FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

黒子「火神くん、お尻をこっちに向けて下さい」火神「はぁ?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:10:26.84 ID:MQcwLS/P0

黒子「早くしないと実力行使しますよ」

火神「何いってんだお前?第一、実力行使ってお前の力じゃ無理だろ」

黒子「赤司くんお願いします」

赤司「うむ」

火神「お前は……!?なんでここに!?」

赤司「頭が高い」

火神「うおっ…!」ストン




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:13:18.74 ID:fxpZ2fWw0

申し訳ないけどホモはNG


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:14:09.94 ID:MQcwLS/P0

火神「またこれか……」

黒子「火神くん、お尻をっこっちに……」

火神「嫌に決まってるだろ!気色ワリィ!」

黒子「赤司くんお願いします」

赤司「うむ」

火神「……!」ビクッ

赤司「四つん這いになれ」

火神「な、なんで……!?身体が勝手に……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:23:35.34 ID:MQcwLS/P0

黒子「いい眺めですね。よく鍛えられたお尻です」サワサワ

火神「やめろぉぉぉ!!」

黒子「暴れたら狙いが定まりませんよ……!赤司くんお願いします」

赤司「うむ」

赤司「おとなしくしろ」

火神「なんだと……!身体が動かねぇ」ガクッ

黒子「赤司くんは相手の動きを読むだけじゃなく、触れることで相手に任意の動作をさせることができるんですよ」

火神「バカな……!それじゃ、俺はこいつに絶対勝てないじゃないか」

黒子「いいから、挿れますよ。ほい」ズブゥゥゥ

火神「ぐぁぁ……!や、やめろぉ!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:34:41.94 ID:MQcwLS/P0

黒子「うぐ………!鍛えられた臀部が僕のポークビッツを締めあげてる……!」

火神「こ、こんなのってねぇよ……アレックス……」

黒子「僕とやってる時に女の名前を出すなんて許せないですね。赤司くんお願いします」

赤司「うむ」

火神「黒子、黒子ぉぉ……黒子ぉぉ!!(やめろ……あれ、黒子ってしか喋れねぇ!!)」

黒子「さすが、赤司くん僕のポークビッツもフランクフルトに進化しましたよ!」

火神「黒子ぉ!?黒子、黒子ぉぉ!!!(そんな!?で、でかい、肛門が裂けるぅぅ!!!)」

黒子「くぅぅ、イキますよ!火神くん!」

火神「黒子ぉぉぉぉぉ!!!(イッちゃうぅぅぅぅ!!!)」

赤司「いいものを見せてもらった……さすが幻の6人目だ」

黒子「ありがとうございます」

火神「黒子ぉ………」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:38:38.46 ID:MQcwLS/P0

黒子「じゃあ、次は灰崎くんのとこに行きましょうか」

赤司「うむ」

黒子「でも、僕そろそろ登校時間なんです」

赤司「そうか。ならここが止め時だろうな」

黒子「じゃあ、あとは適当に乗っ取って下さい。それじゃ」

赤司「よろしく頼むぞ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:48:52.03 ID:MQcwLS/P0

黒子「やっぱり今日は学校行くのやめて、灰崎くんをファックしに行きます」

黒子「じゃあ、行きましょうか」

赤司「うむ」

-------------------

黒子「あっ、いましたよ」

灰崎「赤司!?なんでここに……!あと、お前誰だ?」

黒子「黒子テツヤです。早速ですが、お尻をこっちに向けて下さい」

灰崎「はぁぁ!?お前、頭がイッてんのか?とりあえずシネ!」ビュッ

ガシッ

灰崎「てめえ……赤司……!」

赤司「頭が高い」

灰崎「ぬぁ……!」ストン


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 07:55:30.76 ID:MQcwLS/P0

黒子「あなたの態度は常々バスケットマンらしくないと思っていたんですよね」

灰崎「くっ……いいのかよ。公衆の面前でこんなことして。どうみても俺が2人の高校生に絡まれてるようにしか見えねえぞ」

灰崎「通報されたら一発で終わりだな。今年の大会は……」

黒子「僕は大丈夫です。ミスディレクションがあるので」

灰崎「なに!?」

黒子「だから、僕があなたをファックしまくっても勝手にあなたが嬌声を上げてるようにしか傍からは見えませんよ」

灰崎「なんだと!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:08:53.28 ID:MQcwLS/P0

黒子「じゃあ、行きますよ」

灰崎「ふざけんな!やめろ!このクソがぁぁ!!」

黒子「赤司くんお願いします」

赤司「うむ」

灰崎「う、動けねぇぇ!?どうなってやがる!!」

黒子「はい、挿入!」ズボォォォ

灰崎「おぼぉ……!!て、てめえら、後で殺す!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:13:26.99 ID:MQcwLS/P0

黒子「物騒な事ばっかり言いますね。肌と肌を重ねてるんですから、ちょっとは甘えた声で喘いでみて下さいよ」

灰崎「ふざけんな!終わったらてめえは八つ裂きにしてやるからな!覚えてろよ!」

黒子「赤司くん、お願いします」

赤司「うむ」

灰崎「あんっ!いや、こ、こんなので………!」

黒子「おっ、良い感じですよ。さすが赤司くん」

灰崎「あ、あんたのチ○ポが別に気持ちいいワケじゃないんだからね!勘違いしないでよね」

黒子「ツンデレキャラが入ってますね」

赤司「ちょっと間違えた」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:36:16.70 ID:MQcwLS/P0

黒子「物騒な事ばっかり言いますね。肌と肌を重ねてるんですから、ちょっとは甘えた声で喘いでみて下さいよ」

灰崎「ふざけんな!終わったらてめえは八つ裂きにしてやるからな!覚えてろよ!」

黒子「赤司くん、お願いします」

赤司「うむ」

灰崎「あんっ!いや、こ、こんなので………!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:36:55.63 ID:MQcwLS/P0

>>38
間違えた


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:37:43.78 ID:MQcwLS/P0

黒子「いえ、これはこれでいいですよ。僕のペニスもアルトバイエルンくらいにはサイズアップしました」

黒子「そうだ」ピタッ

灰崎「な、なんで止めちゃうの?」

黒子「あれ、して欲しいんですか?」

灰崎「バ、バッカじゃないの///そんなわけないじゃない!さっさとその汚いチ○ポ抜きなさいよ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:41:35.13 ID:MQcwLS/P0

黒子「………」ズブブ パンッ パンッ

灰崎「ああんっ!ちょ、ちょっといきなり始めるなんて卑怯……んっ……!」

黒子「ノッてきましたね。さすが、元1軍メンバーです」

赤司(焦らしプレイとはやるな)

灰崎「だ、駄目ぇぇぇ!お、お尻が熱いぃぃ!!もうやめてぇぇ!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:56:37.00 ID:MQcwLS/P0

黒子「火神くんに引けをとらないいい締りです!くっ……出る!」ドピュピュ

灰崎「あああぁぁ~~~!!奥に熱いのが……あふぅ……」

ザワザワ

黒子「さて、だいぶギャラリーが集まって来ましたね。ここが潮時ですね」

黒子「残念ですが、灰崎くんはここに置いて行きましょう。ミスディレクションが発動中に余計なことしてバレたくないですし」

赤司「うむ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:57:42.85 ID:MQcwLS/P0

灰崎「い、いっちゃうの……?」

黒子「灰崎くん、名残惜しいですが仕方ありません。またして欲しかったら誠凛高校までご足労願います。」

灰崎「は、はい……///」ガクッ

黒子「気絶しましたか……体力の難有りですね」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 08:58:18.76 ID:MQcwLS/P0

警察「おい!君、下半身裸で何しているんだ!」

灰崎「ああ?なんでマッポが……って、うわぁこれは!」

警察「近隣住民から通報があってね。下半身裸で大声で腰を振ってるものがいると……」

警察「とりあえず、署までご同行願おうか」

灰崎「あいつらめ~!絶対会いに行ってやる!そして……///」

警察(キモッ)

おしまい


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 09:03:58.21 ID:LKbMswr8O

オゲエエエエエエェェェェエエエエエェェェェエエエエエェェェェ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 10:34:50.35 ID:70VWrMxn0

    r‐、、      ._,,-,,、             {"'-、
    ゙| .} ,,,,―'''',,,,,,,,,,,,,,ノ           ゙l  |
    | |,,,,,"ー''7 │              |  |   __
 ,,,―''" .,ぃ┘ ,/ ,イ-.  .,_           _,,,,l゙ .←'''" `゙゙''i、
 ゙''ー'ア .|   ゙l,-┐ ,|-',,,` `>    .i,!''二ニ-ッ /''""゙゙ ̄″
   ,i´,、.√ーニ"`',ト .|不/ .,/     `゛  .l゙ ,ヽ、
  ノ丿| |`'i、゙lノ |,l゙ │,/.,,_`''i、       .丿 ,/.ヽ\
..,// .| .| ヽ‐'レ〃 ,|// `'-ノ      /.,,i´  \`'-、
.""  | .|   .゙,,,,iニン--''''''-.    ,/,‐て'''-、 \ `'-,,、
    l゙ .|rニ二ニ--―――---′ ,,,/ン'゛  \_゙,!  \  `'ー-,、
    ヽ,,l゙                 '"`      ``   `"'''''''''"″

    ┏━┓    ┏━━━━━┓    ┏━┓    ┏━━━━━┓┏━┓  ┏━┓
┏━┛  ┗━┓┃          ┃┏━┛  ┗━┓┃          ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃          ┃┗━┓  ┏━┛┗━┓  ┏━┛┗━━━┓  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┏┓┃  ┃┏┓┃          ┃┗━┓  ┏━┛        ┃  ┃┃  ┃  ┃  ┃
┃┃┃  ┃┃┃┗━┓  ┏━┛┏━┛  ┗━┓        ┃  ┃┗━┛  ┃  ┃
┃┃┃  ┃┃┃    ┃  ┗━┓┃   ━ ┏━┛    ┏━┛  ┃    ┏━┛  ┃
┗┛┗━┛┗┛    ┗━━━┛┗━━━┛        ┗━━━┛    ┗━━━┛

             ‐─ァ``
               (_
┌┐  l                へ
├┤-┼┐  -┼┐\ ─フ  / ─ \ -┼┐\ヽヽ -┼-   ─フ
├┤ |  |   /  |   ∠--、  |コ | ̄」  /  |      ,-┼/-、 ∠--、
│⊥-|  |   /   J    o_ノ    |    /   J     ヽ__レ ノ   o_ノ
 ̄  /  」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 11:40:35.25 ID:WXha8s8qO

笑っちまった…




関連記事
スポンサーサイト