FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ロギンズ「お前は、エシディシ!!」エシディシ「ほほーう?」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 22:37:10 ID:fmHA7wm00

ロギンズ「ジョジョやシーザーから柱の男達の特徴は聞いているぞ。お前がその1人、エシディシだな!」

エシディシ「ほほう、貴様も波紋使いか...」

ロギンズ(なぜこの島が!この島に赤石がある事が奴らに知られたのだッ!)

ロギンズ(だが、こうなった今!そんな事はどうでもいい!今すべき事は!)

ロギンズ「俺がお前を倒し、リサリサ様へは近づけないッッ!」

エシディシ「ははーん」ニヤニヤ




元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363268230/


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 22:41:41 ID:fmHA7wm00

エシディシ(愚かな男よ...)

グワッ!

ロギンズ「!!蹴りか!?」

エシディシ「波紋使いの弱点はズバリ肺!そこを蹴りで撃ち抜けば、貴様は一発でおしまいよぉぉ!」ドドドドド

ロギンズ「うおお!」

エシディシ「無理だなぁ!腕のガードは間に合わない!ははぁ~!」

ドグシャァァァアア!


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 22:46:54 ID:fmHA7wm00

ロギンズ「う!息が...出来ない...

エシディシ「!?」

ロギンズ「...と?思ったか?このマヌケがあああ!」

エシディシ「なんだこれは!足が!足が溶けているッ?!」ドドドドド

ロギンズ「お前のその躊躇ない一撃、それは認めよう。波紋使いの弱点は確かに肺ッ!そしてそれは同じ波紋使いが一番よく知っている」

ロギンズ「ジョジョとの最終試練、あの抜け目のない小僧が俺の肺を狙ってくるのは至極当然ッ!対策を打つ事もこれまた当然ッ!」

エシディシ「うぬぬ...、油を塗った鉄板を胸に仕込み、波紋を流していただとぉぉ?」

ロギンズ「俺の名はロギンズ!師範代である!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 22:48:25 ID:beGw11/Y0

かっこええ~


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 22:53:57 ID:fmHA7wm00

エシディシ「ほう...、弱点を攻撃に転じさせる。貴様、中々の波紋使いのようだな」

ロギンズ「ふん!」スッ

エシディシ(あの構え!今の攻撃ですでに仕込みの鉄板は地面へ落ちたため、肺は継続して弱点!その肺を両腕で隠しつつ、指先を伸ばし効率の良い波紋伝道を狙っているのか...)

エシディシ「ふふん。これは存外楽しめそうだなぁ」

ロギンズ「いくぞ、エシディシ!!」バッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 22:58:29 ID:fmHA7wm00

※※※

ーー5時間前

メッシーナ「最終試練、ですか?」

リサリサ「そう。メッシーナ、あなたはシーザー。ロギンズはジョジョと。戦って、その実力を見極めるのです」

ロギンズ「なるほどなあ。これまでも模擬戦はこなしたが、本気の戦いという訳か」

メッシーナ「しかしリサリサ様!どうやったらどちらが勝ちなのですか?」

ロギンズ「メッシーナ!これは男と男の戦いだ。拳で語り合えば見える実力がある」

リサリサ「そう。あなた達が認める事があの2人の合格となるのよ。重要なのは勝敗ではない」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:03:14 ID:fmHA7wm00

ロギンズ「しかし俺の相手はジョジョかぁ~。あの生意気な小僧、ぶちのめしてくれるわ」

リサリサ「もちろん、手加減は無しよ」

メッシーナ「は!」

ロギンズ(だが。ジョジョ、奴には才能がある。減らず口だが根性も少しはある。あいつを一人前の波紋使いに育てる事が、俺の役目ッ!)

ロギンズ(ひいては、リサリサ様と赤石を守り、柱の男達を倒す事に繋がるのだ!)

ロギンズ(この最終試練、俺からジョジョに伝えなくちゃあならないな...)

※※※


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:07:08 ID:fmHA7wm00

エシディシ「さぁて、どう来る?」ニヤニヤ

ロギンズ(俺の仕込みは鉄板だけじゃあない!植物油を塗った糸もある。だが、最初から奥の手を見せる訳にはいかないな)

ロギンズ(今のジョジョは!連日の修行とあのマスクのおかげで万全ではないッ!あいつがここに着く前に!俺がこいつを倒す!)

ロギンズ「はああああ!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:11:15 ID:fmHA7wm00

バッ!

エシディシ「ふん!こんな拳程度、造作もないわ!」スッ

ロギンズ「はぁ!ふん!」

バッ! スッ!スッ!

エシディシ「その蹴りも!拳もッ!決してぇ、速くはないぞロギンズとやら!」ニヤニヤ

ロギンズ「 ...見えないよなあ、お前には 」

ロギンズ「波紋ッ!」コォォォォ!


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:15:11 ID:fmHA7wm00

ドドドド!

エシディシ「ぐわあああ!全身にぃぃ、波紋がぁああ!なぜだ!奴は今俺に触れてもいないッ!」

ロギンズ「俺の身体にはッ!全身に植物性の油をあらかじめ塗ってある。それもただの油じゃあない。特性の調合油よ!」

エシディシ(は!!これは!...糸!?糸が身体中に巻かれ、ロギンズまで繋がっている!)

ロギンズ「そう!粘り気のある特性の油だッ!その油を塗った拳は!綿あめを構成する糸のように俺の拳の軌跡を辿るッ!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:20:57 ID:fmHA7wm00

エシディシ(ぐうう!奴め、あのノロマな拳は俺を攻撃するためのものではない!奴の腕に塗った油が衝撃で粘り、糸のように分離し、俺の身体へ巻きついていたのかぁぁ~!!)

エシディシ「だが!俺のモードは!!」ドドドド

ロギンズ「は!!」バッ

エシディシ「今!咄嗟に油の糸を切った判断!やはり貴様はただの波紋使いではなぁい!そう、俺は炎の使い手!俺のモードは炎ッ!」ゴゴゴゴ

エシディシ「油を炎が伝うのは容易いぞロギンズぅ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:27:14 ID:fmHA7wm00

ロギンズ「ほお。お前、体内にそんな熱を宿しているのか...」

エシディシ「血液を加熱する事によって炎を生み出す!ははあ、ロギンズ!油と炎とは貴様の命運も尽きたなぁ!」

ロギンズ「それはどうかな!」ズリュウウウウ! フッ!

エシディシ「!!」

エシディシ(奴が消えたッ!?)

ロギンズ「炎を操る、それならば油の糸を使わなければ良いだけの事に過ぎぬッ!この拳でその阿呆顔を直接殴り抜いてみせよう!!」

エシディシ(後ろ!!何時の間にッ!)

ロギンズ「言ったぞエシディシ!俺の身体は全身油まみれ!足裏の油で滑る事なぞ造作も無い事よぉ!くらえ、この拳をぉぉ!」ドドドド

エシディシ「ぐぅぅおおおおお!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:34:38 ID:fmHA7wm00

ーー瞬間ッ!ロギンズの拳はエシディシの顔面を目の前にして静止した!!

エシディシ「...そう!そう!そうだロギンズ!お前は殴れないよなあ!俺のこの顔を!鼻のピアスをッ!ジョジョとやらを救う唯一の方法をぉぉ!」

ロギンズ(波紋で奴の身体を溶かせばおそらくあのピアスは残るだろう。だが!この拳の物理的な攻撃にあのピアスは耐えきれない...)

エシディシ「俺の顔を狙った貴様の敗北だぁ!ロギンズぅぅぅ!」ドドド

ーーほんの一瞬!エシディシは勝利を確信し脚を振り上げた!ロギンズは庇わなかった、いや、もはや庇えなかった!彼の攻撃に転じた姿勢ではガードは不可能!

ロギンズ(...甘いなあ、俺も...)




ドグシャアアアアア!!!


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:35:22 ID:GOPjJ6470

うわああ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:37:32 ID:gXsfGeN10

ロギンズマジイケメン


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:38:47 ID:VUMFsvbQ0

グラッツェ・・・


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:40:11 ID:fmHA7wm00

ロギンズ「!! かはっ...」

エシディシ「鉄板なぞはもう無ぁぁい!!これが正真正銘、肺への一撃必殺よぉ!」

ロギンズ「 ジョ...ジョ...、リサリサ...様... 」

エシディシ「ロギンズ、貴様の技と力、そして度胸、戦士として俺は貴様を認めよう。だがッ!これで終わりよ!この島のどこかにいる女から赤石を奪い取り、俺たちは更なる力を手に入れるッ!」

ロギンズ(...息が出来ない。そうか、息が出来ないという事は、こんなにも辛い事か)

ロギンズ( 後は頼んだぞ、ジョジョ )


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:46:03 ID:fmHA7wm00

ジョセフ「......シゴキの恨みだ。ぶちのめしてくれるぜッ!」スタスタ

ロギンズ( 来た、か...。ジョジョ... )

ロギンズ( お前は強くなった。戦え。戦って、リサリサ様と赤石を守るんだ... )


ロギンズ( 頼んだ ぞ )




ジョジョ「ん?ロギンズ師範代...か?」



← to be continued


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:47:26 ID:jOhGA8Nk0

泣いた



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/14 23:48:09 ID:h1u7aJVj0

グラッチェ、ロギンズ






関連記事
スポンサーサイト