FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

まどか「ん…ん…っ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 23:51:58.37 ID:0HcMc3Mx0

まどか「ふぁ……っ…さやかちゃんっ!!」

まどか「また…しちゃった……こんなの、おかしいのに」

みたいな


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:04:14.11 ID:bCFhOzwX0

まどか「ふぁ……っ…さやかちゃんっ!!」

まどか「また…しちゃった……こんなの、おかしいのに」

杏子「でもいいよね。オナニーっていうんだってさ」

まどか「うん。でも杏子ちゃんがさやかちゃんから教わってきたのに

杏子「そのさやかも自分がこうされるとは思ってなかったろうなぁ」

まどか「杏子ちゃんは誰でしたの?」

杏子「聞くなよ~ わかってるだろ?」

まどか「ティヒヒヒ、ごめんね」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:06:23.31 ID:sDg6tru90

まどか「でもこんなにいいものは、誰かに教えてあげないと」

杏子「マミとほむらと… 誰だっけ、あの「ですわ~」とか言ってる子」

まどか「仁美ちゃんはもう知ってるんじゃないかなぁ。さやかちゃんの次に詳しそうだし」

杏子「そうなの…?」

まどか「マミさんも私たちより一年だけど年上だし、もしかしたら知ってるかも」

杏子「となると後は」

まどか「ほむらちゃんだね!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:10:09.16 ID:sDg6tru90

——ある日のほむホーム——

ほむら「あら、いらっしゃい」

まど杏「おじゃましま~す!」

ほむら「珍しい組み合わせね」

まどか「ほむらちゃんに、いいこと教えてあげようと思って」

杏子「すっごいぞ~!」

ほむら「期待していいのかしら」

まどか「あのね、オナニーって知ってる?」

ほむら「オナニー……?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:13:08.81 ID:sDg6tru90

まどか「えっとね、わたしも杏子ちゃんに聞くまでしらなかったんだけど…」

まどか(どうしよう、いざとなるとけっこう恥ずかしいなこれ…)

ほむら「どういうものなのかしら?」

杏子「……ど、どういうものって、そりゃあ」

杏子(コイツが真顔で聞いてくると、ちょっと切り出しづらい……)



ほむら(んんん……??)

ほむら(どういうことなのかしら)

ほむら(二人とも、私に何かを教えようとしているわりに)

ほむら(イマイチどういうことかわからない……)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:15:51.16 ID:sDg6tru90

ほむら(二人から聞いた話をまとめると)

ほむら(美樹さやかを思い浮かべて… どうやら違う人でもいいようだけど)

ほむら(ここは先に知っている二人に倣って、美樹さやかにしておきましょう)

ほむら(なれないうちは痛みをともなったりするけれど)

ほむら(コツを掴むと気持ちよく… 気分よくなるものらしいわね)

ほむら(でもちょっと後悔する、と)

ほむら(つまり!)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:19:04.73 ID:sDg6tru90

ほむら「ありがとう。二人とも」

まどか「え? ほむらちゃん」

杏子「そ、そっか… わかってくれたか」

ほむら「ええ、つまりこういうことね!」スクッ

ほむら(ええと、ワルプルギス夜の資料集めに使ってたPCに……)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:19:40.48 ID:sDg6tru90

 カタカタ
杏子「ねぇ、あれ何してんの?」ヒソヒソ

まどか「パソコンで何か探してるみたい」

ほむら「そうよ。美樹さやかの画像もどこかにあったはず」

まどか「そんなの持ってたんだ」

ほむら「ええ、資料だもの」

杏子「し、資料……/// うん、確かに」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:21:46.68 ID:sDg6tru90

ほむら「あったわ!」

まどか「これ、さやかちゃん……?」

杏子「なんか怖い顔してるなぁ」

ほむら「荒れてた時期のものだから」

ほむら「これをプリントアウトして」

杏子「うおおお紙だ! パソコンの画面が紙になった!」

まどか「杏子ちゃん落ち着いて! 印刷しただけだよ!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:25:35.91 ID:sDg6tru90

ほむら「これを壁にはって」ペタペタ

まどか(わざわざ印刷するなんて、ほむらちゃんのやり方は変わってるなぁ)

杏子(そういうのもアリなんだ… あたしの分も後で印刷してもらおう)

ほむら「おもむろにナイフを投擲するのね!」シュッ!!

 カツン カツン!

まどあん「」

ほむら「ああ…… 確かに気持ちいいわコレは!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:27:28.02 ID:sDg6tru90

まどか「あの… ほむらちゃん?」

杏子「さやかが、さやかが……」カタカタ

まどか「だ、大丈夫… あれ写真だからね?」

杏子「う、うん……」

ほむら「ただの写真にこんな遊び方があったなんて!」カツッ

ほむら「いいことを教えてもらったわ! ありがとう、二人とも!」

杏子「……帰ろうか」

まどか「うん……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:29:59.27 ID:sDg6tru90

——翌朝——

さやか「おはよう、まどか!」

まどか「あ、さやかちゃん…… おはよう」

まどか(昨日のこと思い出すと、気まずいなぁ///)

さやか「どしたの? 具合でも悪い?」

まどか「う、ううん、何でもないよ~!」

まどか(さやかちゃんだって、昨日杏子ちゃんと……)

まどか(うわぁ… 考えなきゃよかった///)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:32:54.69 ID:sDg6tru90

 ガラッ
ほむら「おはよう」

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「」チラッ

さやか「おはよ~! ん?」

ほむら(そうね… まどかのように、美樹さやかと仲のいい子なら、してしまった後に後悔するかも)

さやか「なんだ… 今日はほむらまでおかしいじゃない」

ほむら「あなた、鋭いわね」

ほむら「昨夜あなたでオナニーをしたことを思い出していたのよ!」

上条「!?」

その他の男子(ざわ……   ざわ……  )


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:35:54.09 ID:sDg6tru90

さやか「……?///」

ほむら「ちなみに、まどかと杏子もしたらしいわ!」

まどか「ほむらちゃん、やめて!」

ほむら「人気者じゃない」

ほむら「どんな気分かしら? 昨日だけで三人もオナニーされて」

さやか「どう、って……」

上条(女の子同士でもオナニーするの…?)

中沢(それってどこが面白いんだ?)

さやか「つまらんからもうやめていいよ」

ほむら「えっ……」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:40:26.44 ID:sDg6tru90

上条(よかった… さやかがそんな、変なことに興味なくて)

ほむら「そんな…」

まどか「ほむらちゃん! わかったでしょ?」

まどか「だからオナニーの話なんてもうやめて!」

男子(鹿目ちゃんもするのかなぁ…)

 ガタッ
中沢「でもオナニーはするよね!?」

さやか「するよ! あ、いや何言わせてんの!」

上条「いいんだよそれで! ぼくもするしね!」

仁美「そんな報告しないで!」

まどか「ダメなの! そんなの、おかしいんだから!」

ほむら「い、意外とみんなオナニーが好きだったのね……」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:43:32.79 ID:sDg6tru90

マミ「あの……」

まどか「はい?」

マミ「さっき鹿目さんたちの教室で、テレパシーが… 荒れてたみたいだけど…」

まどか「ああ… それですか」

マミ(どうしよう怖い)

さやか「大変だったんですよ…」

マミ「一体なにがあったの?」

ほむら「うぅっ……」

まどか「全部そのほむらちゃんがいけないんです!」

ほむら「ご、ごめんなさい……」

マミ(聞かない方がよかったのかしら……)


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:47:55.42 ID:sDg6tru90

まどか「マミさん、オナニーって知ってますよね?」

マミ「えっ… ええ」

まどか「ほむらちゃんが朝っぱらから教室でそんな話するから」

ほむら「だ、だってあれは… 別のことだと思って」

さやか「まぁ、まどかと杏子が変に教えちゃったみたいだし」

さやか「で、どんな教え方したの?」

まどか「勘違いしたとこまではわたしのせいだけど……」

まどか「でも人前でしない方がいいっていうおは、わかってたはずでしょ?」

マミ(オナニー……)

マミ(どうやらあまり話題にしない方がいいことみたいね)

マミ(危なかったわ)


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:52:39.71 ID:sDg6tru90

——マミ部屋——
マミ「ねぇQB…… QBはもう長いこと、いろんな魔法少女と一緒にいたのよね?」

QB「そうだよ。君が生まれる前からかな」

マミ「ならきっと知ってると思うから、教えてほしいの」

QB「なんだい?」

マミ「あのね… オナニーって、聞いたことあるかしら?」

QB「もちろんだよ! オナニーについて知りたいのかい?」

マミ「そうなの… でも、あまり人前で話さない方がいいことみたいだから」

QB「ああ。オナニーの話を恥ずかしがる女の子は多いね」

マミ「私たちくらいの子は、みんな知ってるものなのかしら……」

QB「普段からしてる子も、たいていはしてないフリをするから、君が知らなくても無理はないよ」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 00:59:05.33 ID:sDg6tru90

マミ「それで、どうやってすればいいのかしら」

QB「まず下着を脱ぐんだ」

マミ「こうかしら?」スルリ

QB「いや、上半身は特に汚す心配もないから着たままでいいよ。寒いだろう」

マミ「下だけでいいの? それに汚すって?」

QB「オナニーをすると女性器から粘液が漏れてくるんだ」

マミ「そんなことが……」

マミ(生理みたいなものかしら…… ならみんなあまり話したくないわけね)

マミ(ナプキンで吸うのじゃいけないのかしら)


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:05:38.54 ID:sDg6tru90

QB「しかしやることはそう難しくないよ。君も子供の作り方は知ってるだろう?」

マミ「え、ええ… 学校で教わったわ」

QB「なら話は早い」

QB「君の指を男性器に見立てて、女性器に入れるんだ」

マミ「指で代わりにするなんて、そういう方法は考えつかなかったわ……」

QB「君も興味があったようだね」

マミ「まぁ、ないこともなかったけれど… 人の体って、うまくできてるものね……」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:11:11.64 ID:sDg6tru90

QB「でも完全に代わりになるわけではないよ。指には爪があるあるからね」

マミ「でも、男の子のも硬くなるって」

QB「女性器の内部に傷をつけるほどじゃないよ。ちゃんと手入れをしてから入れるといい」

マミ「そうね。今はちゃんと磨いてあるし、きっと大丈夫だわ」

QB「それとサイズもだいぶ違う。個人差があるけどね」

マミ「男の子のあれって、この指と同じくらいじゃないの?」

QB「見たことないのかい?」

マミ「小さい頃にお風呂で見ただけよ。もう忘れちゃったわ」

QB「……ならまだ知らない方がいいと思うな」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:16:27.79 ID:sDg6tru90

マミ「ありがとう、QB! おかげで私にもわかったわ」

QB「……」

マミ「誰も教えてくれないし、かといって誰に聞いたらいいかわからないし…」スルリ

QB「どうして下着をまた穿くんだい?」

マミ「えっ… だって」

マミ(QBって動物みたいだから、お風呂とかは一緒に入れるけど)

マミ(こんなに詳しいと…… ねぇ///)

マミ「そういうのはちょっと…」

QB「ほぅ?」

マミ(そうよ、おトイレとかは一緒じゃないし、やっぱり)

QB「それでぼくが納得するとでも思ったのかい?」ズイッ

マミ「!!」



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:21:20.54 ID:sDg6tru90

マミ「な、納得ってなによ!?」

QB「マミだってオナニーがしたくて僕に聞いたんだろう?」スリスリサワサワ

マミ「やめて! 変なとここすっちゃダメぇ! そんなつもりで聞いたんじゃないんだから!」

QB「そうは言いながらもしっとりしてるよ」

QB「さすがマミは才能あるなぁ」クニュッ

マミ「う、嬉しくな…  あぁっ!」

QB「そうそう。だんだんそういう声が出るようになるんだよ」

 ジワァッ

マミ「!」

マミ「いい加減にしなさい!」ゴキッ



マミ「死んでる」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:26:07.46 ID:sDg6tru90

——教室——

マミ(昨日のQBの説明から察するに)

マミ(性行為の代わりということは、男の子もオナニーするのよね、きっと……)

マミ(このクラスに私を入れて男女合計30人以上いるわけですが)

男子生徒A(巴さんまた寝てるよ……)

男子生徒B(フリだよな、あれ? 話かけていいのかな)

男子生徒A(よし、今日こそ!)

マミ(後ろでなにやらヒソヒソしてる子たちも、昨夜はオナニーしたのかしら)


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:29:59.44 ID:sDg6tru90

マミ(ハッ! そうだわ、確か昨日、鹿目さんが暁美さんにオナニーを教えたって)

マミ(もしかしたら、ごく親しい友人同士では互いにオナニーを交わしあうのもあるのかしら)

マミ(だとすると…)チラッ

男子生徒AB(うおおおお今コッチ見た!?)

マミ(後ろの二人も一緒にオナニーを…… 男の子が二人きりでオナニー……)

マミ(ど、どうなるのかしら…… やっぱり手を使って?)ドキドキ


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:36:16.85 ID:sDg6tru90

マミ(いや、違うわね。だって女の子のあれって、中がだいぶ掌と感触違うものね…)

マミ(う~ん、一番あれと似てるのは……? まさか、口で!?)ガタッ!

男子生徒A「と、巴さん!?」

マミ「あっ…///」

男子生徒B「ど、どうしたのよ急に?」

マミ「え… えっと… その」オロオロ

マミ(思わず立ち上がっちゃったけど)

マミ「あ、あのね」

男子生徒AB「はい」

マミ「く、クチでするなら、よく洗った方がいいと思うの!!」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:40:11.26 ID:sDg6tru90

マミ「……」

さやか「あの… マミさん?」

マミ「? ああ、どうぞ続けて」

さやか「さっき… マミさんの教室から、なんだか身に覚えのあるテレパシーが……」

まどか「……もしかして、やっちゃったんですか」

マミ「え、ええまぁ… あんまり言わない方がいいかもしれないけど」

さやか「やっぱアレの話ですか」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:42:28.31 ID:sDg6tru90

マミ「そ、そうなのよ……」

まどか「マミさんのクラスではどんな話になったんですか?」

さやか「ああ~ それ聞いてみたい」

マミ「えっ」

さやか「ほら、三年生ともなればちょっと詳しいのかなって」

マミ「ええと… わた、私じゃなくて、クラスの男の子たちがね」

マミ「二人の時は、お口でするって」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:50:19.97 ID:sDg6tru90

さやか「ほおぅ……」

まどか「男の子もオナニーってするんだよね///」

まどか「昨日もそんな話してたし…」

さやか「でも二人でするって、あんまりないような」

まどか「えっ… ないの?」

さやか「うん、たぶん……」

まどか(男の子って、二人きりでオナニーとかしないんだ……)

まどか(で、でもホラ! 普通じゃない方が、かえって盛り上がるかなって///)ティヒヒフヒヘ

ほむら「まどか、よだれ垂れてるわよ」フキフキ

さやか(変な笑いをこらえてる顔だわこりゃ……)


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 01:54:13.33 ID:sDg6tru90

——まど部屋——

杏子「何の話があるって?」

まどか「今日学校でね、マミさんにオナニーの話聞いたの」

杏子「おお… やっぱりマミも知ってたんだな!」

まどか「そこで新情報を手に入れたよ!」

杏子「どんな!?」ワクワク

まどか「男の子同士でする時はね…」

杏子「ああ、そっちはいいや」

まどか「えっ いいの?」

杏子「だって男の子とか興味ないし」

まどか「そっかぁ……」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:01:43.06 ID:sDg6tru90

まどか「でも杏子ちゃん! 普通はオナニーだって、男の子のこと考えながらするんだよ」

杏子「そういうもんなの? と言われたってなぁ… あたしらおかしいのかな」

まどか()ハッ!

まどか(杏子ちゃん、小学校の終わりくらいから学校行ってないから)

まどか(そういうことに関して成長がとまっちゃったのかも……)ハラハラ

まどか「でも安心して! 杏子ちゃんも普通の子に戻してあげるから!」

杏子「え? ああ… 何だかよくわからないけど、どうすりゃいいの?」

まどか「と言っても、私も男の子同士のオナニーとかはよく知らないから、これで調べるよ!」

杏子「パソコンだぁ!」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:08:19.72 ID:sDg6tru90




杏子「いいわ」キリッ

まどか「だよね!」ビシッ

杏子「これもほむらの部屋にあたやつみたいに、印刷できるの?」

まどか「できないなぁ… ごめんね」

杏子「じゃあほむらの所であの機械借りてくればいい?」

まどか「そこまでしなくても、きっとほむらちゃんに頼めばこれ印刷しておいてくれるよ」

杏子「よし、頼みに行こう!」

 >>19にもどる


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:13:03.96 ID:sDg6tru90

 バタァァァン!!
まどか「ほむらちゃん!」

杏子「いいこと教えてやるぞ~!」

ほむら「…また変な話じゃないでしょうね」

まどか「変じゃないよ! あ、変だけどそれがいいの!」

杏子「パソコン借りるよ」

ほむら「あ……」


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:21:25.23 ID:sDg6tru90

オレンジ「行け、仮面の騎士よ!」

ルル(それでいいんだ、スザク)

スザク(これがゼロレクイエム!)ズブズブズブッ

ルル(今こそ、俺は世界を怖し、世界を…… うっ!)

扇「あ、あれは…」

カレン「ゼロです……!」ナミダメ



杏子「うわぁ」

まどか「あのさぁ、ほむらちゃん……」

ほむら「昨日ね… 調べてたのよ…… そしたら見つけて……」

杏子「これも何かのアニメなの?」

まどか「同じクラスの子が何人か見てたヤツだよ…」

ほむら「気になってついさっきDVDレンタルしてきたところよ!」スタッ


 以下、コードギアス上映会エンド


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:22:39.98 ID:sDg6tru90

どういうわけか、まどかキャラはコードギアス好きそうなイメージ


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:24:29.92 ID:sDg6tru90

読んでくれてありがとう!

つまらんからやめろ の人も絡められて楽しかった!


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 02:31:27.62 ID:70qpYkcF0

とりま乙


関連記事
スポンサーサイト