FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇太「六花をいじめて泣かせたい」

  
1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/06(木) 20:28:04.95 ID:vD4PRYqF0





一色「……なんて?」



勇太「だから、六花をいじめて泣かせたいって」



一色「聞き間違いじゃなかったか……え、何言ってんの?」



勇太「六花って涙目になったりしてるところが一番可愛いと思うんだよ。普段の中二病モードとのギャップっていうかさ。素

に戻って涙目でプルプルしてる姿とかマジ可愛い。マジ天使」



一色「……はあ」



勇太「つーわけで、これからちょっといじめてくるわ」



一色「……はあ?」









元スレ:ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1354/13547/1354793284.html


2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/06(木) 20:29:28.52 ID:vD4PRYqF0





勇太「六花、ちょっといいか?」



六花「? なに?」



勇太「ちょっと耳貸してくれ」チョイチョイ



六花「! 一般人には聞かせられない話? そういうことならこの邪王しんgあぅっ!」ビチッ



勇太「……」



六花「ゆ、ゆうた? いきなりなにsあぅっ!」ビチッ




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/06(木) 20:30:31.44 ID:vD4PRYqF0



勇太「……」



六花「ど、どうしてデコピンするのぉ? わたし、なにもしてなあぅっ!」ビチッ!



勇太「……」



六花「ゆうた痛いぃ……」グス



勇太「……」ゾクゾクッ



六花「うう、おでこヒリヒリする………こ、この邪王真眼に攻撃を加えてただでsあぅっ!」ビチッ!



勇太「……」デコピンデコピンデコピン!



六花「あぅっ、あぅっ、あぅぅっ!」ビチッビチッビチッ!!


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/06(木) 20:31:43.00 ID:vD4PRYqF0





六花「痛い……グス なんでいじめるのぉ? やだぁ……」ウルウル



勇太「……」スー



六花「ビクッ! もうヤぁっ!」ダダダダッ!







一色「勇太、お前……」



勇太「……可愛い」ボソ



一色「え?」



勇太「見たか? 見てたよな!? 目に涙いっぱい溜めてさ、『ゆうた痛いぃ』だってよ!! 危ない危ない、危うく抱きしめちまうとこだったぜ……!」



一色「ま、まあ分かんないでもないけどさ、小鳥遊さん走って行っちゃったぞ? 追いかけて謝った方が」



勇太「はあ? 何言ってんだよ、まだ始まったばかりだろ?」



一色「へ?」



勇太「これからいぢめていぢめてもっと可愛い六花を堪能するんだ!! ああ、胸が躍るなあ!!」



一色「(うわあ)」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:07:28.16 ID:7Uh+TwCK0







極東魔術昼寝結社の夏部室





勇太「うーっす」ガラガラ



凸守「む、きたデスねダークフレイムマスター!」



勇太「なんだ凸守だけか」



凸守「マスターもいるデスよ? ほら」





六花「……」





勇太「(隅っこでちっちゃくなってる可愛い)」




13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:08:48.80 ID:7Uh+TwCK0



凸守「マスターは今周囲の魔素を取り込んで魔翌力を回復させているのデス! なんでも先ほど魔なるものの襲撃があったとか。ダークフレイムマスターも戦闘に備えておくのがよいのデス!」ヒュンヒュン!



勇太「ん~、そうだな………六花」



六花「……今、集中している。話しかけないで」プイ



勇太「(ほっぺ膨らませて怒ってる六花かわいい)」



勇太「そうか。じゃあ凸守、敵の襲撃に備えて組手でもするか」



六花「!?」ピクン!



凸守「おぉっ!? ついにヤル気になったデスね!! よいでしょう、邪王真眼と双璧を為すと言われるその力、見せてもらうデス!!」ヒュンヒュンヒュン!



勇太「ふっ、偶には魔翌力を行使しないと鈍ってしまうからな。怪我をするなよ?」



凸守「それはこちらのセリフデェス!」



六花「え、あの……」オロオロ



勇太「ん? どうした六花」



六花「だ、ダークフレイムマスターの力は強大。凸守では力不足の心配がある。だから、この邪王真眼と……」



勇太「魔翌力回復中なんだろ? 無理するな、それに手加減するさ」



凸守「手加減など不要デェス! マスター、ここはサーヴァントにお任せください、デス!!」ヒュンヒュン!



六花「えぅ!? で、でも……」オロオロ



DFM「いくぞ凸守、いやミョルニルハンマー!!」バッ!





凸守「望むところデス!! 爆ぜろリアル!!!」





DFM「弾けろシナプス!!!」







凸D「「バニッシュメント・ディス・ワールド!!!!」」






14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:10:28.89 ID:7Uh+TwCK0



――

―――

――――







凸守「くっ! なんという障壁……!! ミョルニルトルネードでも破れないなんて……!」



DFM「フン、その程度か。ならばこちらから行くぞ!! 爆流火炎陣!!!」ドドドド!!



凸守「っ!! エターナルサラマンダーフィールド!!」パキィン!!



DFM「なかなかやるな……だが我の力はこの程度ではないぞ!! ハァァアアア!!」



凸守「くぅっ、ミョルニル耐えるデス……!!」







六花「(わたしだって、まだゆうたと戦ったことないのに……)」







DFM「なん……だと……! まだ速度が上がるというのか!?」



凸守「隙ありっデェス! ルナティックミョルニルクラッシャー!!」ブン!







六花「(わたしはゆうたの契約者なのに……ずるい……)」グス



DFM「!!」



六花「ゆ、ゆうた。やっぱりわたしも」



DFM「下がっていろ、死にたいのか!!」



六花「あぅ……」シュン



DFM「(シュンてしてる六花かわえええええ!!)死黒炎熱斬!!!」ズバッ!



凸守「サウザンドスタンピードォォォッ!!!」ドドドドド!








15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:11:42.01 ID:7Uh+TwCK0

 ―――――

――――

―――







凸守「はあっ、はあっ、はあっ」ヨロッ



DFM「このダークフレイムマスターに手傷を負わせるとは……どうやら貴様を見くびっていたようだな、ミョルニルハンマー」



凸守「と、当然デェス……でも」



DFM「ああ、まだ我が力には及ばん。また研鑽を積み挑んでくるが良い」



凸守「悔しいデスが、そうするしか無いようデスね……その時は今日のようにはいかないデスよ」



DFM「ああ、楽しみにしている」スッ



凸守「すぐに追いついてやるデェス」ガシ







六花「……」ウズウズウズウズ




16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:12:29.81 ID:7Uh+TwCK0



勇太「さて、どうせだからここで宿題でもしていくか」



六花「ゆ、ゆうた!」



勇太「ん~?」カバンゴソゴソ



六花「次は、わたしと戦って!」



勇太「だってお前、魔翌力回復中なんだろ? よしておけって」



六花「今の戦闘中に完了した。だから、次はこの邪王真眼と……!」ワクワク



勇太「さっきので疲れた。凸守とやってればいいだろ」ノートパラパラ



凸守「マスター、凸守ならいつでも準備OKデ「やだ!ゆうたとがいい!」……」



勇太「ダメ。今日はもうやらん」プイ



六花「あぅ…………く、ククク、臆したかダークフレイムマスター。余程邪王真眼の力が恐ろしいと見える」



勇太「え~と、確か英語の和訳が……」パラパラ



六花「……ゆうたぁ」クイクイ



勇太「……」カリカリ



六花「ねぇ、ゆうたってばぁ」クイクイ



勇太「……」カリカリ



六花「ゆ~~~た~~~」グイグイ



勇太「うるさい!」



六花「っ……!?」ビクッ!



勇太「宿題してるんだから邪魔するな」カリカリ



六花「…………ごめんなさぃ」グス



勇太「(うっひょぉぉぉおおお!!)」




17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:13:05.07 ID:7Uh+TwCK0





くみん「おっはよ~」ガラガラ



勇太「あ、先輩。お疲れ様です」



くみん「うん~あれ、もりさまちゃん来てないんだぁ。せっかくもりさまちゃんに似合いそうな枕もってきたのに」



勇太「似合う枕ってなんなんですか……」



くみん「ちっちっち、枕を甘く見たらいけないよぉ? お洋服みたいに似合う、似合わないあるんだから」エッヘン



勇太「はあ、そんなもんですか」



くみん「富樫くんに似合いそうなのもあるよ。どう、今日こそお昼寝してみない?」



勇太「えぇ?」



六花「く、くみん。ゆうたは今宿題してるから……」アセアセ



勇太「!」キラン



勇太「あ~、そうですね。じゃあたまには」



六花「!?」



くみん「おお!? ついに富樫くんもお昼寝の良さに気付いたんだね! 待ってて、枕出してくるから」テテテ






18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:13:31.56 ID:7Uh+TwCK0





六花「ゆうた、どうして……?」



勇太「どうして、って……何がだよ」



六花「さっきは、宿題するからって言ったのに」



勇太「まあ一段落ついたしな」



六花「それなら、わたしと」



勇太「イヤだ」



六花「えぅ……」シュン



くみん「はいっ富樫くん! だーくふれいむ枕だよ~」



勇太「黒いだけじゃないですか……というか、ついに先輩まで……」



六花「……」グスン






19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:13:59.50 ID:7Uh+TwCK0





森夏「あーもうムカつく!!」ガラガラガラ!



凸守「出たなニセサマー! 覚悟するデぇっ!?」ベチンッ!



森夏「うっさい! ったく、なんなのよもう!!」ドカドカ!



勇太「ん……なんだよ丹生谷、荒れてるなぁ」フワァ



森夏「どうしたもこうしたも……なんで体育会系ってのは1年や2年早く生まれたってだけであんなエラそうなのよ! あんまりくだらないことでピーピー怒るから、お腹痛いって帰ってやったわ。もう辞めちゃおうかしら」



勇太「そ、そうか……大変だな」



森夏「まったく……あら富樫くんも昼寝? 珍しいわね」



勇太「ああ、たまにはな」



森夏「ふぅん……あれ?」



六花「……」イジイジ



森夏「どうしたの、アレ。なんか暗いオーラ出してるけど」コソコソ



勇太「あ、あぁ、なんだろなー」タラー



森夏「………?」






20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:14:30.08 ID:7Uh+TwCK0





森夏「しっかしホントに辞めちゃおうかなぁ、チア部」



勇太「本気か? リア充の擬態に調度いいんじゃなかったっけ」



森夏「擬態言うな! ……な~んかさ、私の居場所とは違う気がするのよね。人間関係もドロドロしてるし、くみん先輩じゃないけど自分が無理してるんじゃないかって」



凸守「当然デェス! こんな凶暴な女、一般人では御しきれないに決まってるデス! 凸守くらいの力が無くてはお前の相手は務まらないデス!」ヒュンヒュン!



森夏「やかましい! ……それに富樫くんだって、私がチア部辞めてここに毎日来る方がいいでしょ?」



六花「」ピク



勇太「え、なんで?」



森夏「私みたいな中二病とかけ離れたような女の子がいれば、富樫くんの過去だってバレにくくなるんじゃない、ってこと!」



勇太「(余計悪化しそうな気が……いや)」



勇太「そうだなー丹生谷がいれば、この同好会の中二病濃度も薄まるしなぁ」



六花「」ピク



勇太「それに同じ学級委員だし、何か頼まれたときに便利かもな。勉強で分からないところ教えて貰えるし」



六花「わ、わたしだってできるもん!」



勇太「お前は、自分の数学を気にしろよ」



森夏「でしょでしょ? じゃあ、本気で退部の方向で進めてみようかな」



六花「……」グスン








21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:15:04.50 ID:7Uh+TwCK0





勇太部屋







勇太「はあ………今日の六花、可愛かったなぁ」ウットリ



勇太「後半は拗ねちゃって端っこ行っちゃったけど、ああいう六花も可愛いよなあ」



勇太「明日はどうやっていじめようかなぁ。ちょっとやり過ぎたかもしれないけど、帰りは凸守と普通に話してたし、まだ大丈夫だよな、うん」



勇太「そうと決まったら寝るか。明日に備えるか」カチッ







01:50



ガラッ ギシッ





勇太「(……ん? なんか気配が)」ウトウト



六花「………ゆうた」



勇太「うわっ!? 六花!?」ガバッ!



六花「……」



勇太「ど、どうしたんだよこんな夜中に!」



六花「……」



勇太「明日も学校だろ、帰って寝ろよ」



六花「………さぃ」



六花「ごめ……なさ……い」グスグス



勇太「!? り、六花!?(かわえええええええええぇぇぇ!!!)」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:15:36.44 ID:7Uh+TwCK0



勇太「じゃない! ど、どうしたんだよ急に」



六花「わた、し、ずっと、か、考えた、けど………」グスグス



勇太「?」



六花「ゆうたが、どう、して怒ってるか、わか、わかんなくって……」ヒックヒック



六花「でも、このまま、じゃ、ヤダから、謝るだけでも、って……」グスグス



勇太「(やり過ぎたマズイ)」






23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:16:07.58 ID:7Uh+TwCK0





勇太「べ、別に怒ってなんかないって」アセアセ



六花「うそ」ヒック



勇太「嘘じゃないよ」



六花「だって、いきなり、デコピン グス してきたし……み、みんなと、ばっかり遊んで ヒック わたし、の相手、ぜんぜんして、くれなかった」ヒックヒック



勇太「あ~、それは……」



六花「わたしが拗ねて、そっぽ向いた、から? グス あやまる、からぁ……」フーッフーッ



勇太「え~っと……(ヤバい可愛いは可愛いけど罪悪感がパない)」



六花「ゆう、たぁ」ウルウル



勇太「あ、あのな六花! 実は……」



六花「きらいに、ならない、でぇ?」グスン



勇太「」ズキューン






24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:16:38.19 ID:7Uh+TwCK0





勇太「六花っ!!」ガバッ!



六花「ふぇっ?」



勇太「ごめん、ごめんな、意地悪して」ギュー



六花「? いじわ、る?」キョトン



勇太「いじめた時の六花の反応があんまり可愛いから、ついそれがもっと見たくなって……」ギュウ



六花「………かわいい?」



勇太「ああ、超可愛い(超天使)」



六花「………ヒック」グスグス



勇太「え?」



六花「うああぁぁああああああん!」ギュー!



勇太「え、え、なんで!?」アタフタ



六花「き、きらわれたと、思ったっ! もう、いっしょに、いてくれないと、思ったっ!」ボロボロ



勇太「(天使や大天使がここにおる)」






25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/07(金) 01:17:10.06 ID:7Uh+TwCK0





教室





一色「勇太、オレ昨日一晩考えたんだ」



勇太「ん、何を?」



一色「お前が昨日言ったことだよ。小鳥遊さんは泣きそうになった顔が一番可愛い、だろ?」



勇太「」ピク



一色「昨日は否定的だったけどさ、オレも小鳥遊さんのあの顔が忘れられなくてさ……勇太に協力させてもらって、オレもお零れに預かろうと」



勇太「バッカ野郎ォ!!!」バキィッ!!



一色「ぶへぁっ!?」



勇太「いじめダメ、絶対!!」







終われ

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/12/07(金) 01:19:00.09 ID:/SuRpayX0

一色ェ…

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。