ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優花里「西住殿フォルダがバレました……」


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:21:20 ID:tFz8COid0
優花里(あんなことさえなければ……)

 ドンッ

 沙織『きゃっ!』

 みほ『何!?』

 優花里『地雷みたいです』

 沙織『そんなのありなの……』

 みほ『みんな怪我は!?』

 華『大丈夫です』

 麻子『だが履帯がやられた』

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:26:40 ID:tFz8COid0

 敵『かかったな』

 敵『私とこのイージーエイトをコケにした報いだ!』

 敵『いいか! 臆するな! あの車輌さえ殺れば後は烏合の衆!』

 みほ『作戦中止! 全車B14C地点を包囲、警戒してください』

 みほ『地雷に注意して、念のためタンクデサントで移動を』

 敵『M464装填しろ』

 敵2『本気ですか!? 素直にM93にしときましょうよ』

 敵『中身ごと殺るんだよ』

 敵2『口径が違います……』

 敵『ちょっと短いだけで同じ76.2mmだ。1発くらい大丈夫だろう』

 敵2『でもバレたら大変なことに……』

 敵『うるさいやれ』

 敵2『はいぃ』ビク


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:30:32 ID:tFz8COid0

 ガンッ ガシャンッ!

 沙織『きゃあっ!!』

 麻子『沙織!!』

 優花里『つ、通信士意識喪失!!』

 麻子『そんな……』

 華『敵……敵は……』

 みほ『華さん、方位35仰角2撃って!!』

 華『この!!』

 ドンッ

 華『敵撃破!』

 麻子『沙織!沙織ぃ!!』

 敵『馬鹿が。それは囮だ』


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:35:25 ID:tFz8COid0

 敵『次、エンジンを狙え! ファイア!』

 ドンッ ガッ

 麻子『くっ』

 優花里『発動機火災!』

 みほ『消火急いで!』

 敵『よし……次弾、APIを装填しろ』

 敵2『そんな……やり過ぎですよぉ』

 敵『あの車と指揮官の技量で、こちらの絶対優位が崩されたんだ。本気で潰さねば』

 敵『例え我々が失格になったとしても、やつさえ消えれば負けはない』

 敵2『私達じゃなくてチームごと失格ですよぉ……』

 優花里『ダメです! 燃料漏れ出してます』


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:40:26 ID:tFz8COid0

 みほ『……』

 みほ『……指揮権を会長さんに委譲』

 みほ『車輌を放棄します! みんな急いで退避してください!』

 敵2『ほ、ほら、白旗揚がってますよ?』

 敵『1発だけなら誤射かもしれん』

 敵2『隊長ぉ……』

 敵『やれ』

 敵2『っ……』ビク

 敵2『ごめんなさい……』

 麻子『沙織! ほら、起きろ!!』

 沙織『……』

 みほ『私が上から引き上げますから、みなさん沙織さんを』

 華『分かりました』


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:45:15 ID:tFz8COid0

 麻子『沙織……いま助けるからなっ!』

 優花里『せーのっ!』

 ドンッ ガキンッ

 みほ『きゃあ!』ドサ

 ボワッ

 みほ『嘘……焼夷弾……!?』

 みほ『燃料に引火したら……!』

 みほ『みんな! 優花里さん!!』

 華『……』

 麻子『……』

 沙織『……』

 優花里『みほ殿……逃げて……』


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:51:10 ID:tFz8COid0

 --通信が切断されました--

みほ「あ……」

優花里「運営にはじかれたみたいですね」

麻子「あの衝撃と貫通力は異常だったからな」

優花里「きっとMODでも入れてたんじゃないんですか?」

沙織「公式戦でそういうのありだっけ?」

みほ「そもそも外見以外の変更はダメだった気が……」

華「いいところまでいきましたのに……」

沙織「これって乗員の死傷もあるんだねー」

 ニャーニャー

麻子「会長からメールだ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 00:55:10 ID:tFz8COid0

麻子「なんかしらけたから今日はお仕舞い! だそうだ」

華「そうですの……残念ですわ」

優花里「それじゃあ、私達も終わりにしましょうか」

みほ「みんな、また明日学校でね」

沙織「はーい! じゃね」

華「お疲れ様でした」

麻子「では、切るぞ」

優花里「それではー」

優花里「ボイスチャットオフっと」

みほ「ふぅ……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:00:28 ID:tFz8COid0

優花里「お疲れ様でした」

みほ「お疲れ様」

優花里「それにしても、会長も強引ですよね」

 杏『おまえら! 今週の日曜10時に試合だからな』

 みほ『今週ですか!?』

 桃『そうだ! 各自ユーザー登録とインストールを済ませておくように』

 華『ゆーざー?』

 柚子『今人気のネットゲームなんですよぉ』

 柚子『実車みたく複数プレーヤーが1つの車輌で戦うんです』

 麻子『それ、装填手は絶対つまらないだろ』ボソ

 優花里『言わないでください』ボソ

 沙織『通信ってキーボード打つだけなのかな?』ボソ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:05:46 ID:tFz8COid0

 華『面白そうですね』

 杏『だろ! なんと1両2~7プレーヤーで20輌まで参加できるんだ』キャッキャ

 優花里『全員がM3だと140人対戦ですか……』 

 杏『凄いだろー! これで基本無料なんだからやらなきゃ損だよな! な!』

 桃『どうも最近、会長がはまったらしくてな』

 沙織『はぁ……』

 杏『そ、そんなんじゃなぞ!』

 杏『私はゲームとはいえ戦術や戦略の訓練になると思ってだな!』

 優花里『でも今使ってる戦車がないとあんまり効果がないんじゃ』

 杏『だから! 戦略の訓練だって言ってるだろ!』

 桃『それに、うちの戦車は新規ユーザーでも選択できる』

 杏『装備は弱っちいけどな』


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:10:15 ID:tFz8COid0

 みほ『まぁ……会長が言うなら』

 麻子『どうせ強制だろうしな』

 杏『そういうこと』

 桃『詳細はメールしてあるから、そちらで確認してくれ。以上解散! 礼!』
 
 一同『ありがとうございました』

 杏『よっし! これで勝ちまくってポイント貯めてT28を魔改造……ふふふ』

 桃『やれやれ……付き合わされるこっちの身にもなってください』


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:14:38 ID:tFz8COid0

みほ「ほんと。いきなりだったもんね」

みほ「私、機械とか詳しくないから助かったよ」

みほ「でもごめんね。優花里さんのパソコン借りちゃって」

優花里「いえ、私はラップトップもありましたし」

優花里「みほ殿と一緒に居られましたから///」

みほ「あぅ/////」

みほ「あれ?……ねぇ、このアイコンは?」

優花里「どれですか?」

【西住殿】

優花里「……」サーッ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:19:08 ID:tFz8COid0

優花里(しまった! 付き合えたことに舞い上がって、消すのを忘れていました…)

優花里「あー……これはですね、その、見なかったことにしてください」

みほ「それ余計に気になるよ! ……開いちゃおうかなぁ~」

優花里「ダメっ! ダメです! お願いですからそれだけは……」

みほ「えい!」カチカチ

優花里「あ」チーン

みほ「これは……」

みほ「私の写真?」

みほ「しかも……」

【674の項目 1002MB】

みほ「うわぁ……」

優花里「終わった……みほ殿に引かれた……嫌われた」ボソボソ

優花里「もう生きていけない……」ボソボソ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:23:17 ID:tFz8COid0

みほ「優花里さん、これって……」

優花里「い、言い訳のしようもございません……」

みほ「いや、うん……勝手に開いてあれだけど、あはは……」

優花里「あははは……」

みほ「……」

優花里「……」

優花里「うわぁああん」

優花里「ごめんなさい! ごめんなさいぃ!」

みほ「あの、謝られても……」

優花里「お願いです! 嫌わないでください!」ポロポロ

優花里「みほ殿に嫌われたら私……もう……」グス

みほ「き、嫌いになんてならないから、落ち着いて。ね?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:27:11 ID:tFz8COid0

優花里「ほんと、ですか……?」グス

みほ「ほんとほんと」

優花里「みほ殿ぉ……」ギュ

みほ「よしよし」ナデナデ

みほ「それにしても、よくこんなにあったね」

優花里「それは……みほ殿は有名人ですから、画像検索すれば意外と……」

優花里「それに自分で撮ったりとか……」

優花里「ごめんなさい、全部消します……」シュン

みほ「そ、そうしてくれるとありがたいかなぁ」アハハ

みほ「……え? 自分で?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:31:52 ID:tFz8COid0

優花里「戦車道を始める前はよく観戦していたので」

優花里「その時の写真とか動画もあります」

みほ「……そうなんだ」

優花里「はい、昔からみほ殿は私の憧れでしたから」

優花里「みほ殿の戦い方は力強くて、華麗で、これぞ戦車道って感がして大ファンでした」

みほ「……そっか」

みほ「やっぱり、消さなくていいよ」

優花里「え?」

みほ「優花里さんだけ特別だからね?」

優花里「みほ殿ぉ!」パァ

みほ「だけど、他の人だったら今後の付き合いを考えるレベルだよ」

みほ「少しは自重してください」

優花里「うぅ……すみません」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:35:35 ID:tFz8COid0

みほ「それと。写真、これからは2人で撮ろうね。優花里さん」ニコ

優花里「はい//!」

みほ「……ごめんね」ボソ

優花里「え?」

みほ「うんん。何でもない」

秋山母「2人ともー! お昼ご飯出来たから降りてらっしゃい!」

優花里「行きましょうか」

みほ「うん」

優花里「さぁ! どうぞどうぞ!」

秋山母「あんたは何もやってないでしょ!」

みほ「あはは……すみませんご馳走になっちゃって」

秋山父「遠慮なんかすんなぁ! 優花里の友だちならいつだって大歓迎よ!」

秋山母「そうそう。えっと、西住さんだったわよね」

秋山母「娘からよく話を聞いてますよ」

優花里「あっ! そ、それは……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:39:29 ID:tFz8COid0

秋山母「この子ったら学校から帰ってくる度に西住さんが西住さんがって」

優花里「あうぅ////」

秋山父「コイツが戦車以外であんな嬉しそうな顔するのは初めてだからな」

秋山父「不器用なやつだけど、これからもよろしく頼むよ」

みほ「はい///」

優花里「恥ずかしい……///」

  ・
  ・
  ・

秋山父「さてと、んじゃあ店に戻るとするか」

秋山母「ゆっくりしていってね、西住さん」

みほ「はい。ごちそうさまでした」

優花里「もう……早く行って」

秋山母「はいはい」

優花里「うぅ……///////」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:43:57 ID:tFz8COid0

みほ「優花里さん、部屋戻ろっか」

優花里「そうしましょう」

優花里「はぁ……あれを公開処刑と言わずになんと言うんでしょうか」バタン

みほ「優花里さんっ!」ギュウ

優花里「ひゃっ」ドキ

優花里「ど、どうされたでありますか////?」

みほ「えへへ////なんだか嬉しくって」ギュ

みほ「優花里さんが私のこと、こんなに想っててくれたんだって」

みほ「ありがとう///」ニコ

優花里「み、みほ殿ぉおお!」ギュウ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:48:05 ID:tFz8COid0

みほ「く、苦しいよ優花里さん///」

優花里「大好きであります! もう離しません!」ギュウ

みほ「それじゃあ私だって」ギュウ

優花里「ふにゅ////」

みほ「////」

優花里「////」

みほ・優花里(離れるタイミングが分からない……///)

みほ・優花里(でも、このままでもいいかも///)

みほ「優花里さん?」

優花里「何でしょう?」

みほ「私達のことなんだけど」

優花里「嫌です! 別れたくありません!」

みほ「いや、抱き合ってる状態で別れ話はないから……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:51:52 ID:tFz8COid0

優花里「よかった……」ホッ

みほ「そんなに心配しなくても、私は優花里さんのものだよ?」

優花里「もっ!?//////」ボフ

みほ「優花里さん!?」ユサユサ

優花里「みほ殿~……」ポー

みほ「ふふっ可愛い」ナデナデ

 ・
 ・
 ・

優花里「ふぁああ……」

みほ「起きた?」

優花里「みほ殿……!?あぅ……/////」カァァ

みほ「そ、そんなに赤くなられると私まで恥ずかしいな////」

優花里(……この柔らかい感触は)

優花里(膝枕!!!)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:56:18 ID:tFz8COid0

優花里「////」ドキドキドキ

みほ「どうしたの?」

優花里「いえっ! なんでも///」

優花里(ここは気づかない振りをして至福の時間を……)

みほ(可愛い)ナデナデ

優花里「くぅん///」

みほ「ええっと、それでさっきの話だけど」

みほ「私達のこと、学校のみんなにはどう説明しよう?」

優花里「……」

優花里「考えてませんでした……」

みほ「みんななら、きっと分かってくれると思うけど」

優花里「しばらく様子見ですか?」

みほ「う~ん……私達も無理しないで、気づかれたら気づかれたでもいいかな」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 01:59:05 ID:tFz8COid0

優花里「そ、それじゃあ、学校でもみほ殿と手を繋いだり腕を組んだり」

優花里「抱きついたりしてもいいんですね!?」

みほ「手を繋ぐくらいならいいけど、その他は、だ、誰もいないときなら……?」

優花里「はい!にへへ///」

みほ「それでね、優花里さん。膝枕、どうかな?」

優花里「えへへ///」

みほ「む……膝枕交代!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 02:03:25 ID:tFz8COid0

優花里「……どうぞ」

みほ「う、うん」ポフ

優花里「ど、どうでしょうか……?」

みほ「これ////すごいドキドキするね」

優花里「するほうも結構きますよ、これ////」

みほ「//////」

優花里「////」ナデナデ

みほ「ひゃうっ////」ドキドキ

優花里「さっきのお返しです」ナデナデ

みほ「あぅぅ……///」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 02:08:32 ID:tFz8COid0

 翌日

みほ「あ、おはよう!」

優花里「おはようございます! あ、あの、よろしければ手をつ……」

沙織「おーい! みぽりーん! ゆかりーん!」

華「おはようございます」

麻子「おい……私を置いていくな……」フラフラ

沙織「一緒に学校行こっ」

優花里「は、はい」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 02:09:29 ID:tFz8COid0

 ・
 ・
 ・

沙織「それでねー麻子ったらさ」

麻子「うるさい。その話はもういいだろ」

優花里「あ、私はこっちですので」

華「それでは、またお昼休みに」

みほ「今日は学食でいいよね、優花里さん」

優花里「はい。それではまた後ほど」

沙織「じゃねー」

麻子「…………ん?」

おわり


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 03:35:27 ID:i/rKdv0l0


甘々で良かった


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/01 03:40:30 ID:paVECvdBP

麻子恐ろしい子


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362064880/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。