FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

男「ノリだけでSSスレを立てるとどうなるか見せてやろう」


  
1
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/01(水) 15:59:23.40 ID:8W3aY1XIO
男「暇だから、書いてたSSに飽きた(終わった)から……そんな理由でスレ立てしたらどうなるか見せてあげましょう」

元スレ:ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1343/13438/1343804363.html

2VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:03:10.28 ID:8W3aY1XIO

男「まずsaga忘れでピーが連発するんでしょうね、[ピーーー]」



男「他にも、内容が深く決まってないからダラダラとどーでもいいことを永遠と話すんですよね」



男「あー、今日はいい天気だなー……それがどうしたんでしょうね、時間稼ぎが大半を占めることでしょう」



男「僕の経験では、話の筋がずれてしまい本来の目的とは違う方向に行くことが多々あります」



男「そして、本来の目的に中々つかないから飽きて放置……そして二ヶ月経てばスレ落ち」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:08:55.28 ID:8W3aY1XIO

男「それでは例を見ていきましょう」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



男「あー、今日も学校なんてだるいなぁ……」



友「よぉ、男!」 ドンッ



男「おわっ!?……って友かよ……驚かせんなし」



友「わりーわりーwwww今日の一時間目、体育だってよ」



男「体育か……足、怪我してるから無理かな」



友「そういやぁ、そうだったな……幼馴染も心配してたぞ?たまには家にいってやれよ」



男「はいはい……わかったよ」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



男「これは良い例です。情報がかなり詰まってる内容ですから、読者に伏線や状況を丁寧に伝えられてますね」



男「体育があること、男は怪我を少し前にしたこと、友はおちゃらけキャラであること、幼馴染がいる事、幼馴染は男を心配してるが中々会えていない事……」



男「では悪い例も見ていきましょう」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:14:13.43 ID:8W3aY1XIO

男「はぁ……今日も学校なんてだるいなぁ……」



友「おはよう、男」



男「あ、友か。おはよう」



友「一時間目体育だよ」



男「体育か……体育は無理かもしれないな」



友「そう言えばそうだったね」



男「あぁ……ほんと怠いよな」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



男「どうでしょうか?先程と同じ流れで進めてみましたが内容は全然違うはずです」



男「友のキャラ、体育をできない理由……読者にとっては意味がわからないところもあったでしょう」



男「このように、文章は意味……つまり伏線や状況を込めなければ、どれだけ書いたとしても読者に伝わらない事が多いのです」



男「そして、ノリだけでスレを立てると、後者のパターンになる事が多いのです」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:19:59.20 ID:8W3aY1XIO

男「本当に真剣に書こうと思うなら、まずは大体の内容を決める事から始めましょう」



男「例えばこのスレの場合」



ノリだけでスレを立てるとどうなるか軽く紹介→例を見せる→そうならないためにはどうすればいいのか。一例を挙げる



男「まぁ、これは私のやり方ですから自分のやり方が定着してるならそちらの方がいいって事もありますけどね」



男「内容を決めたらキャラの設定でしょうか」



男「性格は?不思議ちゃん?主人公との関係は?」



男「そんな感じの大体のキャラを決めておくと後でブレないのでやりやすいです」



男「キャラがブレたら物語の筋も曲がりますからね」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:28:53.72 ID:8W3aY1XIO

男「さて、キャラも物語も大体決まってきた……次はどうするか」



男「私なら書きダメをします、25レスくらいですかね」



男「これには個人差があらわれるでしょうね、私の場合は50~150レスまでしか書かないのでそんなに書きダメはしません」



男「これが週一しか来なくて毎回10レスだめる……完結するまで書いて後はノンビリ投下……それは個人の勝手ですかね」



男「これらの作業をするだけでかなり文章としてまとまりがつくので、クオリティはあがると思います。やったことがない人は一度やってみてはいかがでしょうか?」



男「では、最後にノリだけでSSを書いていきます。もっとこうした方がいい。そう思ったところを自分の技にしてくださいね」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:30:46.38 ID:8W3aY1XIO

男「きゃっほー、俺は男だぜ!」



妹「おにーちゃん、うるさい……早く出て行って」



男「そんなに言わなくても学校だからスグに出ていくぜ!」 ダッ



母「あらあら、あの子、もう言っちゃったのね」



妹「凄い騒がしかった」

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:32:52.38 ID:8W3aY1XIO

男「ここは通学路だぜ!」



友「よっ!男」



男「よう、友!」



友「学校だな!」



男「そうだな!」



友「楽しみだな!」



男「そうでもないぜ!」



友「そうか!」



男「そうだぜ、」

12VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]:2012/08/01(水) 16:34:31.13 ID:YSyOLLw0o



クッソワロタwwwwwwww




13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:35:02.32 ID:8W3aY1XIO

男「教室に着いたぜ!」



幼馴染「男、今日は早かったね」



男「妹に追い出されたぜ!」



幼馴染「へー、そうなんだ」



男「そうなんだぜ!」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:37:33.20 ID:8W3aY1XIO

男「授業が始まったぜ!」



先生「こら、独り言がデカイですよ」



男「そうだったのか!うるさかったのか!」



先生「ほら、そんな両手に昼ご飯に食べるはずのバナナを持たないで席に座りなさい」



男「これはバナナじゃなくて、ゴーヤだぜ!」



先生「そうなのですか?」



男「あ、やっぱりバナナだったぜ!」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:39:04.39 ID:oM3EGYF9o



ワイルドだぜ

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:41:13.78 ID:8W3aY1XIO

男「やっと昼ご飯だぜ!」



男「……あれ、昼ご飯に買っておいたバナナがないんだぜ!」



幼馴染「男、どうしたの?」



男「バナナがないんだぜ!友が食べたに違いないんだぜ!」



幼馴染「友くん、さいてーだね」



男「あ、その代わりにゴーヤが入ってたんだぜ!」



幼馴染「よかったね!」



男「ゴーヤと思ったらバナナだったんだぜ!」



幼馴染「友くんサイテーだね」



男「そうなんだぜ!」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:44:48.42 ID:8W3aY1XIO

男「昼休みだからサッカーでもするぜ!」



友「俺らの学校、サッカーできないぞ?」



男「どうしてだぜ?」



友「だって俺らのグラウンド、30インチのテレビぐらいの大きさじゃん」



男「30インチあれば十分だぜ!」



男「おりゃぁ!」 スカッ



男「いい汗をかいたんだぜ!」



友「えっ」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:48:24.42 ID:8W3aY1XIO

男「午後の授業なんだぜ!」



先生「男くん、バナナがないからってリコーダーを吹いちゃいけませんよ」



男「そういえばトイレに今日一回もいってないんだぜ!」



先生「そうですか」



男「先生、トイレ!」



先生「先生はトイレではないです」



男「いや、先生はトイレです!」



先生「いだから先生はトイレじゃn」



男「トイレです!」



先生「ちがi」



男「トイレです!」



先生「そうです、私はトイレです。生きててごめんなさい」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:52:39.80 ID:8W3aY1XIO

男「トイレに着いた瞬間に漏らしちゃったぜ!どうしようか悩んでるんだぜ!」



男「このまま教室に帰ったら笑い者だぜ!それはそれで良さそうだぜ!」



男「そうだ!こんな事もあろうかと携帯トイレを用意してたんだぜ!」



男「これで漏らした事も隠せるはずなんだぜ!」



男「携帯トイレを極部に装着するぜ!……おぅふ……」



男「完璧だぜ!教室に帰るぜ!」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 16:53:41.25 ID:8W3aY1XIO

その後、男は伝説になりました



おわれ

25VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2012/08/01(水) 17:14:22.95 ID:ynDjqPGso







とりあえずシリーズ化希望




関連記事
スポンサーサイト