FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

P「やよいと真美と遊ぶことになった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:03:42.63 ID:qJpSZOYe0

真美「兄ちゃーん遊んでよー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「兄ちゃーんヒマー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「さっきからずっとそれ言ってるよー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「…」

真美「フラミンゴ打法といえば」

P「おう、さだはるな。…っと、はい終わり」カタカタッターン

真美「終わった?ねえねえ何しよっかー!」

P「落ち着けって、もう少ししたら天使が来るから」

真美「えっ天使?何言ってんのこの人」

ガチャ

天使(やよい)「おはよーございまーす!!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:05:53.47 ID:qJpSZOYe0

真美「て、天使がきたでえ」

やよい「あ、真美!今日はどうしたの?お仕事?」

真美「いやー午前は亜美とお仕事だったんだけど、午後から亜美は竜宮のお仕事でさ」

真美「そんで、事務所に帰って来たはいいけどヒマでヒマでしょうがなかったワケ」

P「亜美が戻るまで待つって言うから、俺が暇つぶしの相手に任命されたんだ」

真美「そそ。でも兄ちゃんったら帰ってくるやいなや作業始めちゃってさー…」

P「ごめんな、真美。俺の作業が終わるまで一人で寂しかったろう?」

真美「べ、別に寂しかった訳じゃないけど。やよいっちは?」

やよい「私もさっきお仕事終わったんだよ」

P「ちょうどやよいも終わる時間だったから呼んでみたんだ」

真美「そっか!じゃあ今日は三人で遊べるんだね!」

P「まあそういうことだな」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:13:05.33 ID:qJpSZOYe0

やよい「うっうー!プロデューサーと真美と三人で遊ぶのって珍しいかもー!」

真美「んっふっふーいろいろ妄想が膨らみますなー」

P「そこでだ!今日はこんなものを用意してみた!」ババーン

真美「おお…こ、これは伝説の…」

やよい「ゆうパックのダンボールですか?」

P「ただのダンボールじゃあありません。これを見よ!」デデーン

真美「おお…もしやそれは異次元に通ずるというKAZA‐ANA」

やよい「手が入るくらいの穴が空いてありますね」

P「今から三人で何をして遊びたいかを紙に書くんだ」

真美「ほうほう」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:15:08.82 ID:qJpSZOYe0

P「それで、それをこの箱の中に入れてランダムに引いていく」

P「紙に書いてあることを時間がくるまでこなしていく、という訳だ」

やよい「うっうー!ちょっと面白そうかもです!」

真美「んっふっふー!兄ちゃんもオツなことを考えますなあ」

P「だろ?じゃあこの紙にやりたいことを書いてくれ。10分後に回収でいいかな」

真美「おっけー何枚でも書いていいの?」

P「ん、じゃあ最高3枚までにしようか…でもそんなに思いつくかな」

真美「余裕っしょ!若さ故の柔軟な思考力を甘く見ないでよね!ねーやよいっち」カキカキ

やよい「うん!プロデューサー、私、頑張って考えますね!」カキカキ

P「お、おう、そうか、じゃあ俺も若さで…」カキカキ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:16:36.43 ID:qJpSZOYe0

~10分後~

P(一個しか思いつかなかった…)

P「全部入れたかー」

やよい&真美「「はい!&うん!」」

P「よーし、じゃあ記念すべき一枚目は…」ゴソゴソ

P「これだ!」ジャン

やよい&真美「」ワクワク

P「『ポッキーゲーム』」

真美「…」

P「…」

P「ち、違う!俺はロリコンじゃない!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:17:39.94 ID:qJpSZOYe0

真美「」ジトー

P「というか、これは俺が書いたんじゃない!」

真美「えっ」

やよい「あ、あのう、それ私のです…」

P&真美「「えっ」」

やよい「この間、亜美と真美が話ているのを聞いて、楽しそうだったから私もやってみたいかなーって」

やよい「それで、今日お仕事でちょうどポッキーをもらったから思いついたんです」

P(お、お前たちはなんて話をしているんだっ)ヒソヒソ

真美(あれは11日にたまたまその話になっただけだって!)ヒソヒソ

やよい「じゃあ準備しますね…」カサカサ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:18:45.53 ID:qJpSZOYe0

P(しまった、もう準備をっ)ヒソヒソ

真美(こうなったら真美がやるしかないっしょ)ヒソヒソ

やよい「…んー」カプ

P(!!か、かわいい…)

真美「じゃあいくよ、やよいっち…」

やよい「ん、んー」コクコク

P「…待て、真美」

真美「ん?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:20:51.12 ID:qJpSZOYe0

P「ここは俺にいかせてくれないか」

真美「…」

P「…」

真美「あんた、それはアカンっしょ…」

P「デスヨネー」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:23:24.53 ID:qJpSZOYe0

やよい「ん、んーんー」ハヤクー

真美「では改めて…」カプ

やよい「」ポリポリ

真美「」ポリポリ

P(!やよいにばっかり目がいってたけど、やっぱり真美もかわいいな…)

やよい「」ポリポリ、ジー///

真美「」ポリ、ジー///

P「」ポケー


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:25:29.53 ID:qJpSZOYe0

P「…っは!?は、はいおしまいー!」

やよい「んーおいしいですー!」モグモグ

真美「ふー危うくデッドゾーンに引き込まれるところだったぜい」モグモグ

P「……次だ、次!」ガサゴソ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:28:13.85 ID:qJpSZOYe0

P「『人生ゲーム』」

真美「あっそれ真美のだ」

P「意外と普通だな」

真美「ちょっと兄ちゃん、真美をなんだと思ってんのさ!」

真美「この前皆でやったとき、やよいっちと兄ちゃんはいなかったからさ」

やよい「あの、私やったことないけど大丈夫かな」

P「ああ、まあだいたいは運だから初心者でも大丈夫だと思うよ」

真美「んっふっふーただやるだけじゃつまんないから、1位がドベになにか命令できるってしようよ!」

P「あ、やっぱりそういうことか!全く何をやらせる気なんだか」

やよい「ううー私ちょっと心配です」

P(ここはなんとか俺が1位に…!)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:29:45.35 ID:qJpSZOYe0

~ゲーム終了~

結果 1位 やよい 2位 真美 3位 P

真美「…」

P「…」

やよい「うっうーやりました!」

真美「ちくしょー経験が運に負ける瞬間を間の当たりにしたぜい」

P「うう、よく考えたらフラグが立ってた気がする…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:31:19.18 ID:qJpSZOYe0

真美「ささ、王様。この卑しい弱者にご命令を」

やよい「あっ!そっか、うーん…じゃあ…」

P(まあ、やよいが1位なのがせめてもの救いだな)

やよい「3位の人は1位の人の頭を撫でてください」

P「え」

真美「え」

やよい「あれ…だめですか?」

P「いや、そんなことならお安い御用だけど。そんなんでいいのか?」

やよい「はい!私、実はプロデューサーに頭撫でてもらうの好きだったりしてーえへへー」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:34:36.41 ID:qJpSZOYe0

P「そ、そうか、じゃあ」ナデナデ

やよい「んー」///

P「」ナデナデ

やよい「ふわっ」///

真美「…」

P「」ナデナデ

やよい「えへへ…」///

真美「……ちょっと!あんたらいつまでやってんのさー!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:36:36.25 ID:qJpSZOYe0

P「へ?」

やよい「あっ」

真美「もう終わり!はい、早く離れて!」ババッ

P「わ、わかったって!何怒ってるんだ?」

真美「怒ってないってば!次の紙、早く引いてよ!」

P「?何なんだ…」ガサゴソ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:39:54.43 ID:qJpSZOYe0

P「『かくれんぼ』」

真美「またまた真美のだ!」

P「かくれんぼって…小学生じゃないんだから」

真美「あっ今、真美を子どもっぽいって思ったっしょ!」

P「っぽいっていうか、まだまだ子どもなんだなって」

真美「ぐぬぬ、最近成長してナイスバデーになってきたのに!」

P「はは、心と体の成長に差があるのはしょうがないよ」

やよい「私もかくれんぼ好きです!」

P「よし、やるぞ!かくれんぼ」

真美「…この男」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:41:54.87 ID:qJpSZOYe0

~かくれんぼ開始~

一同「ジャンケン、ポン!」

やよい「あ…」

真美「んっふっふーやよいっちが鬼だね!」

P「外に出るのは危ないから範囲は事務所内な」

真美「おっけー」ダダッ

やよい「じゃあ100数えますね…いーち、にーい…」

P「さて、俺はどこに…」ウロウロ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:44:51.93 ID:qJpSZOYe0

P(トイレは…さすがに反則か。じゃあ会議室に…)ウロウロ

やよい「さんじゅくーよんじゅー」

P(あっしまった!小鳥さんが出てるから鍵がない!)

やよい「ななじゅごーななじゅろーく」

P(机の下は…俺の体じゃ無理だ…)

やよい「きゅうじゅいーちきゅーじゅにー」

P(あっ!あそこだ!)ダッ

やよい「きゅうじゅきゅーひゃーっく!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:46:39.61 ID:qJpSZOYe0

P(…)

真美(…)

P(よ、ようこんなところで奇遇だな真美)ヒソヒソ

真美(な、なんで兄ちゃんもロッカーに入ってくんのさっ)ヒソヒソ

P(すまん!とっさにここしか思いつかなかった)ヒソヒソ

真美(こんな展開エロゲでも今はないって!)ヒソヒソ

やよい「あれーここにもいないな…」テクテク

P(…)

真美(…)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:48:07.70 ID:qJpSZOYe0

P(…ふう、とりあえずかくれんぼが終わるまでの辛抱だから我慢してくれ)ヒソヒソ

真美(う、うん…わかったよ…)ヒソヒソ

真美(うう、兄ちゃんがこんな近くに…すっごく兄ちゃんの匂いがするよぅ…)スンスン

P(あっわ、悪い!午前中営業に出てたから、俺汗臭いかも)ヒソヒソ

真美(えっううん、大丈夫だよ)ヒソヒソ

P(そうか、なら良かった)ヒソヒソ

真美(この匂い嫌いじゃないから…)ボソッ

P(え?なんだって?)

やよい「あっ千早さん!」

P&真美(!!)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:54:22.84 ID:qJpSZOYe0

千早「あら、高槻さん一人?」

やよい「いえ、今プロデューサーと真美とかくれんぼしてるんです。私が鬼です!」

千早「かくれんぼって…そんな子どもみたいな……かわいい」

やよい「千早さんはどうしたんですか?」

千早「私は楽譜を取りに。すぐに出ないといけないわ」

やよい「そうですかー…千早さんとも遊びたかったけど、しかたないですね」

千早「ふふ、また今度一緒に遊びましょうね。それじゃあもう行くわね」

やよい「はい!おつかれ様ですー!」

千早(あぶないあぶない、もう少しでここに永住するところだったわ)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:59:17.42 ID:qJpSZOYe0

ガタンッ

千早「ん?ロッカーから物音が」ガチャ

P「…」

真美「…」

千早「…」

P「お、お疲れさん」

千早「…ごゆっくり」バタンッ

千早(見なかったことにしよう…)スタスタ

―――――――

――――

――


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:00:56.44 ID:qJpSZOYe0

P「…」

真美「…」///

やよい「二人ともどこに隠れてたんですか?結局見つけられませんでした」

P「…次、引いてみようか」

真美「そ、そだね…」///

やよい「?」

P「気を取り直して…」ガサゴソ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:04:11.12 ID:qJpSZOYe0

P「『おままごと』」

P「…えーっと、これは」

やよい「私のです!」

P「やっぱり」

やよい「私、男の人とおままごとってやったことないんです」

真美「えっ一回もないの?弟くんたちは?」

やよい「うん…長介たちはやりたがらなくって、いつもかすみと二人でやってたんだ…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:06:01.19 ID:qJpSZOYe0

P「そっか、まあ男の子が喜んでする遊びじゃないよな」

やよい「はい…だから、プロデューサーと一緒にやってみたいんですっ」

P「俺は構わないけど…配役はどうしようか」

やよい「あの…私、やりたい役があるんです」モジモジ

P「おっなんだ?」

真美「…はっこの流れは!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:12:20.21 ID:qJpSZOYe0

やよい「えと、あの、私、プロデューサーのおよめs…」

真美「っちょっと待ったー!!」

P「おわっびっくりした!いきなり大声出してどうしたんだ?」

真美「クジ!配役はクジで決めようよ!兄ちゃんっ」

P「クジか…そっちの方が面白いかもな。じゃあ真美、任せていいか?」

真美「うん!任せてよ!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:15:05.68 ID:qJpSZOYe0

~クジの結果~

夫 P 嫁A やよい 嫁B 真美

P「…どうしてこうなった」

P「これじゃ、おままごとじゃなくって昼ドラごっこになるぞ」

真美「てへ」

P「全く…やよいはこれでいいのか?」

やよい「はい!真美と二人でプロデューサーのお嫁さんやります!」

P「やよいがいいならいいか…じゃ、始めるか」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:22:13.35 ID:qJpSZOYe0

~おままごと開始~

P「ただいまー」ガチャ

やよい「あっおかえりなさい!」タッタッタ

P「やよい、ただいま。ふぅー今日も頑張ったなあ」

やよい「お疲れ様です!ご飯すぐに食べられますよ、あっそれとも先にお風呂に入りますか?」

P「んーそうだな…お腹も空いてるし、先にご飯にしようかな」

やよい「はい、じゃあお味噌汁温めますね」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:23:44.19 ID:qJpSZOYe0

――――

――

P「ん、相変わらずやよいは料理がうまいなあ」モグモグ

やよい「えへへーいつも美味しいって言ってくれて私も嬉しいです!あっおかわりいりますか?」

P「ん…じゃあお願いしようかな」

やよい「はい!」ガタッ

ピンポーン、ピンポーン

P「おや誰か来たようだ。あ、いいよやよい。俺が出るから」ガタ

ピンポーンピンポピンポピンポピンポーン

P「はいはーい!ったく、こんな時間に誰だよ…」ガチャ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:27:03.18 ID:qJpSZOYe0

真美「…」

P「げっま、真美!?どうしてここに!?」

やよい「あなたーどうかしましたかあー」テクテク

P「や、やよい、こっちにきちゃ…」

真美「…これは一体どういうことなの」

やよい「あれ?こちらはどちら様?」

P「あ、ああやよい、この人は俺のいもうt」

真美「この人の妻で真美という者です」グイッ

P「あっちょっ腕を引っ張るな」

やよい「…説明…して、くれますよね?」

P「オワタ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:32:41.10 ID:qJpSZOYe0

―――――――

――――

――

P「…と、言うわけでして…ごめんなさい!!」ドゲザー

やよい「…」

真美「…」

P「あ、あのう、二人とも…」

真美「謝ったって許さな…」

やよい「私、許します」

P「え」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:35:56.05 ID:qJpSZOYe0

真美「!っちょっとあなた!これはそう簡単に許せることじゃ」

やよい「…確かに私以外にも好きな人がいたのはショックでした…でも」

やよい「許せないって気持ちよりも、この人をまだ大好きだって気持ちの方がずっと大きいんです」

真美「…」

P「…」

やよい「その代わり約束してください」

P「へ?」

やよい「これからは私一人を愛するって」

P「やよい…」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:40:37.46 ID:qJpSZOYe0

真美「!?っだ、だめえーー!」ガバッ

P「おわ!?ちょ、真美!?」

真美「兄ちゃん!許すっ!真美も許すから!だから…だからっ!」グスッ

P「真美?」

真美「だから真美も好きって言って!嫌いにならないでっ!」ウワーン

P(真美…なんという演技力だ!涙まで流して…)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:44:24.28 ID:qJpSZOYe0

P「真美…」

真美「…」グスッグス

P「…俺が真美を嫌いになるわけないだろう」ナデナデ

真美「兄ちゃん…」グス

やよい「うう…」

P「もちろん、やよいもな」ナデナデ

やよい「え…」

P「…二人とも、聞いてくれ!」

やよい「…!」

真美「…!」

P「俺はここに宣言する!」

P「やよいも真美も二人とも俺の嫁だ!!」


―おままごと・完―


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:49:00.87 ID:qJpSZOYe0

P「…」

真美「…なんか疲れたね…」

やよい「…でもでも、楽しかったです!」

P「…よし、引こう!次のクジを引こう!お、あと二枚か…」ガサゴソ

P「『兄ちゃんにかたたたき』」

やよい「あっ」

真美「…」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:49:09.58 ID:fXuURGVi0

皆の嫁やよい
まさしくアイドルである


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:53:19.06 ID:qJpSZOYe0

P「これは…真美だよな?」

真美「うん…」

P「えっでもなんで…」

真美「まだ仕事がある兄ちゃんを、真美のわがままで付き合わせるみたいになっちゃったからさ…」

P「真美…」

真美「だからさ、一つくらいボーナスステージがあってもいいかなって…それだけっ!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 21:57:49.34 ID:qJpSZOYe0

やよい「真美…真美はいい子だね」ナデナデ

真美「っちょ!?やよいっち!?」

P「ああ、本当に優しい子だよ…」ナデナデ

真美「兄ちゃんまで!?や、やめてって!ほ、ほら、早くソファーに座って!」

P「うん…じゃあお願いしようかな」

真美「よしきた!やよいっち、50回ずつで交代ね!」

やよい「うん!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:03:21.67 ID:qJpSZOYe0

真美「じゃ、いくよー」トントントントン

P「お、お、おうふ、こ、これは、なかなか」

真美「きもちいー?」トントントントン

P「お、う、うん、思ってたよりも、すごく、いい」

真美「うむ、よきかなよきかな」トントントントン

真美「にいーちゃん」

P「なんだ?」

真美「今日はあんがとね!」トントントン

P「お、おう、どういたしまして?」

真美「はい50回!次、やよいっち」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:07:16.97 ID:qJpSZOYe0

やよい「うん!いきますねー」トントントン

P「ん、ん、これも、なかなか…」

やよい「きもちいですかー?」トントントン

P「うん、いいぞ、上手、だ」

やよい「えへへープロデューサー、いつもお疲れ様です」トントントン

やよい「私、今日はすっごくすっごく楽しかったです!」トントントン

やよい「私にお兄ちゃんがいたら、こんな感じなのかなーって」トントントン

P「やよい…」

やよい「~♪」トントントン

P(い、いかん…本当に気持ちよくて、なんだか眠く………)

――――――

――――

――


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:13:35.00 ID:qJpSZOYe0

亜美「たっだいまー!真美ー待たせてごめんねー!」ガチャッ

小鳥「あ、亜美ちゃん、おかえりなさい」

亜美「ピヨちゃんただいまーってあれ真美は?」

小鳥「ふふ…むこうのソファー見てみて」

P&やよい&真美「zzz」

亜美「これは…し、死んでる…!」

小鳥「寝ているだけでしょ!プロデューサーさんを二人で挟んで見事に『小』の字になってるわね」

亜美「ううーん、なんか羨ましいかも…」

亜美「あれ、なんだこの箱…紙が一枚入ってる」ガサゴソ

亜美「なになに『亜美がいるときにまた皆で遊ぶ』」

亜美「……なんのこっちゃ?」




-fin-


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 22:14:31.09 ID:vuo8SoCU0

かわいい


関連記事
スポンサーサイト