FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

咲「私の体、返してよ!」泉「いやや!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 02:51:39.49 ID:RQaSun410

全国大会個人戦

恒子「清澄高校の宮永選手、一位を取って準決勝進出です」


咲「ふぅ…、何とか勝てた」

和「負けてしまいました…。流石、咲さん。私の分まで頑張って下さいね」

憩「あの姉にしてこの妹ありか…。いやー、完敗完敗」

泉「くっ…!うちが最下位とか」プルプル


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 02:58:09.14 ID:RQaSun410

泉「うちが、高1最強やのに…」イライラ



和「流石、私の咲さん。高校一年生で最強ですね!」

咲「そんな///私なんか、まだまだだよ」

憩「いやー、個人戦で残ってる一年生は、もう咲ちゃんだけやで。大星さんは、宮永さんと当たってしもたからな。負けちゃったんや」

咲「大星さんが…。残念です。もう一度打ってみたかったですけど…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:04:08.00 ID:RQaSun410

憩「まぁ、ここまで来たんや。一年生が、個人戦優勝の快挙成し遂げてもええで」

憩「宮永照すら出来なかった快挙やで」

咲「お姉ちゃんが出来なかった事…」ゴクリ

和「えぇ、咲さんなら宮永照さんをも超える高校生になれると私は信じてますよ」ニコッ

咲「お姉ちゃんを超える…。それはつまり最強の高校生雀士になるって事だね…」ゴゴゴ



泉「ちっ、何を調子乗った事言うてんねん。一年生が、個人戦優勝とか、あるわけないやんけ」ケッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:09:22.36 ID:RQaSun410

和「さっきから貴方、何ですか?負け惜しみですか?」

泉「うちは今日はちょっと調子が悪かったんや。本来のうちの実力なら、お前になんか負けへん」

和「…そうですか。確かに麻雀は運の悪い日も存在しますね」



和「ですが貴方と、1000回麻雀しても、私は勝ち越す自信ありますよ」

泉「なんやと!?」ガタッ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:13:01.26 ID:RQaSun410

和「とゆーか、貴方、誰ですか?私の事を知ってるようですけど、私は知りません」

泉「はっ!?うちを知らんやと?インターミドルで何度も顔を合わせたうちを?」

和「知りません。初めてお会いしました」

泉「うちのライバルやろ!お前は!」

和「なぜ?私のライバルは、宮永咲さんだけです。友達でもあり親友でもありますが」

和(思い人でもありますけどね)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:18:21.70 ID:RQaSun410

泉「うちが勝手にライバル視してただけちゅーんか!」

和「そんなの知りませんよ」

泉「くっそ…、くっ!もうええわ!お前なんか知らん!宮永咲、お前は負けてしまえー!アホーボケーカスー」


タッタッタ…



和「なんて失礼な人」プンプン

憩「泉ちゃん荒れてんなぁー。まぁ、うちに負けたのはともかく、一年生の同世代に負けたのは正直ショックやったんちゃうかな」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:23:25.17 ID:RQaSun410

和「・・・そう言えば、私も咲さんに初めて負けた時は、悔しくして寝れませんでした」

憩「やろー、そんな事もあるって。あんたらまだ若いんやし、悔しさをバネに強くなりーや」



憩「まぁ、来年はうちが勝つけどな。なー咲ちゃん?」

咲「ええっ!?私に振るんですか!・・・来年も負けませんよ」ニコッ

憩「えー、勝たせてなー。来年、楽しみやわー」

和「・・・お二人とも、来年は私が勝ちますから!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:30:19.87 ID:RQaSun410

泉「くそ!くそ!くそくそ!なんやねん、あの宮永咲って一年は!」

泉「カンしたら有効牌を必ずツモる、嶺上開花なんて珍しい役がポンポン出る。配牌も最初からものすごくイイ」

泉「あんなん卑怯や、チートや!モンハンで一人だけ、G級装備つけてますみたいなもんやんけ!」

泉「誤算やった…。あんな一年生が隠れてたなんて…。来年も再来年も、うちの障害となるわけか…」ハァ



カツン、カツン

霞「あの子、強いでしょ。実は潜在能力は、宮永照さえも凌ぐほど、牌に愛された子なのよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:36:55.07 ID:RQaSun410

泉「はぁ…、ところで誰ですか?上級生ですか?」

霞「ふふふ、私は永水女子の石戸霞。大将をやってて、宮永咲さんと対局もしたのよ」

泉「あぁ、神代小蒔さんが居るチームですか」

霞「小蒔ちゃんは有名だものね。そうね、牌に愛された一人。今年は、宮永咲。あの子ね」



泉「…牌に愛された子」

霞「えぇ、麻雀の神様が気まぐれで愛した子達よ。常識では考えられないような理や奇跡を起こすわ」

泉「くっ…、ますますチーターや!不公平や!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:41:03.30 ID:RQaSun410

霞「そうね…。神様はいつだって不公平だわ…。牌に愛されても、麻雀が好きではない子も居るのよ」

泉「ホンマですか?恵まれた才能を貰っておきながら、有効活用しないんですか?宝の持ち腐れですね」

霞「そうね。小蒔ちゃんは、高校で麻雀を辞めるし。天江衣は、個人戦にすら出て来ない」



霞「そして、宮永咲。あの子は麻雀の勝敗すら気にして無い」

泉「なんやて!?」

霞「これ…あの子のデータよ」スッ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:46:08.26 ID:RQaSun410

泉「な…なんやこれ!?ゼロゼロゼロ、ゼロ!なにがしたいや、アイツは!?」

霞「そうなのよ。±0とか、何が楽しいのかしらね?」

泉「おちょくってるんですよ!麻雀で人を小馬鹿にして!許されへん!絶対に許さん!」



霞「ふふふ、そうよね」ニタァ



泉「麻雀で勝ちたくても勝たれへんヤツなんか世の中にはいっぱいおるのに…。牌に愛されておきながら…、勝利を求めない!」

泉「うちなら!うちが、アイツほどの才能があれば!この力、有効活用してみせるのに!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:52:19.95 ID:RQaSun410

霞「そうね。きっと、二条さんなら有効活用してくれるわね…」

泉「はい、オリンピックに、プロ麻雀、世界選手権、世界ランク1位。野望は山のようにありますよ!」

霞「そうね。やれる事は色々あるわよね…」



霞「ところで、私は鹿児島で巫女をやっているのだけどね」

泉「巫女?神社とかですか?」



霞「ええそうよ。ここからの話は、他の人に聞かれるとマズイので、誰にも居ない場所でしましょうか…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 03:57:12.06 ID:RQaSun410

泉「な、なんですか!?人の魂を、移し変える秘術!?」

霞「えぇ…。そんな秘術を私達、石戸家は持ってるの…」

泉「いやぁ…、いきなりオカルト全開ですね」ハハハ

霞「まぁ、なかなか信じて貰えるとは思ってないけどね。代々私達分家は、本家の神代家の身代わりになるべく、育てられたの」



泉「身代わり?」ゴクリ

霞「えぇ、小蒔ちゃんにもしもの事があった場合、その秘術で私達の体に小蒔ちゃんの魂を移すの」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:02:11.88 ID:RQaSun410

泉「うーん、移したらどうなるんです?」

霞「小蒔ちゃんは、私の体で、神代小蒔となって生活するでしょうね」

泉「石戸さんは…」

霞「さぁ…、私の魂は、小蒔ちゃんの体に入るか、そこら辺のカエルにでも移されるんじゃない?」

泉「カエルって…」

霞「私達分家は、捨て駒よ。分家なんか他にいっぱいあるし、私の代わりなんていくらでも居るのよ」

泉「なんか悲しい運命なんですね、分家って」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:05:08.63 ID:RQaSun410

霞「まぁ、そうゆうわけで、私は二条さんと宮永さんの魂を入れ替える事が出来るの♪」

泉「は、はぁ…」

霞「どうかしら?一度、やってみてはくれないかしら?」

泉「えぇー、危なくないんですか?うち、死にません?」

霞「大丈夫、何度も成功してるから♪」



霞(まぁ、最初で最後の秘術なんだけどね…。成功するかどうかは知らないけど)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:09:50.21 ID:RQaSun410

泉「うーむ…。うーん…。千里山の先輩達は好きやしなぁ。おとんもおかんもおるしなぁ…」

霞「…ねぇ、このままじゃ一生原村和さんには勝てないと思うわよ」

泉「ホンマですか!?」

霞「えぇ、生まれ持っての雀力が違うもの。これは配牌や有効牌のヒキに関する力なんだけどね…」

泉「うちと原村和にはそんな差がありますか?」

霞「えぇ。二条さんは100としたら、原村さんは120」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:14:38.32 ID:RQaSun410

霞「もし麻雀の実力が、全く同じでも、2回は必ず運負けしてしまう」

泉「に、二回」

霞「その二回が、もし団体戦の決勝戦で来たら?プロの大事な試合で来たら?」



霞「もしオリンピックの代表選手選考会の対局で来たら…?」

泉「」ガタン



霞「ちなみに宮永咲さんは、1000ほど。原村和さんの10倍くらい。きっと負ける事はほとんどないわね」クスッ

霞(なーんてね。適当にそれっぽく話してるだけなんだけどね)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:17:38.38 ID:RQaSun410

泉「う、うち…。やります」

霞(おおっ!?)

泉「うちは…高1最強いや、日本最強そして、世界最強の雀士を目指したいんです」ギロッ

霞(くっくっ…、豚もおだてりゃ木に登る…。成功だわ♪)



霞「泉さんの覚悟しかと受け止めました。わかりました、私が全力でサポートしましょう…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:21:43.98 ID:RQaSun410

咲「えっと…、呼び出された場所はここかな?」

霞「こんにちわー、個人戦準決勝進出おめでとう」

咲「あっ、石戸さん。こんにちわ。呼び出したのは、石戸さんですか?」

霞「えぇ…、そうよ。私よ。大事な話があってね」



霞「誰にも言わずに、来てくれた?」

咲「はい。迷いましたけど、何とか辿り着けましたよ」ニコッ

霞「そう…良かったわ」パチン


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:25:13.58 ID:RQaSun410

咲「むぐっっ!!?!?!?!?」ジタバタ

泉「こら、暴れんなや…。じっとしとけ」

咲「うぅーーーーー、う・・・」パタン



泉「寝ました…。犯罪ですよね…」

霞「そんな細かい事はどうでもいいの。もしかして宮永さんも感謝するかもしれないわよ?」

泉「うちにですか?」

霞「えぇ。宮永さんより、二条さんの方が美人だから」ニコッ



霞(もちろん嘘だけどね)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:29:14.82 ID:RQaSun410

霞「さて…、では儀式を始めるわよ…。二条さんは宮永さんの隣で寝て下さい」

泉「は、はい。わかりました」コロン

霞「さて…、神を降ろしますか…。いでよ!偉大なる、永遠の17歳教の神よ!」





儀式はキンクリ


霞(さて…成功するかしらね。なんせ初めての儀式だからね。失敗したら、次の生贄探さなきゃ…)


「うーん…」ムクリ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:32:36.84 ID:RQaSun410

咲「ここは…」

霞「宮永さん、貴方は咲ちゃん?泉ちゃん?」

咲「・・・うちは泉です」

霞「はい、鏡」スッ



咲「くっくっく…、手に入れた!宮永咲の体を手に入れてやったわ!あははははははははは」

咲「これが…高校生雀士で最も牌に愛された女の体…。この体があればうちは!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:35:32.62 ID:RQaSun410

咲「しかし、胸ないなー。まぁ、うちも元の体はペタペタやけど」スカスカ

霞「二人とも高校一年生だから、伸びしろあるわよ」ドタプーン

咲(この人に言われても、説得力ないでな)



泉「う、うーん」

霞「二条さん、宮永さんが起きるわよ。口裏合わせてね」

咲「はい、わかってます」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:39:02.92 ID:RQaSun410

泉「ふぇ?ここはどこだろ…」

咲「ごめんやでー、宮永さん」





泉「えっ!?私が二条さんと激しく衝突しちゃったんですか!?」

霞「そうなのよー。二条さん、全力で走っててね。こう頭からガツーンと」

咲「ははは、堪忍やで。ちょっとトイレ急いでたんや」

泉「それで…漫画みたいに、私達の体が入れ替わったんですか…」カタカタ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:43:41.10 ID:RQaSun410

咲「そやで。こんな漫画みたいな事あるんやなぁ。ははーん」

泉「これから私達、どうなるんでしょうか…。明日、私は準決勝あるのに…」

霞「心配いらないわ。私達の家の事は知ってる?」

泉「はい、巫女さんですよね」



霞「私達は不思議な力が備わってるから、魂を入れ替える秘術くらいあると思うの。一度、実家に帰って色々調べ見るわね」ニコッ

泉「お、お願いします。でも、それまではこの体で過ごさなきゃダメなんですか?」

咲「なんやねん。うちの体に文句あるんかいな?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:47:11.12 ID:RQaSun410

泉「い、いえ。同性だから、文句は無いのですが…。明日の個人戦…」

咲「そんなん、うちが出ればいいやん」

霞「そうね…。それしかないわね」

泉「お姉ちゃんと久しぶりの麻雀楽しみにしてたのにな…」シュン



咲「まぁまぁ、高1最強のこの二条泉に任せとけや!個人戦?優勝すればええんやろ?」

泉「別に優勝しなくても、お姉ちゃんと麻雀打てれば…」

咲「はぁぁん?」イラッ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:52:02.22 ID:RQaSun410

泉「わ、私、優勝とかはあんまり興味ないし…」

咲「優勝以外、逆に何があるんや?ただ勝つために麻雀を打つ、違うんか?」

泉「負けても、麻雀楽しかったらいいと思うよ」

咲「負けたら、うちが楽しくないんや!勝ったら楽しい、当たり前や!だから、みんな勝つために麻雀打つんやろうが!」ガー

泉「ひ、ひぃ…」



咲「まぁ、明日はうちが打つんやからな。全力で勝たせて貰うで」ゴゴゴ

霞「宮永さん。魂が入れ替わったって言っても、誰も信じないだろうから、明日は千里山のホテルで大人しくしててね」

泉「は、はい」シュン


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:56:01.02 ID:RQaSun410

咲「じゃあ、千里山のホテルと、対人関係の簡単なメモ。これや」

泉「ありがとう」

咲「船久保って言う先輩に気をつけたらええ。後は麻雀バカの三年生やから大丈夫やろ」

泉「う、うん。私の所は、部長が勘がいいから」

咲「わかったわかった。気をつける。じゃあ、ほなまた」フリフリ

泉「またね」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 04:58:38.68 ID:RQaSun410

咲(うーん、歩いたり走ってみたりしたけど、この体使いにくいわ)

咲(単純な運動神経では、うちの方が上やな)


和「あっ、咲さん。どこに行ってたんですか!みんな心配してましたよ」

咲「ん?原村か…」


ガラン

和「は、原村?」カタカタ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:03:19.67 ID:RQaSun410

和「原村…原村…はらむら?」カタカタ

咲「ん?原村、顔色真っ青やで?どうしたん?具合悪いんか?」



和「夢じゃない…夢じゃない…、咲さんが原村って呼んだ…」ワナワナ



和「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ウワァーン!!

咲「おわぁ!?急に泣き出して、どないしたんや!?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:06:53.07 ID:RQaSun410

優希「それは咲ちゃんが悪いじぇ」

咲「えっ、うちが?なんかしたっけ?」

優希「したじぇ。いきなり呼び名が変われば、誰だって不安になるじぇ。特に恋する乙女は」

咲「えぇー、めんどくさい女やな。コイツ」

和「えぐっ…、えぐっ…」ポロポロ



咲(なんやこれ…、原村ってもっと機械みたいなイメージあったんやけど…。冷静で冷酷ちゅーか。感情を見せへんみたいな)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:09:54.72 ID:RQaSun410

ガラッ

京太郎「おい、咲。まーた、和泣かしたのかー」

咲(ドキン!?)



咲(なんやこのイケメンは!?あっ…、宮永が言ってたな。幼馴染がおるって…)



咲(ちょータイプなんやけど///千里山、女子校やからなぁ。出会いないからなー)

咲「くっそ…、あの女、うちが欲しい物全部持っとるやないけ…」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:14:33.97 ID:RQaSun410

咲「まぁええわ…。時間はいくらでもあるし…。今は麻雀や」

優希「おっ、咲ちゃん。珍しくやる気あるじぇ。明日、準決勝だからか?」

咲「せやな。この体に慣れとかんとな…。おい、はらむ…和。麻雀付き合え」

和「和!?今、和って呼びましたか?」

咲「うん。和ちゃんか和さんのがいいんか?」

和「いいえ!和で構いません!私も咲って呼び捨てにしてもいいでしょうか?///」

咲「好きにしたらいいやん」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:18:11.01 ID:RQaSun410

咲「…ロン。これで優希、あんたの飛びや」

優希「くっそー、南場になった途端、狙い撃ちとか参ったじぇ!」

咲(すごい!すごいで!この体!欲しい牌が、ポンポン入って来る!)



咲(そして…)



和「…」ヒュッ

咲(張ったか…。聴牌の気配すら、何となく感じ取れる)

京太郎「」トン

和「ロン」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:21:39.57 ID:RQaSun410

咲「やっぱそこか…」パラパラ

京太郎「おっ…咲。すごいじゃん、当たり牌ちゃんと止めてる」

和「ダマでしたけど、流石ですね。咲さん」

咲「流石やろ」



咲(そして極めつけは…)


咲「なぁ、オープンリーチはあり?」

和「…ありですよ」

京太郎「流石にオープンリーチなら、俺も振り込まないぜ」

優希「当たり前だじぇ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:25:22.87 ID:RQaSun410

咲「オープンリーチ…カン!」

咲「嶺上開花!」



咲(完璧や…この体を使えば、うちが高校生最強も夢やない!)

咲「にしても、和って意外と弱いやん」プッ

和「むっ…!?たまたまです!今のオープンリーチは、試合中にはやらないで下さいよ」

咲「せやなー。和ー、もう一局打とうかー」ニヤニヤ


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:28:18.59 ID:RQaSun410

一方、千里山


セーラ「泉、それロンや」

泉「えっ!張ってたんですか!?」

竜華「にしても、泉なんか弱くなってない?何回、飛ぶんや…」

浩子「これはちょっと心配ですね…。牌効率も、めちゃくちゃですよ。暗刻ばっか集めてどないすんねん」

泉「だって、カンしないと…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 05:35:26.24 ID:RQaSun410

浩子「はっ?カンとか、清澄の宮永やないんやから、せん方がええやろ」

セーラ「せや。リーチ後のカンとか、素人丸出しやで。いつからそんな打ち方になってん?」

竜華「あんたが清澄の一年に負けたからって、打ち方を真似しようと思ったら大きな間違いやで。うちかて、怜の打ち方を真似したら弱くなるやで?」



泉(真似じゃないんだけど…。この体、牌がよく見えないし、言う事も聞いてくれないよ…)



泉(早く元の体に戻りたい…)



この年、宮永咲(中身は二条泉)は、宮永照に打ち勝ち、高校一年生で個人戦優勝の快挙を成し遂げる。

咲(この体、誰にも渡さへん!)



終われ


61: 誤字ってた 2012/11/09(金) 05:36:50.07 ID:RQaSun410

浩子「はっ?カンとか、清澄の宮永やないんやから、せん方がええやろ」

セーラ「せや。リーチ後のカンとか、素人丸出しやで。いつからそんな打ち方になってん?」

竜華「あんたが清澄の一年に負けたからって、打ち方を真似しようと思ったら大きな間違いやで。うちかて、怜の打ち方を真似したら弱くなるで?」



泉(真似じゃないんだけど…。この体、牌がよく見えないし、言う事も聞いてくれないし…)



泉(早く元の体に戻りたいな…)



この年、宮永咲(中身は二条泉)は、宮永照に打ち勝ち、高校一年生で個人戦優勝の快挙を成し遂げる。



咲(この体、誰にも渡さへんで!)



終われ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:22:33.34 ID:4PlnP4ojQ

~個人戦終了後 千里山控室~

竜華「なあ、何であんなことしたんや泉?」

泉「………」

竜華「優勝インタビュー中の宮永咲に突撃して頭突きかますとか……」

泉「………だって、あの人うちの体返さんって言い張るんです!」

セーラ「ハァ………またそれか。お前は二条泉なんやで。宮永咲にはなれんのや!」

泉「いやや!いやや!うちは宮永咲になったんや~~!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:26:06.78 ID:4PlnP4ojQ

霞(まさか頭突きなんかで元に戻っちゃうとはね。
ま、宮永さんからしてみれば
頭を打って入れ替わったと聞かされたんだから、同じことをすれば戻るのが道理ってものとはいえ……思い込みの力って恐いわ~~)

小蒔「霞ちゃん、さっきから何か考えこんでるみたいだけどどうかしたんですか?」

霞「……何でもないわ、小蒔ちゃん」ニコッ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:30:13.13 ID:4PlnP4ojQ

~Side 清澄~

和「……大丈夫ですか咲さん。それにしてもあの二条っていうのはなんて人なんでしょうか!……」グチグチ

咲(結局、誰も気づいてくれなかったなあ)

まこ「麻雀で勝てないから腹いせに暴力とか、最低の行いじゃのう」

優希「全くだじぇ!」

咲(あんな大阪弁丸出しで、あんな大口あけて笑ってるような下品な人を私だって、みんな、みんな疑問も持たずに)

照「咲、もう頭は痛くない?」

咲(お姉ちゃんなんて、闘争心が出てきていい顔になったとか言い出すし。
薄々わかってたけど、麻雀のことしか頭にないんだよね……)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:33:52.91 ID:4PlnP4ojQ

京太郎「まあ、変なのに絡まれちまったけれど一年で個人戦優勝の快挙おめでとうな咲!」

咲(京ちゃんは抱き着かれたり、膝の上に乗っかかられたりしてデレデレしてるだけだった。
幼なじみなんだから、私は人前であんなはしたないことしないって、気がついて欲しかったよ……)
久「そうよ、咲。言葉で言い表せないくらい凄いことをあなたはやり遂げたんだから。だからそんな暗い顔しないの」

咲(………部長。部長は私のことをよく見ててくれて、私自身の気づかないことも気づいてくれて………
私、それがとても嬉しかった。一人じゃないんだって思えて。
恥ずかしいけど、何回もお姉ちゃんって、呼びそうになったことあったんですよ)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:39:02.93 ID:4PlnP4ojQ

久「咲?」

咲(でも違ってた。みんなに必要なのは麻雀の上手い宮永咲じゃなくて、麻雀の上手い誰かなんだよね………)「竹井さん」

久「はい?って竹井さんってまたどうしたの改まって」

咲「私、麻雀部辞めます」

久まこ和京タコス照「」

咲「後、東京観光も行きません。帰りは切符買って一人で帰りますから。さよなら!」ドヒューン
久「ハッ!? 咲!! 一人でって帰れるわけ……嘘。もうあんなに小さく……あの子あんなに足速かったっけ………?」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:42:13.77 ID:4PlnP4ojQ

泉「………うち個人の処分で済んだのは幸いやったけど、一年間の公式戦出場停止とか……」
泉「おまけに危うく精神病院入れられそうになるわ、周りの目はキツいわ、元の体に戻ったのに運動音痴になるわ方向音痴になるわ……」

泉「おまけに、元の体に戻った時の宮永のあの蔑んだ目が忘れられん………」

泉「メゲるわ………」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:46:27.83 ID:4PlnP4ojQ

泉「………いや、メゲてる場合やない!メゲてる場合やないんや!
そもそも、あの通天閣おもちの甘言に乗って周りのモン全て切り捨てようとしたうちがアホやったんや!
軽蔑されても仕方ないんや!」

泉「………だから誓うで!うちは!うちの力とおとんとオカンにもろたこの体で日本一強い高校生になってみせる!
そして周りの目や、何よりあの宮永を見返してみせる!」

泉「待っとれよ宮永咲~~~!!」


カン!


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 08:48:58.66 ID:RZvaGOpk0

って終わってしまった
通天閣おもちって何だよw
乙乙


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 09:06:22.78 ID:9Rx0n0g5O

結局、咲ちゃんが方向音痴なおって運動能力を手に入れたってことか


関連記事
スポンサーサイト