ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透華「奴隷市場でショッピングですわ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 00:41:27 ID:SOcDLblt0

透華「さて、仕事も片付いた事ですし、一、行きますわよ」

一「はい、お嬢様。最近はよく行かれますね」

透華「一、二人きりの時は敬語を使わないようにとあれほど言ってるではありませんか」

一「ご、ごめんね。人間相手に敬語無しで喋るとか、まだちょっと慣れなくて」



一(そう、僕と純と智紀は、この透華お嬢様に買って貰えた、とっても幸せな幸せな奴隷なのだ…)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 00:45:55 ID:SOcDLblt0

透華「相変わらず、ここは不衛生ですわねぇー。ひどい臭いです」プーン

一「仕方ないよ。ここは奴隷市場。魚や家畜の市場となんら変わらないよ。明日、生きてるかどうかすら怪しいもん。お金なんてかけられないよ」

透華「はぁ…、そうですわね。全てを救うのには、今の私ではとても力及びませんわ。まぁ、割り切ってますけど、いい気分ではないですね、ここは」

一(透華様は優しいからなぁ)

透華「それにしても、こんな所に衣が居るかもしれないだなんて…。生きてればいいのですが」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 00:51:09 ID:SOcDLblt0

一(ある日、龍門渕の屋敷に強盗団が入ったそうだ。その時に奪われたのが、お金や高価な物、そして…透華の従姉妹の天江衣)

一(透華様は、忙しい中、暇を見つけては奴隷市場を見て回る日々だ)

一(そんな時に、僕や純や智紀達は、運よく拾われた。今、この瞬間生きてるのは神が透華様との出会いと言う救いをくれたから…)

一「神様には感謝しないといけないね」

透華「神?そんなの居ませんわよ。信じるべきは己自身の力のみです」

一「ふふっ、透華らしいね


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 00:54:42 ID:SOcDLblt0

無しです。もうオチは考えてるんだけど


オッサン「はーい、寄ってらっしゃい見てらっしゃい、今日も新鮮な奴隷を大量入荷だよー」

透華「店主、今日のおススメは?」

オッサン「おっ、龍門渕のお嬢ちゃん、いつもありがとうね!今日は、EカップにFカップ!秋のおもち祭りだよー」

透華「あいにく私は、性的な目的で奴隷を買うわけではありませんけど…。まぁ、見てみましょう」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 00:58:22 ID:SOcDLblt0

透華「ふーむ、なるほどなるほど」

オッサン「どうだい?ロクに食べ物も与えられないで育ってるのに、おもちは大きい!すばらだろー?」

透華「みんなガリガリですわね。もっと、いい物食べさしてあげませんと」

オッサン「んー、こっちも商売だからねー。経費かかるのはちょっとねー」

一「居らっしゃいましたか?」

透華「いえ、居ない…ですわね。まぁ、ボインボインに育ってる可能性もありますけど、私がコレですものね」ヤレヤレ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:02:39 ID:SOcDLblt0

透華「店主、今日の入荷はこれだけですか?」

オッサン「そうだねー。来週は関西から、仕入れてくるけど…。今日はこれだけだね」

透華「そうですか」ガッカリ

オッサン「関西弁で喋る奴隷って面白いよー。生き残るために一生懸命コント考えたりするからさー」

透華「うーん、関西人ねー」


「」ガサゴソ


透華「ん?あそこで何か動きませんでした?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:06:25 ID:SOcDLblt0

店主「あーあれね。いやー、押し付けられて困ってたんだよねー」

衣「あ…ぅ…」

オッサン「なんでも、この奴隷の主人になったものはみんな不可解な死を遂げてるんだ。いわゆる呪いの奴隷ってヤツかね」

オッサン「見てくれ。ロクなもん食べてないから、成長不良だ。これで17だぜ?こんな子、誰が買うかよ」

オッサン「まぁ、誰か売れたら、おまけでサービスしようと思ってたんだ。いらないって言われと思うけど(笑)」



透華「…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:11:56 ID:SOcDLblt0

透華「…買います」

オッサン「えっ、本当かい!で、どこの子にする?あそこに居る、あの子なんかおススメで」

透華「全員です。ここ居る娘達、全員買わせて頂きます!」ドン!!

オッサン「ひ、ひぇー!!!!!!!」



衣「お前も衣をイジメるのか?」カタカタ

透華「」フルフル

透華「今夜は、衣が大好きなエビフライを一緒に食べましょう」ニコッ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:13:16 ID:SOcDLblt0

一方、二条家


咲「・・・」トン

照「・・・」トン

泉「ちっ、今日はツモ悪いわー」トン

咲「・・・」トン

照「ロン」

泉「・・・」イラッ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:17:39 ID:SOcDLblt0

咲「・・・」トン

照「二本場、ツモ」

泉「ふーん」イラッ



泉「リーチ」トン

咲「カン」

泉「リーチしてるのにカンするのは素人やでー。まぁ、奴隷にそんな事言っても、しゃーないわな」トン

照「ロン、三本場です」

泉「・・・」ピキピキ


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:22:38 ID:SOcDLblt0

咲(お姉ちゃんの連チャン止めなきゃ…。めんどくさいなぁ…)

照「リーチ」ドン!!

泉「相変わらず、お前は運だけは強いなぁ」イラッ

咲(カンして無理やり上がろうか…。いや、いいか。今は泉様の一人沈み。私が二位になってしまうと…)

咲(お姉ちゃんは、ホントバカだなー)トン

照「・・・」トン

泉「うーん、悩むけど、これや」トン

照「すいません、ロンです。四本場。泉様の飛びです」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:26:20 ID:SOcDLblt0

泉「はっ!?」



泉「てるぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!!ちょっと、面貸せや!!高1最強のうちが、お化粧したるわ!!」

照「はい」


バキ!ボキ!ドカッ!ドゴォ!

泉「はぁはぁ…、キレイになったやん、照」

照「」→気を失う

咲(・・バカな姉だこと)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:31:45 ID:SOcDLblt0

コンコン

咲「お姉ちゃん、入るよー」

照「ウッ…ウッ…ウッ…」

咲「もー、いい加減、手加減覚えようよ!もう私達四姉妹は、二人しか残ってないんだよ」

照「それは出来ない。麻雀で手を抜く事は、絶対に許されない。誰が相手でも、全力で闘う。それが私の麻雀」

咲「麻雀の神様は、何も救ってくれないよ?異能持ちの多くが奴隷になるこの世界。神様は麻雀が大嫌いなんだよ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:36:14 ID:SOcDLblt0

照「咲は悔しくないの?麻雀で負ける事」

咲「悔しくないよ。一位でも二位でも、どれでも持って行けばいいじゃん。私は生き残るために麻雀してるんだよ」

照「悲しいね。麻雀を楽しめないだなんて。お前は誰よりも麻雀が強いはずなのにね」

咲「別にいいよ。殴られないし。お姉ちゃんは、いつもボコボコにされてるよ。痛くない?」

照「痛い」

咲「麻雀負けたら?」

照「嫌だ」

咲「殴られても麻雀勝ちたいの?」

照「うん、負けるのはもっと痛い」

咲「ダメな、姉だなー」ハァ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:42:32 ID:SOcDLblt0

そしてある日

泉「はっ!?おとんがリストラやと…!」



こうして泉は奴隷を手放す事となった。


咲「お姉ちゃん、もう会う事もないかもね」

照「あぁ、咲の本気の麻雀見てみたかったよ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:43:37 ID:SOcDLblt0

咲「んー、麻雀はこの国では国技だしね。打つ機会はきっとあるよ」

照「四年に一度開かれる天下一麻雀大会、そこで優勝すれば、奴隷から解放されて人間になれると言う…」

咲「へぇー、そんなのあるんだ」

照「うん、もし出れたら、出ればいいよ。たまには勝つために麻雀を打ちなさい。姉の最後の言葉」

咲「お姉ちゃんは、生きるために麻雀負ける事を覚えた方がいいよ。妹の最後の言葉」



咲・照「バイバイ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:45:46 ID:o8szG0ID0

何か悲しい運命を感じる
支援


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:49:26 ID:SOcDLblt0

和父「おーい、和。奴隷買っちゃった」てへぺろ(・ω<)

和「もう…、犬や猫飼うのではないのですから…、この前吉野の山で逃がしたじゃないですか!」

和父「ありゃー、人間でもなくて奴隷でもなくて猿だからな。うん、あれは仕方ない。あの猿も自然で生きて幸せだろうさ」

和「私、すっごく気に入ってたんです!!」

和父「まぁまぁ、今度のは家事がちゃんと出来る奴隷だからさー」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 01:57:34 ID:SOcDLblt0

和「で、どこに居るんです。原村家の奴隷は」

和父「おいでー、お前のご主人様だよ」

咲「」オドオド

咲「宮永咲と申します、何でもします。ご主人様に見捨てられないように精一杯、頑張ります」ペコリ


和「」ドッキーン



和「なんですか!その麻雀の打ち方は!」

和「負けたのが悔しいのよ!麻雀好きでもない貴方に!」

和「ペロペロさせろよ、オラァ!」

和「おはようのキスを忘れるとか、奴隷失格だ!こらぁ!」



わりと原作に近い感じで、仲良くなって和・咲でした


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:02:03 ID:SOcDLblt0

一方、吉野山

誠子「ふーむ、ここに人を襲う猿ね…」

誠子「まぁ、最近麻雀ばっかり打ってたし、体がなまってるからなー」

誠子「まずは猿で、肩慣らしと行きますか」


「」ガサゴソ

穏乃「ウッキーーーー!!!!!!!!」

誠子「おっと出たなー、ボス猿!人間様にかなうと思うなよ!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:07:07 ID:SOcDLblt0

誠子「なんだ、もっとババコンガみたいなの想像してたら」

穏乃「う、ウッキー、ウッキー(震え声)」カタカタ

誠子「お前、奴隷だろ。首に奴隷プレートぶら下げてるし…。こんなの見つかったら、殺されるよ」

穏乃「ウッキー!!」ビクッ

誠子「はぁ、言葉すら喋れないのか…。困ったな…。まぁ、教えればいいか。アイルーみたいなの欲しかったし」

誠子「えー、一緒に来い!バナナやるから!」ジェスチャー

穏乃「」コクコク


穏乃、ご主人様ゲット!


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:12:46 ID:SOcDLblt0

また場面は変わって。


竜華「はー、奴隷ねー。おかんがギックリ腰で入院っと」

竜華「うち家事したくないしー、奴隷にさせればいいしー。とは言ったものの、案外奴隷って高いなー」

玄「私、家事得意ですよ!おもちのマッサージも得意です!おまかせあれ!」

竜華「えー、ドラゴンの血統書つき…、うわぁーーー、高ッッッッ!!車買えるやん!」

竜華「無理ー無理ー。また今度なー」

玄「お、お姉ちゃん」ウルウル


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:13:21 ID:SOcDLblt0

>>49鬼畜王ランスプレイしてたら、何となく思いつきました


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:18:45 ID:SOcDLblt0

竜華「なぁ、オッサン。PSP買える値段で、なんか買えるヤツおらんかぁー」

オッサン「はぁ!?ご予算それだけ!?この前、タダでもいいヤツ居たけど、売れちゃったからなぁ」

オッサン「あっ、そうだ!居た居た」

オッサン「保健所に連れてくしかないなーって思ってた子だよ」

怜「」ブルブル

オッサン「嘘ついて売っても、クレーム来たら嫌だからね。正直に言うよ。この奴隷、長くない」

竜華「ふーん(おかん帰って来るまで持てばいいんやけどな)」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:24:23 ID:SOcDLblt0

竜華「なぁ、あんた家事は得意?」

怜「い、一応は出来るつもりです」

竜華「名前は?」

怜「怜って書いて、トキです。鳥のトキよりも寿命が短いんですよーなんちゃって…」アハハ

竜華「鳥よりは生きようや(笑)、よっしゃ、うちに買われて行くか?」

怜「はい!何でもします!この命燃え尽きるまで、お嬢様の側にお仕えさせて下さい!!」

竜華(おかん帰って来たら、船Qにでも押し付けようと思ってるんやけどなぁ)タハハ



怜、ご主人様ゲット!


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:31:51 ID:SOcDLblt0

こーこ「さて、やって参りました!天下一麻雀大会!!実況は、私、福与恒子!!」

こーこ「解説はもちろん、この国の麻雀総理大臣、小鍛治健夜!」

すこやん「あははー、よろしくー」

こーこ「さてさて、全国から魔物達が集まってくれましたね」

すこやん「うん、なんで奴隷って異能持ちなんだろうね?まぁ、それは神様が決めたこの世界のルールだから仕方ないけどさー」

こーこ「流石、元奴隷!気持ちがわかりますか!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:38:27 ID:SOcDLblt0

すこやん「そうだねー。私も生まれ変われて良かった。あの日初めて、麻雀と言う物に感謝をしたし、生んでくれたお母さんにも感謝出来た」

すこやん「元奴隷が有名過ぎて、結婚してくれる相手が見つかりませーん」ズーン

こーこ「おっと、勝手に自虐ネタに走ったようです!さてさて、天下一麻雀大会、優勝者だけが奴隷から人間にジョブチェンジ!」

こーこ「正真正銘、生まれ変わる事が出来ます!試合に負けたショックで自殺しちゃう人も居ます!そんなバイオレンス感溢れた麻雀なんです!」



こーこ「さぁ、選手のみなさん気合は十分ですか!では、一回戦…スタートです!」



終わり


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:40:28 ID:yqz1w8Gp0

(第一部)終わり
だよな?


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 02:50:38 ID:SOcDLblt0

>>65

安価にしたら良かったと思いますた。
では、みなさん御機嫌よー


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 03:09:50 ID:RY1/bPnR0

ふぇぇ…


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02 03:24:35 ID:MnefFkda0

面白かったよ
続き出来たらまた書いて貰おうか


元スレ: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349105790/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。