FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早「やってしまった……」やよい「Zzz……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:04:11.12 ID:chicVVyr0

千早「ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ……」

やよい「すぅ……すぅ……」

千早「シーツは……ぐっしょりしてるわ……。衣服……着てない……」

やよい「んぅ……」ネガエリ

千早「落ち着くのよ如月千早、そう落ち着くの。まだなにか方法があるわ。きっとやよ……高槻さんは覚えてないはず。とりあえず服を着せて隠蔽を……」

やよい「ん……、あ、千早さんおはよーございますぅ……。あれ、なんでうちに千早さんが?」

千早(オワタ)


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:04:51.89 ID:chicVVyr0

やよい「って、昨日泊めてもらったんですよねー。うっうー、ねぼすけさんでしたー。……あれ、パジャマは?」

千早「高槻さんまずは落ち着いてあなたは昨日私の家に泊まって一緒のお布団で寝ようということになったのよ服はそうねいつの間にか脱げてしまったのじゃないかしらおかしなこともあるものね
   さあ今日も今日とて仕事はあるわまずはシャワーを浴びましょうかちょっと寝汗が酷いわねふたりで寝るのは少し無理があったかしらそうしたらご飯を食べましょう安心して高槻さんがいるのだもの
   私だって今日くらいはご飯を作るわあまり期待できないと思うでしょうけど私でもトーストとハムエッグくらいは作れると思うの高槻さんがシャワーを浴びてるうちに作り終えるはずだからさあ入ってきて」

やよい「」

千早「高槻さん」

やよい「ひゃ、ひゃい!?」

千早「シャワーに」

やよい「はい」

千早「入って」

やよい「はい」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:06:29.10 ID:chicVVyr0

……

765プロ事務所

千早(あの後口を酸っぱくして『誰にも言ってはいけない、ふたりだけの秘密』だと言い聞かせたけど……、大丈夫かしら)

やよい「うっうー!おはようございまーす!」

春香「やよいちゃん、千早ちゃん。おはよう!」

千早「え、えぇ。おはよう春香」

春香「?」

千早「ど、どうかしたの?」

春香「いやぁ、なんか目をそらすなぁと……」

亜美「おっ!これは何やらハンザイのにおひがしますな→!」

真美「やよいっちと一夜を共にした千早ねーちゃん……まさかっ!?」

千早「ななななななななななななななにをいいいいいいいいいいいってるのかしらなにもないわなにもないなにもないのよ」

春香「」

亜美真美「」

千早「」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:07:57.72 ID:chicVVyr0

P「おーい、あんまり千早を困らせるなよー。明日は収録日なんだから」

千早「あ……、プロデューサー、その、おはようございます」

P「おはよう、千早。やよいもおはよう!」

やよい「おはようございまーす!」

P・やよい「「はい、たーーっち!!」」

P「やよいはいつも元気だなぁ」ナデナデ
やよい「えへへ~」ニコニコ

美希「あふぅ……」

千早「……おはよう、美希」

やよい「おはようございますー!」

美希「あ、やよいと千早が来てるの。おはようなの。昨日は千早の家にお泊りしたんだっけ?」

やよい「はいー!たのしかったですー!」

千早「……」ハラハラ

やよい「あ、いっしょのお布団で寝たんですよ!すっごく久しぶりで……えっと……」///

美希「……?」

千早「……」シンゾウバクバク


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:10:13.35 ID:chicVVyr0

律子「おはようございまーす」

P「おはよう、律子」

千早・やよい・春香・亜美・真美・美希「おはようございます(ー!/だYO→!/なの)」

千早(ほっ)

美希「それで、お泊りの話なんだけど」

千早(蒸し返された!?)

春香(千早ちゃんが美希ちゃんとやよいちゃんのこと凝視してる……)

律子「お、なんだなんだ。千早が誰かをお招きするなんて珍しいな。誰を誘ったんだ?」

やよい「わたしですー!」

P(千早も積極的にみんなと関係を持つようになったなぁ)

亜美「んふふー、ど~だった? やっぱ痛かった? 初めてはレモンの香り!」

真美「ちょ、亜美」

やよい「んー、ちょっと痛かったけど、すっごく優しくしてもらって、途中からきもちよくなっちゃっいましたー」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:12:43.50 ID:chicVVyr0

千早「」

亜美真美「」

P「」

春香・律子・美希「」

やよい「あっ、秘密だったの忘れてましたっ!え、えっちなことなんてしてない、ですぅ……」///

P「」

真美「」

亜美「」

春香「」

律子「」

美希「」

千早「」


13: >>10ぶっちゃけ間違えた 2012/12/14(金) 00:13:54.94 ID:chicVVyr0

春香「……チハヤチャン」

千早「」

真美「あ、あははー。やよいっちもすごい冗談ユーネ!……冗談だよね?」

やよい「あ、えっと……」///

P「……千早、ちょっとこい。律子もきてくれるか? お前たちは……、そうだ、この前のライブのビデオがあるから各自チェックして反省点を見つけてみてくれ」

千早「」

律子「千早、はやく」

千早「」

春香「最低……」ポソッ

千早「」

千早「」

千早「」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:15:27.71 ID:chicVVyr0

               ――――泣くことなら たやすいけれど――――

美希『ハニー!』

                 ――――悲しみには 流されない――――

                                              『!ーニハ』希美

                 ――――恋したこと この別れさえ――――

伊織『変態!ド変態!変態大人!』

                 ――――選んだのは 自分だから――――

真『ふりふりでー』

           ――――群れを離れた鳥のように 明日の行き先など知らない――――

                                              『ーでりふりふ』織伊

               ――――だけど傷ついて 血を流したって――――

                    真『ハニー!』『!ーニハ』真


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:17:03.61 ID:chicVVyr0

               ――――いつも心のまま ただ羽ばたくよ――――

美希『ふりふりでー』                                    『ーでりふりふ』希美

                     ――――蒼い鳥――――

美希『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』『ハニー!』

                 ――――もし幸せ 近くにあっても――――

『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』『!ーニハ』希美

                  ――――あの空へ 私は飛ぶ――――

             ,-‐'⌒ _,,,,,,_
            //, -'"       ` ヽ、
            >"            `ヽ、
          /                 ヽ、
         /    /  .人  ',         ヘ
         ,'     |  /  ヽ  ヽ ヽ  ',    ', ',
.        i     ', / _ \:.ヽ\ヽ、 ヘ  .i 川
        |   ノ /'´ ̄``  `ーゝ '⌒ヘト::. | Ⅳ
        |  //| ィ必刃`     ,ィゎ、 } イ:::ノ      『ハニー!』
        レ' 介ヘ |  弋ヒン      乳リ ! ル}::/
      _,-彳"{ 、(           ヽ   ハ レ
       ノ  `ー、ゝ     r ──┐   ノ  \
     /.   :::::::::\        ソ   /  ヘ`ーゝ
   _ ィ_,ノ7   .::::::::::::|`    ヽ、_/  /   ヽ
     ノ   .::::::::::::::|   ゝ 、   _ ィ..::::::.   _\
    / /  .::::::::::ノi      下 、::::::::    ヽ  ̄


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:19:11.00 ID:chicVVyr0

                   ――――未来を信じて――――

                   /  _,,-'/     /         /   .:
                  /  ./ /    ./     .:::::::::::::::/   .::::
                 / /  ./    /   .:::::::::::::::::::::_/  .:::::::::   i       i
                 //  ./   ./ .::::\:::, - ‐ ' フ  .::::::::::::,   .::::::|:.       |:.
                 レ   /   / .::::::::,- 弋: : :.,,-'"..:::::::_,,-イ   ..:::::/|::::.      |:.
             _      /  / .:::::/ イ  メ二_,, ─ '". : /  ..::::::/ : ヘ:::::::.     |::.
              `‐-二 ̄ ̄|  /.:/  ̄ i 〃ミx     . : :/ .:::::/   : : ヘ::::::::.   ,':::::.
                 ` ─┤ .//--ァ‐ | ll / ハ   . : : /..:::::/     : : ::ヘ::::::::.  ,':::::::
                    .ヘ .レ-‐' ̄  .i. 代り    /, - '_,,====──--ヘ::::::::. ,'::::::::
   __       ___,, - ''" ヘ.| .....::::::::::i.  |.心     ̄  ,,::''        : : :ヘ:::::,'::::::::
   `ヽ、 ̄`‐─' ̄  _,, - ''"   /⌒\::::::::::::i  弋ノ                  : : :∨::::::::   /
     `ヽ、::::::_,, -''" /⌒\/   o ヘ::::::::i            _..-==≡ミx     :ノ::::::::   /::::
       >    / |         /::::::::i  /                ヾx  .ノ::::::::  /\::::::
.     /  .::::::/   \     /:::::::::::::.',.                    /::::::::_,-<::::::. \
.    / .:::::,イ    ..::::::::::::`ー--‐´,'´`,::::::::::::.ヽ  、               /_,,-''"7/  _\::::::
   / .:::::://   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー'o::::::::::::::.ヽ  ヾ丶 _             ̄   ル  〈: : : 〕 \__
  / .::::/ /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ. ヾ/` ー--┐             ノ ,,,: : ,ノ:::::
  /.::/ /    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `、'´ ̄`` i     _,,-''" ̄⌒`ヽ、_,, イ":::::::::
. i /  /    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `、   .ノ   ,,-'"        `ヽ、ヘ:::::::::
 レ   /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  - '   /             ヽ.ヘ:::::
 !   /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. 丶─一7                ヘ.ヘ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:20:00.29 ID:chicVVyr0

                   ――――未来を信じて――――

                   /  _,,-'/     /         /   .:
                  /  ./ /    ./     .:::::::::::::::/   .::::
                 / /  ./    /   .:::::::::::::::::::::_/  .:::::::::   i       i
                 //  ./   ./ .::::\:::, - ‐ ' フ  .::::::::::::,   .::::::|:.       |:.
                 レ   /   / .::::::::,- 弋: : :.,,-'"..:::::::_,,-イ   ..:::::/|::::.      |:.
             _      /  / .:::::/ イ  メ二_,, ─ '". : /  ..::::::/ : ヘ:::::::.     |::.
              `‐-二 ̄ ̄|  /.:/  ̄ i 〃ミx     . : :/ .:::::/   : : ヘ::::::::.   ,':::::.
                 ` ─┤ .//--ァ‐ | ll / ハ   . : : /..:::::/     : : ::ヘ::::::::.  ,':::::::
                    .ヘ .レ-‐' ̄  .i. 代り    /, - '_,,====──--ヘ::::::::. ,'::::::::
   __       ___,, - ''" ヘ.| .....::::::::::i.  |.心     ̄  ,,::''        : : :ヘ:::::,'::::::::
   `ヽ、 ̄`‐─' ̄  _,, - ''"   /⌒\::::::::::::i  弋ノ                  : : :∨::::::::   /
     `ヽ、::::::_,, -''" /⌒\/   o ヘ::::::::i            _..-==≡ミx     :ノ::::::::   /::::
       >    / |         /::::::::i  /                ヾx  .ノ::::::::  /\::::::
.     /  .::::::/   \     /:::::::::::::.',.                    /::::::::_,-<::::::. \
.    / .:::::,イ    ..::::::::::::`ー--‐´,'´`,::::::::::::.ヽ  、               /_,,-''"7/  _\::::::
   / .:::::://   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー'o::::::::::::::.ヽ  ヾ丶 _             ̄   ル  〈: : : 〕 \__
  / .::::/ /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ. ヾ/` ー--┐             ノ ,,,: : ,ノ:::::
  /.::/ /    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `、'´ ̄`` i     _,,-''" ̄⌒`ヽ、_,, イ":::::::::
. i /  /    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `、   .ノ   ,,-'"        `ヽ、ヘ:::::::::
 レ   /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  - '   /             ヽ.ヘ:::::
 !   /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. 丶─一7                ヘ.ヘ


21: 2重カキコしてもうた 2012/12/14(金) 00:21:40.79 ID:chicVVyr0

                  ――――あなたを忘れない――――
       |!       .!       .」        / .!
       |!        !     f´ ̄ ¨¨ ''' -.',,,_.!
  ',    ,1        .!     }          ヽ
   ,    ,         !     !         /、
   .!   {         .!     ,!        /  ',
   !   }         /\    |       ./   .!
   !   .ソ       ,イ: : : :\  .ヒ'' ー- ,,,   /    !
   ',          /: : : : : : : >'´     /`'    .'
    ',         }: : :.r1_/       /     /
    .ハ,       ,  |: :.弋_      ,.イ_,, -r=.f´
     ``Y-r-..-./ヽ、}: : :.-`t_―   ,イ .!ヽ:::::::!:::l::::!
.       |::::!:::::!:::\ `1´: : : :ヽニ.イ、`¨/::::::::!::::!:::!
       !:::|:::::|:::::::::ヽ」、: >―<__,ソV::::::::::::!::::l::::!
       |::::::::::::::::::::: ,イ´ .f´ ̄`, ` 、::::::::::::::::::::::!
       .!:::::::::::::::/   弋_,ノ    \:::::::::::::::::::!    
        !::::::::::/ xxxx    ,   xxxx ヽ::::::::::::::!
        |::::::,イ1               K:::::::::!     
        !,1{ .! ミニ彡     ミ≠彡、 ! ヽ::::!
       /l .Yヽ、               レ1:Y      
       ,':::l::::!::::::\=彡     气≠=,ィ /:::/::::::!
       !::::|::::!:::::::::::\ |\     .//:/::::/:::::::::!      
      ハ::::'::::',::::::::::::::::ヽ!:::::ヽ   /:://:::::/::::::::::/
       ',::::::::::::::::::::::::::`::::::::::ハ人/::/:´:::::::::::::::::/
        、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::´`:::::::::::::::::::::::::/
         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, '
          ` ,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             `  _,, ィー ,,_ ,./

                ――――でもきのうにはかえれない――――


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:24:05.35 ID:chicVVyr0

恐怖

春香『自分がいなくなること』

千早『でも、こんな自分ならいなくてもいいと思う』

貴音『なぜ?/Why?』

美希『だって、私はいらないにんげんだもの』

千早『やっぱり私は、いらない子なんだ。どうでもいいんだ!』

律子『どうでもいいと思って逃げてるんでしょう。失敗するのが怖いんでしょう。人に嫌われるのが怖いんでしょう。弱い自分を見るのが怖いんでしょう』

千早『そんなの!律子さんだって同じじゃない!』

律子『そうよ。私達はみんな同じなのよ』

亜美『心がどこか欠けているの』

美希『それが怖いの』

貴音『不安なの/I afraid』

律子『だから、今ひとつになろうとしている』

美希『お互いに埋めあおうとしている』

貴音『だから、つながりたい/I need to be together』


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:25:26.68 ID:chicVVyr0

                                                                発狂

真『人は、群れていなければ生きられない』

雪歩『人はひとりで生きていけない』

亜美『自分はひとりしかいない』

真美『だから、辛いんだよ』

美希『だから寂しいのよ』

真『だから、心を、身体を重ねたいの』

貴音『ひとつになりたいのですね/Sexual intercourse』

律子『人は、脆く弱いものでできている』

亜美『心も体も、脆く弱いものでできている』

真美『だから、お互いに埋めあわなければならない』


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:27:07.13 ID:chicVVyr0

                            何故?

雪歩『そうしなければ、生きていけないから』

                        「本当に?」

貴音『何故、生きてるの?/Why do you live?』

                        「わからない」

美希『それを知りたくて、生きてるのかも』

貴音『誰のために生きてるの?/For whom do you live?』

美希『もちろん、×××のためなの!』

千早『たぶん、自分のために』


26: こんな時間に何やってんだろ俺 2012/12/14(金) 00:28:58.37 ID:chicVVyr0

                         「本当に?」

貴音『生きていて嬉しい?/You enjoy your life?』

千早『分からない』

貴音『生きていて嬉しい?/You enjoy your life?』

美希『うれしいに決まってるの』

貴音『生きていて嬉しい?/You enjoy your life?』

真『楽しい事しか、したくないよ』

雪歩『寂しいのは、嫌い?』

千早『好きじゃないわ』

雪歩『辛いのは、嫌い?』

真『好きじゃないよ』

雪歩『だから逃げるの?』

真『嫌なことから逃げ出して、何が悪いっていうのさ!』

千早『逃げちゃダメなのに』


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:31:12.38 ID:chicVVyr0

貴音『どうして逃げてはダメなのですか?/Why don't you run away?』

千早『逃げたら、辛いの』

貴音『辛いことから逃げ出したのに/You run away from something payful』

千早『辛かったの』

美希『辛いことがわかってるのなら、それでいいの』

真『そう、辛かったら逃げてもいいんだ』

貴音『本当に嫌だったら、逃げ出してもいいのです/You can run away from something you truly hate』

千早『でももういや!逃げるのはもういや!』

千早『そう、逃げちゃダメなの』

律子『それは、ただ逃げるほうがもっと辛いと感じているからよ』

美希『逃げ出した辛さを知ったから』

真『だから逃げるのが嫌なんだね』

千早『だって逃げ出したら誰も私のことを見てくれないの。歌っていればみんなそばに居てくれる。わたしを捨てないで。お願いだから、私を捨てないで!』

やよい『歌を歌い続けること。それがあなたの処世術』

千早『そうよ!そうしないとまた消えていっちゃうの』


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:33:32.71 ID:chicVVyr0

美希『自分が傷つくのが怖いだけだなってミキは思うな』

律子『そう思い込んでるだけでしょう』

伊織『傷ついてるのは、あんたひとりじゃないわ』

あずさ『辛いのは、千早ちゃんひとりじゃないのよ』

亜美『そう考えると楽だから、そう思ってるだけだYO→』

千早『うるさい!そんなのどうだっていいのよ!私のことなんか、どうだっていいのよ!』

律子『そうやってすぐに自分の価値を放り出す』

貴音『わたくしには、何もないのです/I have nothing』

美希『また、価値がないって思い込む』


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:34:48.25 ID:chicVVyr0

…………

響「あ」

P・美希「あ」

その日、久しぶりに二人と会った。イヌ美と夕方の散歩をしていた時のことだった。

いや、3人か。

平日、火曜日。

私はタートルネックにダメージパンツ、その上に厚ぼったいコートと随分野暮ったい服装だった。これじゃあの頃の音無さんを笑えないな、と思っていた時にちょうどばったり。

響「お久しぶりです。お子さん、ずいぶん大きくなられましたね」

美希「久し振りだね、響。もう5つになるんだよ」

ああ、もうそんなに経っているのか。5年かぁ。

P「元気にしてたか?近頃は765プロの娘達もよく見るし、響も大変になってるだろうなぁ」

響「アハハ……。嬉しい悲鳴です」

そう、この頃の765プロは業績も評判もうなぎのぼりなのだ。

P「響がプロデューサーになるなんて、驚いたけどなぁ」

そして、今や765プロのプロデューサーは、私なのです。


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:36:25.39 ID:chicVVyr0

…………

響「ここ、ペットも一緒に入れるカフェなんです。珈琲もすごく美味しいんですよ。マスター、珈琲とショートケーキを4つお願いします」

P「へえ。じゃあ俺も珈琲をいただこうかな。美希は……。すいません、珈琲をふたつと牛乳をひとつお願いします」

…………

美希「響がこんなお洒落なところ知ってるなんて、想像つかなかったなぁ」

響「ふふ、私だって立派な大人なんですよ」

そう言ってカップを傾ける。ここのマスターは私の注文をもう覚えてしまっていて、言わなくても砂糖をひと匙入れてくれる。舌はまだ、大人になりきれてないみたい。

P「……口調」

響「え?」

P「口調、うちなーぐちじゃなくなったんだな。すっかり社会人だ」

響「あぁ。でもあれ、ファンの方々からはすごく好評だったんですよ。って、Pさんは知ってますよね」

いつの間にかうちなーぐちを使わなくなっていた。いつからだろう。スーツを着るのに手間取らなくなったと感じた時には、こんな話し方になってた気がする。


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:36:57.46 ID:chicVVyr0

響「うちの事務所、伝統だーなんて言って今だにアイドルたちのスケジュール管理や営業がプロデューサーの役目なんですよ? マネージャーさんがほしいです」

P「ははは、よく袖でプロデューサーに話しかけてる765の娘達をみるよ。今でもあんな雰囲気なんだな。なんというか、安心するよ」

Pさんは美希さんと結婚した後、独立して事務所を設立した。アイドルよりは女優を優先する方針で、あずささんが引きぬかれてしまっててんやわんやになったのが恨めしい。

ちなみに、美希さんはその事務所には所属していない。夫を支える、と言って良き妻、良き母に徹しているようだ。

袖、といったのは舞台のことだろう。先々月から来月まで、あずささんが主役を務める舞台に我が765の子もひとり出演させてもらっているのだ。

彼女にとって良い刺激になるだろう。もしかしたら、役者として活躍させるのも悪くはない選択肢かな、とも思っている。

p「おねーさん、おねーさん」

響「ん? どうした、p君」

おねーさんとは、嬉しいことを。


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:37:56.74 ID:chicVVyr0

p「イヌ美、元気ないよ? 病気?」

響「ああ、大丈夫。病気じゃないよ。もうおばあちゃんなんだ。だから、あんまり驚かせちゃだめだよ?」

p「うん、わかった。ねえ、もうちょっとイヌ美と遊んでていい? 驚かせたりしないから」

響「いいよ、ありがとう」

p「どういたしまして?」

そう言ってpちゃんはパタパタと揺れる尻尾を眺め始めた。なんとなく、イヌ美が嬉しそうな顔をしてる気がする。

この頃は朝の散歩とたまの夕方の散歩くらいしか付き合ってあげられなかったから、寂しい思いをさせていると感じていたのだ。

美希「そういえば、響の家ってすっごくたくさんのペットがいたよね」

響「うん。と言っても、忙しくなってきちゃったから実家に帰したのもたくさんいるんです。イヌ美は、最後のひとり」

帰さなかった子たちも、それぞれ命を全うできたと思う。全うさせてあげられたと思う。初めて経験した時は、律子さんにすごく心配をかけてしまったけど。

あの時は仕事が入ってなくてよかった、なんて今でも言われる。ちょっと照れくさい。


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:39:08.15 ID:chicVVyr0

P「律子かぁ。今はあいつも社長だもんな。独立するなんて言ってたのに、居座るどころか乗取っちゃったな」

美希「それは私達のせいでもあるけどね……。あ、ほらあなた。口元にクリーム付いてる」

P「おっとっと、すまない」

美希さんがハンカチで口元を拭ってくれる。その姿に、クスっと笑みを漏らした。

響「夫婦が堂に入っていますね。あ、あと美希さん。やめちゃったんですか? はにーって」

茶化すような私の言葉に、美希さんがバツの悪い顔をした。

美希「人前であれはちょっと、あの頃の私を叱りつけてやりたいわ」

P「ふたりっきりの時には呼んでくれるんだけどな」

美希さんがむくれた顔でPさんのお腹を突く。ああ、美希さんってやっぱり可愛い。

響「夫婦といえば。音無さん、今度結婚するんですよ。来週くらいには手紙がいくはずですので」

P「へぇ、あの人ももう結婚か。相手は響の知ってる人か?」

響「まあ、一応。衣装の発注先の人ですよ。結構イケメンですよ」

美希「なんとなくあんまりそういうイメージなかったかも。ね、結婚といえば響にそんな相手はいないの?」

響「私は、そんな」

実はいるのだ。わたしの後輩プロデューサーで、頼りなく思う時もあるけど、優しくて、一緒にいるとすごく安心できる人が。


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:39:49.87 ID:chicVVyr0

響「えへへ」

P「うーん、本当に大人になったなぁ、響」

ありゃ、顔にも声にも出てたみたいだ。でも仕方ないと思う。こういうのは仕方ないのだ。

美希「結婚式かぁ。みんな集まれるかな? 春香と貴音が一番難しそうかも」

響「あ、春香は大丈夫なはずです。音無さんも予定が埋まってないところを狙って式の日取りを組んだみたいなので。
  貴音さんはどうでしょうねぇ。売れっ子で事務所も違うからなぁ」

今ではほとんどみんな、違う事務所や違う職についている。

貴音さんはPさんと美希さんの結婚式&懐妊発表の後、別の女優の所属する事務所に引きぬかれた。千早さんは歌手へのステップアップのため移籍した。

ふたりとも、今やTVでその声を聞かない日はないほどだ。

雪歩さんは作詞家になって、真さんはダンスのインストラクターになった。このふたりには、元765のよしみとよくお世話になっている。

伊織は家に戻ってお嬢様をしているらしい。社交界では花形なのだとか。やよいは引退して保育士を目指して頑張っている。このふたりは完全に芸能界から引退してしまった。

亜美は女性誌などをメインとするモデル。真美は児童番組の歌のお姉さん。春香は変わらず、アイドルを。この3人は765から出ていってはいない。

そして律子さんは765の社長に、音無さんは副社長に、私はプロデューサーに。

あの頃の765プロはもうない、もうないのだ。

寂しいといえば、嘘になるけども。これは私達一人ひとりが選んだ人生だから、きっと間違いじゃない。


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:41:52.34 ID:chicVVyr0

そんなことを話していたら、私の鞄からスマートフォンのデフォルトメール着信音がした。断りを入れて確認すると、今担当しているアイドルのタマゴが道に迷ったとのこと。

3人で苦笑した。あずささんの方向音痴は、まだあまり治っていないよ、なんてPさんがおどけて言う。

響「ごめんなさい、この子を迎えに行かないといけないので失礼します。……あ、Pさん、ちょっとだけ話したいことがあります」

美希「お仕事のことかな? 私、外そうか?」

響「いえ結構です。一緒に聞いていただければ」

ここで幸せなふたりにちょっとイジワルを。大人の女は悪いのだ。

響「自分、プロデューサーのこと大好きだったんだぞっ!……すっごくもったいなかったさー!」

響「……なんて」

やった、あっけにとられてる。ちょっとじゃなくて、かなり恥ずかしいかも。それに思ったより全然悪女っぽくない。

すると、美希さんが急に悪そうな顔をして、

美希「ハニーを一番大好きなのは美希だと思うな!ねっ、ハニー♪」

などとのたまってくれた。

ああ、やっぱり美希さんにはかなわなかったな。


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:43:24.21 ID:chicVVyr0

…………

迷子のタマゴを探しがてら、今後の彼女のプロデュースを考えてみる。

彼女は沖縄から来たのだ。私の島とは違うけれど。

まずは挨拶から特徴を与えてみてはどうだろう。例えば……。

くすりと笑って、角を曲がる。心細そうに鍵のしまった事務所の前に佇む彼女を見つけた。

私は完璧じゃなかったけれど。トップアイドルにもなれなかったけれど。私を必要としてくれる人がいるってことを知った。

今ならわかる、あの頃の私は、どれほどの人達に支えられていたのかを。

恩返しじゃないけど、私は支える側になってあげたいと思っている。

それに、私の手の中で卵が孵るのって、すごく嬉しいんだ。すごくすごく、嬉しいんだ。

私の日々はこれからも変わっていくだろう。私の選んだ答えで、私の想像もしなかった方へ。

少女「プロデューサ~!自分、寂しかったです~!」

響「よしよし。ああ、そうだ。あなたのプロデュース計画、第1弾を思いついたんだよ。挨拶なんだ。あなたの故郷に引っ掛けて」



                 「ハイサイ!……なんて」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:44:45.35 ID:chicVVyr0

真「……」雪歩「あのね」

…………

真「……」

雪歩「あのね」

真「……」

雪歩「あのね、真ちゃん」

真「……」

雪歩「私、思うんだ。こうやって身体で寂しさを紛らわせても、あとでより寂しくなるだけだって」

真「……」

雪歩「だから、今日でおしまい。まことちゃんとするのは、今日で最後だよ」

真「……ボクも」

雪歩「……」

真「ボクも、わかってるさ。わかってるんだよ。……ごめんね雪歩。ボクは雪歩に、酷いことをしてた」

雪歩「……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:46:28.98 ID:chicVVyr0

真「……ごめんなさい、ごめんなさい雪歩。明日は、明日からはいつものボクになるから。もう、逃げないから」

雪歩「……真ちゃん」

真「だから、だからお願い。今日はボクをめちゃくちゃにして。忘れられるくらい、めちゃくちゃにして」

雪歩「……」

真「お願いだよ、雪歩……」

雪歩「……良いよ。約束だよ? 明日からは、いつもの真ちゃんになって、格好良くて可愛い真ちゃんになって……」

くちゅり、とボクをかき乱す音が鳴る。雪歩は手慣れた手つきで僕の感じるところを暴いてゆく。

まるで女の子みたいな声を上げるボク。いつもの様に優しくて激しい雪歩。

結局、約束は守れなかった。


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:47:24.20 ID:chicVVyr0

…………

ダンスレッスンを終えて雪歩と帰路につく。踊っている時は、もやもやした気持ちがなくなるから好きだ。

なんだか憂鬱。

楽しいはずの雪歩とのおしゃべりも、心が踊らない。

美希とプロデューサーが恋人同士になったと聞いてから、一週間。ずっともうこんな調子だ。

美希はプロデューサーに懐いていたし、プロデューサーがボクらとおしゃべりするときもボクたちと美希とではなんとなく態度が違っていたから、まあそういうことも想像できたけど。

でも、なんだかもやもやする。

しまった。今日は千早にCDを返そうと思って持ってきていたんだ。じゃあ事務所にいかないと。この時間ならたぶん、千早もボーカルレッスンから戻ってきてるだろう。

プロデューサーもいるのかな。美希もいるのかな。

なんだか憂鬱。

夕暮れ時なので、雪歩は帰してボクだけで事務所へ向かう。電気がついているから、少なくとも鍵が閉まっているわけではないみたいだ。

エレベーターの中は蒸し暑かった。もう5月だ。関西では梅雨入り宣言がなされていた。

静かな廊下。あの双子はいないのだろうか。彼女たちがいると、姦しくて楽しいのだけど。

ドアノブに手をかけて、いつもの様にソファで眠っている美希を想像した。その美希の頭をやさしそうに撫でるプロデューサーも。

なんだかもやもやする。


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:49:13.00 ID:chicVVyr0

真「おはようございまーす」

ソファで寝ている美希はいなかったし、プロデューサーもいなかった。ちょっとだけ、ホッとした。

それに気づいて、もやもやが黒くなった気がする。

千早「菊地さん」

真「あ、よかった。CD返そうと思ってたんだ」

チェック柄のリュックからCDを取り出す。受け取った彼女は、浮かない顔をしていた。

真「どうかした?」

千早「あ、いえなんでも……。あ……」

ふるふると瞳が動いて。

千早「ごめんなさい、少し、聞いてくれるかしら」

顔を俯けて、彼女にしては珍しくボクに相談事をしてきたのだった。


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:50:38.72 ID:chicVVyr0

ボクと千早も結構仲良くなった、と内心喜んでいたのだけど、千早がポツポツと語った話はそんな喜びを打ち砕くことになった。

貴音が別の事務所に引き抜かれることになった。

プロデューサーが、独立して事務所を新設するのだとか。

美希は、それについていくらしい。

律子さんも、独立を考えている。

それから、絶対秘密にして、と念を押されてから、貴音がプロデューサーに告白をしたと。

教えてもらった。

それらは最低でも1年は先の事になるらしい。

けれど、震える声で話す千早の口ぶりからは、もしかしたら明日にでも765プロはなくなってしまうのではないか、という怯えが伝わってくる。

怯えてるのはボクかもしれない。

ごめんなさい、と呟いて千早は出ていってしまった。

泣いていたらしい。


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:52:07.27 ID:chicVVyr0

律子「あら真、来てたの? ……真? どうしたの、なにかあったの?」

社長室から律子さんが出てきた。恥ずかしい、なんとか取り繕わないと。

真「大丈夫、なんでもないです。ただ、自分が情けなくなっちゃって。……こんなんじゃ、トップアイドルなんてまだまだ夢ですね」

律子「……ごめんなさい。あなた達にも手が回らなくて。でも、来月からは新しいプロデューサーがふたり入るわ。だからきっと……」

新しい人が入る。ああ、やっぱりあの話は本当だったんだ。

心配してくれる律子さんを無理やり納得させて、事務所を出た。

雨が降っていた。

…………

「ごめん、ごめんね。ごめん……」

気がつくとボクは、雪歩の布団で謝罪の言葉をつぶやいていた。

自棄になっていたと思う。今も自棄になっていると思う。

けど、雪歩の手が。

髪を撫でてくれる雪歩の手が、とてもあたたかかった。


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:52:55.03 ID:chicVVyr0

…………

それから。

レッスンがうまくいかなかった時。撮影で失敗してしまった時。――ふたりが仲良くしているのを見てしまった時。

ボクは雪歩の家へいく。

雪歩はいつだってボクを慰めてくれる。

これじゃもう、真王子なんて言えないね。

ごめんね、雪歩。

…………

そんなある日。

事務所で貴音とふたりっきりになった。初めてかもしれない。

緊張してしまう。だって、だってだってだって。

「菊地真」

「な、なに?」

声が裏返った。緊張してしまう。だって彼女はプロデューサーに。


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:54:15.02 ID:chicVVyr0

「わたくしは、あの方の隣に立つことはできませんでした」

「……え」

頭が真っ白。

「けれど、お慕い申していると告げたことに、後悔はありません」

真っ白。

「菊地真」



「言葉がなくとも伝わる関係とは良きものですが、言葉にせねば伝わらぬこともあります」



「そして、伝えねば何も動きません。自分も、世界も」



「菊地真。あなたは、あなたが思うよりも弱くありません。あなたが思うよりもみすぼらしくなどありません。私達は知っております」



「あなたがしたかったことは、まだ手遅れではないですよ」

トン、と背中を押された。雪歩が、いつもの様に笑ってくれていた。


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:54:50.56 ID:chicVVyr0

「行ってらっしゃい、真くん」

「っ行ってきます!」

ああ、ああ。迷っていたんだ。そうか、もやもやしてたのは、迷ってたんだ。

階段を降りて、外へ。眩しい。すごい。眩しい!

走る。走る。今日は確か××スタジオだ。ここから歩いても10分かからない距離。

でも走る。

もっと女の子らしくと伸ばしたショートヘア。パタパタと揺れて楽しくなってくる。

このトンネルを抜けて。この角を曲がって。

もう少しだ。すごく怖い。逃げ出したい。こんなボクは大嫌いだ。

でも、今、そんな自分と向き合っている。

ビルから出てきたふたつの影。大好きな友達と、もっともっと大好きな人。ちょっとびっくりしてる、あはは、照れくさいや。

怖い。怖い。こんな時に、ウジウジしてしまうなんて。ドキドキが止まらないなんて。

だけど、だけど!

息を吸い込む。もう止まらない。今言うことを聞いて欲しいんだ。


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:56:21.95 ID:chicVVyr0

「ボクは!プロデューサーが!そ、そのっ!」

言えない。言いたいのに、言いたいのに!

もういいや。もう、このまま――!

ぎゅっと抱きしめた。

「好きですっ、プロデューサー!」

ああ、やっと言えた。なんて幸せなんだろう――。


…………


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:57:22.89 ID:chicVVyr0

わんわん泣いた。事務所に帰ってからも、ずっとずっと泣いた。

それから雪歩の家にお泊りした。これが最後になると思う。エッチな事はしなかった。ただただ、パジャマでおしゃべりをした。

そして二人一緒のお布団で眠った。雪歩の笑顔が、なんだかいつもよりも嬉しそうだった。

翌日、貴音にお礼を言った。美希には謝罪も。プロデューサーにもお礼と御免なさいを言おうとしたけど、ハニーには謝らなくていいと思うな、なんて美希に言われた。4人で笑いあった。

千早にも会ってことの顛末まで話した。千早もあの時とは違ってなにか吹っ切れた様子で、大人になったのかもと思わされた。

詳しくは話せないけど、大人になったわ。だって。

じゃあボクも、詳しくは話せないけど大人になったよ。

まあボクの場合は違う意味でも大人になっちゃったけど……。これはさすがに千早には言えないかな。

そういえば、亜美や真美が千早を変な目で見てるなぁ。春香は温かい目で千早を見ている。この娘達と何かあったのかな?

きっとあったんだろう。

ボクにもあったように。


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:58:21.62 ID:chicVVyr0

…………

夕暮れ時。ソファでゆっくり寝息を立てる彼女。隣に座ると、くてん、と頭を私の肩に寄せる。

かわいいなぁ。私なんかより、ずっと可愛い。

「あのね」

もう終わったことだけど、あなたには聞いて欲しいんだ。私の気持ちを。

「あなたが私を頼ってくれたこと、すごく嬉しかったよ」

長い睫毛。ふんわり桜色の頬。

「でもちょっぴり寂しくて、悲しかったよ。だって、あなたが欲しかったのは私じゃなかったんだもん」

すらりと伸びた足。華奢で白い指。

「でもね、この1ヶ月。楽しかった。楽しくて苦しかった。だから、聞いて」

私しか知らない彼女の全部。夢見る彼女にずるい私は語りかける。

「大好きだったよ、真ちゃん」

手に入らなくても、心は手に入らなくても。あなたといっしょにいれてよかった。

大好きだったよ、真ちゃん。

今も、大好き。


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 00:59:16.26 ID:chicVVyr0

                                            空白

美希『人にほめられることで、自分を維持してるの?』

千早『誰も私の歌なんて聞いてない』

律子『そう思い込んでるだけでしょう』

千早『だから私は、歌を歌わなきゃいけない』

真『自分には価値がないと、最初から思い込んでるだけなんだろ』

千早『そうしなきゃいけないの!』

伊織『そんなことないわよ!』

あずさ『そう思い込んでるだけよ』

千早『じゃあ、私に価値はない、誇れるものはない』

美希『だから歌ってる』

千早『歌をうたうことで、私は私でいられる』

美希『×××といるから、ミキは美希でいられるの』


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 01:00:02.07 ID:chicVVyr0

千早『歌をうたう前の私には、何もなかった』

千早『私は歌を歌っているから、ここにいられる』

美希『他にはなにもないよ』

貴音『他にはなにもないのです/I have nothing elso』

千早『私には何もない、何もないの』

                         「……だから」

千早『私は、私が嫌い』

                       美希『ハ××!×ニ×!だー××き!』

                       貴音『お慕××てい×した、あ××様』

                    律子『ここを×ていくのは、も×とずっ××だけどね』

                                                千早『ほら』


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 01:01:27.08 ID:chicVVyr0

律子『そう思い込んでるだけでしょう』

千早『違う!』

やよい『だから、みんなもそうだと思い込もうとしている』

                          優『(空白)』

千早『でも、褒めてくれたの。歌を歌うと、優が褒めてくれたの』

千早『人に誉められたの』

                          「だから嬉しい」

千早『人に誉められたの!』

                         「でもうれしくない」

貴音「どちらが本当の気持ちなのです?」

千早『分からない、いや、どっちもほんとうのきもち……』

律子『だから歌を歌う』

千早『今の私には、歌しかないから』


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 01:02:10.75 ID:chicVVyr0

真『確かに歌は、千早の一部だ』

雪歩『けど歌にすがっていると、千早さんそのものが歌になってしまいます』

響『歌そのものが、千早の全てになってしまうさー』

律子『本当のあなた自身が、どこにもいなくなってしまう』

千早『いいの!もともと私には何もなかった』

美希『自分から何もしなかっただけだって思うな』

千早『でも!今は歌が歌えるの!』

真『でも、そのうち歌がないと何もできなくなるよ』

                                        空白

                           「何故、歌うのか」

千早『それが私の全てだから』

律子『何を願うの?』


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 01:03:16.78 ID:chicVVyr0

                          「不安が怖い?』

美希『何がほしいの?』

                         「×××××××がほしい』

貴音『何を求めているのです/What do you want?』

                          「私を一人にしないで!』

千早『怖いものは』

                             『孤独』

貴音『欲しいものは/You need』

                         『ひとりではない実感』

千早『そばに居てもいいの……?』

千早『ここにいてもいいの……?』

千早『愛していていいの……?』

                       『×××××××/優/やよいのこと』

                             「すき?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 01:04:26.43 ID:kHCpQifX0

どうしよう


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 01:05:09.75 ID:s2B/sVii0

だれか解説してくれ


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:02:12.42 ID:chicVVyr0

私達の通う765高校には、ひとつの伝説があった。

校庭の片隅にある樹の、素敵な恋の伝説が……。

春香「千早ちゃん、朝だよ!起きて、起きてー!」

春香「もう、こうなったらぁ……!えーい!」ベシッ

千早「きゃあ!?」

春香「やっと起きた!ほら、早くしないと入学式に遅れちゃうよ!」

春香「晴れの高校初日から遅刻なんて、私はやだよ!」

千早「うー、わかったわ……。優は起きてるかしら……」

春香「何言ってるの、優くんはもう朝ごはん食べ始めてるよ!」

千早「あうー……」

…………


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:02:48.88 ID:chicVVyr0

優「あ、春香ねーちゃん」

あずさ「あらあら春香ちゃん、今日もありがとうね。ほらあなたも挨拶しなさい」

律子「ん……。おはよう、春香ちゃん」

春香「おはようございます、おじさま、おばさま、優くん!それじゃ、いってきます!」

千早「ま、待って春香!行ってきます!優!車に気をつけるのよ!」

優「わかってるよー」ヒラヒラ

…………

千早「ここが私のクラスかー。あれ? あの校庭にぽつんと生えてる樹は……」

やよい「あれは、伝説の木ですー!うっうー!」

やよい「あの樹の下で結ばれた恋人は、永遠に幸せになれるそうですー!」

千早「へぇー。あ、私千早。如月千早。よろしくね」

やよい「うっうー!高槻やよいと申しますー!よろしくお願いしますー!」ペコリ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:03:29.12 ID:chicVVyr0

――――765高校には、ずっと昔から伝えられてきた素敵な伝説があります――――

P「お前たちの担任を任された、Pだ!担当は国語!よろしくな!」

美希「せんせー!せんせーはカノジョいるのー?」

――――校庭の片隅にある一本の古木――――

貴音「四条貴音。生徒会長を努めさせて頂いております」

伊織「水瀬伊織様よ!にひひっ、覚えておきなさいよね!」

響「自分、我那覇響!野球部部長さー!運動なら任せてよね!」

――――"伝説の木"と呼ばれるこの樹の下で卒業式の日に結ばれた恋人同士は、永遠に幸せになれる――――

真「わ、私何やってもダメダメで……。穴掘って埋まってますぅ~!」

雪歩「ま、まことー!?」

――――あなたに、好きな人はいますか?――――


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:04:01.88 ID:chicVVyr0

亜美「セッニョール!ぐっすり寝てんじゃねえ!」

真美「爆弾なんて、爆発させちまえってんだ!セッニョール!」

――――あなたの恋もまた、伝説になる――――

春香「千早ちゃん!」

やよい「千早!」

千早「みんな!」


…………


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:04:35.98 ID:chicVVyr0

千早『そうだ、これも私のひとつ。歌を歌わない私だってありえるんだ』

律子『そうよ。そう思えばこの現実だってそう悪いもんじゃないわ』

千早『現実は悪くないかもしれない、でも自分は嫌い』

伊織『現実を、辛く悲しく捉えてるのはあんたの心よ!』

あずさ『現実を真実に置き換えている、あなたの心よ』

亜美『現実を見る角度、置き換える場所。それらが少し違うだけで、心は大きく変わるYO!』

真美『真実は人の心の数だけ存在する』

響『けど、千早の真実はひとつさー。狭量な心、それを守るため歪められた真実さー』

雪歩「人ひとりが持てるものさしなんて、ちっぽけなものです』

真『だけど、人はその小さなものさしでしか物事を測れない』

美希『与えられた他人の真実でしか、物事を見ようとしない』

律子『晴れの日は気分よく』

貴音『雨の日は、憂鬱』


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:05:06.52 ID:chicVVyr0

美希『そう教えこまれたら、そう信じこんでしまう』

響『雨の日だって楽しいことはあるのに』

真美『受け取り方ひとつで、まるで違ったものになってしまう脆弱なものだよ、人の中の真実って』

亜美『人間の真実なんてそんな程度のものだよ。だからこそ、より深い真実を知りたくなるんだ』

春香「ただ、あなたは人に好かれることに慣れていないだけ」

千早『でも、みんな私のこときらいじゃないのかな』

美希『それは千早がひとりでそう思い込んでるだけだって思うな』

千早『でも、私は私が嫌いなの』

貴音『自分が嫌いな人は、他人を好きに、信頼出来るようになりません』

千早『私は弱くて、ずるくて、卑怯で、弱虫で』

真『でも、自分がわかれば優しくできるだろ?』

千早『私は私が嫌い』


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:05:37.04 ID:chicVVyr0

千早『でも、好きになれるかもしれない」香春

千早『私はここにいてもいいのかもしれない」香春

千早『そうだ、私は私でしかない』

千早『私はわたしだ。私でいたい。歌がなくても私はわたし』

千早『私がしたいことは』

千早『私はここにいたい!』

千早『私はここにいてもいいんだ!』

パチパチパチパチパチパチパチ……

P「おめでとう」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:06:08.33 ID:chicVVyr0

真美「おめでと→だよ!」

貴音「おめでとう」

あずさ「おめでとう」

美希「おめでとうなの!」

伊織「おめでとう」

亜美「おめでと→!」

真「おめでとう!」

響「かりゆしやいびーん!」

律子「おめでとう」

雪歩「おめでとう」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:06:39.13 ID:chicVVyr0

やよい「おめでとう!」

春香「おめでとう!」

千早「ありがとう!」

歌に、ありがとう。

優に、さようなら。

そして、総てのアイドルに

おめでとう


                                                            終劇


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 02:15:08.77 ID:Q3+jQNHU0

TV版エヴァENDか
乙。


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/14(金) 03:51:27.82 ID:lwIg6bYr0

TV版エヴァとか懐かしいな
だが、あの展開からいきなりエヴァになる必要はあったのか?


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。