ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みほ「さよならは言いません」


1: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:38:53 ID:DUvv2nWN0
2012年某日1815 太平洋上日本領海

柚子「あれれ、もうこんな時間」

桃「本当だ、気付かなかったな」

杏「今日はこんくらいでいいっしょー」

桃「は!」

桃「西住、練習を終了する、号令を」

みほ『わかりました』

みほ『これにて練習を終了します、全車帰投してください』

2: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:41:14 ID:DUvv2nWN0

沙織「んー、終わったー」

華「今日も大変でしたね」

麻子「・・・疲れた」

優花里「でも、充実した練習でした!」

沙織「早く帰ってお風呂入りたーい」

みほ「そうだね、汗かいちゃったし」

麻子「・・・なんだあれ」

沙織「麻子、どうしたの?」

麻子「・・・いや、前方に」

みほ「?」

カシャンッ

みほ「なんだろ、あれ」


4: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:45:05 ID:DUvv2nWN0

沙織「なになに?」

みほ「うん、前方から霧みたいなのが近付いて来る」

華「この季節に、しかも洋上で霧ですか?」

優花里「珍しいですねー」

みほ「沙織さん」

みほ「一応、全車に気を付けるよう伝えてください」

沙織「わかったー」


5: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:47:15 ID:DUvv2nWN0

妙子『どこにも霧なんか見当たりませーん』

優季『こっちもですー』

エルヴィン『我々も確認出来ず』

そど子『こちらカモチーム、確認出来ません』

沙織「ど、どういうこと?」

みほ「カメさんはどうですか?」

杏『もちろん見えてるよー』

華「こんな近くで見えてない所があるなんて」

優花里「絶対おかしいです!」

みほ「・・・・・・」

沙織「みぽりん?」

みほ「麻子さん、左に転回して全速で退避してください」

麻子「・・・了解」


7: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:49:50 ID:DUvv2nWN0

みほ『カメさんも退避してください』

みほ『あの霧の中に入らないで!』

桃「なにっ、どういうことだ?」

杏「いーから、言う通りにしとこっかー」

柚子「会長?」

杏「なーんかあの霧、嫌な感じすんだよねー」

柚子「わかりました、転回します」


8: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:51:16 ID:DUvv2nWN0

みほ「やっぱりおかしい」

みほ「どんどん近付いて来るみたい」

優花里「このままだと飲み込まれちゃいますっ」

沙織「ちょっと麻子、もっと早く出来ないの!?」

麻子「・・・無理だ、これで全速を出してる」

華「すぐそこまで迫って来たようです」

沙織「わわっ!?」

優花里「せ、戦車が浮きましたー!」

みほ「みんな、捕まって!」

ギュゥゥゥゥゥン


9: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:54:37 ID:DUvv2nWN0

1945年某日1430 カールスラント上空

バルクホルン「くそっ、敵が多過ぎる」

バルクホルン「これじゃ本体を攻撃出来ないぞ!」

ペリーヌ「でも、地道に叩いていくしかないですわ」

エーリカ「うわー面倒くさー」

エイラ「面倒くさいってより」

エイラ「全部相手にしてちゃ、魔力が持たないゾ?」

ミーナ「その通りね」


11: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:56:46 ID:DUvv2nWN0

ミーナ「宮藤さん」

芳佳「は、はいっ」

ミーナ「ちょっと無茶を頼んでいいかしら」

芳佳「無茶ですか?」

ミーナ「大まかに言うと、宮藤さんのシールド頼みの力押しね」

ミーナ「周辺の小型ネウロイをかきわけつつ、接近」

ミーナ「シャーリーさんとルッキーニさんの攻撃でカタをつける」

芳佳「やります、やらせてください!」

シャーリー「その作戦、乗った!」

ルッキーニ「わたしも、やるやるぅ♪」


13: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 20:58:22 ID:DUvv2nWN0

ミーナ「他のみんなは宮藤さんの護衛、いいわね!」

リーネ「芳佳ちゃん、しっかり守るからね」

芳佳「ありがとうリーネちゃん」

バルクホルン「わたしも絶対に守ってやる」

バルクホルン「大船に乗ったつもりでいろ!」

芳佳「はい、ありがとうございます」

バルクホルン「う、うむ///」

エーリカ「なに照れてんのー?」にひひ

バルクホルン「て、照れてなどいない!///」

ミーナ「さあ、行くわよ」

ミーナ「各自シールド展開!」


14: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:00:10 ID:DUvv2nWN0

エイラ「回り込まれタ!」

サーニャ「・・・任せて」

シュゴォォォッ

芳佳「くうぅぅぅぅぅっ!」

ミーナ「あと少しよ、2人共用意はいい?」

シャーリー「いつでもオッケーだ!」

ルッキーニ「がってんだぁ!」

芳佳「合図で上空に抜けます!」

シャーリー「わかった!」

ギュアアッ

芳佳「どうぞ!」

シャーリー「いっけぇ、ルッキーニ!!!」

ルッキーニ「よっしゃぁ!」


15: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:02:39 ID:DUvv2nWN0

ドォォォォォン

ペリーヌ「やりました、コアを破壊しましたわ!」

バルクホルン「で、でもこれは」

エーリカ「なにこのモヤみたいなのー」

エイラ「なんかの攻撃なのカ?」

ミーナ「全機上空へ退避、急いで!」

バラララッ バラッ

芳佳「!?」

芳佳(震電、こんな時に?)

リーネ「芳佳ちゃん!」

ペリーヌ「え?」

リーネ「芳佳ちゃーーーん!」

ミーナ「ダメよ、戻りなさい!」


17: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:07:34 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・くっ」

エイラ「サーニャ、どこ行くんダ!?」

シャーリー「うわっ、モヤが大きくなったぞ!」

ルッキーニ「わたしも芳佳助けるぅ!」

シャーリー「な、なにぃ!?」

バルクホルン「待ってろ、宮藤!」

ガシッ

バルクホルン「!?」

エーリカ「ダメだってトゥルーデ!」

バルクホルン「し、しかし」

ミーナ「モヤが宮藤さん達を・・・飲み込んだ?」

ギュゥゥゥゥゥン


18: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:10:00 ID:DUvv2nWN0

日時不明[推定時刻]1635 位置不明

華「ん、んんっ」

沙織「華、気が付いた?」

華「沙織さん・・・」

華「あら、わたくしなんで寝てたんでしたっけ」

麻子「・・・霧に飲み込まれた時、気を失ったらしい」

カシャン

みほ「ただいま」

優花里「帰りましたー」

沙織「外はどうだったー?」


19: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:12:12 ID:DUvv2nWN0

みほ「うん、少なくとも学園艦の上じゃないのは確かかな」

優花里「建物が見当たりませんしね」

沙織「ど、どゆこと?」

みほ「わたしも、なにがなんだか」

優花里「竜巻とかに遭遇して飛ばされたのでは?」

麻子「・・・その話には無理があるな」

優花里「で、ですよね」


21: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:19:45 ID:DUvv2nWN0

華「そういえば、他のチームは?」

優花里「生徒会のみなさんは無事でした」

みほ「履帯が外れて直してるとこだったから」

みほ「とりあえず、こっちが合流しないと」

麻子「・・・エンジンかかるかな」

ブロォォォッ

沙織「良かった、大丈夫だったー」

みほ「では、右前方に向けて前進してください」

麻子「・・・はい」


22: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:24:21 ID:DUvv2nWN0

沙織「うーん、携帯も圏外だなー」

華「わたしのもです」

優花里「今時、携帯の繋がらないとこあるんですか?」

麻子「・・・かなり少ないはず」

みほ「沙織さん、一応他のチームに呼びかけてもらえる?」

沙織「そうだね、やってみる」


23: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:30:12 ID:DUvv2nWN0

柚子「そっちのみんなは無事でした?」

みほ「はい、大丈夫です」

杏「他のチームは居ないっぽいねー」

みほ「はい、無線の呼びかけに応答がありません」

桃「それにしても、なんだこの場所は」

柚子「なんにもない所だよね」

優花里「日本だとしても、どの辺でしょうか」

杏「その前にさー」

杏「ここって、果たして日本なのかなー」


25: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:34:29 ID:DUvv2nWN0

みほ「どういうことですか?」

杏「これ、電波時計なんだよねー」

杏「ここに来てから、全然電波捉えてないっぽい」

優花里「あ、携帯のGPS情報があるじゃないですか!」

ピピピッ

優花里「・・・・・・」

沙織「どお、どお?」

優花里「反応・・・ありません」


26: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:36:09 ID:DUvv2nWN0

麻子「・・・ありえない」

柚子「だよね、GPSは衛星からの信号だもんね」

桃「どういうことなんだ、西住!」

みほ「わ、わたしに聞かれても!」

華「・・・あれは、なんでしょう?」

沙織「なに?」

杏「なんだー、ありゃ」

みほ「なんだろう、航空機かな」


27: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:41:11 ID:DUvv2nWN0

日時不明[推定時刻]1645 位置不明

ルッキーニ「ねー、ここどこぉ!?」

芳佳「え、えっと」

リーネ「気が付いた時にはここだったから・・・」

芳佳「戦ってた場所から飛ばされたのかな」

リーネ「無線も通じないくらい遠い所まで?」

芳佳「そ、そうだよね」

ルッキーニ「うー、誰か無線出てよぉ」

芳佳「とにかく、サーニャちゃんが偵察に出てくれてるから」

芳佳「連絡を待とうよ」


29: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:47:11 ID:DUvv2nWN0

ルッキーニ「じゃあ、とりあえずぅ」

リーネ「なにか名案が?」

ルッキーニ「昼寝して待つー!」

芳佳「・・・寝るんだ」

ピーッ ザザーッ

リーネ「あ、通信」

サーニャ『・・・にて戦車2両を発見』

サーニャ『何人か人もいるみたい』


30: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:49:07 ID:DUvv2nWN0

リーネ「人だって!」

サーニャ『・・・無線が通じないから、接触を図ってみる』

芳佳「・・・・・・」

ルッキーニ「どしたの、芳佳?」

芳佳「サーニャちゃん待ってて、一緒に行く」

サーニャ『・・・芳佳ちゃん』

芳佳「なんかここ、嫌な感じだよ」

芳佳「みんなで一緒に行った方がいいんじゃないかな」

リーネ「うん、芳佳ちゃんの言う通りだと思う」

リーネ「何が起こるかわからないもんね」

サーニャ『・・・わかった、待ってる』

ルッキーニ「そうと決まったら、早くいこー!」


31: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:54:13 ID:DUvv2nWN0

沙織「ふ、増えたんだけど」

華「飛行機にしては小さいですよね」

桃「絶対あれUFOだって、柚子ちゃぁん!><。」

柚子「お、落ち着いて、桃ちゃん」

みほ「あ、降りて来た」

桃「ひぃぃぃっ!?」

優花里「ひ、人に見えるんですけど」

優花里「わたしがおかしくなっちゃったんですか!?」

麻子「・・・安心しろ、わたしもだ」


33: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:56:52 ID:DUvv2nWN0

沙織「女の子みたいだよ!?」

華「本当です、日本人っぽい人もいますね」

サーニャ「・・・こんにちは」

みほ(うわ、綺麗な女の子)

みほ(なんか妖精さんみたい)

サーニャ「・・・?」

みほ「こここ、こんにちはっ///」


35: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 21:58:14 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「第501統合戦闘航空団中尉、サーニャ・V・リトヴャクです」

サーニャ「責任者はどなたですか?」

沙織「・・・ちゅ、中尉?」

杏「大洗女子学園生徒会長、角谷杏だ」

リーネ「あの、出身校を聞いてる訳では・・・」

杏「といっても、それしか名乗りようがないんだよねー」

リーネ「よ、芳佳ちゃん」

リーネ「扶桑では女学校で戦車の訓練するの?」

芳佳「ううん、聞いたことないよ」

麻子「・・・戦車道を知らないなんて、どこの田舎だ」


36: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:00:08 ID:DUvv2nWN0

芳佳「あ、あのですね」

芳佳「みなさん、扶桑皇国の方ですよね?」

みほ「扶桑こうこくって、聞いたことないかも」

芳佳「へ?」

麻子「・・・我々は日本人だ」

ルッキーニ「に、にんじんー?」

優花里「話が全く噛み合ってません!」

華「み、みなさん」

華「その前に、どうして飛べるのか気にならないんですか!?」

沙織・麻子・杏「・・・あ」


38: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:03:42 ID:DUvv2nWN0

~30分後~

杏「うーん」

杏「わかったのは霧とかモヤが関係してるってだけかー」

桃「ちょっと待ってください」

桃「魔法力とか、あんな話を信じると!?」

杏「信じるしかないんじゃなーい?」

柚子「というか、あっちはもう打ち解けちゃってるみたい」


39: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:05:14 ID:DUvv2nWN0

みほ「へー、これで飛べるんだ」

芳佳「うん、ストライカーユニットって言うんだ」

優花里「震電って、こっちでは試作局地戦闘機ですよ」

ルッキーニ「なになに、そのちっちゃな機械?」

沙織「携帯電話のこと?」

リーネ「それが電話なんですか?」

ルッキーニ「でも、線がついてないじゃん」





桃「お前ら、馴染みすぎだーーー!!!」


40: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:11:30 ID:DUvv2nWN0

杏「西住ちゃん、とりあえずどうしよっかー」

みほ「わたしですか!?」

杏「当たり前じゃん、隊長なんだからさー」

芳佳「へー、隊長なんだ、すごいねー」

みほ「あ、あぅぅ」

サーニャ「・・・差し迫っての問題があります」

柚子「な、なんですか?」

サーニャ「もうすぐ夜になりますよ」

桃「・・・あ」

沙織「寝るとこどころか、食べるものもないよ!?」

杏「あー、いまは原因どうとかよりそっち大事かなー」


42: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:13:37 ID:DUvv2nWN0

優花里「食料と野営地を確保しないといけませんね」

みほ「そうなると」

みほ「日が落ちるまでに偵察に出ないと・・・」

芳佳「サーニャちゃん、空から探そうよ」

サーニャ「・・・うん、そうだね」

ルッキーニ「食べ物ないのは困るー!」

リーネ「る、ルッキーニちゃん」


45: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:17:23 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・じゃあ、わたしとルッキーニさん」

芳佳「わたしとリーネちゃんで探そう」

みほ「こちらも二手に分かれて、食料を探します」

サーニャ「・・・こちらは主に野営地を」

みほ「あ、あのっ」

サーニャ「・・・はい?」

みほ「なにもわからない場所です、気を付けてください」

サーニャ「・・・ありがとう、あなたも」にこっ

みほ「い、いえ///」


46: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:19:05 ID:DUvv2nWN0

ドォォォン

麻子「・・・海に砲弾撃ちこむって」

優花里「ダイナマイト使って漁をするの、見たことあるんです」

華「そんな乱暴な漁があるんですか?」

沙織「それ、ほんとに魚獲れるのかなー」

みほ「あ、浮いて来た」

沙織「すごーい!」


47: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:21:22 ID:DUvv2nWN0

桃「会長、いつまで待つんですか」

杏「だから、前から言ってるじゃん」

杏「果報は寝て待つんだって」

柚子「でも、こんな簡単なワナにかかりますかね」

ピギャーッ

桃「かかった!」

柚子「これって、イノシシ!?」

杏「今夜はボタン鍋だなー」


49: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:26:06 ID:DUvv2nWN0

ルッキーニ「おー、建物があるぅ!」

サーニャ「・・・でも壊れてるのが多いね」

ルッキーニ「外で寝ればいーじゃん!」

サーニャ「・・・知らない場所だと、危ないから」

ルッキーニ「そっかぁ」

サーニャ「・・・あそこの建物」

ルッキーニ「なんか湯気が出てるー!」


50: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:28:06 ID:DUvv2nWN0

芳佳「この辺は壊れた戦車とかが一杯だね」

リーネ「ここでも戦闘があったのは間違いないみたい」

芳佳「だから建物も残ってないのかな」

リーネ「泊まれそうなとこなかったね」

芳佳「こうなったらさ」

芳佳「車両から、野営の道具探した方が良くない?」

リーネ「そうだね、ちゃんと寝るとこは欲しいし」

芳佳「あまり壊れてなさそうなトラック探してみようよ」

リーネ「うん!」


52: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:30:46 ID:DUvv2nWN0

みほ「ほら、あそこ!」

優花里「帰って来ました!」

バラララララッ スタッ

芳佳「ただいまー」

リーネ「遅くなって、ごめんなさい」

ルッキーニ「おっかえりぃ♪」

芳佳「それで、なにか収穫はありました?」

沙織「ふふん、見て驚いちゃってー」

華「お魚がたくさん獲れました」

リーネ「すごーい」


53: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:32:24 ID:DUvv2nWN0

桃「わたし達は、これだ!」

芳佳「わ、イノシシだ!」

ルッキーニ「こっちも聞いて、聞いてー」

芳佳「なにか見つけたの?」

ルッキーニ「温泉見つけたー!」

リーネ「温泉!?」

サーニャ「・・・建物の中だから、宿泊も出来ると思う」

芳佳「じゃあ、わたし達の発見が役立つね」

リーネ「だね」

みほ「なにを見付けたんですか?」

芳佳「トラックに一杯の、お布団!」


56: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:35:03 ID:DUvv2nWN0

日時不明[推定時刻]2015

ぴちょん

ルッキーニ「ひゃいっ!?」

芳佳「どしたの?ルッキーニちゃん」

ルッキーニ「冷たいのが上から降って来たー!」

優花里「あはは、水滴ですねー」

麻子「・・・しかし、こんなところで温泉とは」

みほ「ここがどんなとこかもわからないのに」

みほ「なんだか不思議な気がするね」


57: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:37:15 ID:DUvv2nWN0

沙織「うわっ、色しろっ!」

サーニャ「・・・あまり見ないでください///」

ルッキーニ「うーん」

沙織「な、なに?」

ルッキーニ「リーネのおっぱいと、どっちが大きいかなぁ」

リーネ「ルッキーニちゃん!///」

芳佳「ほんとだ、沙織さんもおっきいね」

リーネ「芳佳ちゃん!」

ルッキーニ「比べてみればいいじゃん!」

沙織「ど、どうやって?」

ルッキーニ「こうやってー!」

もみっ

沙織「いやぁぁぁぁぁ!///」


58: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:42:12 ID:DUvv2nWN0

桃『お前ら、いい加減にしろー!』

杏『まー、いーじゃん、楽しくて』

華「お風呂場は騒がしいみたいですね」

柚子「ごめんね、見張りにつき合わせちゃって」

華「いえ、やっぱり一人は寂しいです」

華「それに、ああいうスキンシップは苦手で///」

柚子「あはは、わかります」


61: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:44:05 ID:DUvv2nWN0

沙織『もう、やめてぇ!』

沙織『わたしよりすごいヒトいるからー!』

柚子「わ、わたし見張りで良かったかも」

華「そう・・・ですね」

ガラッ

沙織「ほら、あの人だよ!」

ルッキーニ「ほんとだ、シャーリーくらいおっきぃ!」

柚子「な、なにがですか?」

沙織「行っちゃって、ルッキーニちゃん!」

ルッキーニ「わかったぁ!」

柚子「ちょっと、行っちゃってってなにー!?」





柚子「だめぇぇぇぇぇ!///」


62: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:46:21 ID:DUvv2nWN0

日時不明[推定時刻]0125

ルッキーニ「・・・むにゃ、シャーリー・・・」zzz

柚子(ちょっと、胸に顔を埋めないでー)

柚子(寝れないよー///)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

優花里「・・・西住殿ー・・・」zzz

むにゅむにゅっ

沙織「・・・だ、ダメだよこんなとこでー・・・」zzz

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

華「・・・この花は、こう活ければ・・・・」zzz

ぷすっ

麻子「・・・おばあ、頭から花が・・・」zzz


63: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:49:19 ID:DUvv2nWN0

芳佳「・・・はぁ」

リーネ「芳佳ちゃん、眠れないの?」

芳佳「あ、起こしちゃったかな」

リーネ「ううん、わたしも寝付けなくて」

芳佳「そっか」

リーネ「・・・・・・」

芳佳「ごめんね」

リーネ「え?」


65: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:55:11 ID:DUvv2nWN0

芳佳「わたしを助けに来て、巻き込まれちゃったんだよね」

リーネ「そんなこと・・・」

芳佳「来なければ、元の所に居られたのに」

リーネ「それは違うよ」

芳佳「リーネちゃん?」

リーネ「だってそこには、芳佳ちゃんがいないもん」

芳佳「・・・リーネちゃん」

ぎゅっ

リーネ「!?」

芳佳「しばらく、このまままでいいかな///」

リーネ「うん///」


67: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 22:59:32 ID:DUvv2nWN0

桃「・・・・・・」

杏「なんだ河嶋、寝れないのかー?」

桃「会長・・・起きてたんですか」

杏「あー、なんとなくなー」

桃「というか、寝れるあいつらがおかしいんです」

杏「んなことないってー」

杏「みんな絶対不安なんだよ」

桃「・・・あ」

杏「だからさ」

杏「あたしらは上辺だけでも落ち着いてみせないとねー」にっ

桃「そうですね、確かにその通りです」

杏「そうとわかったら寝よ寝よー」

桃「・・・はい」


69: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:01:18 ID:DUvv2nWN0

みほ(うぅぅ)

みほ(目が冴えちゃって眠れないよ)

みほ(お風呂でゆっくりすれば落ち着くかな)

ガラッ

みほ「あれ」

サーニャ「・・・西住さん?」

みほ(リトヴャクさんだ)

みほ(うわ、月明かりですごく綺麗)

みほ「ご、ごめんなさい入ってたんですね」

サーニャ「別に戻らなくても」

みほ「ででで、でもお邪魔では」

サーニャ「いえ、話相手が欲しいなって思ってたから」

みほ「そそ、そうですか」


70: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:03:22 ID:DUvv2nWN0

みほ「・・・・・・」

サーニャ「・・・なんでそんなに離れて?」

みほ「なんか緊張してっ」

みほ「あ、あんまりリトヴャクさんが綺麗過ぎるから」

サーニャ「!?///」

みほ「・・・///」

サーニャ「・・・///」


72: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:06:23 ID:DUvv2nWN0

みほ「あの、リトヴャクさん」

サーニャ「・・・サーニャ」

みほ「え?」

サーニャ「サーニャと呼んでください」

みほ「じゃ、じゃあ」

みほ「わたしのことも、みほでいいですから!」

サーニャ「みほ・・・さん」

みほ「サーニャ・・・さん」

サーニャ「・・・・・・」くすっ

みほ「あは、あはは」


73: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:09:28 ID:DUvv2nWN0

みほ「サーニャさんの世界では戦争してるんですよね」

サーニャ「・・・うん、各地でネウロイと戦ってる」

みほ「あの、怖くないんでしょうか」

サーニャ「怖いけど、そうは言ってられないもの」

みほ(実弾が飛び交う戦場)

みほ(この人はそんな世界から逃げずにいるんだ)

みほ(それに比べて・・・わたしは)


74: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:12:05 ID:DUvv2nWN0

みほ「強いんですね、サーニャさんは」

サーニャ「・・・ううん」

サーニャ「わたしは全然強くないよ」

みほ「え?」

サーニャ「・・・離れてみるとわかるの、守られてたんだって」

みほ「で、でも、そんな風には見えないです」

サーニャ「・・・強がってるだけ」

サーニャ「階級一番上だし、ちゃんとしないと」

すっ

みほ「手が震えて・・・」


77: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:14:41 ID:DUvv2nWN0

ぎゅっ

サーニャ「!?」

みほ「ご、ごめんなさいっ」

みほ「なんか、抱き締めなきゃいけないって」

みほ「そう思っちゃって、そそ、その///」

サーニャ「・・・ううん」

サーニャ「このままで」

みほ「・・・はい」


78: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:16:17 ID:DUvv2nWN0

みほ「・・・・・・」

サーニャ「・・・・・・」

みほ「うぅ」

サーニャ「・・・なんで目を反らすの?」

みほ「だ、だって」

みほ「なんか引き込まれちゃいそうで」

サーニャ「・・・なにに?」

みほ「あぅぅ、意地悪です」


80: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:21:02 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・・・・」

みほ(うぅっ、目が合っちゃった)

みほ(なんて澄んだ瞳なんだろう)

サーニャ「・・・やっと、こっちを向いてくれた」

ドキーーーッ

みほ(だ、ダメだよ)

みほ(なんで瞳から目を反らせないの?)

みほ(止めなきゃ)

みほ(自分を止めなきゃ)


82: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:23:52 ID:DUvv2nWN0

みほ(でも、でもっ)

みほ(わたし、知らなかったよ)

みほ(人って・・・こんな簡単に恋に落ちるんだ)

みほ「わ、わたしでいいんですかっ!?」

サーニャ「・・・わたしこそ」

サーニャ「わたしこそ不安を紛らわせたいだけなのかも」

サーニャ「それでも、良ければ」

みほ(無理なんだ)

みほ(自分を止めるなんて無理だよ)

みほ(だってわたし、最初に見た時から)

みほ(この人に囚われちゃってるんだもん!)


84: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:27:43 ID:DUvv2nWN0

みほ「あ、あなたの唇が欲しいですっ!///」

サーニャ「・・・はい///」

ドクン ドクン

サーニャ「んっ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・チュッ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みほ「・・・・・・」

サーニャ「・・・・・・」

みほ「や、柔らかい」

サーニャ「・・・感想は、いりません///」

サーニャ「それに、みほさんの唇だって・・・」

みほ「はぅっ!///」


86: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:32:46 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・次はもっと深く」

みほ「は、はいっ」

みほ「頑張りますっ!」

サーニャ「・・・・・・」くすっ

ぐいっ

みほ「さ、サーニャさんから!?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・チュッ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みほ「ん"っ」

サーニャ「・・・・・・」

みほ「ぷはっ」

みほ(き、キスってこんなに気持ちいいんだ)

みほ(沙織さんが恋に憧れる気持ち)

みほ(ちょっとわかったかも///)


87: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:36:00 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・みほさん」

みほ「あぅっ」

みほ(サーニャさんの上気した顔、反則だよ)

みほ(なにも考えられなくなっちゃう)

みほ(なにも・・・)

サーニャ「どうしたの?」

みほ「・・・ごめんなさい」

みほ「わ、わたしっ、サーニャさんの全部が知りたいっ!」

サーニャ「!?///」


89: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:40:06 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・そ、そこはっ///」

みほ「・・・・・・」

サーニャ「んあぁっ!?」

みほ「すごく綺麗です」

サーニャ「え?」

みほ「なんか、サーニャさんのことしか考えられない」

サーニャ「わ、わたしも」

サーニャ「みほさんのこと・・・だけ」





サーニャ「あぁぁぁぁぁっ!」


91: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:43:37 ID:DUvv2nWN0

サーニャ「・・・はぁはぁ」

みほ「ご、ごめんなさいっ」

みほ「わたし、夢中になり過ぎちゃって」

サーニャ「・・・ううん」

サーニャ「それだけわたしに向き合ってくれたってことだから」

みほ「それはもちろんですっ!」

サーニャ「・・・・・・」くすっ

みほ「あ、あぅぅ///」


92: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:45:09 ID:DUvv2nWN0

みほ「・・・・・・」

サーニャ「・・・・・・」

みほ「なんか不思議です」

サーニャ「・・・え?」

みほ「こ、これが人を好きになることなのかなって」

サーニャ「・・・うん」

サーニャ「こんなにも人に触れたいって思うのは、初めて」

みほ(確かに、わたしもかも)

みほ(しかも、女の子同士なのに)

みほ(・・・・・・)

みほ(ん、女の子同士・・・?)


93: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:48:01 ID:DUvv2nWN0

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みほ『わたしは・・・みんなと一緒に居るのが』

みほ『いま、すごく楽しいから』

みほ『沙織さん、華さん、麻子さん、優花里さん』

みほ『みんなのことが、大好きだから』

優花里『西住殿にコクられました!』

沙織『う、嬉しいけど』

沙織『なんか女子としては間違ってるよ、それ』

みほ『ふえぇぇぇぇぇ!?』

*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みほ(も、もしかして)

みほ(わたし、最初からその気が!?)

みほ「あぅぅ///」

サーニャ「・・・?」


97: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:50:25 ID:DUvv2nWN0

みほ「い、いまさらですけど」

みほ「わたし達、女の子ですよね・・・」

サーニャ「・・・そうだけど」

みほ「い、いいのかな、あはは」

サーニャ「・・・みほさんだから」

みほ「え?」

サーニャ「男も女も関係なく、みほさんだから///」

みほ「あぅ!///」

みほ「あ、明日早いですし、もう寝ないと!///」

サーニャ「・・・うん」

サーニャ「でも、その前に」

みほ「は、はいっ」

サーニャ「・・・///」

みほ「・・・///」

*・゜゚・*:.。..。.:*・チュッ・*:.。. .。.:*・゜゚・*


98: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:52:17 ID:DUvv2nWN0

日時不明[推定時刻]0710

みほ「ふぁ、朝?」

杏「おー、西住ちゃん起きたねー」

みほ「会長、おはようございます」

桃「おおお、起きたか西住」

桃「おは、おはよう・・・ございます!」

みほ「ございます?」

杏「ほらダメじゃん河嶋、普通にしないとさー」

桃「でも会長、あんなの聞いた後ですよ!?」

みほ「き、聞いた!?」


100: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:54:20 ID:DUvv2nWN0

杏「気を付けてよー?西住ちゃん」

杏「伏兵って意外なとこに潜んでるもんだから」

みほ「ま、まさか!?」

桃「・・・///」こくり

みほ「あぁぁぁ、あぅ!///」

杏「でも安心しなってー」

杏「これでも口は堅い方だから!」

みほ「そ、そうですか」

杏「たださー」

杏「小山には謝っといた方がいいと思うんだよねー」

みほ「はぃ?」

柚子「・・・ルッキーニちゃんに抱き着かれた上に、お風呂場の声」

柚子「全然眠れませんでした」くたっ

みほ「ごめんなさい、ごめんなさい!」


101: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:56:53 ID:DUvv2nWN0

華「みほさん、おはようございます」

みほ「お、おはよー」

沙織「みぽりん、おはよー」

沙織「ほら麻子、ちゃんと歩いてよー!」

麻子「・・・無理だ、眠過ぎる」

みほ(ほっ)

みほ(みんなは普通だ)

みほ「あれ、優花里さんは?」

沙織「ゆかりんならウィッチのみんなと残骸調べに行ったよ」

華「どこの車両かわかれば、手掛かりになるかも、だそうです」

みほ「なるほど」


102: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/22 23:58:53 ID:DUvv2nWN0

優花里「おーい!」

沙織「帰って来たー」

みほ「わ、優花里さん飛んでる!」

スタッ

優花里「抱えてもらって、空の散歩させてもらいました!」

芳佳「楽しかったね、また飛ぼうよ」

優花里「ほんとですか、またぜひ!」

リーネ「はい、ぜひ」

ルッキーニ「あれ、サーニャどしたのー?」

サーニャ「・・・い、いえ」

サーニャ「た、ただいま///」

みほ「おお、おかえりなさい///」


105: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:02:08 ID:unWYJtbf0

優花里「西住殿、どうかしましたかー?」

沙織「顔が赤いよ?」

みほ「な、なんでもありませんっ!」

杏(にひひー)

杏「まーそれはいいとしてー」

桃「秋山、状況はどうだった?」

優花里「はい、戦車の残骸は全てドイツ製でした」

優花里「宮藤さんの世界のカールスラントのものですねー」

柚子「カールスラントって?」

優花里「あちらの世界にも欧州があってですね」

優花里「国名だけが違うみたいなんです」

麻子「・・・なるほど、平行世界か」


106: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:04:15 ID:unWYJtbf0

リーネ「平行世界?」

沙織「そんなの、おとぎ話じゃないの?」

麻子「・・・一般的にはそう思われてる」

麻子「しかし、意外に研究者が多いテーマだ」

杏「まー、平行世界のが過去に飛んじゃったとかよりさー」

杏「説得力あるよねー」

華「宮藤さんの名前がわたし達に近いのも納得出来ます」

桃「お互い、別の平行世界に来てしまったってことか」

優花里「原因は霧とモヤ、ですね!」


107: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:06:11 ID:unWYJtbf0

サーニャ「・・・だとしたら問題は」

サーニャ「この世界が、どっちの世界に近いかと言うことです」

みほ「どうして?」

サーニャ「わたし達の世界に近ければ、敵はネウロイ」

みほ「!?」

みほ「こ、こっちに近ければ・・・」

柚子「まさか」

杏「そう、敵は人間だ」

桃「・・・な!?」

杏「もちろん、敵と決まったわけじゃないけどねー」


109: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:11:14 ID:unWYJtbf0

日時不明[推定時刻]1050

優花里「まさか実弾を積むことになるとは・・・」

みほ「あ、あくまで念の為だから」

沙織「だ、だよねー」

麻子「・・・敵が居ると決まった訳でもない」

華「そうでしょうか・・・」

優花里「・・・・・・」

沙織「・・・・・・」

華「・・・・・・」

みほ(うぅ、このままじゃ)

みほ「わ、わたしがっ!」

優花里「わわっ!?」

沙織「びっくりしたー!」

みほ「わたしがみんなを守るから」


110: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:13:18 ID:unWYJtbf0

みほ「だから、落ち着いて行動しましょう」

華「みほさん・・・」

みほ「全員の身の安全を最優先」

みほ「必要なら、逃げて逃げて逃げまくります!」

桃「・・・相変わらず言ってることは滅茶苦茶だが」

杏「なーんで安心感あるんだろねー」

沙織「そ、そうだよね」

沙織「みぽりんに着いて来て、間違ったことなんてないもん!」

優花里「どこまでも着いて行きます、西住殿!」

華「わたしもです!」

麻子「・・・どこだって行くし、どこだって逃げてやる」


111: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:16:06 ID:unWYJtbf0

リーネ「なんか芳佳ちゃん見てるみたい」くすっ

芳佳「そ、そうかな」

サーニャ「・・・うん」

サーニャ「普段はちょっと控えめだけど、実は情熱的だったり」

ルッキーニ「サーニャ、なんでそんなこと知ってんのー?」

サーニャ「そ、そう思っただけ///」

ルッキーニ「えー、怪しー!」


113: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:20:15 ID:unWYJtbf0

芳佳「守ろうね、サーニャちゃん」

サーニャ「・・・え?」

リーネ「大事な人なんですよね」

サーニャ「・・・あ、あの」

ルッキーニ「ねー、なんの話ー?」

サーニャ「・・・も、もしかして///」

芳佳「大丈夫、誰にも言わないよ!」

サーニャ「・・・うぅ///」

芳佳(だって、そのおかげで)

リーネ(芳佳ちゃんとキス出来たから///)

ルッキーニ「ねー、なんの話なのーーー!?」


114: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:22:07 ID:unWYJtbf0

ザッ ザザーッツ

サーニャ「!?」

芳佳「どうしたの!?」

サーニャ「・・・この反応、ネウロイ!」

リーネ「ど、どこですか!?」

ゴゴゴゴゴッ

ルッキーニ「うにゃー、下から出てきたー!」


115: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:25:49 ID:unWYJtbf0

華「な、なんですか・・・これ」

沙織「わたし達、まだ寝てるっけ」

優花里「もしかして、これが宮藤さんの言ってた・・・」

みほ「麻子さん、右転回!」

麻子「・・・はい」

みほ「全速で不明物体から離れます!」

優花里「西住殿・・・」

みほ「沙織さん!」

沙織「は、はいっ!?」

みほ「ウィッチのみなさんに連絡、指示を仰いで!」

沙織「わかったー!」

みほ「カメさんもあんこうに着いて来てください!」


117: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:29:26 ID:unWYJtbf0

沙織「リトヴャクさんから連絡!」

沙織「戦車の残骸のとこまで行って、身を潜めてだって!」

みほ(・・・サーニャさん)

優花里「うわ、敵はビームみたいなの撃ってますよ!」

みほ「はっ!?」

華「あんなの、反則です」


119: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:31:10 ID:unWYJtbf0

ダダダダダッ

ルッキーニ「うー、こいつ硬過ぎー!」

芳佳「コアが全然見当たらない!」

バシューッ

ルッキーニ「弾が少なくなってきたー!」

芳佳(戦車砲ならコアまで抜けるかもしれないけど・・・)

芳佳(それは考えちゃダメだ!)

芳佳「とにかく、ネウロイを引きつけることだけ考えよう!」

サーニャ「・・・うん、少しでもみほさん達が逃げる時間を」

リーネ「わかったよ、芳佳ちゃん!」

ルッキーニ「任せろー!」

サーニャ(・・・逃げて、みほさん)


120: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:33:06 ID:unWYJtbf0

優花里「だいぶ、苦戦してるみたいですね」

みほ「・・・・・・」

華「というより、わたし達と逆の方向におびき出してるような」

みほ「!」

みほ「停車!」

麻子「・・・え?」

ギャギャギャギャーッ

沙織「みぽりん?」

みほ「みんな、後ろの38tに移ってください」


121: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:35:07 ID:unWYJtbf0

華「み、みほさん、なにを言ってるんですか!?」

みほ「これは、車長命令です!」

優花里「西住殿、一人で援護に行くつもりですね!」

沙織「だったら、わたし達も・・・」

みほ「ううん」

みほ「さっきわたしは、みんなを守るって言った」

みほ「だから守らせて」

優花里「し、しかしですね」

みほ「わたしに嘘は付かせないで」

優花里「あ、あぅ」


124: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:39:27 ID:unWYJtbf0

優花里「・・・・・・」

沙織「・・・・・・」

華「・・・・・・」

麻子「・・・嫌だ」

みほ「え?」

麻子「・・・わたしは西住さんに操縦手を頼まれた」

麻子「だから、どかない」

みほ「そのわたしからの命令ですから!」

麻子「・・・わたしは友達の西住さんに頼まれた」

麻子「車長なんかに頼まれた覚えはない」


126: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:41:08 ID:unWYJtbf0

みほ「そ、それは屁理屈じゃ・・・」

沙織「わたしだって降りないよ!」

華「だいたい一人では砲も撃てませんよ?」

優花里「わたしは西住殿に必要とされない方が辛いです!」

みほ「・・・み、みんな」


127: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:43:07 ID:unWYJtbf0

優花里「さあ、命令してください西住殿!」

みほ「で、でも当たったら死ぬんだよ!?」

沙織「確かにそれは怖いよ?」

沙織「でも、残って後悔する方がもっと怖いもん!」

麻子「・・・命令はまだか?」

華「わたし達は準備完了です」

みほ「・・・ありがとう、みんな」





みほ「反転して敵に攻撃を仕掛けます」

みほ「パンツァー・フォー!」


128: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:45:05 ID:unWYJtbf0

柚子「わ、わたし達も行きますか?」

杏「いや、やめとこっかー」

桃「会長?」

杏「この38tは実弾の補給が出来てない」

杏「行っても足手まといになるだけっしょー」

柚子「で、でも」

杏「小山ー、引くのも勇気なんだよ」

柚子「勇気・・・ですか?」

杏「確かに敵をかく乱するくらいは出来るかもしれない」

杏「でも、それでやられて誰より悲しむのはさー」

桃「・・・西住ですね」

杏「だったら、歯ぎしりしてでも待つしかないじゃん」

杏「無事に帰って来るのを」


130: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:49:28 ID:unWYJtbf0

ルッキーニ「にゃぁぁぁ!」

ダダダッ カシュンカシュンッ

ルッキーニ「あ、あれれ?」

ルッキーニ「芳佳ぁ、弾が切れたー!」

芳佳「一旦下がって、ルッキーニちゃん!」

サーニャ「・・・敵へのけん制だけお願い」

ルッキーニ「わかったぁ!」

サーニャ「・・・リーネさん残弾は?」

リーネ「わ、わたしもあと少しです」

芳佳「いざとなったら、シールドごとぶつかるしかないよ!」

サーニャ「・・・うん、コアの位置が分からないのは危険だけど」

サーニャ「もう、それしか」

芳佳「サーニャちゃん、あれ!」

サーニャ「・・・え?」


131: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:51:06 ID:unWYJtbf0

みほ「沙織さん、こちらの砲撃に巻き込まないよう、連絡を!」

沙織「了解!」

優花里「装填完了、いつでも撃てますよ!」

みほ「華さん、今回は射撃の為に停車することが出来ません」

みほ「難しいと思うけど、頑張って」

華「はい!」

沙織「みぽりん、リトヴャクさんが無線に出てって」

沙織「な、なんか怒ってるみたい」

みほ「わかりました」

みほ「サーニャさん、聞こえますか?」


132: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:53:06 ID:unWYJtbf0

サーニャ『・・・退避するように言ったはずです』

サーニャ『反転して下がってください』

優花里「に、西住殿、どうしますか?」

華「・・・みほさん」

沙織「・・・・・・」

麻子「・・・・・・」

みほ「出来ません!」

サーニャ『・・・どうして!?』

みほ「サーニャさんには、わかるはずです!」

サーニャ『!?』


134: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 00:59:58 ID:unWYJtbf0

サーニャ「・・・で、でも」

芳佳「・・・・・・」

リーネ「サーニャちゃん・・・」

芳佳「西住さん、ネウロイにはコアと呼ばれる部分があるんです」

芳佳「そちらの砲撃なら、コアを探し出せると思います!」

みほ『わかりました』

みほ『一か所を集中攻撃してもダメということですね』

サーニャ「・・・芳佳ちゃん!?」


142: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:28:15 ID:unWYJtbf0

芳佳「わたし良くわかんないけど」

芳佳「たぶん、両方正しいと思うんだ」

サーニャ「・・・え?」

芳佳「サーニャちゃんも西住さんも、きっと同じ気持ちだと思うから」

サーニャ「・・・・・・」

芳佳「・・・・・・」こくり

サーニャ「・・・うん」


146: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:31:51 ID:unWYJtbf0

サーニャ『・・・みほさん、無理はしないで』

みほ(・・・ありがとう、サーニャさん)

みほ「華さん、照準は?」

華「取れてます!」

みほ「では、撃て!」

華「はいっ」

ドォォォン

みほ「右に転回します、そのまま敵の周囲を回って!」

麻子「・・・了解」

優花里「次弾、装填完了!」

みほ「撃てー!」


148: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:36:56 ID:unWYJtbf0

ドドォン

芳佳「くっ、わたしも弾が切れた!」

サーニャ「・・・みほさん達のフォローをお願い」

芳佳「わかった!」

ルッキーニ「もう魔法力持たないよー!」

リーネ「ルッキーニちゃん、もう少しだから頑張ろ?」

沙織『砲撃いきますよー!』

ドドォン

芳佳「!?」

芳佳「コアが見えた!」

サーニャ「・・・リーネさん!」

ルッキーニ「いっけぇ、リーネ!」

リーネ「はい!」

ドンッ


153: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:40:52 ID:unWYJtbf0

パァァァァァン

みほ「・・・貫通した」

沙織「た、倒せたのかな?」

みほ「んんっ」





バシャーーーン


159: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:49:33 ID:unWYJtbf0

優花里「すごい、バラバラになっていきますよ!」

みほ「ほんとだ、光の欠片みたい」

華「なにかとても綺麗です」

麻子「・・・どうやら終わったらしい」

沙織「良かったー!」

みほ「・・・ほっ」

沙織「そうだ、カメさんチームに連絡するねー」

みほ「うん、お願い」

麻子「・・・ちょっと待て、あれは」


163: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:55:06 ID:unWYJtbf0

ルッキーニ「またモヤだー!」

リーネ「これってもしかして・・・」

芳佳「そうだよ、あの時と同じだよ!」

ルッキーニ「じゃあじゃあ、これに入れば戻れるぅ!?」

芳佳「絶対そうだよ!」

芳佳「良かったね、サーニャちゃ・・・」

ルッキーニ「サーニャ?」

サーニャ(・・・元の世界に戻る?)


167: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 01:58:52 ID:unWYJtbf0

優花里「これで帰れるかもしれません!」

みほ(か、帰れる)

沙織「カメさんチームも霧が見えるってー」

みほ(これで帰れるんだよね)

華「霧に包まれれば元の世界なんですよね」

みほ(でも、帰ったら)

みほ(帰ったら)

みほ(・・・・・・)

みほ(もうサーニャさんに会えない!)

カシャン

みほ「サーニャさん!」


172: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:02:41 ID:unWYJtbf0

バラララララッ

サーニャ「・・・みほさーん!」

グラッ

みほ「わわっ!?」

優花里「また戦車が浮かびました!」

麻子「・・・あの時と同じだ」

みほ(伝えなくちゃ)

みほ(せめて、せめて一言・・・)

*・゜゚・*:.。..。.:*・チュッ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

みほ(え?)

サーニャ「・・・ありがとう、会えて良かった」にこっ

みほ「さ、サーニャさ・・・」

ギュゥゥゥゥゥン


176: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:08:02 ID:unWYJtbf0

2012年某日1820 太平洋上日本領海

みほ「はっ!?」

妙子『こちらアヒルチーム、応答して下さい!』

エルヴィン『霧とはなんだ、応答を!』

沙織「夢・・・だったの?」

麻子「・・・いや、わたしも覚えてる」

華「ということは」

優花里「やった、帰ってこれました!」


180: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:13:48 ID:unWYJtbf0

みほ「こ、こちら、あんこう」

みほ「通信が途切れていたのは、どの位ですか?」

そど子『2、3分です、なにかあったんですか!?』

優季『良かった、出てくれたー』





みほ(2、3分だったんだ)

みほ(誰も信じてくれないよね)

みほ(たったそれだけの時間で、恋をしてきたなんて)


184: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:18:49 ID:unWYJtbf0

優花里「あ、あの、西住殿」

みほ「ん?」

優花里「わたしの見間違いでなければですね、その」

優花里「リトヴャクさんと、き、キスしてるように見えました!」

みほ「!?」

沙織「え、なにそれ!?」

みほ「みみみ、見間違いじゃないかな」

華「すみません、わたしも見ちゃいました///」

沙織「ど、どゆこと!?」

みほ「とにかく、車庫に帰ります!///」

みほ「パンツァー・フォー!///」

優花里「西住殿ー!!!」


188: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:21:57 ID:unWYJtbf0

そして、こちらの世界では数ヶ月が過ぎていた

1945年某日0715 ベルギカ王国サントロン基地

サーニャ「・・・報告は以上です」

ミーナ「わかったわ、哨戒任務お疲れさま」

サーニャ「・・・はい、失礼します」

ミーナ「あ、そうだサーニャさん」

サーニャ「・・・はい?」

ミーナ「扶桑海軍からあなたに届け物よ」


192: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:26:54 ID:unWYJtbf0

サーニャ「・・・ビンの中に手紙?」

ミーナ「なんでも横須賀軍港に流れ着いたらしいわ」

ミーナ「扶桑語だけど、なぜかあなた宛てだったとか」

サーニャ「!?」

ミーナ「なにか心当たりが?」

サーニャ「・・・はい、芳佳ちゃんの所に行って来ます!」


196: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:32:05 ID:unWYJtbf0

    To Sanya V.Litvyak


    届かないとは分かっていますが
    この手紙を書きます

    あなたは元の世界に無事戻れたでしょうか
    それだけが心配です

    サーニャさんにもらった最後のキス
    絶対に忘れません
    たとえ短くても、本当の恋だと言えるから

    もう会えないとは思うけど
    さよならは言いません
    あなたはいつでも、わたしの心の中にいます

    元気で


    PS

    言えなかった言葉をここに記します

    あなたが好きです

                     西住みほ


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:33:37 ID:EAolJAdM0

秋山殿、血涙を流す


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:33:59 ID:V0IYLIMR0

秋山殿ー


200: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:35:08 ID:unWYJtbf0

ガチャ

エイラ「なんだサーニャ、ここに居たの・・・」

エイラ「って、なんで泣いてるんダ!?」

サーニャ「・・・なんでもない」

エイラ「な、なんでもない訳ないだろ」

エイラ「宮藤ぃ、なにをしター!」

芳佳「ご、誤解だよ!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:36:51 ID:QO3xDN7hO

               |ミ|
               |ミ|
               |ミ|   /:ヽ   ::::
               |ミ|  /:::::::::! 
               |ミ|  |::::::::::|  ::::
ヽ、         , -   ´ ̄|::::::::::|  ::::
 ヽ::::\    /       `\:::::::::|ヽ
  ヽ:::::::\/     丶\     ヽ::| ヽ  ::::
   `:::::::::/  、     Vヽ ヽ   ヽ  ヽ  ::::
   \::/   i.、ヽ  丿∧`\ヽ  i i  i  ::::
     |  | |\ \/ i ,,xヽ--ト-- i リ  i  
     |  ヽ .! ヽ ノ人   > L_v i iへ i
     | ∥ |ヽ」 ̄ヘ\\ ´|x‐==ミ| リく`| i  ::::
      ii ! X V、x==ミ `\ `゙ー-‐'゙ Vν/ i   ::::
      ii ヽ|\{ :゙ー-.゙      ::::  ノ/i i  ::::::::::::
      ヽ ヽ||くヽ :::   /⌒、ヽ :: / i  i .i   
          i トヽ::   |/´: :ヽ| : イ  ii  i i   ::::::::
          v i 丶  | : : : |/, i  ii  i i  ::::::::::::
          | i  /三 ヽ: : ノ三三三}  ii  i |    ::::::::::::
          i |_/_ンo ゚i∥i゚ o   .>====-,、   ::::::::
        /== ̄ ! o/∥、 o /   /    ./ i 
        /| i i   ヽ/∥゚ \/   /    /  i   ::::::::::::
       /|/ ,,!、    //    _ /    !/   i  ::::::::
      ///─,─-ゝ //ο    ´- _ `ヽ、  v i  .i  ::::::::
    /´//: : :!: : : : : :| : : : : : : : : : : /: : :.丶ノ i i   i   
   /// i : : :| : : : : :|| : : : : : : : : :;/: : : : : : : :i i    i  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
 // /∧ ヽ: : :ヽ: .  ||ο : : : : : : / : : : : : : :/ i    i  d⌒) ./| _ノ  __ノ


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:39:29 ID:QZgej1rc0

>>201
シャレにならんからやめろwww


204: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:40:05 ID:unWYJtbf0

サーニャ「・・・エイラ、間違いで人を疑ってはだめ」

エイラ「で、でもさ」

サーニャ「・・・ごめんね、いまは教えられない」

エイラ「サーニャ・・・」

サーニャ「・・・でも、エイラがもし」

エイラ「もし、なんダ?」

サーニャ「・・・ううん」

エイラ「言ってくれ、気になるダロ!」

エイラ「みーやーふーじー!」

芳佳「だから、なんでわたし!?」


208: ◆1BrjSSUSHI 2012/12/23 02:43:50 ID:unWYJtbf0

  ・・・エイラがもし

  あの人以上にわたしの心に深く触れられたら

  話してあげられるかも
                   -―…‥─-   /////////}
        _____/__          ─-ミ ///////
         |//////////////⌒ ̄ ̄`ヽ        \////'
       V //////////                  ∨//
         ∨//////〃              、       ∨
        ∨/////  .:  .::     /    ハ  \  ‘ 
        i::∨/// .::   .::  /   /   , /   ;   ,  ',
          i::::::}/ /  .::   /   /    //   :|    |   :,
        i:::/ // /  :::  / ..: '    //   _j_ |   i
        / /:::/ /  ::::  ..::/斗─ //     _|_ /゙リ   八
     ⌒7¨´.:::::/ /|   :|:: i/j/ノ|_//    7⌒メ /    ノ!`ヽ
        / .:::::ノイ:::|   :|:: |  ,≠"i⌒ヽ     i:ノ! ノノ´ /ノ
     〃 ::::::::::::|::::|   :| | 〃 _ノ:j        :ソ i .イ
     l  :::: :::::::| 八  :|ヘ{ 乂::ソ         :::::: | .:八
     |i  ::| ::::::|人 \ {__  :::::::::        `   八jハ!
     |i  |  :::::::::i ̄\iイ`        , ,   / .::ノ
.     八 八  :::::::::|\/: : \ > .     ,. イ  /
.      \ \{\::|/\: : : :\  / >-< )ノ}/ `:,
           /: : : : : \: : : :\\: /<〉     i
                            ・・・そう

                            わたしの数日だけの、素敵な恋の話を

END


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:45:31 ID:V0IYLIMR0

乙!
エイラにも希望が


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:51:08 ID:r0uw6ksJ0

おつ!


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/23 02:51:36 ID:QZgej1rc0

おつ
どっちも凄く好きな作品だし楽しめた

…内気な女の子同士が一目惚れしあって積極的になるって…いいな……


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356176333/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。