FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

勇太「六花を押さえつけムリヤリべろちゅーしたらキス中毒になった」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:13:38.79 ID:UseQsVm70

勇太「俺が」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:17:23.68 ID:UseQsVm70


富樫宅、勇太の部屋



勇太「……」



ぴこ、ぴこ…



勇太(俺は、何てことをしてしまったんだ…)



勇太(六花を押さえつけて、ムリヤリべろちゅーするなんて…)



ぴこ、ぴこ…






5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:20:32.26 ID:UseQsVm70


勇太(あの場は、魔力の補給とかなんとか言ってごまかしたけど…)



ぴこ、ぴこ…



勇太(…いや、ごまかせたかどうかは、問題じゃないよな)



勇太(押さえつけてムリヤリべろちゅーなんて、強姦まがいのことした事が…)



…ぴぴぴ、じょーん



勇太「…あっ、あー…ゲームオーバーになっちゃった」






6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:24:00.26 ID:UseQsVm70


勇太「…はぁ、やっぱゲームにも集中できないな」



ぽいっ



勇太「……」



ごろんっ



勇太(やっぱ、ダメだよな。あんな…)



勇太(…ちゃんと六花に謝ろう。許してもらえるかは分からないけど…)






8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:27:29.34 ID:UseQsVm70


六花「…勇太」



勇太「うわぁっ、六花!?」



ビクッ



勇太「…い、いつの間に来てたんだよ」



六花「さっき、窓から入った。ノックしたけど勇太はゲームに夢中で気付かなかった」



勇太「そうか…」






10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:31:30.01 ID:UseQsVm70


勇太(…まあ、ちょうど良いや。ムリヤリキスしちゃった事、謝ろう)



勇太「…あのさ、六花」



六花「何?」



勇太「……」



勇太(…あれ、どうしたんだ俺?なんか…)



勇太(…また、六花にキスしたくなってきた)






11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:34:40.79 ID:UseQsVm70


…ドクンッ、ドクンッ



六花「…勇太?」



勇太(六花が喋るたび、六花の柔らかい唇が動いて…)



勇太(それにむしゃぶりつきたくて、たまらなくなる)



六花「勇太、どうかしたの?」



勇太(…何を考えているんだ、俺は…そんな事…うっ、頭が、ぼーっとして…っ)






14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:39:05.82 ID:UseQsVm70


…がしっ、ぐいっ



六花「勇太、何を…」



勇太「はぁ、はぁ…」



勇太(何も…考えられなく…なる…)



六花「勇太、痛い…離して…」



…ちゅっ






19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:42:22.57 ID:UseQsVm70


六花「…んっ」



勇太「はむっ…」



ちゅう、ちゅっ…ちゅうっ



六花「ゆ、ゆう…んむっ!」



勇太「はぐ…はむっ、む…にゅっ…」



ちゅうう、ちゅうっ…ちゅっ、ちゅうっ




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:44:50.49 ID:zjroiMBl0

六花ってリストカットしてそうだよな



ガチで






21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:45:38.38 ID:UseQsVm70


勇太「…ぷはっ…はぁ、はぁ」



勇太(…はっ、俺は今何を!?)



六花「…勇太」



勇太「あ、あの…六花、ごめ…!」



六花「また、魔力の補給?」



勇太「…えっ?」






23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:48:36.14 ID:UseQsVm70


六花「魔力の補給は契約主としての務め、謝る必要は無い」



六花「ただ…いきなりやるのではなく、一言断ってからやって欲しい」



勇太「…あ、ああ…すまない。闇の眷属との戦いで魔力が枯渇しかけていたからな」



勇太(あああ、なに話を合わせてごまかしてるんだ俺!ちゃんと謝れよ!)



六花「分かればいい。それじゃあ…もっと、魔力の補給、する?」



勇太「……!?」






26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:51:24.50 ID:UseQsVm70


勇太(なんだって…!?もっと、六花とキスできる…!?)



勇太(…い、いや…そんなのダメだ…ダメに決まってる)



勇太(六花は、魔力の補給だと思ってるんだ…六花の中二病につけこんで、キスをするなんて…)



勇太(…でも)



チラッ



六花「……」






27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:55:59.22 ID:UseQsVm70


勇太(六花の唇…ぷにぷにで…柔らかい唇…)



勇太「……」



ゴクリッ



勇太「…まだ魔力が回復しきっていない。邪王真眼よ、頼めるか?」



六花「分かった」



勇太「……」






29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 21:58:45.64 ID:UseQsVm70


ちゅっ…ちゅううううっ…







勇太「はむっ、むにゅ…にゅ、にゅう…」



六花「んはっ…はう、んっ…」







ちゅううっ、ちゅうっ…ちゅうちゅう…ちゅうう…






30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:01:36.03 ID:UseQsVm70


翌日、学校



勇太(結局あの後、十花さんが帰ってくるまでひたすら六花とキスしてしまった…)



勇太(俺、最低だ…ごめんなさい十花さん…)



勇太「……」



チラッ



六花「……」






31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:04:41.94 ID:UseQsVm70


勇太(あの日、六花を押さえつけてムリヤリべろちゅーした時から…)



勇太(俺、六花とキスすることばかり考えてる…)



じーっ…



六花「……」



勇太(六花と、舌と舌を絡めて…唇にむしゃぶりついて…)



勇太(口の周りをよだれでべとべとにしながら、キスする…)






32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:08:42.62 ID:UseQsVm70


勇太(…そんな風に、妄想の中で何度も何度も六花にキスをして)



勇太(…そして、次第に…妄想じゃ満足できなくなってくる)



六花「……」



勇太(今も、もう…すぐにでも、ムリヤリにでも…六花にキスしたくなってる…)



勇太(…何考えてるんだよ…今、授業中だぞ…そんな事したら、とんでもない事に)



勇太(…でも、心のどこかで…それでも構わないって思ってる)






36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:12:06.74 ID:UseQsVm70


キーン、コーン、カーン、コーン…



勇太(…ふう、何とかガマンできた。後は下校するだけ…問題は部活だな)



勇太(…しばらくの間、部活は休もう。正直、今の状態で六花と接するのは危険だ)



勇太(自分を見失って…皆の前でキスしかねない…そんなことになったら…)



勇太(よし、そうと決まれば一色辺りに部活を休む事を…)



ガタッ






38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:16:23.73 ID:UseQsVm70


六花「ダークフレイムマスター」



勇太「のわっ、六花!?」



勇太(ま、まずい!)



六花「本日サバトを開催する。拠点には遅れずに来るように」



勇太(六花の唇が…ああ、また…キスすることしか、考えられなくなる…)



ドクンッ、ドクンッ…






40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:19:45.07 ID:UseQsVm70


勇太「…邪王真眼よ、サバトを開催するには魔力が圧倒的に足りない」



六花「補給が必要か、分かった。それじゃあ…」



勇太「…っ!ま、待て。一応…人目のない所が、良い」



勇太「どこで管理局が見ているか、分からないからな」



六花「…分かった。なら、とりあえず別の場所へ移動しよう」



勇太「ああ、それが…いい…」






41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:23:47.27 ID:UseQsVm70


どこかの空き教室



六花「…よし、不可視フィールドを張り終えた」



六花「これで一般人はもとより、管理局の目もごまかせるはず」



勇太「……」



六花「さあ、ダークフレイムマスター」



勇太「……」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:24:33.79 ID:ZxVbB6/H0

お前が中毒になるのかよ






45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:28:14.57 ID:UseQsVm70


スッ…



勇太(六花…)



…ちゅっ



勇太(気持ち良い…六花とのキス、気持ち良い…)



六花「んっ…はぁ…」



勇太「…あむっ」






47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:33:06.61 ID:UseQsVm70


勇太(舌、入れて…)



にゅ、ちゅっ…



六花「はむっ」



びくんっ



勇太(六花の口の中…全部、味わう…)



にゅちゅ、ちゅううっ…ちゅく、むちゅう






48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:36:47.35 ID:UseQsVm70


勇太(…やばい、止まらない…六花とキスすればするほど、もっとしたくなってくる)



六花「ん、ふぅ…ゆ、ゆう…はむっ」



勇太「ん、ちぅ…にゅう…」



にゅちっ、ちゅう、ちゅく…ちゅく、ちゅく…



勇太(六花…六花…!もっと、もっと…)



六花「んっ…ゆ、勇太!」






49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:39:26.05 ID:UseQsVm70


びくっ!



勇太「あっ…」



六花「ま、まだ…するの?」



勇太「あ、ああ…ごめ…」



勇太「…いや、もう大丈夫だ邪王真眼よ。十分に魔力は補給できた」



六花「…そう…なら、拠点へ急ごう」






51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:42:15.87 ID:UseQsVm70


ガラッ



凸守「マスター!やっと…って、ニセモリサマーじゃないデスか。チィッ」



森夏「舌打ちすんな中坊。小鳥遊さんと富樫くん、まだ来てないんだ」



一色「ああ。それがどうかしたか?」



森夏「いや、二人で教室出て行く所を見たから、先に来てるのかと思ってたのよ」



一色「なっ…二人で、だとぉ!?」






52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:46:07.40 ID:UseQsVm70


一色「高校生の男女が、放課後二人っきりで人目を忍んでやることと言ったら…」



凸守「闇の眷属との死闘!?マスター、凸守も加勢に…!」



森夏「あんたは黙ってなさい」



ペシィ



凸守「デコォ…」



森夏「…でも、こっちに来てないとなると、あやしいわよね」



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [28/45回(PC)]
ガラッ



勇太「なんか騒がしいな…何かあったのか?」



六花「……」



一色「おい勇太!今まで小鳥遊さんとナニしてたんだ!?」



凸守「マスター!闇の眷属との死闘はどうなったのデスか!?」



勇太「…はぁ?」









55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [29/45回(PC)]
勇太「俺はただ…こいつの中二病に付き合ってただけだって」



一色「本当かー?」



勇太「本当だって。ほら」



六花「大丈夫、凸守。連中との決着はまだ先の話。今日はその下準備をしていただけ」



凸守「おお…備えも怠らないとは流石マスター」



勇太「…な?」









57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [30/45回(PC)]
一色「…本当みたいだな」



森夏「まぁ、そんなことだろうと思ったけどね」



勇太(…本当の事なんて言えるわけないよな)



勇太(六花の中二病を利用して、ムリヤリキスしてたなんて)



勇太「……」



くみん「うーん、変な猫が…チンゲン菜…むにゃむにゃ…」










60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [31/45回(PC)]
勇太(それからも、俺は周囲の目を盗みながら、六花の唇をむさぼった)



勇太(いけない事だと、頭では分かっていても…)



勇太(六花を前にすると正気でいられなくなる。自分が自分でなくなる)



勇太(それで一度でもキスしてしまうと、もうおしまいだ)



勇太(六花のあの柔らかい唇が、ざらついた舌が、俺の頭をしびれさせて…)



勇太(自分では止める事ができないくらい、俺はキスに夢中になってしまう…)










64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [32/45回(PC)]
富樫宅、勇太の部屋



勇太「…これじゃだめだ。もっと強い気持ちを持って、キスをやめないと」



勇太「…って、なんかタバコをやめられない人みたいだな、俺」



勇太「…いや、そんな変わらないのかもしれないな」



勇太(ニコチン中毒ではないけど…六花とのキス中毒だってことは…)



勇太(もう疑いようのない事だから…)









66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [33/45回(PC)]
六花「勇太」



勇太「り、六花…また勝手に俺の部屋に…っ!」



ビクッ



勇太(今日は学校ではなんとかガマンできたのに…今来られたら…)



ドクンッ…ドクンッ…



勇太「か、帰れよ、今ちょっと…忙しいんだ」









68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [34/45回(PC)]
六花「忙しい?何もしていないように見える」



勇太「それは、その…」



勇太「そう!闇のダークソウルを集めるためにこれから6時間の瞑想に入るところなんだ!」



六花「…本当に?」



勇太「…えっ?」



六花「…それが本当なら、いい…けど、今日の勇太は何か様子がおかしかった」










73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [35/45回(PC)]
勇太「そ、そうだったか?」



六花「そう。妙にそわそわしたり、そうかと思ったら激しく頭をかきむしったり」



勇太(キスをガマンするのに必死だったからな…)



六花「それに…会の活動にも来なかった」



勇太(六花と顔を合わせたくなかったからな…)



六花「…魔力の補給も、今日はまだしてない」









75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [36/45回(PC)]
勇太「……っ!」



ドクンッ…ドクンッ…



勇太(やめてくれ、六花…それについては触れないでくれ…)



六花「勇太、魔力足りてる?私が補給してあげなくていい?」



ずいっ



勇太(ああ、顔を近づけられると…六花の唇が、こんな近くに…!)






77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [37/45回(PC)]
勇太「り、六花!」



がしっ!



六花「!」



びくっ



勇太「……っ」



六花「……」






79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [38/45回(PC)]
勇太(ダメだ、こんなこと…六花は何をしてるのか分かってないんだ…)



六花「……」



勇太(六花の中二病を利用して、キスするなんてダメだ!)



勇太「…六花」



六花「……?」



勇太「魔力の補給は、もうしない。必要ないんだ」









81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [39/45回(PC)]
六花「…え?」



勇太「六花、ゴメン…俺、今まで六花にウソついてたんだ」



勇太「アレは…魔力の補給とか、そういうものじゃないんだ」



六花「……」



勇太「あんなこと、もうやらなくていいんだ。だって、あれは…」



六花「…やだ」










87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [40/45回(PC)]
勇太「…え?」



六花「…必要なくない。やりたい」



勇太「…あのな六花、だから」



六花「やだっ!」



ぎゅううっ!



六花「…私は、もっと勇太と…キス、したい」










93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [41/45回(PC)]
勇太(考えてみれば、当たり前のことだった)



勇太(いくら六花が中二病で、普通の人よりそういう事にうといからと言って…)



勇太(キスまで知らないなんて、ありえなかったんだ)



勇太(にもかかわらず、六花は拒まなかった。自分から求めることすら…)



勇太(それは、つまり)



勇太「……」










96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [42/45回(PC)]
勇太「…じゃあ、最初に押さえつけてムリヤリべろちゅーしちゃった時も」



六花「うん、イヤじゃなかった…勇太と舌を絡めてキスするの、すごく気持ちよくて…」



六花「だから、もっとしたくて…それで、勇太の部屋に行ったら…」



勇太「…また、俺に有無を言わさずキスされたわけだ」



六花「…そう」



勇太「まぁ…それなら良かったよ。六花の事、傷つけちゃったかもしれないって思ってたから」




97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [43/45回(PC)]
六花「それはありえない。何故なら、勇太は邪王真眼と契約している」



六花「契約者は、邪王真眼の持ち主たる私を傷つける事はできなくなるから」



勇太「そうか、それはよかった」



六花「だから、勇太になら何をされても平気」



勇太「うぐっ…そ、そういう事言うとだな…」



ぼふっ






100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [44/45回(PC)]
六花「…また、キスする?」



勇太「ああ、もうガマンできない…いいよな?」



六花「うん、いいよ勇太。キスして」



六花「いつもみたいに、私の唇も、舌も、口の中も」



六花「全部、全部…勇太のモノにしてっ」



…ちゅうっ!










103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:UseQsVm70 [45/45回(PC)]
後日、部室



ガラッ



勇太「よーっす」



六花「……」



森夏「あら、今日も二人一緒なのね」



一色「勇太…お前、本当に何もないんだろうな?」




104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [1/7回(PC)]
勇太「何も無いって。何度も言ってるだろ、六花の中二病に付き合ってるだけだって」



六花「今日は管理局の襲撃に会った…」



凸守「襲撃があったのデスか!?凸守を呼んでくだされば…」



六花「いや、邪王真眼の力を持ってすれば、大したことのない相手だった」



六花「助力が必要な時はちゃんと連絡する。安心して、マイサーヴァント」



勇太「…まぁ、こんな感じだ」










107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [2/7回(PC)]
一色「うーん…でも何かあやしいんだよなぁ」



森夏「そうそう。なんか、雰囲気って言うか、オーラって言うか…」



森夏「二人を取り巻くそういうモノが、今までと違う気がする」



勇太「な、何も無いってば!」



勇太「……」



勇太(あの日以降、キスすることをガマンする必要の無くなった俺達は…)




108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [3/7回(PC)]
勇太(今まで以上にたくさんキスするようになって、部活前に1回するだけでは物足りなくなり…)



勇太(今では部活前の他に、登校中、朝のHR前、昼休み、下校中…と)



勇太(とにかく、隙をみてはキスしまくるようになった)



勇太(正直いつバレやしないかハラハラするが…だからと言ってやめる事もできない)



勇太(まあ、幸いまだバレる様子は無い…薄々感づかれてる気はするけど…)



勇太(だけどそれでも、流石に真相は思いもよらないことだろう…)









111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [4/7回(PC)]
勇太(家に帰ってからも、食事中や風呂とか…どうしようもない時以外はキスしっぱなし…)



勇太(なんか、冷静に考えるとすごく乱れた生活しているような…一線は越えていないとは言え)



勇太(…まぁいいか…六花と気持ちの通じ合ったキスするの、気持ちいいし…)



勇太(こんなキス漬けな生活も…悪くない…)



六花「勇太、どうかした?」



勇太「…ん?」









113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [5/7回(PC)]
六花「ぼーっとしてたみたいだから」



勇太「ああ、なんでもない。さっきの…魔力の補給について考えていただけだ」



六花「えっ…ゆ、勇太、みんなの前でキスなんて…」



一色「えっ」



森夏「えっ」



凸守「デコっ?」










117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:RB9cb71Z0 [1/1回(PC)]
デコっwww




118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [6/7回(PC)]
勇太「り、りりり六花!な、ななな何を言っているんだお前は!」



六花「え?…あっ、ごめんなさい、この事は秘密だった…あっ」



一色「おい、勇太これはどういうことだ」



森夏「全部ゲロするまで開放しないからね」



凸守「マスター、魔力の補給とはなんデスか?凸守にも教えて欲しいデス」



勇太「カンベンしてくれえぇー!」





くみん「むにゃむにゃ…シュラバは強力な結界魔法だよー…」



オワリ




119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:W7+mQ34C0 [4/4回(PC)]


よかった




120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:gOjfzmlZ0 [7/7回(PC)]
オマケ、小鳥遊宅



十花「ただいま…」



シーン



十花「…六花は…また、富樫勇太のところか」



十花「…まったく、ここのところ毎日だな」



十花「…まあ、キスだけで済んでいる内は、大目に見ておいてやろう」



オワリ




121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:+uxZb+Q60 [1/1回(PC)] 乙乙
関連記事
スポンサーサイト