FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みゆき「ええー!?わたしがガンダムEXVSに参戦!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:35:10.07 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「勝てない!勝てないだわさ!」

ウルフルン「あーん?いったいどうしたんだよ?」

アカオーニ「最近新しいゲームを買ったらしいオニ。」

ウルフルン「あーん?どんなゲームだよ?」




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:35:56.17 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「機動戦士ガンダムエクストリームバーサスだわさ!」

ウルフルン「あぁ!?なんだそりゃ?」

マジョリーナ「ガンダムで戦うゲームだわさ!」

ウルフルン「ガンダムぅ?」

ウルフルン「おい!アカオーニ、知ってるか?」

アカオーニ「知らないオニ。」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:37:52.10 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「まあお前らは知らくていいだわさ。」

ウルフルン「チッ!んだよ!」

アカオーニ「俺もやりたいオニ!」ガシ

マジョリーナ「駄目だわさ!お前じゃ絶対勝てないだわさ!」バッ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:38:43.91 ID:3ERxdZtF0

アカオーニ「お、オニ…」シュン

ウルフルン「でもよ、さっきから負けてばっかりじゃねえか。」ニヤニヤ

マジョリーナ「少尉から中尉に上がれないだわさ…」

ウルフルン「それならよう、もっと強い機体を作っちまえばいいじゃねえか。」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:39:24.47 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「作る?どうやってそんなことするだわさ?」

ウルフルン「ロボニナ~ルを使えばいいじゃねえか。」

マジョリーナ「でもその機体をどうやってゲームの中に入れるだわさ?」

アカオーニ「ゲームニスイコマレ~ルを使えばいいオニ。」

マジョリーナ「…お前ら」

マジョリーナ「天才だわさ!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:43:08.91 ID:3ERxdZtF0

ウルフルン「チッ!自分で作った発明品ぐらい覚えてろよ!」

アカオーニ「まったくその通りオニ!」

マジョリーナ「そうと決まればさっそく…」

マジョリーナ「壊れたロボニナ~ルを修理するだわさ!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:45:40.55 ID:3ERxdZtF0

数時間後

マジョリーナ「よし!できただわさ!」

ウルフルン「ウルッフッフ!俺たちも準備できてるぜ!」

アカオーニ「オニ!!」

マジョリーナ「はぁ?何言ってんだわさ?」

マジョリーナ「プリキュアに頼むだわさ!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:47:22.50 ID:3ERxdZtF0

ウルフルン「なんだと!?」

アカオーニ「おかしいオニ!」

マジョリーナ「お前らはプリキュアに負けただわさ。」

ウルフルン「チッ!勝手にしやがれ!」

アカオーニ「オニ…」

マジョリーナ「それじゃ人間界に行ってくるだわさ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:50:49.92 ID:3ERxdZtF0

人間界

みゆき「やっぱりタケルがあきらめそうになった時にロボッターがタケルを励ますのがいいよね!」

やよい「うん、うん!そこからの『ウルトラロボッターパンチ!』はお約束だけどかっこいいのなんの…」

キャンディ「ロボッターかっこいいクル~」

あかね「…みゆきとやよい最近ロボッターの話しかせんな。」ジトー

なお「…なんか面白くないね。」ジトー

れいか「うふふ…微笑ましくていいじゃないですか。」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:53:11.93 ID:3ERxdZtF0

やよい「そうだ!みゆきちゃん!」

やよい「この後わたしの家でロボッターの劇場版みない!?」

みゆき「ええー!?すっごく見たい!!」

やよい「じゃあ今日もロボッター鑑賞会だー!」

みゆき「ウルトラハッピー!!」

キャンディ「キャンディも行くクル~!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:55:41.42 ID:3ERxdZtF0

あかね「…おもんないな。」ジトー

なお「…すこぶる面白くないね。」ジトー

れいか「まあまあお二人とも…」

マジョリーナ「見つけただわさ!プリキュア!」

5人「マジョリーナ!!?」

あかね「なんや!?やる気か!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:56:27.33 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「違うだわさ!!」

マジョリーナ「今日はお前らにお願いがあってきただわさ!」

なお「お願い…??」

マジョリーナ「ガンダムエクストリームバーサスにハッピーロボで参戦してほしいだわさ!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 20:58:33.48 ID:3ERxdZtF0

なお「ガンダム?」

れいか「エクストリーム?」

あかね「バーサス?」

みゆき「なにそれ?」

やよい「エクバ…」ゾクゾク


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:00:36.84 ID:3ERxdZtF0

やよい「まさかみんな知らないの!?」

やよい「原点である『機動戦士ガンダム』から最新作の『機動戦士ガンダムUC』までの
    モビルスーツを自分が操作して戦うアクションゲームだよ!!」

あかね「なにいっとんねん。」

なお「ぜんぜんわかんない。」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:01:41.44 ID:3ERxdZtF0

みゆき「なんだかわかんないけど…」

みゆき「くぁっこぃいい!!」キラキラ

キャンディ「クル~!」

あかね「ま、マジかいな…」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:04:01.29 ID:3ERxdZtF0

なお「みゆきちゃんってばすぐにつられて…」

れいか「ガンダム…なかなか興味深いですね…」

なお「れ、れいかまで…」

やよい「やろう!みゆきちゃん!」

やよい「ハッピーロボでガンダムの世界に!!」

みゆき「よぉーし!がんばるぞ~!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:06:02.43 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「決まりだわさ!」

マジョリーナ「じゃあさっそくバットエンド王国まで行くだわさ。」

やよい「がんばろうね!みゆきちゃん!」ガシ

みゆき「うん!!」

れいか「私も御一緒してもよろしいでしょうか?」

やよい「当たり前だよ!れいかちゃんがいてくれたほうが心強いもん!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:07:11.64 ID:3ERxdZtF0

なお「れいかが行くならあたしも…」

あかね「じゃあウチも…」

マジョリーナ「さあ!出発だわさ!」

マジョリーナ(ひひひ…階級上げにたっぷり貢献してもらうだわさ!)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:10:01.05 ID:3ERxdZtF0

その頃

シャア「よし。これで三連勝だ。」

シャア「ガンダムEXVS…どれ程のものかと思ったが…」

シャア「フッ、所詮はこの程度か。」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:12:19.10 ID:3ERxdZtF0

アムロ「調子はどうだ?」

シャア「その声アムロか!」

シャア「言うより見た方がはやいだろう。」

アムロ「すごいじゃないか!もう少尉になったのか!」

アムロ「さすがに赤い彗星と呼ばれていただけはある!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:16:53.37 ID:3ERxdZtF0

シャア「私は幾多の戦場を潜り抜けてきた。ゲームなど造作でもないさ。」

シャア「しかもあと一回勝てば私は中尉だ!」

アムロ「おっ。対戦が始まるぞ。」

チャラチャラ♪(ゲーム音)

アムロ「ゲルググで出るのか?」

シャア「アシストでララァに会えるからな。」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:18:50.03 ID:3ERxdZtF0

アムロ「味方の機体はサザビーか。」

シャア「なるほど。いいセンスをしている。」

アムロ「敵の機体は…?」

アムロ「ハッピーロボ…?」

アムロ「見たこともないモビルスーツだ!」

シャア「ほぉ…最新のDLCか?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:20:48.30 ID:3ERxdZtF0

サニー(なんやノリで最初のパイロットに名乗りでたけど…)

ピース「相手の機体は…」

ピース「ゲルググとサザビーだ!!」キラキラ

サニー「な、なんて!?」

ピース「両方とも伝説のパイロットとして名高いシャア・アズナブルの機体なんだよ!!」フンフン

サニー「いや…誰やねん!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:23:42.03 ID:3ERxdZtF0

サニー「ちゅーかなんで2対1やねん!」

ビューティ「おそらくマジョリーナの道具で無理矢理ゲームの世界に入っているからでしょう。」

マーチ「だ、大丈夫かな?」

ピース「大丈夫!!ハッピーロボは無敵なんだから!2対1でちょうどいいくらいだよ!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:27:18.65 ID:3ERxdZtF0

シャア「ええい!いくらググってもモビルスーツのデータが出てこんぞ!」

STNDBY!

GO!!

アムロ「始まったぞ!シャア!」

シャア「仕方がない…」

シャア「まずは敵の出方を見るとしよう…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:29:35.59 ID:3ERxdZtF0

ハッピーロボ「はわわわわ!」ガシャン!ガシャン!ドテーン!

シャア「な、なんだ!?」

アムロ「今までにない動きだ!」

アムロ「うかつに近づくのは危険だぞ!」

シャア「わかっているさ!」

アムロ「ああ!サザビーが突っ込んだぞ!」

シャア「なに!?なんと愚かな!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:32:10.18 ID:3ERxdZtF0

ハッピーロボ「いたぁーい…」

サニー「やっぱりうまく動かんな…」

ピース「サニー!サザビーが来るよ!」

ピース「格闘で迎え撃てぇ!!」

サニー「ええと…このボタンか?」ポチ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:35:13.44 ID:3ERxdZtF0

ハッピーロボ「うわ!手が勝手に!」ボコ!

チュドーン!!

サニー「クリーンヒットや!」

ピース「すごい!サザビーが落ちた!」

ビューティ「さすがサニーです。」

マーチ「一撃で倒しちゃった…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:37:38.64 ID:3ERxdZtF0

アムロ「サザビーが一撃で落ちたぞ!」

シャア「ええい!奴は化物か!?」

アムロ「シャア来たぞ!」

シャア「くっ!はやい!」

アムロ「なんてブースト量だ…!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:41:31.28 ID:3ERxdZtF0

サニー「ガンガン攻めるで!」

ハッピーロボ「ごめんなさい!」ボコ!

チュドーン!

ピース「すごい!ゲルググも一撃で!」

マーチ「これって筋が通って無いような…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:47:12.58 ID:3ERxdZtF0

サニー「じゃあマーチはウチがやられてもいいって言うんか!?」

サニー「これは戦争なんやで!」

ピース「サニー落ち着いて!今は戦いの途中だよ!」ガシッ

サニー「おおう…ウチとしたことが戦いの中で戦いを忘れるとこやった…」

マーチ「サニーがおかしくなってる…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:48:26.90 ID:3ERxdZtF0

シャア「この私が一撃で…」

シャア「いったいなんだというのだ…」

アムロ「なんて攻撃力なんだ…」

チュドーン!

アムロ「サザビーが落ちたな…」

シャア「くそ!あいつは何者なのだ!?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:50:23.71 ID:3ERxdZtF0

バットエンド王国のテレビの前

マジョリーナ「完勝だわさ!」

キャンディ「ハッピーロボかっこいいクル~!」

ウルフルン「チッ!なんでこいつまでいるんだよ!」

マジョリーナ「細かいことは気にするなだわさ。」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:52:33.13 ID:3ERxdZtF0

アムロ「シャア、お前の家にもう一台PS3はないのか?」

シャア「なぜだ?」

アムロ「やつにプレイヤーマッチをしかけるぞ!」

シャア「復讐というわけか。」

シャア「たしかもう一台アルテイシアの部屋にあるが…」

アムロ「セイラさんの部屋に…?」

アムロ「シャア、お前兄妹で別々のPS3を使っているのか?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:55:02.34 ID:3ERxdZtF0

アムロ「一緒に使えば一台ですむだろうに…」

シャア「最近アルテイシアのやつが私に近寄ろうとせんのだ。」

シャア「フハハハ!これがお兄ちゃん離れというやつか!」

アムロ(現実から目を背けて…可哀想なやつ…)

アムロ「…とりあえずエクバもってくるから待っといてくれ。」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 21:58:44.38 ID:3ERxdZtF0

マジョリーナ「知らないIDからメッセージが来ただわさ!」

マジョリーナ「これは対戦の申し込みだわさ!」

ウルフルン「いいじゃねぇか。返り討ちにしてやれよ。」

アカオーニ「まあハッピーロボに勝てるわけないオニ。」

キャンディ「クル~ハッピーロボは無敵クル~」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:04:38.74 ID:3ERxdZtF0

シャア「よし。対戦が受け入れられたようだな。」

シャア「さっそく奴を叩くぞ!アムロ!」

アムロ「待ってくれシャア!」

アムロ「同じ過ちを繰り返さないためにも作戦を考えた!」

シャア「ほぉ…聞かせてくれ。」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:06:07.17 ID:3ERxdZtF0

アムロ「おそらくあの機体には遠距離攻撃の手段がない。」

アムロ「つまりニューガンダムとサザビーでファンネルで攻めれば…」

シャア「なるほど近づかなければどうと言うことはないということか。」

アムロ「ああ。さあ対戦を始めるぞ。」

シャア「それでは私はアルテイシアの部屋に行くとしよう。」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:07:56.27 ID:3ERxdZtF0

ピース「次はマーチがパイロットの番だよ!」

マーチ「ええ!?あ、あたしはいいや…」

サニー「なんでや?もったいないで!あんたも重力感じな!」

ビューティ「そうよマーチ。ハッピーロボはとんでもない兵器。戦争のし甲斐があるわ。」

マーチ「みんながおかしくなってる…」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:16:38.65 ID:3ERxdZtF0

シャア「これがアルテイシアの枕か…」クンクン

シャア「くっ!なかなかやる…!」

シャア「こっちは…下着だと!?」

シャア「黒いパンティ…」

シャア「ハッキリ言う、気に入らんな!」

STNDBY!

GO!!

アムロ「どうしたんだシャア!?なぜ動かない!?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:18:18.27 ID:3ERxdZtF0

ピース「マーチが乗らないなら私が乗ろう♪」

サニー「あ、ズルいで!ピース!」

ビューティ「そうです。順番は公平に決めなくては!」

STNDBY!

GO!!

ビューティ「ああ…始まってしまいましたか…」ガク


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:23:28.79 ID:3ERxdZtF0

アムロ「おーい!シャア!何をやっているんだ!?」

シャア「す、すまんな、少しコントローラーの調子が…」

シャア(チィ!アムロめ!私のお楽しみタイムを…)

シャア「もう大丈夫だ。」

アムロ「そうか、なら作戦通りファンネルで攻めるぞ!」

シャア「わかっている!」

ピュン!ピュン!

ハッピーロボ「うわわ!なにこれぇー!?」

ピース「っ!ファンネルか!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:25:26.69 ID:3ERxdZtF0

ピュン!ピュン!

ハッピーロボ「きゃあああ!!ピース何とかしてぇー!」

ピース「このままだと落ちちゃう…」

チュドーン!

ハッピーロボ「はっぷっぷー!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:27:07.31 ID:3ERxdZtF0

アムロ「よし!撃墜したぞ!」

シャア「どうやら奴の機体のコストは3000のようだな…」

アムロ「つまりあと一回落とせば…」

シャア「勝てる!!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:29:46.57 ID:3ERxdZtF0

ピース「ビューティ…わたしの屍をこえt…」ガクッ

サニー「死ぬな!ピース!生きることが戦いなんやで!」チラッ

マーチ「あたしはもう突っ込まないよ。」

ビューティ「パイロット交代ですね。」

ビューティ「さぁ!始めましょうか!ガンダム同士によるとんでもない戦争を!!」

マーチ(ハッピーロボはガンダムじゃないじゃん…)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:32:50.51 ID:3ERxdZtF0

アムロ「もう一度ファンネルで攻めるぞ!」

シャア「行けファンネル!」

ハッピーロボ「せい!ふ!」

アムロ「なに…全部よけられただと!?」

シャア「さっきとはまったく違う動きだ…」

キュピーン!

アムロ「この感じ…!」

シャア「敵もニュータイプか!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:34:36.94 ID:3ERxdZtF0

ビューティ「ファンネルが厄介ですね…」

ビューティ「ハッピーロボ私に力を貸して下さい!!」

ハッピーロボ「いいよ、ビューティ!」

ハッピーロボ「気合だ!気合だ!気合だぁぁぁぁあ!」

アムロ「なに!?」

シャア「ファンネルが奴のもとに集まっている…」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:35:56.89 ID:3ERxdZtF0

アムロ「これは…まさか…NTD?」

シャア「奴はNTDまで使えるというのか!?」

ビューティ「行け!ファンネル達!」

アムロ、シャア「ぐぁぁぁぁあ!」

チュドーン!チュドーン!


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:37:16.01 ID:3ERxdZtF0

アムロ「いっきに2落ちしてしまったか…」

シャア「もう落ちることはできないぞ!」

アムロ「大丈夫だ、奴は遠距離攻撃の手段がない!近づかなければ…」

ビューティ「このハッピーロボに遠距離攻撃の手段がないとでも?」

ビューティ「うふふ…覚醒ゲージがたまりましたね。」ニヤッ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:38:25.02 ID:3ERxdZtF0

ビューティ「行きますよ!」

キュピーン!

ビューティ「ウルトラハッピーパンチ!」

ハッピーロボ「はわわ!腕が!」ゴォォォ!


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:39:49.77 ID:3ERxdZtF0

アムロ「う、腕が飛んできただと!?」

チュドーン!

アムロ「負けた…」

シャア「私とアムロでも敵わないなど…」

シャア「直接会ってみたいものだな…」

アムロ「きっと熟練のパイロットなんだろうな。」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:40:34.84 ID:3ERxdZtF0

ビューティ「勝てましたね。」

ピース「ありがとうビューティ!わたしもビューティみたいな操縦がしたい!」

サニー「ウチなんかやる気出てきたでぇぇ!」

ハッピーロボ「私もやる気出てきたぁぁぁ!」

マーチ「…」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:43:03.07 ID:3ERxdZtF0

ビューティ「なんだか私も体を通して力が出てきました!」

ビューティ「さあ行きましょう皆さん!エデンをこの手に!」

サニー「ウチにも『時』が見える…」

ピース「見えた水の一滴!!」

マーチ「あははは…もうついてけないや…」

おしまい




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。