FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ジョナサン「君はボボボーボ・ボーボボだね?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 16:55:11.46 ID:EBoNvJY70

ボーボボ「そういう君はジョナサン・ジョースター」

ジョジョ「みんなジョジョって呼んでるよ・・・・・・これからよろしく」

首領パッチ「ワンワンワン?」

ジョジョ「ハッハッハッハッハッ、ダニーッ?」

ボーボボ「首領パッチー!」

ジョジョ「そ、それは君のペットかい?」

ボーボボ「うーん、分かんね」

首領パッチ「えぇぇぇぇ?」





3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 16:56:27.31 ID:EBoNvJY70


10分前



モブ「わーっエリナ エリナ!泣き虫エリナッ!」



ジョジョ「やめろォ!人形をかえ『ヒロインは私よ!!!』



皆「へ?……」



首領パッチ「ほらほらぁ~、あなた達早く私をイジメなさいよ~、やっくんもスタンバってるわよ」



モブ「帰ろ帰ろ」



ジョジョ「君は見ない方が良い」



エリナ「はい」

ーーー

ーー





ジョジョ「君はさっきの?」






6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 16:59:10.12 ID:EBoNvJY70


首領パッチ「お前俺の事忘れたなんて言わせねぇぞ、この首領パッチをな!」



ボーボボ「だから知らねーって言ってんだろブッ殺すぞ首領パッチ!!!」



ビュティ「二人ともやめなって」



首領パッチ「またあの娘?ヒロインの座は渡さないわよー?」



ビュティ「キャアァァァ?」



ボキャァァ



ボーボボ「なっ、首領パッチーッ?」



ボーボボ「なっ!何をするだァーーーッゆるさんッ!」



ビュティ「自分で蹴っておいて何言ってんの?」






8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:00:50.08 ID:EBoNvJY70


ジョージ「疲れただろボーボボくん達!」



ボーボボ「ジョースター卿御好意大変感謝いたします、ホラ首領パッチ達も」



首領パッチ「ちくわ食えやァ?」



ビュティ「よくそんな事言えるなお前?」



ジョジョ(何だろうこの人達、明らかに僕より歳上だよね。本当にこの人達と一緒に暮らすのか…なれる自信は無いけど友達にならなくっちゃ)






12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:02:50.70 ID:EBoNvJY70


ジョージ「来たまえボーボボくん達君達の部屋に案内しよう!」



ボーボボ、首領パッチー天の助「わーいわーい?」



ジョジョ(これは確か…天の助くんの鞄だ、運んであげよう)



ガシィッ



天の助「何してんだ?気やすく俺の鞄にさわるんじゃあないぜ!首領パッチ、中身は大丈夫か!?」



首領パッチ「あぁ、大丈夫です!社長」



天の助「これは我々の企業秘密、いくらこれから世話になると言ってもとても見せられる物じゃない」






14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:05:38.32 ID:EBoNvJY70


ボーボボ「中身は何かなー?」



ガシャ



天の助「えぇ?そんな簡単に開ける?」



ボーボボ「中身はー、『ぬ』のハンカチー!………って要らねー?」



バシィ



天の助「あぁ、企業秘密がぁー?」



ジョジョ(何なんだ、このテンション?仲良く出来るとは思えないな……)






15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:08:45.92 ID:EBoNvJY70


ジョジョ「父さん、彼等とはどの様な関係なんです?」



ジョージ「あぁ、命の恩人だ」



ジョジョ(?じゃあ良い人なのかな?)



ジョージ「あれは忘れもしない…





~3日前~



ビュティ「近?そりゃあ忘れないでしょ?」



ジョージ「クソ…12年前は大丈夫だったのに、幸いジョジョは置いて来た、誰か居ないなのか…」



ボーボボ「あ!貴方も一緒にUNOします?」



ジョージ「彼は血だらけの私を見ても怯えず遊びに誘ってくれたのだ、まさに紳士!」



ビュティ「明らかに遊びに誘っちゃいけない状況だろ?助けろよ?」






17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:10:25.56 ID:EBoNvJY70


天の助「ていうかあの人助けないと!」



首領パッチ「でも、崖崩れでとても近づけないぞ」



ビュティ「アンタ達どういう状況でUNOしてたの?」



首領パッチ「ていうかここどこー?僕ら土星でUNOしてたのに」



ビュティ「UNOを土星でやる意味あんの?」



ボーボボ(あそこへは聖鼻毛領域でしか近づけない…しかしあの人が精神を開放出来なかったら、ただでさえ怪我をしているのに…ていうかあの人開放しなさそうだなー)聖鼻毛領域(ボーボボワールド)?」



ビュティ「散々悩んでたのに躊躇無くやりやがった?」






18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:14:01.94 ID:EBoNvJY70


ジョージ「…ここは?」



KING鼻毛「Nーーー!ここは聖鼻毛領域(ボーボボワールド)さ、ジョージさん」



ジョージ(何だ…この生物は)



ソフトン「どうして俺がまたここに……?グフッ」



ジョージ(う○こだ……………)



ボーボボ「ソフトンか…どうしてここに?」



ソフトン「さぁ、よく分からんが偶々だと…」



ジョージ(う○こでたまたまだと?)






20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:17:44.25 ID:EBoNvJY70


首領パッチ「わーいわーい………(ヤベェ戦車だ)」



天の助「フフフ、おとなしくしとけよパチ美、やっくんの命がどうなっても……」



やっくん「えぇ?俺生きてたの?」



首領パッチ「やっくんんんんん?」



やっくん「ずっとやって見たかったんだ……天の助リンチ」



天の助「え?」



ズドドドドドドドド??



首領パッチ「やっくん強?」



やっくん「フハハ、この俺を止める事が出来るかな?パチ美」



首領パッチ「マズイ、やっくんが暴走した?」



KING鼻毛「Nーーーこういう時の為の炊飯ジャー」



首領パッチ「そうか魔封波でやっくんを封印するのね。でも誰が…」






21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:21:31.78 ID:EBoNvJY70


天の助「ここは俺が…」



首領パッチ「やめて、魔封波を使うと死ぬのよ?考え直して?」



天の助「ここでやらないと…大きな被害が出る?」



首領パッチ「天の助ェェェェ?」



天の助「行くぞ?魔封波??」



ガシッ



天の助「オラさっさと入れやコラ?」ガンガン



ビュティ「そのまま入れようとしてる??」



やっくん「イヤだ!俺は炊かれたくない?」



天の助「観念しやがれェ???」



やっくん「ギャァァァァァァァァア………………」



首領パッチ「封印した…のね」



ボーボボ「わーいわーい?」



天の助「フッ……グフッ?」






23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:26:37.45 ID:EBoNvJY70


首領パッチ「天の助?」



天の助「フフフ、まぁ悪くはない人生だったぜ」



ビュティ「アレで本当に死ぬの?」



やっくん「あー炊けた炊けた」



ビュティ「普通に出て来たーー?」



天の助「何故だ?おふたは俺の特製『ぬ』のお札だったのに…」



ビュティ「絶対それが原因だァ?」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:29:55.55 ID:9FONZbPqO

ジョージいねえwww






27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:33:09.95 ID:EBoNvJY70


その頃



ジョージ「君は…どうしてこの様な姿なのかね?」



ソフトン「この服はしまむらで買いましたが?どうかしたのですか」



ジョージ「イヤ、問題なのはその顔だよ…う○こは駄目だよ」



ソフトン「しっ、失礼ですがこれはう○こてまは無くチョコ味のソフトクリー」

ジョージ「そうやっていつまでも自分を偽り続けるのか…」



ソフトン「?なん…だと」



ジョージ「君はなりたくてう○こになったのかい?」



ソフトン「………いいえ」



ジョージ「なら何故う○こなんだ?」



ソフトン「…分かりません」



ジョージ「ふざけるなぁ?」






28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:38:04.16 ID:EBoNvJY70


ジョージ「君はそうやって社会への不満を自らの顔に留めているのだ」



ソフトン「なん……だと!?」



ジョージ「あぁ、多分」



ビュディ(これでも一応精神を開放しているのね…)



ソフトン「バビロン神よ、俺に本当の自分を教えてくれたこの方の傷を癒させてくれ」



カッ!



ジョージ「傷が…癒えて行く」



天の助「スゲぇ…」



首領パッチ「グハァ?」



天の助「首領パッチ?」



ビュティ「全部首領パッチ君に?」






30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:44:27.23 ID:EBoNvJY70


ボーボボ「じゃあこの人の傷も癒えたし帰るか」



KING鼻毛「えぇ、俺出番少な?折角のボーボボSSなのに、ボーボボさんと一回も絡んでないぜ?」



ボーボボ「馬鹿な事言うな!これはジョジョSSだ!」



ジョージ(殆ど君達の独壇場なんだけど……)



ジョージ「戻った…」



ボーボボ「じゃあ行くか」



ジョージ「待って下さい?」



ボーボボ「どうした?」






31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:48:13.84 ID:EBoNvJY70


ジョージ「どうか…お礼をさせて下さい」



天の助「じゃあところてん推進計画を…」



ボーボボ「お礼なんか良い」



ジョージ「そんな…」



ボーボボ「だが、最近野宿も飽きて来た所だ。少し泊めてくれないか?」





ジョージ「と、言う訳だ」



ジョナサン(やっぱり良い人達なんだな、あまり関わりたく無いけど)



それまで楽しかったジョジョの生活はとてもメチャクチャなものとなったのだった






32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:52:24.62 ID:EBoNvJY70


バチン



ジョジョ、首領パッチ、ボーボボ「ギャッ!!」



ジョージ「またまちがえたぞッジョジョ、首領パッチ、ボーボボ!6度目だッ!同じ基本的なまちがいを6回もしたのだぞ!勉強がわからんというからわたしが見てやれば何度教えてもわからんやつだ!」



ジョージ「天の助を見ろッ!20問中20問『ぬ』だ!」



ビュティ「それで良いの?ここイギリスだけど思いっきり日本語で良いの?」






33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 17:59:17.81 ID:EBoNvJY70


ムシャムシャムシャ



ダーン!



ジョージ「ジョジョ おまえそれでもハジケリストか!『ぬ』がなっとらんぞッ!『ぬ』が!」



ビュティ「お前ら絶対何か言っただろ!!!」



ジョージ「もうジョジョの食器をさげたまえ」



ジョジョ「えッ!」






36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:05:47.24 ID:EBoNvJY70


ジョジョ「グスグスッ!」



ゴロゴロ



ガバァ!



ジョジョ「ところてんだ!!食えない!!」



天の助「そんな、ヒドい!」



???「そんな君には~」



田楽マン「田楽をプレゼントなのら~」



ジョジョ「……(また変なのだ……)ありがとう」



ジョジョ「う、美味い!」






37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:11:07.75 ID:EBoNvJY70


スポーツ!(以下略)



ジョジョ「新しい友人!ま…まさかッ!」



「ボボボーボ・ボーボボさんです!」



モブ「お、大人?アンフェアだろ!」



首領パッチ「フッ……心配いらねぇよ」



天の助「俺たちが助太刀するからな!」



レフェリー「ところで自分自身にカネを賭けてもらうがいいかな?ボーボボさん」



ボーボボ「もちろんいいとも」チャリチャリチャリーン



ジョジョ「あ あれは!父さんからもらった一か月ぶんの小遣い全部だ!(でも全部『ぬ』ポンドだじ要らないけど)」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:14:10.40 ID:Vvdz/oTt0

どんどんと染まってきてるな…






39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:15:52.53 ID:EBoNvJY70


ボーボボ「フフフ……今回は鼻毛真拳を使うか……」



ビュティ「言っとくけどこれボクシングだからね!」



首領パッチ「クソ、だったら俺はこの首領パッチソードで…」



ボーボボ「ハイ、ルール違反~!首領パッチ退場~」



首領パッチ「えっ、あっ、えぇ?」



ボーボボ「そして、」



ド ボ ォ



ボーボボ「(このままッ!親指を!天の助の)目の中に…………つっこんで!殴りぬけるッ!」






40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:22:02.92 ID:EBoNvJY70


ジョジョ「か、勝てない……」



ボーボボ「どうだ、続けるか?」



ジョジョ「……僕の敗けだ」



モブ「すごい!すごいヤツだ!」



ボーボボ「ある真拳を特別ここにいる者だけに教えてやってもいい、ところでこういうのもあるんだ」パカ



モブ「アフロからリスが?」



モブ「教えて教えて?」



ボーボボ「ただしつけものテメーはダメだ」



つけもの「そ、そんなぁ」



ビュティ「つけもの居たの?」






41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:29:38.38 ID:EBoNvJY70


田楽マン「僕も僕も」



モブ「す、スゲぇ」



田楽マン「……み、見えないのら」



首領パッチ、天の助「」ちーん



つけもの「うっ、うっ」



田楽マン「……ヒドいのら」



絶望くん「絶望……」



ビュティ「あぁ、居たんだ絶望くん」






42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:35:24.71 ID:EBoNvJY70


ボーボボ「……」ズシィ



ボーボボ「すみませんジョースター卿、かってにさわったりして……すごく不気味な仮面なもので……」



ジョージ「いやいやかまわんよ」



ジョージ「その石仮面は先週チンピラから巻き上げたものでね」



ビュティ「アンタ優しい顔して何やってんの?」



ジョージ「それはジョジョが生まれたばかりの頃旅行をしてね……」



そして7年の歳月が経過する



ビュティ「いやいやいやいやいや経過したらダメでしょ、まだ話の途中なのに!全然経過なんてしてないですからね!」






44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:44:00.80 ID:EBoNvJY70


モブ「ワアァーイ!!」ドタドタダダダ



首領パッチ「おーい!みんな登ってこいよ!」



ーイギリス最高峰ベン・ネヴィス山 標高1344mー



ビュティ「イヤイヤイヤイヤ、無理でしょ!!ていうか首領パッチ君どこから喋ってんの?」



モブ「おい、変なのがなんか言ってるぜ(マジで何て言ってるんだろ?)」



ビュティ「まぁ聞こえないよね」






46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:50:40.90 ID:EBoNvJY70


その後、ジョジョと少女エリナは恋し、首領パッチ達はボーボボのイジメにあっていた



ボーボボ「友情……犬がですか?」



ジョージ「………そしてーある時ジョジョはー屋敷の裏に川があるだろう、」



ジョージ「そこでおぼれたッ、ジョジョはひとりで声は誰にも聞こえない!まさに死ぬところだった!」



ジョージ「その時だ!影が47つ!」



ビュティ「47?やけに多いよ!!!」



ジョージ「なんとそれは人間!私だった!」



ビュティ「ダニー全く関係無いじゃん!!!しかもあなた47人も居ないでしょ!!!」






49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 18:54:21.77 ID:EBoNvJY70


まぁ色々あって今度こそ56年の歳月が経過する



ワムウ「必殺流法『神砂嵐』」



怒んパッチ「遅い!おやびんラッシュ!!」



ズドドドド!!!



ワムウ「これはッ!波紋ッだとっ?グハァ!!」



天の助「フッ、対した事無かったな」



ボーボボ「カーズ!!後はお前一人だ!!!覚悟しろ!!!」



カーズ「だが、頂点に立つ者は常にひとり!」



ビュティ「イヤイヤイヤイヤ、歳月経過し過ぎでしょ!!!」



こうして、ディオの居ない世界のジョナサンは普通に老いて行き、孫のジョセフも普通に暮らして居るので、代わりに柱の男を倒しに来たボーボボ達は見事サンタナとエシディシとワムウを倒し、残るカーズとの最終決戦が今始まるッ!!!



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [29/40回(PC)]
カーズ「貴様ら程度の波紋使いが束になってかかってこようとも……この俺を倒せるとでも?」



カーズ「思っているのかァ?」



ボーボボ「速いッ⁉」



???「心配無い……」



サービスマン「サービス!!!」



カーズ「何ィィィ!!!股間から波紋だとォォォ!!!」



時は49年遡る




54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [30/40回(PC)]
ツェペリ「ようやく石仮面を見つけたと思ったのに遊び道具に使われてるなんて……」



首領パッチ「あぁ、私の女子力の源の石仮面が!!!おっさん許さないわよッ!!!」



ツェペリ「ちょいと眠ってもらおう」バリリィ



ボーボボ、ジョナサン「何ィ⁉」



ツェペリ「ホホ、これは波紋と言うんじゃ、どれ、あんさんらには波紋の才能がありそうじゃ、修行してみるか?」




55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [31/40回(PC)]
こうしてジョナサン達はチベットへ行く事になる



10年後

トンペティ「これは、エイジャの赤石じゃ」



トンペティ「これは次期波紋法の後継者に渡す、くれぐれも壊すなよ」



ボーボボ「こんな風に?」バリィ



トンペティ「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



首領パッチ「オイ、とりあえず謝っておけよ」ボソボソ



ボーボボ「分かったよぉ、あのマジですいませんでした」



トンペティ「終わりじゃ終わり人類滅亡じゃーい!!!」




57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [32/40回(PC)]
その後トンペティは認知症になり亡くなった、次期波紋法後継者はストレイツォとなった



そして一ヶ月ほど前



ダイアー「フフッ、波紋入りの薔薇の棘は痛かろう」



サンタナ「何だこの力はッ!!!身体がッ、溶けるぞ!!!」



サンタナ死亡




58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [33/40回(PC)]
エシディシ「ダイアーとやら相当の波紋の使い手、油断出来ぬ!」



ダイアー「喰らえ、波紋入りの薔薇の棘!!!」ビュォッ



エシディシ「『怪焰王』の流法!!!」ジュワッ



ダイアー「かかったなアホが!」



ダイアー「稲妻十字空烈刃!」



エシディシ死亡




59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] : 投稿日:ID:+lXOgKHt0 [1/1回(PC)]
ダイアー強すぎワロタ




60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [34/40回(PC)]
ロギンス、メッシーナ「さすがダイアーさん!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!」



ダイアー「ボーボボ達は?」



ストレイツォ「ワムウとカーズを探している、何としても人類滅亡だけは避けなければ、俺達も急ぐぞ」




61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [35/40回(PC)]
ツェペリ「ボーボボ!ワムウがスイスに居たぞッ!わしとシーザーは先に向かう」



ボーボボ「そんな事よりUNOしようぜ」



首領パッチ「やるやる~」



ワムウ「俺も俺も!」



天の助「って、えぇ!!!」




63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [36/40回(PC)]
ワムウ「ツェペリとシーザーと言う波紋使いは始末したぞ」



ボーボボ「何ッ、やはりツェペリの姓は死亡フラグだったか……」



怒んパッチ「貴様、よくも俺の仲間を、許さねぇぞ……」ゴゴゴ



ワムウ「お前は中々の使い手だな、このワムウ、戦車戦を申し込む」



怒んパッチ「何故貴様の言う事を俺が聞くんだよ……」



ワムウ「10円やろう」



怒んパッチ「……乗った」




64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [37/40回(PC)]
ワムウ「戦車はこの吸血…」



怒んパッチ「俺はエイブラムス M1A2にする」



カーズ「そんなの反則だろ」



ワムウ「心配御無用カーズ様、行くぞッ!!!」



ビュォッ



ワムウ「グハァ!!」



ボーボボ「波紋入りの薔薇の棘!!!」



ダイアー「フフ、間に合ったか」



ストレイツォ「今だ、怒んパッチ!!」



ワムウ「グフゥ、最後の、力…」



今に戻る










67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [38/40回(PC)]
カーズ「クソォォォ!!!」



天の助「俺が行くぞッ!!!」



カーズ「ナメるなぁ!」



天の助「おれの扱いひでぇ!」



ダイアー「フッ、これで……終わりだ!!!」



ビュォッ



カーズ「波紋入りのォォォ薔薇の棘がァァァ!!!」



カーズ死亡




68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [39/40回(PC)]
ダイアー「終わった…」



ストレイツォ「日が昇って来た」



天の助「ん、前が良く見えないなぁ」ガバッ



首領パッチ「天の助に石仮面がッ!」



ボーボボ「究極の生命体、天の助の誕生だぁぁぁ!!」




69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:EBoNvJY70 [40/40回(PC)] 天の助「そんな訳ねーだろ」



ボーボボ「そりゃそうだね」



関連記事
スポンサーサイト