FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

一護「こ、股間が・・・」 チャド「どうした一護」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:22:56.83 ID:yWwoO5bK0

一護「・・・」シコシコシコシコシコ

チャド「何をしてるんだ!一護!!」

一護「手が・・・手が止まらねえ!!」シコシコシコシコシコ

チャド「やめろ!」

一護「ぬおおおおおおおおおおおおおお」シコシコシコシコシコ

チャド「一護おおおおおおおおおおおお」

一護「ううっ・・・」ビュルッ

チャド「一護・・・一護!!」

一護「・・・」シコシコシコシコシコ

チャド「一護おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:23:28.86 ID:JZHbsreZ0

チャドの精巣が…消えた…?






5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:26:46.59 ID:yWwoO5bK0


チャド「今、浦原さんのとこへ運ぶからな」



一護「すまねえ」シコシコシコシコシコ



織姫「さ、茶渡くん・・・」クチュクチュクチュクチュクチュ



チャド「井上」



織姫「手が・・・手が・・・」クチュクチュクチュクチュクチュ



チャド「井上・・・お前まで」



織姫「・・・」クチュクチュクチュクチュクチュ



チャド「とにかく手を離せ。そこから」



織姫「助けて!茶渡くん!!」クチュクチュクチュクチュクチュ



チャド「一護・・・井上・・・」






8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:32:45.31 ID:yWwoO5bK0


恋次「茶渡」



チャド「阿散井か。ちょうどいい手伝ってくれ」



恋次「一護!お前まで!!」



チャド「どういう事だ阿散井」



一護「恋次か・・・」シコシコシコシコシコ



織姫「阿散井くん・・・」クチュクチュクチュクチュクチュ



恋次「ルキアも朽木隊長もみんなオナニーが止まらねえんだよ!!」



チャド「なん・・・だと・・・?」



恋次「二人だけじゃねえ!みんな・・・みんな・・・オナニーが!」



チャド「・・・」






9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:36:25.64 ID:yWwoO5bK0


マユリ「・・・」シコシコシコシコシコ



恋次「な?」



チャド「確かに」



京楽「・・・」シコシコシコシコシコ



チャド「みんなオナニー狂になったのか?」



恋次「残ってる奴も居るぜ」



チャド「・・・」



浮竹「おえええええええええええええええええ」シコシコシコシコシコ



チャド「吐血しながらもチンコから手を離さないのか」



恋次「・・・」



チャド「・・・」






12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:39:05.66 ID:yWwoO5bK0


チャド「誰が残ってるんだ阿散井」



恋次「ああ・・・」



チャド「阿散井」



恋次「言いたくねえが役に立たねえ奴らだぜ」



チャド「・・・」



恋次「何であいつらが護廷十三隊の隊長格なのかわかりゃしねえ・・・」



チャド「俺たちも他人事ではないぞ」



恋次「・・・」



チャド「俺たちも・・・ロクに勝つことができない・・・」



恋次「言うな。それだけは言っちゃいけねえ」






16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:42:24.88 ID:yWwoO5bK0


恋次「ほら見てみろ」



チャド「・・・」



恋次「期待外れだろ・・・?」



チャド「あの三人を見て分かった事がある」



恋次「何だよ」



チャド「俺や阿散井を含めて俺たちは・・・効かないんじゃないか」



恋次「どういう意味だよ」



チャド「かませ犬と呼ばれる者にはこのオナニー地獄が・・・」



恋次「なるほど」






18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 18:55:33.14 ID:yWwoO5bK0


チャド「・・・」



狛村「貴公は」



恋次「茶渡っす」



チャド「・・・」



狛村「ううっ・・・」



恋次「どうしたんすか!狛村隊長!?」



狛村「ぎゃえええええええええええええええええええええ」



射場「こ、狛村隊長!?」



狛村「・・・」ビュルビュルビュルビュルビュル



チャド「おい阿散井」



恋次「精子出っ放しだぜ・・・」



狛村「・・・」ビュルビュルビュルビュルビュル






19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 19:03:22.23 ID:yWwoO5bK0


チャド「どうなってるんだ・・・」



恋次「隊長格でも一番の雑魚である狛村隊長が・・・」



射場「隊長ー!隊長ー!」



恋次「アンタはどっから出て来たんだ!」



射場「さっきから居たじゃろが!」



恋次「地味なんだよ死ね!!」



チャド「悪い事は言わない。黙ってろ」



射場「・・・」



チャド「いいな」



射場「お、おう・・・」






21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 19:16:11.14 ID:yWwoO5bK0


チャド「お前はどうなんだ」



日番谷「・・・」



雛森「日番谷くんはちん毛が生えてないから」



恋次「逃れたんだよな」



雛森「うん。それに皮被ってるし」



チャド「なるほど」



日番谷「うるせえ」



雛森「それにサイズ的にも」



チャド「短小なんだな」



日番谷「うるせええええええええええええええええええええええ」






23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 19:38:57.50 ID:guVzLNmL0


チャド「・・・そうか!」



恋次「どうした茶渡!?」



チャド「陰毛を剃れば・・・」



恋次「なるほど・・・日番谷隊長もそれで」



雛森「でも阿散井くんも茶渡さんも」



チャド「ああ・・・ズル剥けだ」



恋次「それに俺は童貞じゃねえ」



雛森「だよね」



日番谷「くだらねえ」



チャド「どうすればいいんだ」



恋次「・・・」






24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 19:44:13.48 ID:guVzLNmL0


チャド「一応剃っておこう」ゾリゾリ



恋次「ほら雛森も」ゾリゾリ



雛森「う、うん」



日番谷「やめろよ。てめえら」



チャド「お前は黙ってろ」ゾリゾリ



恋次「そうっすよ」ゾリゾリ



雛森「でもシロちゃんのおかげで対処法が見つかったからね」ゾリゾリ



日番谷「最初から生えてるお前たちが今から剃っても」



チャド「やっておいて損はない」ゾリゾリ



恋次「そうだぜ」ゾリゾリ






26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:07:26.92 ID:guVzLNmL0


チャド「これでいい」



恋次「よし」



チャド「ほらアンタも」



射場「すまん」ゾリゾリ



恋次「それで?どうしてみんなオナニー狂いになっちまったんだ」



チャド「わからん」



恋次「まだ無事な奴を探そう」



チャド「む」



雛森「そして陰毛を剃りましょうね」



チャド「そうだ。陰毛を剃ってやるんだ!!」






28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:11:46.89 ID:guVzLNmL0


剣八「・・・」ゾリゾリ



一角「悪いな阿散井」ゾリゾリ



弓親「助かったよ」ゾリゾリ



やちる「止まらないよ!剣ちゃん!」クチュクチュクチュクチュクチュ



恋次「やっぱり陰毛だけが問題じゃねえみたいだな」



雛森「うん」



剣八「どうなってんだ!説明しろ!!」



恋次「そ、それは・・・」



日番谷「落ち着けよ」



剣八「あ?」



日番谷「・・・何でもねえ」






29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:19:23.60 ID:guVzLNmL0


恋次「石原は無事なんだろうか」



雛森「石原?」



射場「誰じゃいそれ」



恋次「滅却師っすよ」



弓親「ああ!彼か」



一角「あの眼鏡かけた野郎だろ」



恋次「そうっすよ」



剣八「どこにいんだそいつは」



恋次「現世っす」






30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:28:08.68 ID:guVzLNmL0


恋次「石原!石原!」



石原「あ、阿散井・・・?」



一角「お前は何てねえんだな」



石原「?」



弓親「オナニーだよ。オナニー」



石原「・・・は?」



雛森「石原さんもした事ありますよね?あれです」



恋次「一護やルキアも井上もピンチなんだよ!!石原!」



石原「っと言われても」



一角「しっかりしろよ石原!」






34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:32:10.65 ID:guVzLNmL0


恋次「しばらくはお前の家に居させてもらうぜ」



日番谷「すまねえな石原」



石原「こ、困るよ」



剣八「おい」



石原「・・・」



剣八「居てもいいんだよな」



石原「だから」



剣八「殺すぞ」



石原「・・・多いじゃないか!7人も居るんだよ!何だよ!!」



剣八「おい。てめえは外で待機してろ」



射場「わ、わし」



剣八「・・・」



射場「はい・・・」






35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:36:53.45 ID:guVzLNmL0


恋次「見てくださいよ」



一角「エグいビデオ持ってんな」



射場「・・・」チラッ



剣八「おい」



射場「はい!」



弓親「石原くん。お腹が空いたよ」



石原「それで?君たちは死神だろ!我慢しろ!!」



剣八「斬りてえな・・・斬り殺してえよ!なあ石原!!」



石原「わかりました!作ります!」



日番谷「悪いな石原」



石原「とんでもないドチンピラ集団だ・・・」






36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:42:39.53 ID:guVzLNmL0


恋次「石原!」



石原「何だよ・・・」



恋次「お前も剃っといた方がいいぜ」



石原「・・・?」



一角「ちん毛だよ!」



射場「わしらが押さえつけといたる」



弓親「誰か石原くんの陰毛を」



石原「離せ!離せえええええええええええええええええええええ」



恋次「おい!雛森!お前やれ」



雛森「私・・・?」



剣八「やれ」



雛森「は、はあ」



石原「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



雛森「あまり動くとちょん切っちゃいますよ。ちんちん」






39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 20:53:39.65 ID:guVzLNmL0


石原「酷すぎる!!」



剣八「うるせえ」



石原「この歳でパイパンだなんて・・・」



恋次「心配すんな」



一角「俺たちも全部剃ってるぜ」



弓親「ほら」



射場「わしもじゃ」



雛森「私もですよ。こっちは元から生えてませんけどね」



日番谷「・・・」



石原「そういう問題じゃ」



剣八「文句あんのか」



石原「無いです・・・嬉しいです」






40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 21:01:31.18 ID:guVzLNmL0


恋次「あっ石原」



石原「何だ阿散井」



恋次「一護達の事・・・頼んだぜ」



石原「どこ行くんだよ!阿散井!!」



一角「長居は無用だぜ」



恋次「俺たちはもう一度尸魂界に戻る」



弓親「世話になったね」



石原「待てよ!僕がパイパンになった意味は!」



恋次「ねえよ」






46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 21:29:26.83 ID:guVzLNmL0


恋次「どこに行くんすか更木隊長」



剣八「知らねえ」



一角「更木隊長!」



弓親「更木隊長!」



雛森「更木隊長!」



射場「更木隊長!」



剣八「うるせえ!黙ってろ!!」



日番谷「更木」



剣八「何て言ったてめえ」



日番谷「えっ」



剣八「聞こえねえよ。斬り殺すぞ」



日番谷「更木・・・隊長」






49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 21:45:06.27 ID:guVzLNmL0


一護「・・・」シコシコシコシコシコ



織姫「・・・」クチュクチュクチュクチュクチュ



石原「黒崎・・・井上さん・・・」



グリムジョー「おーい!黒崎勝負しようぜー!」



石原「お前」



グリムジョー「てめえは・・・誰だ」



石原「石原だ」



グリムジョー「黒崎!何でシコってんだ!立ちやがれ」



石原「無駄さ。黒崎はイチモツから手が離せない」



グリムジョー「どういう事だ」






52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 21:55:37.64 ID:guVzLNmL0


グリムジョー「原因不明か」



石原「そうだ」



グリムジョー「おい女!」



織姫「あっ・・・グリムジョーくん」クチュクチュクチュクチュクチュ



グリムジョー「俺が怖いか」



織姫「怖くないよ」クチュクチュクチュクチュクチュ



グリムジョー「そうか」



石原「・・・」



グリムジョー「なあ石原」



石原「どうしたんだ」



グリムジョー「これが心か」



石原「お、おう」



グリムジョー「そうか」






53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 21:58:23.74 ID:guVzLNmL0


一護「何だっていいんだよ」シコシコシコシコシコ



グリムジョー「一度・・・やってみたかったんだよ」



石原「君も阿散井たちと合流してくれ」



グリムジョー「やだね」



石原「きっと君と気が合う連中ばかりだよ・・・チンピラ集団みたいで」



グリムジョー「おい黒崎!これで俺に借りができたな」



一護「お、おう」シコシコシコシコシコ



グリムジョー「案内しろ!石原!」



石原「はいはい」






54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:06:37.51 ID:guVzLNmL0


石原「あっ。居た」



恋次「・・・」



石原「何してるんだよ君たちは!」



一角「休憩中だ」



石原「コンビニの前でたむろって!みんな迷惑してるぞ!!」



剣八「知らねえよ」



グリムジョー「よお」



恋次「あっ。グリムジョーだ」



石原「そんな事じゃ立派な大人とは言えないよ!」



グリムジョー「うるせえぞ石原」



石原「黒崎のオナニー問題より君たちの素行の方が心配だよ!付いてきて」






56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:14:21.23 ID:guVzLNmL0


石原「顔面刺青」



恋次「・・・」



石原「ハゲ」



一角「・・・」



石原「ナルシスト」



弓親「・・・」



石原「ヤクザ」



射場「・・・」



石原「リーゼント」



グリムジョー「・・・」



石原「銀髪」



日番谷「・・・」



石原「・・・」



剣八「文句あんのか」



石原「君は・・・いいや」






57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:19:26.64 ID:guVzLNmL0


石原「そんなのでよく死神になれたよね!!ふざけんな」



一角「てめえ!誰がハゲだコラ!!」



射場「落ち着けって!こんなモヤシボコしたところで何の自慢になるんじゃ」



石原「この中で勉強より喧嘩の方が好きな人。挙手」



恋次「きょ、挙手?」



グリムジョー「挙手って何っすか」



雛森「手を上げる事ですよ」



石原「8人中・・・4人も・・・」



雛森「更木隊長は意外ですね」



剣八「喧嘩は殺し合いじゃねえだろ」



石原「気が狂ってる・・・」






59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:29:11.47 ID:guVzLNmL0


石原「せめて僕のように眼鏡を着用して」



日番谷「ふざけんな」



石原「・・・」



日番谷「俺は眼鏡が大っ嫌いなんだよ!!」



石原「で?」



恋次「眼鏡はあれを連想させるからよ」



弓親「そうだよね」



射場「あれじゃろ・・・」



石原「・・・誰」



日番谷「藍染・・・藍染だよ!!!」



一角「まだ藍染のこと引き摺ってんだぜ受けるだろ」



雛森「おいハゲ。黙ってろ」



一角「・・・」



石原「あっちは伊達眼鏡じゃないか!僕は純粋に視力が悪いんだよ!遺伝的に」



日番谷「知らねえよ!ぶっ殺すぞ!!」






60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:34:19.53 ID:guVzLNmL0


雛森「眼鏡に悪い人は居ないんだよ阿散井くん」



恋次「お、おう」



雛森「悪いのは全部市丸ギン。そうですよね射場さん」



射場「お、おう」



雛森「理解できましたか綾瀬川さん」



弓親「う、うん」



グリムジョー「藍染はあれだぜ良い奴なんだぜ。市丸はあれだけど」



雛森「ほらね。あの市丸のウスラバカはもう外道ですから」



一角「・・・」



雛森「ね?」



剣八「お、おう」



日番谷「きえええええええええええええええええええええええ」



石原「やめるんだ!」






63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:47:17.29 ID:guVzLNmL0


石原「・・・何とか倒すことができた」



日番谷「ううっ・・・」



恋次「お前の遊びに付き合ってられねえんだよ!」



石原「僕は君たちのために」



雛森「シロちゃん・・・可哀想・・・」



一角「謝れよ」



弓親「謝りなよ」



恋次「謝れ」



射場「謝り」



グリムジョー「謝れって」



剣八「謝れ!!!」



石原「ごめん・・・」






64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 22:52:10.22 ID:guVzLNmL0


石原「本当にそのままでいいのか!君たちは!?」



恋次「いいんだよ。俺たちはこのままで」



石原「なら・・・あれを見てよ!」



銀城「・・・」



弓親「誰だい?あの人は」



石原「平日の真昼間からラーメン片手にずっと突っ立ってるんだよ」



銀城「ん・・・?」



石原「こっちに気がついた」



銀城「黒崎の仲間の・・・」



石原「石原だ」



銀城「そうだ!思い出した石原だ」






65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:01:55.35 ID:guVzLNmL0


石原「これがダメな大人だ。阿散井」



恋次「・・・」



銀城「・・・」



グリムジョー「ダメ人間か」



恋次「お前も剃れ」



銀城「?」



一角「陰毛だ!」



射場「よし押さえた!」



弓親「雛森くん!」



雛森「はい!」



銀城「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」






69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:15:01.98 ID:guVzLNmL0


銀城「だから死神は嫌いなんだ死ね!」



一角「誰が死ねだ!お前が死ね!!」



恋次「そうだ死ね!」



グリムジョー「てめえも黒崎みたいになりたくねえだろうが!!」



銀城「あいつ・・・どうしたんだ」



石原「それはね」



剣八「止まらねえんだ」



銀城「?」



雛森「オナニーです」



銀城「オナニー・・・だと・・・?」






70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:20:40.45 ID:guVzLNmL0


銀城「ざまあああああああああああああああああああああああああ」ブブッ



一護「うるせえんだよ!!」シコシコシコシコシコ



弓親「よっぽど嫌いなんだね」



銀城「本当にざまあねえな黒崎いいいいいいいいいいいいいいい」



一護「表出ろ」シコシコシコシコシコ



銀城「もしかして勝つ気なのか黒崎ィ!」



一護「お前なんてシコりながらでも勝てるぜ。来いよ」



銀城「いいよ」



石原「おい止めろよ」



恋次「ほっとけほっとけ」






73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:25:39.08 ID:guVzLNmL0


一護「月牙天衝wwwwwwwww」シコシコシコシコシコ



銀城「ぎゅぴっ」



一護「秒殺だぜ」ドピュッ



銀城「畜生め・・・畜生・・・」



恋次「バカ騒ぎも終わったし俺ら帰るわ」



石原「そうか」



雛森「お世話になりました」



石原「う、うん」



一角「おら立て」



銀城「・・・」



弓親「弾除けには使えそうだね」






74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:31:41.16 ID:guVzLNmL0


恋次「酷い有り様だぜ。どこ見てもシコってクチュって・・・」



銀城「ざまあああああああああああああああああああああああ」



日番谷「うるせえな。黙れよ」



銀城「死神が苦しんでるんだぜ!やっほおおおおおおおおおお」



グリムジョー「やめろタラコ。苦しんでるんだぜ。こいつら」



銀城「タ、タラコ・・・」



恋次「お前いい奴だな」



グリムジョー「別に」



銀城「・・・」






76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:39:13.42 ID:guVzLNmL0


雀部「無事だったのか・・・」



一角「おっさん!」



弓親「大丈夫ですか・・・誰だっけ」



射場「おっさんじゃ」



恋次「雛森。何て名前のおっさんだ」



雛森「・・・誰だろ」



日番谷「おっさんでいいだろ。おっさんで」



剣八「おっさん。誰だてめえは」



雀部「・・・この事件の事を・・・」



グリムジョー「てめえが犯人か!」



銀城「死神は死ね!本気で死ね!」



雀部「やめんかああああああああああああああああああああああ」






77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:45:00.52 ID:guVzLNmL0


雀部「ちょうど三日前・・・白い雨が降ったのを覚えてるか」



恋次「ああ。知ってるぜ」



雀部「あれが原因だ・・・」



恋次「どういう事だよ!おっさん!!」



雀部「あの液体は総隊長の500年分の精液・・・」



恋次「なん・・・だと・・・?」



雀部「あれを浴びた者は皆オナニー狂になって・・・」



恋次「そういえば一護と井上が遊びに来てたな。あの日・・・」



雛森「私は隊舎に居たから」



グリムジョー「って事は陰毛を剃る意味は!」



雀部「えっ・・・何それ?」



銀城「はああああああああああああああああああ???ふざけんなよ!!」



雀部「すまん!すまん!」






78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:50:10.33 ID:guVzLNmL0


恋次「どうすりゃいいんだよ!おっさん!!」



雀部「総隊長のキンタマに残るもう500年分の精液を放つんだ!!」



恋次「なん・・・だと・・・?」



一角「総隊長のチンポをもう一度シゴけば」



弓親「みんなが元に戻るんだね」



剣八「爺いいいいいいいいいいいいいいいいいぶち殺してやるぜええええええええええええ」



雛森「行っちゃったよ更木隊長」



恋次「ある程度痛めつけてからシゴけば楽だろ」



雛森「・・・そうだね」






80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:55:24.79 ID:guVzLNmL0


射場「ぬわっ!」



恋次「射場さん!」



一角「しっかりしろ!」



射場「わしはもうダメじゃ・・・見てみ・・・」



恋次「精液の海に!」



射場「そうじゃ・・・足を滑らかして」



雛森「しっかりしてください」



グリムジョー「おっさん!おっさん!」



弓親「今引き上げますからね」



射場「死ぬならわしだけでええんじゃ!離せや!!」



銀城「おっさん・・・」



射場「すまんな・・・阿散井・・・」



恋次「射場さあああああああああああああああああああん!!!!!」






81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/03(火) 23:58:32.88 ID:guVzLNmL0


恋次「そこら中が精液だらけだぜ・・・」



一角「全ての死神の精液やら愛液だらけだからな・・・」



弓親「気を付けないとね」



グリムジョー「あのおっさんみたいになっちまう」



銀城「そうだな」



日番谷「なあ」



雛森「どうしたの?」



日番谷「俺の氷輪丸で凍らせれば・・・」



雛森「バカ!!!!」



日番谷「えっ・・・」



雛森「何て不謹慎なこと言うの!射場さん死んでるんだよ?」



日番谷「お、おう」



雛森「空気読もうね」



日番谷「すまねえ・・・」






84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:09:58.51 ID:l16FmOQD0


恋次「何だこれは!!」



一角「隊士達の精液や愛液の雨だ!!」



グリムジョー「・・・」



銀城「やばいのか?」



弓親「うわぁっ!」



恋次「弓親さん!」



弓親「ダメだ・・・身動きが・・・」



恋次「今助けるっすからね」



弓親「行くんだ・・・早く」



雛森「でも」



弓親「早く!!!」



一角「行くぞ」



弓親「後は頼んだよ・・・一角」



一角「ああ・・・」






86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:18:22.03 ID:l16FmOQD0


一角「ぬわっ!」



恋次「あっ一角さん!」



グリムジョー「精液で滑って頭を強打しちまった・・・」



雛森「動きませんね・・・」



一角「・・・」



銀城「ハゲ男!起きろ!ハゲ!」



一角「・・・」



グリムジョー「やめろよ。起きねえよ」



恋次「・・・」



雛森「私たちは前に進むしかないんですよ」



日番谷「そうだぜ」



グリムジョー「そ、そうだ」



銀城「やらなければ」






87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:31:06.53 ID:l16FmOQD0


恋次「見ろ!」



銀城「何だよあれ!」



日番谷「精液の・・・津波だ!!!」



グリムジョー「なん・・・だと・・・?」



雛森「どうして精液の津波が!?」



銀城「わからん」



恋次「わからねえ!!」



剣八「ひゃっはああああああああああああああああああああああああ」



恋次「げっ・・・更木隊長が津波とぶつかってるぜ」



グリムジョー「先に行ったと思ったのに」



剣八「邪魔だああああああああああああああああああああああああああ」






88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:39:21.38 ID:l16FmOQD0


恋次「あれだけ居たのに・・・」



グリムジョー「これだけだぜ」



銀城「・・・」



日番谷「精液って凍るぜ」



雛森「見ればわかるよ!ふざけないで!!」



日番谷「お、おう」



銀城「俺は死神が大っ嫌いだ・・・でも」



恋次「・・・」



銀城「共に行動してお前たちの事は何となく好きになった・・・」



グリムジョー「俺も破面だけど好きだぜ。好みのタイプだし」



雛森「・・・ホモなのかなグリムジョーさん」



恋次「マジか・・・」






89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:46:44.55 ID:l16FmOQD0


恋次「また精液の雨だぜ!」



日番谷「凍らせればいいんだよ!」



雛森「ダメ!」



日番谷「もう遅い」



グリムジョー「・・・氷の塊だ」



銀城「より強力になったじゃねえか!!」



日番谷「ぎゃっ」



雛森「シロちゃん」



グリムジョー「あいつはダメだ」



日番谷「ぎゃっ」



雛森「シロちゃんが・・・シロちゃんが・・・」



銀城「あいつなら大丈夫だ」



日番谷「ぎゃっ」



雛森「シロちゃん!シロちゃん!シロちゃん!」






92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 00:59:23.29 ID:l16FmOQD0


雛森「シロちゃんが死んじゃったあああああああああああああああ」



恋次「ヤバい発狂状態だ!!」



グリムジョー「どうすんだよ!」



銀城「おい!」



恋次「銀城!前髪下ろして眼鏡つけろ!」



銀城「お、おう」



グリムジョー「俺は?」



恋次「お前はそのまんまだ!雛森!」



雛森「どうしたの・・・阿散井くん・・・死んじゃったんだよ・・・」



恋次「見てみろ。居るだろ目つきの悪い日番谷隊長が」



グリムジョー「・・・」



恋次「あっちは藍染だぜ!」



銀城「・・・」



雛森「シロちゃん・・・藍染隊長・・・?」



恋次「な?」






93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:15:47.28 ID:l16FmOQD0


恋次「・・・」



雛森「全然似てないよね?」



恋次「はい・・・」



雛森「グリムジョーさんは若干似てるけど」



グリムジョー「似てるってよ」



雛森「あの不細工と藍染隊長はどうなの?」



銀城「不細工・・・」



雛森「ねえ!答えてよ阿散井くん!!」



恋次「それはだな・・・」



雛森「言い訳・・・しないでよ」



銀城「不細工ってお前!」



雛森「ちょっと黙れ」



銀城「・・・」



恋次「お前が落ち込んでるから」



雛森「やっていい事と悪い事があるんだよ」






95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:21:43.88 ID:l16FmOQD0


恋次「すまねえ!」



雛森「もういいよ。行きましょうグリムジョーさん」



グリムジョー「は、はい」



恋次「待てよ」



雛森「うざいから付いてこないでね」



恋次「・・・」



銀城「・・・」



恋次「ここに来て仲違いか・・・」



銀城「阿散井・・・」



恋次「あいつルキアみたいに単純じゃねえから」



銀城「大人しいタイプって怒らせると怖いから・・・」



恋次「ああ・・・」






96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:26:07.52 ID:l16FmOQD0


雛森「もうすぐ総隊長のところですよ」



グリムジョー「ねえ雛森さん」



雛森「はい?」



グリムジョー「いいんすか本当に」



雛森「・・・」



グリムジョー「あいつ・・・そんなに悪い奴じゃねえっすよ」



雛森「はい」



グリムジョー「俺や黒崎や阿散井みたいなタイプってどうにも不器用っすからね」



雛森「わかってますよ」



グリムジョー「どうやって他人を慰めていいのかわからねえんすよ!」



雛森「・・・」



グリムジョー「すんませんね。何か」



雛森「いいんですよ。ほらここです」



グリムジョー「ここか・・・」






101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:31:00.68 ID:l16FmOQD0


恋次「・・・」



銀城「元気出せよ阿散井よ」



恋次「あんなに怒られたの初めてなんだよ!」



銀城「・・・俺は友達も居ないし親も居ない」



恋次「だから何だよ」



銀城「死神でも破面でも滅却師でもない。中途半端な男だ」



恋次「・・・」



銀城「あんな風に真剣に怒ってくれる奴が居て羨ましいぜ阿散井」



恋次「そんなもんかよ・・・」



銀城「そうだぜ」



恋次「・・・」



銀城「雛森やグリムジョーだけじゃ総隊長には勝てないだろ。急ぐぜ」



恋次「おう」






103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:42:24.18 ID:l16FmOQD0


山本「お主らではわしのチンポに触れる事すらできんぞ」



グリムジョー「強いな爺さん・・・」



雛森「どう近づきます・・・?」



グリムジョー「ねえっすよ・・・そんなの」



雛森「無い・・・?」



グリムジョー「でも・・・雛森さんを逃がす事はできる!」



雛森「あっ・・・」



グリムジョー「・・・死神ならこっから落ちても死なねえよな」



山本「うむ」



グリムジョー「安心したぜ!!」



山本「ここで死ぬ気か」



グリムジョー「ただじゃ死なねえ!俺が死んでも阿散井が銀城が居る!」



山本「・・・」



グリムジョー「俺が第6十刃グリムジョー・ジャガージャックだ!!!」






105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/04(水) 01:46:08.33 ID:l16FmOQD0


恋次「おっと・・・」



雛森「・・・」



銀城「雛森が落ちてきた」



雛森「グリムジョーさんがグリムジョーさんが」



恋次「グリムジョー・・・」



銀城「あいつが危ない!」



恋次「待てよ!」



雛森「阿散井くん」



恋次「さっきは悪かったな」



雛森「うん・・・」



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [13/21回(PC)]
銀城「グリムジョー!!!」



グリムジョー「銀城か・・・」



恋次「しっかりしろ」



グリムジョー「見てみろ・・・下半身丸出しだぜ・・・」



恋次「後は俺たちに任せろ」



銀城「寝てろグリムジョー」



山本「もう良いのか」



恋次「銀城。俺が突っ込んだら後ろへ回れ」



銀城「よし」



恋次「死んでも総隊長を離すな。いいな」



銀城「俺の命に代えても爺を離さねえ」



恋次「悪いな死神でもねえお前に」



銀城「俺は初代死神代行だぜ。黒崎でも同じ事をしてるはずだ」



恋次「一護ならやりそうだよな・・・行くぜ銀城!!」」








108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [14/21回(PC)]
山本「は、離さんか!!」



銀城「うるせえ!!」



恋次「離すなよ!!」



山本「やめろおおおおおおおおおおおおお」シコシコシコシコシコ



恋次「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



銀城「何て力だ!この爺さん!!」



グリムジョー「虚弾・・・」



山本「ぬうっ・・・」シコシコシコシコシコ



グリムジョー「行け阿散井!!」



銀城「ぶちかませ!!」



恋次「一護・・・ルキア・・・もうちょっとだぜ・・・」



山本「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおお」シコシコシコシコシコ



恋次「飛び散れ!尸魂界へ!!」



山本「うっ・・・」ドドビュビュビュビュ






110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [15/21回(PC)]
グリムジョー「終わった」



銀城「あっ」



恋次「どうした」



銀城「黒崎と井上・・・本当に大丈夫なのか」



恋次「総隊長を昇天させればって言ってたろ」



グリムジョー「やっぱり精液を浴びないと」



恋次「・・・どうにかなるだろ」



銀城「残りカスを集めて飲ませればいいか」



グリムジョー「・・・それでいいだろ」




111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [16/21回(PC)]
雛森「見て」



一角「阿散井!」



弓親「みんな無事か!!」



射場「大丈夫か日番谷隊長」



日番谷「すまねえ」



剣八「チッ」



グリムジョー「生きてるぜみんな」



銀城「本当だ・・・生きてたのか」



恋次「やったぜ!やったあああああああああああああああああ」




112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [17/21回(PC)]
一護「悪かったな恋次」



恋次「一護か!ちょうどいい!」



一護「な、なんだよ・・・」



銀城「どうよ調子は」



一護「一生分のオナニーをした気がするぜ」



グリムジョー「あんだけ派手にやったんじゃな」



一角「早く来いよ」



一護「何するんだよ」



雛森「記念撮影です」



一護「は?」



ルキア「更木隊長。もっとよってください」



剣八「帰りてえんだよ!早くしろよ」



一護「世話になったな・・・お前たちには」










114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [18/21回(PC)]
グリムジョー「さてと」



雛森「もう帰っちゃうんですか?これ写真です」



グリムジョー「雛森さん」



雛森「はい?」



グリムジョー「藍染から話聞いた事あるんすよ」



日番谷「おい余計なこと言うな」



グリムジョー「雛森さんのこと褒めてたっすよ。あいつ」



雛森「えっ」



グリムジョー「あいつ他人が言うほど悪い奴じゃねえんすよ。多分」



雛森「はい!」



日番谷「極悪だろ。あいつ」



グリムジョー「アンタが見た悪い藍染は・・・錯覚じゃねえっすかね」



雛森「はい・・・」



グリムジョー「仲間が待ってるんで俺はこれで」



雛森「ありがとうございます!」




115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [19/21回(PC)]
一護「世話になったな」



射場「ええんじゃ」



一角「いい暇つぶしにはなったぜ」



弓親「そうそう」



一護「・・・剣八」



剣八「あ?」



一護「一角。何でこいつもお前たちと」



一角「さあ?祭り事だと思って来たんじゃね」



弓親「更木隊長だからね」



剣八「聞こえてんだよ。てめえら・・・」



一護「ヤバい!」



一角「逃げるぞ!」



弓親「殺されちゃうよ!」



剣八「待ちやがれ!!」




116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [20/21回(PC)]
銀城「元気だな黒崎」



恋次「あんだけシコったってのに」



ルキア「あっ!射場副隊長が斬られた!!」



恋次「銀城」



銀城「?」



恋次「お前は中途半端じゃねえぞ」



銀城「・・・」



恋次「立派な男で人間だよお前は」



ルキア「何の話をしてるのだ?」



銀城「おい黒崎!帰るぞ!!」



一護「なら剣八を止めろよ!」



剣八「一護おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



銀城「・・・頑張れ黒崎」




117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:l16FmOQD0 [21/21回(PC)]
石原「黒崎!銀城!」



織姫「どうしたの黒崎くん?」



一護「剣八に死ぬほど追っかけまわされた・・・」



石原「この写真・・・」



銀城「撮ったんだぜ」



石原「どう見てもチンピラ集団じゃないか!誰だって道避けるぞ!!」



銀城「いいだろ。別に」



一護「銀城。お前さ」



銀城「何だよ黒崎」



一護「仕事は?」



銀城「無職だよ!」



一護「こんな大人にはなりたくねえ・・・」



銀城「うるさいな・・・こいつは」



一護「ハハハ」










118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:8HRbvDTS0 [3/3回(PC)] マジキチ乙
関連記事
スポンサーサイト