄い力で抱きついてますよ!痛くないんですか?」



エイラ「しょ、正直、結構痛い……でも」



エイラ「それ以上に気持ちいいっ!」



芳佳「ふむぅ」



エイラ「細い腕と足が、私の身体を締め付ける……」



エイラ「蕩けちゃいそうだぞ……」



芳佳「融けるならさっさと融けてください。そして私が」



エイラ「お前には絶対明け渡さねーぞ!」






9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:08:40.88 ID:Za1X17/e0


芳佳「サーニャちゃん、エイラさんのこと抱き枕か何かと思ってるんじゃないですか?」



エイラ「ああ。どうやらそうみたいだな」



芳佳「枕買ってあげなくても良かったんじゃないですか」



芳佳「自分にリボンつけて、私がプレゼントだぞ!ってやれば問題なかったんじゃ無いですか?」



エイラ「そ、そんな事出来るわけ無いダロ!」



芳佳「まあ、エイラさんならそうですよね。いつも受け身のエイラさんには無理なことでしたよね~」



エイラ「う、うるさい!お前には関係無いだろ!」



サーニャ「……」スースー



サーニャ「……」ギュウ



エイラ「うっ」







11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:14:28.00 ID:Za1X17/e0


エイラ「締めがまた強くなったぞ……」



芳佳「それにしても暑くないんですか?ただこうしているだけでも暑いのに、抱き合っているなら尚更」



エイラ「正直……もう汗ダラダラなんだ」



芳佳「えっ」



エイラ「私もサーニャも暑さにはそんなに強くないんだよ……」



エイラ「さっきから私の汗とサーニャの汗が混じりあって」



エイラ「ぬるぬるするような、べたべたするような……」



エイラ「もうシーツ洗濯しないとだめダナ」



エイラ「汗でちょっと臭くなってるし」



芳佳「……」



芳佳「ふぉおおおおおおおおおおおああああああぁぁぁぁ!!!!!!!!」







13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:19:59.34 ID:Za1X17/e0


芳佳「もうなんでもいいから、私もドロドロになりたいんですよ」



エイラ「なんで私がお前と抱きあわなきゃならないんダヨ!」



芳佳「サーニャちゃんとでも全然おkです!」



エイラ「良いわけ無いダロ!ばか!」



芳佳「じゃあ私はどうすれば良いんですか!?このまま一人で自分の体を慰めていろと?」



エイラ「知るかっ!」



芳佳「爛れた関係になりましょうよ」



エイラ「お前とは絶対いやだかんな!」



芳佳「ふぃああああああああああああぁぁぁっぁぁぁl!1!!!!!!」ドタドタドタ






15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:26:28.52 ID:Za1X17/e0




エイラ「……」



エイラ「嵐が去った……」






16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:29:36.40 ID:Za1X17/e0


エイラ「それにしても、サーニャは一体何で……」



サーニャ「……」ジィッ



エイラ「……ん?」



サーニャ「おはよう、エイラ」



エイラ「さ、サーニャ!お、起きてたのか?!」



サーニャ「あれだけ騒がしかったら、誰だって目覚めるわ」



エイラ「ご、ごめん」



サーニャ「ううん、いいの」ギュ



エイラ「さ、さーにゃ?」



サーニャ「エイラ、あったかい」ギュゥ



エイラ「あ、暑くないか?」



サーニャ「ポカポカして、気持ちいいわ……」



エイラ「さ、サーニャ気持ちいいなら、何よりだ」



ウッピャアアアアアアアアアアアア!!!!






18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:35:48.84 ID:Za1X17/e0


エイラ「さ、サーニャ」



サーニャ「うん?」



エイラ「ど、どうして私に、抱きついているんだ?」



サーニャ「……」



サーニャ「エイラ、嫌だった?」



エイラ「い、嫌だなんてそんなっ!私だって、その……」



エイラ「……気持ちいいし」



サーニャ「……そう」



サーニャ「良かった」ギュゥ



エイラ「あぅ……」







21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:41:59.88 ID:Za1X17/e0


サーニャ「……」



サーニャ「夜間哨戒が終わってベットに入る所までは覚えているけれど……」



サーニャ「目が覚めたらエイラに抱きついてたの」



エイラ「そ、そうなのか」



サーニャ「……」ギュ



エイラ「……」



エイラ「あのな、その、今サーニャがしている抱きつき方」



サーニャ「?」



エイラ「だ、だいしゅきホールドって、言うらしいゾ」



サーニャ「……」



サーニャ「そう、なんだ」ギュウッ



エイラ「ん……」







23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:48:27.89 ID:Za1X17/e0


エイラ「……」



サーニャ「……」



サーニャ「エイラ、すごい汗……」



エイラ「……サーニャだって」



サーニャ「……」



サーニャ「……」スンスン



エイラ「さ、サーニャ!?」



サーニャ「エイラの汗……甘酸っぱい匂い……」



エイラ「や、やめてくれよ。恥ずかしいッテ」



サーニャ「……」スンスン



エイラ「う、うぅ……」



サーニャ「……」スンスン



エイラ「……」



エイラ「……」スンスン



サーニャ「あっ……」







26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 21:54:02.37 ID:Za1X17/e0


エイラ「……」スンスン



サーニャ「……」



サーニャ「……」スンスン



エイラ「……」スンスン







エイラ(何だか、頭が、クラクラしてきた……)



サーニャ「エイラ……もう、……」



エイラ「サーニャ……ん……」



サーニャ「エイラ……」ギュッ



エイラ「サーニャ……」ギュッ






28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:00:52.26 ID:Za1X17/e0




――――

―――――――



チュンチュンチュン



エイラ「……」



サーニャ「……」スースー



エイラ「……う~ん」



エイラ「今日も、いい天気なんダナ」



エイラ「行ってくるよ、サーニャ」







芳佳「エイラさ~ん」



エイラ「お、宮藤か」



芳佳「結局あの後、どうなったんですか?」



エイラ「あの後って……」



芳佳「サーニャちゃんとですよ!」







30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:06:52.87 ID:Za1X17/e0


エイラ「ん、サーニャとか」



芳佳「どうしたんですか?教えて下さいよ~」



エイラ「んー、まあ、な」



芳佳「なんなんですか、その澄みきった表情は」



エイラ「別に、何てことナイッテ」



芳佳「……何だか、やけに落ち着いてますね」



エイラ「別に、気のせいじゃなイカ?」



芳佳「……何だか悔しい」



エイラ「フフフ、お前らも精進しろよ」







オワリダナ






35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:12:09.25 ID:Za1X17/e0


芳佳「ふぃああああああああああああぁぁぁっぁぁぁl!1!!!!!!」ドタドタドタ



芳佳「ふぉああああああああああああぁぁぁぁl1!!!!!!!!!!」ダダダダア



芳佳「ふひゃあああああああぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁああああlっ!!!!!」







坂本「……なんだ、やけに騒がしいな」



坂本「あれは……宮藤か」



芳佳「ふぁあああふああひゅあああああああっっ!!!!!!!!」ダドダドダド



坂本「こんな時間に一体……」







芳佳「ひゅああああああひょおおおおおおお!!!!!!!」ダダダ



坂本「やかましいぞっ!みやふじっ!!」ビダーン



芳佳「うっぴゃあああああああああああ!!!!」







37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:17:50.80 ID:Za1X17/e0


芳佳「うう……そんな思いっきり引っぱたかなくてもいいじゃ無いですかぁ」



坂本「今何時だと思っているんだ!他の者の眠りを妨げるつもりか!」



芳佳「そんなんじゃあないですけど……」



坂本「じゃあなんだ。私の早朝訓練にでも付き合うつもりだったのか」



芳佳「い、いや~、それはちょっと」



坂本「むっ」






41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:22:18.85 ID:Za1X17/e0


芳佳「……」



坂本「一体どうしたんだ?」



芳佳「……」



坂本「黙っててもわからんぞ」



芳佳「……です」



坂本「ん?」



芳佳「……寂しかったんです」



芳佳「エイラさんとサーニャちゃんの仲が良くて……」



芳佳「私の付け入る隙が無くて……」ショボン



坂本「……」







42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:27:06.71 ID:Za1X17/e0


坂本「なんだ、そんな事か」



芳佳「さ、坂本さんは寂しくなったりしないんですか?ミーナ隊長とバルクホルンさん、ハルトマンさん」



芳佳「自分にはない……カールスラントの三人の繋がりを見て……」



坂本「ふむふむ、なるほど」



芳佳「……」



坂本「ずばり……無いっ!」



芳佳「はあ」



坂本「そんな事考えたことも無いな!」



芳佳「そですか……」






44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:32:02.07 ID:Za1X17/e0


坂本「しかし宮藤」



芳佳「はい」



坂本「私から見たらお前だってエイラ、サーニャと特別な繋がりを持っているように見えるぞ」



芳佳「え……」



坂本「お前が来てからサーニャは周りと打ち解けるようになったし、エイラだって前より積極的になった」



坂本「まあ、今でもサーニャサーニャしつこいがな」



芳佳「坂本さん……」



坂本「私だって、あの三人の繋がりとはまた違う、私とだけの繋がりというものを感じるぞ」



坂本「まあ、人と比べるものでは無いな」







45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:36:06.27 ID:Za1X17/e0


芳佳「坂本さん……私……」



坂本「そんなに暗い顔をするな。」



芳佳「……」



坂本「……しょうがない、起床までまだ時間がある」



坂本「一緒に寝てあげよう。それで元気を出せ」



芳佳「え……ええ!」



坂本「なんだ、嫌だったか?」



芳佳「え、いや、そんな!」



坂本「同郷のよしみだ。遠慮する事は無い」









47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:41:42.23 ID:Za1X17/e0


―――――――もっさん部屋

in bed



芳佳「さ、坂本さん///」



坂本「ん?なんだ宮藤」



芳佳「おっp、胸が目の前に///」



坂本「しょうがないだろう、一人用の布団なんだから、狭いのは当然だ」



芳佳「そ、それに、なんで裸なんですかっ!///」



坂本「ん、最近暑いからな。この方がよく寝れる」



芳佳(何で私まで///)



坂本「どうだ、よく寝れそうか?」



芳佳(寝れるわけ無いですっ!!!)






50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:48:34.05 ID:Za1X17/e0


芳佳(目の前におっぱいががっ!)ムズムズ



坂本「ん?」



芳佳(おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい」



坂本「なんだ、まだ寝れないのか。ほら」



芳佳「えっ?」



坂本「手を握ってやろう。それなら寂しくないだろう」ギュ



芳佳「は、はいっ!あ、ありがとうございます///」






51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:52:27.49 ID:Za1X17/e0


芳佳(坂本さんの手、大きくて、温かい……)



坂本「……」



坂本「宮藤の手、小さくて、かわいいな」



芳佳「っ!!!さ、さかもとさん?!」



坂本「大きくていかつい、私の手とは大違いだ」



芳佳「そ、そんな事無いです!」



芳佳「坂本さんの手は大きくて、暖かくて……」



芳佳「お父さんの手みたいで素敵です!」



坂本「お、お父さんみたいか、はは……」







53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:57:54.67 ID:Za1X17/e0


芳佳「あっ、お父さんっていうのは、えーっと」



坂本「ははは、いいんだ。私が女性らしさをもって無いのはわかっている」



芳佳「そ、そういうつもりじゃ……」



芳佳「あ、でも坂本さん!」



坂本「ん?」



芳佳「坂本さんはおっぱいが大きいです!



坂本「な、なに!?」





55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:59:31.95 ID:h3PforZj0

エイラさんひゃああああああああああああああ!!



坂本さんがお父さんみたいというのは妙に納得出来るわ






57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:03:25.88 ID:Za1X17/e0


芳佳「おっぱいは女性であることの象徴です!」



坂本「なっ」



芳佳「そのおっぱいが大きい坂本さんは非常に女性らしいです!



坂本「……」



坂本「宮藤」



芳佳「はい!」



坂本「言ってて恥ずかしくならないか?」



芳佳「全然!」






60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:09:26.52 ID:Za1X17/e0


坂本「まあ、宮藤も私を励まそうとしてくれたんだな」



坂本「ありがとう」



芳佳「えへへ」



芳佳「そ、それでですね」



坂本「ん、なんだ?」







62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:13:41.49 ID:Za1X17/e0


芳佳(いたって自然に、ナチュラルな感じに……)



芳佳「その、坂本さんの女性の象徴なんですが」



坂本「ん?」



芳佳「揉めば揉むほど、大きくなるということが証明されておりましてですね」



坂本「ふむ」



芳佳「つきましては、この私が



坂本「断る」



芳佳「はい!誠心誠意こめてこの私が、って、え?」



坂本「断ると言ったんだ。聞こえなかったか?」



芳佳「な、なんで!?」



坂本「なんでと言われても……」






63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:19:09.64 ID:Za1X17/e0


芳佳「お、おっぱいを大きくしたくないんですか!?」



坂本「ああ、私は別に構わない」



芳佳「どうして!おっぱいは大きくなるに越したこと無いじゃないですか!」



坂本「……一つ聞くが」



芳佳「はい?」



坂本「お前の胸はそれでいいのか?」



芳佳「へ?」



坂本「私のよりもお前の胸のほうが急を要するようだが」



芳佳「わ、私は揉む専なので」







65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:25:43.15 ID:Za1X17/e0


坂本「ふむ、もう目が覚めただろう」



芳佳「え?」



坂本「私が一丁お前を揉んでやろう。」



芳佳「へ?」



坂本「外に出ろ!早朝訓練だ!」



芳佳「ふええええええぇっぇっぇぇぇぇ!」









芳佳「てな感じに……」



エイラ「……こりゃ酷いナ」











67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:31:06.03 ID:Za1X17/e0


エイラ「最初の方は良い感じだったのに」



芳佳「はい……」



エイラ「大体、お前は欲望に忠実すぎるんだヨ」



芳佳「え、エイラさんだって欲望丸出しな感じじゃないですか!」



エイラ「お、お前にだけは言われたくねーヨ!」



エイラ「大体私はお前みたいに誰でも良いみたいな事は考えて無いし」



芳佳「わ、私だって誰でもって訳じゃあ……」



エイラ「胸があれば誰でもダロ」



芳佳「むぅぅ……」






70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:36:03.24 ID:Za1X17/e0


エイラ「私はサーニャじゃなきゃ絶対に嫌だ」



芳佳「わ、私は……」



芳佳「私が心に決めた人は……」



エイラ「……」



エイラ「端から見れば答えは明らかなんだけどナ」



芳佳「え?」



エイラ「ま、じっくり考えナ」



芳佳「どーいう事ですか、エイラさ~ん」



エイラ「自分で考えロ」







71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:38:04.41 ID:1OlXdruC0

芳佳ちゃんかわいい



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:1OlXdruC0 [3/5回(PC)]
芳佳ちゃんかわいい




72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:Za1X17/e0 [36/37回(PC)]
芳佳「……」



芳佳「私の……」



芳佳「私の心に決めた人は……」









「芳佳ちゃーん」













オワリダナ








73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:H/m035NJ0 [1/1回(PC)]
みっちゃんか

おつ




74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:benXeXoA0 [2/2回(PC)] リーネちゃん!
関連記事
スポンサーサイト