FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ミサト「あ~ら、クリスマスイヴだってのに家で過ごすの?二人共」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:06:03.55 ID:p1rj3uSH0

シンジ「…」
アスカ「…」

ミサト「それともー……フフ、こりゃ邪魔したわねえ」

シンジ「なっ」
アスカ「ハァ?」

ミサト「冗談よ♪」

シンジ「というか、ミサトさんこそ、人のこと言えないですよ」

ミサト「あら~、私はこれからちっと御用があるのよ?」

シンジ「な」
アスカ「な、なんですってええ!?」

ミサト「じゃ、シンちゃん洗濯物お願いねーっ 行ってきまーす!!」バタン



シンジ「…」

アスカ「…」     こんな感じで頼む




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:24:03.62 ID:hGE0QMs90


シンジ「やっぱり加持さんと会ったり…するのかな」



アスカ「ふん、別にキリスト教徒でもないのにクリスマスで浮かれるなんておかしいわ。どうして日本人は…」



シンジ「一応ターキーとか用意してあるんだけど食べる?



アスカ「それを早くいいなさいよ、食べるに決まってんでしょ」



シンジ「わかった。温めるからちょっと待っててよ」



アスカ「……」スタスタ







シンジ「アスカ~?出来たよ~……ってぶはぁ!どうしたの!?その格好」



アスカ「別に。日本ではこれがサンタの正装なんでしょ?」






19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:36:46.56 ID:hGE0QMs90


アスカ「TVとか雑誌でも女のサンタはこういう格好してるじゃない」



シンジ「い、いや、確かにそうなんだけど…」



シンジ(帽子と白いモコモコ付きの赤キャミソールだけってそれ、もはやエロサンタだよアスカ)



アスカ「似合うでしょ?」クルクル



シンジ(なんか生地薄くない!?見えてるよ!体のシルエットとか!下着色とかの薄っすら!)



アスカ「ちょっとなんか言いなさいよバカシンジ」



シンジ「いやすごく似合うよとってもかわいいよアスカ」



アスカ「えっあ、そ、そう?ふん、まあ当然よね」



アスカ「早く食べましょ♪」スタスタ



シンジ「……」ハァハァ






31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 23:52:14.46 ID:cG4Wyd830


アスカ「何よこのひんそーなお肉。もうちょっといいのなかったの?」パクパク



シンジ(だ、だめだ……その衣装刺激が強すぎるよ!)



アスカ「ま、バカシンジにしては気の利いたことするじゃない。コーラまであるし」



シンジ(さっきからエントリープラグの深度が……! このままじゃ汚染区域に入っちゃう!)ドッドッ



アスカ「なによ、さっきからこっちばっかりじっと見て」



シンジ「ふぇっ!?」






38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 00:02:39.61 ID:0Un0t0c80


シンジ「や、や、何でもないよ何でもない!」



アスカ「そう? じゃあいいけど」



シンジ(危ないっ! いろんな意味で危ない! セーフセーフ……)



アスカ「それにしてもミサトったら、失礼しちゃうわね」



アスカ「こちとら学校で何人の男の誘い切ってやったと思ってんのよ」



シンジ「ああ、そういえば誘われてたね」



シンジ(そして今僕を誘っているよね)



アスカ「このアスカ様が凡人以下の祝日を送るはずがないでしょう?」



シンジ「そう思うよ」



アスカ「だから、クリスマスを一緒に過ごせることを光栄に思いなさいよね!」ビシッ



シンジ「ターキーで指さなくても分かってるって」



シンジ(ていうか体を傾けないでキャミがズレるズレるズレろもう少し)






41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 00:13:07.93 ID:0Un0t0c80


アスカ「へぇ……何よ、やけに素直じゃない」



シンジ「僕も一人でクリスマスを過ごすのは寂しかったし、一緒でうれしいから」ニコッ



アスカ「…………いい心がけじゃない」フイッ



シンジ「? 後ろ向いてどうしたの?」



シンジ(やめてえええええキャミ越しにポッチを見せ付けないでえええええええ)



アスカ「なっ、何でもないわよ」



シンジ(何でもあるんだよこっちは!ふざけるな!いい加減にしろ!!ボタン押させろよ!ダミープラグになってからじゃ遅いんだぞ!)



アスカ「あ、あんたこそ何も予定なかったの?」



シンジ「まあ特にはね」



シンジ「はじめっからアスカと過ごす予定だったし」



アスカ「………………そう」



シンジ「またそっち向いてる」



アスカ「うっさい」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/29(木) 00:14:38.95 ID:wXYU6SLA0

照れるアスカの破壊力



50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [3/25回(PC)]
シンジ「食事の最中によそ向くのは行儀悪いよ」パクパク



アスカ「悪かったわねぇ」ガツガツ



シンジ「食べ方も汚い」



アスカ「聖夜ぐらいいいじゃない」



シンジ「すごい理屈だね……ほら、口元が油まみれ」



アスカ「げ」



シンジ「はいティッシュ」



アスカ「ん」フキフキ



シンジ(落ち着け……別になんてことはない。二人で食事なんてしょっちゅうあるじゃないか)



アスカ「ありがと」



シンジ「いいよ別に。あ、ケーキもあるけどいつ食べる?」



アスカ「んー、まあ、そのうち」










55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [4/25回(PC)]
シンジ「ははは、まあ一気に食べるのは良くないもんね」



シンジ(チョコレートケーキで良かった……白いホイップとかだったら僕の初号機の拘束具が外れてたよ)



アスカ「…………」ジッ



シンジ「? どうかした?」パクッ



アスカ「……綺麗に食べるのね」



シンジ「まあ、汚したら洗うの僕だし」



アスカ「お皿じゃないわよ」



シンジ「えっ?」



アスカ「何でもない」フイッ



シンジ「変なの」










59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [5/25回(PC)]
シンジ「面白そうな特番とかある?」



アスカ「あんまりないわね」



シンジ「まあ番組はそんなにないか」



シンジ(それより早くその薄着をなんとかしてよ……)



アスカ「ねぇ、この後出かけたりする?」



シンジ「ペンペンに餌あげてからならヒマだけど」



アスカ「ならどこかに行くわよ」



シンジ「どこに」



アスカ「……外に出てから考えるわよ!」



シンジ「はぁ」









62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [6/25回(PC)]
シンジ「ケーキは帰ってきてからでいいー?」



アスカ『うんオッケー』



シンジ(さすがのアスカもあんな格好で外に出ることはないだろう)



シンジ(逆説的に、外出は僕のシンクロ率を下げる結果になる)



シンジ(オーケィ、オーケィ。これならサードインパクトを引き起こさずに済みそうだ……)



シンジ「ねえアスカー、まだー?」



アスカ『ちょっと待ちなさいよー!オンナノコの着替えを待てないなんてやっぱりバカシンジね!』




63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [7/25回(PC)]
シンジ(オンナノコならあの格好は……いや、オンナノコだからこそ許されているのか)



シンジ(確かにクリスマスパーティーを下着姿のトウジやケンスケとやっても最悪の思い出になるだけだろうしなあ)



アスカ「お待たせ!」



シンジ「ああうん……」



アスカ「何よその気の抜けた返事。こんな美少女侍らせて町を歩くんだから、胸張りなさいよね」ギュッ



シンジ「うわ、引っ張らないでよ」



シンジ(当たってる当たってる当たってるのは分かるけどダウンコートのせいで感触が全然ない!)



シンジ「え、えっと、暖房ちゃんと消したっけ!? 見てくるよ!」スルッ



アスカ「はあ……別にそんなのいいじゃない。早く外に」ウィーン



レイ「……碇君、ハッピークリスマス」ガタガタブルブル



アスカ「」バシュンッ




64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:1vui/3sR0 [3/3回(PC)]
レイwwww




65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:AJsgflr3O [3/4回(携帯)]
あらあら




66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [8/25回(PC)]
アスカ「……うんうんないわねないない」



シンジ「ちゃんと暖房切ってたよ。あれ?さっきドア開けてなかった?」



アスカ「気のせいよきっとうん気のせいだし外出は止めましょうか」



シンジ「えっ!?いきなりどうしたの、外に行きたいって言ってたのはアスカじゃないか!」



アスカ「うっさいわねいいじゃない何だってこの期に及んで邪魔されなきゃいけないのよ」



シンジ「はあ?」



アスカ「えーっとねえ……ほら、ほら、なんか部屋の外の廊下に怪しい人がいたの! だから、今日はよしましょう? ね?」



シンジ「だったらなおさらだよ。ほっといてアスカが危なくなったらどうするんだ。どうにかしなきゃ」



アスカ「えっ…………」



シンジ「えーっと、本当に誰かいるの?すいませーん、どちらさまですか?」ウィーン



レイ「……碇君、寒い」ガタガタブルブル



マリ「寒いにゃー……」ガタガタブルブル










74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [9/25回(PC)]
アスカ「最悪よ……なんでこんな……」ブツブツ



マリ「いやー悪いねお姫様! コートなんて貸してもらっちゃってさー」



アスカ「フン、別に。シンジが貸してあげてって言ったから」ボソッ



マリ「それにしても以外だったなー、あの零号機のコ」





レイ「碇君……このコート、ありがとう」



シンジ「ん、別にいいよ。寒そうだったし、まああんまり使わないからね」ニコッ



レイ「うん……」





アスカ「…………」



マリ「おっ?お姫様ぁ~これはピンチじゃないかにゃ~?」ニヤニヤ










77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [10/25回(PC)]
アスカ「別に、カンケーないわよ」フイッ



マリ「んーそっかー。まあ初号機のコはあのコなりに魅力的だしね」



アスカ「……どういう意味よ」



マリ「健気だもんね。あのコ。お姫様たちの部屋の前で、ずっと立ち往生してた時、多分入り方分かってなかったんじゃないかにゃー」



アスカ「無様ね」



マリ「でも、待ち続けてた」



アスカ「……ていうかそもそも何でいるのよあんたたち」



マリ「んー、私はお姫様とわんこ君にプレゼント渡しに来たんだけど」



マリ「ちょっとお邪魔虫すぎかもにゃー」アハハ



アスカ「……笑えないわよ」フン
















84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [11/25回(PC)]
シンジ「あ、イルミネーションだよ! アスカ来て来て!」



アスカ「あー……今行くから待ってなさいバカシンジー!」パァッ



マリ「あれ?お姫様、なんか機嫌良くなった?」



アスカ「ふんっ、気のせいよ気のせい」



マリ「そーだね、別にわんこ君に一番最初に呼ばれたから気分が良くなったわけじゃないもんねー」



アスカ「…………覚えてなさいよ」



マリ「あははっ、今度パフェでも奢るにゃ」









87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [12/25回(PC)]
アスカ「へぇ、けっこーキレイじゃない」



レイ「……碇君、吐く息が白い」



シンジ「もうすっかり冷え込んでるからね」



マリ「じゃーん!そんなわんこ君には、特製ピンセットをプレゼントだにゃー」



シンジ「あはは、ありがとうございます」



シンジ(つ、使い勝手が微妙すぎる……)



レイ「私からも」



シンジ「あ、ありがとう綾波」



シンジ(これは……マフラー?にしては)



マリ「やたら毒々しい色だにゃ……」ヒソッ



アスカ「なんか全体的に形がすごい事になってるわね」ヒソッ



レイ「聞こえてるわ」ジトッ













レイ「……ごめんなさい。こういう時どうすればいいのか分からなくて、碇司令が手編みの防寒具を勧めてくれて……」



シンジ(愛してるよ父さん)



レイ「こういうの、したことないから……」シュン



シンジ「ああ、いや、気にしなくてもいいよ。ほら、巻けばあったかいし」シュルシュル



マリ「いや余りすぎでしょそれ」



レイ「あ……そこは私の分」シュルシュル



シンジ「!?」



アスカ「!?」



マリ「!?」



レイ「良かった……ちゃんと巻ける」クンクン










95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [14/25回(PC)]
アスカ「あんの女ッ……完全に寸法計算し尽くしてるじゃない」ギリッ



マリ「いやはや、これは予想外だにゃー」



シンジ「あ、綾波。近いよこれちょっと近い近い」



レイ「……嫌?」シュン



シンジ「あーいやそういうわけじゃ」



マリ「はいはーい、美少女の隣なんていう美味しいポジションはお姉さんに譲るべきよね?」



レイ「…………」










100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [15/25回(PC)]
マリ「と、いうことでわんこ君。そのマフラーちょうだいっ」



シンジ「あ、はい」シュルシュル



レイ「…………」



マリ「いやーあったかいあったかい。編むの上手いねー」シュルシュル



マリ「でもごめんねー、私お姫様の味方だから」ボソッ



レイ「……そう」



マリ「だからさ、今日のところは譲ってよ。ね?」



レイ「…………譲る?何を」



マリ「えっ?」




101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [16/25回(PC)]
シンジ「あれ?あの二人って仲良かったっけ?」



アスカ「知らなーい」



アスカ「あ、ねぇほら、あっちのツリー行きましょ」



シンジ「あ、うん。でも綾波たちが」



アスカ「ほっときゃいいでしょ、どうせ後で来るわよ」



シンジ「うん……」



アスカ「…………」スタスタ



シンジ「…………」テクテク









103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [17/25回(PC)]
シンジ(今日のアスカ、なんか変だ)



シンジ(部屋でしてた格好は、僕の好みドストライクゾーンだったし)



シンジ(さっきの、マリさんと話してる時も、少し挙動不し……)



シンジ(マリ、さん? ……誰?)









105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [18/25回(PC)]
アスカ「ちょっとバカシンジ、何ぼうっと突っ立ってるのよ」



シンジ「え、ああうん、ごめん」



アスカ「……あのツリーの下ね?その、イベントなんだけど、男女一組で写真を撮ってくれるみたいなの」モジモジ



シンジ「うんそうだね」



アスカ「それで、私、今日は結構いいカンジだし、その……ちょっと?」



シンジ「……雪だ」



アスカ「え?」



シンジ「雪だよ、アスカ」










108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [19/25回(PC)]
レイ「雪」



マリ「……キレイ」



レイ「……寒い」



マリ「まあ制服じゃあねー。あ、でもわんこ君のコートが」



レイ「寒くて、雪は、おかしい」



マリ「ん?」



レイ「寒いのは、おかしい」



マリ「……何、どうしたの?」









110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [20/25回(PC)]
アスカ「すごい、ホワイトクリスマスってやつね」



シンジ「うん」



アスカ「うわぁ……イルミネーション、もっとキレイに見えてきた」



シンジ「うん」



アスカ「ねえ……ちょっと、さっきからどうしたのよ? ……写真、イヤだった?」シュン



シンジ「アスカ」



アスカ「?」









シンジ「第3新東京市に、雪なんて降らないよ」










114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [21/25回(PC)]
レイ「楽しい夢」



レイ「違う私と、違う碇君」



レイ「他のみんなも違う」



レイ「世界も違う」



レイ「でもそれがどうして現実じゃないの?」



レイ「……碇君が望むものが現実」



レイ「現実と夢のずれなんて、人には分からない」



レイ「だから人は、現実が大好き」






116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [22/25回(PC)]
マリ「あははは、参ったなー」



マリ「やっぱり私と姫ぐらい親密になれば、夢の中にも出て来てくれるのかな?」



マリ「……にしても、あれがわんこ君の。まあ、いいか」



マリ「ゲンドウ君、碇シンジ君はもうA.T.フィールドがどうとかの世界にはいないよ」



マリ「これが狙いなの?……こんな、こんな…………」









118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [23/25回(PC)]
シンジ「…………」ボー



サクラ「だめですね、ほとんと喋りませんし、時々喋っても、意味の分からないことばっかりで」



アスカ「…………」



サクラ「マフラーとか、ピンセットとか、コートとか」



アスカ「!」



サクラ「どうかされました?」



アスカ「……ねえ、冬って知ってる?」



サクラ「はい? 『フユ』、ですか。あ、私ドイツ語あんまり分からないんですけど……」



アスカ「……いや、いいや」チラッ



シンジ「…………」ボー



アスカ「……写真、ぐらい、いつでも撮ってやるわよ」



サクラ「へ?」



アスカ「何でもないわ……そうでしょ、バカシンジ」



シンジ「…………」ボー









120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:0Un0t0c80 [24/25回(PC)]
どっちが本当なのかなんてどうでもいいじゃないか。

楽しいことばっかりやって、何が悪いんだ。

みんなみんな僕を助けてくれない、僕を裏切るんだ。みんな嘘つきだ。

何やってもだめなんだ。

僕は。

だから。

誰にでも平等にやってくるものが、僕は好きだ。

例え知らなくても。

好きだったんだ。





シンジ「……rスマス」ボソッ







劇終




121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:nJ+Ei+Sv0 [1/1回(PC)] トウジやケンスケが出てこないのはそういう…

関連記事
スポンサーサイト