FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

あかり「ごらく部のみんなと距離を置こう」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 20:54:06.51 ID:XUNOwJ8h0

あかり「ごらく部にあかりがいてもいなくても変わらないみたいだし」

あかり「存在感薄いって言われ続けてるもんね」

あかり「あかり、きっとごらく部以外に居場所があるんだよね」

あかり「だから、少しずつごらく部のみんなと距離を置いて」

あかり「あかりの本当の居場所、見つけちゃうんだから」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 20:58:50.85 ID:XUNOwJ8h0


~放課後~



京子「でさーミラクるんがさー」



ちなつ「もうミラクるんの話はいいですってば」



京子「えーちなちゅのいけずぅ」



ちなつ「ちなちゅ言うな」



結衣「ほんと京子はミラクるんばっかだな」



京子「だって私の人生だし!」



ちなつ「うわぁ…」



結衣「はいはい」



京子「あっそうだ!土曜日結衣の家遊びに行こうぜー」



結衣「何がそうだ、なんだ」



ちなつ「あー!私も行きたいですう!」



京子「いいよ!ちなつちゃんもおいでよ!」



結衣「何でお前が話進めてるんだ」






11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:02:03.02 ID:XUNOwJ8h0


京子「えーだめなのー?」



結衣「いやいいけど」



京子「じゃあけってーい!」



ちなつ「わー!私、精一杯おしゃれしていきますね!」



結衣「う、うん」



京子「あ、そういえばあかりはどうするの」



あかり「あかりのこと忘れられてたかと思ったよぉ」



京子「わりわりー、素に忘れてた」



あかり「きょ、京子ちゃん!」プンプン



京子「あはは、で、くる?」



あかり「あかり、予定があるから」



京子「そうなんだ、じゃ、3人で楽しもうぜー」



ちなつ「おー!」



結衣「テンション高いな…」



あかり「……」






17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:07:48.65 ID:XUNOwJ8h0


~帰り道~



京子「明日の土曜日何しよっかー」



結衣「うーん」



ちなつ「私は結衣先輩と一緒ならなんでもいいですー」



結衣「あ、ありがと」



京子「いつも大体ゲームするか漫画読むかだよなー」



結衣「私は別にそれでいいけど」



ちなつ「私もですー!」



京子「うーん…そうだ!明日はボーリング行こうぜー!」



結衣「あ、いいかも」



ちなつ「何だか懐かしいですね」



京子「3人だと回転も早いし、ボーリングにけってーい!」



結衣「オッケー」



ちなつ「腕がなります!」



あかり「……」






20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:10:38.94 ID:XUNOwJ8h0


あかり「ただいまー…」



あかね「あかり、おかえりなさい」



あかり「お姉ちゃん、ただいま」



あかね「今日も学校楽しかった?」



あかり「うん、楽しかったよぉ」



あかね「そう、よかったわね。今ご飯の準備してるから、お部屋で待っててね」



あかり「うん!」



あかり「……」



あかり「あかり、やっぱりごらく部にいてもいなくても関係ないよぉ」



あかり「どうしよう…、他の部活に入ろうかなぁ」



あかり「でもあかり得意なことないし」



あかり「うぅ…」






22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:14:10.81 ID:XUNOwJ8h0


~土曜日~



あかり「あかり、本当は今日予定がないのにお誘い断っちゃった」



あかり「だって、あかりはいてもいなくても変わらないもんね」



あかり「うーん、今日は何しようかなぁ」



あかり「そうだ、お菓子持ってお散歩行こう」



あかり「あかりお散歩大好きー」






28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:22:53.92 ID:XUNOwJ8h0


あかり「今日もいい天気だよぉ」アッカリアッカリ



あかり「こんな日にお散歩すると心が安らぐね」アッカリアッカリ



あかり「あれ?向日葵ちゃんに櫻子ちゃん?」



向日葵「もうっ櫻子が遅刻するから映画の半分も見れませんでしたわ!」



櫻子「だってしょうがないじゃん!時間勘違いしてたんだから!」



向日葵「約束の時間決めたの櫻子じゃありませんの!何で自分で忘れるんですの!」



櫻子「うるさいこのおっぱい魔神!」



向日葵「な…関係ないでしょう!」



あかり「あのー」



櫻子「え、あかりちゃん?」



向日葵「あら」



あかり「ご、ごめんねお邪魔しちゃって」



向日葵「そんなことないですわよ」



櫻子「うん、むしろお邪魔なのは向日葵だよ」



向日葵「はあ?」






30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:25:11.27 ID:XUNOwJ8h0


向日葵「どの口が言いますの」グイ



櫻子「いたた!いたい!」



あかり「わわ、二人共落ち着いてよぉ」



向日葵「全く、今日は赤座さんに免じて許してあげますわ」



櫻子「なにおう!」



あかり「ほ、ほらこれみんなで食べようよぉ」



向日葵「コパン…」



櫻子「え、くれるの?!」



あかり「うん、あそこに座ってみんなで食べよぉ」



櫻子「わーい!」



向日葵「単純ですこと」



櫻子「何か言った?」



向日葵「何も」






33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:28:51.60 ID:XUNOwJ8h0


櫻子「もぐもぐ、うん、これおいしい!」



あかり「えへへ、あかりこれ大好きなんだ」



向日葵「それで、赤座さんは何をしてましたの」



あかり「うん、天気がいいからお散歩してたんだ」



向日葵「お一人で?」



あかり「うん」



櫻子「え、あかりちゃんぼっちなの?」



向日葵「櫻子」ドス



櫻子「あいた!」



あかり「……あはは」



向日葵「あの、ごらく部の皆さんとは休日遊ばないんですの?」



あかり「……うん、最近はあんまり」



向日葵「そう、ですの」



櫻子「え、もしかしてハブ?」



向日葵「櫻子」ドゴ






35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:32:08.81 ID:XUNOwJ8h0


櫻子「ごほっ!ひまわ…り…お腹は…」



向日葵「反省なさい」



あかり「えへへ、うん、そうなのかも」



向日葵「そう…」



あかり「あかり、最近ごらく部いてもあんまりお話しないし」



あかり「みんなあかりのことそんなに意識してないみたいだし」



あかり「最初は存在感薄いって、冗談かなって思ってたけど」



あかり「本当…だった…みたい…ぐす」



向日葵「赤座さん…」



櫻子「そんなことないよ!」



あかり「え?」



向日葵「櫻子?」



櫻子「あかりちゃんが存在感ないなんてことないよ!」



櫻子「あかりちゃん、私が困ってると助けてくれるし、何話しても笑ってくれるし!」



櫻子「私、あかりちゃん大好きだよ!」






46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:38:23.16 ID:XUNOwJ8h0


あかり「櫻子ちゃん…うぅ…ありがとぉ…」



櫻子「な、泣かないであかりちゃん!」



向日葵「赤座さん、ごらく部の皆さんも別に赤座さんが嫌いなわけじゃないと思いますわ」



あかり「うぅ…」



向日葵「そうですわ、試しに今度赤座さんから遊びに誘ってはどうかしら」



あかり「え?あかりから?」



向日葵「ええ。たぶん今まで赤座さんは歳納先輩とかから誘われて遊んでたんじゃありません?」



あかり「確かに、そうかも」



向日葵「だから、今度は赤座さんから誘ってみて、徐々にごらく部での存在感を増していけばいいんですわ」



あかり「う、うん。それじゃあ今度学校であかりからみんなを誘ってみるね!」



向日葵「ええ、頑張ってください」



櫻子「あかりちゃんとなら私いつでも遊べるから誘ってね!」



あかり「えへへ、ありがとう、櫻子ちゃん、向日葵ちゃん」






58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:46:06.30 ID:XUNOwJ8h0


~ごらく部室~



京子「いやー土曜日のボーリングちなつちゃん意外にうまかったねぇ」



ちなつ「当然です!って言いたいけど…何で京子先輩ターキー出してるんですか」



京子「うーん、才能ってやつ?」



ちなつ「なんか知らないけどすごい悔しいです」



結衣「京子はこう見えて多才なんだよな」



京子「えへへーちなちゅ、私に惚れなおしたかい?」



ちなつ「元から惚れてもいません」



京子「ガーン…」



ちなつ「結衣先輩のボーリング姿、素敵でしたあ!」



結衣「あ、ありがと」



あかり「みんな、ボーリング楽しかったんだねぇ」



京子「でももう当分ボーリングはいいかなー」



結衣「飽きるの早いなおい」






62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:49:35.46 ID:XUNOwJ8h0


あかり「そうだ、今度のお休みみんなでカラオケ行こうよぉ!」



京子「うーん…」



ちなつ「それより私、今度こそ結衣先輩の家で遊びたいです!」



京子「ボーリングで行けなかったし、そうしよう!」



結衣「私の意思は無視か」



京子「またまたー結衣にゃんうれしいくせにー」



結衣「殴るぞ」



京子「きゃー!」



結衣「いら」



京子「じょ、冗談だってば」



結衣「まあいいよ。どうせ予定空いてるし」



ちなつ「あーん!結衣先輩とまた過ごせるー!」



京子「じゃあ結衣の家でけってーい!」



あかり「……」






64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:52:24.38 ID:XUNOwJ8h0


あかり「あ、あかり今日予定あるから帰るね」



京子「うん、じゃねー」



ちなつ「それで、結衣先輩の家で何をします!」



結衣「うーんゲーム…とか」



京子「ほんと結衣はゲーム好きだな」



結衣「だって楽しいし」



ちなつ「私は結衣先輩がゲームしてるの見てるだけで幸せですー!」



結衣「う、うん」



京子「結衣がゲームしてる間ちなちゅは私とラブラブしよう」



ちなつ「は?ありえないです」



京子「ひ、酷い」



あかり「……」トボトボ






67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:56:45.40 ID:XUNOwJ8h0


あかり「……」トボトボ



あかり「最近は、バイバイって言っても誰もあかりの方向いてくれない」トボトボ



あかり「あかり、やっぱりごらく部に必要、ないんだね」



あかり「あかりがごらく部のみんなと距離置く前から、月とすっぽんくらい距離が離れてたんだね」



あかり「えへへ、今の面白ぉい」



あかり「……」



あかり「ぐす……ひっく……」



あかり「もう…うぅ…ぐす…明日…から…」



あかり「ひっく…ごらく部行かない…」






70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 21:59:44.91 ID:XUNOwJ8h0


チュンチュン



ピンポーン



京子「あかりー!学校行くぞー!」



ガチャ



あかね「あら、おはよう」



京子「おはようございます」



結衣「おはようございます」



あかね「あかりならもう学校行ったわよ」



京子「え?」



結衣「なんでだろ、何か今日あったっけ」



京子「うーん」



あかね「ごめんね」



結衣「いえ、それでは」



京子「あかりの薄情者めー」






73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:04:14.08 ID:XUNOwJ8h0


~放課後~



ちなつ「さーてと、今日も結衣先輩に会いに行かなくっちゃ!」タッタッ



あかり「……」



ちなつ「あれ、あかりちゃん?」



あかり「あ、先行ってて」



ちなつ「うん」タッタッ



あかり「……帰ろう」






76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:08:21.16 ID:XUNOwJ8h0


あかり「……」トボトボ



あかり「まだ、こんな時間なんだ」



あかり「学校終わってすぐ帰ると、時間はたーくさんあるんだね」



あかり「えへへ、色んなことができるよぉ」



あかり「何やろっっかなぁ」



あかり「うーん、うーん」



あかり「……」



あかり「一人は…寂しいよぉ」ウル






80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:10:48.41 ID:XUNOwJ8h0


あかり「ただいま…」



あかね「あかり?随分早いわね」



あかり「うん、ちょっと」



あかね「何かあったの?」



あかり「ううん!何もないよぉ」



あかね「そう?」



あかり「あかり、お姉ちゃんの顔が早く見たくて早く帰ってきたんだぁ」



あかね「!」ガタ



あかり「お姉ちゃん、一緒にあそぼぉ」



あかね「もちろんよ!」



あかり「わぁい」






81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:13:44.86 ID:XUNOwJ8h0


あかり「お姉ちゃん…やっぱり優しいよぉ」



あかり「明日も学校……」



あかり「今まで行きたくないなんて思ったことないのに」



あかり「学校行くのつらくなってきたよぉ」



あかり「うぅ……ぐす……」



あかり「…………」



あかり「zzz…」






83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:16:56.12 ID:XUNOwJ8h0


チュンチュン



ピンポーン



あかね「はーい」



ガチャ



結衣「あ、どうも」



あかね「今日もあかりは先に学校行ったわよ」



京子「え?」



あかね「あの子、これから一人で学校行くから、お迎えはいらないってそう言ってたわ」



京子「そ、そんな」



結衣「なんで…」



あかね「ごめんなさいね。申し訳ないけど、明日からもう寄らなくていいわよ」



京子「は、はい」



結衣「あかり……」






87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:21:18.37 ID:XUNOwJ8h0


結衣「あかり、昨日はごらく部にも来なかったし」



結衣「何かあったのかも」



京子「何かって?」



結衣「うーん…」



京子「……」



結衣「京子、お前あかりに何かやった?」



京子「え?!何で私」



結衣「一番何かしそうなの京子だから」



京子「ちょ、ひど…」



結衣「本当に覚えないの?」



京子「ないよ。だってこの前あかりいじりすぎて、あかりが落ち込んでたって聞いたから」



京子「だから最近はあかりをいじらないようにって、すごい意識してたくらいだよ」



結衣「うーん……。でも確かに京子がいじらなくなってから、あかりはいじられなくなったよね」



京子「でしょ?」



結衣「だとしたら何が原因なんだろう」






88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:24:51.16 ID:XUNOwJ8h0


あかり「おはよぉ」



櫻子「あかりちゃん、おっはよー!」



向日葵「おはようございます」



あかり「ふふ、櫻子ちゃんは朝から元気がいいね」



櫻子「うん!逆立ちしながら授業受けられるくらい元気だよ!」



向日葵「元気だけが取り得ですものね」



櫻子「はあ?なんだよこのおっぱい星人!」



向日葵「関係ないでしょう!」



あかり「も、もうー、そこまでだよぉ」



ちなつ「あかりちゃんおはよう」



あかり「あ……おはよう」



ちなつ「昨日ごらく部こなかったね」



あかり「う、うん」



ちなつ「まあ、いいんだけど」



あかり「……そう」






89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:28:25.51 ID:XUNOwJ8h0


~放課後~



櫻子「やっと終わったー!」



向日葵「何がやっと、ですの。ほとんど寝てたじゃない」



櫻子「す、睡眠学習だよ!」



向日葵「もう少しまともな嘘をついて欲しいですわ」



櫻子「ふ、ふん」



ちなつ「早く結衣先輩に会いにいかなきゃー!」タッタッ



あかり「……」



ちなつ「あかりちゃん?」



あかり「……あ、後で行くよぉ」



ちなつ「……うん」タッタッ



あかり「……」






92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:34:41.14 ID:XUNOwJ8h0


あかり「……」トボトボ



あかり「あかり、どうしよう…」



あかり「このままじゃ…ずっと…一人ぼっち…ぐす」



櫻子「あかりちゃーん!」ダッダッ



あかり「え?櫻子ちゃん?」



櫻子「あかりちゃんだー!」バッ



あかり「わっ」



櫻子「つーかまーえた」ギュ



あかり「さ、櫻子ちゃん?どうして」



櫻子「うーんあかりちゃんいい匂い」



あかり「か、嗅がないでよぉ」



櫻子「えへへ」



向日葵「櫻子、早く離れなさい」



櫻子「えー」



向日葵「…」ゴス






94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:37:15.51 ID:XUNOwJ8h0


櫻子「いた!だから殴るなって!」



向日葵「櫻子が悪いんですわ」



あかり「あれ?二人共生徒会は」



向日葵「今日はお休みですわ」



櫻子「そうそう、それで帰ってるときにあかりちゃんを見つけたからつい」



向日葵「つい、で急に抱きしめられたらたまったもんじゃありませんわ」



櫻子「向日葵にはぜーったいしないから安心しろっ」



向日葵「さ、されたくもありませんわ!」



あかり「二人共落ち着いてよぉ」



向日葵「私としたことが」



櫻子「いつもどおりじゃん」



向日葵「キッ」



櫻子「こ、こわっ」






97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:41:00.70 ID:XUNOwJ8h0


向日葵「それで、赤座さんもごらく部はお休みでしたの?」



あかり「ううん、そういうわけじゃないよぉ」



向日葵「行きたくない…ということですのね」



あかり「……」



櫻子「え、あかりちゃん何で!」



向日葵「櫻子、少しだけ静かにして」



櫻子「だって」



向日葵「櫻子」



櫻子「…うん」



あかり「……あかり」



あかり「あかり、やっぱりごらく部に居場所なかったみたい」



向日葵「そう、ですの…」






98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:45:39.94 ID:XUNOwJ8h0


あかり「で、でもあかり大丈夫だよ!」



あかり「あかりみんなが楽しそうならそれでいいし、あかりは一人でも大丈夫だし!」



あかり「あか…り…ぐす…だいじょ…う…」



あかり「うっ…うぅ…」



向日葵「大丈夫、大丈夫ですわ」ギュ



あかり「あかり…うぇぇ…」



向日葵「赤座さんは一人じゃありませんわ」



櫻子「そうだよ!あかりちゃんと一緒だと私楽しいよ!」



向日葵「私も赤座さんからいつも元気を貰ってますわ」ギュウウ



あかり「うぅ…うえええええええええん!」



向日葵「大丈夫、大丈夫」



櫻子「あ、あかりちゃんに泣かれると…ぐす…私もなんか…うぅ」



櫻子「うええええええええん」



向日葵「ちょ、なんで櫻子まで」






101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:50:35.92 ID:XUNOwJ8h0


向日葵「落ち着きましたか?」



あかり「うん……ありがとぉ」



櫻子「私も落ち着いたよ」



向日葵「櫻子には聞いてませんわ」



櫻子「ちょ、私だって泣いてたじゃん!」



向日葵「あなたのはただのもらい泣きでしょう」



櫻子「で、でも泣いてたんだから優しくしろよ!」



向日葵「厚かましいにもほどがありますわ」



櫻子「なにおう!」



あかり「あはは」



ひまさく「「え?」」



あかり「ご、ごめん、なんか。おかしくって!あははは」



向日葵「ふふ」



櫻子「あかりちゃんはやっぱ笑ってるのが一番だよ!」






104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 22:54:59.14 ID:XUNOwJ8h0


あかり「ふぅ…」



向日葵「赤座さん、あのね」



あかり「うん」



向日葵「もしよろしければ生徒会に入ったらどうかしら」



あかり「え?」



櫻子「あかりちゃんが生徒会!」



向日葵「生徒会なら私も櫻子もいますし、先輩方もすごい優しい方ばかりですわ」



あかり「でも…いいのかな」



櫻子「いいに決まってるよ!あかりちゃんが生徒会入ったらもっと楽しくなりそう!」



向日葵「生徒会は遊び場じゃないんですけど」



あかり「もし、入っていいなら、あかり、生徒会に入りたい」



向日葵「もちろん、歓迎しますわ。会長にも話を通しておきますわ」



櫻子「わーい!あかりちゃんが入ったー!」



あかり「えへへ、これからよろしく」






108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:00:39.22 ID:XUNOwJ8h0


~ごらく部~



結衣「あかり…今日もこないね」



京子「……」



結衣「ちなつちゃん、来るって言ってた?」



ちなつ「はい、でも昨日もそう言って来なかったから…」



結衣「朝の登校ももうこないでって言われたし」



結衣「やっぱり何かしたんだよ」



京子「そんなことない!」



結衣「でも、そうとしか考えられないだろ」



京子「だって、だってあかりが嫌がってるって結衣が言ったから、いじるのだってやめたんだ!」



ちなつ「私もそれからあかりちゃんのこといじらないようにしてます」



結衣「他に何かしてない?京子とか無意識にあかりいじったりしそうだし」



京子「してないよ!」



結衣「うーん……」



京子「あかり……なんで……」






111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:05:20.27 ID:XUNOwJ8h0


~次の日~



あかり「いってきまーす!」



タッタッ



あかり「ふんふふーん♪」



あかり「今日っから、あっかりは、せいっとっかい♪」



あかり「えへへ、楽しみだなぁ」



京子「あかり!」



あかり「え?」



結衣「おはよ」



あかり「結衣ちゃんに京子ちゃん……」



京子「あかり、どうして」



あかり「え?」



京子「どうして一緒に登校しなくなったの?」



あかり「そ、それは……」






115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:09:13.45 ID:XUNOwJ8h0


京子「後、ごらく部にも来なくなったし……」



京子「どうして?」



あかり「……」



結衣「あかり、私達が悪かったら謝るから」



あかり「べ、別に京子ちゃんたちは悪くないよぉ」



京子「じゃあなんで!」



あかり「あかりがいなくてもごらく部は大丈夫だよぉ」



あかり「3人で仲良くしてくれれば、それであかりは満足だから」



京子「あかり、ごらく部もうこないの?」



あかり「……」



あかり「あかり、生徒会入ったから」



結衣「え?」



あかり「だからごめんね!」ダッダッ



京子「あ、待ってよ!あかり!」



京子「あかりいいいいいいいいいいいい!」






116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:14:30.04 ID:XUNOwJ8h0


あかり「おはよー」



櫻子「あかりちゃんおはよー!」



向日葵「おはようございます」



ちなつ「おはよう」



ちなつ「あの、あかりちゃん」



あかり「ん?」



ちなつ「昨日もごらく部来なかったね」



あかり「……」



ちなつ「今日は来るよね?」



あかり「ごめんね」



ちなつ「そんな…」



櫻子「そうだ!あかりちゃん生徒会入るならこの腕章付けなきゃ!」



向日葵「そうですわね。生徒会として活動するときには必要なものですわ」



ちなつ「え?あかりちゃん?」



あかり「わぁい!なんだか本格的に生徒会に入った気がしてきたよぉ」






118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:19:36.27 ID:XUNOwJ8h0


ちなつ「あかりちゃん生徒会に入ったの?」



あかり「あ、うん…だから、ごらく部もう行かないね」



ちなつ「そう、なんだ…」



あかり「櫻子ちゃん、他には何か必要なものないかな!」



櫻子「うーん、そうだなあ」



櫻子「先輩としてアドバイスすると」



向日葵「いきなり先輩面ですのね」



櫻子「とにかく楽しみことだよー!」



あかり「えぇー、生徒会って遊ぶ場所なのー?」



向日葵「櫻子は特別馬鹿ですから気にしないでいいですわ」



櫻子「むっきー!何事も楽しくやることが重要なんだよー!」



向日葵「はいはい」



あかり「あはは、もう二人共やめなよぉ」



ちなつ「あかりちゃん……」






121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:22:25.25 ID:XUNOwJ8h0


~放課後~



櫻子「あかりちゃん!早く生徒会行こう!早く!」



あかり「あ、うん」



向日葵「櫻子、生徒会は遊び場じゃないって何度言えば」



櫻子「いいから早く!あかりちゃん!」ダッダッ



あかり「あ、待ってよー!」ダッダッ



向日葵「こら!生徒会役員が走っちゃだめですわ!」ダッ



ちなつ「……」






125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:27:57.54 ID:XUNOwJ8h0


綾乃「今日からよろしくね赤座さん」



あかり「はい、赤座あかりです!精一杯がんばります!」



千歳「赤座さん元気いいわぁ」



綾乃「何年寄りみたいなこと言ってるの」



千歳「あか綾もあり…やわぁ」ブー



綾乃「ちょ、千歳!」



あかり「池田先輩、これ使って下さい」



千歳「ありがとなー」



櫻子「おー!流石あかりちゃん!私がおはし忘れてもいつも割り箸くれるだけある!」



向日葵「あなた、どれだけ赤座さんに頼ってるんですの」



櫻子「うーん数えきれないくらい」



向日葵「全く」



あかり「向日葵ちゃんいいんだよぉ。みんなのお役に立てたならあかり嬉しいよぉ」



櫻子「あかりちゃん天使!」



向日葵「ふふ、何だかずっと前から赤座さんがここにいた見たいに溶け込んでますわ」






128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:33:27.39 ID:XUNOwJ8h0


~ごらく部~



ちなつ「こんにちは…」



結衣「ああ、ちなつちゃん……」



京子「……」



ちなつ「あかりちゃん、生徒会入ったって言ってました……」



結衣「うん、知ってる……」



京子「なんで……」



結衣「……」



京子「ねえ、何で!」



結衣「落ち着け京子」



京子「あかりいじるのやめて、あかりが嫌がることやめて、それでもっとごらく部が楽しくなるんじゃなかったの!」



結衣「落ち着けって!」



京子「結衣じゃん!結衣が言い始めたんじゃん!」






129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:35:20.71 ID:XUNOwJ8h0


結衣「は?じゃあ私のせいって言うの?!」



京子「そうだよ!結衣のせいだよ!」



結衣「元はといえば京子があかりいじりすぎたのが悪いんだろ!」



ちなつ「もうやめてください!」



京子「……」



結衣「……」



ちなつ「こんなことしても…あかりちゃん戻って来ません…」



京子「あかり………どうして……」



結衣「……」






132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:38:58.32 ID:XUNOwJ8h0


ちなつ「もう、私達だけでやっていきましょうよ」



結衣「え?」



ちなつ「3人でも、ごらく部は楽しくやっていけますよ」



結衣「ちなつちゃん……」



ちなつ「ほら、この間のボーリングのとき、あかりちゃんいなくても楽しかったじゃないですか!」



ちなつ「ねっ、だから3人でも」



バン!



ちなつ「ひっ」



京子「私はつまらなかった」



結衣「きょ、京子?」



京子「私はあかりがいなくてつまらなかった!」ダッダッ



結衣「おい京子!」



ちなつ「京子……先輩……」




133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:41:51.97 ID:3O2qBz3i0

本当に大切な人って居なくなってから初めて気づくものなんだな...




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:42:35.56 ID:EPalWHg60

大切にしてなかったじゃないですかー




135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:43:07.36 ID:lvtDgBo00

わぁいごらく部嫌い






137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:43:21.00 ID:XUNOwJ8h0


あかり「ふぃー初生徒会緊張したよぉ」



櫻子「でも楽しかったでしょ?」



あかり「うん!あかり、これからも頑張れる気がする!」



櫻子「えへへ、よかった」



向日葵「だから遊び場じゃないとあれほど」



櫻子「向日葵も楽しいでしょ?みんなと一緒に活動できてさ」



向日葵「私は…」



櫻子「楽しくない?」



あかり「そうなのぉ?」



向日葵「ちょ、ちょっとはその…」



櫻子「ちょっと?」



あかり「ちょっとなのぉ?」



向日葵「あーもう!楽しいですわよ!」



櫻子「そうそうそれでよろしい」



あかり「えへへ、よかったよぉ」






139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:46:17.05 ID:XUNOwJ8h0


あかり「あかりこっちだから」



向日葵「そう、それじゃあまた明日」



櫻子「またねーあかりちゃん!」



あかり「うん!ばいばーい!」



あかり「うー!何か今日はすごい充実した日だったよぉ!」



あかり「こんな気持ち、入学してから始めてかも!」



あかり「明日も楽しみだなぁ!」



ダッダッ



京子「あかりー!」



あかり「え……」



京子「あかり…はあはあ…」



あかり「京子……ちゃん……」






142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:49:47.27 ID:XUNOwJ8h0


あかり「ど、どうしたの」



京子「あかり…その…」



あかり「うん……」



京子「ごめん!私が悪かったなら謝るから!」



あかり「え?」



京子「だからごらく部に戻ってきてよ!」



あかり「……」



京子「私が、私が何かしたんだろ?いつもみたいにふざけすぎて」



京子「ほんとにごめん!だから、だからごらく部に」



あかり「ううん、京子ちゃん」



あかり「京子ちゃんは何もしてないよ」



京子「え?それじゃあ何で」



あかり「京子ちゃんだけじゃない、ごらく部のみんなはあかりに何もしてないよ」



あかり「本当に、『何も』、しなかったんだよ」



京子「でも、それじゃあ…」




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:52:08.07 ID:8coUJ7cUO

グサッときた……






146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:52:27.62 ID:XUNOwJ8h0


あかり「何もしてないし、あかりも何もしてない」



あかり「だからあかりは生徒会でがんばるんだぁ」



京子「どういうことか…わからないよ」



あかり「じゃあね京子ちゃん」



京子「ま、待ってよあかり」



あかり「……」アッカリアッカリ



京子「待ってよぉ!」



あかり「……」アッカリアッカリ



京子「うぅ…うぇえ…あかりちゃん待ってよぉ」



あかり「……」アッカリアッカリ



京子「ぅ……ぅ……」






147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/10(月) 23:58:47.07 ID:XUNOwJ8h0


~次の日~



あかり「行ってきまーす!」



アッカリアッカリ



京子「あ、あの…おはよう」



あかり「京子…ちゃん…」



京子「い、一緒に登校して、いいかな」



あかり「……」テクテク



京子「あ、ま、待って」テクテク



あかり「京子ちゃん」



京子「うん」



あかり「京子ちゃんは結衣ちゃんと一緒に登校すればいいと思うよぉ」



京子「え……」



あかり「同じごらく部なんだし、それにもう迎えに来ないでいいってお姉ちゃんから伝えたはずだけど」



京子「そ、それは…でも」



あかり「それじゃ、あかり行くね」ダッ






149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:03:20.80 ID:z9szL7M50


~放課後~



櫻子「あかりちゃん!早く遊びに行こうぜー!」



向日葵「生徒会役員と思えない発言ですわ」



櫻子「あ、間違えた。あかりちゃん、早く仕事しにいこうぜー!」



向日葵「白々しい」



あかり「あはは、でもみんなの役に立ちながら楽しいなんて、最高の遊びだと思うなぁ!」



向日葵「もう、二人共しょうがないですわね」



櫻子「いいから向日葵も早く行こ!」



向日葵「はいはい」



ちなつ「……ごらく部行こ」






154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:06:20.06 ID:z9szL7M50


京子「あかり!」



あかり「…何、京子ちゃん」



櫻子「あかりちゃん、先行ってるよー」



あかり「うん!すぐ行くね!」



京子「あ、あのねあかり」



あかり「京子ちゃん、私生徒会のお仕事があるんだけど」



京子「も、もしよかったらこれ」



あかり「映画のチケット?」



京子「う、うん…」



あかり「これがどうしたの?」



京子「きょ、今日この後…その、一緒に行かない?」



京子「あ、たまたま、その、二枚……」




155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:07:41.22 ID:ZAfdXms/0

空回りすぎだよ京子ちゃん……






162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:11:07.97 ID:z9szL7M50


あかり「京子ちゃん」



京子「う、うん」



あかり「あかりこれから生徒会のお仕事あるって言ったよぉ」



あかり「後、誘うならごらく部にしたらいいと思うな」



京子「え……」



あかり「ごらく部いた時にはあかりのことどうでもよさそうだったのに」



あかり「急に誘われてもあかり困っちゃうよぉ」



京子「ち、違う…どうでもいいとかじゃ…」



京子「な、仲直り…したくて」



あかり「別にあかりと京子ちゃん喧嘩してるわけじゃないよぉ」



あかり「でも、あまりもうあかりのこと心配しないでいいよ?」



あかり「あかり、生徒会でちゃんとやっていくからね」



あかり「京子ちゃんもごらく部で仲良く、楽しくね」



あかり「それじゃ」アッカリアッカリ



京子「うぅ…なんでぇ…」




163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:12:57.33 ID:5tnbK/hL0

実際結衣が一番あかりをいないものとして扱ってるからなあ

京子はいじるだけマシ






166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:14:57.46 ID:z9szL7M50


~ごらく部~



ちなつ「京子先輩…こないですね…」



結衣「……」



ちなつ「あかりちゃん、説得してるのかも」



結衣「……」



ちなつ「寂しく…なっちゃいましたね…」



結衣「ちなつちゃん」



ちなつ「はい」



結衣「ごめん、今日はもう帰るね」



ちなつ「え?あ、はい。それじゃあ私も」



結衣「ごめん、ちょっと用事思い出したから」ダッ



ちなつ「え?」



結衣「京子の馬鹿」ダッ






171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:20:27.89 ID:z9szL7M50


京子「ぅ…ぐす…」トボトボ



京子「あかりちゃんに…嫌われちゃったぁ…」



京子「うぅ…ぅぅぅ…」



結衣「京子ー!」ダッ



京子「結衣…ちゃん?」



結衣「はあはあ…京子…」



京子「どう…したの」



結衣「お前…またあかりの所行ったのか?」



京子「うん…だって…」



結衣「今は逆効果だってあれだけ言ったじゃん!」



京子「でも…ぐす…あかりちゃん…嫌われたら…うぅ」



結衣「だから!もう少し待てって!」



結衣「原因がわからないで下手に動くより、時間が経てばあかりだって少しは気持ちが変わるかもしれないだろ」



京子「でも…でも…」



結衣「いいから、さ、帰るぞ」






179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:26:42.17 ID:z9szL7M50


あかり「いってきまーす!」



アッカリアッカリ



京子「あ、あかりちゃん」



あかり「……京子、ちゃん」



京子「あの、たまたま、その、時間が」



あかり「偶然だねぇ」テクテク



京子「う、うん!ほんとに」



あかり「……」



京子「……」



あかり「京子ちゃん」



京子「うん!」



あかり「あのね、本当はこんなこと言いたくないんだけど」



京子「う、うん」






180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:28:14.90 ID:z9szL7M50


あかり「もう二度とあかりに話しかけないでくれないかなぁ」




182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:29:28.92 ID:CIHXqGFb0

うわぁあ




185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:30:04.07 ID:ZAfdXms/0

Oh...






189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:33:41.23 ID:z9szL7M50


京子「……え?」



あかり「あかりも、こんなこと本当に言いたくないんだ」



あかり「でも、でもね」



あかり「京子ちゃんとお話してると」



あかり「ごらく部にいた頃のつらい記憶をその度に思い出しちゃうんだ」



あかり「もちろん楽しい記憶も沢山あったけど、それでも」



あかり「それでも泣いてた頃のつらい記憶が蘇って」



あかり「胸が締め付けられるくらい苦しくなっちゃうんだよぉ」



あかり「だから、ごめんね」



あかり「もう、京子ちゃんとはお話できないよ」



あかり「さよなら」ダッダッ



京子「…………」



京子「…………」ジワッ



京子「…………」ポロポロ






192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:40:50.43 ID:z9szL7M50


~昼休み~



ちなつ「え?京子先輩がいない?」



結衣「ああ、家に電話しても学校に行ってるって」



ちなつ「でも学校には着てないんですよね?」



結衣「そうなんだ。くそ!どこ行ったんだ!」



ちなつ「あかりちゃん…何か知らないかな」



結衣「聞いてみよう!」ダッ



____



結衣「あかり!」



あかり「えっ、結衣ちゃん?…にちなつちゃん」



結衣「京子どこいったか知らないか!」



あかり「え、どうしたの突然」



結衣「朝から学校にもいないし居場所がわからないんだ!」



あかり「えっ!」




193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:42:33.61 ID:ZAfdXms/0

京子ちゃんェ……






195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:43:10.65 ID:z9szL7M50


あかり「あ、あかり知らないよぉ」



結衣「そうか…」ダッ



ちなつ「ちょ、ちょっと結衣先輩」



あかり「京子ちゃん……まさか、あかりのせいで……」



あかり「…………」



ダッダッ






197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:46:02.17 ID:z9szL7M50


結衣「はあ…はあ…京子ー!!」



ちなつ「京子せんぱーい!!」



結衣「ちなつちゃん!二手に別れよう!」



ちなつ「はい!」



結衣「見つけたら電話して!」



ちなつ「はい!」



結衣「京子…京子…!」



___



あかり「京子ちゃーん!」



あかり「どこにいるのぉー!!」



あかり「京子ちゃああん!あかりが悪かったよぉお!」



あかり「出てきてよぉお!」



あかり「はあはあ…京子ちゃん…」




198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:47:10.76 ID:T7nkZWpr0

やっぱり幼馴染だものね




200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:49:05.44 ID:w5yVPLVXO

あかりに我慢を強いるのか






202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:49:11.53 ID:z9szL7M50


結衣「はあ…はあ…」



ちなつ「結衣先輩……」



結衣「あ、ちなつちゃん…その様子だと」



ちなつ「いませんでした…」



結衣「くそ!京子のやつどこ行ったんだよ!」



ちなつ「もう夜になりますよ?こんなに見つからないなら警察に頼んだ方が…」



結衣「そうだねそうしよう。頭に血が上ってそこまで考えられなかった」






206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:52:11.66 ID:z9szL7M50


あかり「はあ…はあ…」



あかり「京子ちゃん…どこにもいないよぉ」



あかり「もう暗くなってきたし…どこいったのぉ…」



あかり「あかり、あかり京子ちゃんにいなくなって欲しくて言ったんじゃないのに」



あかり「違うのに…でも…」



あかり「でも…あかり、最低だよね…」



あかり「自分のことばかり考えて、京子ちゃんのこともっと考えてあげてれば…」



あかり「うぅ…京子ちゃん」



あかり「京子ちゃん…」



あかり「ごらく部室にいたり…するかも」



あかり「………行ってみよう!」ダッ






210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 00:55:37.68 ID:z9szL7M50


あかり「はあ…はあ…」



あかり「ついたよぉ」



あかり「でも、電気がやっぱり点いてないね」



あかり「京子ちゃん、別の場所にいるのかな」



あかり「一応中を見てからにしよう」



あかり「京子ちゃーん!いたらお返事してー!」



ガラッ



あかり「京子ちゃーん!」



あかり「!」



221 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:z9szL7M50 [15/17回(PC)]
あかり「京子ちゃん待ってよぉ!はあ…はあ…やっと追いついたぁ」



京子「あかり遅いぞ」



あかり「京子ちゃんが早すぎなんだよぉ」



京子「えー、あかりがドン臭いだけなんじゃないの?」



あかり「もー!そんなことないもん!」プンプン



京子「ははは、ほんとあかりはいじり甲斐あるなあ!」



あかり「うー」



京子「わりーわりー」



あかり「でも、あかり京子ちゃんにいじられるの、悪い気はしないよぉ」



京子「うわっ、あかりマゾだったんだ」



あかり「違うよぉ!」



京子「あはは、あかりといるとほんと楽しいな」



あかり「あかりもだよぉ!京子ちゃん、ずっと、ずーっと一緒だよ」



京子「ああ」



______




222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:z9szL7M50 [16/17回(PC)]
結衣「はあ…はあ…後はここくらいしか」



ちなつ「でも、部室なんかに…」



結衣「入れ違いになったかも知れない」



ちなつ「だと…いいですけど…」



結衣「とりあえず中見てみよう」



ちなつ「はい」



結衣「京子ー!いたら返事しろー!」



ガラッ



結衣「京…」



ギィ ギィ



ちなつ「結衣先輩、いたんです…」



ギィ ギィ



~Fin~




223 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:ZAfdXms/0 [7/9回(PC)]
おいィ!?




224 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] : 投稿日:ID:NLw1Gz6s0 [2/3回(PC)]
いい話ダナーといいたいが釈然としない




225 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:iC4c/6kD0 [9/11回(PC)]

ギィギィってあれだろ、どうせ二人でブランコのってるんだろ
関連記事
スポンサーサイト