FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

貞子「オナニー中でしたか」男「こっち来いよ」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:02:43 ID:waXO+VwO0
貞子「嫌です。このまま井戸に帰ります」

男「いいから来い」グイッ

貞子「髪掴まないでください。抜けてしまいます」

男「だったら早く出て来い」グイグイ

貞子「お断りします。放してください」

男「いいから出て来いって」グイグイグイ

貞子「分かりました。出ます、出ますから、放してください」ズルズル

男「分かればいいんだよ分かれば」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:04:07 ID:waXO+VwO0

貞子「うぅ……、何だか身の危険を感じます」

男「死んでるんだから身の危険もクソもないだろう」

貞子「じゃあ、ピュアな心が死んでしまいます」

男「何人も殺したお前が言うな」

貞子「ひどい、涙が出ちゃう。だって女の子なんだもん」

男「チ○コついてるけどな」

貞子「ついてません」

男「堂々と嘘つくな」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:05:39 ID:waXO+VwO0

貞子「本当です。信じられないなら、確かめてみますか」

男「いいのかよ」

貞子「別にいいですけど、ここじゃダメです」

男「どこならいいんだよ、ベッドか」

貞子「井戸の底です」

男「あの世じゃねえか」

貞子「住み慣れると意外と快適ですよ」

男「なるほど。だから、みんな逝ったきり還って来ないのか」

貞子「上手いこと言ったつもりですか」

男「黙れ。つか、お前、俺を呪いに来たんだろう」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:08:25 ID:waXO+VwO0

男「だいたい、俺はAV見てたんだぞ」

貞子「どういうことですか」

男「AV見てたら、突然おかしな映像が流れてお前が出てきたんだ」

貞子「はぁ」

男「途中まで楽しんでたのによ。どう責任とってくれるんだよ」

貞子「それは私のせいじゃないです。苦情はビデオの所有者に言ってください」

男「そいつは一昨日死んだよ。もしかして、お前が殺したんじゃないのか」

貞子「記憶にございません」

男「認めてるようなもんじゃねえか」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:08:56 ID:q1UiFzR3i



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:09:30 ID:waXO+VwO0

貞子「というか、死んだ友人の持ってたAVでオナニーする男の人って……」

男「持ち主が死のうがAVはAVだろう。使わないほうが可哀想だ」

貞子「使うって、本当に理解できませんね。これだからオトコは」

男「とにかく、責任とれよ」

貞子「責任とれと言われても困ります。私、お金持ってないですし」

男「別に金よこせとは言わねえよ。まあ、コイツを見ろ」ボロンッ

貞子「……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:11:14 ID:waXO+VwO0

男「AVの途中でお前が出てきたせいで萎えちまったから、元に戻してくれ」ニヤニヤ

貞子「私のモノより小さいくせに威張らないでください」

男「さらっと傷つくこと言うな」

貞子「あと、余った皮は私の能力では戻せません。その道の医者に訊いてください」

男「黙れやゴルァ!」

貞子「ちょ、乱暴しないでください。ちゃんとしますから」

男「最初からそう言えばいいんだ。で、どうしてくれるんだ?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:13:35 ID:waXO+VwO0

貞子「手じゃダメですか」

男「手だと物足りないな。上か下の口でしろ」

貞子「上だと噛み切ります。下だと潰します」

男「そんなに膣圧あるのかよ」

貞子「最近流行りの膣トレの成果です」

男「嘘だろう」

貞子「確かめてみますか。突っ込んだ瞬間、即席女の子の出来上がりです。三分もかかりません」

男「……下の口は最後だ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:14:43 ID:waXO+VwO0

貞子「意外とヘタレなんですね」

男「俺はケーキのイチゴを最後まで取っておく派なんだよ」

貞子「カワイイ例えしないでください。萌えてしまいます」

男「萌えんな、気持ち悪い」

貞子「素直になれない男、萌え~」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:16:30 ID:waXO+VwO0

男「オイ、俺を舐めるなよ」

貞子「フ○ラ嫌いなんですね。良かった」

男「くそっ」

貞子「じゃ、手でしてあげますね」

男「『してあげる』じゃねえ、俺が『させてやる』んだ」

貞子「はいはい。触りますよ?」ギュッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:18:22 ID:waXO+VwO0

男「うぉっ……」

貞子「どうですか?」

男「……冷たい硬質ゴムで擦られてる感じだ」

貞子「死んでますからね。当然です」シコシコ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:20:41 ID:waXO+VwO0

男「ッ! ちょ、まて、いってぇ!」

貞子「もっと感じてくださいよ」シコシコシコ

男「いた、いたたっ! ちょ、マジ止めろ! 切れるっ!」

貞子「ん~? 井戸の水が耳に溜まって良く聞こえませんね~」ニヤニヤ

男「調子乗ってすみませんでした! だから止めてくださいお願いします!」

貞子「男の涙目いいわぁ」ゾクゾク


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:21:52 ID:q1UiFzR3i

なんか興奮してきた


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:22:26 ID:waXO+VwO0

男「謝るから! 今までやったこと全部謝るからホント止めて!」

貞子「まったく、本当にヘタレですね」ピタッ

男「はぁはぁ、この……、クソ、」

貞子「あ、てがすべっちゃいましたー」シコシコシコシコ

男「う、ぎゃぁあああああああああああああ!!!!!!!」ビクンビクン


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:25:20 ID:waXO+VwO0

貞子「――で、どうしてくれるんですか」

男「知るかボケ」ボソッ

貞子「あれ、手が勝手に男の股間に」

男「調子に乗ってすみませんでした、貞子さん!」

貞子「貞子『さん』じゃないですよ。馴れ馴れしく話しかけないでください」

男「ッ! 申し訳ありません、貞子様! 俺が全部悪かったんです!」

貞子「『俺』じゃないでしょう。さっき教えてあげたばかりなのに、もう忘れたんですか」

男「うぐっ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:28:44 ID:waXO+VwO0

貞子「悪い子にはおしおきが必要ですね」

男「このヘタレ犬畜生が悪かったんです! ですからっ、どうかっ」ビクビク

貞子「無駄吠えしないでください、犬」

男「は、はいっ」

貞子「犬は『はい』なんて言わないでしょう」

男「わ、わんっ」

貞子「まったく、躾のなっていない犬ですね、私が躾けてあげましょう」ズルッズルッ

男「う……ぁ……」ガクガクブルブル

貞子「あと一週間、みっちりと」ニヤリ



『貞子様のヘタレ犬畜生調教日誌』に続く……?


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 00:51:07 ID:waXO+VwO0

『貞子様のヘタレ犬畜生調教日誌』


―― 1日目 ――


貞子「起きなさい、犬」

男「zzz」

貞子「……」ゴリッ

男「ぐぉっ……!」ビクン

貞子「主人に起こされるなんて、良い身分ですね」ゴリゴリ

男「貞子……、様…やめ……」

貞子「朝の挨拶がまだですよ」

男「ぐっ…がぁ……、お…おは……、」ガクガク

貞子「もっと大きな声で」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:05:08 ID:waXO+VwO0

ここから書き溜めてないので遅くなります
見てる人が少ないなら落としてもらって結構です
私としてはスレがある限り終わりまで書くつもりです


男「お、おは…ぎっ!……ぐぇっ!……」ビクビク

貞子「早く言ってください、朝が始まりませんよ」グリグリ

男「お、おは…よっ……ござ…、いっ!……ますっ!…」ビクンビクン

貞子「あ、耳栓していたのを忘れてました。もう一回言ってもらえますか」ニコッ

男「そん……な…」

貞子「ふふっ。朝が来るのは遅くなりそうですね」ゾクゾク


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:18:01 ID:waXO+VwO0

男「はぁ……はぁ……」グッタリ

貞子「やっと挨拶が終わったと思ったらもうお昼ですよ」

男「はい……申し訳ありません……」

貞子「食事をしていいですよ。挨拶頑張ったので御褒美です」

男「ありがとうございます、貞子様……」ヨロヨロ

貞子「ちょっと待ってください」

男「はい……」

貞子「いま何をしようとしているんですか」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:22:22 ID:waXO+VwO0

男「服を……着ようかと……」

貞子「犬が服を着る必要があるんでしょうか」

男「……すみません、貞子様」

貞子「その汚いパンツも捨てておきましょう」

男「えっ……これは……」

貞子「主人の言うことが聞けない犬は悪い犬ですね」ズルッ

男「すぐ、すぐ脱ぎますっ脱がせてくださいっ」ヌギヌギ

貞子「素直な犬は可愛いですね」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:26:26 ID:waXO+VwO0

男「あの、」

貞子「どうしましたか。私に遠慮しないでいいですよ」

男「はい、ありがとうございます」ムシャ

貞子「あら? 誰が食べていいと言ったのかしら」

男「先ほど、貞子様が……」

貞子「遠慮しなくていいとは言いましたけど、食べてていいなんて一言も言っていませんよ」

男「申し訳ありません、貞子様……」ビクビク

貞子「反省しているのなら今回は大目に見てあげましょう。食べていいですよ」

男「ありがとうございます、ありがとうございますっ」ムシャムシャ

貞子「いっぱい食べておきなさい」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:36:37 ID:waXO+VwO0

男「……うぅ」ウロウロ

貞子「落ち着きのない犬ですね。ちゃんと座っておきなさい」

男「くっ……」モゾモゾ

貞子「何か言いたそうですね。何でしょうか」

男「トイレに……行かせてください……」

貞子「トイレならそこでしていいですよ。新聞紙でふかふかですよ」

男「そんな……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:40:54 ID:waXO+VwO0

貞子「そこ以外で粗相したら、おしおきですよ。トイレの躾は重要ですからね」

男「お願いします、トイレで、トイレでさせてくださいっ」

貞子「だから、トイレならそこにあるでしょう。頭の悪い犬ですね」

男「人間の、人間のトイレでっ、うぁっ」

貞子「たかが犬畜生モドキが人様を人間って呼び捨てにしていいんでしょうか」

男「すみませんっ謝りますから、人間様のおトイレを使わせてくださいっ」

貞子「最初からそう言えばいいんです。良いでしょう、許可します」

男「ありがとうございますっ」ダッ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:46:41 ID:waXO+VwO0

男「あ、あの……」

貞子「なんでしょうか」

男「その……、あまり見ないでほしいのですが……」

貞子「飼い犬の排泄物の状態を確認するのは主人の役目でしょう。健康管理は大切です」

男「うっ…もう……だめだ……」ピー(自主規制)

貞子「意外とたくさん出るのね」フフッ

男「くっ……うぅっ……」グスッ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:49:44 ID:6T7upiGHO

ど変態だなおいww


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:50:03 ID:/P7YDUuV0

ワロタwwwwwww


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 01:55:53 ID:waXO+VwO0

貞子「そんなに泣くほど気持ちよかったのですか」

男「そういうわけでは……」ゴシゴシ

貞子「人間のトイレが気持ちよくないのなら、次からは犬のトイレでしましょうね」

男「違いますっ気持ちよかったです! 人間様のおトイレでするのがとても良かったから泣いてるんですっ」

貞子「やっと本音を言ってくれましたね。それでは、素直な犬に御褒美をあげましょう」スッ

男「ッ! そこは……、出したばかりで貞子様の御手が汚れてしまいます!」

貞子「飼い犬が出したものの後始末は飼い主の義務です。それに、あなたが気にするのは分不相応です」

男「申し訳ありません、貞子様……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:02:56 ID:waXO+VwO0

貞子「はい、これで綺麗になりました」

男「ありがとうございます、貞子様」

貞子「ん、これは何でしょう」ニギッ

男「はぅ!」ビクン

貞子「こんなに大きくして、さっきので興奮したんですか」ニギニギ

男「それ……は…ぁ……」

貞子「勝手に発情して悪い犬ですね」スリスリ

男「申し訳ッ……ありませんっ……」ビクビク


深夜に何書いてんだろ俺それでも書くけど
あとただのSMになってきてるっぽいけどいい?


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:13:12 ID:waXO+VwO0

貞子「しょうがない犬ですね。こっちもついでに処理しておきましょうか」シコシコ

男「んあっ……くぅ……」

貞子「どうせ、見られながらの排泄で興奮していたのでしょう」ヌッチュヌッチュ

男「そん…なっ……こと…はッ!……」ガクガク

貞子「そうですか、違うのなら止めましょう」ピタッ

男「あっ……あぁっ……」

貞子「私が好きな犬は素直な犬ですよ。そうじゃない犬はオシオキが必要ですね」

男「すみませんっ、さっき見られてるときから少し興奮していましたっ」

貞子「嘘をつく犬も嫌いです」ズルッ

男「ごめんなさいごめんなさいっ! ずっとずっと興奮していました! だからっ」

貞子「だから、何でしょう」

男「続きを……、続きをしてください……」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:18:54 ID:waXO+VwO0

貞子「本当に出来の悪い犬ですね。まあ、いいです。続きをしましょう」

男「ありがとうございます、貞子様!」

貞子「ただし、続きは自分でしましょうね」

男「えっ……そんな……」ガクッ

貞子「したくないのですか、嘘をついたんですか。やっぱり悪い犬ですね」ズルッ

男「しますっ今すぐさせてくださいっお願いします!」

貞子「そこまで必死なら、いいでしょう。見ていてあげますから、自分でしなさい」フフッ

男「ありがとうございますっありがとうございますっ」シコシコ


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:24:32 ID:waXO+VwO0

男「……くっ」シコシコ

貞子「小さい包茎チ○コを必死に擦っちゃって、気持ちいいですか」

男「はいっ……とても…気持ちいいっ……です……」シコシコシコ

貞子「勝手に出したら許しませんから、出そうになったらちゃんと言ってくださいね」

男「はいっ……ありがとうございますっ!……」シコシコシコシコ

貞子「いっぱい気持ちよくなってくださいね」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:33:49 ID:nHNrFrxX0

なんか貞子が全裸で襲ってくるシーン無かったっけ


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:34:20 ID:waXO+VwO0

男「ッ! 貞子様……、そろそろ……」シコシコシコシコ

貞子「出そうなんですね。あと少し頑張ってください」

男「はいっありがとうございますっ」シコシコシコシコ

貞子「ふふっ」

男「……うっ……くぅ…でるっ!……」シコシコシコシコシコシコ

貞子「はい。ストップしましょう」ギュムッ

男「くぁっ……! で、でなっ……いっ!……」ビクンビクン

貞子「とてもいい顔してますよ、犬」

男「貞子っ様……なん…でっ!……」

貞子「出していいなんて、まだ言ってないですよ」ニヤッ

男「そんな……お願いしますっ……出させてくださいっ……!」ビクッビクッ

貞子「まだ駄目です」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 02:45:06 ID:waXO+VwO0

貞子「そんなに出したいですか」

男「はいっ……全部出したいですっ……くぅっ!……」

貞子「じゃあ、誓ってください」

男「なにをっ……でしょうッ……か…はぁ……」

貞子「これから先、今から、一週間経っても、死んでからも、私と一緒にいると誓ってください」

男「誓いッ…ますっ……誓いますからっ!……出させて…くっ…くださいッ……!」

貞子「いいでしょう。ほら、出しなさい犬!」シコシコシコシコ

男「う、うぐぁわああああああああああ!!!!!!」ドクッドクッドピュ

貞子「これでずっと一緒ですよ、犬。――ほら、あなたので汚れた私の手、綺麗にしてください」ニコッ

男「はい……貞子様……」ペロペロ

貞子「ふふっ。くすぐったいですよ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:00:05 ID:waXO+VwO0

貞子「結局、日誌は1ページで終わっちゃいましたね」

貞子「その日誌も、もう必要ないことですし」

貞子「もったいない気もしますけど、捨てちゃいましょう」ポイッ

貞子「ん……、そろそろですね」

男「おはようございます、貞子様」ハッハッ

貞子「はい、おはようございます。こちらの生活にはもう慣れましたか」

男「御蔭さまで」ハッハッ

貞子「それは良かったです。じゃあ、良い子にしている犬に朝の御褒美をあげましょう」シュル

男「ありがとうございます、貞子様」ハッハッ


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:08:37 ID:waXO+VwO0

男「ぺろぺろ……ぴちゃっ……」

貞子「んっ……そう……、上手ですよ…んっ……はぁ……」

男「ありがとうございます」ペロペロ

貞子「ん…んッ……そこ……もっと…んあッ……」ビクン

男「ここですか」ペロペロピチャ

貞子「そう…そこッ……、あんっ!…はぁ……ん…んんっ……!」ビクビクプシャァア

男「とても美味しいです、貞子様」ゴクゴク

貞子「そう。じゃあ、次はこっち、ね」くぱぁ


何かただのエロになってきた
キャラ残ってねえwwwwww


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:25:27 ID:waXO+VwO0

男「いきます、貞子様」グッ

貞子「ええ。来て……」

男「くっ……」ズブブ

貞子「あっ……犬チ○コきたぁ……」

男「動きますね」ジュプジュプ


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:25:56 ID:waXO+VwO0

貞子「んっ!…はぁ……んんっ!…あんっ!……」ズッチュズッチュ

貞子「ちょ……はや…いっ!……ああっ!…んあっ!……」ヌチュヌチュ

男「あと…少し……くっ……」ジュップジュップジュップ

貞子「おくぅ…おく……まで…んはぁ……んんっ!……」

男「貞子様っ、もうっ……」グッチョグッチョグッチョ

貞子「う…んっ……逝きなさいッ!……犬っ!……!」

男「貞子様っ! 貞子様っ! うっ!」ドクッドクッ

貞子「はぁ……はぁ……んっ……」

男「大丈夫ですか」

貞子「とても良くできました……、犬……」ギュッ


もし、古井戸から喘ぎ声が聞こえてきたら、貞子(と犬)がいるかもしれません……。そっとしておいてあげましょう。


おしまい


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:27:39 ID:kR3sYt1t0

(*´Д`)ハァハァ


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:33:15 ID:waXO+VwO0

さて寝るかな。ぶっ通しで書いたん
だけど、変なとこあったら言ってください。
こんど書くときの参考にします。暇になって、ま
た何か書いたらスレ立てる予定です。じゃあ、みなさ
ん、おやすみなさい。


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:37:51 ID:iqH9RcW3i

(」・ω・)」うー! (/・ω・)/ にゃー! ─( ─ ・ω・)─スッ ┌(┌ ・ω・)┐ダンッ


┌(┌ ・ω・)┐ホモォ… ┌(┌ ^o^)┐ホ…ホモォ…


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19 03:50:57 ID:oz5xZgVU0

さだこたん可愛いよさだこたん


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337353363/
関連記事
スポンサーサイト