ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハス太「ま、真尋君…僕を体育倉庫に閉じ込めてこんな…ん///」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/E3838FE382B9E5A4AAEFBC88EFBC93EFBC89.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:02:25 ID:3+8vRf+E0

たのしそうだなぁとおもったので

真尋「あのなハス太……僕も男なんだぞ。それなのに誘惑ばっかりしやがって。僕だって我慢が出来ない時だってあるんだ」

ハス太「やったぁ。大歓迎だよ真尋くん。僕の体を存分に味わい尽くして。カモーンカモーン」

真尋「いいんだな?」

ハス太「いいよぅ」モジモジ

真尋「例え僕の性癖がお前の想像よりもずっと異常だったとしてもいいんだな?」

ハス太「……どのくらい?」

真尋「これから486本のフォークを使ってキミの消化器官を順番に跳び箱の上に並べていきたいと思います」シャキーン

ハス太「」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:04:07 ID:3+8vRf+E0

真尋「たのしみ」シャキーン

ハス太「健全な高校生がこんなとこにいちゃいけないよね。出よう」ダッ

真尋「まぁ待てよ」ガシッ

ハス太「はなして」ジタバタ

真尋「そんなこと言われても僕だってもう興奮が収まらないんだ。小腸だけでも、な?」

ハス太「いくら真尋君の頼みでも臓器を失うのは嫌だぞう」

真尋「面白いと思ってんのか」

ハス太「ごめん」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:04:54 ID:3+8vRf+E0

真尋「とりあえず刺そう」ヒュッ

ハス太「待って」

真尋「なんですか?」

ハス太「真尋くん、僕男だよ」

真尋「それが?」

ハス太「嫌じゃないの?」

真尋「普段愛は性別を超えるとかいったのお前だろ」

ハス太「それもそうだね」

真尋「うん」グサッ

ハス太「あがっ…………………………げ、ぇぇぇぇ…………」ドクドク


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:07:52 ID:3+8vRf+E0

真尋「女の子みたいな肌だな。いい感じいい感じ」ルンルン

ハス太「……っ、こ、ここで僕を解体しちゃったら金髪ゴキブリ似のカマホモに欲情する猟奇クソホモ野郎のあだ名がついちゃうよ?」

真尋「ホモは差別用語だぞ。そういう人が傷つく事をいっちゃだめだ」グサッ

ハス太「現在進行形で人を傷つけてる真尋君に言われたくないな」

真尋「お前ホモサピエンスだっけ」グサッ

ハス太「違うけどさ」ドクドク

真尋「でしょ?」グサッ

ハス太「……わかった言い直すよ。金髪カマゲイに欲情する猟奇クソゲイ野郎の真尋君」ドクドク

真尋「よし」グサッ

ハス太「僕の言動の清らかさと真尋君の刺突の可否は特に一致しないんだね」ドクドク


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:11:16 ID:PaZWmUV70

邪神なんだからコレくらいどうとでもなるね


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:11:52 ID:3+8vRf+E0

真尋「まぁそりゃあねぇ」グチュグチュ

ハス太「中でこねくり回すのはやめてよぉ、いたいよぉ」ポロポロ

真尋「じゃあ皮膚から順番に剥いでいくか?どっちでもいいけど」

ハス太「こねくり回すほうでいいです。あっでもちょっと加減してくれるとうれしいな」

真尋「善処する方向で検討している最中であり明確に答えることは出来ないがとにかく精いっぱい、渾身の力で努力することを約束する」

ハス太「何重にも塗り重ねたグレーの表面に白を塗るのは卑怯だと思う」

真尋「だよなぁ」グチュグチュ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:14:04 ID:3+8vRf+E0

ハス太「うん。いたいいたいお腹の中が熱いよぉ」ポロポロ

真尋「アーチーチーアーチー」グチュグチュ

ハス太「最近すっかり聞かなくなったよね」

真尋「もう何年前の曲なんだろうな……あっ小腸出てきた小腸」グィィ

ハス太「…………っ」ビクッビクッ

真尋「このまま一気に全部位を外に出してしまおう。ふぃーっしゅ」グイグイ

ハス太「あ゛っ……あ゛あ゛っ…………」ビクッビクッ

真尋「すげぇよなぁ消化器官って。全部一直線に繋がってるもんなあ。うわースゲー伸びる」ビヨーン


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:16:33 ID:3+8vRf+E0

真尋「パスタみたいだ。フォークにまいて食べてみようかしらん」クルクル

ハス太「やめてよ」ドクドク

真尋「やだ。味付けの好みある?」クルクル

ハス太「ペペロンチーノが好きかな」

真尋「そう思ってオリーブオイルと唐辛子持ってきたんですよ」ドババ

ハス太「用意周到だね。でも傷口に唐辛子ってすっごくしみるんだけどな。ほら泣いちゃってるよぼく」ポロポロ

真尋「300ミリパラべラムフォークを用いてシェフ(ぼく)がたんねんに作り上げたハス太の小腸パスタペペロンチーノ風パスタできたよ。おいしそうだよ」アーン


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:19:42 ID:3+8vRf+E0

ハス太「ストップストップ。今度単語帳オゴるから許して」

真尋「なんの?」ピタッ

ハス太「メソポタミア文明の人が使ってたくさりかたびら文字の」

真尋「いらね。断る」アーン

真尋「」ガブリ

ハス太「あげぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

真尋「うーん……プレミアムなモツだ」モッチャモッチャ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:21:18 ID:3+8vRf+E0

ハス太「ぎいいいいいいいいいいいいいいいいぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

真尋「血の匂いと柔らかい食感が中々ナイス。コロラド州に住むラグビーの三流プレイヤーワンダバラバンイェッタッタリーヤーヘーェェーワンダーバランバンさんも太鼓判ですよ」モッチャモッチャ

ハス太「名前……長いね……」ビクッビクッ

真尋「スペイン系の人だからな」

ハス太「なる……ほど……」ドサッ

真尋「さて、引き続き消化器官を引き出す作業に移らせてもらおう」ズルズル

ハス太「」ドクドク


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:22:52 ID:3+8vRf+E0

真尋「胃が見えてきたぞ~」ズルズル

ハス太「ねぇ真尋くん」

真尋「なんだよ?」ズルズル

ハス太「そろそろ本気で許してくれないかな」

真尋「じゃあもしお前が逆の立場だとして許す?」

ハス太「もっと虐めるに決まってるじゃないか」ハァハァ

真尋「だよなぁ」ズルズル

ハス太「しまった」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:24:21 ID:3+8vRf+E0

真尋「できた」

ハス太「」ドクドク

真尋「習作「跳び箱の食事」とでも名付けようか」

ハス太「」ドクドク

真尋「ハス太生きてる?」

ハス太「なんとか。でもかなりきつい」

真尋「どうしてくれようかな」

ハス太「もう許してよぉ」

真尋「でもお前もう手遅れじゃね?」

ハス太「そうだけども。限りある命なら尚更思うがままに生きたいよ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:27:38 ID:3+8vRf+E0

真尋「その心意気に乾杯。自由にしてあげます。たすかる?」

ハス太「超たすかるよ、ありがとう真尋君」

真尋「さらにこの跳び箱に並べた消化器官も返してあげてもいいよ」

ハス太「ほんとうかい?」

真尋「代わりになる奴を一人連れてきてくれたらね」

ハス太「非の打ちどころのない悪徳だね。つまりきみはそういうやつなんだな」

真尋「クジャクヤママユをつぶした覚えはないぜ。濡れ衣もいいとこだ」

ハス太「じゃあ僕帰るよ。ついでに代わりになるの連れてくるから消化器官の返還を要請したい」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:30:19 ID:3+8vRf+E0

真尋「受理します。どうやって返せばいい?」

ハス太「リュックに詰め込む感じでギュウギュウと傷口に押し込んでくれればいいよ」

真尋「便利な体だな」

ハス太「えへへ」

真尋「じゃあいくぞ。胃からな」ビュンッ

ハス太「ぐえっ……ねぇ真尋君」グチャッ

真尋「どうした?」

ハス太「なんで僕の胃を時速157/kmの回転数の多い直球にして投げる必要があったの?普通にくれないかなお願いだから」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:31:07 ID:3+8vRf+E0

真尋「ストラックアウト気分で」

ハス太「あれたのしいよね。……おぇっ」ドロドロ

真尋「一人でやると時間忘れちゃうよな。拾いに行くときに空しくなるけど。二臓器目行くぞー」

ハス太「やめてー」

真尋「とうっ」ビュッ

ハス太「ぶぇぇぇぇぇぇぇっ」グチャッ

真尋「はっ」ビュッ

ハス太「……っそれにしてもコントロールホントに正確だね」グチャッ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:32:21 ID:3+8vRf+E0

真尋「ストライクゾーンは81分割で見てます」ビュッ

ハス太「プロテスト受けたら?」グチャッ

真尋「体力ないし」ビュッ

ハス太「なるほど」グチャッ

真尋「ここでマウンドをならす。強打者だからってひるむなぼく」ザッザッ

ハス太「いつの間に作ったの」

真尋「ふっ」ビュッ

ハス太「ナイピナイピー」グチャッ


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:33:32 ID:3+8vRf+E0

真尋「はっ」ビュッ

ハス太「いいよいいよー」グチャッ

真尋「ここで牽制球」ビュッ

ハス太「牽制遅いね」

真尋「うるさい」ビュッ

ハス太「あせらずいこー」グチャッ

真尋「ここでロージンをぺろり。送りバントの鬼には開き直って真っ向からだぞぼく」ペロ

ハス太「おいしい?」

真尋「ゲロまず」オエー


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:35:25 ID:3+8vRf+E0

ハス太「だよねー」

真尋「ラスト一臓器っ」ビュッ

ハス太「傷口のど真ん中ズドーン。完璧な内容だったね」グッチャァ

真尋「すっきりした」

ハス太「それはなにより。じゃあサヨナラ」ドクドク

真尋「またなー」

ハス太「あ、真尋くん」ドクドク

真尋「なんだい?」

ハス太「抑えならいけると思うよ」ドクドク

真尋「お世辞でも照れるぜ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:36:21 ID:3+8vRf+E0

ハス太「思い出したかのように痛みが」ドクドク

ハス太「……うぅ、いたいよぉ」ズリズリ

ハス太「に、ニャル子ちゃーん、クー子ちゃーん」コンコン

ニャル子「ありゃハス太くん。戦場カメラマンにでも就職したのですか?」

クー子「名誉の負傷って奴?」

ハス太「とりあえず助けてくれないかな。真尋くんが……」

ニャル子「行きましょう」ダッ

クー子「ニャル子が行くなら私も」ダッ

ハス太「最後まで話きいてよぉ」ダッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:39:46 ID:3+8vRf+E0

真尋「やぁ二人とも」

クー子「私達in血まみれの体育倉庫」

ニャル子「なんてエロチシズム」ハァハァ

ハス太「でもこれ僕の血だよ」

ニャル子「途端にがっかりしたので唾はいちゃいます。ぺっぺ」

真尋「ニャル子にしてはいい判断だ」

クー子「で、なんで援助が必要なの?血だらけのハス太」

ハス太「二つ名みたいでかっこいいね。気に入ったよ。実はこの大穴」

ニャル子「真尋さんがやったんですね?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:42:37 ID:3+8vRf+E0

ハス太「その通り」

真尋「バレてら」

クー子「流石ニャル子冴えてる」

ニャル子「で、私達を呼んでくるようにハス太君を脅したと」

真尋「一言一句間違ってないよ」

クー子「少年ってそういう少年だったんだ」

ニャル子「真尋さんはそういう人でしたよ。いつかやると思ってました。真面目な子で内向的で近所の人にあいさつもしてましたし」

真尋「大した付き合いもないのに事件を起こした隣人について聞かれて無理やり喋っちゃった奴のようなセリフを吐くな」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:46:19 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「私が止めます。真尋さんの嫁ですから」

クー子「私はニャル子の味方」

真尋「多勢に無勢。ハス太助けて」

ハス太「この機会に自分を省みてみればいいと思うな」ドクドク

真尋「ええいもうやけのやんぱちよ。くらえフォーク」シュッ

ニャル子「なんのニャル子がえし」カキン

真尋「いたい」グサー

クー子「ついでに燃やす」ボォォ

真尋「あつい」ジュウジュウ

ハス太「ハス太かぜ」ヒュウ

真尋「体調がわるくなった。今の僕超ひまわり」ゴッホゴッホ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:48:21 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「もういいでしょう真尋さん」

真尋「よくない」

クー子「諦めて」

真尋「諦めない」

ハス太「もう無理だよ」

真尋「無理かもしれないけど決めつけられる筋合いはない」ググッ

ニャル子「なぜそこまで」

真尋「それが僕の生きる道だからさ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:51:51 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「ならば全力でお答えしましょう。ニャル子こぶし」ドスッ

真尋「ぐはっ…………」

クー子「クー子電子レンジ」チーン

真尋「体の内側から膨張させるとは」パーン

ハス太「ハス太かぜ」ヒュウ

真尋「せきがとまらない」ゴッホゴッホ

ニャル子「ニャル子あしげ」ゲシッ

真尋「肩甲骨が五六本逝った」

クー子「二本しかねぇよ」ボォォ

真尋「すんません無知で」

ハス太「ハス太スペインかぜ」ヒュウ

真尋「洒落にならない。血が出てきた」オェェ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 22:56:18 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「ニャル子こぶしこぶしこぶしこぶしこぶしこぶしこぶしこぶし」ドスドスドスドス

真尋「胃が痛い。物理的に痛い」

クー子「燃やせ燃やせ真っ赤に燃やせ」ボォォ

真尋「クー子の顔面プロミネンスみたいに赤いぜ。もしかして恋かい?ラバーズ・フォーエバー・トゥ・アポンス・イン・ウィントフック?」チュッ

クー子「……」ボォォ

真尋「青い炎は完全燃焼の証。僕の体が炭化してきた証」

ハス太「ハス太香港かぜ」

真尋「流行させるならHDレコーダーにしてほしかった」ゴッホゴッホ

ハス太「買っちゃったんだね」

真尋「絶対流行ると思って」ゴッホゴッホ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:00:42 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「ニャル子目で殺す」ジッ

真尋「心肺停止まったなし」ドサッ

クー子「少年、朝だよ。起きて」チュッ

真尋「朝一のキスで発火させるのは何かのパクリになるからやめろ」ジュウジュウ

クー子「ごめんなさい」ボォォ

真尋「分かればよし。燃やさなければもっとよし」

ハス太「ハス太黒死病」

真尋「メメント・モリ」ドサッ

ニャル子「……そろそろいいですかね。真尋さーん」

真尋「はーぁーいー」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:03:25 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「反省しました?」

真尋「反芻してます」モッチャモッチャ

ハス太「あれ僕の小腸なんだよ」

クー子「吐いちゃえばいいのに」

ニャル子「なぜそう猟奇的なことしか考えられないのですか」

真尋「何でだと思う?」

クー子「少年が猟奇趣味だから」

真尋「かも……な」

ハス太「第234次元からの電波でも受信したとか」

真尋「おいおい僕は宗教はやらないぞ」

ニャル子「私が好きだから」

真尋「っ……」カァァ

ニャル子クー子ハス太「「「え?」」」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:07:44 ID:3+8vRf+E0

クー子「少年。とりあえず結論だけ述べる。君にだけはニャル子はやらない。嫉妬とかそういうんじゃなくてニャル子が危ないから」

真尋「クー子から取るつもりなんてないよ……」カァァ

クー子「なにその意外過ぎる反応。こっちまで恥ずかしくなる」カァァ

ハス太「照れちゃうなぁ」テレテレ

真尋「ゲイは向こう行けって。しっしっ」

ニャル子「……」ポカーン

クー子「……」ポカーン

ハス太「」ガーン


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:14:00 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「あ、あの真尋さん……その、それはええと……あっあの、さっきからそのその言って申し訳ないんですが」モジモジ

クー子「困る。困る。困る。困れば。困った時。困れ。少年、私は困る。困っている。困らなければならない」モジモジ

ハス太「じゃあ僕帰るね」

真尋「うん」

ニャル子「え、と……ああ申し訳ありませんなんといいますか唐突といいますか突然といいますかて言うかこれ私から告白を強いちゃったみたいで内心穏やかではいられないんですが」モジモジ

真尋「じゃあもう一度言うよ。ニャル子、君が好きだ」

ニャル子「ああ私の希望に即時即刻お答えいただけるとニャル子頭から火山が噴出しそうになってしまうので申し訳ないのですがあの」アタフタ

真尋「好きだ」

ニャル子「真尋さんそれはもしかしてそれは隙があるとか私の体を改造して鋤にするとかではなく」アワワワ

真尋「恋愛感情があるんだ」モジモジ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:16:25 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「」プシュー

真尋「オーバーヒートしちゃったのかよ」

クー子「少年……」カァァ

真尋「クー子……」

クー子「……」ドキドキ

真尋「……」

クー子「……」ドキドキ

真尋「……」

クー子「……?」

真尋「?」キョトン


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:18:44 ID:3+8vRf+E0

クー子「少年?」

真尋「ん?」

クー子「そ、その、告白は」

真尋「したじゃん」

クー子「あれはニャル子にであって」

真尋「僕としては範囲攻撃したつもりだったんだけど」

クー子「そ、そう……」

真尋「おうよ」

クー子「……じゃあ、とりあえず少年は私の事も好きということでおk?」

真尋「もちろん。……あぁ、やっと言えた」スッキリ


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:23:45 ID:3+8vRf+E0

クー子「私も少年の事はきらいじゃない」モジモジ

真尋「ありがとう」

クー子「遊園地とか、動物園とか、一緒に行ってらぶらぶしてみたいという気持ちもある」

真尋「超うれしい」

クー子「だから猟奇はもうやめて」

真尋「断る」

クー子「なんで」

真尋「好きだからだ」

クー子「よく分からない」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:26:40 ID:3+8vRf+E0

真尋「分かるだろう。僕が猟奇行為していたのはお前らの事が好きだから、つまり愛情表現」

クー子「……」

真尋「そんな僕の告白が受け入れられたという事は?」

クー子「もっと激しく愛情表現?」ジリッ

真尋「君と僕とで愛情表現」シャキーン

クー子「」ダッ

真尋「待てよマイハニー1/2」ギュッ

クー子「離せ」ボォォ

真尋「そんなに熱くない」

クー子「なぜに」

真尋「もう温度あんまり感じないから」ボロボロ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:30:30 ID:3+8vRf+E0

クー子「はなして」ジタバタ

真尋「折角恋が成就したんだ。もう少しだけこうさせてくれないか」ギュゥ

クー子「やだ。やだ。離れないようにもっと強くぎゅってしてほしいけどやだ。絶対やだ」ジタバタ

真尋「お願いだよ」ギュウ

クー子「やだ。やだ。やだやだやだやだお願い起きてニャル子」

真尋「……」ボロボロ

クー子「いくら炭化してるからって勝手に崩れないで」

真尋「じゃあ猟奇してもいい?」

クー子「だめ」

真尋「……」ボロボロ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:36:17 ID:3+8vRf+E0

クー子「崩れるな」

真尋「……そろそろ無理みたい。ネイチャー・ディスティニー・キャント・リベリオン・フォーエバーネバー」ボロボロ

クー子「やめて」

真尋「そんなこと言われても」ボロボロ

クー子「崩れないで。抱きしめるのをやめて」

真尋「お前の体に回した腕を離しちまったらそれこそ完全に崩れちまうよ」

クー子「消えないで」ポロポロ

真尋「無理言うなやい。誰だって消えるもんさ。未練がない奴は特にな」ボロボロ

クー子「ニャル子起きて。お願い。少年が、少年が」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:40:07 ID:3+8vRf+E0

ニャル子「」プシュー

クー子「いつまでオーバーヒートしてるのこの色欲魔。あなたの一番好きな人が消えてしまうのに。ひっぱたいてでも起こす」

真尋「行かせない。クー子はここで抱き留める」ギュゥ

クー子「なんで」

真尋「起こしてほしくないからさ」ボロボロ

クー子「私にだけこんなひどい光景を見せるのが少年の願いなの?鬼畜」

真尋「信用してるんだよ。クー子ならきっと大丈夫だってな」ボロボロ

クー子「あなたが信用するべき人は私じゃない」

真尋「それは僕が決めることだ」ボロボロ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:44:14 ID:3+8vRf+E0

クー子「ワガママ」

真尋「知らなかったか?僕は割と亭主関白な方なんだ」ボロボロ

クー子「……っ」

真尋「……」ボロボロ

クー子「……いい」

真尋「ん?」

クー子「猟奇していい」

真尋「へぇ、心境の変化か?それとも改宗でもしたか」

クー子「お腹でも脳みそでも腕でも足でも持って行けばいい。好きに扱えばいい。どうせ邪神だから。死なない。だから」

真尋「だから?」

クー子「……消えないでよぉ」ポロポロ


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:52:29 ID:3+8vRf+E0

真尋「なるほどクー子から猟奇のお許しが出たのは嬉しい限り」ボロボロ

クー子「だったら」

真尋「でもニャル子は何とも言ってないよな?」ボロボロ

クー子「屁理屈はやめて」

真尋「ていうかそもそも炭化させたのクー子じゃないですかー。猟奇許可など信用ままならんぞよ」ボロボロ

クー子「謝る。治す。治らなくっても治す。私の邪神生をかけてでも治す。後そもそも論は話が進まないからやめて。時間もないのに」

真尋「ごめんよ」ボロボロ

クー子「謝らないで」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22 23:57:45 ID:3+8vRf+E0

真尋「こうするしかなかったんだ」

クー子「そんなことない」

真尋「僕が消えるか、お前達が消えるか、どっちか一つなんだ。コインの裏表なんだ。結果は出さなきゃいけないんだ」

クー子「そんなはずない」

真尋「あるんだよ。僕は好きな人を猟奇せざるをえないからな」

クー子「していいって言ってる」

真尋「僕が嫌だ」

クー子「意味が分からない」

真尋「猟奇は本能さ。出来るだけむごたらしく何かを扱う事で優越感を得ようとする本能なんだ。でも僕は好きな人にそんなことをしたくはない」

真尋「だからゲイを猟奇して鬱憤を晴らしてたってわけ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:01:13 ID:SyKHfsNv0

真尋「多分こうしなかったら、ニャル子辺りが肉塊になってたよ。クー子もかも」ボロボロ

クー子「それでもいい。少年が消えるよりもずっといい」

真尋「だから言ってるじゃないか。僕が嫌なんだよ」ボロボロ

クー子「ワガママはいい加減にして」

真尋「断る」ボロ

クー子「消えないで」ポロポロ

真尋「無理」ボロ

クー子「別の未来の可能性だってあるはず」ポロポロ

真「探してくれ」

クー子「少年。少年。少年。やだ、やだやだやだ」

「」

クー子「いやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:10:08 ID:SyKHfsNv0

ニャル子「おっとっと……気絶してましたか」ガバッ

クー子「……」ポロポロ

ニャル子「どうしたのですかクー子」

クー子「分からない」ポロポロ

ニャル子「それにしても……こんな廃屋に私を連れ込んで気絶させるなんて。地球の文化に影響され過ぎですよクー子」

クー子「分からない」ポロポロ

ニャル子「しかし私はあなたの思い通りには……クー子?」アチョー


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:12:33 ID:SyKHfsNv0

クー子「ねぇ、ニャル子。私達何か大事なものを」

ニャル子「大事なもの?はて……今週のアニメライトの付録は大した事なかったと思いますが」

クー子「そうじゃない……絶対に……違う……」ポロポロ

ニャル子「……?」

クー子「違う……違う……」ブツブツ

ニャル子「さっさと基地に帰りましょう。地球なんて文化以外にはなんの面白みもない土地なんですから」

クー子「こんなの……おかしい……こんな……こんな……」ブツブツ

ニャル子「クー子?おいていっちゃいますよー?」

クー子「何か、何か、大事な、とっても大事な……」ブツブツ

クー子「大事なもの……だったのに……」ポロポロ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:13:44 ID:SyKHfsNv0

終了




かな???


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:28:42 ID:v0sF6XHT0

なんてこった……


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:32:51 ID:SyKHfsNv0

ニャル子「  さんっ!」

  「どうしたんだニャル子」

ニャル子「え、ええとですね、あー、その……ち、ちょっと待ってくださいね?」スーハースーハー

ニャル子「……大丈夫大丈夫、私はどちらかと言われれば攻めまたは誘い受けです。やればできる邪神です」ブツブツ

  「?」

ニャル子「その、お、男の人にぷれぜんとと言うのはあんまりしたことが無いのでもしかしたら不快に思われるかもしれませんがっ!」カァァ

ニャル子「その、折角告白していただきましたので、ええと、そう、お、お礼!そうお礼としてですね、やましい気持ちではなくて」

ニャル子「これから、寒くなりますし、えと、マフラーでも、どうかな、と……ひとつ、編んでみたんですが」モジモジ


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:36:41 ID:SyKHfsNv0

  「ニャル子が編んでくれたのか?」

ニャル子「は、はいっ!」カァァ

  「……変なの入ってないだろうな?宇宙生物とか」ニヤニヤ

ニャル子「そんなもの入れるはずがありませんっ!100%地球産です!私、私はっ!ホントに嬉しくてっ」ジワッ

  「冗談だよ。ありがとう、ニャル子」ポンポン

ニャル子「あ……えへへ。こちらこそ、ありがとうございます」

  「なぁニャル子。今度デートでもしないか?」

ニャル子「と、突然ですね、特急ですね  さん。いえ嫌という訳ではなくむしろ大歓迎なんですがっ!」

  「折角可愛い恋人に編んでもらったマフラーを見せびらかしたいんだよ」

ニャル子「あ、あうぅ……」プシュー

  「……やれやれ。オーバーヒートしちゃったか」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:43:58 ID:SyKHfsNv0

クー子「……」

  「どうしたクー子。拗ねた顔も可愛いな」

クー子「……」

  「当ててやろうか。クー子も僕に何かあげようとしてくれたんだろ?」

クー子「……違う」

  「ありゃ。僕もまだまだだな。じゃあ何する?何したい?クー子がしたいこと全部してやるよ」

  「一緒にハンバーグ作る?指の一つ一つまで離れないように絡めて大通りでウィンドウショッピング?」

  「それとも遊園地でデート?溶けるくらい情熱的なキス?なんならもう少し大人の事してもいいけど」

クー子「……違う」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:48:47 ID:SyKHfsNv0

  「ワガママだな……」

クー子「知らなかった?私は結構亭主関白タイプ」

  「亭主関白は男が使う言葉だ……っとツッコミは置いといて。じゃあ、何してほしいんだ?」

クー子「あなたには何もしてほしくない」

  「おいおい、僕達は恋人同士なのにそりゃないだろう」

クー子「私が恋人になったのはあなたじゃない。  だけが私の恋人」

  「やっぱり僕じゃないか」

クー子「違う。お前なんか  じゃない。こんなの要らない。  はもっと……フォークだって……」

  「はいフォーク」シュッ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:53:40 ID:SyKHfsNv0

クー子「ぐふっ……」ドクドク

  「血が出てるよ、クー子。痛い?」

クー子「いた……くない!」ドクドク

  「強がるなよ。いくらなんでも見え見え過ぎるぞ」

クー子「こんなのこれっぽっちも痛くない。  ならもっと……」ドクドク

  「……分かったよ。容赦なくいくぞ」シャキーン

クー子「っ……!」

  「はーいそれではこのクー子のお腹に空いた大穴の内側にフォークを二本引っ掛けてですね」ピトッ

クー子「……」バックンバックン


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 00:58:40 ID:SyKHfsNv0

  「横に裂きまーす」ブチブチブチブチッ

クー子「ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!」ギリッ

  「縦に裂きまーす」ブチブチブチブチッ

クー子「あぎぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!」

  「中のもつを掻き混ぜまーす」グッチャグッチャ

クー子「あ、げ、ふ、ぐえぇぇぇ……がっ……あ゛っあ゛っあ゛っ」ビクッビクッ

  「……痛いだろ?死にそうなくらい痛いだろ?猟奇なんてやるべきじゃないんだよ」

クー子「痛く……ないっ!」ギリッ

  「いい加減にしろよクー子。僕はお前の為を思って」

クー子「お前に思われる道理なんてないっ!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 01:08:09 ID:SyKHfsNv0

  「……なんでそういう事言うんだよ」

クー子「……お前は、私の理想」

クー子「  をの生き方を認められない私が生み出した幻想」

クー子「だからお前は私に都合のいい事しかできない」

クー子「さっきの猟奇だって、私が望んだ結果。お前にはあれ以上は出来ない。私が望んでないものは与えられない」

クー子「もし  なら私の都合なんて無視して殺すまで猟奇してた。それがお前が  でない証拠」

クー子「お前に、私は、殺せない……!」

  「でも俺はクー子が望んだからここに居るんだぞ?恋人として」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 01:15:04 ID:SyKHfsNv0

クー子「……そうかも。ただ、もうその役目は終わり。お疲れ様」

  「本当にワガママだな」

クー子「受け入れる事が出来た。これが  の言ってたこと」

クー子「今ならわかる。コインが永遠に宙を舞う事はありえない。結果は、出さなければならない」

クー子「少年は、少年だからこそ……結果を出したからこそ、もういない」

クー子「私が好きだった彼は、もう死んだ。……それが結果」

クー子「死んでないのならそれはもう彼ではない何か。少年は、あそこで死ぬからこそ少年でありえた」

クー子「そうでしょ……?」

クー子「ねぇ、真尋……」ポロポロ

真尋「……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 01:18:02 ID:SyKHfsNv0

クー子「ありがとう……」

真尋「……」

クー子「ありがとう……」ポロポロ

真尋「……」

クー子「貴方の事は、忘れない」

真尋「……」

クー子「ずっと、ずっと。何があっても忘れない。だから……」

クー子「さよなら。私の好きだった人」



真尋「……」ニコッ


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 01:19:15 ID:SyKHfsNv0

これでおわりです


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 01:20:15 ID:3gOjSCPf0


目が真っ赤だ


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23 01:20:28 ID:bofjojqa0

あれこの話こんな重いやつなの?


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1350910945/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。