FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

妹「眠れないんだけど」

1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 04:24:07.73 ID:zjOavo/50

兄「それでなぜ俺を起こす」



妹「眠れなかったから」



兄「答えになってないな」



妹「だって眠れないんだもん」



兄「・・・」



SSWiki :
ttp://ss.vip2ch.com/jmp/1357068247


2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 04:33:27.96 ID:zjOavo/50

妹「でさ」



兄「なに」



妹「眠れないんだよね」



兄「それはわかった。で?」



妹「可愛い妹が眠れないって言ってるんだよ?兄として何かできることがあるでしょう?」



兄「おう、子守唄でも唄ってやろうか?」



妹「唄えって言ったら唄うのか?」



兄「・・・いや」








3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 04:36:49.77 ID:zjOavo/50

妹「じゃあどーすんの」



兄「いや、大人しく寝ろよ」



妹「寝れないからここに来ている」



兄「俺まで巻き込むなよ」



妹「連帯責任だ」



妹「向こう三軒両隣で」



兄「一つ屋根の下だけどな」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 04:45:11.44 ID:zjOavo/50

妹「なんかいい安眠法知らないの」



兄「アイマスク」



妹「しなくても部屋真っ暗だからいらない」



兄「ホットミルク」



妹「牛乳切らしてる」



兄「羊を数える」



妹「羊嫌い」



兄「じゃあアルパカ」



妹「変わんないし」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 04:49:13.04 ID:zjOavo/50

兄「そんなに眠れないなら不眠症かもな」



兄「そういえば、不眠症の大半は寝具を変えれば解決するらしいぞ」



妹「今から買いに行けと?」



兄「いや、枕だけでも変えてみるか?俺のと交換で」



妹「えっ・・・」



兄「普通に引くなよ」



妹「いや、そうじゃなくて・・・」



兄「?」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 04:57:40.27 ID:zjOavo/50

妹「お兄ちゃんの枕を私が使うなんて、



妹「考えただけでもドキドキしちゃって眠れない///」



兄「急にデレが入ってきたな」



妹「だってー、その枕にはお兄ちゃんの汗や髪の毛、それに温もりが残されてるわけでしょー?」



妹「そんなのもらったら、一晩中ほっぺたスリスリしてクンカクンカしちゃいましゅー///」



兄「気持ち悪いな」



妹「・・・すまない、やりすぎた」



妹「若気の至りだ」



兄「ただの深夜テンションだと思うけどな」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:03:55.54 ID:zjOavo/50

妹「でも、ドキドキしちゃうっていうのは割と本当だよ」ボソッ



兄「ん?なんか言ったか?」



妹「・・・何でもないっ!」



妹「お前は・・・お前はどうなんだ!」



妹「妹がついさっきまで使ってた枕で寝るなんて、胸が高鳴らないのか!」



兄「別に」



妹「・・・なるほど」



妹「普段私の下着で[田島「チ○コ破裂するっ!」]しているお前にしてみれば、枕などたいしたことではないということか」



兄「お前、なぜそれを」



妹「えっ、ほんとにしてるの」



兄「あっ」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:08:59.26 ID:zjOavo/50

兄「ととととととにかく寝ろよ」



妹「・・・」



兄「・・・」



妹「ごめん」



兄「なんでお前が謝るんだよ」



妹「私もお兄ちゃんのパンツでしたことあるから・・・」



兄「そっか・・・えっ」



妹「あっ」




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:14:13.92 ID:zjOavo/50

妹「ととととととにかく寝ろよ」



兄「寝るのはお前だろ」



妹「いいから寝ろよ!」ガバッ



兄「ぐわっ!」



(ベッドの上の兄に妹が馬乗りになるの図)



妹「・・・」



兄「・・・」



妹「・・・ごめん」



兄「いや、俺こそ・・・ごめん」



妹「・・・」



兄「・・・」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:18:03.10 ID:zjOavo/50

妹「ねえ」



兄「・・・ん?」



妹「腕、疲れたんだけど」



兄「じゃあどけよ」



妹「・・・」



兄「なんで垂直に体下ろしてくるんだよ」



妹「・・・眠れないんだもん」



兄「久しぶりに聞いたなそれ」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:23:12.30 ID:zjOavo/50

兄「ってか顔近いし」



兄「くっつきそう」



妹「じゃあ・・・」



妹「くっつけちゃえばいいんじゃない?」



兄「?」



兄「ちょっ、お前・・・」



ちゅっ


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:28:10.92 ID:zjOavo/50

妹「・・・」



妹「ねえ、お兄ちゃん」



妹「一つだけ聞かせて」



妹「私は、お兄ちゃんのことが好き」



妹「お兄ちゃんとして、っていうそれ以上に」



妹「だから・・・お兄ちゃんのパンツで、いけないことしちゃった」









妹「お兄ちゃんは?」



妹「私のこと好きなの?」



妹「それとも、性欲のはけ口として私の下着を使っただけ?」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:35:50.56 ID:zjOavo/50

兄「・・・好きだよ」



妹「・・・」



妹「それは、私と同じ意味での『好き』?それとも、兄妹としての『好き』?」



兄「・・・」



妹「・・・」







妹「お兄ちゃん」



妹「私はそれでも、お兄ちゃんのことが好きだよ・・・」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/02(水) 05:41:41.19 ID:zjOavo/50

兄「・・・もう、寝ろよ」



妹「・・・」



妹「・・・うん」



妹「・・・おやすみ」



兄「・・・」



妹「・・・」



(扉、静かに閉まる)


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 01:01:06.72 ID:hNr1ULlC0

~翌朝~



母「おはよう、妹」



妹「おはよう・・・」



兄「・・・」



母「どうしたの?妹は元気ないみたいだけど。兄も挨拶はいつもするくせに・・・」



兄&妹「・・・」



母(目を合わせようともしないで・・・ケンカかしら?ま、いっか)


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 01:03:33.44 ID:hNr1ULlC0

~学校~



兄友「兄―!どうしたんだーい浮かない顔して~?」



兄「・・・別に」



兄友「Wow!いつもクールな兄くん、今日は一段とクールだねえ!」



兄友「いつものクールさを1綾波だとしたら、今日のクールさは1530綾波並みだぜ!」



兄「・・・」



兄友「おいおい、そこは『1綾波ってなんだよ』とか『綾波並みってだじゃれかよ』とかつっこむところだろ!」



兄友「・・・なんだよ、つれないやつだなー」



兄「・・・」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/03(木) 01:10:09.44 ID:hNr1ULlC0



妹「雨で部活中止。早帰りかー」





女子1「あー最悪、今日傘忘れちゃった―」



女子2「うち持ってきたから、入ってく?」



女子1「やったー!女子1ちゃんと相合傘だー♪」



女子2「もー、照れるー///」





妹(相合傘、か)



妹(お兄ちゃんと、相合傘・・・)



妹(・・・!)



妹(何を考えているんだ、私は!)





妹「・・・そういえば、私も傘持ってきてないんだよな」



妹「かといって、傘に入れてもらうような友達もいないし・・・」







妹「はぁ、このまま帰るか・・・」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 01:15:09.00 ID:hNr1ULlC0



妹「雨に加えて風まで強くなってきたし・・・これじゃ台風じゃないか」



妹「こんなに濡れるとは思わなかった」



妹「まだ家まで15分くらい歩かないと・・・」



ガバッ



(妹、背後から抱きつかれる)



妹「きゃっ!」



妹(な、何?誰?)



妹(痴漢!?)



妹(しかも、ビニールシートで私をくるもうとしている!誘拐!レイプ!!)



妹(くそっ、こんなところでヴァージン・ロストするわけには・・・っ!!)



??「おい」



妹 「やめろ!離せっ!!」



??「俺だよ」



妹 ピタッ







妹「・・・お兄ちゃん?」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 01:22:27.90 ID:hNr1ULlC0



兄「風邪ひくぞ。入っていけ」



妹「・・・このレインコートに?」



兄「レインコートに」



妹「傘でしょ、普通」



兄「俺、レインコート派だから」



妹「相合レインコートなんて聞いたことない」



兄「まあ、二人羽織ってとこだろうな」



妹「レインコートに二人は無理だろ」



兄「背が頭一つ分違うんだから、入るだろ」



(兄、自分の前側に妹を入れてレインコートのボタンをかける)





兄「・・・ほら、行くぞ」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/03(木) 01:34:47.36 ID:hNr1ULlC0

妹「窮屈なんだけど」



兄「我慢しろ」



妹「歩きにくい」



兄「お互い様だ」



妹「濡れてる私とくっついてたら、お前も濡れて風邪ひくぞ」



兄「俺はバカだから風邪ひかない」







妹(そうだよな、コイツはバカだよ)



妹(何が二人羽織だ、何がバカだから風邪ひかないだ)



妹(それに、コイツは私の下着で最低なことをしていたんだ)



妹(私に対して特別な感情があるわけでもないのに)



妹(痴漢どころじゃない、レイプ魔みたいなものじゃないか)



妹(それなのに、それなのに・・・)







コイツと――お兄ちゃんといると――



どうしてこんなにもあったかくて――



こんなにもドキドキするんだろう――


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 01:43:26.82 ID:hNr1ULlC0

兄「着いたぞ」



妹「あれ、もう・・・?」



兄「何が『もう』だ。普段の1530倍並みに時間かかったぞ」



妹「1530倍?なにそれ・・・」



兄「とにかく、早く着替えて、体乾かさないとな」



妹「・・・」



兄「どうした?早く家入らないと、本当に風邪ひくぞ?」



妹「あのね、お兄ちゃん」



兄「?」







妹「昨日のことなんだけど」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 01:55:38.48 ID:hNr1ULlC0

兄「・・・!」







妹「いろいろ困らせるようなこと言ったり、勝手にキスしちゃったりして、ごめん」



妹「でも、私が昨日言ったことは全部本当だし」



妹「したことも全部、本当にしたいと思ってしたことなんだ」



妹「だけど、もしそれで、お兄ちゃんが私のこと嫌いになっちゃったとしたら・・・それは・・・仕方ない・・・と思う・・・」





ぽんっ





妹「・・・え?」





(兄、妹の頭に手を載せる)





兄「嫌いになってたら、こんなことしないだろ」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 02:06:29.89 ID:hNr1ULlC0

兄・妹「・・・・・・」



ガチャッ



兄・妹「!!」



(玄関のドア、オープン)



母「・・・」







母「あんたたち・・・何してんの?」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/03(木) 02:13:50.47 ID:hNr1ULlC0

兄・妹「・・・」



兄「捨て猫ごっこ」



母・妹「!?」



兄「母さん、この子、道端の段ボール箱にうずくまってたんだ!」



兄「びしょ濡れになって、かわいそうで・・・」



兄「ねえ、うちで飼ってあげようよ!いいでしょ!」



兄「こんなにかわいいし、こんなに大人しいし、」



兄「それに、こんなにかわいらしい声で鳴くんだよ!ほら!」



妹「・・・えっ?」



兄「ほら!!」



妹「・・・」







妹「にゃ~ん」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 10:48:10.12 ID:lCsZng440

母「とりあえず、中入りなさい?」



母「タオル持ってくるから、早く部屋行って着替えて、温かくしな?」







兄「で」



兄「なんでお前まで俺の部屋に来るんだ?」



妹「さっき言ってたろ」



兄「何を」



妹「私を飼うって」



妹「飼い主なら、責任持って世話をしろ」



兄「あれはただのごっこ遊びだ」



妹「じゃあ、さっき言ってたのは全部嘘か」



兄「当たり前だろ」



妹「かわいい、っていうのも?」



兄「それは・・・」







兄「とにかく、早く服脱げ」



妹「・・・」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 10:56:37.73 ID:lCsZng440

妹「なあ」



兄「何だ」



妹「私たちは今こうして、裸でタオルにくるまり、並んでストーブに当たっている」



妹「興奮しないのか?」



兄「何の話だ」



妹「年頃のおなごが、全くの無防備と言っていい姿ですぐ隣にいるわけだ」



妹「そしてお前はいつでも戦闘可能な格好」



妹「さらに二人っきりときた」



妹「襲いかかりたくなって当然だろう?」





兄「戯言はほどほどにしろ」



妹「・・・」





妹「お前が来ないなら、私から!!」ガバッ


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 11:03:59.76 ID:lCsZng440

兄「・・・だめだっ!!」ガッ



妹「うわっ!!」バタッ





(兄、妹を振り払う)





妹「どうして・・・?」



妹「私じゃだめなの?」



妹「本当に・・・本当に好きなの! だからしてほしいの!!」



妹「それに、お兄ちゃんが私のこと何とも思ってくれてなくてもいい・・・」



妹「お兄ちゃんのためならなんだってする! ペットにでも奴隷にでもなる!」



妹「下着くらいいくらだって貸すし、体だって・・・」



兄「違う!」



兄「そんなのは・・・違う」





妹「どうして・・・」



妹「どうして・・・・・・」





ポタッ



(妹、うつむいて涙をこぼす)





兄「・・・拭けよ」





兄「せっかく乾いたのに、また濡れちゃうだろ」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 11:17:51.74 ID:lCsZng440

兄「もう十分乾いたろ」



兄「自分の部屋行って服着てこい」



妹「・・・うん」



妹「・・・じゃあね」



(妹、扉を閉めようとする)



兄「なあ」



兄「さっきの質問に答える」







兄「あれだけは・・・本当だ」

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 19:01:59.22 ID:lCsZng440

~兄の部屋~







兄「・・・」







兄「やっぱり、俺は・・・」







兄「・・・」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 19:03:28.44 ID:lCsZng440

~妹の部屋~







妹「・・・」







(兄「あれだけは・・・本当だ」)







妹「でも、それなら・・・」







妹「どうして受け止めてくれないの・・・」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 19:10:25.31 ID:lCsZng440

~翌朝~



兄「行ってきます」



妹「待て! 私も行く」



母「二人とも、行ってらっしゃい! 雨降ってるから、気をつけなさいね」





妹「あれ、今日は傘なのか」



兄「レインコート、まだ乾いてないから」



妹「・・・そうか」



(玄関を出た二人。兄は傘をさす)



妹「あれっ・・・」ガチャガチャ



兄「どうした」



妹「開かない・・・壊れてるみたいだ」



兄「困ったな。うち人数分しか傘ないし、母さんは後で買い物行くときに使うだろうし・・・」



妹「仕方ないな」





ひょいっ





兄「・・・こうするしかないのか」



妹「ああ。・・・相合傘だ」



妹「元とは言えば、お前のレインコートが乾かないのが悪いんだ。責任とれ」



兄「・・・仕方ないな」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 19:22:25.88 ID:lCsZng440

サーッ…





兄「お前の傘、壊れてるなら置いてくればよかったな」



妹「そういうことはもっと早く言え」





兄「あれっ」



妹「どうした?」



兄「あの女の人・・・傘開かなくて困ってるみたいだ」



妹「・・・」



妹「あの! そこの方!」



女「えっ!? わ、私ですか?」



妹「傘、壊れちゃったんでしょ? これ使って」



女「えっ!? でも・・・」



妹「大丈夫。私たちは1本あればいいから」



女「・・・ありがとうございます!」



バッ



スタスタスタ―ッ…







兄「おい」



妹「・・・」



兄「壊れてたんじゃなかったのか」



妹「・・・ごめん」



妹「その・・・相合傘、したくて・・・嘘ついちゃった」



兄「・・・」







兄「ずっと・・・言えなかったことがあるんだ」

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 20:00:07.50 ID:lCsZng440

妹「えっ・・・?」



兄「俺も・・・」



兄「俺も、お前のこと、好きなんだ」



妹「・・・!!」



兄「兄妹なのに好きなんておかしい、って思ってたんだ。だから・・・」



兄「だからずっと、自分の気持ち、否定してた」



兄「でも、やっぱり・・・」



兄「俺は、お前のことが好きだ」



兄「今まで、つらい思いさせて・・・ごめん」







妹「ううん、いいの・・・」



妹「いいの・・・」グスン



兄「・・・泣くなよ」



兄「・・・ほら」





ぎゅっ





妹「・・・お兄ちゃん」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 20:15:06.25 ID:lCsZng440

妹「お兄ちゃんも、つらかったんだね・・・」



兄「・・・」



妹「私、嬉しかったよ」



妹「昨日、雨の中で私を見つけてくれたとき」



妹「二人羽織で、一緒に家まで歩いてくれたとき」



妹「嫌いになんかなってないって教えてくれたとき」



妹「それに・・・」



妹「いま、こうしてお兄ちゃんと一緒にいられることが・・・」



妹「私、とっても嬉しいよ・・・」







兄「なあ、昨日さ、何でもするって言ったよな?」



妹「・・・え?」



兄「じゃあさ」



兄「目つぶって・・・じっとしてて」



妹「・・・うん」







そして、静かな雨の音に包まれて、二人は――





fin


 


56VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/01/04(金) 20:40:49.77 ID:u32ESFxuo



乙!

ストレートだな

関連記事
スポンサーサイト