FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

光熱斗「俺は桜井メイルのことを…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:50:15.27 ID:yKy2W5ZP0

ネット犯罪組織「ゴスペル」が秋原町に住む小学5年生、光熱斗とその仲間達の
活躍によって壊滅してからしばらく経った日のこと…

光熱斗は自分の部屋にいた…


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:50:54.47 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「あ~あ、退屈だな~」

ロックマン.exe(以下ロック)「熱斗君、退屈なら昨日出された宿題しようよ」

熱斗「宿題なんてその気になりゃすぐ終わるって!」

熱斗「それよりせっかくの休日なんだし、子供は「勉強」より「遊び」が優先事項だろ!?」

熱斗「だからさ、みんな誘ってどっか行こうぜ!!」

ロック「…まぁ確かにそんなに難しい宿題じゃなかったしね。それじゃあどこ行こうか?」

熱斗「そうだなぁ……う~ん……」

熱斗「ダ、ダメだ、いい場所が思いつかない…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:51:32.26 ID:yKy2W5ZP0

ロック「じゃあ映画館とかはどうかな?なんか面白い映画やってたよね。確か、プ…」

熱斗「プラグアウトって映画だろ?映画かぁ…いいかも!よし、みんなでそれ見に行こう!」

ロック「決まりだね!じゃあ僕、みんなのとこにメール送ってくるよ!」

熱斗「おう!頼んだぜ!」

~15分後~

熱斗「やいととデカオは用事があって来れないか…」

ロック「あとはメイルちゃんが来れるかどうかだね」

熱斗「そうだな」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:52:52.57 ID:yKy2W5ZP0

ピピピピピ

ロック「メールが来たよ!メイルちゃんからだ!」

熱斗「開封オナシャス!!」

ロック「任せて!…えーと[いいよ♪今日午後なら空いてるから、1時に私の家に来て!]だって!」

熱斗「今10時だからあと3時間か…」

ロック「じゃあ今のうちに宿題やっちゃおうね」

熱斗「はいはいっ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:54:01.06 ID:yKy2W5ZP0

~3時間後・メイル家の前~


熱斗「なぁロック、プラグアウトってどんな映画なんだ?」

ロック「確か男たちの電脳ラブアクションだったような…」

熱斗「そっか…(男たちの…まさかな…)」

ガチャッ

メイル「熱斗!おまたせ…」

熱斗「……」

メイル「ど、どうしたの?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:54:40.09 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「あ、いや…見たことない格好だからさ…」

メイル「や、やっぱ変かな…このワンピース…」

熱斗「そんなことないって!めっちゃ似合ってるよ」

メイル「あ、ありがと…///」

ロール.exe(以下ロール)「よかったね、メイルちゃん!やっぱり30分も悩んだ甲斐があったねっ」

メイル「な…ちょっと、ロールっ」

熱斗「ん?30分何したって?」

メイル「な、何でもない何でもない…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:56:02.59 ID:yKy2W5ZP0

ロック「ホント、熱斗君はドンカンなんだから~。ねー!ロールちゃん」

ロール「ねー!ロック」

熱斗「な、なんなんだよ…」

メイル「……///」

ロック「さ、早く行こうよ!」

熱斗「そ、そうだな。場所はデンサンシティの映画館でいいよな、メイル」

メイル「う、うんっ。じゃあメトロで行けばすぐだね…(熱斗と2人きりかぁ~///)」ワクワク


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:56:42.96 ID:yKy2W5ZP0

~デンサンシティ・メトロ改札前~

熱斗「……!?」

ロック「どうしたの?熱斗君」

熱斗「おかしい…俺が秋原町のメトロの改札を通ったら一瞬でここの改札の外に…」

メイル「何言ってるの熱斗。ちゃんと秋原町からメトロに乗ってここまで来たでしょ」

ロック「そうだよ、熱斗君。いきなり何を言い出すのさ」

熱斗「…悪い。ちょっと寝ぼけてた」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 20:58:20.66 ID:yKy2W5ZP0

メイル「しっかりしてよね。これから映画見に行くっていうのに…」

熱斗「そ、そうだな…(い、いったい何が起きたんだ…?)」

ロール「さ、はやく行きましょ」

~映画館・ロビー~

熱斗「やっぱ土曜だし混んでるな…そういやメイルってこの手の映画好きなのか?」

メイル「……」

熱斗「メイル?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:00:11.53 ID:yKy2W5ZP0

メイル「!…う、うん。好き…かな……」

ロール「…?(いつものメイルちゃんらしくないなぁ…もしかして…)」

ロック「熱斗君!飲み物も買ったし、もう席に行って待ってようよ!」

熱斗「でもまだ15分もあるしな~」

熱斗「指定席なんだし、別に急がなくても…」

メイル「でも、私たちの席って真ん中の辺りにあるでしょ?」

メイル「だから、両端に他の人が座っちゃう前に行った方があまり迷惑掛けなくてすむと思うよ」

熱斗「…そッスね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:01:59.57 ID:yKy2W5ZP0

~映画館・シアタールーム~

熱斗「よっと」

メイル「上映まであと10分か…」

熱斗「そういや、メイルと2人で映画見に行くのってこれが初めてだっけ?」

メイル「うん、そうだと思うよ」

熱斗「そっか」

メイル「……」

熱斗「……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:02:36.05 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「(…いつもならもっと会話が弾むんだけどなぁ…)」

メイル「(…いつもだったらもっと会話が弾むのにな…)」

熱斗「(やっぱりメイルのワンピース姿を見て少し動揺してるのだろうか…)」

メイル「(やっぱりあまり着ないワンピース姿で来たから少し緊張してるのかな…)」

熱斗「(しかもそのめかしこんだ姿のメイルと2人きりで映画を見に行くというのは…)」

メイル「(しかもその格好で熱斗と2人きりで映画を見に行くのって…)」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:05:17.56 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「(どう見てもデートじゃん…)」

メイル「(デート…みたいなものだよね…)」

熱斗「(な、何考えてんだ俺は…メイルはただの幼馴染で親友で面倒見のいい子で基本スタイルはニーソでetc...)」

メイル「(デートってことは…つまりカップルってことで…それはつまり……///)」

メイル「(熱斗は…私のことどう思ってるのかな…)」




熱斗「(勉強できてピアノができて小学生なのに[よしゅう]なるものに取り組む人間の鑑でetc...)」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:06:57.14 ID:yKy2W5ZP0

ロック「あ、暗くなった…始まるよ!熱斗君」

熱斗「へあっ!?…あぁ…そうだな」

ロック「…?(どうしたのかな、熱斗君…もしかして…)」

~上映中~

熱斗「(…しかしこの映画、女優が全く出てこないなぁ…)」

メイル「……」ジー


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:08:09.55 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「(…ん?薄暗い部屋に一つのベット…2人の男……!…い、いや…まさか…な…)」

メイル「……」ジー

男優A(役名:見雨裸[みうら])「矢重よ…お前があの電脳世界で傷つく必要なんかないんだ…」

見雨裸「お前は…この現実世界だけを生きていればいい…」

男優B(役名:矢重[やじゅう])「見雨裸大先輩…やっぱりあんたは人間の鑑ですよ(意味深)」

見雨裸「そうだよ(周知の事実)」

矢重「先輩…」

見雨裸「矢重…」

そして訪れる濃厚なキス…


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:10:27.10 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「(え、何これは)」

メイル「……」ジー

メイル「(…はっ!)」ドキドキ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:12:55.05 ID:yKy2W5ZP0

~上映終了~

熱斗「……なんか、新しい世界を見た気がする」

メイル「うん…(なんだろう…まだ胸がドキドキしてる///)」

ロック「全年齢対応とは思えなかったよ」

ロール「わたしには早すぎました…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:14:33.47 ID:yKy2W5ZP0

~映画館前~

熱斗「さて、これからどうしようか」

メイル「熱斗、私そこのショッピングモールに行きたい」

熱斗「おし、じゃあ行くか!」

メイル「うんっ!」

熱斗「……(なんだろう…今日はメイルが恋人みたい…いやいや、メイルはただの幼馴染で親友d)」

メイル「……(熱斗×炎山君かな?いや、炎山君×熱斗かなぁ…)」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:17:23.45 ID:yKy2W5ZP0

~ショッピングモール・女性服店前~

メイル「この服可愛いな~」

熱斗「そ、そうだな(あれから1時間半…ずっと服しか見ないって、どんだけ服が好きなんだよ…)」

ロール「メイルちゃんっ、そういえば今日は何時ぐらいに帰る予定なの?」

メイル「ん~…7時前には帰りたいかな…」

ロール「今5時15分だから、6時半にはメトロに乗らないとね」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:18:58.99 ID:yKy2W5ZP0

メイル「うん、そうだね…(あと1時間15分しかないんだ…)」

メイル「(せっかく今日はめかしこんできたんだし、もっとカップルっぽい事しなきゃ…!)」

メイル「ね、ねぇ熱斗」

熱斗「ん?なに?」

メイル「えっと…ね…」

熱斗「…?」


メイル「プ、プリクラ撮ろっ…?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:21:19.57 ID:472E5er4O

メイルちゃんかわいすぎ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:21:56.80 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「あ、あぁ…いいぜ!」

メイル「あ、ありがと…」

ロール「メイルちゃん、顔赤いよ?」ニタニタ

ロック「…熱斗君も顔赤いね」ニタニタ

熱斗「っ!ショッピングモールの中が熱いんだよっ!」

メイル「そ、そうよ!」

ロック・ロール「ふ~ん、でもクーラーがきいてるのに熱いのはどうしてかな~?」ニタニタ

熱斗・メイル「…///(こ、こいつらぁ~…)」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:24:14.74 ID:yKy2W5ZP0

>>55
せやな…

~ショッピングモール・ゲームセンター内~

熱斗「げ!この写真の俺目ぇつぶってる!」

メイル「私も…」

ロック「お似合いだね~」

ロール「ホント、お似合いよね~」

メイル「2人ともー…///(まぁ、こういうことができてよかったかな…)」

熱斗「…(目をつぶったメイルが可愛すぎてつらい…)」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:25:03.76 ID:nZO5LlWm0

( ^ω^)


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:25:48.12 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「…そういや今何時だ?」

ロック「5時半だよ、熱斗君」

熱斗「じゃあ6時ちょっと過ぎまでここで時間潰すか」

一同「あぁ~いいっすね~」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:27:42.59 ID:yKy2W5ZP0

~6時50分・秋原町~

ロック「メイルちゃんがあんなにクレーンゲームが得意だとは知らなかったよ」

メイル「私の十八番はピアノだけじゃないんだよっ」

ロック「そう…(無関心)」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:29:20.45 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「あー楽しかったなー、マラオカート」

ロール「でもあれちょっと卑猥…」

熱斗「え?」

ロール「いや、何でもない…」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:30:47.58 ID:yKy2W5ZP0

メイル「ん~っ、今日は楽しかったな~(熱斗とのデート///……)」

熱斗「そうだな~」

メイル「……ねぇ、熱斗」

熱斗「ん?」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:32:51.64 ID:yKy2W5ZP0

メイル「今日は…さ、なんだか、デート…みたいだったね」

熱斗「そうだな~……って」

メイル「熱斗は、さ…どう思ってる……?私のこと…」

熱斗「なんだよ急に…」

メイル「いいから答えて」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:35:34.82 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「どうって言われても…」

メイル「正直に言って…お願いだから……」

熱斗「……っ」

真剣なまなざしの彼女の言葉には、今までに光熱斗が感じたことのない勇気、

そして…微かな期待と、恐怖が滲んでいた


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:38:08.58 ID:yKy2W5ZP0

この状況は-いつかは来るかもしれない-と、彼自身、だいぶ前から淡い思いを寄せて待っていた場面でもあった

しかし

唐突に訪れたせいなのか…

光熱斗はどうすればいいのか分からなくなっていた



なんて言えばいいんだ?

正直に言えばいいのか?

何を?自分の気持ちを!?

俺は…


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:43:51.64 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「俺は…」

メイル「……」

熱斗「メイルのことを…」

メイル「……っ!」













熱斗「ただの幼馴染で親友で面倒見のいい子で基本スタイルはニーソ!ニーソ!で
   とても可愛らしい天使ちゃんマジ天使!な女の子だと思ってるよ(迫真)」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:44:07.65 ID:G1hQ1k1q0

おいwwwwww


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:46:16.40 ID:yKy2W5ZP0

メイル「……」

ロック「……」

ロール「……」

熱斗「え、なに…?この沈黙は…」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:49:25.23 ID:yKy2W5ZP0

メイル「…………」

メイル「……グスッ」

熱斗「!!」

ロック「熱斗君…君って人は…」

ロール「…呆れた…」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:51:15.55 ID:yKy2W5ZP0

熱斗「ご、ごめん…」

メイル「……」

熱斗「お、俺が悪かったよ…」

メイル「…ううん、ヒグッ…い、いいの…」

ロール「メイルちゃん…」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:53:27.34 ID:yKy2W5ZP0

メイル「……だって…」

















メイル「私のこと、[可愛らしい]って…いってくれたんだもん///」

ロック・ロール「…なんじゃそりゃああああ!!!」

熱斗「……そッスね」


              完


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:53:53.28 ID:G1hQ1k1q0

萎えたwwwwwwwww


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:38:51.20 ID:HinDnyxk0

4はSPナビに遭遇した時焦りまくる


関連記事
スポンサーサイト