FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー「よろしく、ハーマミオニー」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 21:58:13.50 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「いいえ。私の名前はハーマイオニーよ」

ハリー「ハーミ…オネイ?」

ハーマイオニー「ハー、マイ、オニー!」

ハリー「ハーミーって呼んでいい?」

ハーマイオニー「もう!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:01:42.97 ID:pdX7jnTv0

ハリー「ハーミー、一体何を怒ってるんだい?」

ロン「さあ? でも君、ハーミーの機嫌を損ねちゃったみたいだぜ。すっかりオカンムリだ」

ハリー「なんだかわからないけど、ごめん。ハーミー」

ハーマイオニー「ハー、マイ、オニー!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:13:58.22 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「なんど言ったらわかるの? 私の名前はハーマイオニー。ハーミーでもハァム、ミィ、オォンでもないの」

ロン「ハーミーでいいだろ?」

ハリー「悪いけど君の名前、難しすぎるんだ」

ハーマイオニー「せめて努力をして!」

ハリー「ハーム…oh……なんだっけ?」

ロン「ハリー、ほら。思いだせよ、これだ」 ビューン ヒョイ

ハリー「ああ、そうか。ハーム…アイ…オネィ!」 ビューン ヒョイ

ロン、ハリー「wwwwwwwwwwwwwwwww」

ハーマイオニー「……っ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:19:50.87 ID:pdX7jnTv0

ハリー「あれ? ハーミー?」

ロン「どうせまた女子トイレだろ」

ハリー「あー…もしかして……泣かせちゃったかな?」

ロン「モチのロンさ。きっと今頃べそべそしてるよ」

ハリー「あやまったほうがいいかな?」

ロン「そうだな。まあ、ちょっと……やりすぎた?」

ハリー「かもね」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:25:00.42 ID:pdX7jnTv0

ハリー「しかしハーマイオニーもハーマイオニーだよね」

ロン「ああ。からかってくださいって顔に書いてあるようなもんだ」

ハリー「それ、いえてる」

ロン「でもそれがハーマイオニーのいいとこさ」

ハリー「さもなきゃただのガリ勉」

ロン「ハリー」

ハリー「ごめん。言い過ぎた」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:30:53.37 ID:pdX7jnTv0

ロン「もうトイレも近いんだから気を付けろよな」

ハリー「聞かれたら一環の終わり」

ロン「ああ。きっと二度と口きいてもらえないな」

ハリー「お、ここかな?」

ロン「たぶんね」

ハリー「さもなきゃマートルが引越ししたか」

ロン「それかジニーか」

ハリー「どれにしてもからかいがいがあるよ」

ロン「君、ほんと性格わるいよな」

ハリー「お互い様さ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:36:02.78 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「くすん……くすん……」

ハリー「おーい! ハーミー!」

ロン「ごめーん! 僕達が悪かった!」

ハーマイオニー「……なによ…」

ハリー「悪気はなかったんだよ。本当に」

ロン「でも、わかるだろ? 君の名前、とってもむずかしい」

ハリー「ハーミー、努力するから。さっきはほら……ほんの…」

ロン「お遊び」

ハリー「そう! お遊びだったんだから」

ハーマイオニー「……だからって、あんなの……ひどい……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:38:07.88 ID:pdX7jnTv0

ロン「……ハリー」 ボソっ

ハリー「なに?」 ボソっ

ロン「すっごくめんどくさい」 ボソボソ

ハリー「…同感」

ハーマイオニー「……くすん……くすん……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:44:33.07 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「……くすん……くすん……」

ロン「……帰っていいかな?」 ボソボソ

ハリー「……ハーミー! 出てきてくれよ!」

ロン「…いま、悩んだだろ」 ぼそっ

ハリー「うるさい…ロンも説得しろよ……!」 ボソボソ

ハーマイオニー「……二人とも…何話してるの?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:51:08.12 ID:pdX7jnTv0

ハリー「あぁ…あの、ハーミーの名前をね…」 ちらっ

ロン「どうやったらうまく言えるかなって二人でさ…」 ちらっ

ハーマイオニー「……反省してる?」

ハリー「本当に悪かったよ」

ロン「ごめん」

ハーマイオニー「……じゃあ、ちょっと出てって…ひどい顔してるから……」

ロン「…また猫かな?」 ボソボソ

ハリー「…猫耳だけなら大歓迎さ」 ボソボソ

ロン「それ、いえてる」 ぼそぼそ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 22:55:13.09 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「…くすん……まだいるの……?」

ハリー「ああ、ごめん。いま出てくから」

ロン「僕たち、談話室で待ってるよ」

マルフォイ「おい、ポッター! ウィーズリー! そこでなにしてる? 女子トイレだぞ?!」

ロン「げっ」

ハリー「やばい」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:02:55.35 ID:pdX7jnTv0

マルフォイ「また覗きか?! ボクも混ぜろよ!」

ロン「……あっちゃー」

ハリー「……どうする?」

ロン「どうするもこうするも……」

ハーマイオニー「……ちょっと、どういうことかしら?」 ギィ

マルフォイ「やるときは誘えって……あ…」

ハリー「マルフォイ……」

ロン「君、最悪だ」

ハーマイオニー「…マクゴナガル先生に言いつけます。それなりの処分を覚悟しておいて頂戴。じゃあね」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:06:02.93 ID:pdX7jnTv0

ハリー「……」

ロン「……あーあ」

マルフォイ「……ごめん」

ハリー「…追いかける?」

ロン「無理だろ」

マルフォイ「よりにもよってハーマイオニーだからな…」

三人「「「はぁ……」」」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:07:46.55 ID:YRjCEb2S0

妙に面白いから困るw



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:10:08.28 ID:pdX7jnTv0

ハリー「……でも、泣き顔で罵られたのは正直……クるね」

マルフォイ「ああ」

ロン「あの軽蔑しきった目……ゾクゾクした」

マルフォイ「涙舐めとりたい」

ハリー「変態」

ロン「……ごめん。僕も」

ハリー「実を言うと僕もだ」

マルフォイ「ハハッ…」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:17:48.04 ID:pdX7jnTv0

ロン「……あと、ひっぱたかれたい」

マルフォイ「追っかけてみろよ。きっといいのをもらえるぜ」

ハリー「ばか。睨まれるだけで放置されたほうがいいだろ」

ロン「うーん…」

マルフォイ「……たしかに」

ハリー「で、ネコミミ」

ロン「ごめん」

マルフォイ「素のハーマイオニーだからいいんだろ」

ハリー「そっか……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:22:12.78 ID:pdX7jnTv0

ハリー「…現実逃避はこのくらいにしよう」

ロン「……これからどうする?」

マルフォイ「僕はスネイプ先生になんとか…」

ロン「僕らも口聞いてもらえるかな?」

ハリー「……」

マルフォイ「ポッター」

ロン「別に犬耳だって猫耳だっていいだろ?」

ハリー「……よくない」

ロン「下手したらこれ、杖折られるぜ?」

ハリー「…あいつに頼るくらいなら折られたほうがマシだ」

マルフォイ「まったく…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:29:11.50 ID:pdX7jnTv0

ハリー「…よし、追いかけよう」

ロン「追いかけてどうするんだよ」

マルフォイ「説得か? ムリムリ」

ハリー「とっておきを使う」

ロン「……あー」

マルフォイ「…また?」

ハリー「非常事態だ、仕方ない」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:37:50.59 ID:pdX7jnTv0

ロン「追いつけるかな?」 たったったっ

マルフォイ「大丈夫だろ。どうせガリ勉のドン亀の汚れた血だ」 たったったっ

ハリー「マルフォイ」 たったったっ

マルフォイ「…悪い」 たったったっ

ロン「早く直せよな」 たったったっ

ハリー「まあでもある意味褒め言葉だよな」 たったったっ

ロン「純血に可愛い子いないしな」 たったったっ

マルフォイ「ジニーは?」 たったったっ

ロン「将来アレだぜ?」 たったったっ

ハリー「黙れよ」 たったったっ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:43:21.57 ID:UbL5w0Ch0

ハリー嫁馬鹿にされて必死wwwwwww


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:43:56.14 ID:pdX7jnTv0

マルフォイ「おっ、見えた」

ロン「たしかにドン亀だ」

ハリー「おーい! ハーミー!」

ハーマイオニー「……」 すたすた

ハリー「……」

ロン「シカトされたな」

マルフォイ「完璧にキレてる」

ロン「ああ」

ハリー「……ハーミー! ちょっと待って!」

マルフォイ「頑張るな」

ロン「それがハリーさ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:47:52.49 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「……」 すたすた

ハリー「……やばい。心折れそう」

マルフォイ「お前は頑張ったよ、ポッター」

ハリー「ロン。任せた」

ロン「……ハーミー! ハーマイオニー! 待ってくれって!」

ハーマイオニー「……」 ピタッ

ハリー「流石」

マルフォイ「よくやった」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:51:59.21 ID:pdX7jnTv0

ロン「ハーマイオニー! 話を聞いてくれって!」

ハリー「いいぞ、その調子だ」 ぼそっ

マルフォイ「このまま説得できればいいな」 ぼそぼそっ

ロン「ハーマイオニー……あれは…誤解だよ。その…」

ハーマイオニー「ああ、もう…」

ロン「ハーマイオニー…」

マルフォイ「これは…」 ぼそっ

ハリー「……いや、まて」

ハーマイオニー「そういうことね。やっとわかったわ。私、なんて馬鹿だったのかしら!」

ハリー「やっぱり…」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 23:57:15.76 ID:pdX7jnTv0

ハーマイオニー「あなた達! 私をからかってたんでしょう! 名前も! マルフォイのことだって!」

ロン「げっ」

マルフォイ「あーあ」

ハリー「頭の回転だけは無駄に早いんだよな…」

ハーマイオニー「毎日毎日…毎日毎日私をバカにして! そんなに楽しかった?!」

ハリー「生きる糧だよな」 ぼそっ

ロン「空気とオンナジだ」 ぼそっ

マルフォイ「もっと…もっと罵ってくれ」 ぼそっ


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:13:36.68 ID:L6IlYbpR0

ハリー「あー……ハーマイオニー…」

ハーマイオニー「なに! また適当なこと言って誤魔化す気?! ハーミーハーミーって鳴いてればいいじゃない!」

ロン「その……つまりこれは…」

マルフォイ「いや、もうこれは無理だろ」

ハリー「だな」

ロン「……あーあ」

ハーマイオニー「…なにか言ったらどうなの!」

ハリー「…オブリビエイト! 忘れよ!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:21:00.68 ID:L6IlYbpR0

ハーマイオニー「うっ……」 くたり

ロン「……お見事」

マルフォイ「流石ポッター、『生き残った男の子』は伊達じゃないな」

ハリー「よせよ」

ロン「どこまで飛ばした?」

ハリー「僕たちと、たぶん仲のいい友人ほとんど」

マルフォイ「前と同じか」

ハリー「ああ。手はずは大丈夫か?」

ロン「モチのロンさ。ハーマイオニーは魔法薬の実験に失敗して…」

マルフォイ「…倒れてるとこを『親友の』君たちが介抱した」

ハリー「オーケー」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:25:56.02 ID:L6IlYbpR0

ロン「ロックハートも本当にいい呪文を教えてくれたよ」

ハリー「ロン。ロックハート"先生"だ」

ロン「そう…ロックハート先生」

マルフォイ「本当にいい”先生”だった…」

ハリー「マートルに手を出さなければ今でも……」

ロン「よせよ。悲しくなる」

マルフォイ「まさかゴーストには忘却呪文が聞かないなんてな」

ハリー「良い教訓になったよ」


104: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/01/07(土) 00:29:08.11 ID:EOkxpK1Ji

ひどいwwww


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:32:15.83 ID:L6IlYbpR0

ハーマイオニー「……んっ……んぅ……」

ハリー「……」

ロン「……」

マルフォイ「……」

ロン「……ハリー」 ゴクリ

ハリー「……僕たちは紳士だ」

マルフォイ「そうだ。紳士だ」

ロン「……ああ」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:39:27.80 ID:L6IlYbpR0

ハーマイオニー「……すぅ………すぅ……」

ハリー「……で、今度はどうする?」

ロン「……どうするって?」

ハリー「マルフォイだよ」

マルフォイ「…いつも通りでいいさ」

ハリー「こっち側に来てもいいんだぞ?」

ロン「ああ。一回くらいは『親友』に…」

マルフォイ「よせよ。蔑まれる方が性に合ってる」

ハリー「ハーマイオニーの食べかけとかゲットできるけど」

ロン「勉強しながら寝落ちした寝顔天使だけど」

マルフォイ「ふふっ、君たちで楽しんでおけよ」

ハリー「……まったく。どうしようもない紳士だな」

ロン「脱帽するよ」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:47:27.51 ID:L6IlYbpR0

マルフォイ「じゃあ、僕はこれで」

ハリー「ああ」

ロン「またな」

マルフォイ「あばよ」 すたすた

ハリー「……」

ロン「……」

ハリー「……カッコつけてるけど今回の騒動、あいつの失敗だよな」

ロン「4割僕らだろ」

ハリー「2割」

ロン「女子トイレの後、リカバーできたか?」

ハリー「オーケー。5割」

ロン「そんなもんかもな」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:52:35.46 ID:L6IlYbpR0

ハリー「じゃ、起こそうか」

ロン「よしきた」 ゆさゆさ

ハーマイオニー「……んっ…ぁ……ぅん……」

ロン「……ハリー」

ハリー「……耐えろ」

ロン「…ハーミー、ハーミー!」 ゆさゆさ

ハリー「ハーミー、大丈夫?」

ハーマイオニー「……ん…な……なあに?」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 00:56:34.13 ID:L6IlYbpR0

ハリー「ハーミー! やっと気がついた!」

ロン「よかった……ハーミー…」

ハーマイオニー「……あなたたち……誰?」

ハリー「……! 僕たちのことがわからないの?」

ロン「そんな…! ハーミー、うそだろ?!」

ハーマイオニー「ごめんなさい……ちょっと…頭がくらくらして…」

ハリー「……やっぱりあの薬が…」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:04:06.47 ID:L6IlYbpR0

ハーマイオニー「……薬? なんのこと……かしら?」

ロン「覚えてないのかい? 君、忘却薬つくってて…」

ハリー「爆発した」

ロン「僕たち、音を聞いて駆けつけたんだ」

ハーマイオニー「そんな……!」

ハリー「僕たちのこと、わからない?」

ロン「そんな……ハーミー…」

ハーマイオニー「忘却薬みたいな簡単な薬を失敗するなんて…!」

ロン「……ハリー。君、なんか間違えただろ」 ぼそっ

ハリー「……いっつもこんなもんだろ?」 ぼそっ


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:08:48.77 ID:HXpSAQTni

ぼそっがいちいち笑えるwwww


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:12:51.10 ID:L6IlYbpR0

ハーマイオニー「…あっ、ごめんなさい。それで、あなた達は?」

ロン「僕はロン・ウィーズリー。ハーミー、君、ほんとに覚えてないのかい?」

ハリー「僕はハリー。ハリー・ポッター。ハーミー…」

ハーマイオニー「ごめんなさい……全く覚えてないわ…」

ハリー「そんな……」

ロン「…いいさ。これから思い出していこうよ。僕たち、友達だ。そうだろ?」

ハーマイオニー「ええと……そうな…の?」

ハリー「そう。僕たち三人は親友だったんだよ」

ロン「いろいろ冒険もした」

ハリー「まあ、話せば長いんだけどさ…」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:16:44.03 ID:L6IlYbpR0

ハリー「で、君がそこで火を放ってさ」

ロン「僕をたすけてくれたんだ。ハーミー、あの時はほんとにありがとう」

ハーマイオニー「え、ええ。どういたしまして」

ハリー「その後僕らはさ…、ハーミー」

ハーマイオニー「あの、ちょっといいかしら」

ハリー「なに? ハーミー」

ハーマイオニー「その、ハーミーって呼び方なんだけど…」

ロン「だって、ハーミーはハーミーだろ?」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:21:51.09 ID:L6IlYbpR0

ハーマイオニー「…ごめんなさい。前の私はわからないけど、私、ハーミーってとっても嫌な思い出があるの」

ハリー「ああ、そっか…」

ロン「そういえばそうだっけ? ごめんね」

ハーマイオニー「ええ。だから、あらためて自己紹介するわ」


ハーマイオニー「私はハーマイオニー・グレンジャー。ハーマイオニーって呼んで」

ハリー「……」 ちらっ にやっ

ロン「……」 ちらっ にやにや

ハーマイオニー「……どうしたの?」

ハリー「あ、ああ…ごめん。よろしく、ハーマミオニー」



おわり


157: 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 2012/01/07(土) 01:26:27.02 ID:Z2hJ4Pwl0

マルフォイがいい奴で笑った


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:27:31.78 ID:0BKXsKZF0

どす黒い悪だったな
無限ループ乙


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/07(土) 01:48:24.65 ID:KbnPitun0


このフォイとは仲良くしたい
いやこのクズたちと仲良くなってハーミーからかいたい


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。