ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怜「おちんちん生えた…」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:03:16 ID:4y0lZeklP
怜「ありえん…なんやこれ…」

怜「嘘や…」



竜華「怜ー?」ガチャ

怜「!?」ガバッ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:06:17 ID:4y0lZeklP

怜「な、な、なんや、竜華やないか どないしたん?」

竜華「どないしたんって今日遊ぶ約束しとったやん」

怜「そ、そうやったっけ?」

竜華「もう、めっちゃ楽しみにしとったのに…」

怜「(ちゃ、ちゃんと覚えとったで・・・でもこんな状態じゃ…)」


竜華「…具合、悪いん?」ズイッ

怜「(う……わっ…)」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:08:16 ID:4y0lZeklP

竜華「ん~?熱は無いみたいやけど…」

怜「(ちょ、ちょ、近い…!)」

竜華「う~ん?」

怜「(に、におい…竜華の…ああ…」

竜華「でも何や顔赤いなあ…う~ん」ぐにゅ

怜「ひゃっ!!!」

竜華「ん?なんやこれ?携帯?」

怜「(あ、あ、あ、あ)」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:12:01 ID:4y0lZeklP

竜華「こんなとこ置いとったら折れてまうで~」ぐいっ

怜「ひ…っ!!あ!!」

竜華「な、なんや変な声出して」

竜華「?? 何でこれ動かないん?えいっ!このっ!!」ぐいっぐにっ

怜「んっいっにっいっ」

竜華「え? ……」

怜「………」

竜華「何か隠しとるやろ」

怜「………」

竜華「………」がばっ

怜「………(終わった……)」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:15:59 ID:4y0lZeklP

竜華「それで…あの…」

怜「えっぐ…ぐすっ…訳分からんもう…嫌や…」

竜華「ご、ごめん…」

怜「……竜華が、謝ることや、ないけど…」

竜華「えっと…男の子やったとか……ではないよな…」

怜「そんなわけ、無いやん、お風呂とか、一緒に入っとったのに……」

竜華「やっぱり今朝起きたら急に生えとったと…」

怜「うん…」

竜華「と、とりあえず皆には内緒にしとかんとな!」

怜「えっ…黙っててくれるん?」

竜華「当たり前やん!」

怜「竜華……っ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:19:39 ID:S6jg6xK7P

やっぱりふたなりは最高


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:21:11 ID:4y0lZeklP

怜「う、ウチ、もうダメになりそうやった……」

竜華「どんなになっても怜は怜やで!」

怜「ありがとう……(ぐにゅっ)  あっ!」

竜華「ひゃっ………」

怜「ご、ごめん、当たって…」

竜華「……ちょ、ちょっとびっくりしただけや!」

怜「う、うん…」

竜華「……あの、それ、洗ったりしなくて良いん…?」

怜「えっ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:22:43 ID:4y0lZeklP

竜華「い、いやよく言うやん!男の人のってちゃんと洗わないとダメとか…まあ女もなんやけど…」

怜「わ、分からん…全然分からん…」

竜華「そ、そりゃそうやね…」

怜「………」

竜華「………」



竜華「…ちょっと、見せてみて?」

怜「えええっ!?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:25:13 ID:4y0lZeklP

怜「な、なんでや…嫌やそんなん!」

竜華「……」

怜「りゅ、竜華…?」

竜華「……見せへんのやったら皆に言う」

怜「!?な、なに、を…」

竜華「はよ脱ぎ」

怜「う、嘘、や、そんなん、嫌……」



竜華「(ああああ普段強気な怜がこんな涙目でええええあ!!!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:30:05 ID:4y0lZeklP

竜華「ついでやからもう全部脱いで 上も下も」

怜「………」

竜華「返事は?」

怜「………は…い……」

竜華「しっかり見とくから安心してな」

怜「………グスッ」しゅる…

竜華「……(はあはあはあ)」


竜華「ほら、パンツ残ってとるやん はよー」

怜「りゅ、竜華…怖い…」

竜華「………タイムリミットやな」 ピ、ポ、パ

怜「!!ま、待って!!脱ぐから!!」

竜華「(ジーーー)」

怜「……ううう…」しゅる

ぶるんっ

竜華「う……わっ…」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:30:50 ID:F+x9aSNj0

怜ビッチ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:40:36 ID:4y0lZeklP

竜華「(こ、こんなんなっとるんや…うわー何か皮被っとるけど…」

竜華「…りょ…両手後ろに組んで」

怜「っ……なんで…こんな…」

竜華「そのまま、どうぞご覧下さい、竜華さま」

怜「!?ふ、ふざけっ……」

竜華「………」

怜「うっ…うう、う…」

怜「ど…どう、ぞ、ご覧、下さい……竜華…さま…」


竜華「(クラッ)」

竜華「(やばい、たまらん…)」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:47:49 ID:4y0lZeklP

竜華「てか皮被っとって何か…笑えるわ」

怜「し、知らん…そんなん…」

竜華「えい、えい」(足でぺちぺち)

怜「ひゃっ!?ちょ、ちょ、やめ…っ」

竜華「ぷっ…なんやこれー」ペチペチペチ

怜「あっあっあっ」

竜華「何気持ち良さそうな声出しとるん?」

怜「あっひっあ…あ…」

竜華「(そういや何やこの皮剥くと敏感だとか書いとったな…)」

竜華「(きっと気持ち良いんやろ…あんま虐めると本気で嫌われるし…せめて最後に…)」


竜華「えいっ」

怜「ひあっ!?な、なにするん!?」

竜華「このまま足で剥いたるわ」

怜「む、剥く?何を……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:50:30 ID:4y0lZeklP

竜華「えーい」ぐいいい

怜「!?ぎあっい、いだっ!!」

竜華「(痛い?そんなわけ…)」

怜「や、やめ、で、痛い!」

竜華「んー?」ぐいっぐいっ

怜「あぎいいい!!何で…何で竜華こんな…いぎっ!!」

竜華「(…あれ?本気で痛がっとる?)」

怜「…う、ぐすっうっぐっえぐっ」

竜華「(あ、やばっ)」

怜「……」クラッ

竜華「ちょっ!!怜!!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:53:32 ID:4y0lZeklP

……

竜華「怜!怜!!」

怜「ん…あれ……」

竜華「あっ…よ、よかった…」

怜「………」プイッ

竜華「えっ」

怜「……どちらさんですか」

竜華「う、うわーん!!許して悪ノリし過ぎたわー!」

怜「酷い」

怜「鬼」

怜「悪魔」

竜華「う、ううう…どうしたら許してくれるん…」

怜「……知らん…」

竜華「……うっぐ…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:55:49 ID:4y0lZeklP

怜「……」チラッ

竜華「えっぐえっぐ」

怜「……ハア  お風呂…入って…」

竜華「えっ!」

怜「…今のウチとじゃ、嫌?」

竜華「そ、そんな訳ないやん!!」

怜「良かった」

竜華「……怜、ごめん…」ぎゅう

怜「ううん、ま、まあたまには良いんやないの…うん…」

竜華「(お?意外と好感触やな…)」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:59:45 ID:4y0lZeklP

お風呂


竜華「や、やっぱ生えとるんやね…」

怜「うん…」

竜華「えっと…せめてものお詫びに身体流します」

怜「お、気がきくやん~」

竜華「は、はい…サービスしますよ~なんて」

怜「…じゃあ、ここ優しく洗って」

竜華「っひゃ!?」

怜「ほら、早く あんなに見たがってたやん」

竜華「や、ちょ、近っ……」

怜「早く」

竜華「は、はいいい」

竜華「(立場が逆転しとる……)」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:02:35 ID:4y0lZeklP

竜華「え、えっと…じゃあ、タオルで…」

怜「手でやって」

竜華「え、ええー!」

怜「文句言わん!」

竜華「ううう…じゃ、じゃあ…洗うで…」

怜「うん…」


にゅる…っ

怜「ひゃっあっ…」

竜華「…気持ち、良い?」

怜「う、ん…すご、い…」

竜華「怜が気持ち良いと、ウチも気持ち良い」

怜「な、なに良いこと言って…ひゃっ」

にゅるにゅるにゅる


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:05:27 ID:4y0lZeklP

竜華「…あ、皮、ちょっと剥けとる…痛くない?」

怜「うん…今の竜華は優しいから…」

竜華「そ、そうやで優しいで…」にゅるっにゅるっ

怜「む、剥い、て…」

竜華「ええーむ、難しいやろそれ…」

怜「無理矢理でええから…」

竜華「い、痛がるやん!」

怜「我慢するから!」

竜華「……知らんで、もうー…」にゅこっにゅこっ

怜「んっいっ……あ…」

竜華「先っぽ、出てきた…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:08:46 ID:4y0lZeklP

竜華「ん…しょ……えいっ」

ぐりゅんっ

怜「んいっ…!!」

竜華「あ!い、痛かった?」

怜「う…ううん…でも、剥けた…」

竜華「お、おお…こんなんなっとるんや…」

怜「見て…もっと…」ずいっ

竜華「ひゃっ!?み、見とるよお」

怜「もっと、もっと」

竜華「(に、におい…すご…はあ、はあ)」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:13:28 ID:4y0lZeklP

怜「竜華、入れたい…」

竜華「えっ何が…」

怜「竜華におちんちん入れる…」

竜華「ちょっ!あ、あかんて!」

怜「嫌なん?ウチなんかじゃ」

竜華「そ、そんな訳…でもウチ、経験無くて…」

怜「(そっか…処女…まあウチもやけど)」

怜「(竜華が痛がったりとかは凹むしな…)」

怜「じゃ、じゃあ弄って…」

竜華「そ、それくらいなら…」にゅるっにゅるっ

怜「……食べて」

竜華「へ?んごぼっ!?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:17:00 ID:4y0lZeklP

画像ありがとうございます


竜華「んー!?んー!?」

怜「はあ、はあ、はあ」じゅぽっじゅぽっじゅぽっ

竜華「げっ・・・ほっん、ぐうう・・・」

怜「……あ、出るぅ…」

怜「あ、」

びゅるるっびゅっ!!びゅるるるる!

竜華「んぶうううう…」

竜華「ん・・・っぐ・・・」ゴク・・・ゴク・・・







怜「えーと、ごめん…」

竜華「…ぐすっ」

竜華「(まあウチも酷いことしたし…)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:21:09 ID:4y0lZeklP

竜華「…気持ち良かった?」

怜「えっう、うん」

竜華「そっか…ならオッケーやで!」

怜「…っ 竜華っ」ぎゅー

竜華「わっちょ、怜…もう」ぎゅー




怜「これついてたら結婚、できるかも」

竜華「ん?」

怜「竜華さえいれば、良いし」

竜華「…また可愛いこと言ってくれてー」むにゅ

怜「ひゃっ…も、もうー…えへへ」



翌朝

怜「き、消えとる!」

竜華「ええー!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:26:18 ID:4y0lZeklP

怜「何やったんや…」

竜華「う、うーん…でも……あんなんついてなくても…」ぎゅうー

怜「……うん!」


くぅ~w
お疲れ様でした


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 04:29:42 ID:LjFUq28H0

次は竜華についてるターンだろ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 09:36:28 ID:HHHMzRNt0

福路美穂子ちゃんの美乳揉みたい


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363370596/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。