FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

ハギヨシ「お見合い……ですか?」透華「そうですわ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:34:23 ID:JWQ29tTH0

透華「ハギヨシ!」パチン

ハギヨシ「ここに」シュバッ

透華「ハギヨシ…貴方もそろそろ所帯を持つべきじゃないかしら?」

ハギヨシ「この身は既に龍門淵家に捧げています。今更結婚など……」

透華「いけませんわ。全くもっていけません……ハギヨシ!これは命令よ。お見合いをしなさい!」

ハギヨシ「お見合い……ですか?」

透華「ええ。既にセッティングは済んでいますの。明日東京の龍門淵コーポレーション傘下のホテルで行いますわ」

ハギヨシ「……相手を聞いてもよろしいでしょうか?」

透華「それは着いてのお楽しみですの。あぁそう、お見合いは複数人としてもらいますわ!貴方自身が相応しいと思う相手を見つけなさい!」

ハギヨシ「それは相手の方に失礼なのでは?」

透華「相手も了承していますの。それに見合いに失敗したとしてもアフターケアはしっかりとしますわ」

ハギヨシ「なるほど、では…明日の為に向けて準備してきます」

透華「よろしい!貴方に合う相手が見つかると良いわね!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:36:55 ID:JWQ29tTH0

次の日、東京にて

ハギヨシ「ここがお見合い場所のホテルですか。私が使うにはいささか豪華ですね。さてと、相手の方は……」

来た相手は?プロでも高校生でもおk
>>6


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:39:23 ID:MNoH642w0

はじめ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:43:14 ID:JWQ29tTH0

一「こんにちは、ハギヨシさん」

ハギヨシ「一さん?どうしてここに?貴女は屋敷で庭をを掃除している時間でしょう」

一「今日は透華にお休みをもらったんだよ。大事な日だからね」

ハギヨシ「もしかすると、私のお見合いの監視ですか?」

一「もう!察しが悪いなぁ…いつもはパパって頭の中読んでくれるのに」

ハギヨシ「……お見合いの相手とは……貴女ですか?」

一「あたり!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:48:58 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「はぁ…お嬢様が秘密にすると言うのも分かりますね」

一「一応、練習的な意味もあるらしいよ。最初に身内で練習するのも悪くないからね」

ハギヨシ「つまり、貴女は本気で見合いにする気はないと?」

一「いやいや!そんなことないから!確かに透華に頼まれたけど……ぼ、僕としてもハギヨシさんと…け…結婚しても、良いと……思ってるし……」

ハギヨシ「そうですか……ならばお見合いを始めましょうか」

一「うん……でもお見合いって何すればいいのかな?」

ハギヨシ「ふむ、お見合いの定番といえば先ずは>>12でしょう」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:52:35 ID:yPUIJCTG0

性癖


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 21:59:47 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「性癖……ですかね。将来を誓い合う相手の性癖を知ることは非常に大切なことです」

一「…………ハギヨシさんが言うならそうなの…かなぁ。どう見ても間違ってる話題だよね」

ハギヨシ「何分初めてのことなので。これも練習と言うことで付き合ってください」

一「う、うん。そうだね。じゃあ僕の性癖言うね。僕の性癖は縛られることだよ!これぐらい、かな」

ハギヨシ「は……?それだけ……ですか?他にもっと重要なことが有ったりは……」

一「さすがに恥ずかしいな///……って感想それだけっ!?他にもって…無いよ!これどけだよ!」

ハギヨシ「ご自分の服装に何か感じるモノはないのですか……」

一「?いたって普通の服じゃないか。それよりハギヨシさんの性癖教えてよっ!」

ハギヨシ「…………私の性癖は>>18


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:01:19 ID:pxmzOsAz0

とにかく中出し


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:09:22 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「私の性癖はとにかく中出しですね」

一「もうっ!ハギヨシさんたら!///変態っ!色魔っ!」

ハギヨシ「将来を誓い合う相手に中出しするのは当たり前のことでしょう。そもそも結婚する相手以外と肉体関係を持とうなど愚かなことはしません」

一「発言の割に随分真面目だね……っていうか性癖って言うのかなぁ?」

ハギヨシ「私は執事になる過程であらゆる欲望を一度捨てていますから、性癖と言う性癖は特にありませんね」

一「じゃあ!相手に合わせてくれるってことだよね!」

ハギヨシ「目を輝かせて此方を見ないでください。だから結婚する相手以外との性交渉はしないと言ったばかりではないですか」

一「性交渉じゃなければいいんだね!?」

ハギヨシ「……次の話題に行きましょう。この事は後でお嬢様に伝えておきます」

一「そんなぁ……あんまりだよぉ」

ハギヨシ「次の話題は>>26ですね」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:10:28 ID:JDkw0Kgv0

    (ナカダシ)
これは腸内出しですね……間違いない(確信)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:24:54 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「肛門性交ですかね」

一「え"……ハギヨシさんそんな趣味有ったの……?」

ハギヨシ「嗜む程度ですがね。とある女性が「ホモが嫌いな女の子はいないっ!きゅふふふふ」と言っていたので一さんもかと。女性共通の話題を出すことで場を繋ぐことを目的としています」

一「そんなことないよっ!僕はノンケだよ!」

ハギヨシ「ん?今ノンケと言いましたよね?普通の方はノンケなんて単語を使わずに異性が好きだと言うはずなんですが」

一「……どんだけ話題続けたいのさ。もう、仕方ないなぁ。じゃあ肛門性交について語ってよ」

ハギヨシ「ふむ、今まではホモ前提で話していましが別に肛門があるのは男だけとは限りません。アブノーマルなプレイの一環として男女間でも行われることがあります」

一「あれだけホモを推しといて結局異性と?」

ハギヨシ「ですから嗜む程度と言ったでしょう。そもそも私に男性好きの気はありません。結婚するならば異性です」

一「えぇ~……何か期待外れだなぁ」

ハギヨシ「そもそも異性との見合いの場で男好きをカミングアウトするわけないでしょう」

一「じゃあ見合いじゃなければ?」

ハギヨシ「……次の話題は>>48です」

一「誤魔化された!?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:27:40 ID:urGvp4l50

きのこたけのこ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:32:23 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「次の話題はきのこたけのこですね」

一「あーあ……ハギヨシさんお見合いする気あるの?」

ハギヨシ「勿論です。私と同じ派閥の女性でなければ結婚など言語道断」

一「……ハギヨシさん過激派だったの……」

ハギヨシ「では同時にカミングアウトしましょうか」

一「うん、ハギヨシさんが僕と同じお菓子を好きなのを願ってる」

ハギヨシ「もし異なったのなら屋敷に戻った後調教ですね」

一「え"っ……」

ハギヨシ「ではいっせーのせっ!」

>>59
ハギヨシ>>64


59: 名無し 2013/01/22 22:33:55 ID:wivrL7zB0

たけのこ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:34:38 ID:KHSnPRzs0

きのこ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:37:04 ID:nvX1lUBO0

これだからきのこ厨は…


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:38:14 ID:JDkw0Kgv0

きのこ厨協調性無さ過ぎ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:40:52 ID:RwnJ8SJT0

ハギヨシきの厨かよウゼェ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:42:53 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「きのこの山!」

一「たけのこの里!」

ハギヨシ・一「「…………」」

ハギヨシ「……一さん」

一「ハギヨシさん……」

ハギヨシ「どうやら私達は相入れない運命の元に生まれてきたようですね」

一「覚悟はいい?」

ハギヨシ「執事である私に勝てるとでも?」┣¨┣¨┣¨┣¨

一「元マジシャンの僕を舐めないでほしいな」┣¨┣¨┣¨┣¨

ハギヨシ「……暴力に頼るのは大人気ないですね」

一「うん、僕もそう思うよ。だ…だから……続きは///」

ハギヨシ「ベッドの上と?」

一「こんな時だけ頭の中読むのやめてよっ!」

ハギヨシ「フフフ……今夜は寝かせませんよ」

2人は幸せなキスをして終了
きのこたけのこend


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:46:47 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「ハッ!私は夢を見ていたようですね。そもそも執事に好みなどあるわけないのです。御主人に合わせるのみ。執事になる過程でお菓子の好みは抹消しました」

>>87「貴方が私のお見合い相手ですか?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:48:42 ID:oW6JDlAC0

すこ


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:55:02 ID:JWQ29tTH0

健夜「あああああ貴方がわ、わわわたくしのおみ、お見合い相いぃ手ですかァ?」

ハギヨシ「……小鍛冶健夜さんですよね?」

健夜「はぃぃぃい!私が小鍛冶健夜ですっ!貴方の嫁になる女です!」

ハギヨシ(必死過ぎて見ていられない…)

健夜(イケメンッ!良いとこの執事ッ!キョどる私を見ても何ともなく振る舞う優しさッ!逃さない)ゴゴゴゴゴ

ハギヨシ「あんまりオーラを出さないでください……」

健夜「ハッ!しまった!すいません!」

ハギヨシ「いえいえ。貴女ともあろう方なら仕方のないことでしょう。ではお見合いといきましょう」

健夜「はいっ!ハギヨシさんってかっこいいですね!!>>105なんか似合うと思います!」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 22:58:23 ID:IscwKMnr0

(夜の)乗馬


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:08:01 ID:JWQ29tTH0

健夜「乗馬なんか似合うと思います!」ヨルノ

ハギヨシ「(聞こえなかったことにしましょう)乗馬ですか?執事たるもの高貴な方々の趣味について行く為に乗馬を初めとしたあらゆるスポーツ、芸能、武術などを修めています」

健夜(ついつい想いが溢れ出ちゃった。聞こえてないみたいだしイイよね?)

健夜「すごいです!私なんて特技は麻雀ぐらいしかないんですよ……。しかも打った相手は皆二度と打ってくれないんです。何故でしょうね?」

ハギヨシ(自覚なしですか…これは重症ですね……)

ハギヨシ「その特技で世界一位を狙えるのだから凄いことではないですか。打った相手が二度と打ってくれないというのは、恐らく、貴女に追いつきたいが為に裏で練習しているのでしょう」

健夜「そうですよね!良かったぁ。てっきり嫌われているんじゃないかとひやひやしてたんですよ」

ハギヨシ(何故でしょう。この人が結婚出来ないのが分かった気がします)

ハギヨシ「つ、次の話題に行きましょう。>>119なんてどうでしょう」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:10:32 ID:8OOy8G/a0

夜のすごし方


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:20:36 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「夜の過ごし方なんてどうでしょうか?」

健夜「(結婚後の)夜の過ごし方なんて……キャッ///大胆ですね///」

ハギヨシ「……どこに大胆な要素があったのでしょうか。私はいつもメイドの教育をしていますね。昼間はお手本、夜に反省と指導と言う形で」

健夜「えっ!?ひ、ひどいよっ!私を騙すなんて!それにメイドと夜の教育!?婚約者の前でいうことじゃないって!」

ハギヨシ「あぁ……あの、その……何ですか……あまりにも下の方に考え過ぎではないでしょうか」

健夜「うぅ……婚期の終わりが見えてるアラフォーは下ネタで釣らないと男が寄って来ないってこーこちゃんが……」

ハギヨシ「あのアナウンサーが原因ですか……ではここからは貴女自身の想いを言ってもらえると嬉しいですね」

健夜「え?でも私……麻雀しか出来ないし……だから結婚出来ないんだって……」

ハギヨシ「それは思い込みです。貴女には貴女だけの魅力があるはずです。それを探すことで結婚に近づけるのです」

健夜「……うん、そうだよね。何事も自信がなくちゃダメだよね!分かった!じゃあ>>128なら魅力に自信あるよ!」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:23:41 ID:Var7B5je0

食べっぷり


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:35:45 ID:JWQ29tTH0

健夜「食べっぷりなら自信あるよ!好きなものを好きなだけ食べるとすごく幸せな気持ちになって心なしか身体が若返る気がするんだよ!」

ハギヨシ(……若さの秘密がこれですか)

ハギヨシ「それは……凄いですね。沢山食事をしてもその体型を維持していられるのなら、世の女性の皆様が羨むこと間違いなしです。それは貴女の魅力ですよ」

健夜「そ、そうかな、えへへ///お母さんの料理って凄く美味しいんだよ。いつも結婚しろってウルサイけど実家暮らしなのは、お母さんの料理が美味しいのがいけないんだ。そうだ!今度お母さんの料理ご馳走してあげるよ!」

ハギヨシ(私はお母様の料理よりも貴女の料理の腕前が気になります……)

ハギヨシ「それはとても楽しみですね。結婚したら是非呼んでください」

健夜「うん、そうするよ。こーこちゃんも呼んで宴会しなきゃ!」

ハギヨシ(……やっぱり結婚する気ないんじゃないですか?)


2人は幸せな食事をして終了
ハッピーエンド……?


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:38:38 ID:JWQ29tTH0

ハギヨシ「何故かお腹がいっぱいです。私はどんな夢を見ていたのでしょうか…….」

>>145「私のフィアンセと聞いて」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:41:40 ID:IscwKMnr0

戒能プロ


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:49:56 ID:JWQ29tTH0

良子「貴女が私のフィアンセですか?」

ハギヨシ「まだ決まってはいませんけどね。こんにちは」

良子「こんにちは。戒能良子です。本日は呼んでいただき有難うございます」

ハギヨシ(非常に好感の持てる人ですね。マトモだ……)

ハギヨシ「戒能プロですね。存じ上げております。ルーキーながらも熟練のプログラム達に引けを取らないホープだとか」

良子「お恥ずかしい限りです。せっかくの見合いの場なので敬語はなしにしてください。恐らく私の方が年下ですから」

ハギヨシ「と言われてもこれは職業柄仕方のないことですので。代わりと言ってはなんですが、貴女も敬語はなしにしてくださち。フレンドリーにいきましょう」

良子「そういってくれると嬉しいで……嬉しい。歳上相手しかいないプロだと肩がこって……」

ハギヨシ「それは苦労されるでしょうね。では>>158ことについて話しますか」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:53:21 ID:JWQ29tTH0

>>152
誤字:プログラム
正しい:プロ


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22 23:55:23 ID:urGvp4l50

過去の恋愛遍歴


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:08:25 ID:rxwhc/b40

ハギヨシ「今までの恋愛経験なんてどうでしょう?」

良子「普通お見合いで過去の恋愛経験聞く?ちょっと常識を疑っちゃうなぁ」

ハギヨシ「軽いジャブみたいなものですよ。ちなみにどんな恋愛経験があろうとも私は人柄を見て結婚相手を決めるので、赤裸々にぶちまけてください」

良子「ふふ、大らかな人は好きだよ。残念?だけど私恋愛経験0なんだよね。実家が鹿児島の神社の分家なんだ」

ハギヨシ「ほう、プロになってからも何も無かったと?」

良子「結構ぐいぐい来るね。残念ながらプロポーズは女の子からしか来なかったよ……」

ハギヨシ「いかにもなクールな印象を持つ貴女らしいと言えますか。男子プロはどうしたんでしょうね」

良子「週刊誌には実家の圧力がどうとかってあったんだけど……本当のところは知らないんだ。」

ハギヨシ「実家ですか……私はOKが出たということでしょうか」

良子「あの龍門淵の執事ならば充分だと思ったんじゃないかな。私は本人の気持ちが大事だと思うけどね」

ハギヨシ(久しぶりのマトモな見合いな気がします)

ハギヨシ「私も本人の気持ちが大事だと思いますよ。」

良子「うん、貴方とはいい関係になれそうだね。じゃかこんな話題はどうかな?>>168


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:12:50 ID:TAuXLCuK0

料理


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:20:44 ID:rxwhc/b40

良子「料理…なんてどうかな?」

ハギヨシ「料理、ですか。私は執事なので料理は得意ですよ。中でも得意分野は和食ですね」

良子「へぇ、執事って凄いんだ。私は海外にいた時に散々洋食食べていたから和食が食べたいんだよな」チラッ

ハギヨシ「貴女は素直な人ですね。いいでしょう。もし、結婚したならば沢山振る舞ってあげます。期待してていいですよ」

良子「ははっ。もし……ね。分かったよ。じゃあ、もし、結婚したなら私も海外で鍛えた洋食を作ってあげよう」

ハギヨシ・良子「「フフフ」」

次の話題は>>179


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:23:25 ID:EnUaH+c20

デートに誘う


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:32:26 ID:rxwhc/b40

ハギヨシ「デートしましょうか」

良子「あぁ、私も今言おうとしたんだけどな。先を越されてしまったようだね」

ハギヨシ「こういうのは男から、と決まっているのですよ、今も昔も」

良子「ふふっ……男前だね」

ハギヨシ「執事たるもの常に紳士であれ、ですよ。女性をエスコート出来ない旦那は情けないですから」

良子「おや?デートするだけなのにもう旦那気取り?まだ、お互いに言葉が足りないのに……ねぇ?」

ハギヨシ「はぁ……貴女には敵いませんね。私と正式に結婚を前提として付き合ってくださいませんか?」

良子「ふふっ///喜んでお受けいたします」

ハギヨシ「デートの後に言うつもりだったのですがね」

良子「いいじゃないか。私は好物は最初に食べる派なんだ」


2人は幸せなデートをして終了
クーデレな夫婦エンド


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:39:14 ID:rxwhc/b40

すこやんは残念系スク水アラフォーだから仕方ないね

じゃあ寝るわ
ここまで参加してくれて有難う


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 00:49:12 ID:6BxwjyOh0

乙乙面白かった まさかホモじゃないなんて


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23 01:01:28 ID:Xr3yv38bO

乙っす!


関連記事
スポンサーサイト