FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポップ「ロイヤルクイーン様、何故お目覚めにならないのですか……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:02:43.88 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「デコルがまだ足らないだなんて……無念でござる!」

ポップ「……お目覚めにならないのであれば、致し方ない。」



ポップ「おちん○ん擦り付けるでござるw」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:03:42.03 ID:dr2yedpR0

メドローア


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:04:01.36 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「ハァハァ……イ、イクで……ござる。」パコパコ

ロイヤルクイーン「ポップ、おやめなさい!」

ポップ「……ロ、ロイヤルクイーン様!?」パコパコ

ロイヤルクイーン「目覚めていなくともあなたが、ナニをしているかは分かるのですよ。」

ポップ「せ、拙者は……、なんと……罪深きことを……。」パコパコ

ロイヤルクイーン「さあ、早く離れて下さい。そして、二度とこのようなことは……。」

ポップ「でも、興奮するでござるw」パコパコ

ロイヤルクイーン「……なんですって!?」

ポップ「うおぉぉぉぉぉ!!イックゥゥゥゥ…………でござる!」ドピュピュ

ロイヤルクイーン「あぁぁ、なんて破廉恥な……。」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:06:13.88 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「ふぅ、拙者なんだかこの遊びにハマったでござる!ロイヤルクイーン様、また明日もさせて頂くでござる。」

ロイヤルクイーン「……もう、来ないでください。汚らわしい……!」

ポップ「ウヒヒ……、ロイヤルクイーン様の罵倒は絶品でござる!もっともっとでござる!」

ロイヤルクイーン「…………」

ポップ「チッ……では、明日も参りますので、あしからず。」

ロイヤルクイーン「なんとか手を打たなくては……。」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:11:19.09 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「来たでござる。それでは、さっそくイかせて頂きます!」

ロイヤルクイーン「………」

ポップ「うっひょー!」パコパコ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:13:15.41 ID:+p5eO7Ll0

みゆき「それにしてもロイヤルクイーン様から呼び出されるなんて……。何かあったのかな?」

あかね「う~ん。まったく思い当たらへんなぁ。」

やよい「この時間に見てもらいたいものってなんだろ?」

なお「ロイヤルクイーン様が見て欲しいっていうんだから、なにかいいことじゃないかな?」

れいか「わざわざ悪いものを見せつけたりはしないはずですよ。」

ポップ「なっ……!?みゆき殿たちの声が聞こえるでござる。」パコパコ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:15:07.81 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「まさか、ロイヤルクイーン様が拙者の痴態を見せつけるために、みんなを……!?」パコパコ

ロイヤルクイーン「ポップ、あなたは一生プリキュアのみなさんから蔑まれて生きることになりますが、よろしいのですか?」

ポップ「うぅ、拙者は……!」パコパコ

ポップ「またまた、興奮してしまったでござるw」パコパコ

ロイヤルクイーン「……!?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:18:08.65 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「来るなら来いでござる!」パコパコ

ロイヤルクイーン「この……!」

みゆき「あれ~、ポップも来てたんだ~。」

あかね「なにやっとんのや?ロイルクイーン様に引っ付いて……。」

やよい「なにか、スリスリしてるけど……。」

なお「早く降りてきなよ……。」

ポップ「拙者、あと少しで儀式が終わるでござる!しばし、待って欲しいでござる!」パコパコ


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:21:18.31 ID:+p5eO7Ll0

れいか「ロイヤルクイーン様、只今参りました。わたし達に見せたいものとは何でしょうか?」

ロイヤルクイーン「良い所に来てくれました。ポップのこの姿こそ、みなさんの目に焼き付けて欲しいのです!」

みゆき「ポップの姿……?」

ポップ「ハァハァ………イ、イッちゃうぅ………でござる!」パコパコ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:23:50.54 ID:xNoKCBOI0

れいかさんアイスソードの出番ですよ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:24:37.78 ID:+p5eO7Ll0

あかね「なんか苦しそうやな……大丈夫なんか?」

ロイヤルクイーン「この者は、己の欲望のままにわたしを辱めているのです。唾棄すべき存在なのです!」

やよい「唾棄すべき存在……って、どうして?」

なお「よく分からないなぁ……。」

ポップ「ハァハァ……みんなに見られて……あぁぁぁぁぁ!!!」ドピュピュ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:28:42.68 ID:+p5eO7Ll0

れいか「ロイヤルクイーン様は多分、欲望のままに生きるとあのように苦しいめに遭うとおっしゃているのではないでしょうか?」

ロイヤルクイーン「いえ、まぁ大体そうなのですが……みなさんはポップの行為を見てなんとも思わないのですか?」

みゆき「……?」

あかね「……?」

やよい「……?」

なお「……?」

れいか「……?」

ロイヤルクイーン「なんということでしょう………。中学生にはまだ早かったようです。」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:31:58.06 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「ハァハァ……よ、良かったでござる。」

みゆき「ポップ、大丈夫?」

あかね「変な匂いするで……。」

ポップ「心配は無用でござる。さあ、みんな、メルヘンランドを案内するでござる。」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:34:04.98 ID:+p5eO7Ll0

やよい「えっ、いいの?」

なお「また、あの子たちに会いたかったんだよね。」

れいか「ロイヤルクイーン様、忠告ありがとうございます。それでは失礼致します。」

みゆき「ばいば~い!」

ロイヤルクイーン「おお、なんという……。」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:37:10.36 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「今日もいっぱい出たでござる。」

ポップ「このままでもよいが、もっと刺激が欲しいでござる!」

ポップ「そうだ……!みゆき殿たちを利用して……。ぐふふ……っでござる。」

-夜 れいかの部屋-

れいか「スゥスゥ……………」

ポップ「お邪魔するでござる。」


19: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/07/31(火) 01:37:42.64 ID:ZlPLcIVa0

今週休みだったからこれで耐えるか・・・


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:41:20.80 ID:PuJkocwV0

>>19
無理があるんだが


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:40:14.32 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「よく寝てるでござるな。それでは……。」

れいか「……」ピトッ

ポップ「おお、れいか殿のすべすべお肌に拙者のおちん○んが……!」

ポップ「くぅぅぅ……堪らんでござる!ハァハァ………ウッ!!」ドピュピュ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:42:45.55 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「ロイヤルクイーン様の時よりいっぱい出たでござる。さすが、伝説の戦士……!」

ポップ「精液は漢の魂の証!このまま、れいか殿には朝を迎えてもらうでござる。」

ポップ「れいか殿、おやすみなさいでござる。」

れいか「う~ん……」すやすや


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:45:05.75 ID:+p5eO7Ll0

-朝-

れいか「あら、顔に何か粘つくものが……変な匂いですね。」ティッシュで拭き取り

れいか「お母様に訊いてみましょう。」

れいか「お母様、おはようございます。」

静子「おはよう、れいか。」

れいか「お母様、今朝わたしの顔にこのようなものがついていましたが、一体何でしょうか?」

静子「んっ?これは……!」

れいか「……?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:47:49.15 ID:+p5eO7Ll0

静子「れいか、あなたは学校からこの家には帰らず、緑川さんのお家に泊めてもらった方がいいわ。」

れいか「なおの家にですか?」

静子「緑川さんの家には、わたしが話しておきます。着替えも持って行くから心配しないで。」

れいか「あの……理由を教えていただきたいのですが。」

静子「今、わたしも混乱しているの。家にはセキュリティシステムがあって外部の侵入者には警報がなるはずなのに……。もう内部の犯行
としか……。」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:50:30.62 ID:+p5eO7Ll0

れいか「……お母様?」

静子「わたしが連絡するまで、緑川さんのお家でお世話になりなさい。絶対戻ってきてはダメよ!」

れいか「わ、わかりました……」

静子「まずは、淳之介……その次にお父さん。きっちり締めあげないと……!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:53:11.20 ID:+p5eO7Ll0

れいか「………ということがありましたから、なおのお家でお世話になります。よろしくね。」

なお「れいかがうちに来るの久しぶりだね。弟たちも喜ぶよ。」

あかね「それにしても、れいかに変なもんつけるなんて最悪の悪戯やな。」

やよい「許せないよね!」

れいか「お母様は家族の誰かと決めつけてるようなのですが……お兄さまもお祖父様もそんなことはしないと思います。」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:55:10.62 ID:+p5eO7Ll0

みゆき「れいかちゃんも大変だったね……」

れいか「ええ、でも笑顔じゃないとハッピーが逃げちゃいますから。ねっ、みゆきさん」

みゆき「れいかちゃん……。」

あかね「そやな。犯人はあとできっちり〆とくとして、今はとりあえず笑顔やな!」

れいか「ふふふ、そうですね。」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:57:09.51 ID:+p5eO7Ll0

-夜 なおの部屋-

なお「スゥスゥ……………」

れいか「スゥスゥ……………」

ポップ「ぐふふ……。今日はなお殿で一発抜くでござる。」

ポップ「顔に擦り付けるのは、昨日やったので別の方法を試してみるでござる!」

ポップ「何か使えそうなものは……あっ!あったでござる!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:59:07.02 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「このサッカーボールの溝におちん○んを滑らせて……うほっ!!」

ポップ「イ、イイでござる………なお殿が毎日蹴りこんでいるボールと思うと更に興奮するでござる!」

ポップ「ハァハァ……なお殿。もっと拙者のおちん○んをけ、蹴って欲しいでござる……。」

ポップ「あっ、ああ……。そ、そう……時には優しく……ウッ……堪らんでござるぅぅ!!」

ポップ「あひぃぃぃ!!出ちゃううぅぅぅ……でござる!」ドピュピュ

なお「う、う~ん……」すやすや

ポップ「勢いよくなお殿にかかったしまったでござる……いい眺めでござるな。」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:01:44.61 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「明日のなお殿のことを思うと笑みがこぼれてしまうでござる!くくっ……。」

ポップ「それでは、さらばでござる!」

-朝-

なお「うわっ!何これ……!」

れいか「これは、昨日わたしの顔についていたものと一緒の……。」

なお「おかあちゃ~ん!変なのが顔についた~!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:03:21.11 ID:+p5eO7Ll0

お母ちゃん「あら、やだ!これって……!お父ちゃん、ちょっと!」

源次「なんでい。仕事がこれから……。」

お母ちゃん「これ、お父ちゃんが出したものじゃないのかい!?」

源次「こ、こいつは……!おれは知らねえぞ!実の娘にそんなことするかい!」

お母ちゃん「どうしようかね……もうここも安全な場所じゃないってことかい……。」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:05:09.54 ID:+p5eO7Ll0

なお「……ってことがあってさ。今日からあたしとれいかはホテルに泊まることになっちゃった……。」

あかね「なおも被害にあったんかい!?」

やよい「うぅ……怖いよ……。」

みゆき「なんで、2人が……?」

れいか「これはもう、わたし達プリキュアを狙ったバッドエンド王国からの攻撃としか考えられません。」

4人「……!?」

なお「そうだよね……わたし達2人が被害に遭ったのって、プリキュアだからって考えたほうが無理がないよね……。」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:07:07.42 ID:+p5eO7Ll0

あかね「許せへん……あいつら!」

やよい「わたしも……!」

みゆき「バッドエンド王国に乗り込んでやめさせよう!こんな卑劣なこと許せないよ!」

なお「でも……。」

れいか「わたし達のことでみなさんを巻き込むのは……。」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:09:07.37 ID:+p5eO7Ll0

あかね「なにいうてんねん。」

やよい「わたし達友達だよ。」

みゆき「困っていたらお互いを助けなくちゃ。わたし達正義の味方だよ!」

なお「みんな……。」

れいか「みなさん、ありがとうございます……。」

みゆき「よーし……みんな行くよ!」

4人「おー!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:11:06.68 ID:+p5eO7Ll0

-バッドエンド王国-

ハッピー「とりゃー!」ガシャーン

ウルフルン「おわぁぁぁ!!!な、なんだ!?」

アカオーニ「なんだオニ!?」

マジョリーナ「何がおきただわさ!?」

ジョーカー「プリキュア……!?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:13:06.41 ID:+p5eO7Ll0

サニー「マーチとビューティの仇は取らせてもらうで!」

ピース「卑怯なことは許さないんだから!」

マーチ「筋が通らないことはだいっきらいなんだ!」

ビューティ「覚悟しなさい……!」

ウルフルン「はぁぁ?てめえら、いったい何のこと言って……。」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:16:15.33 ID:+p5eO7Ll0

プリキュア全員「ペガサスよ、私たちに力を!」

アカオーニ「な、なにするつもりオニ!?」

プリキュア全員「プリキュア・プリンセスフォーム!」

マジョリーナ「ちょ、ちょっと待つだわさ!」

ハッピー「届け!希望の光!」

ジョーカー「こ、これは……まさか………!?」

プリキュア全員「はばたけ!未来へ!」

ズバァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!

ウルフルン「ぐわああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

アカオーニ「オニィィィィィィィィィィ!!!!」

マジョリーナ「だわさぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

ジョーカー「ピエーロ様ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



プリキュア全員「輝け!ハッピースマイル!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:18:21.47 ID:+p5eO7Ll0

やよい「これで、もう安心だね。」

あかね「ちょっとは、気ぃ晴れたわ。」

みゆき「なおちゃんとれいかちゃんのこと、守ってあげられなくてごめんね。」

なお「そんなこと気にしなくていいよ、みゆきちゃん。」

れいか「ええ、みなさんの気持ちだけで十分です。」

あかね「よっしゃ!今日はウチでお好み焼きパーティーや!どんどん食べたって!」

みゆき「わーい、あかねちゃん太っ腹~!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:21:11.82 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「バッドエンド王国の奴らが疑われて、国ごと消し飛んだと聞いたでござる。」

ポップ「奴らに罪を被せられたうえ、メルヘンランドは安泰。一石二鳥でウルトラハッピーでござる!」

ポップ「このままやめれば、誰も拙者が犯人と疑うことはないでござる。しかし……!」

ポップ「このバレるかバレないかのスリルが堪らんでござるw」

ポップ「なんたる愉悦!やめられないでござる!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:24:06.08 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「よーし、そうと決まれば、次はやよい殿にぶっかけでござる!」

-夜 やよいの部屋-

ポップ「失礼しま~す。」

やよい「スゥスゥ……………」

ポップ「安心しきって、すっかり熟睡でござるな。」

ポップ「なお殿の時のように、なにか使えそうなものは……あっ、これはイイでござるな……。」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:26:07.83 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「この、筆の毛先におちん○んを…………。」サワッ

ポップ「うぐぅっ!!こ、これは……!」

ポップ「こそばゆく、まるでウブなおなごにフェラチオをさせているような感覚……イケルでござる!」

ポップ「おほぉ……!おひょひょぉ……!イックゥゥゥゥでござるぅぅぅぅぅ!!」ドピュピュ

やよい「うう~ん……」すやすや


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:29:09.22 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「また、やってしまったでござる……。」

ポップ「今度は、バッドエンド王国のせいにはできないでござるな……この取り返しのつかない状況………燃えるでござる!!」

ポップ「さぁ、どうでるプリキュア!伝説の戦士の力をとくと見せてみるでござる!」

-朝-

やよい「そ、そんな……!?バッドエンド王国の人たちは倒したのに……。」

やよい「お母さんに言って心配かけたくないし、黙ってよう……。」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:31:31.09 ID:+p5eO7Ll0

やよい「……って、ことがあったんだけど……どうしよう!みんな!」

あかね「そんな……!?」

なお「バッドエンド王国じゃない……!?」

れいか「謎は深まるばかりですね……。」

みゆき「これって……、次はわたしかあかねちゃんが被害に遭うってことなんだよね?」

あかね「……!?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:33:09.45 ID:+p5eO7Ll0

れいか「ええ、プリキュアが狙われているのはおそらく確定です。」

みゆき「…………」

なお「どちらかの家にみんなで分かれて泊まって、犯人を捕まえるのはどうかな?」

やよい「それ、いいかも!」

れいか「そうしましょう。2人が狙われている以上それしかありません。」

なお「よ~し……、それじゃあ、くじ引きで決めるよ。」

全員「せ~の、えいっ……!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:35:06.80 ID:+p5eO7Ll0

-夜 あかねの部屋-

あかね「それで、ウチにはやよいとなおかぁ……2人もいたらみゆきには悪いなぁ。」

なお「みゆきちゃんの家には、キャンディとれいかがいるから大丈夫だよ……多分。」

やよい「あかねちゃんのことはちゃんと守るから、安心してね。」

あかね「やよいに言われても説得力あらへんなぁ……。」

やよい「も~、あかねちゃんったら……!」

なお「犯人は絶対捕まえてみせるよ!それで、謝らせてやるんだから!」

あかね「おっ、なお。その調子やで!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:37:21.55 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「眠り玉でござる、ハッ!」ボフ~ン

あかね「スゥスゥ……………」

やよい「スゥスゥ……………」

なお「スゥスゥ……………」

ポップ「他愛ないでござる。」

ポップ「あかね殿の家には、どんなオナニーアイテムが……あっ、これでござる!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:40:06.44 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「このバレーボールのソフトな質感、使えそうでござる!」

ポップ「溝におちん○んを当てるのは既にやったでござるから、今日は………。」

ポップ「このバレーボールをお尻の穴に入れてみるでござる!!」

ポップ「うっひょー!興奮が最高潮ででガマン汁がビチャビチャでござる!」

ポップ「では……、ふんっ!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:43:19.01 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「あ、あががががが……!こ、ここここれは、新感覚ぅぅぅぅぅ!!???」

ポップ「お腹がパンパンで…………、もうヤバイでござるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」

ポップ「あかね殿が毎日叩いているバレーボール………!拙者のお腹もバンバン叩いてほしいでござるぅぅぅぅ!!!」

ポップ「もう……余韻を愉しむ暇も………な……い………イヒィィィィィィ!!!!」ドピュピュ

ポップ「なんと!いっぱい出すぎてあかね殿の顔どころか、部屋中精液まみれになったでござる!」

ポップ「あ~……。まっ、明日のお楽しみでござるな。さらばでござる!」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:43:50.09 ID:xNoKCBOI0

うるせぇよwwwww


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:46:09.52 ID:+p5eO7Ll0

みゆき「3人とも今日は来ないね……。」

れいか「仕方ありませんよ。部屋中に、しかも制服にまであの変なものをつけられてしまたのですから……。」

みゆき「でも、3人で止められなかったてことは……。」

れいか「ええ、相手はとてつもなく強いお方だと推測できます。」

みゆき「わたし達、捕まえられるかな?」

れいか「大丈夫です。きっとわたし達なら捕まえられます!夜にはみんなが、みゆきさんの部屋集まるんですから安心して下さい。」

みゆき「そう……だよね。」

れいか「ええ、決戦は今夜です!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:49:57.98 ID:+p5eO7Ll0

-夜 みゆきの部屋-

あかね「犯人は、ぜったい……許さへん!」

やよい「ひどい目にあっちゃたよお~……。」

なお「あんなことをしたんだ、もう手ぬるいお仕置きでは済まさないよ!」

れいか「なお、わたしもそのお仕置き手伝いますよ。とことん、ヤッてしまいましょう。」

みゆき「ははは~………れいかちゃん……。」

キャンディ「キャンディもお仕置きまざりたいクル~!」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:51:33.65 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「眠り玉、ハッ!」

みゆき「スゥスゥ……………」

あかね「スゥスゥ……………」

やよい「スゥスゥ……………」

なお「スゥスゥ……………」

れいか「スゥスゥ……………」

キャンディ「スゥスゥ……………」

ポップ「ふはははは!他愛ないでござるよ、伝説の戦士プリキュア!!」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:53:11.96 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「なお殿とれいか殿のお仕置きも魅力的でござるが、今日はみゆき殿にぶっかけする日でござる!」

ポップ「さ~て、みゆき殿の家にはどんな素敵アイテムが……。」

キャンディ「スゥスゥ……………クル~……………」

ポップ「………にやっ。」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:57:08.67 ID:+p5eO7Ll0

ポップ「おほぉぉ!!キャンディが……!我が妹が……兄の体内に入ってくるでござるぅぅぅ!!!」

ポップ「あかね殿のバレーボールよりも、背徳感があって……!絶頂生体験でござるぅぅぅぅ!!!」

ポップ「時おり、もぞもぞと動くこの感じが……!中を責められているようで気持いぃぃぃぃぃ!!!」

ポップ「あはぁぁぁぁ…………こ、これは…………、キそうでござるぅぅ!!!」

ポップ「んはぁぁ………ん?あれっ?ちょっ、ちょっと動き過ぎで……………ござる……………あいたたたたた……………!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:03:15.66 ID:+p5eO7Ll0

キャンディ「暗いクル~!ここはどこクル~!!」ドタバタ!

ポップ「まっ、待つでござる!キャンディ…………すぐ出してあげるから…………!」

キャンディ「出してクル~!!」ドタバタ!!

ポップ「こ、こらおとなしくするでござる………!あっ…!ちょっ、そ……そんなに暴れた………ら……!」

キャンディ「苦しいクル~!!もう………、怒ったクル~!!!」ドタバタ!!!

ポップ「おぶぶぶぶぶぶぶぶ…………!がはっ………もうちょっとだから……………いい子にして……!」

キャンディ「クルー!!」ブチャー!

ポップ「うぎゃぁぁぁぁぁ!!!!」

キャンディ「みゆきぃ、怖かったクル~!…………あれ、お兄ちゃん?」

ポップ「………………」チーン

END


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:04:40.50 ID:xNoKCBOI0


みゆき大勝利か


89: 忍法帖【Lv=8,xxxP】 2012/07/31(火) 03:09:46.91 ID:ZlPLcIVa0


みゆきちゃんは穢れずに済んだんだね・・・



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。