FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

櫻子(そろそろか)楓「櫻子お姉ちゃん」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:00:16 ID:sgTze67jO

櫻子「それで、調査の結果は?」

楓「んとね、お姉ちゃん寝る前にお胸揉んでたの」

櫻子「!! やっぱり。するとそれが秘訣か」

楓「大丈夫、おっぱい小さくても生きていけるよ」

櫻子「おっぱい小さいのは今日までだ!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:05:16 ID:sgTze67jO

櫻子「ごくろうだった。引き続き調査を頼む」

楓「わかったの」


櫻子(ついに向日葵のおっぱいの秘密をあばいたか)
櫻子(まさか自分で揉んでるとはな)

櫻子「これで私も巨乳だ!」ムニムニ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:13:17 ID:sgTze67jO

楓「櫻子お姉ちゃん」

櫻子「おお、きたか。どうだ? 私、少しは変わったか?」

楓「……あんまり」

櫻子「だよなぁ」

楓「!! 名前読んでたの!」

櫻子「??」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:18:41 ID:sgTze67jO

楓「お胸揉んでる時に『櫻子ぉ』って何回も言ってたの」

櫻子「まさか――」

楓「うん、たぶん」


楓・櫻「吸収!」


櫻子「私の胸が残念なのは向日葵に盗られてたからだったのか……」

楓「お姉ちゃん、すごく嬉しそうだったの」

櫻子「あのおっぱい泥棒め!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:23:08 ID:U1rz4cKjO

櫻子は残念な子だなぁ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:25:26 ID:sgTze67jO

櫻子「盗られた分、取り返してやる!」ムニムニ

楓「櫻子お姉ちゃん……」
櫻子「向日葵ぃ、向日葵ぃ」ムニムニ

楓(……お姉ちゃんと表情が全然違うの)ビクッ

櫻子(向日葵に負けるか!)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:31:45 ID:sgTze67jO

櫻子(……どうした、私のおっぱい)

楓「櫻子お姉ちゃん」

櫻子「はい」

楓「……」フルフル

櫻子「ですよねー」

楓「でもお姉ちゃんはまた大きく……」

櫻子「なんで勝てないんだ!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:37:29 ID:UbCBB3Sw0

元気に極振りだから仕方ない可愛い


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:38:26 ID:sgTze67jO

楓「でも、櫻子お姉ちゃんはもう盗られるほどないの」

櫻子「その通りだがひどいな、お前。ん? じゃあ他の人から?」

楓「お姉ちゃんは『櫻子』しか言ってないの」

櫻子「すると裏があるな」
楓「あっ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:48:47 ID:sgTze67jO

楓「もしかして、櫻子お姉ちゃんの成長分を横取り……」

櫻子「??」

楓「もう櫻子お姉ちゃんには、これから大きくなる可能性すら……」

櫻子「そんな、取り合いじゃ勝てないのに……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:54:23 ID:sgTze67jO

櫻子「徹底的に私から盗る気か……」

楓「櫻子お姉ちゃん……」

櫻子「こうなったら違う人から――」

楓「ん?」

櫻子「楓ぇ、楓ぇ」ムニムニ

楓「楓はどうなってもいいよ」ニコ

櫻子「すいませんでした!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 18:59:11 ID:sgTze67jO

櫻子「向日葵をしばらく止めて、その隙に私がいただくのは?」

楓「ダメなの。お姉ちゃん、毎晩欠かさず揉んでるの」

櫻子「じゃあ仕方ない、他におっぱい大きい人……!!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:10:53 ID:sgTze67jO

綾乃「……あの、大室さん?」

櫻子「杉浦先輩ぃ、杉浦先輩ぃ」ムニムニ

綾乃「その、学校ではあまり……そういう事は……」

櫻子「気にしないでください」

千歳(歳納さんやったらなぁ……)

向日葵「遅くなりまし――」

櫻子(お前には負けん)ドヤア


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:19:42 ID:Txspnwp50

ワロタww


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:21:56 ID:sgTze67jO

綾乃「なんか私が恥ずかしい……」

千歳「あっ、歳納さんプリント出し忘れとる」

綾乃「!! し、仕方ないわね」

千歳「綾乃ちゃん、まさか……」ドバドバ

綾乃「なにもしないわよ! ほら、鼻血ふいて」

櫻子「(たしか船見先輩も――) 私、行ってきます!」

綾乃「大室さん、待って! あぁ……」

千歳(古谷さん、ずっと落ち込んどるなぁ)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:30:05 ID:sgTze67jO

櫻子「歳納京子――先輩!」

京子「ん? おぉプリントか。ちょっと待ってね」

櫻子「……」ジーッ

結衣「……?? 私がどうかした? 大室さん」

櫻子「船見先輩ぃ、船見先輩ぃ」ムニムニ

京・結・あ・ち「!?」

ちなつ「先に私が予約してるんだから!! 負けてらんない!」ムニムニ

結衣「いや、ちなつちゃんもなに言ってるの!?」

京子「ちなつちゃん、ちなつちゃん」ムニムニ

結衣「私の胸を揉むな!」

櫻子「(先客ありかぁ) じゃあ失礼します」

あかり「収拾つけていってよぉ!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:42:40 ID:sgTze67jO

向日葵「櫻子」

櫻子「ん?」

向日葵「その、あなたもしかして杉浦先輩のこと――」

櫻子「(まさかこいつも杉浦先輩から!?) うるさい、泥棒猫が!」

向日葵「えっ? 私は別に」

櫻子「もう私のもんだ! お前には負けないからな!」

向日葵「あ……」


櫻子(たぶん、今日はかなり大きくなったな!)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:45:05 ID:VDwmCiu20

アホの子や


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:51:10 ID:sgTze67jO

櫻子「楓! 見ろ!」

楓「あっ、ちょっと大きくなってる!」

櫻子「はやくも効果が出たな。さぁ、向日葵はどうしてる?」

楓「枕元に写真あったの」

櫻子「なるほど、やはりイメージが大切か。たしか集合写真が……」

楓「あっ、違うの」

櫻子「ん?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 19:57:46 ID:sgTze67jO

櫻子「杉浦先輩」

綾乃「な、なにかしら?」

櫻子「写真撮ってもいいですか?」

綾乃「ま、まぁ写真くらいなら」

櫻子「じゃあ、脱いでください」

綾乃「はぁ!?」

櫻子「裸じゃなきゃ使えないんです」

綾乃「なにに使うのよ!」
櫻子「胸を揉――」

綾乃「やっぱストップ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 20:15:25 ID:sgTze67jO

綾乃(今はこれが普通なの?)

櫻子「ダメですか……」

綾乃「う、うん」

櫻子「そっかぁ……」

綾乃「うっ、裸は無理だけど…少しなら……」

櫻子「ありがとうございます!」


綾乃(うう、私いったい何を)ヌギ

京子「綾乃、プリンちょうだ――」

櫻子「ナイスですねー」パシャ

京子「……ごめんなさい」

綾乃「違う、違うのー!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 20:27:46 ID:sgTze67jO

千歳「あれ? 綾乃ちゃんは?」

櫻子「歳納先輩を追いかけていきました」

千歳「仕事してる場合じゃねぇ!」ダッ

櫻子「……さて、お茶でも」

向日葵「櫻子」

櫻子「な、なに」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 20:39:33 ID:sgTze67jO

向日葵「赤座さんからお話うかがいましたけど、あなた……」

櫻子「う、うるさいな」

向日葵「杉浦先輩と船見先輩、確かにどちらも素晴らしい方ですわ」

櫻子(おっぱいあるからなぁ)

向日葵「でも、ちゃんと選びなさい。どちらを慕うか」

櫻子「うるさい! おっぱい大きいなら誰でもいいんだ!」

向日葵「そんな理由で!?」

櫻子「私には死活問題じゃい」

向日葵「!? じゃあ、私で――」

櫻子「ん?」

向日葵「……なんでもありませんわ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 20:53:12 ID:sgTze67jO

櫻子(……)

楓「櫻子お姉ちゃん」

櫻子「楓か」

楓「……元気ない?」

櫻子「気にするな。向日葵は?」

楓「最近はお胸揉んでないの」

櫻子「そうか。じゃあこの隙に追い付くか」

楓「その代わり、お姉ちゃん泣いてるの」

櫻子「えっ?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 20:59:53 ID:sgTze67jO

楓「『櫻子、櫻子』って言いながら泣いてるの」

櫻子「……」

楓「ケンカしたの?」

櫻子「いや。たぶん揉みすぎておっぱい痛くなったんだろ」

楓「櫻子お姉ちゃん…」

櫻子「心配すんな。報告ありがとう」


櫻子(私も、なんか胸痛いな……)ギュッ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:13:10 ID:sgTze67jO

綾乃「最近、大室さん落ち着いたわね」

千歳「もっとして欲しかったん?」

綾乃「なっ――違うわよ!」

千歳「そやね。綾乃ちゃん、この前なんか歳納さんの誤解とくって……」ドバドバ

綾乃「あぁもう! 大室さん、古谷さん、ちょっと保健室いってくるわ」

櫻・向「はい」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:22:58 ID:sgTze67jO

向日葵「……どちらにしましたの?」

櫻子「……なにが」

向日葵「好きなんでしょう?」

櫻子「誰が? 誰を?」

向日葵「あなたが、杉浦先輩と船見先輩に恋してるって話!」

櫻子「……いや、なに言ってるの?」

向日葵(ハッ まさか櫻子の頭は想い人を忘れるくらい残念に!?)

櫻子「いま、私を馬鹿にしたろ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:31:29 ID:sgTze67jO

向日葵「じゃあ好きでもないのにオナ――胸揉んでましたの!?」

櫻子「えっ、おっぱい揉むときって好きな人をかんがえるの?」

向日葵「当然ですわ」

櫻子「へえ、そうな――」


楓『お胸揉んでるときに「櫻子ぉ」って何回も言ってたの』


櫻子「え、いや、じゃあ……」

向日葵「顔赤いですわよ?」

櫻子「うわぁ!!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:41:20 ID:sgTze67jO

向日葵「――話はわかりましたわ」

櫻子「笑いたきゃ笑えよ」

向日葵「人の成長を横取りできるわけないでしょう」

櫻子「でも、本当におっぱい大きくなったもん」

向日葵「?? 失礼しますわ」スッ

櫻子「痛ッ」

向日葵「……もしかして」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:42:12 ID:x8lttp4q0

ん?


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:51:09 ID:sgTze67jO

櫻子「……」

向日葵「……」クスッ

櫻子「笑うなぁ!」

向日葵「『いじりすぎて炎症』『腫れてるだけ』」クスクス

櫻子「ううう……この人変態です! 私の写真でおっぱい揉んでまーす!」

向日葵「なんで知ってますの!?」

櫻子「ぎゃー! 犯される!!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 21:56:06 ID:sgTze67jO

櫻子「すいませんでした」

向日葵「まったく」

櫻子「おっぱい大きくする方法教えて下さい」

向日葵「噂なら一つだけ」

櫻子「教えろ」

向日葵「……治ったら」


向日葵(『恋人に揉まれる』って本当かしら)



おわり


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/02 22:01:20 ID:x8lttp4q0

櫻子の事考えながら風呂でちんこ揉んでくる


73: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/11/02 22:20:32 ID:sv5mnMq00

おっぱい


関連記事
スポンサーサイト