FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

向日葵「櫻子分が足りないので他の方で補いますわ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:41:22.89 ID:OKGVM6J80

~月火水木、金曜日の昼休み~

向日葵「はー……櫻子、どこに行ってしまったんですの……」

ちなつ「向日葵ちゃんさっきからそればっかり」

あかり「家族で旅行って言ってたよねぇ」

向日葵「ええ、ヨーロッパを巡るとか」

ちなつ「分かってるんじゃん」

あかり「オシャレでいいねぇ」

向日葵「ですわね……」

ちなつ「電話すれば? 海外でも通じるでしょ?」

向日葵「はい? それじゃまるで私が櫻子と話したいみたいじゃないですの」

ちなつ&あかり「えっ」


向日葵「はー……櫻子分が足りませんわぁ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:47:39.41 ID:OKGVM6J80

向日葵「ちょっと吉川さん、馬鹿になってくださいません?」

ちなつ「は?」

向日葵「ですから、馬鹿っぽいことをしてみてください、と」

ちなつ「やだよ……だいたい馬鹿っぽいことって何?」

向日葵「馬鹿? いえ、ですから櫻子っぽいことをですね」

あかり「思いっきり馬鹿って言ってたよねぇ!?」ガーン

向日葵「ああ、赤座さんでもいいですわ。どうですの?」

あかり「えぇっ!? えーっと……櫻子ちゃんっぽいことかぁ」

あかり「……!」ピコン

あかり「ん、コホンッ! い、いくよ!」ギュッ

向日葵「ええ」


あかり「ひ、向日葵のことなんかぜんぜん好きじゃないもんっ」ツンッ


向日葵「」ズーン

あかり「向日葵ちゃああーーん!?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:53:47.16 ID:OKGVM6J80

向日葵「うぅ、ぜんぜん好きじゃないって……」

あかり「さ、櫻子ちゃんのマネだから……」

向日葵「櫻子は私のこと好きじゃないんですのね」ズーン

あかり「ツンデレなんだよぉっ」

向日葵「まぁ、全然似てませんでしたけど」ケロット

あかり「あれぇ!?」


向日葵「……ところで、何で手を握ってるんですの?」

あかり「えっ! あ、ごめんねっ、なんかクセなの」パッ

向日葵「別にいいですけどね」

あかり「いいの? えへへ、ありがとぉ~」ニギニギ


ちなつ(え、なに? この状況についていけない私がおかしいの?)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 22:57:20.11 ID:OKGVM6J80

ゆき「へいガールズ! 面白そうなことやってるじゃんっ」

めり「ゆきちゃんキャラぶっ飛んでるね……」

ゆき「これくらいしないと存在すら忘れられそうなんだよぉぉっ!!」

めり「そ、そっか……じゃあ私もっ」

めり「こほんっ。ハハッ、ワタシメッキ――」

------------チーナカッター!------------

ちなつ「危なかった」

めり「あれ? 私なにしてたんだろう……」


向日葵「吉川さんビビリすぎですわ」

あかり「何だかんだ言って一番ビビリだもんねぇ」ニギニギ

向日葵「赤座さんはニギリすぎですわ」

あかり「何だかんだ言って一番ニギリだからねぇ」ニギニギ

向日葵「それじゃ仕方ないですわね」クスッ


ちなつ(わけがわからないよ……)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:00:40.30 ID:OKGVM6J80

向日葵「人数集まってきましたし、櫻子オーディションでもしましょうか」

ちなつ「えっ」

あかり「わぁっ、なんだか面白そうだねぇっ」

ゆき「参加していいの!? 出番くれるの!?」カモンカモォーン

めり「ゆきちゃんキャラが……」

ゆき「うっさい! ちょい役にキャラも何もないんだよ!!」

めり「プライドは捨てちゃだめだよぉ……」ホロリ

向日葵「赤座さんはさっきやったので、吉川さんどうぞ」

ちなつ「あ、やっぱ私もやるのね……はぁ」

ちなつ「仕方ないか。んじゃいくよ」

向日葵「はい、どうぞ」


ちなつ「おっぱーい」モミッ


向日葵「64点」

ちなつ「点数つけんの!?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:03:32.93 ID:OKGVM6J80

向日葵「まず顔と前髪が似てますわ」

ちなつ「あっそう」

向日葵「声はまぁまぁ」

ちなつ「ヤッタネルミチャン」

向日葵「一番よかったのは胸の触り方ですわね」

ちなつ「え゛っ」

向日葵「ツンとデレを兼ね備えた櫻子っぽい触り方でしたわ///」ポッ

ちなつ「そ、ソウデスカ」

あかり「ちなつちゃんいいなぁ~」


キーンコーンカーンコーン


向日葵「あら、午後の授業始まりますわね」

ゆき「えっ!? 私たちまだやってないのに!」

めり「現実って非情だよね……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:08:56.13 ID:OKGVM6J80

~放課後~

ガチャ

向日葵「こんにちはー」

綾乃「こんにちは。あら、大室さんまだ戻ってないのね」

向日葵「はい……」ズーン

千歳「古谷さんきつそうやね……」

向日葵「ええ、もう櫻子分が尽きてしまって……」

綾乃「分かるわその気持ち。私も歳納京子分が足りないとそうなるもの」

千歳「うちも綾乃ちゃん分が足りんと元気出ぇへんわぁ」

綾乃「えっ、そうなの?」ドキッ

千歳「せやで~」

綾乃(あ、あら? それってどういう意味なのかしら……)ドキドキ

千歳「?」


向日葵「はー……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:12:52.90 ID:OKGVM6J80

りせ「……?」ポン

向日葵「会長……?」

りせ「……?」ナデナデ

向日葵(慰めてくれてるのかしら?)

りせ「……」ギュ

向日葵(ぁ……暖かい……)


西垣「お菓子は?」

西垣「お菓子ないの?」

西垣「お菓子欲しいな」

西垣「と言っていた」

向日葵「……そうですか」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:17:13.89 ID:OKGVM6J80

向日葵「美味しいですか?」

りせ「!!」コクコク

向日葵「ふふ、それはよかったですわ」

りせ「っ♪」モグモグ

向日葵「……」ボー

向日葵「んー」

向日葵(目元隠して薄目で見れば、櫻子に似てないことも……)

りせ「……?」

向日葵「会長、ちょっと馬鹿っぽいことしていただけませんか?」

りせ「!?」

向日葵「間違えました。櫻子っぽいことですわ」

りせ「……」

りせ「っ!?」

向日葵(微妙な表情の変化が可愛らしいですわね)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:21:52.69 ID:OKGVM6J80

向日葵「お願いできませんか?」

りせ「っっ」

りせ「……!」ピコーン

向日葵(あら、何か思いついたのかしら)


りせ「……! ……っ!」


向日葵「わぁー」

向日葵「さっぱり分かりませんわ」

りせ「」

向日葵「ていうか西垣先生、通訳してくださらないと……」

西垣「んあ? すまん聞いてなかった」

りせ「!?」

りせ「~~っ!!」バクバク

向日葵(やけ食い……?)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:25:38.48 ID:OKGVM6J80

向日葵「西垣先生もやってみませんか? 櫻子っぽいこと」

西垣「無理があるだろ」

向日葵「意外といけるかもしれませんわ」

西垣「ふむ……」

西垣「おっ、そうだそうだ。大室の真似はできんが、大室そっくりなロボなら作れるぞ?」

向日葵「!?」ガタンッ

向日葵「ぜひお願いしますわ!!!!」

西垣「よしわかった! 40秒経ったらこうしてね☆」クイッ

綾乃「」イラッ




向日葵「38……39……40! 経ちましたわ!」クイッ

向日葵「……」

向日葵「で、このクイッのポーズには何か意味があるんですか?」

西垣「ん? 意味はないが出来たぞ」

向日葵「えっ!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:30:26.89 ID:OKGVM6J80

    / ̄ ̄ヽ
   ||」ハ」」キハ
   ζリ T-Tノζ<オイ、ヒマワリ
    / ゝc トc
    しー J

向日葵「……は?」

    / ̄ ̄ヽ
   ||」ハ」」キハ
   ζリ T-Tノζ<ネムイ、サムイ、ペコイ
    / ゝc トc
    しー J

向日葵「……え?」

    / ̄ ̄ヽ
   ||」ハ」」キハ
   ζリ T-Tノζ<キライジャナイモーン
    / ゝc トc
    しー J

向日葵「……」

向日葵「10点」


西垣「なん、だと……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:33:36.37 ID:OKGVM6J80

向日葵「まず小さすぎますわ」

向日葵「しかも顔がヘンですわ」

向日葵「ついでに声もヘンですわ」

向日葵「評価できるのは喋ってる内容くらいです」

西垣「ぐぬぬ……仕方ない。ではとっておきの機能を」

向日葵「爆発はいりません」

西垣「古谷、今のは推理小説読んでる人に犯人教えるくらいタチが悪いぞ」

向日葵「知りませんわ。犯人は西垣先生です」

西垣「いいもん」

向日葵「は?」

西垣「松本と実験するもん」

向日葵「そうですか」

西垣「まつもとー、おっぱい大きいお姉ちゃんがいじめるー」

りせ「……」ヨシヨシ


向日葵「はぁ……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:38:44.66 ID:OKGVM6J80

綾乃「大変ね、古谷さんも」

向日葵「ええ……明後日には戻ってくる予定なんですけれど」

綾乃「でも今日でもう五日でしょ? 長いわよ。私も歳納京子にそれだけ会えなかったら……」ズーン

向日葵「杉浦先輩は、歳納先輩分が足りなくなった時どうしてるんですか?」

綾乃「えっ!?///」ドッキン

千歳「それうちも気になるわぁ~」

綾乃「そっ、そういうのは人に話すものじゃないと思うんだけどっ!///」

向日葵「ちなみに私は、写真や忘れ物を眺めることが多いですわ」

綾乃「へっ!?」

向日葵「あの子よくうちに忘れ物するんですの。ヘアピンなんかたくさんありますわ」

向日葵「それを机に並べて、これはいつの、これはいつの……って思い出してほっこりするんですの」

綾乃「そそ、そうなのっ。なんだか素敵ねっ///」

千歳「健全でええなぁ」

向日葵「?」

千歳「ああ、気にせんでええんよ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:45:47.27 ID:OKGVM6J80

千歳「で、綾乃ちゃんはどうしてるん?」

綾乃「ふぇっ!?///」

千歳「まさか、古谷さんにだけ喋らせて綾乃ちゃんはだんまりなんて……なぁ?」

綾乃「うっ……で、でも……うぅ」

向日葵「聞いてみたいですわ」

りせ「……!」コクコク

綾乃「会長まで……」

千歳「ほらほら、はよはよ」

綾乃「も、もう! しょうがないわね」

綾乃「えっと……その、私は……」

綾乃「と、歳納京子と……デートする妄想を、したり……きゃーっ///」モジモジ

向日葵「ひゃぁっ///」

千歳(あかんっ!)ドプッ

りせ「……///」


西垣(乙女かっ!)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:51:58.22 ID:OKGVM6J80

綾乃「も、もうっ! この話おしまい!///」

向日葵「そ、そうですわねっ///」

千歳「」ダラダラ

りせ「……」ギュ

西垣「ん? ……ああ、そうだな」




向日葵(素敵なお話聞けましたけど……櫻子分は尽きたままですわ……)

向日葵(櫻子とデートする妄想っていっても、よく二人で出かけますし)

向日葵「はー……」


綾乃「あっ、このプリント! 歳納京子だけ提出してない♪」

綾乃「ふふっ、これはしょうがないわよね! 私が行って書かせないと!」

千歳「そんなこと言って~、ほんまは会いたいだけなんちゃうん?」ニコニコ

綾乃「そ、そんなこと……ないんだからっ///」


向日葵「歳納先輩……歳納先輩?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 23:58:32.35 ID:OKGVM6J80

向日葵「きましたわ!!!」ガタッ


綾乃「っ!?」ビクゥッ

千歳「どないしたん古谷さん?」

向日葵「杉浦先輩! ちょっとそのプリント貸してください!」

綾乃「え? ええ、これがどうかしたの?」

シュバッ

綾乃「はい?」

向日葵「私が行ってきますわ!!!!」ダダッ

ビュビューンッ




綾乃「え……ぁ、な、ナニ? ナニが、オキタ……の?」

千歳「さ、さあ?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:02:24.52 ID:0iL6Zn0V0

向日葵(そうよ! そうだわ! そうですわ!!)

向日葵(歳納先輩!!)

向日葵(頭いいカテゴリに入っててすっかり忘れてましたわ!!)


【向日葵の脳内】
          あかり  態度いい
りせ               |
   綾乃 千歳           |
                 |
            結衣       |  めり
                 |
          千鶴         |
                 |
                 |      ゆき
頭いい―――――――――――――――――――頭悪い
                 |ちなつ
 京子                  |
                 |           さくらこ  さくらこ
                 |         さくらこさーちゃんさくらこ
西垣                   |       さくらこ/ ̄\/ ̄\さくらこ
                 |        さくらこ|       |さくらこ
                 │       さくらこ\  櫻子  /さくらこ
                 │         さくらこ\   /さくらこ
               態度悪い           さくらこ\/さくらこ
                                さくらこさくらこ
                                さくらこ
向日葵(櫻子に似てる歳納先輩なら!!)グッ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:09:18.61 ID:0iL6Zn0V0

~ごらく部~

京子「あかりがブラックコーヒー鼻から飲んだ話ってしたっけ?」

結衣「初耳かな」

ちなつ「面白そうですね」

あかり「あかりそんなことしてないよぉっ!?」




向日葵「歳納京子ぉーーーーっ!! っせんぱい」バァーン




京子「うおっ、びっくりしたァ……ひまっちゃんか」

向日葵「ごめんなさい。一度やってみたかったんですの」


結衣(ひまっちゃん……?)

ちなつ(あだ名で呼んだ?)

あかり(仲いいのかなぁ?)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:14:13.02 ID:0iL6Zn0V0

京子「んでんで、何か用事? 遊びにきたとか?」

向日葵「えっと、プリ――」

京子「まさか!!」

京子「あのときのテクが忘れられなくて……!?」

結衣「!?」ガタッ

向日葵「……はい?」

京子「だめだよひまっちゃん! あれは一時の過ち……私たちには正妻が……!」

向日葵「あー、ええと……こほん」

向日葵「そんなっ! 遊びだったって言うんですの!?」

向日葵「私あんなに……あんなにっ!!」ブワッ

結衣「おい京子! どういうことだよ!」

京子「いや、私にもさっぱり」

向日葵「ごめんなさい。一度やってみたかったんですの」


ちなつ&あかり(櫻子ちゃん分が足りなすぎておかしくなってる……)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:21:00.47 ID:0iL6Zn0V0

京子「なんだプリントかぁ」

結衣「お前またかよ……」

京子「まぁまぁ」

京子「せっかくだからお菓子でも食べていきなよ。ほれ」アーン

向日葵「いただきますわ」パク

ごらく部「!?」

向日葵「おいしいですわ」モグモグ

京子「そ、そっか」

京子(まさか本当にやるとは思わなかった……)


向日葵「ところで先輩」

京子&結衣「ん?」

向日葵「あ、いえ歳納先輩の……面倒ですわね。京子」

京子「んん!?」

結衣「」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:26:45.80 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「京子……子しか合ってませんわ……」

京子「え、えっと、ひまっちゃん?」

向日葵「それやめてもらえませんか?」

京子「えっ……ご、ごめんね……?」

向日葵「いえ、できれば『向日葵』と呼んでいただきたいんです」

京子「ああ、なんだそういうことか……てっきり喧嘩売られてるのかと」

向日葵「いいから早くお願いしますわ」

京子「あ、ハイ」

京子「こほん、いくよ」

向日葵「……」ゴクリ


京子「ひまわりっ」ペッカー


向日葵「90点!!!」ガタンッ

京子「えっ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:33:51.94 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「いい! 実にいいですわ!!」

京子「あ、そう? よかった?」

向日葵「はい! とてもよかったですわ!」

京子「そっかぁ~、いやあ、なんか悪い気はしないね?」ニハハ

向日葵「では京子、ちょっとリボンをとってもらっていいですか?」

京子「きょ……まぁいいや。ほい」ブチッ

向日葵「次にこれをですね……」スス

京子「お? なになに、ヘアピン?」

向日葵「ええ、ちょっと動かないでくださいね」

京子「ほいよー」

スチャ スチャ

向日葵「よし、いいですわ。もう一度さっきのお願いできますか?」

京子「うん? 名前呼ぶの?」

向日葵「ええ、できればとびきりの笑顔でお願いします」

京子「おっけー」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:34:33.00 ID:0iL6Zn0V0

         /                                ヽ
.      /                      , へ      ヘ
     ,                   |  \ //         ヘ
.     /              |  | ト、 、  `<´   , へ     ハ
    /          {      |  |.斗孑代'''. ヽ//      |ハ
.   /          λ    |  ,.K | ヘ'、 \ `<i         | ハ ひまわりっ♪
.... /,イ.   |      ハ i  λ  .ハ .|   ヽ、 `込|          |
  /' |     |       | |ハ  | l. .'  i l .ィ xzェェェュ|         | {. ’
/  |  | |    /丁.厂V | | /  レ´,ィチ才" ̄7.|         | ハ |
    l.λ | l  'Ⅳ  l.    V | レ   '  レ"     '/|      | | ハ |
    |.ハ { {.   |λ | _ _ ヽ        ////./ |      | |  ハ|
    l .ハ iヘハ  トi |ヽ|,xzェェェx             |      |λ .ハ
       ヽ.{ ヽ`、代{ Xオ"´     、            |      |ハ
       `} | ` .ヽ´ ////          _     |      |; ハ   ’
        Ⅵ    圦         _  ィ´,  }   |      |  ハ   ヘ
          N.    | ヽ       ヽ、 _ ノ    |     λ  ハ   ヘ
          / l.    |  个                 /|     リヾ、 .ハ   ヘ
       / .l.    |  |  i _>....   _   イ   |     j::::::::::::: ̄>ュ弋
          l.    |  レイ|{:::::::::::::::::::::::;イ      |      |::::::::::::::::::/ ':::℡、
.       ’   l.    l  / l:::::||:::::::::::::::::/ ハ       |       j::::::::::::/":/´/ヾ
      ,'   ノ   | ハ .|:::::||::::::::::::::::{.           |     /::::::/":/ /   }
     ,   /.     | {. 、|:::::||::::::::::::::::|ヽ      ,.-‐|     /::::://:/ /    |


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:36:12.99 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「さくらこぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーー!!」ガバァッ

京子「うおっ!?」

向日葵「さくらこさくらこさくらこさくらこさくらこぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーー!!」ギュウウウ

京子「む、胸がっ……! むぐぐっ」

向日葵「会いたかった……会いたかったですわ! ……櫻子ぉぉ」ギュゥゥ

京子(ひまっちゃんそんなに……仕方ない! 先輩が一肌脱いであげようっ)

向日葵「ふぇぇ……さくらこぉ……ん?」

京子「向日葵……ごめんね、こんなに待たせちゃって」

向日葵「……う」

京子「私もさ、本当はずっと向日葵に――」

向日葵「違う!!!!」

京子「えっ?」


向日葵「匂いが違いますわ!!!!!」


京子「当たり前だよ!?」ガーン


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:46:11.96 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「はぁ……すみませんでした」

京子「いや~、けっこう面白かったからいいよんっ」

結衣「びっくりしたよ……」

向日葵「本当に申し訳ないですわ……」

ちなつ「ってかさ、櫻子ちゃんは大丈夫なの?」

向日葵「え?」

ちなつ「だって向日葵ちゃん、櫻子ちゃん分が足りなくてこうなってるんでしょ?」

向日葵「そうですけれど」

ちなつ「じゃあ櫻子ちゃんも、向日葵ちゃん分が足りなくて大変なことになってるんじゃないの?」

京子「そこに気付くとはさすがちなちゅっ! 結婚しようっ」バッ

ちなつ「意味わかんないですっ」ヒョイ


向日葵「それはないですわ」

ごらく部「え?」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 00:53:14.52 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「だって、あの子は私のことなんてただの便利屋としか思ってませんもの」

ちなつ「本気で言ってんの?」

向日葵「本気ですわ。その証拠に一度も連絡をくれないですし」

ちなつ「それは向日葵ちゃんも同じでしょ?」

向日葵「え? ぁ、まぁ……そう、ですけれど」

結衣「横からで悪いんだけど、古谷さんはどうして連絡しないの?」

向日葵「そんなの! わ、私が、櫻子と話したいみたいじゃ……」

結衣「違うの?」

向日葵「……」

向日葵「……っ」

向日葵「ちが、わない……ちがわないですわ」

向日葵「わ、わたくし、さくらことはなしたい……」グス

京子「こんなに悲しいのなら、苦しいのなら……愛などいらぬ!!」

結衣「余計なチャチャいれんな」ゴスッ

京子「」キュゥ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:01:00.22 ID:0iL6Zn0V0

結衣「それならさ、素直になればいいじゃん」

向日葵「すなお、に……?」グスッ

結衣「そうだよ。寂しいなら甘えればいい。求めればいい」

向日葵「でも、でもそんなの……迷惑に」

結衣「そんなの分かんないよ。相手の気持ちなんて分かるわけない」

結衣「私たちはただの人間なんだから」

向日葵「だったらなおさら……!」

結衣「それでも会いたいんでしょ?」

向日葵「……!」

結衣「それならさ、いいじゃん。迷惑かけたって」

結衣「それが幼馴染だろ?」

京子「……」

向日葵「おさななじみ……」

結衣「うん。幼馴染」ニコ

向日葵「……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:03:38.57 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「ふふ……そう、ですわね」

向日葵「ありがとうございます。少しだけ、素直になれそうですわ」

結衣「うん。それはよかった」

向日葵「そうと決まれば善は急げ! さっそく電話してみますわね!」

結衣「えっ、うん」

結衣(ここでするの……?)

向日葵「櫻子っ、櫻子!」ピッピ


prrrr...prrrr...

prrrr...prrrr...prrrr...

prrrr...prrrr...prrrr...prrrr......


向日葵「……」

向日葵「出なさいよ馬鹿ぁっ!!!!」ブンッ


ちなつ「おっと」サッ

あかり「へぶっ!?」スコーン


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:07:17.19 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「はぁ……また時間を空けて電話してみますわ」

結衣「う、うん。メールとかでもいいんじゃないかな?」

向日葵「あっ、そうですわね」

向日葵「船見先輩、何から何まで本当にありがとうございました」ペコリ

結衣「ううん、いいから」

向日葵「では失礼しますね」

結衣「うん、またね」




京子「ンホホホ、結衣にゃんったら」

結衣「なんだよ……」

京子「『それが幼馴染だろ?』だって! だってぇー!」ンホホ

結衣「くっ……! こいつ調子に乗りやがって!」


ちなつ(幼馴染、か……)

あかり「」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:10:43.32 ID:0iL6Zn0V0









京子「いっけね、プリント忘れてた☆」

結衣「おいこら」









66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:12:38.52 ID:0iL6Zn0V0

ガチャ

向日葵「ただいま戻りまし……って、あら?」


綾乃「」ズーン

千歳「あ、古谷さんおかえり~」

向日葵「ええ。あの、杉浦先輩はいったい……?」

千歳「いや~……まぁ、その……な?」

向日葵「……あっ」

向日葵「そ、そうでしたわっ。私せっかくの機会を潰してしまって……」

千歳「まぁ、古谷さんも大変やったんやし、しょうがないんやけどね」

向日葵「いえ……自分勝手が過ぎましたわ……ごめんなさい」




京子「古谷向日葵ぃー! おっぱい☆」バァーン




生徒会「!?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:20:00.93 ID:0iL6Zn0V0

綾乃「と、とととっ、歳納京子!?///」

京子「おっす綾乃~」

千歳「あらあらぁ~、どないしたん突然♪」スチャ

京子「プリント渡すの忘れてたっ☆」テヘペロ

向日葵「あっ! そ、そうでしたわ! すみません本当にっ」

京子「いいっていいって、まだ書いてなかったし。向日葵のせいじゃないよ」

綾乃&千歳「」ピシィッ


綾乃「ひま……」

千歳「……わり?」


京子「あれ? まずかった?」

向日葵「い、いえ……その……」

京子「向日葵も京子って呼んでいいからね?」

向日葵「えっ……ええ、はい。きょ、京子先輩……」

京子「先輩もいらないんだけどなぁ~……ま、いっか」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:26:49.09 ID:0iL6Zn0V0

綾乃「あ……な、ぁ、あな、あなたたち! いつの間にそんなに!?」

千歳「……」プルプル

京子「いつって、さっき?」

向日葵「……」

綾乃「そ、そう、そうなの……は、ハハ……」

京子「てかさー、綾乃もいいかげん京子って呼んでくれよー」

綾乃「へぇっ!?///」

千歳「!?」ブシュッ

綾乃「で、でででも! それはっ……その……」

京子「まぁ、歳納京子って呼ばれるのもけっこう好きなんだけどね」

綾乃「んなっ!?///」

千歳「」ドバイッ

向日葵「ああっ! 池田先輩っ!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:30:07.69 ID:0iL6Zn0V0

千歳「ほぁぁ~……予想外の大収穫やったわぁ」ゲッソリツヤツヤ

綾乃「も、もうっ、千歳ったらすぐ鼻血出すんだから……」

千歳「ごめんなぁ」

綾乃「別にいいけどっ!」

綾乃「ってよくないわよ!? 命に関わるんだからねっ!」

千歳「せやなぁ……」

向日葵「ふと思ったんですけれど」

綾乃&千歳「?」

向日葵「池田先輩って、杉浦先輩と歳納先輩でしか妄想しないんですか?」

綾乃(下の名前で呼ばないのね……)ホッ

千歳「そんなことな……い、んやろか?」

向日葵「試しに私と櫻子で妄想していただけませんか?」

千歳「んー、ええけど、うまくできるかわからんで?」

向日葵「はい。大丈夫ですわ」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:34:12.55 ID:0iL6Zn0V0

千歳「ほないくで~」スチャ

☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

櫻子『向日葵ぃー、私がいなくて寂しかっただろー』ニヤニヤ

向日葵『そ、そんなことないですわ! 櫻子なんかいなくたって私は……』

櫻子『ちぇっ、つまんないのー』

櫻子『私は寂しかったのに……』ボソ

向日葵『えっ?』

櫻子『あっ! い、今のナシ! 何も言ってな――』

向日葵『私も!!』ギュッ

櫻子『ふぇっ!?///』

向日葵『私も……寂しかったですわ』

櫻子『ぁ……ぅん……うんっ!』ギュゥゥ

☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

千歳「こんな感じやろか?」

向日葵「さくらこぉぉぉ……」ポロポロ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:39:50.88 ID:0iL6Zn0V0

りせ「……」ポンポン

向日葵「うぅぅ……」

綾乃「大丈夫?」

向日葵「……はい、すみません」

千歳「ごめんな古谷さん……」

向日葵「いえ、私からお願いしたんですから、池田先輩は何も悪くありませんわ」

千歳「……」

向日葵「ちょっと、顔洗ってきます……」トボトボ

ガチャ バタン




綾乃「……そういえば、鼻血出なかったわね」

千歳「なんでやろなぁ……」

りせ「……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:44:14.37 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「はぁ……」

向日葵「……」

向日葵「ため息ついててもしょうがないですわね」

向日葵「電話してみましょう……」ピッピ


prrrr...prrrr...

prrrr...prrrr...prrrr...

prrrr...prrrr...prrrr...prrrr......


向日葵「……」

向日葵「櫻子、何をやってるのかしら……」

向日葵「……」

向日葵「一応メールも……」ポチポチ

向日葵「……」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:49:59.07 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「戻りましたー」ガチャ

綾乃「おかえりなさい。大丈夫?」

向日葵「ええ、もう大丈夫ですわ」

_________________
    ||._______.|| ._
    || ┌─┐┌─┐ || |生|
    || |  ||  | || |徒|   <それじゃ、気を取り直して仕事するわよー!
    || |  ||  | || |会|
    || |  ||  | ||.  ̄       <おー!
    || |  ||  | ||
    ||.o└─┘└─┘ ||
    || ┌─┐┌─┐ ||
    || |  ||  | ||
    || |  ||  | ||
    || |  ||  | ||
    || |  ||  | ||
    || └─┘└─┘ ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

綾乃「ふー、お疲れ様! 今日はおしまい!」

千歳「お疲れさん~」

向日葵「お疲れ様です」

りせ「……」フリフリ


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 01:54:57.27 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「櫻子からメールは……きてませんわね」トボトボ

向日葵「また電話してみようかしら」

向日葵「さ、さすがにしつこいですわよね」

向日葵「……」

向日葵「メールくらいなら……」

向日葵「……」ポチポチ


向日葵「櫻子にメール送ってたらあっという間に着いてしまいましたわ」

向日葵「櫻子の家は……」チラ

向日葵「まだ帰ってませんわね」

向日葵「まぁ、明後日ですから当たり前なんですけれど」

ガララ

向日葵「……」

楓「お姉ちゃん?」ヒョコ

向日葵「ただいま楓」

楓「おかえりなさぁいっ」パタパタ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:00:50.15 ID:0iL6Zn0V0

楓「お姉ちゃん元気ない?」

向日葵「いえ、そんなことありませんわ」ニコ

楓「でも……」

向日葵「さ、お姉ちゃんお夕飯の支度しますから、ね?」

楓「うん……」


向日葵「櫻子にメール……」ポチポチ

向日葵「はぁ~……」ジュワー

向日葵「……」

向日葵「さくらこ……」




向日葵「楓、ご飯できましたわよ」

楓「っ!?」

楓(三日連続ちくわの磯辺揚げなの……)


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:06:01.80 ID:0iL6Zn0V0

楓「きゅっぷぃ」

向日葵「ごちそうさま」

楓「ごちそうさまなのっ」

楓(磯辺揚げばっかりでも美味しいの♪)

向日葵「私もうお風呂に入ってしまおうと思うんですけれど、楓はどうします?」

楓「一緒に入るー」

向日葵「分かりましたわ」


~~~~~~ しばらくお待ちください ~~~~~~

      あったかいの   ですわねー

        o    O    __
     _.  r'´ ̄`ヽ   r'    ヽ
     ┻┓| ,c、ノc、)   (( 人 ゞ |
       ||| リル=ヮ=ノリ  从=ヮ=ルリ ∬
     ( ̄ ̄ ̄o) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄)
     i ̄○ ̄ i ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄o ゜ ̄i
     (__oノ_O__゜__。_ ノ   ____
      ))   ((o   o。o))  ○(   [ ∩]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:12:39.38 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「いいお湯でしたわ」

楓「なの!」

ガサゴソ

向日葵「あら? パンツがありませんわ」

楓「お洗濯しちゃったの?」

向日葵「ああいえ、全部ないわけじゃないから大丈夫ですわよ」

楓「なの?」

向日葵「ですわ」




向日葵「はぁ……まだメールきてませんわね」カチカチ

楓「お姉ちゃん、寝ないの?」

向日葵「あっ、ごめんなさい。いま電気消しますから」

カチッ

向日葵「おやすみなさい楓」

楓「おやすみなさぁい……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:13:29.64 ID:0iL6Zn0V0

向日葵(とりあえずもう一度だけメールを送って……)

向日葵(はぁ、櫻子……)

向日葵(……)

向日葵(そうだ、あれ持ってきましょう)

トテトテ ガサゴソ

向日葵(ふふ、櫻子のヘアピン……)

向日葵(胸ポケットにひとつ、髪……につけて寝たら危ないですわね)

向日葵(もうひとつは襟につけて寝ましょう)


向日葵(おやすみなさい、櫻子……)


―――――

―――

――

ブロロロロ…

ガチャ バタン


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:19:23.97 ID:0iL6Zn0V0

『さーぁーちゃんっ! あっそびーましょー』

『あ、ひまちゃん……』

『さーちゃん!』

『……うそつき』

『え?』

『ずっといっしょっていったのに』

『えっ、さーちゃん?』

『ひまちゃんなんか、もうしらない!』

『さーちゃんっ! まってよさーちゃん!』

『さーちゃんやだ! いっちゃやだぁー!』

『さーちゃ、さ――きゃっ』ドテッ

『いたた……うぅ、さーちゃん……さーちゃぁん……』グスン

トテテテテ

『おっぱいのばかやろぉー!!』ボイーン

『戻ってきといてそれですの!?』ガーン


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:20:47.23 ID:0iL6Zn0V0

~朝ですわ~

向日葵「うぅ、さくらこぉ……ぺったんこのくせにぃ……」グヌヌ

楓「お姉ちゃん、朝だよぉ」ユサユサ

向日葵「んん……」モゾ

楓「お姉ちゃん、泣いてるの?」

向日葵「ん……? ぁ、おはようかえで……」

楓「悲しい夢見たの?」

向日葵「…………すこしだけ」ギュ

楓「わわっ、お姉ちゃん?」

向日葵「すぅ……すぅ……」

楓「寝ちゃったの……」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:27:30.00 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「ふぁ~……」トテトテ

楓「あっ、お姉ちゃんおはよ~」

向日葵「おはよう楓。二度寝してしまいましたわ……」

花子「ひま姉だいじょうぶ?」

向日葵「ええ、もうだいじょ――は?」

花子「ひま姉いっつも早起きだし、お休みの日くらいゆっくりしてもいいと思う」

向日葵「」

花子「ひま姉?」

向日葵「」

楓「お姉ちゃん?」




向日葵「花子ちゃんがいますわッッッ!!?」




花子&楓「えっ」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:31:38.42 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「どうしてですの? 帰ってくるの明日ですわよね?」スリスリ

花子「んぐぐ、元から今日の予定だし。苦しいし」

向日葵「そうなんですの? でも櫻子は七日後って……」スリスリ

花子「出発したの日曜の夜だから、一応間違ってはいないし」

向日葵「日、月、火、水、木、金、土……あ、七日ですわ」スリスリ

向日葵「私、月曜日から数えてましたわ」スリスリ

花子「ところでいい加減スリスリするのやめてほしいし」

向日葵「あっ、ごめんなさい」パッ

向日葵「花子ちゃんって櫻子に似ててつい……」

花子「え……それ最悪なんだけど」

向日葵「見た目も中身も似てませんのよ?」

向日葵「ただ、纏ってる空気というか、やっぱり姉妹なんだなって思いますわ」

花子「ふ、ふーん……」

花子「ひま姉と楓は見たまんまそっくりだよね。優しいとことかもそっくり」

楓「えへへ、お姉ちゃんといっしょ嬉しいっ」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:36:53.43 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「ということは、櫻子も帰ってきてるんですの?」

花子「うん。みんな帰ってるよ」

楓「お姉ちゃんよかったね!」

向日葵「べ、別に嬉しいとかじゃないですけど……」

向日葵「いえ、嬉しいですわ……」

向日葵「ちょっと準備してきますわね」

楓「いってらっしゃーい」


花子「あのさ、楓」

楓「?」

花子「楓は……えっと、その……」

楓「!」ピコン

楓「おかえりなさい! 花子お姉ちゃんっ」

花子「えっ」

楓「まだ言ってなかったの!」

花子「あ……うん。えへへ、ただいまっ!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:41:26.86 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「服、おっけー」

向日葵「髪、おっけー」

向日葵「顔……」

向日葵「……」ニコー

向日葵「おっけー!」

向日葵「ちょっと時間かかっちゃいましたけど……」


向日葵「櫻子! いま会いに行きますわよ!!」タタタッ




花子「あんなに想ってくれる人がいて、櫻子うらやましいし」

楓「……」ピト

花子「っ!///」

楓「すぅ、すぅ……」

花子(って寝てるし!?)ガーン


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:45:50.01 ID:0iL6Zn0V0

ピンポ ガチャ

向日葵「こんにちはー!」タタッ

撫子「あ、ひま子ひさしぶ――」 向日葵「撫子さぁーんっ♪」ガバァッ

ドッターン

撫子「っつー……どうしたのいきなり」

向日葵「撫子さん♪」スリスリ

撫子「あー、よしよし。頭でも打った?」

向日葵「いえ、久しぶりなのでちょっと抑えられないだけですわ」ニコッ

撫子「っ!?///」

向日葵「ところで、櫻子います?」

撫子「いるけど寝てるよ」

向日葵「え゛っ」ズーン

撫子「帰りずっとハイテンションでさ、ちょっと前まで起きてたんだよね」

撫子「でもさすがに疲れたみたい」

向日葵「そう、ですか……」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:50:26.79 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「はぁ……櫻子……」

向日葵「まぁ、疲れているなら仕方ないですわよね」

ガララ

向日葵「ただいまー……」

向日葵「……?」

向日葵「かえでー? 花子ちゃーん?」テクテク

向日葵「かえ――あら」


花子「すぅー、すぅー……」

楓「すぅ、すぅ……」


向日葵「ふふ、可愛らしいですわね」

向日葵「私も櫻子が起きるまで寝てようかしら……」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 02:59:48.48 ID:0iL6Zn0V0

櫻子「んぉ……」パチ

櫻子「すっげえ寝てた気がする……」

櫻子「ん~~……っはぁ」

櫻子「よっと」

櫻子「……お腹ペコいな」

トテテテテ

櫻子「れっいぞーこー♪ おっみーやげー♪」

撫子「あ、櫻子。さっきひま子きたよ」

櫻子「向日葵!? なんで起こしてくれなかったんだよ!」

撫子「会いたかったの?」

櫻子「あったりまえでしょ!? ……じゃねーし!! 別に会いたくなんかないもん!」

撫子「はぁ……ひま子んとこ行くならお土産持ってってね」

櫻子「い、行かないし!」

撫子「お土産さっさと持ってって欲しいんだけど」

櫻子「ま、まぁそういうことなら仕方ないし! 行ってやってもいいけどっ!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:00:17.56 ID:UEINA3KH0

面白いし可愛いし、素晴らしいSSだ


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:08:27.39 ID:0iL6Zn0V0

ガチャ

櫻子「うおっ!? 外くらっ! もう夜か……」

花子「あ、櫻子起きたんだ」

櫻子「お? 花子、と楓じゃん。何やってんの?」

花子「楓のお母さんたち遅いって言うから、お夕飯招待したし」

楓「招待されたのっ」

櫻子「向日葵は?」

花子「寝てるし」

楓「気持ちよさそうだから寝かせておいてあげるの」

櫻子「……ほほう」ニヤリ

楓「いたずらしちゃめっ! なのっ」

櫻子「わーかってるってー」ニコニコ

花子「どーだか……」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:14:34.23 ID:0iL6Zn0V0

櫻子「気付かれないよにーどきどきっ」

櫻子「ばれなーいーよーおーにーっと」

ソー…

櫻子「ひまわりさーん……」


向日葵「すぅー、すぅー……」


櫻子「寝てる寝てるっ」ウヒヒ

櫻子「さーて、何してやろっかなー」

櫻子「顔に落書き!」

櫻子「……はやめよう。可愛い顔が台無しになる」

櫻子「いやいやいや! 起きたらすっげー怒られるからだし! 可愛いとか思ってない!」

櫻子「……とりあえずおっぱい揉んどくか」

もにゅん

向日葵「きゃあっ!?」バッ

櫻子「えぇっ!?」ビクッ


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:25:02.61 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「あ……さ、さくらこ……?」

櫻子「お、おはよー……なんつって」

向日葵「櫻子……」

櫻子(やばい怒られる……!)




向日葵「さくらこぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーー!!」ガバッ




櫻子「おうっ!?///」

バタンッ

向日葵「櫻子! 櫻子! 櫻子ですわ!!」スリスリスリスリ

櫻子「な、なんだよいきなり!?///」

向日葵「櫻子ぉー!!」ギュウウウ

櫻子「ちょっ! くるしい! くるしい!! 死ぬぅー!!」バタバタ

向日葵「ハッ!?」パッ


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:35:35.43 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「だ、大丈夫……?」

櫻子「死ぬかと思ったァ……」

向日葵「ごめんなさい……」

櫻子「まったく、いきなり何すんだよばかっ」

向日葵「……」

櫻子「どきどきし……じゃなくて、びっくりしただろ!」

向日葵「ごめん、なさい……」

櫻子「……」

櫻子「ってか、ほんとにどうした? 何か変だよ」

向日葵「う……そ、その……」モジモジ

櫻子「?」

向日葵(たまには素直に……素直に……!)

櫻子「あっ!!」ピコーン

向日葵「……?」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 03:40:13.47 ID:0iL6Zn0V0

櫻子「ふっふっふ、さては向日葵、私がいなくて寂しかったんだろ~?」ニヤニヤ

向日葵「なっ!?」

櫻子「まったく、向日葵はしょうがないなぁ~」ニヤニヤ

向日葵「……そ、そうよ」

櫻子「私がいないとてんでダメ……え?」

向日葵「そうよ、悪い? 櫻子がいなくて、寂しかったのよ……」グス

櫻子「えっ、あれ? ま、まじ……で?」

向日葵「あなたは全然平気だったみたいですけどね!」プイッ

櫻子「ちょっ、そんなこと――」

向日葵「何度も電話して、メールもたくさんしたのに!」

櫻子「それはっ――!」

向日葵「どうせ私のことなんて、ただの便利屋としか思ってないんでしょ!」


櫻子「あーもう!! 聞けよばかっ!」ガバッ


向日葵「!?」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:03:55.21 ID:0iL6Zn0V0

櫻子「便利屋なんて思ってない!」ギュッ

向日葵「っ……!」

櫻子「向日葵は、なんかこう……大切! そう、大切なの!」

向日葵「大切って、どういう意味……?」

櫻子「分かんない!」

向日葵「分かんないって……」

櫻子「でもなんか、いなきゃだめなの! だからそんな風に言うな!」


向日葵「……っもう」

向日葵「櫻子は本当にしょうがない子ですわね……」

櫻子「向日葵だって、私がいなくて泣いちゃうくらいだめだめじゃんっ」ププッ

向日葵「泣いてなんかないですわ!」

櫻子「うっそだー! さっき泣きそうだったもん!」

向日葵「でも泣いてない!」

櫻子「じゃあ今から泣けよ!」

向日葵「なんでよ!?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:10:02.41 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「ていうかあなた、電話は? メールはどうしたのよ?」

櫻子「んあ? 携帯なんかここ一ヶ月くらい見てないし」

向日葵「っっっはぁぁぁああ!?」

櫻子「私が携帯あんま使わないの知ってんだろー? 向日葵が悪いっ」ドヤァ

向日葵「っこンの馬鹿娘は……!!」

櫻子「馬鹿じゃないもーんっ! 泣き虫ひまわりぃ~」ニヤニヤ

向日葵「うるさい馬鹿! 鈍感! 朴念仁!!」

櫻子「誰がニンジンだこらぁ!」

向日葵「誰もそんなこと言ってないわよ!?」

「私がニンジンなら向日葵はピーマンだ!!」

「なんでよ! 私がピーマン嫌いなの知ってるでしょう!?」

ギャーギャー ワーワー

――――――

――――

――


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:16:42.28 ID:0iL6Zn0V0

向日葵「ゼェ、ゼェ……」

櫻子「ハァ、ハァ……」

バタンッ

向日葵「つ、疲れましたわ……」

櫻子「向日葵のおっぱいが……でかい、からだァ……」

向日葵「それ、関係ないでしょう……っ!」

櫻子「なん、だとぉー……っ!」

向日葵「……」

櫻子「……」

向日葵&櫻子「ぷっ、あははははっ」


向日葵「こういうの、久しぶりですわね」クス

櫻子「ま、私いなかったからね」ヘヘ

向日葵「……」

向日葵「遅くなったけど……おかえりなさい、櫻子」

櫻子「ん……ただいま、向日葵」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:21:00.88 ID:0iL6Zn0V0

櫻子「ねっ、向日葵! お腹すいた!」

向日葵「そうですわね……あ、楓」

櫻子「楓はうちで食べるって」

向日葵「そう……櫻子はどうするんですの?」

櫻子「んー……」

櫻子「向日葵のご飯がいいな。なんか作ってよ!」

向日葵「……しょうがないですわね」

櫻子「えへへ」

向日葵「ご飯できるまで、一週間分の勉強やってなさいね」

櫻子「え!?」

向日葵「当然でしょう? ずっと休んでたんだから」

櫻子「うぇー……」

向日葵「ノート、ちゃんと取ってあるから」

櫻子「わぁ~ったよぉ……その代わり、うんと美味しいの作ってよね!」

向日葵「ふふっ、もちろんですわ!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:22:49.06 ID:0iL6Zn0V0

櫻子「あっ、そうだ向日葵、お土産が……」

ゴソゴソ ヒラリ…

向日葵「ん? 何か落ちましたわ……よ!? ってこれ!! 私のパンツ!?」

櫻子「やべっ!」

向日葵「な、なんでこれをあなたが持ってるのよ!?」

櫻子「いやほら! 旅行中の向日葵分をね!?」

向日葵「こ、この……っ」


「馬鹿娘ぇぇぇーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!!!!」

      \ぎにゃああああああああああああっっっ/




.             r=‐-- ,,. ___ ___ .,, -==7
               ヽ /     <ハ>   ヽ、ノ
              ヘ          /
                 \,ヽ     //
                     `‐、 __, ‐′
                                   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                   d⌒) ./| _ノ  __ノ


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:26:15.60 ID:FrrV6SGPP

乙ですわ


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:32:32.55 ID:0iL6Zn0V0


 こんな時間までお付き合いありがとうございました

            __
          /====ヽ , ⌒⌒\ ...zzZ
         , |  人 ヾ ))ハLLキハ||‐-、
          /. リル‐ヮ‐ノリζ‐ヮ‐ (i ζ /
          /r-<ぅ⌒cソ r,ぅ ⌒cソ -、 ./
       ノ '     ' '     ' //
       (_,.  `    .(_, `   ´ //
        (.,_ `'ー-、_,,..ノ(. 'ー-、_,,.. ノ/
         ~`''ー--‐'` `''ー---‐'


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 04:40:49.21 ID:El0q8yVS0

おつ!
さくひま可愛い


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 08:09:03.00 ID:UEINA3KH0

完結してたか!
向日葵ちゃんマジ暴走トゥナイト






関連記事
スポンサーサイト