FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリコ「行くぞ!サニー!」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 09:33:44.83 ID:jnSkGpw/0



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 09:44:07.06 ID:poLq/1uRO

二郎「まずはゼブラのレイプスキルからおさらいじゃ」

二郎「サニー君はどうレイプされたのかの?」

サニー「ヤツの声にヤられたんだ・・・」

トリコ「声?」


サニー「そう、声だ」
サニー「オレが処女じゃないとわかるやいなや」
サニー「ヤツはチンポをしまい、俺を抑えつけたんだ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 09:46:51.13 ID:poLq/1uRO

サニー「俺は何をされるか全くわかっていなかった」


サニー「次の瞬間ヤツは音だまを肛門に向けて打ちやがったんだ」

トリコ「!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 09:51:46.96 ID:poLq/1uRO

サニー「トリコ、ヤツの音弾の威力、お前なら嫌というほど知ってるハズだ」


トリコ「・・・」


サニー「どうにかなりそうだったぜ・・・」
サニー「肛門に消火器でも入れられている気分だった・・・それも一発じゃない、何発もだ・・・」
サニー「クっ・・・」

トリコ「サニー!もうしゃべるな!」
トリコ「トラウマを語らせて悪かった、無駄にはしないぜ、お前の勇気」


二郎(セカンドレイプ気持ちえぇの・・・)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 09:59:33.81 ID:poLq/1uRO

トリコ「二郎、どうすればヤツを犯せる?」

二郎「ワシならノッキングで声を封印するのぉ・・・」


トリコ「だが俺に高度なノッキング技術はねぇ・・・」


二郎「近接格闘特化のトリコ君には分が悪い相手じゃのフォッフォッフォ」


トリコ「フライングフォークやナイフならどうだ?」


二郎「消費カロリー、技の精度からして厳しいのぉ、ジリ貧じゃろて」


トリコ「俺じゃヤツを犯せないのか・・・?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:05:03.71 ID:poLq/1uRO

二郎「フォッフォッフォ」

二郎「そう悲観するでない」


トリコ「しかし二郎!!」
トリコ「ヤツを知れば知るほど俺が逆に犯されちまう気がしてきたぜ・・・!」

二郎「心配せんでも手はある」
二郎「レイプは戦略が重要なんじゃよ」


トリコ「ならその戦略を教えてくれよ!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:10:42.86 ID:poLq/1uRO

二郎「若者はせっかちじゃの・・・」

二郎「ヤツの特殊能力、声」
二郎「これはレイプ四天王中最強の能力と言っても過言じゃないじゃろ」


トリコ「・・・あぁ」

二郎「因みに特殊能力において、最弱は君かの、トリコ君」


トリコ「・・・」


二郎「フォッフォッフォ」

二郎「しかしその能力にも弱点はあるのじゃよ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:22:46.22 ID:poLq/1uRO

二郎「まず声というものの不安定さと脆さじゃ」

二郎「例えば朝起きて、すぐ歌うと声が出にくい、なんてことないかの」

トリコ「確かに」

二郎「乾燥した空間にいるとノドが乾いたり痛くなることもあるじゃろ」

トリコ「・・・」


二郎「発揮能力にムラがあるのじゃな」

二郎「そして極めつけは耐久の低さじゃ、声帯という器官をちょっと傷つけければ声は出なくなる」


トリコ「流石ファッキングマスターと呼ばれているだけはあるぜ、二郎」


二郎「フォッフォッフォ、年季の違いじゃよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:33:00.92 ID:poLq/1uRO

二郎「ヤツの弱点をについてはもうわかっとるの?」


トリコ「あぁ」

二郎「なら次に修行の説明じゃ」
二郎「今回の修行はヤツの音弾を何とかくぐり抜ける修行、そして声帯を潰す修行じゃ」

トリコ「どんな修行なんだ?」


二郎「辛い修行じゃよフォッフォッフォ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:44:35.45 ID:poLq/1uRO

トリコ「それじゃわからないぜ!具体的に教えてくれよ!」


二郎「慌てるでない」

二郎「トリコ君、ヤツの音弾に対して君ならどうたたかう?」


トリコ「どうって・・避けるだろそりゃ」


二郎「甘いの、音速の弾を避け続けるなんて不可能じゃしそんなんじゃ近付けんよ」


トリコ「ならガードで弾くだけだろ!二郎早く修行を始めてくれよ!」

二郎「半分正解ってとこかのぅ・・まぁええわい」
二郎「しかしな、トリコ君、レイプにおいて手を痛めたら相手を抑えられんじゃろ」

トリコ「ならどうしろって言うんだよ!」


二郎「タマを打ち返すのはバットじゃろて」

トリコ「!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:46:00.90 ID:MST+D0+X0

ファッキングマスター吹いたwwwww


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:47:26.43 ID:poLq/1uRO

トリコ「まさか・・・」

二郎「そう、君の股間のバットで打ち返すんじゃ」


トリコ「なん・・だと・・・」

二郎「打ち返せばヤツに攻撃もできる」
二郎「一石二鳥じゃ」

トリコ「確かに」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:52:34.19 ID:poLq/1uRO

トリコ「しかし犯す前に使いもんにならなくなるぜ、二郎」


二郎「そうじゃな」
二郎「じゃから今から君には筋トレではなくチントレをやってもらう」


トリコ「!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 10:56:44.92 ID:poLq/1uRO

トリコ「しっしかしよ、二郎っ」
トリコ「こんなもん鍛えられんのかぁ?」

二郎「できる」


二郎「フォッフォッフォ疑っとるの」

二郎「さわりだけやってみるかの」
二郎「どれ」


トリコ「!!!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:00:02.15 ID:poLq/1uRO

二郎「見えるかの?トリコ君」

トリコ「あぁ・・・」
トリコ「なんて締まったケツだ・・・」

二郎「フォッフォッフォお褒めの言葉ありがとの」

二郎「トリコ君、肛門に入れてみなさい」

トリコ「!?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:08:57.55 ID:poLq/1uRO

トリコ「い、いいのか?二郎」

二郎「気にすることはない、さあ」

トリコ「(ゴクリ)」
トリコ「い、行くぜ・・・!」

二郎(挿入できるとなったら目付きが飢えた野獣のようになったの・・・)
二郎(性欲だけなら間違いなくレイプ四天王一じゃの)

二郎「さぁ来なさいトリコ君」

トリコ「オオオオォ」

二郎「!!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:13:18.53 ID:1tzkI26H0

小松の小松はガバガバ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:14:06.46 ID:poLq/1uRO

二郎(なんてデカさじゃ!!)
二郎(長さ太さ固さ全てにおいてSランク!!!)
二郎(そしてこのカリ高っ!!化け物じゃ!!!)

トリコ「二郎っ!流石の締まりだな!ハァハァ」
トリコ「このままイクゼ!」


二郎(む・・・調子に乗りおって)

二郎「それはどうかな?トリコ君」

トリコ「あん?」


二郎「ムン!」

トリコ「!!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:17:44.78 ID:poLq/1uRO

トリコ「うっ・・何だこの締まり・・・」

トリコ「圧が強くて動けねぇ・・!」


二郎「フォッフォッフォ、行けるもんならいってみぃトリコ君」

トリコ「二郎、圧が強すぎてチンコがつれぇよ!緩めてくれよ!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:23:22.36 ID:poLq/1uRO

二郎「ばっかもん!これはホモセックスじゃのうてチントレじゃ!!」


トリコ「なんのトレーニングだよ!」
トリコ「俺は別に早漏じゃないぜ!」


二郎「早漏トレーニングではない」


二郎「加圧式勃起力向上特訓也!!」


トリコ「!?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:31:51.69 ID:poLq/1uRO

二郎「加圧によりチンコへの血流を阻害し、チン肉を強く大きくするものじゃ!」

トリコ「関係があるのか?二郎」


二郎「加圧式の筋トレは加圧により脳の勘違いで成長ホルモンを分泌させ筋肉を強くさせるじゃろ」
二郎「原理は同じじゃ」


トリコ「そういうことだったのか!二郎!流石だぜ!」


二郎「フォッフォッフォ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:37:45.35 ID:poLq/1uRO

トリコ「二郎もこのトレーニングをやったのか?」

二郎「あぁ、やったよ」

トリコ「ほう・・・」
トリコ「だーれとやったんだぁ?弟子の鉄平かぁ?」


二郎「まさか!あいつのはまだユルユルで使えんよ、フォッフォッフォ」


トリコ「へぇ!締まりが良さそうだからレイプしようと思ってたのにな!意外だぜ!」


二郎「フォッフォッフォ」
二郎「そうさな、一龍とメルク・・そしてセツ婆かの」


トリコ「マンコォ!?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:47:46.59 ID:poLq/1uRO

トリコ「マンコがこんなに締まるわけねーだろ!笑」


トリコ「俺はだからホモセックスに目覚めたんだ!」


二郎「フォッフォッフォトリコ君らしいの、ワシは穴があればなんでもえぇ」

トリコ「はは、流石ファッキングマスターだ」


二郎「ただセツ婆だけは特別じゃ、今でも最高のしまりじゃよ」

二郎「肌何かは全盛期に比べれば格落ちするがの、それでもマンコ締まりだけは衰えん」
二郎「砂漠に咲く一輪のエーデルワイスじゃ、奇跡なんじゃ」


トリコ「深いぜ・・」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:54:30.12 ID:poLq/1uRO

二郎「トリコ君も頼んでヤらせて貰うといい」


トリコ「はは、それは良いな頼んでみるか!」

サニー「リンはユルユルだぜ!」


二郎「今頃一龍の上で腰でも振っとるんじゃないかの」


サニー「あーマジちょー気持ちいいしー♪」
サニー「ってか」

トリコ「ハハハ、違いないぜ!」

二郎「面白いな、サニー君も」

二郎「サニー君も近くに来なさい、気持ちよくなりたいじゃろ?」

サニー「待ってましたぁ!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 11:58:51.02 ID:poLq/1uRO

二郎「さっきはレイプじゃったが・・」
二郎「今回はイカしてやるからのっ!」


サニー「うっ!」


トリコ「三連ケツだ!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:04:30.15 ID:poLq/1uRO

サニー(て、的確に前立腺を突いてきやがる・・・何てテクだこのじーさん!)

二郎「フォッフォッフォ、どうじゃ?サニー君」

サニー「あっあっうっ・・・きもっ・・ちいいい!!!」


二郎「喜んで貰えてなによりじゃサニー君」


二郎「ふーっワシもイキそうじゃの・・」

二郎「ラストスパートじゃ!」


サニー「ああああああああああ!!!!」

サニー「(駄目だっ!イく!)うっうっう!・・トリコ・・!!」


二郎「うっ!(初代)メルク・・!!」


トリコ「うひょーダブルフィニッシュだぜ!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:12:16.31 ID:poLq/1uRO

二郎「はぁっはぁっはぁっ」

二郎「最後は目的がずれてしまったが、トリコ君は毎日ワシとホモセック・・チントレを行い音弾に耐えられるチンコにするのじゃ!!」


トリコ「わかったぜ!くぅー楽しみだぜ!最強のチンコでヤツを犯してやる!」


サニー(トリコ、サンキュ)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:27:57.35 ID:zlOfGLaA0

読むのがつらいな


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:30:59.14 ID:poLq/1uRO

トリコ「はぁっはぁっはぁっ!」

二郎「ふーっ」
二郎「今日であれから3ヶ月、かなりのチンポになってきたの」


トリコ「はぁっはぁっはぁっ」

トリコ「ああ、固さもデカさもかなり鍛えられたぜ! 勃起の持続時間も893分だ!


二郎「素晴らしいよトリコ君、相当な進歩したチンポ、よくここまで辛抱した肉棒」


トリコ「ははっサンキュー二郎」


二郎「そろそろ次の修行じゃ!」


トリコ「おう!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:35:17.28 ID:poLq/1uRO

二郎「トリコ君、次のトレーニングは何かわかるかの」


トリコ「ん?あー・・チンコは強化したからヤツの音弾を弾く特訓だ!」


二郎「正解じゃ」


トリコ「しかしよ、どうやって鍛えるんだよ?」


二郎「これを使うんじゃ」


トリコ「!!!!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:42:50.99 ID:poLq/1uRO

トリコ「こりゃ、チャップマングローブ じゃねーか!」


二郎「左様」
二郎「この木は自分に近付くものに対して、木の実を飛ばす特性がある」
二郎「速さにして秒速170m!!」


トリコ「なるほどこいつのタマを打ち返せば良いんだな、二郎」


二郎「左様」
二郎「音速ほどではないがこれも打ち返せぬようじゃゼブラには勝てんぞい」


トリコ「望むところだ!」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:47:38.53 ID:poLq/1uRO

二郎「!」
二郎「さぁ早速きたぞいトリコ君!」


トリコ「オオオオォ!!」

グキッ!!!


トリコ「うわあああああああああああ!!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 12:51:15.13 ID:poLq/1uRO

トリコ「いってー!」

トリコ「何て固さだこの実は~~~!!」


二郎「フォッフォッフォ、固さは大体野球の硬式ボールくらいかの」

二郎「ただし、重さは10kgじゃ」


トリコ「道理でいてぇ訳だぜ!」


二郎「ゼブラの音弾もこれくらいの衝撃はある、修行あるのみじゃ」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:00:02.26 ID:poLq/1uRO

トリコ「一筋縄じゃいかねぇな!!!」


トリコ「さぁこいチャップマン!!絶対打ち返してやる!!!」


トリコ「オオオオォ!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:07:05.36 ID:poLq/1uRO

トリコ「はぁはぁ・・・」


トリコ「実を打つこと幾星霜、前に飛んだのが数球・・・」


トリコ「かー・・・話になんねぇ・・」


二郎「苦戦しとるなトリコ君」


トリコ「二郎・・・」
トリコ「前にとばねーわチンコはいてーわ話になんねーよ」


トリコ「ホントに意味あんのかぁ?この修行」


二郎「さぁのぅ?」



二郎「成果を疑うような修行じゃ意味はないかものぉフォッフォッフォ」



トリコ「・・・」

トリコ「わかったよ、やりゃいいんだろやりゃ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:13:07.52 ID:poLq/1uRO

二郎「しょうがないの、手本を見せるとするか」


二郎「どれ、どいてみなさい」

トリコ「ん」

トリコ「!」
トリコ(チャップマンの間合いに入った!)


トリコ「あ、あのじーさんズボンすら脱いでねぇ!」

トリコ(ちっ間に合え!)
トリコ「フライングフォー・・」

二郎「ムン!」


トリコ「打ち返した・・・」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:17:25.38 ID:poLq/1uRO

二郎「おー、久々の割に飛んだの」
二郎「東京Dならレフトスタンドじゃ」


トリコ「す」

二郎「ん?」

トリコ「すげーーーー!!!!」

二郎「フォッフォッフォ尊敬せぇ!」


トリコ「俺に教えてくれ!それ!」


二郎「しょうがないのぅ世話が焼けるわ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:24:14.06 ID:poLq/1uRO

2ヶ月後

二郎「三本同時チャップマンじゃ!!」
二郎「行くぞい!」


トリコ「来い!」


トリコ「はああああ・・・」

トリコ「オラァ!!!食らえチャップマングローブ!!」


二郎「おお、的確に三球返し・・・」


トリコ「どうだぁ!二郎!」


二郎「フォッフォッフォ合格じゃ」

トリコ「ん?」

二郎「合格だと言ったんじゃ」

トリコ「本当か!?二郎!!」


二郎「本当じゃとも」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:27:24.23 ID:poLq/1uRO

二郎「この五ヶ月間よく耐えたの」
二郎「君のレイプ細胞もかなり強化されたはずじゃ」


トリコ「なーんか実感わかねえなぁ」

二郎「フォッフォッフォ」
二郎「試してみるかの、トリコ君ワシに入れてみたまえ」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:31:39.45 ID:poLq/1uRO

トリコ「いいのか?よし・・・」

トリコ「行くぞ!二郎!」


トリコ「!!!!」


トリコ(スゲェ・・二郎の中に俺のチンコがスブズブ入っていく!)

トリコ(金鉱脈に思えた二郎のアナルがチクワ並にやわらけぇ!)


二郎「わかったかな?トリコ君」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:37:37.89 ID:poLq/1uRO

二郎「君のチンコは最早ダイヤモンドの槍・・・」

二郎「最強のレイプチンコになったのじゃ!」


トリコ「これが俺のチンコ・・・!」


二郎「いけ!トリコ君!!」

二郎「ゼブラを犯して来るんじゃ!」


トリコ「おう!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:40:42.13 ID:poLq/1uRO

ゼブラ「ん?朝か・・・」

ゼブラ「何だって俺がこんな砂漠まで食材調達に・・・」


ゼブラ「調子乗りやがって・・一龍のやつ・・・」

ゼブラ「さて狩りに・・」


トリコ「ゼブラあああああああ!!!!!!!!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:44:35.00 ID:poLq/1uRO

ゼブラ「うるせーな・・・トリコ」


トリコ「久しぶりだなーゼブラ」


ゼブラ「何の用だ?そんないきりたって」


トリコ「サニーの仇さ」


ゼブラ「・・・」
ゼブラ「ほう・・・するってぇとアレか?調子に乗ってるな、お前」

トリコ「あぁ」


トリコ「お前を・・・犯す!!」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:50:13.42 ID:poLq/1uRO

トリコ「オオオオォ!!」

ゼブラ「ハッ!近接馬鹿が!!」


ゼブラ「俺が犯してやるよトリコォ!!!音弾ァァ!!」

トリコ「!」
トリコ「来やがった・・はえぇ!!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 14:55:25.38 ID:poLq/1uRO

トリコ「ちっ!!避けるしかねぇ!」
トリコ「はぁっ」


ゼブラ(ほう・・避けやがった・・)

ゼブラ「連続ならどうだトリコォ!音弾ァ!!」


トリコ「くっ・・・!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:00:15.13 ID:poLq/1uRO

トリコ(くっ修行を思い出せ!!!)

トリコ「オオオオォ!!!!!」




トリコ「食らえゼブラあああああああ!!!!!!」

ゼブラ(ん?)


ゼブラ(な!打ち返し・・・)
ゼブラ(よ・・・避けられん・・!!)


ゼブラ「クソガァァァ!」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:03:05.74 ID:poLq/1uRO

ゼブラ(ちっ!もろに喰らっちまった!)

ゼブラ「トリコオオオオォ!」


ゼブラ「ちぃっ!消えやがった!!」
ゼブラ「どこだトリコオオオオォ!!!」


トリコ「上だ!ゼブラあああああああ!!!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:06:22.41 ID:poLq/1uRO

ゼブラ「ムグ!」


ゼブラ(何かが口に・・・!声がだせん・・!)

ゼブラ(トリコオオオオォ!)

トリコ「どうだゼブラぁ!?俺のチンコの味はよ!?」

ゼブラ「ファッ!?」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:10:10.16 ID:poLq/1uRO

ゼブラ(調子に乗りやがってえぇぇ!!!)


トリコ「声の出ねぇお前何か、針のねぇ蜂みたいなもんだ!」


ゼブラ(振り落としてやる!!)


トリコ「暴れんなよ・・・暴れんなよ・・」

ゼブラ(ほどけねぇ!)

トリコ「イクゼ・・・新技だ・・」


ゼブラ「!?」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:12:08.28 ID:poLq/1uRO

トリコ「行くぜ・・」

トリコ「五連・・・・釘バットチンコ!!!!!」


ゼブラ(オオオオオオオオォ!!!!!)


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:17:12.69 ID:poLq/1uRO

ゼブラ(俺に・・・イラマチオだとお・・・!!)

ゼブラ(調子乗りやがってえぇぇ!!!)

トリコ「そして・・・ザーメンバズーカァァァ!!!」

トリコ「どうだぁ!!!」


ゼブラ「ゴポポ!!ゴハァ!!」

ゼブラ「カッ・・・ハァ!!」

ゼブラ「!?」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 15:23:58.28 ID:poLq/1uRO

ゼブラ(声が出ねぇ・・・!)

トリコ「どうだぁ?ゼブラ」

トリコ「声帯までチンコ突っ込まれた気分は!!」


ゼブラ(それだけじゃねぇ!なんか・・・張り付いてやがる!!まさか!!)

トリコ「ザーメンでさらにコーティングさせてもらったぜぇ!ゼブラ!!!」


スマヌ出かける一時間半で戻ります、あとは残ってたら・・


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:19:51.08 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ(精子でCOATィングだぁ!?調子乗ったマネしやがって)

トリコ「ゼブラ!お前の声は封じたぜ!!」

ゼブラ(ちっ・・!思ったように声が出せねえ・・・!!)
ゼブラ(さすがにやべえかもな・・・)

トリコ「うおおおお!ナイフ!!」

ゼブラ「!!!(チッ!!服が・・・!)」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:24:14.30 ID:jnSkGpw/0

トリコ「ハッ!良いケツしてんじゃねえかゼブラ・・」
トリコ「お前の中・・・堪能させてもらうぞ!!」

ゼブラ(ダメか・・・)


トリコ「この世のすべての男に顔射して・・・・いたただきます!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:31:36.22 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ「~~~~~~!!!!!!」

ゼブラ(声えええええ!!でやがれこのクソ喉があぁああ!)

ゼブラ「か・・・・」
ゼブラ(イケる・・・音壁え!!)

トリコ「おら開通式だぁ!!・・・ってん?」


トリコ「こいつ肛門に音壁はってやがる・・・」
トリコ「全く、、どこにそんな力があるんだぁ?」


トリコ「まあ、関係ないけどな、突き破ってやる!お前の処女膜も終わりだあ!!」

???「イカ砲!!!」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:33:36.67 ID:jnSkGpw/0

トリコ「うおお!イカくせえ!!」
トリコ「このザーメンは・・・」

???「ボクだよ、トリコ」


トリコ「コ↑コ↓!?」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:39:21.96 ID:jnSkGpw/0

ココ「トリコ、僕のゼブラに手を出すことは許さないよ」

トリコ「勘違いするな!!ココ!手何か出さねえ!ザーメン出すだけだ!」

ココ「フフ、僕が来たからにはそんなことさせない・・・!」
ココ「喰らえ!イカ砲!!」

トリコ「うおお!こればっかりは避けるしかねえ・・・」
トリコ「奴の精子には梅毒淋病をはじめとした性病があるからな・・」

ココ「フフ」

トリコ「性病の総合デパートみたいなもんだ・・・」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:46:39.58 ID:jnSkGpw/0

ココ「誉めてくれてありがとう」


ココ「トリコ、ゼブラから手を引けば君に手出しはしない」
ココ「これ以上ゼブラを犯すならわかってるね?」

トリコ「思い立ったが吉日、それ以降は全て凶日!」
トリコ「俺は今日ゼブラを犯す、邪魔をするならお前も同じだ!ココ!」

ココ「フフ、僕は犯せないよトリコ」
ココ「僕を犯せば僕の飼っている無数の性病、君に感染することになるよ?」


トリコ「性病怖くてレイプができるかぁ!そのあとはゼブラに移してやるさあ!!」


トリコ「行くぜココ!!」


ココ「馬鹿な・・」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:52:52.26 ID:jnSkGpw/0

ココ「ザーメンソード!」

ココ「膿だらけになるがいい!!!」

トリコ「うおおおおおおおお!!!」

???「待てトリコぉ!!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:54:54.36 ID:jnSkGpw/0

トリコ「お前は」


トリコ「サニー!!なんでここに!!」

サニー「ゼブラが犯されるってなればココが動くなんて事は予想できるからなっ!」

サニー「トリコ!ココは俺が犯す!!ゼブラをヤってくれえ!!」




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 17:57:48.07 ID:jnSkGpw/0

トリコ「しかし奴には毒が・・・!!」

ココ「フフ、そうだよサニー、性病患者が一人増えるだけさ」
ココ「ま、患者になりたきゃ話は別だけどね」

サニー「それはどうかな・・・」

サニー「こいつを見やがれってんだ!!」

ココ「!?」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:02:32.07 ID:jnSkGpw/0

トリコ「そりゃコンドームカデじゃねえか!!サニー!」

ココ「コンドームカデ・・・100の毒を宿した、レイプ界原産の避妊具」


サニー「次郎のじーさんにもらったのさ!!ココ!お前の毒は通じないぜ!!」


ココ(面白い///)


ココ「コンドームカデと僕の性病・・・」
ココ「さぁ、どっちが有害か決めようか」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:09:20.52 ID:jnSkGpw/0

サニー「行け!!トリコ!」

トリコ「・・・よし!頼んだぞ!サニー!」

ココ「ヨソ見している余裕があるのかい?」

サニー「!!」

ココ「精子地獄!!!(ヘルザーメン)」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:12:50.51 ID:jnSkGpw/0

サニー「へっ!」
サニー「マラロック!!」


ココ「ヌッ!!」

サニー「チンコさえ押さえればザーメンは出せねえだろ?」
サニー「おとなしくゼブラがヤられる姿をみてな!!」

ココ「それはどうかな?」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:18:00.83 ID:jnSkGpw/0

ココ「僕の陰毛はクラミジアをはじめとした寄生虫のオンパレードだ」
ココ「君の陰毛にもうつることになるよ??」

サニー「構わないさ」

ココ「!?」

サニー「トリコの為にお前を抑えれんならなんでもやるっての!」

ココ「馬鹿な」

サニー「犯して、コンドームカデの毒もしっかり移してやる」

ココ「くっ・・・!」

サニー「空虚な気持を抱えておちてこうぜ」


ココ「うわあああああああああああああああああああああああ」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:21:39.02 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ(ココがヤられた・・・使えねえ・・・)
ゼブラ(まだ声も万全じゃねえ・・!)

トリコ「向こうは決着がついたみてーだな」

ゼブラ「!?」
ゼブラ(トリコ!?いつの間に・・・)

トリコ「さあ!次はこっちの番だ!行くぞゼブラ!!」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:25:20.47 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ(あと一発、、、ボイスミサイルは打てる・・・)

ゼブラ(奴が挿入時、目を反らしたすきにぶち込んでやる・・・!)

トリコ「念のため、もう一度声帯を潰しておくか・・・」

ゼブラ「!?」

トリコ「しゃぶりな♪」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:30:57.22 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ「んぐっんぐっ!」

トリコ「うっ・・・中々気持いいぜ・・・ゼブラ・・!」

ゼブラ(もう今日は復活しねえ・・・ヤられるしか・・・ねえ・・・)

トリコ「くっ・・・」

ゼブラ「ん!!!」

トリコ「ふう・・」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:34:02.06 ID:jnSkGpw/0

サニー「どうやら奴の命運もこれまでみてえだな・・・」

ココ「ゼブラー!!ゼブラー!!」

サニー「ハンッ!うっせーなぁこのメンヘラストーカー」

サニー「まぁ良いか、奴が処女を散らす瞬間、見とけよ見とけよ~」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:37:26.88 ID:jnSkGpw/0

トリコ「まぁだ音壁ありやがるな・・・」

トリコ「フォーク!!」


ゼブラ「!!!!!!!!!!」

トリコ「いっけね、強すぎて腸まで傷つけちまった・・・」
トリコ「まぁいいか・・・音壁も破れたことだし入れるか・・・」


トリコ「血がローション代わりにならぁ、ローション使うレイプ何て俺やさしー」

サニー「トリコーナイス外だぜ!!」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:40:33.60 ID:jnSkGpw/0

トリコ「すっかり元気だな、サニー・・・」

トリコ「見ててくれ、サニー俺はこいつを犯すぜ!」

トリコ「しっかし、この出てきた腸が邪魔だな・・・よし!」

トリコ「ナイフ!!」

ゼブラ「~~~~!!!!!!」

トリコ「これでやっと穴が見えたぜ!」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:43:41.73 ID:jnSkGpw/0

トリコ「さあ、テイスティングだ!」

ゼブラ「!!!!!」
ゼブラ(デカすぎる・・・!いてえ・・・!)

トリコ「ハッハッハッ・・・!!」
トリコ「く~ッ!やっぱ処女アナルは最高だぜえ!!」
トリコ「閉まりも抜群、反応も最高だ!!」

ゼブラ「ぁ、、、う、、、」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:49:14.75 ID:jnSkGpw/0

トリコ「やべ・・・もうイキそ・・・」

トリコ「処女アナル相手だとどうしても持ちが悪いぜ!!」

トリコ「サニー!!見てるか!?」
トリコ「今からコイツに種付けしてやるぜ!!!」
トリコ「よぉーく見とけよ!!」

サニー「見てるぜ!トリコ!中に出してやれ!!!」

ココ「やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」


トリコ「行くぜ・・・」



トリコ「15連・・・・」



トリコ「釘チンコおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:55:09.86 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ「~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!」

ココ「ゼブラああああああああああああああああああ!!!!」


サニー「いっけえええええトリコおおおおおおおおおお!」

トリコ「オオオオオオオ!!!」

トリコ「うっ!!!」

トリコ「はあっ!!!」

ゼブラ「!?」

トリコ「はーーはーー」

トリコ「へっ、、ゼブラ・・中々・・良かったぜ・・!!」

ゼブラ(俺の・・・処女が・・・)


トリコ「ごちそうさまでした」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:57:23.45 ID:jnSkGpw/0

サニー「トリコ!ヤったな!」

トリコ「サニー!!」
トリコ「お前の仇は果たしたぞ!!」

サニー「へへ、サンキュ、トリコ」

トリコ「ハハ、どういたしまして」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 18:59:47.08 ID:jnSkGpw/0

サニー「ん??」
サニー「オイ見ろよトリコ!こいつレイプ目になってるぜ!!」

トリコ「おお!本当だな!サニー!」

サニー「こいつぁー良いや!」

トリコ「ふっ・・・」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:04:35.27 ID:jnSkGpw/0

トリコ「ゼブラ、今日の経験を糧にレイプについてもう一度考えろ」


トリコ「人を犯せば穴二つ、人を犯すなら犯されることを覚悟して二つの穴をレイプに耐えられるようにしなければならない」

トリコ「お前のアナルと声、この二つが復活した時、俺を犯しに来い!」
トリコ「そんときは相手になってやる!!!」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:06:50.91 ID:jnSkGpw/0

ゼブラ(ちっ・・・トリコ・・・)

サニー「ハン!かっこつけちまってよぉ・・・」

サニー「ならトリコのアナル、掘らせろよぉ!!」

トリコ「俺のアナルには先約がいるんだ」

サニー「先約ぅ??」

???「トリコさあああああん!!」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:12:07.19 ID:jnSkGpw/0

トリコ「小松!!!」

小松「トリコさん酷いですよ~僕を置いてホモセックスしちゃうなんて~」

トリコ「すまんすまん」
トリコ「今回は危険な相手だったからな、小松!」

小松「も~っ・・・」

トリコ「そうむくれんなよ小松!」

トリコ「そうだ!今から三人でハッテン場行こうぜ!な!?」
トリコ「たまには3Pもいいだろ!?なあ小松!」

小松「良いですね!行きましょう!トリコさん!サニーさん!」

サニー「俺もいいのか・・?」

小松「なーに言ってんですか、サニーさん水臭いですよ!」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:14:13.52 ID:jnSkGpw/0

トリコ「そうだそうだ!雄臭くいこうぜ!!」

サニー「トリコ・・・小松・・・」
サニー「わかった!いこう!」

小松「やったあ!!」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:19:29.07 ID:jnSkGpw/0

小松「はぁ!はぁ!トリコさんの中、、あったかいです・・・」
トリコ「小松・・・お前のチンコ・・気持イイぜ・・」

小松「うっ・・・トリコさん!トリコさんッ!!!」

トリコ「小松・・・!」

小松「はあ!はあ!!」
トリコ「イッタか?小松?」
小松「はい、おかげさまで・・・」

トリコ「よし、じゃあそのまま入れてろ!小松!」
小松「ハイ!」

トリコ「さあ、次は俺の番だ!!」

サニー「いいよ!こいよ!」

トリコ「すっかりM豚になりやがって・・・」

トリコ「う・・・よし・・!」




トリコ「行くぞ!サニー!」


fin


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:31:38.14 ID:onc0b+8WP

最後にお前の性別を教えてくれ


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:37:17.03 ID:jnSkGpw/0

普通に男です
男じゃなきゃ両津×大原部長とかトリコでレイプものなんてやらないでしょwww


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 19:51:55.87 ID:blYo9T/Z0

 ┌─────────┐
 │ 基地外警報!!!  |
 │   基地外警報!! |
 └―――──――――┘
      ヽ(´ー`)ノ
         (  へ)
          く

                     |\
┌──────────┘- \
│  気の触れた>>1に          \
│                     /
└──────────┐- /
      ヽ(´ー`).ノ       |/
        (  へ)
        く
                  - = ≡三                    |\
               - = ≡三  ┌──────────┘- \
               _ = ≡三    │                     \
                ̄ = ≡三    │    乙でした!           /
               - = ≡三  └──────────┐- /
        (´ー`)        - = ≡三                     |/
      ( ヽ ヽ)
       /  >


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。