FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

咲「お姉ちゃん起きてー」照「あ、あと五分」

      
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:21:27 ID:vvKPztHEI

咲「もー、お姉ちゃん早く起きないと遅刻するよ?」

照「き、昨日夜更かししたせいで眠い…」

咲「はやーく、おきーて」ユサユサ

照「ゆ、揺らさないで」

咲「先に行っちゃうよ?学校?」

照「それはだめ。咲は私と学校に行くって決まってる」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:27:39 ID:vvKPztHEI

咲「それならほらほら早く起きる」

照「そうだね…」ノソノソ

咲「私ご飯作っとくから先に顔洗ってきなよ」

照「うん」テクテク

全国大会が終わってからお姉ちゃんは長野に帰ってきた。

おかーさんも帰ってきて私たちは今、四人で暮らしている。

ここ最近お父さんとお母さんはどこかに行ってるようだけど今日帰ってくるみたいだ。


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:31:26 ID:vvKPztHEI

「テルーがいなくなったらやだー」なんて言って長野に来た淡ちゃん。

更にはそれを追いかけて渋谷さん、亦野さん、菫さんまで来る始末。

白糸台は大丈夫なんだろうか。

そして長野に帰って来てからのお姉ちゃんときたら…

朝は私がいないと起きれないし夜は私がいないと眠れないし

咲「ほんと、お姉ちゃんは私がいないとなにもできないなぁ」フフ♪

照「私がなに?」

咲「ふきゅ!?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:36:31 ID:vvKPztHEI

咲「お、お姉ちゃん!いきなりそんな後ろに立たないでよ!」

照「咲が私を呼んでたから」

咲「呼んでませんー。ほらご飯食べよ」

照「今日の朝ごはんは焼き魚と卵焼きと味噌汁…」

照「美味しい…」モグモグ

照「流石は私の嫁」

咲「嫁さん違います」

咲「ご飯食べたら学校行くよ」

照「あぁ…でも学校に行ったら咲とお別れ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:41:40 ID:vvKPztHEI

咲「半日ぐらいでしょ?すぐ会えるって」

照「咲と半日も逢えないなんて拷問に近い」

咲「それ毎日言ってるよねお姉ちゃん」

照「咲ー、今日は学校サボって遊びに行こう」

咲「ダメです」

照「咲は寛容の心がない」

咲「怠惰の心しかないお姉ちゃんに言われても」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:47:48 ID:vvKPztHEI

照「だって、咲と二人っきりでいれることなんて家くらいでしかないし」

咲「家で一緒に入れたら充分だと思うのは私だけ?」

照「うん、咲だけ」

咲「うーん…しょうがないなぁ…」

咲「学校終わったら遊ぼっか?」

照「がっくし…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:51:13 ID:vvKPztHEI

咲「これ以上は譲れません」

照「咲は変なところで真面目だから困る」

咲「お姉ちゃんはいっつも不真面目だよね」

咲「ってうわ!喋ってる暇ないよ!早くいかないと!」

照「急ごう咲」

AM8:20

咲「はー、はー、ギリギリ間に合ったよ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 20:55:38 ID:vvKPztHEI

咲「それじゃあ放課後に、ね。お姉ちゃん」

照「さ、咲ぃ…別れたくない…」

咲「もう…」

菫「また朝から騒いでるのか」

咲「あ、菫さんおはようございます」

照「菫、おはよう」

菫「あぁおはよう」

菫「それで私は照を教室まで運べばいいのか?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:00:24 ID:vvKPztHEI

咲「あっ…よろしくお願いします」

照「菫、離して。私は咲と一緒に一年のクラスに行かないといけない」

菫「そんなわけあるか行くぞ」ズリズリ

咲「私もいこっと…」

お昼休みー

照「咲…咲はまだなの…」グッタリ

菫「まだ昼休みだぞ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:05:00 ID:vvKPztHEI

誠子「お疲れさまさまです」

渋谷「ズズズ…お茶美味しい」

淡「えー?なにっ?テルー今日サキと遊ぶの?私も私もー」

菫「大星、やめとけ。消されるぞ」

照「淡、今日はね。二人だけで遊ぶからごめんね」

淡「むー、次は呼んでよね」

照「うん」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:10:11 ID:vvKPztHEI

一年のとある教室ー

和「えええ!?咲さん今日遊べないんですか!?」ドンガラガッシャン

咲「うん、ごめんね。今日はお姉ちゃんと用事があるから」

京太郎「全国が終わってからお前ら仲良くなったなー。良かったよ」

「いぬー!こっちくるじょー!」

京太郎「優希が呼んでやがる…わり、俺ら行くわ」

咲「うん、行ってらっしゃい。京ちゃん」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:14:29 ID:vvKPztHEI

和「お姉さんと仲良くなられたのは嬉しいのですが…私とも仲良く…」ボソ

咲「えっ?今なんて?」

和「いえ、いいんです。気にしないでください」

咲「あっ、そろそろ授業始まるよっ」

和「そうですね、行きましょうか」

咲「京ちゃん次の授業間に合うのかな…」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:20:00 ID:vvKPztHEI

PM4:30

照「咲、こっち」

咲「あっお姉ちゃん。ごめんねまたせちゃって」

照「気にしてない。さぁ行こう」

咲「うん、それでどこに行くの?」

照「…え?」

咲「…え?」

照「さ、咲が決めてくれてたんじゃないの?」

咲「私はお姉ちゃんから話をふってきたからつい宛があるものだと」

照「これはまずい」

咲「まずいね」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:24:42 ID:vvKPztHEI

咲「また別の日にする?」

照「それはだめ。今日がいい。今日しか今日はないから今日がいい」

咲「お姉ちゃんがそういうなら…」

照「咲はいっつもみんなとどこいってるの?」

咲「基本は麻雀しかしてなかったからなぁ…あぁあと街の本屋とか」

照「じゃあ街をぶらぶらしよう。そうしよう」

咲「あっまって。ちょうどいいところがあるよ」

照「?どこ?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:29:51 ID:vvKPztHEI

咲「ひーみーつ。私についてきて、お姉ちゃん」

照「わかった」

咲「それじゃあ行こっか」

照「咲、ほら手を繋ごう」

咲「そんな子どもじゃないんだからっ」

照「でも、咲手を繋がないと迷子になる」

咲「そ、それは当たってるけど」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:34:17 ID:vvKPztHEI

照「ほら、じゃあ手を貸して」

咲「わ、わかったよ」ギュ

照「咲の手、あったかいね」ギュ

咲「お姉ちゃんのもあったかいよ」

照「そう?それはよかった」

咲「それじゃあ出発っ」

照「おー」

移動中ー

咲「でも、こうやってお姉ちゃんと二人で出かけるのっていつぶりだろ」

照「長らく行ってなかったね…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:39:10 ID:vvKPztHEI

咲「お姉ちゃんは東京に行っちゃったし」

照「うっ…」

咲「妹はいないなんて言うし」

照「うぐ…」

咲「私、寂しかったよ?」

照「ご、ごめん…」

咲「でも、いいよ」

咲「またこうやってお姉ちゃんと二人で遊びに行けてるんだもん。昔みたいに」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:47:14 ID:vvKPztHEI

照「私も楽しいよ。でも昔とはちょっと違う」

照「私も咲も大人になった。昔は子どもだったけど」

照「子どもの頃大きく感じた世界も今となっては等身大」

照「でも、変わってしまった世界の中でも咲は変わらず私の横を歩いてくれてる」

照「こんなに嬉しいことはない」

咲「私も嬉しいよ、お姉ちゃん」

照・咲「ふふ」ギュッ

照「咲、ギュッてするのはいいけどここ街中だよ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:52:09 ID:vvKPztHEI

咲「あわわ!」

照「慌ててる咲も可愛い」

咲「からかわないでよお姉ちゃん」

照「本心」

咲「そうだ、お姉ちゃん。帰りにクレープ食べようクレープ」

照「私も今食べたいと思ってた」

咲「流石は姉妹だね私たち」

照「そうだね」

照「それでどこにいくの?」

咲「そろそろ教えてもいいかな


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 21:56:26 ID:vvKPztHEI

咲「あのね、夕焼けがとっても綺麗に見えるところがあるの」

照「そろそろ夕焼けが出る時間だもんね」

咲「うん、この間偶然見つけたんだっ」

照「それは楽しみ」

咲「ふふっよかったっ。詰まらなそうって言われるかと思ったよ」

照「咲とならどこに行っても詰まらないなんてことはない」

照「大事なのはどこに行くか、じゃなくて誰と行くかってことだしね」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 22:00:59 ID:vvKPztHEI

咲「そっか。私もお姉ちゃんと行けて嬉しい」

照「うん」

咲「それじゃあ今から夕焼けを見に行きます。そしてその帰りにクレープを食べます」

照「うん」

咲「それで家に帰ったらまたみんなで麻雀をやろうよ」

咲「今日はちょうどみんな帰ってくるし」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 22:04:21 ID:vvKPztHEI

照「いいの?咲?また昔みたいに一人勝ちしちゃうよ?」

咲「ふふん、私も昔とは違うってことお姉ちゃんに見せてあげるよ」

照「それは楽しみ」

咲「でも、まず最初は」

咲・照「夕焼けを見に行こう」

カン


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23 22:17:06 ID:irZavTtT0

ほのぼのした



関連記事
スポンサーサイト