FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

千秋「どけよ、カス」夏奈「・・・」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:25:31 ID:9Al3ESvr0
千秋「お前は馬鹿野郎ではすまない。もうクズだ」

夏奈「・・・すいません」

千秋「ほらっどけっていってるのに道を譲ることもできない。」
  「お前は何なんだ」

夏奈「え、えーと・・・ごめん」スッ

千秋「は?すいませんだろ」ドカッ

夏奈「痛っ!・・・すいません」

春香「夏奈!邪魔!」

夏奈「・・・・・・」グスッ


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362932731/
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:32:01 ID:9Al3ESvr0

~学校~

藤岡「おはよう、南」

夏奈「あ、藤岡。おはよう」

藤岡「元気ないね。どうかした?」

夏奈「いや、なんでもない。あ、あのさ!」

藤岡「ん?なに?」(今日の夏奈なんか守ってあげたくなる!!)

夏奈「ふ、藤岡って・・・私のこと・・・・好き?かな」

藤岡「え・・・・それは>>12


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:33:25 ID:t4vsnJXc0

大好きだ!愛してる!


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:35:58 ID:v09/yCJC0

カナが一番かわいい


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:38:05 ID:9Al3ESvr0

藤岡「大好きだ!愛してる!」

夏奈「藤岡///たぶん私も好きだ。えーとその、ありがとう」

藤岡「いや、俺こそありがとう!とてもうれしいよ!」(やったーーーー><)


~南家~

夏奈「藤岡、、、私のこと好きなんだ。今日の学校楽しかったな」

千秋「おい、夏奈。早くごはんつくれよ。どうせ豚飯だろうけど」

夏奈「あ、ごめnいやすいません。」

春香「こらっ!千秋。夏奈にまともなごはんが作れるわけないでしょwww」

千秋「それもそうだねwwwwどっかいけよ」

春香「役に立たないごくつぶし」

夏奈「藤岡・・・助けて」ツー


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:39:52 ID:Pz15CxLx0

さっさと藤岡の所にお嫁に行け


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:41:42 ID:9Al3ESvr0

夏奈「はぁ・・・・」(いつからだろう・・・昔はあんなに仲良くできてたのに・・・春香も千秋もどうして)
「藤岡、助けてよ」グスッ


①このまま
②藤岡に話す
③とりあえず藤岡を家に招く
④反撃する

>>25


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:42:20 ID:gJVIGUCz0

2


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:49:41 ID:9Al3ESvr0

夏奈「明日、藤岡に相談しよう」

千秋「・・・・」

~学校~

夏奈「おはよう。藤岡」

藤岡「・・・・あ、おはよう南。」

夏奈「えーと、ほら。あれだ!お互いさ!あれなんだから下の名前で呼んでくれたまへよ!なんて・・・あははは」

藤岡「あ、うん。そうだね・・・」

夏奈「(なんか藤岡がおかしい)藤岡、どうかした?体調悪いの?」

藤岡「いや、そうじゃないんだけど・・・・」
  「あ、あのさ南!他の人の家の事情に口を挟む気はないんだけどさ、暴力とかふるうのはよくないと思うよ。」

夏奈「え、ちょっと藤岡それ、どういうことだよ!そんなこと私してないよ」

藤岡「昨日、千秋ちゃんから電話があったんだよ。南から暴力を振るわれてるって・・・」

夏奈「え、私、そんなことしてない!それどころか私は、私は・・・」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:52:29 ID:Kp+uCHjH0

夏奈が自殺して千秋と春香の人生メチャクチャになるのを期待
藤岡は精神病になるってやつで


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:54:00 ID:9Al3ESvr0

藤岡「春香さんにも電話で昨日聞いてるんだ。とにかく、暴力では何も解決しないよ。」

夏奈「そんなこと私はやってない!本当だ!それどころか最近私は千秋と春香にいじめられてるんだ。今日はそのことを藤岡に相談しようと思ってたんだ」

藤岡「・・・」(夏奈がそんなことをするとは思えないけど、千秋ちゃんや春香さんが嘘をつくとも思えない・・・)

夏奈「違うんだっ。藤岡!藤岡・・・信じてぇよぉおおおお・・・」

藤岡「・・・・わかった。今日の放課後、南の家に行って話し合おう」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 01:56:38 ID:9Al3ESvr0

①普通で行く
>>31で行く

>>50までで多いほうで

マジキチスレのぞいてくる


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:15:21 ID:9Al3ESvr0

~南家~
春香「いらっしゃい藤岡君。あら、また千秋は藤岡君にべったりくっついちゃって」
千秋「春香姉さま、藤岡のここはファーストクラス並みのすわり心地の良さなのです」
春香「ごめんね~藤岡君」
藤岡「いえいえ」苦笑

夏奈「・・・」

藤岡「えーと、それでここに来た理由なんですけど」

春香「ああ、藤岡君。あのことなんだけど、もういいの。千秋に話しを聞いたら最近千秋も言い過ぎたかもって言ってたから」
千秋「夏奈、ごめんな~言い過ぎて。もうあんなことは言わないよ。」

夏奈「え。。。えーと、うん。」

藤岡「なんだ!喧嘩してただけだったんだね。良かった。ほら、夏奈も謝らないと。千秋ちゃんも謝ったんだから」
夏奈「??え、、、とごめん」
千秋「うん。許す。」

春香「はい!これで喧嘩はおしまい。藤岡君、ごはん食べて帰る?」

千秋「藤岡~春香姉さまのご厚意だ。ありがたく受けろ~」

藤岡「はいっ!ありがとうございます!」

夏奈「・・・(まあ、これで収まってくれるなら・・)」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:17:35 ID:9Al3ESvr0

藤岡「今日は、ありがとうございました」

春香「気を付けて帰ってね」

千秋「また来いよ~」

藤岡「夏奈、今度一緒に二人さ、遊びに行こうよ。そ、それじゃあね!」

夏奈「え、あ、うん。行こう行こう!今日は色々ありがとな。じゃ、じゃあな!」



_____________________________________________________

千秋「おい、お前ちくってんじゃねえよ」

春香「面倒事をあまり外に持ち出さないでくれない?変な噂立ったらどうするの?」

夏奈「えっ・・・・」

千秋「春香姉さま、こいつどうします?」

春香「夏奈。次、面倒起こしたらあんただけ家から追い出すから。」

夏奈「」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:26:58 ID:9Al3ESvr0

藤岡「俺がいなくなった途端に春香さんと千秋ちゃんが南にあんな酷いことを言うなんて・・・どうして」
  「これじゃあ南がかわいそうだ」

~次の日~
藤岡「おはよう南!」

夏奈「あ、おはよう。藤岡」

藤岡「今日の放課後、良かったらうちにおいでよ。もらい物だけどお菓子が沢山あるんだ」

夏奈「うん・・・・行くよっ!行く行く!」(家にできるだけ居たくないし・・・)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:31:29 ID:WWCRz0yY0

藤岡になら掘られてもいいわ


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:35:15 ID:9Al3ESvr0

~放課後~

夏奈「そういえば、藤岡の家って初めて来た」

藤岡「俺も女の子迎え入れたの初めてだよ///」

夏奈「///」

藤岡「実は今日、大事な話があるから家に来てもらったんだ」

夏奈「う、うん」

藤岡「あ、あのさ!俺、高校県外の所に行こうと思ってるんだ。サッカーの強い高校で、強く来ないかって誘われてるんだ!」

夏奈「そ、そうなんだ!ふ、藤岡の足は黄金の右足だもんな」(震え声

藤岡「それでさ、たぶん引っ越しすることになると思う。」
  「南とはさ
夏奈「嫌だ!聞きたくない。ふじおか私のこと好きっていった。でも、行っちゃうのかよ。何なんだよ・・・番長!
   行って来い」

藤岡「そういえば、俺番長だったね・・・笑 ありがとう、南。俺、頑張るよ」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:45:57 ID:9Al3ESvr0

夏奈「おう!行って来い!」泣

藤岡「それでさ、南。良かったら一緒にこない?」

夏奈「・・・・・へ?」

藤岡「俺、一人暮らしするんだ。高校に入ったら奨学生制度で自分の力でやっていこうと思ってるんだ。新聞のバイトとかも頑張るつもり」
  「実は、昨日の帰りに聞いてしまったんだ。南が千秋ちゃんや春香さんに酷いこと言われてるのを」
  「もし、辛かったら一緒に行こう!俺、頑張るから」

夏奈「藤岡・・・いいのか?藤岡。私は料理もできない。がさつだし、うるさいし、気の利いたこともできない。迷惑もいっぱいかけると思う。いいのか?」

藤岡「南、俺は南が好きなんだ。居てくれるだけで、そばにいてくれるだけで十分なんだ」
  「今回の件がなかったら、県外行きだって考えてなかった。だから南。
   いや、夏奈。好きだから来てくれ」

夏奈「うん!私、頑張るから!!!!」
  「藤岡、大好きだっ」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:47:45 ID:WWCRz0yY0

えんだああああああああああああああああ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 02:49:17 ID:9Al3ESvr0





一応、夏奈だけ父親違いの子で、春香は夏奈の父親にDVを受けていたという設定で。
忘れていたけど、千秋を小突く所をみて思い出して辛く当たり始めたのがきっかけ。
千秋は春香の姿をみて、だんだんと同じ行動をとるようになった
ということにしておく

マジキチのほうにいってきます


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11 03:06:37 ID:dHS9xJ+L0

おつ


関連記事
スポンサーサイト