FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

さやか「いけぇカイリュー!ずしーん!」 マミ「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:24:58.71 ID:kZmt7BHY0
さやか「カイリューのじしん!」

まどか「あぁ! わたしのピカチュウが!」

さやか「カイリューの巨大な体を活かした地震が決まったぁ!」


マミ「……」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:25:37.86 ID:kZmt7BHY0
さやか「カイリューのばかぢから!」

まどか「わたしのピクシーが!」

さやか「力任せのばかぢからが決まったぁ!」


マミ「……」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:26:35.27 ID:kZmt7BHY0
さやか「カイリューのげきりん!」

まどか「わたしのチルタリスが!」

さやか「怒ったカイリューは怖いぞ~!げきりんが決まっ」


マミ「やめて!」

さやか「え?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:28:19.39 ID:kZmt7BHY0
さやか「マミさん?どうかしたの?」

マミ「その……それ、やめてくれる?」

さやか「???」

まどか「さっきのポケモンのことじゃないかな」

さやか「ああ!」

さやか「あたしのカイリューがばか強いって話ですか!」

マミ「やめて!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:29:31.61 ID:kZmt7BHY0
さやか「やめてって……なんで?」

マミ「えっ!? そ、それは……えと……」

マミ「ちょっと……気分が悪くなったというか……」

まどか「マミさん、カイリューのこと嫌いなんですか?」

マミ「そ、そういう訳じゃないけど……」

さやか「そうだよまどか、カイリュー嫌いな人なんていないよ。だってこんなに」

さやか「たくましいし!」

マミ「やめて!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:31:08.64 ID:kZmt7BHY0
さやか「うーん?」

まどか「嫌いじゃないなら、なんなんです?」

マミ「え……」

マミ「えっと……」

マミ「あくまでそのポケモンの話なんだけど……」

マミ「その……どっちかっていうと……」

マミ「か、かわいい感じじゃないかしら?」

さやか「えー?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:33:04.40 ID:kZmt7BHY0
さやか「それは違うよマミさーん」

マミ「そ……そうかしら……?」

さやか「カイリューの魅力はもっとこう……」

さやか「ずしーん!」

さやか「ってところですよ!」

まどか「さやかちゃんあの音好きだねー」

マミ「……」プルプル

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:35:08.57 ID:kZmt7BHY0
マミ「わ、私はかわいいと思うわよ?」

まどか「マミさん?」

マミ「だってほら……ちっちゃい羽がついてるし」

マミ「パタパタしてるし……」

マミ「妖精さんみたいじゃない?」

さやか「それは悪魔的なあれですよ」

マミ「違うわよ!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:37:17.92 ID:kZmt7BHY0
さやか「いやいや~、こんなデカイ妖精なんていないよマミさん」

さやか「カイリューは怪獣ですよ」

マミ「……ち、違うわよ……」

マミ「こう……ふっくらした感じだし……」

さやか「ずっしりですよ」

さやか「丸いのは普通に脂肪と筋肉で」


マミ「 ち が う ! ! ! 」


さやか「ひっ!?」ビクッ
まどか「!!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:40:12.48 ID:kZmt7BHY0
マミ「かわいいのよ!!」

マミ「太ってなんかいないの!!」

マミ「強くて頼りがいがあるけど!!」

マミ「一番の魅力はかわいいことなの!!!」

マミ「どうして普通に愛してくれないのよ!!!!!」

さやか「」ポカーン

まどか「……」

マミ「はぁ……はぁ……」

マミ「…………」

マミ「あっ」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:43:13.44 ID:kZmt7BHY0
マミ「い、今のはね! その……なんでもないのよ!」

さやか「えっと……うん」

さやか「か、かわいいですね~……。カイリュー…」

マミ「本当に何でもないの!」

まどか「マミさん」

まどか「わたし、感動しました!」

マミ「えっ?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:45:27.18 ID:kZmt7BHY0
まどか「マミさんはカイリューのことが大好きなんですね!」

マミ「えぇっ?」

まどか「だからさやかちゃんと意見がわかれた時につい怒っちゃったんですね」

まどか「自分の好きなことのために怒れるって、すごいことだと思います」

マミ「え、えっと……」

マミ「……」

マミ「そ、そうなのよ!」

さやか「なあんだ、そういうことだったんだ」

マミ「あははは……はは……」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:47:25.90 ID:kZmt7BHY0
さやか「ごめんなさいマミさん」

さやか「マミさんにあたしのカイリューを押し付けちゃって」

マミ「い、いいのよ別に」

まどか「……」

さやか「うーん一件落着だね!すっきりした!」

まどか「そうだね」


まどか「あ、そうださやかちゃん!」

さやか「なに?」

まどか「カイリューのニックネームを"マミさん"にしようよ!」

マミ「えぇっ!?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:50:51.29 ID:kZmt7BHY0
さやか「んん?なんで?」

まどか「それならカイリューを見るたびにマミさんを思い出して」

まどか「たくましさ以外の魅力もわかってくるよきっと!」

さやか「うーん……」

さやか「確かに名案かも!」

まどか「だよね!」

マミ「待って!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:54:40.17 ID:kZmt7BHY0
マミ「それはちょっと……」

まどか「ダメですか?」

マミ「ダメというか……恥ずかしいし」

まどか「そんなことないですよ」

さやか「そうだよ。マミさんかっこいいし」

マミ「で、でも……なんだかおかしい気がするわ」

まどか「別にマミさんとカイリューを重ねてるわけではないですよ?」

マミ「……」

マミ「待って」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:57:33.57 ID:kZmt7BHY0
マミ「かなめさん」

まどか「はい」

マミ「ちょっとこっちに来てくれる?」

まどか「はーい」

さやか「???」


まどか「なんですか?」

マミ「いつから気づいていたの?」

まどか「なんの話ですか?」

マミ「今更とぼけないで」

まどか「……」

まどか「てぃひひ♪」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:00:18.29 ID:kZmt7BHY0
マミ「あんまりこういうことは言いたくないんだけど」

まどか「はい」

マミ「面白半分でいじわるしてるなら」

マミ「いくら鹿目さん相手でも私、怒っちゃうわよ」

まどか「……」ゴソゴソ


「カワイイノヨ!」


マミ「えっ……?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:04:27.82 ID:kZmt7BHY0
ペラップB「フトッテナンカイナイ」

ペラップC「タヨリガイガアル」


マミ「わ、私の声……?」


ペラップD「カワイイコトナノ!」

ペラップE「フツウニアイシテ!」


マミ「な……」

マミ「なによこれ……」

まどか「"おしゃべり"です」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:07:26.17 ID:kZmt7BHY0
マミ「録音……してたの……?」

まどか「急に大きな声出すからびっくりしちゃって」

まどか「その時ボタンを押してたみたいですね」

マミ「そ、そんなわけ……」

まどか「そういえば」

まどか「ほむらちゃんが夢のペラップを欲しがってた、ような……」

マミ「それって……」

まどか「それで」

まどか「マミさん」

まどか「なんの話でしたっけ?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:11:22.30 ID:kZmt7BHY0
まどか「おまたせー」

さやか「マミさんなんだって?」

まどか「ううん、なんだか勘違いだったみたい」

さやか「ふーん?」

マミ「」

さやか「なんかマミさん放心してない?」

まどか「マミさんは恥ずかしがりやさんだから」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:14:08.35 ID:kZmt7BHY0
――

――――

さやか「マミさんのじしん!」

ほむら「ライコウなら耐えるわ」

ほむら「めざめるパワー!」

さやか「ぐぬぬ……」


ほむら「ところでなぜ巴マミなのかしら」

さやか「カイリューはマミさんのフェイバリットポケモンなんだ!」

ほむら「そう……」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:15:04.59 ID:kZmt7BHY0
ほむら「ともえまみ、逆鱗!」

杏子「かかったな!こっちは鮫肌だ!」

ほむら「しまった……!」


杏子「なんでマミのやつの名前つけてたんだ?」

ほむら「好きらしいわ」

杏子「へー……」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:16:04.93 ID:kZmt7BHY0
杏子「マミ!ばかぢからをみせてやれ!」

QB「ラッキーを引っ込めてクレセリアだ」

杏子「ぐっ……マミがつかまった!」


QB「なぜマミの名前をつけていたんだい?」

杏子「なんか流行ってるみてーだ」

QB「流行というやつかい?僕にはよく分からないよ」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:17:58.65 ID:kZmt7BHY0
QB「マミ!龍の舞だ!」

まどか「ピカチュウ、アンコール!」

QB「おや、マミで先手が取れてしまったか」

QB「そのピカチュウは遅すぎやしないかい?」

まどか「えへへ、よくわからなくて」


まどか「QBがニックネームつけてるなんて珍しいね」

QB「流行というやつに乗ってみたんだが」

QB「二文字だと言いやすくてなかなか都合がいいね」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:20:13.87 ID:kZmt7BHY0
――

――――

まどか「ふぁあ……」

タツヤ「おねーちゃ、やっとおきたー」

まどか「まだ8時だよ……」

まどか「あ、ポケモンスマッシュ見てたんだ」

タツヤ「うん」

まどか(あ、カイリューが映ってる……)プクク

タツヤ「まみー」

まどか「うんうん……」

まどか「……」

まどか「うん?」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:23:16.65 ID:kZmt7BHY0
まどか「た、たっくん。それどこで聞いたの?」

たつや「まみー? みんな言ってるよぉ」

まどか「みんなって?」

たつや「ようちえんのみんな!」

たつや「せんせーも!」

まどか「……」

まどか「あちゃー」

まどか「これはわたしのせい……になっちゃう……かなー……」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:25:24.97 ID:lxkSNgT10
ずっしりしてるところがかわいいのに





ああ、カイリューの話な

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:27:04.39 ID:kZmt7BHY0
マミ「う~ん……」

マミ「プリキュ……もう終わってるわね」

QB「おはよう。今日はずいぶんと長く寝ていたね」

マミ「もう、起こしてくれればよかったのに」

QB「眠り状態は突っ張るのが定石だからね」

マミ「……?」

QB「ああ悪かった。最近ポケモンばかりやっていたから」

QB「言語通信に影響が出ているみたいなんだ」

QB「まあ気にしないでおくれよ、カイリュー」

ガシッ

ブンッ ゴシャ

QB「ぐぇあ」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:30:09.71 ID:kZmt7BHY0
QB「なげつけるなんて……どうかしてるよ」

マミ「ふんっ!」

QB「カイリューがなぜ怒っているのか、僕には分からないよ」

QB「威張ってたかい?それとも光ってたかい?」

マミ「……鹿目さんね」

マミ「結局言いふらすなんて……!」

QB「おや、どこに行くんだい?」

ガチャッ バタン

QB「言うことを聞いておくれよ」

QB「バッジが必要なのかな」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:33:32.54 ID:kZmt7BHY0
マミ「……」

子供A「あ!カイリューだ!」

子供B「ほんとだ!カイリューだ!」

マミ「……」

子供A「ねこだましをくらえー!」

パン!

マミ「……ずいぶんと愉快な遊びが流行ってるのね」

子供B「あれっ?ひるまないぞ」

子供A「カイリューのせいしんりょくだ!」

子供B「にげろー!」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:37:46.92 ID:kZmt7BHY0
杏子「無難にウルガモスとかでいいだろ」

ほむら「でも岩石封じも増えてきているし……」

杏子「じゃあ……ん?」


……ドスドスドスドスドス

マミ「鹿目さん……カナメサン……!」

ドスドスドスドスドス……


杏子「な、なんだ今の……」

杏子「まさかカイ……マミか?」

ほむら「本当にマ……カイリューみたいね」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:41:40.50 ID:kZmt7BHY0
さやか「~~~♪」

さやか「いや~やっぱり題名のない音楽会はいいですな~」

さやか「なにがいいって聞かれたら困るけどね!」

ピンポーン

さやか「はいはーい」


さやか「あ、おはようマミさん!ずしーん!」

ガシッ

さやか「ひぃっ!」

マミ「鹿目さんはどこ!!あの子はどこにいるの!!」ジャキッ

さやか「ま、マボロシじまを探すとか言って鹿児島の離島に行きました」

おわり

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:43:29.64 ID:kWt0T2Af0
こち亀みたいな落ちワロタwwww

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:46:31.57 ID:qUlBaaQRT

黒まどかはもっと増えてもいい

関連記事
スポンサーサイト