FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ブチャラティ「今日もスレ立てするか・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:13:57.08 ID:AZBii8vi0

ブチャラティ「えっちな体したあたしとやりたいこと・・・っと」カチャカチャ ッターン!




ナランチャ「なんだこのスレ!おい、みんな!すごそうなスレがあるぜ!」

ミスタ「えっちな体したあたしとやりたいこと・・・?うほぉぉぉ!でかしたぞナランチャ!」

フーゴ「しかし釣りスレである可能性が・・・」

ナランチャ「そんなことあるもんか!早く開こうぜぇぇええ!?」

ジョルノ「いや、これはフーゴの言う通り釣りスレかもしれない・・・」ゴゴゴゴゴゴ

アバッキオ「ケッ!いいから早く開け!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:18:18.95 ID:AZBii8vi0

フーゴ「しかし・・・!」

ミスタ「いい子ぶってんじゃねぇぞフーゴ。お前だって見たいんだろ・・・?」

フーゴ「・・・ええ、実は」ニヤッ

ジョルノ(ダメだ・・・。このままではみんな釣りスレの餌食に・・・)

アバッキオ「ほら、早くしろよナランチャ」

ナランチャ「そんな急がせるなよ。えっと、クリックはこうか・・・?」

ジョルノ(させるか!)

ジョルノ「ゴールドエクスペリエンス!」ドゴォ!


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:25:49.16 ID:AZBii8vi0

ナランチャ「うひゃぁあ!?マウスがネズミになったぞ!?」

アバッキオ「おい新入り!てめぇ何しやがる!」

ジョルノ「このスレは釣りスレの可能性があります!開かせるわけにはいかない!」ゴゴゴゴゴ

ミスタ「そこまで言うんなら証拠はあるんだろうな・・・」

ジョルノ「証拠・・・」

フーゴ「確かに釣りスレの可能性は僕も考慮しましたが、確証がない・・・。なら、開いて確かめるしかないでしょう」

アバッキオ「おい。このキーボードにはフィンガーポインターがある。それを使え」

ジョルノ(クソッ・・・。このままじゃ・・・)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:33:59.69 ID:AZBii8vi0

ジョルノ「待って下さい・・・」

ナランチャ「何だよ・・・。このスレを開く邪魔でもしようっていうのか・・・?」

ジョルノ(時間さえ稼げばdat落ちするかもしれない・・・。だが、一体どうすれば・・・)

フーゴ「慎重になる気持ちはわかります。ですが、このパソコンにはアンチウィルスソフトも入っていますし問題ないでしょう」

ミスタ「おいおい、早くとこ開こうぜ~?」

No1「ソウダソウダ!」

No6「ハヤクヒライテミセロォ!」

ジョルノ(これだ!)

ジョルノ「そういえばもうすぐ食事の時間ですね。ミスタ、いいのですか?」

ミスタ「おっと、そうだった。みんな、食事が終わってからにしようぜ」

ナランチャ「ご飯の時間じゃしょうがないな」

アバッキオ「チッ、飯か・・・」

ジョルノ(助かった・・・)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:42:50.24 ID:AZBii8vi0

ジョルノ(だが、食事の時間が終わったらどうする・・・?策がない・・・)

No5「エッ・・・。キョウハゼンインクッテイイノカ・・・?」

ミスタ「ああ・・・。しっかり食え・・・。おかわりもあるぞ」

No3「ウメ・・・ウメ・・・」

ジョルノ(今のうちにパソコンを破壊・・・。いや、そんなことをしたらフーゴの毒ガスでやられ、ミスターとナランチャに蜂の巣にされ、アバッキオにおしっこを飲まされるかもしれない・・・)

ジョルノ(何かあるはずだ・・・。この状況を打開する策が・・・)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 02:50:21.05 ID:AZBii8vi0

フーゴ「そういえば今日はブチャラティの姿が見えませんね」

ジョルノ「!?」

アバッキオ「組織への上納金でも集めてるんじゃないのか?」

ジョルノ(そうだ、ブチャラティだ・・・。ブチャラティの言うことならこいつらも言うことを聞くはず・・・)

ナランチャ「フーゴォォォ。スパゲッティまだ~?」

フーゴ「茹で上がるまでまだかかります」

ジョルノ(しかし、ブチャラティは今外出していて留守だ・・・。いや、確か携帯が・・・)

ジョルノ「・・・・・・・・・」トゥルルルルル

ジョルノ(頼む・・・繋がってくれ・・・)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:05:02.11 ID:AZBii8vi0

アバッキオ「・・・・・・・・・」スッ

フーゴ「!?」

フーゴ(ああ、なるほど・・・)

ナランチャ「・・・・・・・・・」スッ

ミスタ(なるほど。うるさいジョルノが電話している隙にってことか・・・)

アバッキオ「・・・・・・・・・」カチャカチャ…


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:14:15.66 ID:AZBii8vi0

ナランチャ「ぎゃぁぁぁぁぁあああああ」

アバッキオ「なんだ!?」

ナランチャ「大変だ!鍋が!鍋が!」

アバッキオ「くそっ、何してやがる!」

フーゴ「すみません。僕が鍋をかけっぱなしにして忘れていました」

ミスタ「とにかく片付けるぞ」

アバッキオ「チッ」

ジョルノ「!?」

ジョルノ(危ない・・・。電話している隙にパソコンを・・・)

ジョルノ(よかった・・・。パソコンの回線が悪いせいでまだページが切り替わってない・・・。みんながキッチンに行ってる今、電源を落としておこう)ブゥゥゥン…


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:37:50.62 ID:AZBii8vi0

フーゴ「!?」

ナランチャ「ジョルノ、電話終わったのか?」

ジョルノ「ええ・・・」

フーゴ「さ、さて、出来上がったスパゲッティでも食べるとしましょうか」

ナランチャ「わぁいスパゲッティ!ナランチャ、スパゲッティだーいすき!」

アバッキオ「ズゾッ・・・ズゾゾゾゾゾ・・・。グェェ・・・ップ・・・。食べ終わった・・・」

ナランチャ「ゾルン・・・。同じく・・・」

フーゴ「ゴクリ・・・。僕もです・・・」

ミスタ「俺もだ・・・。さあ、パソコンしよう・・・」

ゴゴゴゴゴゴ

ジョルノ(なんて速度で食べるんだ・・・)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:39:08.61 ID:80B8/FGb0

アバッキオwwwwwwwwwwwww音汚ねぇwwwwwwwwwwwww


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:50:53.36 ID:AZBii8vi0

ナランチャ「なんだ・・・!?電源が落ちているぞ・・・!?」

アバッキオ「おいジョルノ!てめぇ何かしやがったか!?」

フーゴ「いえ、これはおそらく自動シャットダウン機能ですね」

ミスタ「何だそいつは?」

フーゴ「電源を入れっぱなしにしていると、パソコンが自動的に電源を落とすんですよ」

ナランチャ「そうだったのか・・・。まあいいや。早く立ち上げてくれよフーゴ」

ジョルノ(危なかった・・・。しかし、これからどうしたものか・・・)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 03:57:39.38 ID:AZBii8vi0

アバッキオ「・・・・・・おいフーゴ!まだなのか!?」

フーゴ「このパソコンの性能はそれほど良くないですからね。立ち上がるまで数分かかりますよ」

ミスタ「それにしても待ちきれないぜぇ・・・。えっちな体したあたしとやりたいこと・・・だったか?たまらねぇぜ・・・」ゴクリ

ナランチャ「えっちな体って・・・やっぱすごいのかな・・・?」

アバッキオ「きっとバストなんかEカップ以上のダイナマイトボディだろうな」

フーゴ「それは・・・たまりませんね・・・」ゴクッ

ミスタ「おっ、起動したんじゃねーか!早く早く!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:09:44.97 ID:AZBii8vi0

ジョルノ「最後に一言だけいいですか?」

アバッキオ「・・・なんだ?」

ジョルノ「もしそのスレが釣りスレだった場合どうするんですか?」

ミスタ「開いてみるまでわかんねぇんだから仕方ねぇだろそんなの」

ジョルノ「そうですか・・・。以前同じように期待に満ち溢れて似たようなスレを開いたことがあるんです・・・」

ナランチャ「ふーん。で、どうだったんだ?」

ジョルノ「腹筋スレでした。4823回しなければならず、筋断裂を起こして入院するハメになりました・・・」

フーゴ「それは・・・」

ジョルノ「それだけじゃぁない!また似たようなスレを開いた・・・。すると、今度はエッチな画像かと思いきや、いきなり恐ろしい画像へと切り替わったッ!!!驚きのあまり後方へ倒れ、後頭部を打ちつけ一週間入院した・・・」

アバッキオ「・・・・・・・・・」

ジョルノ「こういうスレは危険なんですよ・・・。直感と経験がそう告げているんです・・・」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:16:27.20 ID:AZBii8vi0

ミスタ「言いたいことはわかった」

ジョルノ「では・・・!」

ミスタ「だがな、俺たちはギャングだ。そんな釣りスレにおびえていたら手に入るお宝画像だって逃しちまう」

フーゴ「ええ・・・。僕たちは釣りスレであるかもしれないという恐怖を乗り越え、一繋ぎの秘宝・・・ワンピースを手に入れようとしているんです」

アバッキオ「だからこんなとこで立ち止まっちゃいられねぇんだ」

ナランチャ「難しいことはわかんないけど・・・。えっちな体を見てみたいんだよジョルノ!」

ジョルノ「・・・わかりました。お付き合いしましょう」

ミスタ「ジョルノ・・・お前・・・」

ジョルノ「ファミリィ・・・ですからね」

アバッキオ「フッ・・・。よし、じゃあ開くぞ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:27:45.41 ID:AZBii8vi0

ジョルノ「これは・・・!?」

ナランチャ「ぐぇぇぇぇ・・・げろげろげろ・・・」

アバッキオ「おぇぇぇ・・・ぼたっ・・・ぼたぼたぼたっ・・・」

ミスタ「ぜろぜろぜろ・・・びちゃちゃっ・・・」

フーゴ「くそったれが・・・!!死ねっ!!みんなまとめて死ねっ!!」ドゴォン!! ボゴォン!!

ジョルノ「えっちな体見たさにスレを開いたら、きもい男性が露出の高い服で汚い部屋を背景にポージングしてた・・・。何を言ってるかわからないかもしれないが、これは」

アバッキオ「ムーディー・・・ブルース!!パソコンを破壊しろぉぉ!!」ドガン ボゴッ

ナランチャ「うぐっ・・・エアロ・・・スミス・・・」ガガガガッガガ

ミスタ「ちくしょう・・・ちくしょうッ・・・!!」バーン バーン!

ジョルノ(全員のゲロと流れてきた攻撃を受け、意識を失う間際にふと思った・・・。あの画像の男・・・。あれは・・・ブチャ・・・)バタッ


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:32:45.77 ID:AZBii8vi0

一週間後

ブチャラティ「あたしの体えっちじゃない・・・?・・・っと」カチャカチャ ッターン



ナランチャ「お、おいみんな来てくれよ!すっげぇスレがあったぞ!」

ミスタ「マジかよ!?どれどれ・・・。あたしの体えっちじゃない・・・?うぉぉぉぉ!マジかよ!でかしたぞナランチャ!」

ジョルノ(歴史は繰り返す・・・)

to be continued...?


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:34:11.56 ID:pQiQnnjo0

ディアボロの気持ちがよくわかった気がする


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:40:23.97 ID:AZBii8vi0

ボス「・・・・・・・・・」カチャカチャ

ボス「またお前か・・・」カチャカチャ…

終わり


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 04:43:15.06 ID:etxV6+x90

あのスレってブチャラティが立ててたんだな乙


関連記事
スポンサーサイト