FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

安心院さん「ふん、僕がおちんぽなんかに負けるわけないだろう」

     
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 22:53:50 ID:Cf6ZA+9P0

安心院さん「おちんぽには勝てなかったよ…」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:10:37 ID:v+qMzqPj0

善吉「…ですよね」

安心院「何だよ、試すのかと思ったぜ」

善吉「ぶふっ」

安心院「修業中に何を言うかと思ったけど、溜まってるんだろう?」

善吉「ち、違いますよっ」

安心院「……」

安心院「まぁ…こんな美少女が目の前にいたらムラムラはするだろうね」

善吉「い、いや…その…」

安心院「はは、わかりやすいね。善吉君は」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:13:09 ID:um3SoEdji

おチンポに負けないスキルもあるやろ


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:26:28 ID:v+qMzqPj0

安心院「我慢は良くないぜ…」

善吉「あ…」

善吉「(何だ…引き寄せられるように…)」

安心院「君の悪魔棒(デビルスティック)の威力、僕で確かめるといいよ」

善吉「……」

善吉「(そうだ…これは修業の成果を確かめるだけだ)」

ギュ

安心院「…契約成立かな?」

善吉「はい…」

安心院「ふふ、一途な善吉君も本能には勝てなかったみたいだね」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:33:25 ID:v+qMzqPj0

安心院「うん…なかなか逞しくなったね」

善吉「おかげさまで」

安心院「…どうだい?抱き心地は」

善吉「何というか…女の子」

安心院「どういう意味なんだ」

善吉「こんなに華奢で柔らかくて…髪もツヤツヤだ」

安心院「まぁ、TSUBAKIで洗ってるからさ」

善吉「そうなんだ」

安心院「TSUBAKIで思い出したよ、まずは風呂に入ろうか」

善吉「いいですね、汗も流したいし」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:40:04 ID:v+qMzqPj0

~あの何か地下にあったお風呂場~

安心院「~♪」

善吉「……//」

安心院「背中、流すよ」

善吉「ありがとうございます…」

安心院「そういえば前はめだかちゃんと入ったかな…」

善吉「なぬ」

安心院「はは、奇乳に圧倒されそうだったよ」ゴシゴシ

善吉「奇乳って…」

安心院「善吉君は大きいほうが好きなのかな?」ゴシゴシ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:46:18 ID:v+qMzqPj0

善吉「関係ないんじゃないですか」

安心院「…何かフォローされたみたいで悔しいぜ」

善吉「そんなつもりじゃ…ちょっ」

安心院「ん?前は洗わなくていいのかい」

善吉「じ、自分でできますって」

安心院「ふ~ん」ニヤニヤ

安心院「(ふふ、まだ童貞だからしょうがないか)」

善吉「よし…入ります」

安心院「先にどうぞ、僕は髪を洗うのに時間がかかるから」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:54:06 ID:v+qMzqPj0

善吉「ふぅ…気持ちいい」

善吉「(何だか急展開だな…)」

善吉「(まさか安心院さんが相手なんて…あの一京のスキルを持つきゃわゆい女の子)」

善吉「(俺は勝てるのだろうか…)」

安心院「お邪魔するよ」

善吉「あ…はい」

安心院「……」

善吉「……」

安心院「おい」

善吉「ぬ」

安心院「もう戦いは始まってるんだぜ?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/24 23:59:14 ID:v+qMzqPj0

善吉「えぇと…」

安心院「なんてね、戸惑うのも無理はないよ」

安心院「童 貞 な ん だ か ら」

善吉「……!」カチン

善吉「…いいでしょう」

安心院「ふふ…」

善吉「俺の悪魔棒の力を…!」

安心院「待ちな」

善吉「え」

安心院「まずはキスから…ムードは大事だぜ」

善吉「……」ザッパーン


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:06:58 ID:RWGPimcN0

安心院「前にもしたね、パラサイトシーイングをあげた時にさ」

善吉「そ、そういや」

安心院「軽くだったね、けど今日するのは…大人のキスってやつだ」

善吉「(そ、それって…デープチッス!)」

安心院「あの時は僕からしたから…今日は善吉君からしてもらおうかな」

善吉「…いいですよ」

安心院「そうかい、じゃあ…」パチ

善吉「(目を閉じて待ってる…デビル待ってる…!)」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:13:46 ID:RWGPimcN0

安心院「…焦らすね」

善吉「……」ギクッ

安心院「早くしてくれよ、のぼせちゃうぜ…」

善吉「……」

善吉「(よし…いけ!俺!)」

安心院「……」パチクリ

善吉「え」

安心院「ふふ、タイムアップだぜ」

善吉「なっ」

安心院「安心院さんを不安にさせるからだよ」

善吉「ぬああああ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:20:27 ID:RWGPimcN0

安心院「乾杯♪」

善吉「はい…」

安心院「お風呂の後のコーヒー牛乳は格別だね」

善吉「ですよね…」

安心院「(ふふ、ちょっと意地悪しちゃったかな…)」

安心院「気付けばこんな時間だ」

善吉「あぁ、そういや…修業に夢中で気づかなかった」

安心院「あーあ…今日は帰りたくない気分だぜ」

善吉「……!」ピク

善吉「(デビルチャーンス!!)」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:31:50 ID:RWGPimcN0

安心院「学校で寝泊まり、何かワクワクするよ」

善吉「(可愛いパジャマだなー)」

安心院「……」

善吉「(まずはキスして…脱がして…あーしてこうして)」ブツブツ

安心院「善吉君」

善吉「えっ…はい」

安心院「君は馬鹿だ」

善吉「……?」

安心院「頭で考えるより、直感で動いたほうがいい…」ギュッ

善吉「安心院さん…」

安心院「怖がるなよ、こんな無防備な僕が…目の前にいるんだぜ」

善吉「」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:38:19 ID:RWGPimcN0

善吉「安心院さん…」

安心院「いいぜ…するんだろう?」

善吉「…はい」

チュ…

安心院「んっ…」

善吉「(TSUBAKIの香り…いや安心院さんの香りだ…)」

安心院「は…はぁ…んっ」チュチュピッ

善吉「ん…う…」

安心院「はぁ…なかなかやるね…善吉君」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:41:03 ID:RWGPimcN0

おい
安心院さんてどういう喘ぎ方なんだ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:48:27 ID:RWGPimcN0

安心院「あ、あ…ぁ…」

善吉「……」ペロペロ

安心院「あっ…」

善吉「…脱がしますね」

安心院「はぁ…はぁ…」コクン

プッツン

善吉「ほぅ…」

安心院「ちょっと…勝負下着だぜ//」

善吉「!?」

善吉「(安心院さんが照れた…(ちょっと)」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 00:54:55 ID:RWGPimcN0

安心院「こんな胸でも構わないかい…?」

善吉「関係ないって言ったじゃないですか…」

安心院「はは、そうだったね…」

安心院「んっ…あ…」

善吉「(おっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱいおっぱい)」モミモミモミモミ

安心院「んっ…うぅ…」

安心院「ぜ、善吉君…」

善吉「えっ!?はい…」

安心院「はは、もっと優しくしてくれよ…」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 01:01:20 ID:RWGPimcN0

善吉「じゃあ…」

安心院「ひあっ…」ピクッ

善吉「(優しく吸うことにしよう…)」

安心院「あ…ぅっ…」

安心院「善吉君…はぁ…は…」

善吉「可愛い声じゃないか…」

安心院「だって…」

善吉「(勝てる…勝てるぞ)」

安心院「……」ギューッ

善吉「うむっ」

安心院「はぁ…善吉君、可愛らしいな…」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 01:06:16 ID:RWGPimcN0

善吉「はは…」

安心院「先ほどの発言から…かなり調子に乗ってるね」チュ

善吉「んっ…」

安心院「……」

善吉「……!」

安心院「デビルスティックがあたっていてね…」サワサワ

善吉「あ…うぉ」

安心院「ふふ、反撃開始だ」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 01:15:16 ID:RWGPimcN0

安心院「は…はぁ…」

善吉「あれ…勝手に?」

安心院「下着を脱がすスキル。下着泥棒(パンツァーハンター)だよ」

善吉「そ、それは…今、休載…!」

善吉「う…」

ペロッ

安心院「ふふ…」

チュウチュウ…

善吉「ぐ…」

善吉「(なんちゅうエロさだ…)」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 01:25:12 ID:RWGPimcN0

安心院「善吉君…先端から出てるぜ…」ジュルルッ

善吉「くっ…」

善吉「(耐えろ…俺のデビルスティック…!)」

安心院「ふふ…」

ジュポジュポッ

善吉「う…」

安心院「……」チュパチュパ…ペロッ…

安心院「(さらに大きくなったな…)」

安心院「(顎が疲れちゃうんだぜ)」チュバッチュバッチュバッ…


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 01:44:16 ID:SbbR835j0

一番かわいいのは雲仙冥加


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 10:01:08 ID:RWGPimcN0

安心院「ぷはっ…」

善吉「はぁ…はぁ…」

安心院「善吉君…言っただろ、僕がおちんぽなんかに負けないってさ」

善吉「ま…まだまだ」

安心院「ふーん…」チュウ

善吉「おほほっ」

安心院「このままイッても構わないけどね」

安心院「(本当は嫌だけど)」

善吉「安心院さん…」

安心院「きゃっ!」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 10:09:03 ID:RWGPimcN0

安心院「はは…びっくりして変な声が出ちゃったよ」

善吉「……」ズリリッ

安心院「……」

安心院「強引に来たね、押し倒すなんて」

善吉「パンツァーハンター!」

安心院「(パクられた!?)」

善吉「はぁ…はぁ…」

安心院「……っ」

善吉「こ、これが…」

安心院「そ、そんな…まじまじと見ないでくれよ。恥ずかしいぜ…//」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 10:20:12 ID:RWGPimcN0

善吉「安心院さんも恥ずかしがるんですね…」

安心院「そりゃ…オマンコを見られるとね、少しだけねっ」

善吉「いいね、その表情」

安心院「…敬語を使えよ」

ズズッ

安心院「あんっ…」

善吉「Oh…」

安心院「不意打ちなんて…あっ…ああ…」

善吉「やばい…」パンパンパンッ


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:03:00 ID:RWGPimcN0

安心院「あっ…あっ…」

善吉「(う…キツキツだ!)」

安心院「くうっ…はぁ…んっ」

善吉「安心院さん…」

安心院「あ…あ…」

安心院「もっと奥まで…来てくれよ…」

善吉「こ、こう」ズズッ

安心院「うう…んっ」

安心院「は…はぁ…っ…善吉君…気持ちいいぜ…」

善吉「(こんな表情もするんだな…)」

善吉「(あれ、勝てるんじゃね?)」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:17:07 ID:RWGPimcN0

安心院「よっと…」

善吉「ぬ」

安心院「へへ…疲れたろ?」

安心院「次は僕が動くよ…んっ…」ズプッ

善吉「ぬおっ…」

安心院「あ…っ…あんっ…」ズプッズプッ

善吉「(やばい…)」

安心院「はぁ…はは…善吉君、僕が勝っちゃいそうだね…」

善吉「全然余裕ですよ…こんなん」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:28:21 ID:RWGPimcN0

安心院「童貞にしてはよく頑張ったよ…は…」

善吉「まだ、俺には秘策が…」

安心院「や…いやっ…」

安心院「下から突き上げるのはっ…あっ…」

善吉「うおおおっ」

善吉「―――――!!」

安心院「ああ…あぅ…」ピクッピクッ

善吉「安心院さん…ゴムつけましょう」

安心院「…ふえ?」

善吉「それどころじゃないみたいだ…」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:37:32 ID:RWGPimcN0

善吉「一旦、離れて…」

安心院「嫌だね♪」

善吉「ちょっ…」

安心院「いいところだろ…このまま出しちゃえよ…」

安心院「あっ…ぁ…はっ…あんっ…」ズプッズプッズプッ

善吉「やっ、やめっ!」

安心院「い、一緒にイこう…?」

善吉「!」

善吉「悪魔砲撃(デビルバズーカ)!!!」ドピュドパァン!

安心院「くあっ…あっ!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:40:49 ID:L5SMdmhP0

デビルバズーカwww


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:43:56 ID:RWGPimcN0

安心院「あっ…は…ははは…中に出ちゃったね」

善吉「はぁ…はぁ…」

安心院「……」チュ

安心院「ふふ、デビルバズーカって何だよ」

善吉「何か言ったほうがいいかなと…」

安心院「あーあ、けど…こんなに出されたら」

安心院「妊娠しちゃったかもだ」

善吉「」

安心院「なあ、善吉君じゃなくて…パパか」

善吉「どうしよ…」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 12:50:28 ID:RWGPimcN0

安心院「……」

善吉「……」

安心院「ねぇねぇ、善吉」

善吉「安心院さん、普段そんな甘えた声は出さないでしょう」

安心院「ふふ…ちょっとかわいこぶっただけだよ」

安心院「…やっぱり、おちんぽには勝てなかったよ」

善吉「ふふん」

安心院「むっ」

善吉「俺も成長したんですね」

安心院「調子乗るなよ」カプッ

善吉「いたっ」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 13:00:40 ID:RWGPimcN0

安心院「善吉君、また…しようぜ」

善吉「…はい」

安心院「ふふ、素直だね」

安心院「負けたままは悔しいからね…」ギュッ

善吉「まずは俺の先勝ということで」

安心院「このまま寝たら…誰かに見られちゃうかもだ」

善吉「いいですよ、全然」

安心院「そうかい…じゃあ…」

安心院「おやすみのチュウ」チュ

善吉「……」

善吉「(安心院さんデビル可愛いぃぃいい!!!)」

安心院「(あ、怒江ちゃんに見られたら危ないかも…)」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 13:04:20 ID:RWGPimcN0

保守ありがとうございました。おしまい

好きなキャラは安心院さんと古賀ちゃんとのツートップです


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 13:10:13 ID:DWSBRydO0

乙!安心院さんかわいい


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 13:46:41 ID:rnzbOQTuO


次は古賀ちゃんデビルバズーカ(中出し)未だー?


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/25 14:33:13 ID:lzri7MK80


ちゃんと終わってくれてよかった


関連記事
スポンサーサイト