FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

幽助「学園都市だぁ?」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:19:09 ID:UcAVF6zT0

幽助「何だそりゃ?」

桑原「何でもぉ…いろんな能力持ちの人間がそこかしこにゴロゴロしてる街なんだってな?――なあ蔵馬?」

蔵馬「らしいね。僕も一度観光がてら訪問してみたいと思っていたところだよ」

飛影「――面白い。その能力者共を根絶やしにした上で街ごと焼き尽くしてやるか」

幽助「よっし!そんじゃ早速そこに向かおーぜ!ヒマつぶしだ」



蔵馬(…何だろう…行く前から嫌な胸騒ぎが…)



元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1326208749/
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:21:52 ID:UcAVF6zT0

―学園都市内部

幽助「検問あっさり突破できたな」

桑原「そういやさっきからアンチスキルとか言ってた連中が追いかけてこねぇな」

飛影「あの連中なら面倒なので俺が黒龍波でまとめて(ry」

蔵馬(…結局こういう形になってしまうんだね)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:24:38 ID:UcAVF6zT0




垣根「おいテメェ…俺にガン飛ばしてきただろ…!」


幽助「あァ?ンだよテメェは…?」

桑原「いきなりィこの街の不良っぽいヤツがカラんで来やがったな…オイ」

飛影「この時点で出て来るということは妖怪なら確実にC級以下のザコだな」

蔵馬「いや…僕の見立てでは、いきなり中堅クラスの相手に出くわしてしまったような気がするね…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:26:55 ID:UcAVF6zT0

垣根「テメェら、どうせスキルアウトのクズ共だろうが―俺を侮辱すんなら殺すぞ」

幽助「闘る気かテメェ?言っとくけどどうなっても知らねぇぞ?」

垣根「なめんじゃねぇぞッ!!俺を誰だと思ってんだ!?」

桑原「誰だよ?」

垣根「知っとけよ!?」

飛影「うぬぼれるなバカめ」

垣根「 コ ロ ス 」

蔵馬「やれやれ…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:28:58 ID:UcAVF6zT0

垣根「俺の未元物質には常識は(ry」ブォン

桑原「 次 元 刀 ッ 」シュパッ

垣根「ば、馬鹿な!?翼が!?」バキボキッ

幽助「喰らいやがれッ」ドゴッ

垣根「ぐぼっ!?」

飛影「 邪 王 炎 殺 剣 ッ 」ブシュッブシュッブシュッ



垣根「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああっ!?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:31:00 ID:UcAVF6zT0

垣根「」チーン



幽助「口だけの弱っちい奴だったな」

桑原「浦飯ィ…ちょっとやりすぎちまったんじゃ…」

飛影「死なない程度に手加減はしてやった―――喜べ」



蔵馬(…やはりこの3人を連れて来るべきではなかった…)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:34:13 ID:UcAVF6zT0



ステイル「このボクにガン飛ばしてくるとは…いい度胸d」

ザッ  ザッ  ザッ  ザッ

幽助「何か飛影っぽい風貌の奴がいたから取りあえず囲んでみたが…」ポリポリ

飛影「おい幽助、…この俺をこんな身長だけのザコ風情と一緒にするな」イラッ

桑原「確かに身長だけはメチャクチャ高えな…」ヨワソウダケド

ステイル(…な、何だろう…この感じ…激しい悪寒が…)ガタガタ

蔵馬「…彼は見逃してあげるべきじゃないかな…いや本当に」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:36:47 ID:UcAVF6zT0



浜面「ひいいいいい!?パ、パシリでも何でもしますから!?ゆ、許してくださいっ…!!」ガクブル


幽助「この街の不良は骨抜きばっかかよ」

飛影「炎殺剣で脅した程度で腰を抜かすとは…腑抜けた野郎だ」


桑原「こいつぁ、無能力者だってさっき自分で言ってなかったか…」オイオイ…

蔵馬「…全く普通の人間に危害を加えるのだけは絶対に避けるべきだよ」ヤレヤレ…


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:39:05 ID:UcAVF6zT0

幽助「なかなか強そうな奴と遭遇しねぇな…」イップク

蔵馬「できる限り犠牲者の発生は回避したいから遭遇しない方がいいよ…」

桑原「――そのうち手強い連中がいきなり奇襲かけてくるんじゃぁ…」

飛影「――その場合、お前は確実に倒されるだろうな」ニヤ



―物陰

上条(家の前にガラの悪そうな連中が屯してるな…)フコウダ…

上条(…あの連中が移動するまで本屋にでも寄って時間つぶすか…)トホホ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:41:15 ID:UcAVF6zT0

―路上

黒子「風紀委員ですのッ」シュタッ

幽助「今度はチビな女の子どもかよ」

桑原「見たところ~…小学校低学年ってぇとこか…?」

飛影「何が風紀委員だ――笑わせるな」ククク

黒子「…ッ!?」ムカッムカッムカッ

蔵馬(…挑発の上手さにかけては君達の右に出るものはいないかも知れないね)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:44:03 ID:UcAVF6zT0

黒子(はっ!い、いけませんわ黒子…!この程度の挑発で冷静さを失っては!)

黒子「検問を破って不法に侵入してきたのは貴方達ですわねッ!」

幽助「悪りぃ悪りぃ」ヘヘヘ

飛影「あの程度の護衛で要塞を守っているつもりか?――平和ボケもいいところだな」ククク

黒子(い…一体全体何者ですのッ!?)

黒子「も、目的は…何ですの!?何で学園都市に侵入を!?」

桑原「目的ってぇとだなぁ…」

蔵馬「――実は僕達は観光目的d」

幽助「勿論強え能力者と喧嘩するために決まってんだろッ!」キリッ

飛影「さっさとこの街で最強の能力者をここに連れてこい…!」クイッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:46:18 ID:UcAVF6zT0

黒子「け、喧嘩…ですの…?」ゴクリ

蔵馬「い、いえちg」

幽助「おうよ!一番強えヤツはこの俺がぶっ飛ばすッ!!」

桑原「そしたら学園都市は征服したことになるなぁ、浦飯ィ…!」

飛影「―――ついでに街全体を無に帰するとするか」ククク



黒子「」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:48:05 ID:UcAVF6zT0

黒子「よ…要するに、が…、学園都市に対して宣戦布告するということで…!?」

幽助「まあそんなとこだな…!」

桑原「何だかワクワクしてきたなァ~」

飛影「覚悟しておけ」

蔵馬(…どうやら最早この流れに棹差すほかない雰囲気だね)


黒子「そ、そうはさせませんの…!」シュンッ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:50:01 ID:UcAVF6zT0

幽助「何ッ!?」

桑原「消えやがっただとッ!?」

蔵馬(!?これは…高速移動ッ!?)

飛影「…!」ニヤリ

黒子(後ろは取りま…!)シュンッ

飛影「――遅い」スッ

黒子「な!?」

飛影「ふん」ガスッ

黒子「か、はッ」ヒュルン     ドサッ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:52:53 ID:UcAVF6zT0

飛影「…恐らく空間移動系の能力だろうが、俺の邪眼の前ではどこへ移動しようと無意味だ」スタッ

黒子(ぐ…!)ギリッ

幽助「お、オイコラ飛影ッ!…あんま子どもイジメんじゃねぇぞ」

桑原「そうだぜ飛影…さっきの不良と違ってこっちは女の子なんだしよぉ…」

蔵馬「そうだよ飛影、もう少し手加減しないと…」

飛影「―――くだらん。男だろうが女だろうが所詮は同じ人間だろうが」チッ

黒子(ム…ムカつきますけど…!)

黒子(どうやらわたくしの実力では到底太刀打ちできそうにありませんわね…!)クッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:55:33 ID:UcAVF6zT0

黒子(ここは一旦、引くべきですわ)シュンッ

黒子(とりあえずこの地域は緊急避難区域に指定する必要がありますわね…!)ピポパポ

桑原「…逃げちまったようだな」

幽助「まあでも、言いてぇことは伝えたからな!」

幽助「そのうち強え連中がゾロゾロ集まってくんじゃねぇか…?」

飛影「それでは待っている間、…興味はないがその辺の観光でもして来るとするか(棒)」

蔵馬「飛影…、少なくとも君はここで大人しくしておいてくれないか…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 00:58:31 ID:UcAVF6zT0

>>38 そうだったか。記憶があやふやで済まない…



―窓のないビル

土御門「急に呼び出して、一体何の用だにゃ?――アレイスター」

アレイスター「――先刻、4人の危険分子が学園都市内に侵入した」

アレイスター「――放置しておいては…多少厄介なので…直ちに排除してくれ」

アレイスター「――方法は、問わない」

土御門「――好きにやっていいととって、…いいんだな」ニヤリ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:01:23 ID:UcAVF6zT0

結標「まあ、向こうも4人ということなら…」

海原「こちらも4人いますから…」

土御門「いっそ“暗部武術会”でも開いて侵入者一行にも参加してもらうかにゃ~」

結標「そんなことしてたら日が暮れるでしょ…」

海原「まあ、僕達『グループ』4人と侵入者4人とで交代制ありのバトル展開にでも持ち込みましょうか」

土御門「まあ、向こうが承諾してくれればの話だが…な」



一方「いずれにせよ―」

一方「―スクラップの時間だぜェ…!侵入者サンよォ…!!」ニヤリ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:03:36 ID:UcAVF6zT0

―学園都市内某所

幽助「全然能力者に出くわさねぇな」テクテク

桑原「つぅか…さっきから人っ子ひとり見かけなくないか?」キョロキョロ

飛影「大方俺達に恐れをなして逃げ出したんだろうな」ドヤッ

蔵馬「……さっき、緊急避難警報が鳴っていたからだと思うよ…」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:05:51 ID:UcAVF6zT0

>>44 違いますよ~



―近くのビル陰

美琴「第二位がやられたようね…」ゴクリ

麦野「奴は我々レベル5の中でも最弱…ってわけでもないんだけど」ゴクリ

食蜂「で、どうするぅ~、返り討ちにできそうなのぉ?」

削板「根性でぶっ飛ばす他ないな…!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:08:24 ID:UcAVF6zT0

―10分後



美琴「超電磁砲をなめるなァァァァァァァァァァァァァァァァ」ドキュ―――――――ン

幽助「喰らえよ、―――――――霊丸―――――――――ッ!!」ドキュ――――――ン



飛影「残像だ」ヒュッ

削板「何ィ!?」クルッ


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:09:17 ID:tFryZYnL0

霊丸手加減しないと塵も残らんで


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:10:50 ID:UcAVF6zT0

蔵馬「…原子崩し。――なかなか面白い能力をお持ちで…!」シュルンッ

麦野「そっちこそ…!植物を自在に操るとは…なかなかやるわねッ」ズガガッ



桑原「あれ…ここどこだっけ…俺…誰だっけぇ????」キオクソウシツ

食蜂「楽勝なんですけどぉ~☆」プププ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:13:12 ID:UcAVF6zT0

―その後

幽助「3対1でこっちの勝ちだな…!」

美琴「く、悔しいけど今回は負けを認めてやるわよ…」バタンキュー

飛影「…あの状況から反撃の一打を繰り出すとは見上げた根性だ」ニヤリ

削板「次に闘るときは、必ず…勝つッ!!」ギブ

麦野「ふ、ふふ…久々に純粋に勝負を楽しめた気がするな」アクシュ

蔵馬「――あなたと闘うことができて、光栄でした」アクシュ

桑原「ゆ~き~な~さ~ん~っっっ!!??」ガバッ

食蜂「ちょっとぉ!?この人まだ混乱してるんですけど!?」ヒイ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:16:12 ID:UcAVF6zT0

―5分後

幽助「じゃあな!また会おうぜ」

蔵馬「第一位さんにもよろしく言っといてください」

桑原「…お、思い出したッ!!」

飛影「――自分がどうしようもない馬鹿だということをか?」

美琴「またね~」

麦野「今度は私らが皿屋敷ってとこに行ってみたいものね」

削板「達者でな」

食蜂「何か楽しかったぁ~☆」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:18:40 ID:UcAVF6zT0

―物陰


一方「なンかもう解決してねェか…?」ガックリ

結標「あの黒いちっちゃい子可愛い~!!」ハアハア

海原「まあ何はともあれ―」ホッ

土御門「―良かったじゃないか」ホッ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:20:49 ID:UcAVF6zT0



螢子「幽助~!」タタタ

幽助「お、螢子じゃないか?何やってんだこんなとこで?」

螢子「何やってんだじゃないでしょ!幽助がまた人様に迷惑かけてないか心配になって来たんじゃない!!」

ぼたん「ここまでご親切にも道案内してくれて、ありがとね~」ピュ~ン



上条「…いえいえお気になさらずに、…見知らぬ幽霊さん」アタマイタイ…


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:22:46 ID:UcAVF6zT0

桑原「ど~してゆきなさんは来てないんだぁ~~~!!?」ガーン

飛影「少しは黙っていろ」チッ

蔵馬「…最小限の被害に留まって本当に良かったよ」ホッ

垣根「よ、よくも俺を冷蔵庫にしてくれたな…」フラフラ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:25:01 ID:UcAVF6zT0

>>59 人間相手なので手加減してやっていると思っていただければ…

一方「物足りねェから取りあえず勝負しねェか浦ァ飯くゥン…!」ザッ

幽助「誰だよこのモヤシ野郎は?」

上条「…コイツにだけは関わらない方がいいぞ」

螢子「帰るわよ幽助」スタスタ

幽助「おう!―――そんじゃ、あばよ」
                                 お し ま い


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/11 01:33:09 ID:l/aLEgF50

幽助の全力霊丸は北海道を消し飛ばすレベル


関連記事
スポンサーサイト