ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仗助「サカナ嫌いにであったッス」



前作:仗助「ローストビーフを食べに行こう」

仗助「ラーメンを食べに行こう」

仗助「料理対決をしよう」

仗助「バレンタインがやってきた」
仗助「虹村億泰は料理する」
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:03:43 ID:N0eESsYG0
ピンポーン


仗助「おーい、億泰ゥ~、いるかぁー?」

康一「こんにちは~」


億泰「おう、なんだよ、仗助、康一ィ?」


元スレ:ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362305023/
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:05:47 ID:NKBF04AOP

億泰友達に欲しい


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:08:26 ID:N0eESsYG0

仗助「いや、せっかくの休日だからよぉ~、どっか遊びにいかねーかなぁーっと思ってよッ」


億泰「おお、いいぜぇ~!」


億泰「だがよぉ~ちょっとだけまってくんねーかッ!遊びに行くってんなら、親父の昼メシ作っておかねーとよ!」


仗助「わぁーったよ。じゃあ、あがらせてもらうぜぇー」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:11:48 ID:N0eESsYG0

康一「おじゃましマース!」

康一「あ、億泰くんのお父さん、こんにちは!」


虹村父「・・・うぎゅいぃ」ナデナデ


猫草「ウニャゥ、ニャン!」(もっと、もっとなでて!)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:14:11 ID:N0eESsYG0

仗助「親父さん元気そうじゃあねーか!」

億泰「おう、猫草がウチに来てからというものよぉー、仲良くやってるみてーなんだよなァー!」

康一「でも、昼ご飯って、何を作るつもりなの?」

億泰「おう、今日は親子丼でも作るかなぁ~」

仗助「親子丼、だぁ?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:16:11 ID:N0eESsYG0

億泰「まずはタマネギと小さく切った鶏肉を炒めてよぉ~」


康一「親子丼ってオイシイよね!ふわふわのタマゴとやわらかい鶏肉がッ!」


億泰「そこにすき焼きのタレと水を入れて、少しだけ沸騰させるぜぇ~!」


仗助「おお、相変わらすお前の料理はイイにおいがするよなぁ~」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303031908500000.jpg


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:17:00 ID:gG51HmDu0

くそっ…夕ご飯食べたばかりだと言うのに…!!


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:18:12 ID:N0eESsYG0

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303031916420000.jpg


億泰「そこに溶き卵を入れて、半熟のウチにご飯の上にのせれば完成だぜッ!」


億泰「刻みのりや、ネギをのせてもいいかもなぁ~」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303031917310000.jpg


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:20:20 ID:N0eESsYG0

泰「さあ、親父ぃ、コレは12時になるまで食っちゃあダメだぜ?」コトリ


仗助「くぅ~!朝メシ食って来たってのに、こんなもん見せられたらハラがへるじゃあねーかよッ!」


康一「今晩作ってもらおうかなぁ~」スタスタ

億泰「さぁ~ッてと、それじゃあ行くとするかあ~」バタン


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:22:06 ID:N0eESsYG0

虹村父「・・・・・・・・・・う」  オヤコドン

猫草「ンミャウ?」(どうしたの)


虹村父「・・・・・・」ムシャムシャガツガツ


猫草「ン、ンミャッ!」(た、食べちゃった!!)


虹村父「・・・・・・」ゲプ

猫草「・・・・・・ミャア」(まあ、いいか)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:24:31 ID:N0eESsYG0

億泰「遊びに行くのはいいケドよぉー、いったいどこに行く予定なんだよ」


康一「じ、実はまだ決めてないんだよね・・・」ハハハ


億泰「おいおい、マジかよッ!」


仗助「まあ、いいじゃあねーかッ。ドゥ・マゴにでも行ってから、何するか決めよーぜぇ~」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:26:50 ID:N0eESsYG0

トコトコ

億泰「ん、なんだぁ、ありゃあ」

望遠鏡「・・・・・・」

康一「道ばたに望遠鏡が立ってるね・・・」


仗助「・・・ありゃあもしかして」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:29:07 ID:N0eESsYG0

望遠鏡「・・・」


仗助「おいッ!お前未起隆(ミキタカ)だろッ!?」


望遠鏡「えッ!?ああ、あなた達でしたか」ドギュウーゥゥゥン


ミキタカ「やあ、仗助くんに億泰くん、康一くん」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:31:12 ID:N0eESsYG0

康一「び、ビックリしたぁ~、本当に何にでも変身出来るんだね」


億泰「おいおい、ミキタカよー、こんなトコで変身してんじゃあねーよッ!」


ミキタカ「いえいえ、それほどでも」


仗助「褒めてねーッつの。こんなところで何してんだよ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:33:06 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「イエ、仗助さんと億泰さんは覚えていますよね、あの鉄塔のことを」ユビサシ

康一「あ!アレが仗助くんの言ってたスタンドの鉄塔だよねッ!」


仗助「もちろん覚えてるけどよぉー、あれがどうしたってんだ?」


ミキタカ「あの鉄塔に住む彼が今何をしているのか気になっていたんです」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:35:13 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「もし皆さんがよろしかったらですが、今から彼に会いに行きませんか」


仗助「確かにあれ以来、あんましあってねーよなぁ」

億泰「鋼田一のヤロォも悪さはしてねーだろうけどよぉ、元気にしてんのか気になるぜェ~」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:37:30 ID:N0eESsYG0

康一「ぼくも会ってみたいなッ!」


仗助「じゃあよ、久しぶりにあの鉄塔へ行ってみるとするか」

ミキタカ「ありがとうございます」フカブカ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:39:45 ID:N0eESsYG0

鋼田一「・・・・・・」リールカリカリ


仗助「おーい、鋼田一ィ!ひさしぶりだな~っ!」


鋼田一「・・・?  あっ!!仗助さんに億泰さん!  未起隆さんまでッ!」


億泰「おーす」フリフリ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:42:24 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「元気そうですね・・・安心しました」

鋼田一「も、もしかしてわたしに会いにきてくれたんですかッ!?  いやーうれしいなぁ。どうぞあがってくださいよ」

仗助「今日はウ○コばらないたりしねーだろうな~ッ!」

鋼田一「今日はまだトイレに行ってませんから」

康一(ウ○コ?どういうこと?)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:44:05 ID:N0eESsYG0

鋼田一「はやくあがってきませんかぁー、よいしょっと」パッ  ガシッ  グイン


康一「す、スゴイ身のこなしだなぁ~!」

鋼田一「慣れれば誰でもできますよ。あなたは?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:47:35 ID:N0eESsYG0

仗助「こいつはおれの友達の『広瀬康一』だぜーッ」


康一「は、はじめまして」

鋼田一「そうですか、まあ、ゆっくりしていってください」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:49:29 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「でも、どうやってあそこまで上りましょうか」


億泰「よじ登るにはちょっとメンドクサイよなぁー」


康一「あ、ぼくに任せてよッ!『エコーズACT2』!!」ドギュゥゥーン

億泰「?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:51:47 ID:N0eESsYG0

一「しっぽ文字を地面に貼り付けてっと・・・」『ボヨヨン』


康一「こうすれば、あそこまでジャンプできるよッ! それッ!」ピョン

ボヨヨーン       ガシィ


康一「みんなも早くおいでよぉ~!」


億泰「・・・こ、康一のやろぉ~勇気あるなぁ!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:54:16 ID:N0eESsYG0

仗助「もしかして、億泰、コエーのかよッ!」ウププ


億泰「そ、そんなんじゃあねーよッ!」

ミキタカ「それでは行きましょうか」


   ボヨヨーン
   ボヨヨーン
   ボヨヨーン      ヒィッ!


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:56:39 ID:N0eESsYG0

鋼田一「今日は来てくれてありがとうございますッ」

仗助「おう、この仗助くんが来てやったぜ~ッ」


億泰「おめーまた誰かを鉄塔の中に引きずり込もうとしてねーだろうなッ!」アン?


鋼田一「まさか、もうあんなコトはこりごりですから」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 19:59:12 ID:N0eESsYG0

康一「へぇー、眺めもいいし、かなりいい家かもしれないぞッ! あれ?」


康一「このフライパン・・・も、もしかして、コレで釣りをしていたんですかぁー!?」

鋼田一「?ああ、そうだよ。これでコイやマスなんかが釣れるんだ」


仗助「ヒヒ、おれたちも初めて見たときはびっくりしたぜぇ~」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:03:32 ID:N0eESsYG0

康一「ほ、ホントにこの中だけで自給自足してるんだなぁ!スゴイッ!」


億泰「お、今日もしっかり釣れてんじゃあねーかッ!」サカナ ツカミ


鋼田一「はい、ニジマスだと思うんですよ」


億泰「ほぉー、まだ生きてんじゃあねーか」ビチビチ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:06:28 ID:N0eESsYG0

仗助「ちなみによぉー、億泰、おめーは魚なんかも料理すんのか?」

億泰「ああ、前も言ったとおり、ぶりの照り焼きとかよ、サケのちゃんちゃん焼きとか」

億泰「あと、煮付けなんかもウメーよなぁ」

仗助「ふーん、やっぱりおめーはスゲェなぁ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:11:27 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「・・・・・・」

康一「・・・?どうしたの未起隆くん?  難しい顔をして?」


ミキタカ「・・・いえ、実はワタシは魚を食べたことがないのです」


億泰「何ぃ!?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:13:34 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「実はわたしの星には、地球のサカナのような生命体がいないのです。ですので食べたことがありません」

仗助「ま、マジかよォ~~」(ホントカドウカワカンネーケド)

ミキタカ「地球にきてから今までも、食べる機会がなくて・・・」

億泰「もったいねーなぁ、ウメーのによぉ」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:15:31 ID:N0eESsYG0

康一「・・・そうだっ!  億泰くんが魚料理を作ってあげればいいんじゃあない?」


億泰「そうだな、未起隆ッ!おめーにさいっこーに美味い魚料理を食わせてやるよッ!」


ミキタカ「わたしに食べられるでしょうか・・・」


億泰「当ッたり前だろぉー!?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:17:01 ID:N0eESsYG0

鋼田一「でしたら、パーッとこのニジマスを料理しますか?」


億泰「いや、川魚は臭みがあったりするからよぉー、初めてなら海魚の方がいいんじゃあねーか?」


億泰「ということでよ、仗助に康一、手伝ってくれねーか?」


康一「モチロンいいよッ!」

仗助「しっかたねーなッ!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:18:44 ID:N0eESsYG0

億泰「さあ、料理を始めるぜッ!」

億泰「未起隆に鋼田一ッ!おめーらは釣りでもしてあそんでなッ!」


ミキタカ「わかりました」


鋼田一「そうですね・・・じゃあ未起隆さん、釣りをやってみましょうよ」


ミキタカ「わ、わたしにもできるでしょうか」ドキドキ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:21:21 ID:N0eESsYG0

仗助「でもよー、億泰、いったい何の料理を作るつもりなんだよ?」


康一「食べやすい料理の方がよさそうだよね?」


億泰「今日はよぉ、『アクアパッツァ』を作ることにするぜッ!」

仗助&康一「あ、アクアパッツァ~~~~!!?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:23:44 ID:N0eESsYG0

康一「億泰くん、ぼくそんな料理聞いたことないんだけど・・・」


仗助「いったいどんな料理なんだよ?」


億泰「まあ、見てなって!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:26:09 ID:N0eESsYG0

億泰「用意する物はコレだぜっ!」


白身魚何でもOK   食べたいだけ   
アサリ          10個くらい
にんにく         2~3欠片
ミニトマト        10個くらい
白ワイン         100cc
水             150cc
塩・コショウ        適量
パセリ           適量
オリーブオイル      適量
エビ            あれば
ホタテ           あれば
アンチョビフィレ     あれば
オリーブ         あれば
ケッパー(ケイパー)   あれば


仗助「また、適当だな~」

億泰「いいじゃあねーかッ、ウマいんだからよォ~ッ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:28:09 ID:N0eESsYG0

億泰「まずは下ごしらえだなっ!魚は一匹まるまるでもいいけどよぉ~、骨がメンドクサイから切り身でもいいぜェ~」



康一「この魚は何?」

億泰「イサキッつー魚だよ、これはな」

億泰「魚の鱗を取って、皮に×の切り込みを入れていくぜッ!」

康一「この×は意味があるの?」

億泰「しらねーけどこうすると食べやすいらしいんだよなぁ~」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032026500000.jpg


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:30:10 ID:N0eESsYG0

億泰「次はにんにく、アンチョビをみじん切り、トマトを半分に切っていくぜッ」

億泰「オリーブは半分に切って、パセリはみじん切りにしてよぉ~」


億泰「コレができたらいよいよ調理だぜッ!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:33:21 ID:N0eESsYG0

泰「みじん切りにしたにんにくとアンチョビを、オリーブオイルで炒めていってよぉ~」


億泰「しっかり炒めたら、そこに白身魚をいれて、表面を焼いていくぜぇ~ッ」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032032130000.jpg

仗助「魚の皮が焼けた色ってのは、ウマそーに見えるよなぁー」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032032530000.jpg


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:36:04 ID:N0eESsYG0

億泰「魚の表面が焼けたら、白ワイン、水を入れて煮ていくんだぜぇ~」

億泰「アサリ、ミニトマト、オリーブ、エビなんかも一緒にいれてよぉ~」


仗助「味付けはこんだけでいーのかよぉ」


億泰「ああ、コレでウマくなるからよぉー」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032035280000.jpg


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:38:37 ID:N0eESsYG0

億泰「アサリの口が開いたらよぉー、日を止めて、塩、コショウで味を調えて・・・」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032036380000.jpg


59: コショウは多めの方がおいしいかも・・・ 2013/03/03 20:42:22 ID:N0eESsYG0

億泰「パセリをのせたら完成だぜッ!」



仗助「けっこうカンタンなんだなぁ~」


康一「で、でもおいしそうだねッ!」ゴクリ


億泰「あたり前だろぉ~~」エヘン

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032041140000.jpg


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:44:19 ID:N0eESsYG0

億泰「さあ、未起隆ッ!できたぜ~!」


仗助「お前らもコッチに・・・・っておいおい」


ミキタカ「あ、みなさん!見てください!こんなにつれたんですよッ! ほら!」


康一「うわあ・・・バケツがいっぱいだね」


鋼田一「未起隆さんは釣りが上手ですね~」


65: >>60 2013/03/03 20:45:15 ID:N0eESsYG0

億泰「そんなことよりよぉ、できたからみんなで食おうぜぇ~」


ミキタカ「こ、コレが魚料理ですね・・・た、確かにおいしそうです」ゴクリ


康一「じゃあ、せーのーで・・・」


仗助&億泰&康一&ミキタカ&鋼田一「イタダキマースッ!」


66: >>60そうです 2013/03/03 20:47:32 ID:N0eESsYG0

仗助「う、うめェッ!!白ワインで煮込んだだけでこんなに味がでるんだなァー!!」  


康一「アサリもおいしいねっ!」


鋼田一「う、うまいっ!  今度作ってみよう!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:49:32 ID:N0eESsYG0

億泰「だぁ~ッっろぉ~!?  未起隆、どうだよ?」

ミキタカ「お、おいしいですッ!魚ってこんなにおいしい物だったのですね!!」

億泰「他にもうまい料理はたくさんあるからよ、いろいろ食ってみろよなッ!」

ミキタカ「はいッ!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:51:27 ID:N0eESsYG0

康一「ふぅーおいしかった・・・。あ、このスープは飲んじゃってもいいんだよね?」

億泰「モチロンいいんだけどよ~、このスープにパスタなんかを絡めると、スッゲェーうまいパスタになるんだよなァ」

鋼田一「おいしそうですね!パスタなら少しありますから、パーッと食べますか?」

仗助「グレートだぜっ!鋼田一ィ!」

http://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201303032049580000.jpg


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:54:15 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「ふう、オナカいっぱいになりました」


億泰「どうだ、魚はウマかっただろォ~?」

ミキタカ「はい、肉とちがってあっさりしているのに味があって・・・もっともっと食べたいですね」


億泰「またいつでも作ってやるぜぇ~!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 20:56:55 ID:N0eESsYG0

鋼田一「いや、でも今日はにぎやかで楽しいですね~」


仗助「そういやおめーはここからでれねーし、一人暮らしなんだよなぁ~」


鋼田一「はい、久しぶりに人と一緒に食事しましたよ」


康一「・・・・・・」


73: >>68ローストビーフ チャーシュー 料理対決 チョコ 形兆兄貴 の5つです 2013/03/03 20:59:34 ID:N0eESsYG0

鋼田一「・・・人つきあいは苦手なんですが・・・やっぱり寂しくなってしまう時もあります」


鋼田一「今日はみなさんが来てくれたおかげでとても楽しかったですよ」


億泰(た、確かにこいつはここからでれねーし、サミシクなっちまうよなァ・・・)

仗助(そ、そう考えると、カワイソーなヤツだよなぁ・・・)


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:02:55 ID:N0eESsYG0

キタカ「それなら、また来てもいいですか?」

鋼田一「ええ!?」

ミキタカ「今日やらせてもらった魚釣り、とても楽しかったです。またしてみたいですからね」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:05:46 ID:kK3GPR080

毎回美味しそう


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:07:43 ID:N0eESsYG0

仗助「そ、そうだぜッ!おれたちもまたよらせてもらうしよォー!」

億泰「今度はオメーの釣った魚で料理作ってやるぜェ!」


鋼田一「み、みなさん!ありがとうございますッ!」

鋼田一「みんながまた来てくれるなら、とっても楽しみです・・・」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:10:20 ID:N0eESsYG0

田一「あ、そうだ、次に来てくれた時はわたしの山菜を使った料理でも食べますか?」

康一「山菜?おいしそうだねッ!」

仗助「い、いや・・・」

億泰「そ、それは遠慮しておくぜェ・・・」

康一「・・・?」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:12:11 ID:N0eESsYG0

仗助「それじゃあよー、食後の運動でもするかぁ~?」

億泰「それならよぉー、誰が最初に一番てっぺんまで登れるか勝負すっかぁ~?」

鋼田一「フフフ、この鉄塔でわたしに勝てるとでも?」

康一「うう、自信ないなぁ・・・」

ミキタカ「負けませんよッ!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:13:46 ID:N0eESsYG0

キャハハキャハハ  

康一「あれ?  誰か近づいてくるよ?」

仗助「あーん?あれは・・・女か?」

億泰「おれたちと同じガッコーの制服だぜありゃあ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:16:12 ID:N0eESsYG0

女子1「あ、トヨちゃん、ハロー」

女子2「今日もイカしてるねー」キャハハ

女子3「あれ、その人達はお友達?」


億泰「と、」

仗助「トヨちゃん!?」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:18:15 ID:N0eESsYG0

鋼田一「ああ、君たちか、今日も来たんだね」ハァ


億泰「きょ、今日も?」

少女2「ねー今日はドーナツもってきたよ~!」

少女3「あ、あとパスタももってきたよ~、そろそろなくなるんじゃあないかと思って」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:20:40 ID:N0eESsYG0

仗助「お、おめーらよくここにくるのかよ?」

少女1「え?まあ、週に2回くらいかな~」

康一「そ、そんなにッ?」

少女3「だってあたしらトヨちゃんのファンだもんね~」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:23:06 ID:N0eESsYG0

少女2「トヨちゃーん、今日も一緒に写真とろーよ!」

億泰(こ、こいつモテモテじゃあねーか!!)

鋼田一「またかい?仕方ないなぁ・・・」

少女ズ「キャー、さすがトヨちゃん!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:26:07 ID:N0eESsYG0

億泰「・・・・・・鋼田一よぉー、おめー、一人で寂しい、とかいってたよなぁ~」ゴゴゴゴゴ

鋼田一「え、はい、そうですけど・・・」


億泰「じゃあ、あの女どもはなんなんだァ?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

鋼田一「え、彼女達ですか?いや、頻繁にくるんでちょっと困ってるんですよね」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:28:44 ID:N0eESsYG0

少女1「えー、トヨちゃんひどーい」プンプン

鋼田一「ハハハ、冗談だって!いつも感謝してるよ」


少女3「えへへ、やったぁ~」




億泰「・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:29:43 ID:zxzh/dHp0

ザ・ハンドで鉄塔削ったらどうなんだろうな


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:31:00 ID:Qik8/VWBO

>>94 反撃きたろ


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:31:38 ID:N0eESsYG0

鋼田一「あれ、億泰さん、どうしました?」

億泰「ケッ!!仗助に康一ィ!!  おれはもう帰るぜッ!」プンプン

鋼田一「え、なぜですか!?もっといてもいいじゃあないですか」

億泰「うるせぇッ!こんな所二度とくるかよぉッ!」


鋼田一「ええ~!!?」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:34:15 ID:N0eESsYG0

鋼田一「わ、わたし何か億泰さんを怒らせるよーなコトしましたでしょうか!?」オロオロ

仗助「い、いや・・・おめーが悪いっつーかなんつーか・・・」


康一「ハハハ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:36:30 ID:N0eESsYG0

帰り道

億泰「・・・」シクシク


仗助「だからよぉー、もう泣きやめって、億泰」

億泰「チックショオ~鋼田一のヤローなんかが何でモテるんだよォ・・・」グスン


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:38:55 ID:N0eESsYG0

仗助「別にモテてるって感じじゃあないだろうがよぉ~」


億泰「うるせぇッ!おれはあんなに女にキャーキャー言われたことなんかねーんだよッ!」


康一「まぁまぁ、鋼田一くんが悪いわけじゃあないし・・・」


億泰「クッソー!おれだってモテてみたいよぉ~」オロローン


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:41:20 ID:N0eESsYG0

数日後


ミキタカ「こんにちは、鋼田一さん」


鋼田一「あ!未起隆さん!来てくれたんですね」


ミキタカ「はい、また釣りをさせてもらってもいいですか?」


鋼田一「もちろん!  一緒に釣りましょう」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:43:31 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「ようし、今日もたくさん釣りますよ」

鋼田一「あ、さっそくかかってますよ!」


ミキタカ「うぐぐ、これは大物ですね」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:46:01 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「やったッ!釣れましたよ!」

鋼田一「おおーこいつはデッカイですね~」

ミキタカ「さあ、ドンドン釣りましょう」

鋼田一「わたしも負けてられないなぁ~」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:48:13 ID:N0eESsYG0

ミキタカ「釣りは楽しいですね。アハハハハハハ」

鋼田一「そうですね。アハハハハハハ」


ミキタカ&鋼田一「アハハハハハハハハハハハ」


← To Be Continued


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:49:43 ID:kUF/SWIC0

乙んこ


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:50:57 ID:apuM7gWa0


こんどアクアパッツァ作ってみる

ただ城ワインだけでいい味がつくもんなのか不安


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:56:33 ID:kUF/SWIC0

次はジョセフとか承太郎とか見てみたいな


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 21:57:12 ID:N0eESsYG0

というわけで、ローストビーフな>>1でした。

アクアパッツァは簡単でおいしかったですよ
白ワインだけでかなり濃い味になりました。意外なことに。

アクアパッツァはイタリア語で『奇妙な水』という意味だそうで(諸説あり)
『白ワインだけで煮たのに、何でこんなにおいしいの?わけわかんない。奇妙だ』
という意味の込められた料理だそうです


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 22:02:33 ID:N0eESsYG0

白ワインだと結構酸味のきいた味になりました。おいしかったけど
日本酒でもできるそうなので、また挑戦してみよう。
調理時間は今までで最短かも

次がおそらく最後かもしんない

でるのはじいちゃんと甥っこかもね


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/03 22:08:24 ID:NkTJe9Ys0

楽しみにしてる


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。