ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧「私のこと抱いてよ」セーラ「は?」

     
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 22:57:09 ID:Kqft79Ep0

代行感謝ー

書きために即興を交えながらだらだらやります

ではどぞー


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 22:58:13 ID:Kqft79Ep0

憧「はぁっ、ぁん、や、だ、めっ」

俺の腕の中にいるお前はあられもない姿で喘いでいる。
苦しそうな、それでいて快楽に溺れている表情は美しい。

甲高い嬌声は耳にまとわりついて離れない。

セーラ「憧、もっと声出して」

耳元で囁いてやれば、上気していた頬を更に赤らめる。

憧「ばかっ、なに、、言って、やぁっ、あっ、あぁっ!」

そのくせ、さっきよりも大きい声を出して、快感に震えている。

セーラ「憧、もっと」

憧「ぁっ、あぁ、んっあ、ぁ!!!!シズっ!シズっ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:00:33 ID:Kqft79Ep0

何度も、何度も、そう呼ばれる。
俺の名前はセーラで、シズやない。

けど、憧は自分が何を言っているのかなんて、全然わかってへんから。
いつも、いつもそう。

何も、気付いてはいない。

でも、それで気持ちがよくて、憧の気が晴れるなら

別にそれでいい。

俺とお前の関係はなんて、所詮はそんなもんやろ?


と、思ってた。…思ってたんやけど。


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:04:45 ID:Kqft79Ep0

数ヶ月前、秋、千里山女子


セーラ「阿知賀と練習試合?ほぉー」

浩子「そやから、先輩も出席してくださいね」

セーラ「見てるだけか?一緒に打つん?」

泉「向こうサイドは3年生もぜひってことらしいです」

怜「まあ、軽くならええよ」

竜華「怜は無理せん程度やで」

怜「わかってるって」

竜華「それにしてもなんで千里山なん?」

浩子「あぁ、それは私が向こうの部長さんと仲良くさせてもらってるんで」

セーラ「あー、あのボウリングの子やな」

浩子「そうです、インハイのあとちょっとあって」

竜華「なるほど」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:09:49 ID:Kqft79Ep0

泉「阿知賀は3年生が抜けて、秋の団体戦は不参加決定らしいんです」

怜「あら、もったいないなぁ」

浩子「それで、4人で個人戦にエントリーしたはええけど、」

セーラ「同じメンツとばっかり打ってても練習にならへんって?」

浩子「ま、そんなとこで。そういうの聞いてたんで、誘ってみたんですよ」

竜華「あの子らも頑張ってんねんなぁ」

怜「保護者目線やな」

竜華「ふふ、そやな」


阿知賀との練習試合か、ふふん、おもろそうやな。

あの生意気な1年も来るんやろなぁ、
ほんでまた食らいついてきよるんやろなぁ。

相手を捕らえて、睨み返してくる鋭い眼光が印象深い。
ああいう向かい方をしてくる相手はあんまりおらんから。


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:12:47 ID:Kqft79Ep0

怜「セーラ、嬉しそうやな」

セーラ「え、そうか?」

竜華「お気に入りのあの子も来るもんなぁ」

セーラ「そ、そんなんちゃうわ、アホ」

浩子「…新子憧ですか?」

セーラ「あぁ、まあそんな名前やったかな」

泉「またまた照れちゃってー」

セーラ「うるさい、こら、泉ぃ!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:16:15 ID:Kqft79Ep0

週末、千里山女子


灼「あの、今日は練習試合お願いします」

浩子「こちらこそよろしゅう」

穏乃「お願いしますっ!」

憧「よろしくでーす」

玄「お願いします!あ、お姉ちゃんは欠席です」ぺっこりん


相変わらず、新子憧はなんか軽い子やなぁ。
あれ、うちにおったら監督にしばかれんで。
ま、阿知賀の子やし別にええけどなー。


簡単な挨拶のあと、適当に分かれて卓について練習試合が始まった。
俺ら3年生は、とりあえず様子見で色んな卓の様子を見て回ってる。


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:23:51 ID:Kqft79Ep0

…んで、やっぱりちょっと気になる新子憧を見つける。
そっと後ろに立って手牌を見ると、まあなかなかのリャンシャンテン。
この子の打ち筋やったら、おそらく鳴いて早上がりしてくるやろう。

後ろでその様子を伺う。…そやけど、一向に鳴く素振りがない。
リャンシャンテンはイーシャンテンになってるけど、
でも、鳴いてテンパイに出来たはずやのに、それをやってへん。

セーラ「…ん?」

次の局も、その次の局も新子憧らしさ、とでも言うべきか、
早さもキレの良さも上手さもまるでなかった。

新しい打ち方を試してるんかとも思ったけど、どうやらそうでもないっぽい。
覇気もなく、もはや別人なんちゃうか、とまで一瞬思ったくらいや。


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:28:06 ID:Kqft79Ep0

先に対局を終えた阿知賀のドラゴンロードをつかまえてそっと聞いてみる。

セーラ「なぁ、あの子、どないしたん?あれ」

玄「憧ちゃんですか?…あぁ、えっと」

セーラ「なんか知ってるん?」

玄「…えっと、憧ちゃん最近様子がおかしいんですよね」

セーラ「そう、みたいやな」

玄「ボーっとしてることが多かったり、麻雀にも真剣に打ち込めてないみたいで…」

セーラ「原因は?」

玄「それがわからなくて…みんなで話し合ったりはするんですけど…」

セーラ「そうか…しかしあれはあかんやろ。言うて悪いけど、いまいちやで」

玄「…そう、ですよね」

セーラ「ん~…じゃあちょっと俺が打ってくるわ」

玄「すいません、お願いします」

セーラ「玄ちゃんも頑張ってや~」

玄「は、はい!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:33:51 ID:Kqft79Ep0

セーラ「っておらへん…なぁ、泉~新子憧はー?」

泉「あれ?さっきまでそこのイスに座って…?」

穏乃「ほんとだ、憧がいない?」

怜「ん、どしたん?」

泉「新子さんがおらへんみたいで」

灼「どこ行ったのかな…」

浩子「トイレちゃいます?」

セーラ「あぁ、そうかもな。ほら、ちゃっちゃと打ってこ」

泉「はーい」

穏乃「はーい」


みんながまた卓についていく。
俺はそこをそっと抜け出して、トイレまで向かった。

トイレに行きたかったわけやない、つかまえて、話を聞きたかった。
何を呆けてるんや、と一言言いたかった。のかも。


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:39:58 ID:Kqft79Ep0

新子憧はすぐに見つかった。

トイレの近くにある空き部屋のドアが開いているのが見えて、
覗き込んだら、窓辺で外を見ている新子憧がいた。

セーラ「おう、他校まで来てサボりかい」

憧「げっ、何してんのよ」

セーラ「げっ、って。悪いこと見つかったガキやないんやし。いや、ガキか」

憧「うっさいわね」

セーラ「お前こそなに抜け出してんねん」

憧「…いいじゃん別に」

セーラ「いいわけないやろ、ここ、お前の学校ちゃうで」

憧「そんなのわかってるわよ」

セーラ「なぁ、ちょっと話ええか?」

ドアを閉めて、俺は新子憧に近づいていく。
少し遠くからカチカチカチと牌の音が聞こえてた。


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:43:57 ID:Kqft79Ep0

憧「なによ?お説教なんて聞かないから」

セーラ「お前はほんまに不良娘やなぁ、似合いすぎや」

憧「で、なに?」

セーラ「あ、とりあえず1つ。俺、3年生やからな」

憧「だから?」

セーラ「…だからときたか」

憧「敬語使えって?」

セーラ「イヤ、もうええ。それはもうええけど…お前、どないしたん?」

憧「なにが?主語のない会話は嫌いなんだけど」


なんちゅう腹立つ子や。顔と態度が思いっきり挑発してきてる。
ま、でも、こういうやつは嫌いちゃうで?


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:49:15 ID:Kqft79Ep0

セーラ「ふんっ、しょうもない打ち方して他校での練習試合サボって、何を考えてるんや?」

憧「別に何も。だいたい練習試合も別に来たかったわけじゃないし」

セーラ「ほう、そう来たか。来たくなかったからサボってる、やる気がないって?」

憧「そうよ、そんなとこ。だからもう放っておいてよ、で、あんたは戻れば?」

セーラ「玄ちゃん言うてたで、最近ずっとおかしいってな」

憧「…だからなんなの?あんたに関係ない」

セーラ「…あんまり俺のこと怒らせんといてや?」

憧「はぁ?」

セーラ「がっかりやな、お前は。気にしてた俺がアホみたいや」

憧「…」

セーラ「お前は見所があるって思ってたんは間違いやったわ、全部大間違いやな」

憧「…そうよ、私は何の特徴もない何の取柄もない」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13 23:55:22 ID:Kqft79Ep0

憧「だから、だからシズだって…」

セーラ「え?なんて?」

憧「…別に。何も」

セーラ「…?まあ、ただ忘れんなよ、俺はお前との個人収支では勝ったけど、けど」

セーラ「チームは、阿知賀に手が届かずに3位で…俺の団体戦での対局はあれが最後やったんや」

憧「…?」

セーラ「チームのために死ぬ気で頑張ってきたのに、あそこで終わった」

セーラ「個人戦もあったけど、あんなんおまけみたいなもんや」

セーラ「俺のインハイは…あれが最高で、あれが全てやった…」

憧「そ、そんなの私には関係ない」

セーラ「そうやな、関係ないかもな。敗者の戯言でしかないよな」

セーラ「でも、俺は阿知賀を応援してたし、俺と戦ったお前に誰より頑張って欲しかった」

憧「…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:00:51 ID:/9E6BSq50

セーラ「決勝ではなかなかええとこは見せられへんかったかもしれんけど」

セーラ「でも、お前らしい打ち方やったと思う。すごいと思った」

セーラ「…それが、なんやこれ。お前何してんねん!」

憧「い、いろいろあんのよ!いつまでもインハイのときの私じゃない!」

セーラ「そらそうや、でも、打ち方まで変わるとかおかしいやろ…何があったんや?」

憧「…何もない」

セーラ「別に無理に聞くつもりはないけど、でも、阿知賀のやつらに言えん内容なんやったら…」

セーラ「俺が聞くで?…なんか、ようわからんけどお前のことは放っておけん」

憧「なにそれ」

セーラ「さあな、わからん。…けど、お前なんか辛そうやし、力になりたい」

セーラ「俺に出来ることがあるんやったら言うたらええ、俺を頼ってええから」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:07:06 ID:/9E6BSq50

憧「すごい自信…暑苦しいんだけど」

セーラ「暑苦しくて結構や」

憧「ふふ、あんたやっぱり面白い人だわ」

セーラ「そらどうも。…ま、なんでもしたるから、ちょい元気とやる気出せや」

憧「なんでも?」

セーラ「え?いや、そら限度とかいろいろあるけど…」

憧「なんでもって言ったじゃん、先輩」

セーラ「うわ、ずるいなぁお前」

憧「…なんでもいいならさ、」

セーラ「お、なんや?」


憧「私のこと、…抱いてよ」


セーラ「は?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:14:36 ID:/9E6BSq50

憧「そしたら、やる気と元気、出るかもね」

憧「あ、なら私の話をしてもいいよ」

セーラ「待て待て、上級生をか、からかうなよ」

憧「セーラの顔真っ赤じゃん、なに照れてんの」

セーラ「こら、呼び捨てにすんな、って照れてへんわ!」

憧「赤いじゃん、頬。…ま、どうせ無理なんでしょ、いいよ別に」

セーラ「俺がそ、それをしたとしてお前がどうなんねん」

憧「やる気と、元気が出るんじゃない?」

セーラ「す、好きでもない人とそんなことしてか?」

憧「そうでーす」

セーラ「ふざけんのも大概にしとけや、新子憧」

憧「フルネームで呼ばないでよ、野暮ったいなぁ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:21:29 ID:/9E6BSq50

セーラ「ほな憧、それになんの意味があるんか教えろや」

憧「…さぁ、そんなのしてみなきゃわかんないし」

セーラ「なんやとこら!」

憧「いいよ、もういい。バカらしくなっちゃった」

セーラ「…」

憧「じゃ、あたし先に戻るから」

セーラ「…」

憧「今のこと、全部忘れて」

セーラ「……お前はほんまに俺にそうされたいん?」

セーラ「それでお前は元気になるん?」

憧「…そうなんじゃないの?そう思ったから口に出したわけだし」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:26:28 ID:/9E6BSq50

セーラ「わかった、じゃあ、そうしたらええ」

憧「は?ちょ、本気?」

セーラ「お前は本気ちゃうんか?」

憧「いや、だ、だって…」

セーラ「携帯のアドレス教えろ、ほんで、今夜うちに泊まれ」

憧「今日?は?え、そんな準備とかしてないし、だいたいっ」

セーラ「だいたい?」

憧「いや…別になんもない…はい、これアドレス」

セーラ「あとでメールするから。今日は家に親もおらんし、ちょうどええわ」

憧「それほんとなわけ?」

セーラ「ほな、先に戻るで」

憧「え、ちょ、」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:30:43 ID:/9E6BSq50

憧が何か言いたそうやったけど、無視するように空き部屋を出た。
自分から言い出したくせに、いざこうなると焦るとかほんまガキやな。

いや、俺も焦ったしどうしようかと思ったけど…。
でも確かになんでもするって言うたしな。

…あいつがそれでいつも通りになるって言うなら、やってやればええんちゃう?


なんて、最初は軽い気持ちで。

抱く、が何を意味するかをわかったつもりでいた。
余裕ぶって、ほんまに、…軽い気持ちやった。


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:35:07 ID:/9E6BSq50

家の場所と時間をメールして、先に家に帰って憧を待った。
でも、来るはずないって思ってた。

一人で大阪に残るなんて、他の阿知賀の子らが許すわけないやろうし、
そもそもやっぱりあれはその場限りの冗談で…と、思ってた。

けど、そう思うのと同じくらい、あいつは絶対来るって思ってた。
何の自信かわからんけど、来るって思ってた。
あいつはそういうタイプのやつや、って思ってた。

だから、やっぱり、ほら、チャイムが鳴った。
ガチャリとドアを開ければ、
私服姿の新子憧が気まずそうな顔をしてそこにいた。


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:43:01 ID:/9E6BSq50

憧「…来た、けど」

セーラ「どこで着替えたん?制服やったやん」

憧「あぁ、もうそんなことどうでもいいでしょ?」

セーラ「いや、気になるし」

憧「買ったの!で、お店のトイレで着替えたの!それだけ!」

セーラ「なるほど、…ってここに来るために服買ったってことか?」

憧「べ、別にそういうわけじゃ」

セーラ「そうかそうか、悪かったな。まあ、入って」

憧「…お邪魔します」

セーラ「言うてた通り、親はおらんし、気を使わんでもええよ」

憧「う、うん」

ひどく強張った顔。

当たり前か、だって、そういうこと、しに来たんやもんな。
ここに来たってことはそういうことやもんな。

だから、そんな短いスカートなんやろ?


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:43:16 ID:/9E6BSq50

憧「…来た、けど」

セーラ「どこで着替えたん?制服やったやん」

憧「あぁ、もうそんなことどうでもいいでしょ?」

セーラ「いや、気になるし」

憧「買ったの!で、お店のトイレで着替えたの!それだけ!」

セーラ「なるほど、…ってここに来るために服買ったってことか?」

憧「べ、別にそういうわけじゃ」

セーラ「そうかそうか、悪かったな。まあ、入って」

憧「…お邪魔します」

セーラ「言うてた通り、親はおらんし、気を使わんでもええよ」

憧「う、うん」

ひどく強張った顔。

当たり前か、だって、そういうこと、しに来たんやもんな。
ここに来たってことはそういうことやもんな。

だから、そんな短いスカートなんやろ?


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:47:16 ID:/9E6BSq50

セーラ「…確認してええか?」

と、口を開いたのは自室に招き入れて直後のことやった。

憧「なによ?」

セーラ「阿知賀の子らには何て言うたん?」

憧「買い物とかしたいし、一人になりたいからって言ったけど」

セーラ「そうか、…ならええわ」

憧「最近腫れ物だから、あたしは」

セーラ「自覚あるんやな」

憧「ま、それくらいわかる」

セーラ「で、もう一つ確認。…こういうの、初めてなん?」

憧「さぁ、どうかな」

セーラ「ほんまのこと言わへんとめちゃくちゃにしてしまうで」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:51:06 ID:/9E6BSq50

憧「…セーラは経験あるの?」

セーラ「まあな」


思い出したくもない記憶がよぎる。
経験があると言えばある、でも、自分にとっては思い出したくない。

それでも、今こうして余裕ぶっていられるのはあの日のおかげか。
…一瞬寒気がした。咳をして誤魔化す。


憧「……意外すぎて、言葉でないんだけど」

セーラ「で、お前は?」

憧「…ない」

セーラ「おいおい、処女のくせにあんなこと言うたんかいな。もう」

憧「…だからなに?処女だったら人に抱いてって言っちゃいけないの?」

セーラ「その強気の出所はどこやねんもう」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:55:40 ID:/9E6BSq50

憧「あんたはなんでもしてくれるんでしょ?」

セーラ「…限度、わきまえてや」

憧「それは、自信ないけど」

セーラ「ま、ええわ…荷物置いて、シャワーへどうぞ」

憧「う、うん…」

セーラ「一緒に入る?」

憧「ば、バカ!何言ってんの!?」

セーラ「うぶやなぁ、可愛いなぁ」

憧「ふ、ふざけたこと言わないで!」


なんて大きな声で言うてたけど、照れ隠しやんな?
まあ、そう思うことにするわ。


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 00:59:40 ID:gdodpxvNO

なんかドキドキする支援


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:02:32 ID:/9E6BSq50

憧「あの、お先…」

セーラ「早かったやんってシャワー浴びたのに私服のままかい」

憧「だってこれ以外の服ないし…あんたは入るの?」

セーラ「俺はさっき入ったから」

憧「そう…」

目に見えて大人しくなった。
シャワーを浴びたら、今から何をするのか現実的に考え始めたか。

セーラ「じゃあ、ベッドに来てや」

憧「…うん」

憧がベッドに腰掛ける。俺はそれを立ったまま見下ろしてる。
短いスカートが、白い太ももが眩しい。


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:09:27 ID:/9E6BSq50

あぁ、このままこの子としてしまうのか。
自分自身も、今からすることの重大さを痛感する。

この子は好きでもない俺に初めてを捧げようとしてる。
そう、それは俺と同じ。俺の場合、不可抗力やったけど。

本当にそれでいいのか、ともう一度聞いてみようかと思うけど
でも、どうせ「うっさい」って言われるのがオチやから言わへん。

セーラ「…キス、してええの?」

憧「…いいよ」

いいよ、と憧が言い終える前に唇を奪った。
湯上りの憧の唇は柔らかくて暖かくて。

優しくしようと思ったのに、気付いたら強く唇を押し付けていた。
憧は顔を少し仰け反らせている。


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:13:32 ID:/9E6BSq50

憧「んっ…」

唇の隙間から漏れる吐息が色っぽい。
とても年下には思えない。そう、身体つきだって…。

ドキドキしている。緊張してる。
でも、憧はきっとそれ以上にドキドキしているだろうし緊張している。

やっぱり、ちゃんとリードしてあげないと。
そう思って、吸い付くように憧の唇を貪った。

憧「っぁ、はぁっ」

短く、吐息が零れる。
でも、それは憧だけじゃない。

セーラ「はぁっ、んぁっ、はぁ、はぁ」

頭の中が蕩けていく。

こんな風に熱く口付けを交わすのはいつ以来だろう。
そう思うのに、頭は考えることを拒否している。


何も考えられない。考えたくない。


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:17:18 ID:/9E6BSq50

そうして、考えること拒否したあたりから
俺は何かの糸が切れたように憧を求めた。

何度も「いやだ」「やめて」と言われた気がする。
それでも手も口も何もかも、止めることが出来なかった。

我に返ったとき、目の前には全裸の憧がいて、
その上に半裸の自分が乗っかっていた。

憧「はぁ、はぁ…バカっじゃないの…はぁ、はぁ」

憧は荒い息を整えながら悪態をつく。
それでも、表情には悦楽や快楽の色が見える。

セーラ「気持ちよかったくせに」

憧「うっさい…はぁ、はぁ…」

案の定うるさいと言われる。
それでも、俺が憧と行為に及んだことは消えようもない事実で。

覆いかぶさって憧を抱きしめると身体は熱かった。


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:22:18 ID:/9E6BSq50

セーラ「熱い身体やなぁ」

憧「…誰のせいよ」

セーラ「お前がしてくれって言うからやったんやで」

憧「そう、だよね…」

それっきり黙りこんだ憧を俺はずっと抱きしめていた。

これで何かわかったことがあるんか?
お前は何を悩んでいるんや?
お前の望みを叶えたんやから教えろや。

言いたいことや聞きたいことはいっぱいあったけど
それでも、黙り込んだ憧に質問をぶつけることは出来なかった。

そのまま俺らは眠りについた。
裸のまま抱き合って、暖め合っていた。


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:26:04 ID:/9E6BSq50

朝、目が覚めると憧はおらんかった。

一瞬、昨日のことは全部夢やったんかも知れへんと思ったけど
憧が持ってきていたバッグを見て夢じゃないとわかる。

セーラ「あいつどこ行ったんやろ…」

ふらふらと起き上がって自室のドアを開けると、
下の階にある浴室からシャワーの音が聞こえてきた。

セーラ「…シャワーか」

憧がいることを音で確認した俺はもう一度ベッドへ戻った。
疲れたのか、身体がだるい。

あいつが戻るまでもうちょっとだけ寝るか…

瞼が下りてきて、もう一度夢の世界に…と思ったとき、
ガチャリとドアが開く音がした。


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:30:47 ID:/9E6BSq50

憧「あれ、まだ寝てんの?」

湯上りの匂いがする憧がバスタオル姿で部屋に入ってくる。

セーラ「やっ…さっき起きたとこや」

ゆっくりと身体を持ち上げて、ベッドの上に胡坐をかいた。
俺が起き上がると憧はベッドの空いたスペースに腰掛ける。

上気した肌、背中がすごくエロい。
昨日のことをどうしても思い出してしまう。

憧「…あんま、見ないで」

セーラ「お、おうすまん」

俺の視線に気付いたか、そう言われて俺は目線を自分の脚に向けた。


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:40:55 ID:/9E6BSq50

憧「あのさ…聞かないの?」

憧は俺に背を向けたまま、小さな声でそう言う。

セーラ「んー…聞きたいけど、言いたくないなら別に」

憧「おかしいじゃん、あんた聞きたいからあんなこと…したのに」

セーラ「まあ、そうなんやけど…でもええよ、言いたくなったらで」

憧「…わかった、ごめん」

セーラ「はいはい」

返事をしながら髪にぽんぽんと触れると、
憧の素肌を晒している肩がビクンと跳ねた。

憧「っ!」

セーラ「す、すまん」

慌てて手を離す。


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:46:19 ID:/9E6BSq50

憧「…いいよ、別に」

憧の顔が見えへんからどんな表情かわからへんけど
でも、怒っているわけではなさそうというのはわかった。

セーラ「で、ちょっとは元気出たん?」

憧「…うん、少しは」

セーラ「それはよかった」

憧「なんていうか…その、」

セーラ「ごめんって言うつもりならもう何も言うな」

憧「…わかった」


俺らはそこでまた黙りこんで、しばらくそのままで
朝日を浴びながら憧と二人きり。


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:54:37 ID:/9E6BSq50

簡単な朝食を作って食べ終えるころには
憧は笑顔を見せるようになって俺は少し安堵していた。

これは頼まれたとか、それはそうかも知れへんけど
俺は2歳も年下の子に手を出して、行為に及んだ。

罪悪感が全くないわけじゃなかった。
だから、憧が笑ってくれて少しほっとしていた。


憧「じゃあ…帰る」

セーラ「あぁ、気をつけてな」

憧「あのさ、」

セーラ「ん?」

憧「…また、会って欲しいって言ったら?」

セーラ「んー…」

玄関で憧はそんなことを言い出す。


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 01:59:48 ID:/9E6BSq50

会って欲しいというのはまた話を聞いて欲しいということか
それともまたこんなことがしたいということか…。

憧の表情を見ると、どう見ても後者や。

セーラ「さぁ、気分次第やな」

憧「私のこと放っておけないんでしょ?」

セーラ「…ま、確かに」

憧「じゃあ…また連絡するから」

セーラ「わかった」

憧「…またね、セーラ」


俺の返事を聞いて大きく頷いた憧は俺の家を出て行った。
憧が出て行って鍵を閉めると、大きなため息が零れた。

何をしてるんやろ…何でこんなことに。
と思わずにはいられない。

軽いノリで、じゃあ、やってやるなんてノリで。

それでも、実際それを終えて彼女を送り出して、
我に返って、とんでもないことをしたんやないかって思えてきた。


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 02:07:42 ID:/9E6BSq50

でも、それでも、そんな風に思っていたのに、
こんな関係はだらだらと、それでも確実に続いていった。

週に1回、憧からメールが届く。
場所と時間が指定してあって、俺はそこへ行くか、憧が俺の家に来る。

何度も何度も身体を重ねた。
回を増すごとに憧は乱れるようになっていった。

恥ずかしい言葉も、恥ずかしいことも、
恥ずかしがりながらもそのことに興奮している様子で。

たまに、何のためにこんなことをしているんだっけ、
と我に返ることはあっても、だからこんなことを止めようとは
俺から言い出すことはなかったし、

もちろん、憧がそんなことを言うはずはなかった。


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 02:11:11 ID:/9E6BSq50

そして、憧が行為の最中に「シズ」と名前を呼ぶようになる。
「シズ」は阿知賀の大将のことやろう。

けど、憧は自分がその名を呼んでいることに気付きもしない。
無意識で呼んでいるんやろうか。

最初は何を言っているんやろうと疑問に思ったけど
今じゃそれをすんなり受け入れてしまって
憧はどうせ何もわかってないから、と諦めている。

それに、それで気持ちがよくて、憧の気が晴れるなら、別にそれでいい。
こんなことを延々と続けているのは、結局はやっぱり憧の為やから。

こんな関係を何て呼ぶんやろ?セフレ、っていうんやっけ。
何度も身体を重ねようが所詮はそんなもんで、大した関係じゃない。

それは自分が一番わかっている。


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 02:14:02 ID:/9E6BSq50

そやけど、憧が何も言わないことには何も先に進まない。
会って身体を求めるだけじゃ何も変わらない。

そうなのに、わかっているのに、止められない。

止められない理由?わかってる、自分が一番わかってる。
でも、それを口にしたらあかん。考えたらあかん。

それは自分の為でもあるし、憧の為でもある。
余計なことは考えず、求めに応じていればいい。

そんで、今日もまたいろんなものに蓋をして
見えないフリをして憧を受け入れる。





とりあえずカン


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 02:16:51 ID:/9E6BSq50

鯖が不安定な中支援していただいてありがとうございました
もうちょっと続く予定ではあるんですか
書き溜めも尽きたし鯖も不安定なのでここまでにしときます

続きは週末にでもできたらいいなぁと思ってます


それではみなさんおやすみなさいです


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 02:35:59 ID:R1/iZa21P

こういうドロッとしたのを待っていた!



と書き込もうとしたら終ってた


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14 03:42:39 ID:hG3h/iRX0


面白かった


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。