ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリカ「お姉ちゃん!」まほ「!?」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 23:01:47 ID:7S3p53Iz0
エリカ「お姉ちゃん!」

まほ「…な」

まほ「なにを考えてるのエリカ…」

エリカ「お姉ちゃん!私、西住エリカですよ!」

まほ「うわ…」

まほ(怖い…)

エリカ「お姉ちゃん~」




誰か書いてくれないだろうか

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 23:15:20 ID:7S3p53Iz0

仕方ない…少し書いて見るか


まほ「ちょやめ…やめてエリカ」

エリカ「お姉ちゃん~」ぎゅう~

まほ「落ち着いてエリカ」

まほ「エリカは私の妹じゃない」

まほ「エリカの名字は逸見よ?」

エリカ「細かいことはどうでもいいじゃないですか!」

エリカ「これからは私を妹だと思ってください、隊長!」

まほ「ええー…」


他に書きたい人いたらいつでも言ってね


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 23:23:43 ID:7S3p53Iz0

エリカ「もう元副隊長はいません!」

エリカ「私を妹のように可愛がってください!」

まほ「どうしてそうなるの…」

エリカ「だって隊長は元副隊長のことを嫌っているのでしょう?」

まほ「いや…そんなことは」

エリカ「じゃあなぜ喫茶店で元副隊長を庇わなかったんですか?」

まほ「それは…」

エリカ「もちろん元副隊長より私のほうが好きだからですよねっ!」

エリカ「ね!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 23:36:04 ID:7S3p53Iz0

まほ(参ったな…)

まほ(どうしたものか…)

エリカ「ほらお姉ちゃん!」

エリカ「一緒に帰りましょう!」

まほ「あ、ああ…」

まほ(慣れない…)

エリカ「一緒に寝ましょうね」

まほ「いや、まって」

まほ「…なんで?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 23:44:11 ID:7S3p53Iz0

エリカ「?姉妹なんだから別に普通じゃないですか?」

まほ「姉妹じゃない」

エリカ「嫌ですか…お姉ちゃん?」

まほ「嫌だ」

まほ「いつものエリカに戻ってくれないか」

まほ「私のためにやってくれてるのかもしれんが」

まほ「正直、逆効果だ」

エリカ「…」

エリカ「…どうしてですか」

エリカ「そんなにあの元副隊長が好きなんですか!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 23:52:11 ID:7S3p53Iz0

まほ「なんでそこでみほのことになるんだ…」

エリカ「私は…!私は…!」

エリカ「うううっ…」ポロポロ

まほ「なっ…」

まほ(あのエリカが泣くなんて…)

まほ「す、すまないエリカ…」

まほ「あー…えーと…」

まほ「わ、私が悪かった…?」

エリカ「ううっ…ぐすっ…泊めてください…」

まほ「あ、うんわかった…」

まほ(了承してしまった…)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:01:58 ID:zGNcJtj80

エリカ「すみません隊長…いきなり泣き出してしまって…」

まほ「いい、ハンカチで涙を拭いて」

エリカ(隊長のハンカチ…)

エリカ「はい!」

まほ(さて、エリカを泊めることになったが…)

まほ(試合のミーティングをしておくのも良いことか)

まほ(今日はお母様も仕事でいないから大丈夫だろう)

まほ「行くぞ、エリカ」

エリカ「はい!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:13:27 ID:zGNcJtj80

菊代「おかえりなさいませ、まほお嬢様」

まほ「ただいま、菊代さん」

菊代「そちらのかたは…お友達でしょうか?」

まほ「ああ、うちの副隊長の逸見エリカ」

エリカ「よ、よろしくお願いします」

エリカ(ここが西住流の…)

菊代「西住家で家政婦として勤めております菊代です」

菊代「よろしくお願いします」

まほ「試合に向けてエリカと泊まりこみで話し合いたいんだ」

菊代「わかりました、用意しておきます」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:19:50 ID:zGNcJtj80

まほ「ここが私の部屋だ」

エリカ「お、お邪魔します」

エリカ(隊長の部屋…!)

まほ「せっかく泊まるんだ」

まほ「戦術を練るぞ」

エリカ「はいっ!」

エリカ「こんなこともあろうかと決勝戦の地図をもってきました!」

まほ「用意がいいな…」

エリカ「隊長の妹ですから!」

まほ「それはもういい…」

エリカ「元副隊長を叩きのめしましょう!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:30:09 ID:zGNcJtj80

エリカ「――相手はせいぜい10輌未満」

エリカ「加えてこっちはティーガーを主力としたフル編成」

エリカ「戦車の数、質共に圧倒的ですね」

まほ「だが油断は禁物だ」

まほ「殲滅戦ではなくフラッグ戦だからな」

まほ「みほはその戦力差を覆してここまで来た」

まほ「万が一ということもある」

エリカ「…随分と妹のことを評価されているんですね」

まほ「油断をするなというだけだ」

まほ「…みほがそんなに気に入らないのか」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:37:21 ID:zGNcJtj80

エリカ「はい」

まほ「どうして」

まほ「黒森峰をやめた後も戦車道を続けていたみほにいろいろ思うところがあるのはわかる」

まほ「だが、お前は少し過剰すぎないか」

エリカ「だって…」

エリカ「あいつが隊長の妹だからです!」

まほ「え」

エリカ「許せないんです」

まほ(私の妹であることとなんの因果関係が…?)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:49:34 ID:zGNcJtj80

エリカ「…私は隊長が妹のことを深くお考えになってるのも知っています」

エリカ「隊長は妹に戦車道をやめて欲しかったんですよね?」

まほ「…」

エリカ「いままで妹に戦車道を続けてもらうべきか迷っていた」

エリカ「ですが去年の大会で隊長は妹に西住流は無理だと確信した」

エリカ「あの大会の後もあえて冷たくすることで妹が黒森峰から離れることを期待した」

エリカ「そしてうまくいった」

エリカ「私が喫茶で辛辣な発言をしてもなにも言わなかったのはその延長ですよね?」

まほ「…」

まほ「ずっと考えてたんだ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 00:59:31 ID:zGNcJtj80

まほ「みほにとって戦車道はなんなのか」

まほ「私は昔みほに『自分の戦車道を見つけなさい』と言った」

まほ「でも…そんなのここにいる限りは無理だ」

まほ「ずっと西住の娘としての宿命に縛られる」

まほ「ならばいっそ、戦車道をやめさせたほうがみほの幸せになる」

まほ「そう思ったんだ」

まほ「…まさか転校先でも続けてるとは思わなかったが」

エリカ「そうですか」

エリカ「羨ましいです、西住みほが」

エリカ「貴方からそこまで思われてるなんて」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:09:34 ID:zGNcJtj80

エリカ「…それで隊長はどうなるんですか」

まほ「え?」

エリカ「隊長は一人で西住の重圧に耐えていかなきゃいけないんですよ!?」

エリカ「私は…私は許せないんです!」

エリカ「姉に全部の責任を押し付けて逃げた西住みほが!」

エリカ「私が…私が妹だったら…」

エリカ「私が妹だったら逃げない!」

エリカ「ずっと貴方の傍に居続ける!」

まほ「エリカ…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:22:29 ID:zGNcJtj80

まほ「いいんだ私は…」

まほ「私が望んでしたことだ」

まほ「西住流は私が継ぐ」

まほ「みほは自由になって欲しいんだ」

まほ「だからい…」

エリカ「貴方がよくても私は許せません!」

エリカ「私はずっと貴方に憧れていました」

エリカ「最初は西住流の跡取りとして」

エリカ「そして今では西住まほそのものに憧れています」

エリカ「貴方の妹だった西住みほが羨ましくてしょうがなかった」

エリカ「だから…だから…!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:33:31 ID:zGNcJtj80

エリカ「…隊長」

エリカ「私じゃ隊長の支えになりませんか」

まほ「エリカ…」

エリカ「貴方が西住の娘として受ける苦しみを貴方一人で背負わないで」

エリカ「私にもその苦しみを背負わせてください」

まほ「…」

エリカ「私はこれからも貴方についていくつもりです」

エリカ「私を…ずっと傍においてくれませんか」

まほ「…」

まほ「…ありがとう、エリカ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:43:22 ID:zGNcJtj80

エリカ「…」

まほ「…」

まほ「…もう遅いし寝るか」

エリカ「そ、そうですね」

エリカ(い、勢いに任せて恥ずかしいことを言ってしまった~!!////)

エリカ(『私を…ずっと傍においてくれませんか』)

エリカ(~ッ!////)

まほ「顔が赤いぞ、エリカ」

エリカ「そ…そんなことは…///」

まほ「…なあ、エリカ」

エリカ「は…はい」

まほ「一緒に寝ないか?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 01:50:29 ID:zGNcJtj80

エリカ「ええっ!」

まほ「お前が言ったんだぞ」

まほ「一緒に寝よう、って」

エリカ「で、ですが…」

エリカ「い…いいんですか?」

まほ「いいよ、私の妹なんだろ?」

エリカ「は…はい!」

まほ「ほら、布団入って」

エリカ「お…お邪魔します」

まほ「どうしてそんなに緊張するんだか」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 02:01:00 ID:zGNcJtj80

エリカ「あ、暖かいですね」

まほ「寒いから丁度いいな」

まほ「…ありがとう、エリカ」

エリカ「隊長?」

まほ「さっきの言葉、嬉しかったよ」

まほ「私も…どこか心細かった」

まほ「一人で西住の娘として生きるのが…怖かった」

エリカ「隊長…」

まほ「本当に私についてきてくれるのか?」

エリカ「も、もちろんです!」

まほ「ふふ、エリカみたいな妹がいても悪くなかったかもな」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 02:12:42 ID:zGNcJtj80

まほ「じゃあ、おやすみエリカ」

エリカ「おやすみなさい隊長」

まほ「…」

まほ「まあいいか」

まほ「おやすみ」

エリカ「?はい」

エリカ(今の間はいったい?)

エリカ(というかそれよりも…た、隊長と一緒に寝て…!)

エリカ(幸せ…だけど眠れそうにないのがつらい…!)

まほ「………すぅ…すぅ…」zzz…

エリカ(寝るのはや…可愛い寝顔)

エリカ(この人と…ずっと一緒にいたいな)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 02:20:52 ID:zGNcJtj80

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~

まほ「ほら、朝だぞエリカ」

まほ「起きろ、朝の練習に遅れる」

エリカ「えあ…はい…」

エリカ(結局あんまり眠れなかった…)

エリカ「おはようございます、隊長」

まほ「…」

まほ「お姉ちゃん」

エリカ「はい?」

まほ「隊長じゃなくてお姉ちゃんだ」

エリカ「…なっ!?」

まほ「これからよろしくな、妹」




44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 02:23:22 ID:GzsK7jih0



影でこんなやりとりがあったなら、本編のエリカの言動も許容出来ちゃいそう


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/02 03:51:54 ID:JouqZqYr0

きれいなまほお姉ちゃんだったな


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362146507/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。