FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

JUM「翠星石、フルーツポンチを逆から読んでみ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:21:55.77 ID:2jzawHAmQ

翠星石「え?なんですか急に…ええっと…ちんp…っ!!」

JUM「んん~?どうした翠星石ぃ?」ニヤニヤ

翠星石「な、ななな、なんてことを言わすですかチビ人間!!」

JUM「hahaha!」ピュー

翠星石「あ、こら!待ちやがれです!このへっぽこぽこのすけー!!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:26:10.05 ID:2jzawHAmQ

JUM「なあ真紅、フルーツポンチを逆から読んでみ?」


真紅「?ちんぽつーるふ…なのだわ」


JUM「もっかい!もっかい読んで!」


真紅「なんなのだわ?ちんぽつーる…!!」


JUM「ニヤニヤ」


真紅「じ、JUM!あなた、誇り高いローゼンメイデンになんてこと言わせるのだわ!」


JUM「hahaha」ピュー!


真紅「待ちなさいJUM!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:28:30.75 ID:2jzawHAmQ

JUM「雛苺、フルーツポンチを逆から読んでみ?」

雛苺「うゆ?ぽんちつるーふ…なの?」

JUM「あ、いや、うん、間違ってる」

雛苺「ええと…ええと…ちつるぽーんふ…なのー!」

JUM「さらにひどくなったぞ…」

雛苺「えー…じゃあ正解はなんなの?」

JUM「えっ?ええっ?」

雛苺「うゆ?どうしたの
JUM?」

JUM「い、いややっぱりなんでもない!じゃあな雛苺!」ピュー!


雛苺「クスッ…あなたもまだまだなの、JUM」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:30:49.90 ID:2jzawHAmQ

JUM「蒼星石、フルーツポンチを逆から読んでみ?」

蒼星石「…JUM君、調子に乗らないで。
僕にそんなことしても無意味だよ」

JUM「く…やはりこいつには効かなかったか…」

蒼星石「それに僕に言わせるなら、“自主規制”とか“自主規制”とかじゃないとね。
ちんぽなんて、僕にとってはひとつも恥ずかしくないよ」

JUM「な…」

蒼星石「じゃあね、JUM君」

JUM「………」




JUM「hahaha」ショボーン


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:32:35.61 ID:2jzawHAmQ

JUM「水銀燈、フルーツポンチを逆から読んでみ?」

水銀燈「急になんなのぉ?ちんぽ…つーるふ?」

JUM「ニヤニヤ」

水銀燈「で、それがどうしたのよぉ?」

JUM「お前、今ちんぽって言ったろ」ニヤニヤ

水銀燈「ちんぽってなによぉ?」

JUM「!!なん…だ…と?」

水銀燈「え?あ!し、知ってるわよ!?あれでしょ?今若い子達に人気の、ほらぁ…」

JUM「ha…haha」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:34:34.27 ID:2jzawHAmQ

JUM「柏葉、フルーツポンチを逆から読んでみ?」

巴「…あ?」

JUM「いやだからフルーツ…」

巴「あ?」

JUM「えっと、その」

巴「その股間のくせえモノぶっ潰されたくなかったらちょっと黙ってくれない?」ニコッ



JUM「hahaha」ジョロロロ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:38:05.17 ID:2jzawHAmQ

JUM「姉ちゃん、フルーツポンチを逆から読んでみ?」

のり「え?ちんぽがどうかしたの?」

JUM「 」

のり「痛いの!?まさかやっと皮が剥け…いえ、JUM君に限ってそれはないものね…」

JUM「いや、あの」

のり「とにかく、JUM君のちんぽはひとつしかないんだから、大事にしないとね。
といっても、一生使うことはないだろうけど。
それじゃあね」

JUM「…………」




JUM「hahaha」シクシク


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:39:29.15 ID:2jzawHAmQ

おばば「…………」

JUM「…………」




JUM「hahaha」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:41:52.93 ID:2jzawHAmQ

in桜田家
真紅「まったく、JUMったらなんてことをしてくれるのだわ!」

翠星石「まったくですぅ」

水銀燈「………」

雛苺「水銀燈、どうしたの?」

真紅「その子ならちんゴニョゴニョの正体を知ってジャンクになってしまったのだわ」

雛苺「水銀燈ったらピュアなのー」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:44:00.26 ID:2jzawHAmQ

蒼星石「ほんとにね、ちんぽなんて僕の前ではこれっぽっちの障害にもならないのに」

翠星石「我が妹ながら、こいつの変態性にはついていけんですぅ…」

蒼星石「ありがとう翠星石」

雛苺「誰も褒めてないのー」

蒼星石「hahaha」ビクンビクン


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:45:43.71 ID:2jzawHAmQ

真紅「でももう一人の変態も早くなんとかしないといけないのだわ」

蒼星石「えー…僕はあのままでもいいと思うけど。おもしろいし」

翠星石「だめなのです!あのまま放っておいたら、チビ人間からダメ人間になってしまうのです!」

雛苺「もうなってると思うのー」

一同「…………」




JUM「hahaha」クシュン


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:47:13.28 ID:2jzawHAmQ

水銀燈「でも、なんとかするって言ってもどうするのよぉ?」

真紅「あら水銀燈、元に戻ったのだわ?」

水銀燈「ヤクルト飲んだらこの通りよぉ」

雛苺「単純でうらやましいのー」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:48:55.11 ID:2jzawHAmQ

翠星石「確かに水銀燈の言う通りですぅ。何の考えもなしに突っ込んでも、同じ目にあうことは目に見えているのです」

真紅「そうね…蒼星石、あなたならいい考えが浮かぶんじゃない?」

蒼星石「そうだね…じゃあこういうのはどうかな?」ゴニョゴニョ

真翠銀「っ!!そ、それは!」

雛「おもしろそうなのー」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:50:27.36 ID:2jzawHAmQ

翌日なのだわ

JUM「うーん実に清々しい朝だ!
さあて、今日はあいつらにどんなことを言わせてやろうか…」

トテトテトテ…ガラッ

JUM「やあみんなおはよう!」

真紅「あらJUM起きたのね。早速紅茶をいれて頂戴。今日はミルクティーがいいのだわ」

JUM「あいかわらず人使いが荒いな」

真紅「あ、そうだわJUM」

JUM「ん?」

真紅「い、いくらミルクティーと言っても、その…お、おちんぽミルクをいれては駄目なのだわ!」

JUM「!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:51:27.29 ID:2jzawHAmQ

JUM「お、おい真紅、お前今なんて…」

真紅「///」

ガラッ

雛苺「あ、JUMおはようなのー」

JUM「あ、雛苺ちょうどいいところに!真紅が…!!」

雛苺「うゆ?どうしたの?」

JUM「お、お前その絵は……」

雛苺「これ?ちんぽの絵なのー!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:52:50.04 ID:2jzawHAmQ

JUM「 」

雛苺「うゆ?JUMがイっちゃってるのー」

翠星石「なんなんです?騒がしいですよ?」

JUM「はっ!!翠星石!?
大変だ!皆が!」

翠星石「まったく慌ただしいですねぇ、とりあえず、あの、い、一発抜いて落ち着きやがれですぅ!!」

JUM「 」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:53:57.92 ID:2jzawHAmQ

桜田家地下、モニター室

蒼星石「ふふっ、JUM君戸惑ってるみたいだね」

水銀燈「当たり前よぉ…こんなはしたないこと連呼するなんて…」

蒼星石「こちらが逆に変態となってJUM君を困惑させる…正に毒を持って毒を制す、だね。
さあ水銀燈、君の出番だよ、とどめを刺してくるんだ」

水銀燈「ほんとにやるのぉ?
というか、あなたもなにかしなさいよぉ」

蒼星石「やりたいのは山々だけど、それじゃいつも通りの僕じゃないか」

水銀燈「そ、そうだったわねぇ…しかたないわぁ、行ってくるわよぉ…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:55:22.41 ID:2jzawHAmQ

桜田家リビング
真紅「それにしても今日はお、おまんこがかゆいのだわ!!!」バリバリ

雛苺「人形におまんこはないのー」

翠星石「そんなことはねえです、誰しもその、こ、心におまんこを持っているものなのです!」

雛苺「翠星石うまいこと言うのー」

JUM「ha…haha」

ガラッ

水銀燈「こんにちはぁ」

JUM「す、水銀燈か!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:56:29.90 ID:2jzawHAmQ

水銀燈「どうしたのよぉそんなにまぬけな顔してぇ…」

JUM「こいつらが!こいつらが!」

真紅「JUM、黙ってて頂戴。
水銀燈、何しにきたのだわ?アリスゲーム?」

水銀燈「ちがうわぁ、今日はそこの人間にお願いがあってきたのよぉ」

JUM「ぼ、僕?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:57:34.32 ID:2jzawHAmQ

水銀燈「そうよぉ…昨日…その、ちんぽっていうもののお話をしたでしょぉ」

JUM「な…」

水銀燈「ち、ちんぽってものがなんなのか実は知らないのよぉ…それで、あなたにそれを見せてもらいたくて…」

JUM「 」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 12:59:26.54 ID:2jzawHAmQ

真紅「あらそうなの?JUM、見せてあげるのだわ」

JUM「いや!あの!」

翠星石「別に減るもんじゃないですぅ。
はやく見せるですぅ!」

雛苺「なのー」

JUM「い、い、いやだあああああああああああああああああ!!!!」ピュー!

真紅「待ちなさい!JUM!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:00:34.99 ID:2jzawHAmQ

近所の公園的なとこ
JUM「こ、ここまで来れば…」

蒼星石「どうしたんだいJUM君」

JUM「うわっ!なんだ蒼星石か…まさかお前も…」

蒼星石「僕がどうしたの?」

JUM「…お前は正常みたいだな、実は…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:02:12.70 ID:2jzawHAmQ

蒼星石「そんなことが…」

JUM「そうなんだよ…もしかして、僕が昨日あんなことをしたから…」

蒼星石「もしかしなくてもその通りだよJUM君」

JUM「!!…そうだよな…でも一体どうしたら…」

蒼星石「簡単な事だよ、彼女達に謝ればいいんだ、心の底からね」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:03:14.13 ID:2jzawHAmQ

JUM「謝る…?そんな簡単な事で…」

蒼星石「そうさ、元に戻る保証はないよ。
でも、何事もまずは謝る事が大事なんじゃないかな」

JUM「そ、そうだな!
よし!謝ってくるよ!」

蒼星石「僕もついていくよ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:04:05.30 ID:2jzawHAmQ

再びモニター室
翠星石「蒼星石、うまくやったみたいですぅ」

真紅「そのようね、私達も最後の仕上げよ、それぞれ配置につくのだわ!」

水銀燈「早く終わらせておいしいヤクルトが飲みたいわぁ」

雛苺「じゃあ、早いとこ片付けちまうのー」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:05:36.10 ID:2jzawHAmQ

桜田家

ガチャッ

JUM「ただいまー…」

真紅「あらJUM、おかえりんこなのだわ」

雛苺「おかえりんこなのー」

JUM「え…あ…」

水銀燈「なにしてるのよぉ
そこはた、ただいまんこって言うところよぉ!」

JUM「…な?」

蒼星石「なるほどね」

翠星石「あら、蒼星石も一緒なのですか?」

蒼星石「うん、まあね」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:06:21.63 ID:2jzawHAmQ

JUM「実は、お前達に話があるんだ!」

水銀燈「なに?やっと見せる気になったのぉ?」

JUM「ちがう、お前達に謝りたいんだ!
昨日は僕が悪かった!許してくれ!!」

真翠雛銀「………」

JUM「頼む!この通りだ!!」ドゲザー


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:08:11.09 ID:2jzawHAmQ

真紅「…ふぅ、もういいのだわ、JUM」

JUM「真紅…?」

翠星石「実は全部お芝居だったですぅ」

蒼星石「そう、君に昨日のことを謝らせるためにね」

雛苺「なのー」

JUM「え…?」

水銀燈「全く勘弁してほしいわぁ
もうあんなはしたないこと言いたくないわよぉ」

JUM「お前達…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:12:34.72 ID:2jzawHAmQ

真紅「でも、JUMはちゃんと謝ったのだわ。
だから、許してあげるのだわ。」

雛苺「ヒナもなのー」

翠星石「しゃーねーから翠星石も許すですぅ」

水銀燈「まあ、ヤクルト1ダースで許してあげるわぁ」

蒼星石「僕は別になんとも…」

JUM「お前達…」グスッ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:14:06.09 ID:2jzawHAmQ

真紅「さあJUM、もう泣かないで、一緒にくんくんを見るのだわ、ほらあなたたちも」

雛苺「わーい、なのー」

翠星石「翠星石特製スコーンもあるですぅ!」

蒼星石「さあ行こうJUM君!水銀燈も!」

JUM「あ…ああ!」

水銀燈「あれ…ヤクルト…」

雛苺「あきらめるのー」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:15:25.34 ID:2jzawHAmQ

その夜、桜田家モニター室
コンコン

?「…山」

?「…アナル」

ガチャッ

JUM「よお、遅かったな」

蒼星石「待たせたね、JUM君。
…例の物を」

JUM「ほら、あいつらの今日一日の音声を録音したCDだ」

蒼星石「ふふっありがとうJUM君」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:16:40.41 ID:2jzawHAmQ

JUM「ククク…あいつらも、まさかドレスにピンマイクを付けられているとは思わないだろう」

蒼星石「そうだね、このモニター室に送られてた映像もちゃんと録画したんだろうね?」

JUM「当たり前だ。
股を掻きまくる真紅のところなんか、かなりのレア映像だぞ」

蒼星石「それは楽しみだね」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:17:59.02 ID:2jzawHAmQ

JUM「しかしお前は頭がいいな。
まさかこんな簡単にあいつらに恥ずかしい単語を言わせるなんて」

蒼星石「ふふっ姉妹達は単純だからね、JUM君がおかしくなったと思えば、どんなおかしなことでも信じてやってしまう」

JUM「ちんぽって言った時のあいつらの顔…しばらくはオナネタに困らんよ」

蒼「僕に感謝してよ?JUM君…」

JUM「蒼よ…お主も悪よのう…」

蒼星石「JUM君こそ…」

J蒼「hahahahahaha」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/02/13(土) 13:20:37.49 ID:XHQG1Ztt0



関連記事
スポンサーサイト