FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

鳴「例えば私がガチ百合だとするじゃない?」赤沢「え?」


 
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:
ID:TjaVFEVY0 [1/27回(PC)] 鳴「そしたら私はクラスの女子から誰を選ぶと思う?」



赤沢「えっ、ちょ…」



赤沢「ちょっと待って?」



鳴「何?」



赤沢「…見崎さんって「レズビアン」なの?」



鳴「「レズビアン」なんて言い方は嫌い」



赤沢「あっ…ごめ…」



鳴「でも赤沢さんは好みなので今日は特別に許します」



赤沢「え?」



みたいなのって今まで無いよね








9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [2/27回(PC)]
赤沢「あ、あの…見崎さん?」



鳴「何?」



赤沢「えっと…その…」



赤沢「わ、私は見崎さんの好みに入るの…?」



鳴「例えばの話よ」



鳴「もしかして自惚れてるの?」



赤沢「なっ…!?」ムッ



赤沢「そ、そういうつもりじゃ…!」



鳴「そういうところが可愛い、好き」



赤沢「……」



はよ









11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [3/27回(PC)]
鳴「しっかりしているようで肝心なところで抜けている赤沢さん…」



鳴「ちょっとした言葉で機嫌を損ねちゃう赤沢さん…」



鳴「そして何よりも見た目が私好みで美人で凛々しい赤沢さん…」



鳴「私は赤沢さんの全てが好きよ」



赤沢「……」



赤沢「でも、それって…」



鳴「ええ。例えばの話よ」



赤沢「……」









15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [4/27回(PC)]
鳴「…話が脱線しちゃったね」



鳴「私がクラスの女子の中から誰を選ぶか?って話だったかな?」



赤沢「…脱線してたの?」



鳴「当然クラスの女子から選ぶなら…」



赤沢「(ま、まぁ…今までの流れ的には私…)」



鳴「小椋さんね」



赤沢「……」



赤沢「えっ?」









17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [5/27回(PC)]
鳴「あの可愛さと凛々しさを兼ね揃えた表情…」



鳴「まさに私好みなの」



赤沢「……」ポカーン



赤沢「(わ、私への前振りはなんだったわけ…?)」



鳴「…くすっ」



鳴「その表情、凄く良い」



赤沢「えっ?」



鳴「「なんで私じゃないの?」って」



鳴「呆気に取られた顔」



鳴「そんな表情も凄く好き」



赤沢「……」ポカーン



鳴「…もちろん」



鳴「例えばの話よ?」










20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [6/27回(PC)]
赤沢「え、えっと…」



赤沢「結局、見崎さんは由美と私…」



赤沢「どっちが好きなの?」



鳴「赤沢さんと小椋さん?」



鳴「赤沢さんはともかく…」



鳴「なんで比べる人物が小椋さんなの?」



赤沢「いや、だってクラスの女子から選ぶなら由美って…」



鳴「それは「例えば私がガチ百合」だとしたらの話でしょ?」



赤沢「……」



鳴「…当然、赤沢さんを選ぶよ」



赤沢「えっ…」キュン…



鳴「だって小椋さんと会話したことほとんど無いし」



赤沢「あぁ…そういう理由…」




21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [7/27回(PC)]
鳴「くすっ…」



鳴「今、「赤沢さんを選ぶよ」って言った時…」



鳴「ちょっと嬉しかったでしょう?」



赤沢「い、いや!そんな別に…」



鳴「照れ隠しを上手く隠せない不器用さ…」



鳴「そんな赤沢さんも愛おしい」



赤沢「……」



赤沢「…けど、それも」



鳴「例え話じゃないわ」



鳴「本当のことよ」



赤沢「……」



赤沢「え?」










24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [8/27回(PC)]
鳴「……」



赤沢「……」



鳴「…///」モジモジ…



赤沢「…!」



赤沢「え、えと…!」



赤沢「そ、その…!私は…!」アセアセ



鳴「…くすっ」



赤沢「…えっ?」



鳴「なーんちゃって」



赤沢「……」



赤沢「え?」




                   




26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [9/27回(PC)]
鳴「今のはただの演技」



鳴「つまり、嘘でした」



鳴「私、嘘は嫌い」



鳴「でも私自身には認めてます」



鳴「どう?演劇部も顔負けでしょ?」



赤沢「……」ポカーン



鳴「その呆気に取られてる表情が一番好きかな」



赤沢「……」



赤沢「…その心は?」



鳴「それは本当」



赤沢「あぁ、もう!わけわかんないっ!」









28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [10/27回(PC)]
赤沢「見崎さん!」



鳴「何?」



赤沢「率直に聞くわ!」



鳴「質問責めは嫌いなんだけど」



赤沢「一つだけだから!」



鳴「なら認めます」



赤沢「貴女は百合なの!?」



赤沢「それとも百合じゃないの!?」



鳴「……」




29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [11/27回(PC)]
鳴「……」



赤沢「…見崎さん?」



鳴「鳴」



赤沢「え?」



鳴「鳴、って呼んで?」



赤沢「い、いや…それよりも私の質問に…!」



鳴「め・い」



赤沢「…鳴」



鳴「なぁに、泉美?」



赤沢「…!?」ドキッ




30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [12/27回(PC)]
鳴「今、下の名前で呼ばれて動揺したでしょう?」



赤沢「そ、そんなこと…!」



鳴「い・ず・み・さ・ん」



赤沢「…!!」ドキーン



鳴「くすっ…」



鳴「変なの」



鳴「綾野さんとかは貴女のことを下の名前で呼んでいるじゃない?」



赤沢「そ、それはそうだけどぉ…!」



鳴「それで、何の話だったっけ?」



赤沢「もぉー!!!」










33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [13/27回(PC)]
鳴「大丈夫」



鳴「ちゃんと覚えているから」



鳴「私が百合か百合じゃないかでしょ?」



赤沢「…いや、もうどっちでも良い気がしてきたわ」



赤沢「貴女との今までの会話だけで私はもう疲労困憊よ…」



鳴「それは困る」



鳴「しっかりと本当の私を知ってもらった上で」



鳴「貴女には「好き」だって想いを伝えたいの」



赤沢「……」



赤沢「え?」









36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [14/27回(PC)]
赤沢「そ、それって…」



鳴「ええ」



鳴「私は貴女のことが好きよ、赤沢さん」



赤沢「…!!」ドッキーン



鳴「クラスメイトだからとか、人間性がとかじゃない」



鳴「私は貴女に恋をしているの」



赤沢「……」



赤沢「…そ、それは」



鳴「例え話でも嘘でも無い」



鳴「本当の気持ち」



赤沢「…!!」









38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [15/27回(PC)]
赤沢「そ、そんな…」



赤沢「私は貴女のことを「いないもの」にしたりもした女なのに…」



鳴「過去なんて、どうでもいい」



鳴「私は今、現在貴女のことが好きなの赤沢さん」



鳴「…いいえ、泉美さん」



赤沢「…っ!」



赤沢「(ま、まさか…そんな…)」









赤沢「(…見崎さん)



赤沢「(…いいえ!)」



赤沢「(鳴も私のことが好きだったなんて!)」キュンキュン









40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [16/27回(PC)]
赤沢「(周りの人間は私が恒一くんに恋する乙女と勘違いをしているけど…)」



赤沢「(いえ、確かに友人として恒一くんのことは好きよ?)」



赤沢「(確かに傍から見れば友人以上の関係にも見えるかもしれない…)」



赤沢「(鳴が恒一くんと一緒にいない時は私が恒一くんにベッタリだったもの…)」



赤沢「(けど…それは!)」



赤沢「(実は私がガチ百合だということを隠すための演技だっただけに過ぎない!)」



赤沢「(本当は鳴にベッタリとしたかった!)」



赤沢「(でもガチ百合なんてクラスのみんなに知られでもしたら…)」



赤沢「(ナチュナルに「いないもの」にされかねない…)」



赤沢「(そんな恐怖から私は今まで必要以上に鳴とは話したりはしなかったけど…!)」



赤沢「(でも!二人が同じ想いならもう何も怖くはない!)」



赤沢「(今日からは鳴にベッタリと…!)」



鳴「……」









42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [17/27回(PC)]
赤沢「あ、あのね!」



赤沢「め、鳴…///」ドキドキ…



赤沢「じ、実はその…」



赤沢「私もガチゆ…///」



鳴「そういえば質問の返答がまだだったね」





















鳴「私はガチ百合じゃありません」



赤沢「り…」



赤沢「……」



赤沢「え?」






46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [18/27回(PC)]
赤沢「え?」



鳴「ガチ百合じゃありません」



赤沢「え?」



鳴「違います」



赤沢「え?」



赤沢「だって…さっき…」



赤沢「…え?」



鳴「いや、泉美さんに恋してるのは本当だよ」



赤沢「…!」



赤沢「じ、じゃあ…!」



鳴「…私は」









鳴「両刀なの」



赤沢「……」



赤沢「え?」










50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [19/27回(PC)]
鳴「両刀ってわかる?」



赤沢「え、えっと…その…」



赤沢「男の子でもオッケー…?」



鳴「そうね」



鳴「つまりバイなの」



赤沢「……」



赤沢「え?」



鳴「だから…」















鳴「私は榊原くんも好きです」



赤沢「……」



赤沢「え?」









55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [20/27回(PC)]
赤沢「そ、それじゃあ…」



赤沢「ゆくゆくは鳴は恒一くんと一緒になるってことじゃないの…」



赤沢「だって同性同士の恋愛には未来なんて無いもの…」



鳴「……」



赤沢「…あはは」



赤沢「私って本当にダメな女ね…」



赤沢「勝手に…一人で舞い上がっちゃって…」グスッ…



鳴「…何、勘違いしているの?」



赤沢「…え?」











鳴「榊原くんは好きだし、恋愛対象だけど…」



鳴「彼に恋愛感情は抱いているとは私、一言も言ってないから」



赤沢「……」



赤沢「え?」










59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [21/27回(PC)]
鳴「今、貴女と会話してて、やっと確信出来た」



鳴「私は泉美さんが一番好き」



鳴「そして、それは恋愛感情なんだっていうことを」



赤沢「……」



赤沢「え?」



鳴「同性同士の恋愛に未来は無い?」



鳴「だったら書き変えてしまえば良いだけでしょ?」



鳴「同性同士の恋愛が成立する未来に」



赤沢「え、えっと…」



赤沢「なんていうか展開に付いていけないというか…」



鳴「そうね…確かに急展開もいいところね」



鳴「なら簡潔にまとめてみましょうか?」










64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [22/27回(PC)]
鳴「まず、泉美さん」



赤沢「は、はい…」



鳴「貴女は私に恋愛感情を抱いている?」



赤沢「あっ…え、う…!?」



赤沢「…えと…」



赤沢「ええ…私、鳴のことが好き…」カァァ…



鳴「…うん」



鳴「私も泉美さんが好き」



鳴「それならば」











鳴「「同性同士は結婚できない」という、くだらない日本の法律を書き変えてしまえば良いと思わない?」



赤沢「……」



赤沢「え?」




65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [23/27回(PC)]
鳴「よく考えてみて」



鳴「私達は、まだ中学生」



鳴「これから先の未来…」



鳴「可能性は無限大」



鳴「総理大臣を目指すのは今からでも遅くない」



赤沢「……」



鳴「泉美さん…」



赤沢「は、はい…」



鳴「法律が書きかえられた暁には…」













鳴「私と結婚して?」



赤沢「……」



赤沢「はい…」



赤沢「私なんかで良ければ…///」






67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:TjaVFEVY0 [24/27回(PC)]
―――――――

―――――

――――



柿沼「…と前置きはこれぐらいにしておいて」カキカキ…



柿沼「そろそろ本番シーンを…」



恒一「へー、柿沼さんって百合もイケるんだ」



柿沼「!?」





おわり




68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] : 投稿日:ID:iN83GZ3P0 [5/6回(PC)]
秘密を知られた柿沼さんが恒一に犯される展開はよ




関連記事
スポンサーサイト