ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲「えっ、麻雀大会ですか?」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/a848decfc0af4a9ce6c0065c059c1b3d.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 20:52:43 ID:liCbWMbS0
久「そうよ。あの麻雀フェスの大会に参加するわよ」

京太郎「麻雀フェスですか!」

まこ「部長、あんたインハイで最後ってゆうとったくせに……」

久「まあまあ細かいことはいいじゃない」

咲「……あの、麻雀フェスって何ですか?」

久「あら」

優希「咲ちゃん知らないのか?」

咲「うん……」

和「日本最大級の麻雀のイベントですね。若者向けではありますが……」

咲「へえ」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 20:53:54 ID:liCbWMbS0

京太郎「おっ、ちょうどその麻雀フェスのCMやってるぞ」

咲「えっ……」


伊織『麻雀フェスではただいま大会参加チームを募集中よっ☆』

あずさ『沢山のご応募をお待ちしてますよ~』

亜美『大会には亜美たちも参加するよー!』


咲「こんなの毎年やってるんだ……ところでこの人たちは?」

京太郎「お前知らないのか? 竜宮小町って有名なアイドルグループだぞ」

和「アイドルが麻雀ですか……」

優希「宣伝のために参加とはなかなか大変そうだじぇ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 20:55:02 ID:liCbWMbS0

まこ「じゃが竜宮小町は確か三人グループじゃなかったかのう」

京太郎「765プロって事務所枠で参加するみたいですね。総勢12人ですよ」

久「アイドルと対局出来たら自慢話になりそうね。まあ、トーナメント制だから当たるかどうか分からないけど」

京太郎「俺はこのあずささんと打ってみたいぜ」

咲「京ちゃん……」

京太郎「な、何だよ。別にいいだろ?」

和「三浦あずさ……この人も女優とかではなくアイドルなんですか? 随分と大人びてますね」

優希「アイドルに年齢は関係ないじぇ!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 20:56:33 ID:liCbWMbS0

久「んーっと、1チーム最大12人までエントリー可能で、一試合ごとに5人のオーダーを決めて対戦するみたいね」

咲「全国大会みたいにオーダー固定じゃないんですね」

優希「12人……ムロマホも入れてやるか?」

和「勝手にメンバーに加えては駄目でしょう……」

久「加治木ゆみ、福路美穂子、天江衣……っと」

まこ「って、あんたは何やっとるんじゃあ!?」

久「えっ? ほら、5人でエントリーするのも寂しいじゃない」

和「勝手に申し込んだりして、その人たちも普通に参加しようと考えてたらどうするんですか」

久「あー、それは考えてなかった。仕方ないわね、この5人で我慢するか……」

咲「あはは……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 20:57:58 ID:liCbWMbS0

そして麻雀フェス当日――


(わいわいがやがや)

咲「ひ、人が多い……」

和「迷子にならないで下さいね」

優希「おっ! 大会会場は向こうみたいだじょ!」スタスタ

久「こら、一人で先に行かないの」

優希「ここは先に行ってみんなの席を取っといてあげるじぇ!」トテトテ

京太郎「あっ、おい!」

まこ「参加者の控え室は用意されとるけえ焦らんでええんじゃがのう……」

京太郎「ちゃんと前見て歩け、危ないぞ!」

優希「大丈夫、平気だj……」

(ドンッ!!)

優希「っとぉ!?」

???「いったぁ!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 20:59:51 ID:liCbWMbS0

優希「あはは、すまんすまん。大丈夫か……ってあれ?」キョロキョロ

優希(誰も居ないじぇ。確かに誰かにぶつかったはずなのに……)

優希「まあ気のせいならそれでいいじょ」スタスタ


あかり「いててて……」

結衣「おい、何してるんだよ」

あかり「あっ、結衣ちゃん。さっきこの人がぶつかってきて……ってもう居ない!?」

京子「何もないところで転ぶとかドジっ子だなーあかりは」

ちなつ「まああかりちゃんらしいですけどね」

あかり「だから、人がぶつかってきたんだってばー!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:02:34 ID:liCbWMbS0

京太郎「ほら、だから言わんこっちゃない。怪我はないか?」

優希「ああ。私は大丈夫だじぇ!」

久「なら良かったわ。危険だから単独行動は避けてちょうだいね」

優希「了解だじぇ」

和「落ち着いてみんなで向かいましょう……」

??「あ、あのー」

和「……? 私、ですか?」

??「はい。原村和さんですよね、ファンなんです。握手してください!」

和「はあ。いいですよ」

??「本当ですか? 嬉しいです!」


まこ「さすがじゃのう、インターミドルチャンプは」

咲「インハイでも活躍しましたしね……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:05:07 ID:liCbWMbS0

ゆの「乃莉ちゃん、今の有名な人なの?」

乃莉「はい。のど……原村和といって、昨年度全中覇者で今年もインハイで活躍した選手ですよ」

宮子「へえ~。ノリスケは物知りだなー さすがー」

乃莉「こ、これくらいなら普通の人でも知ってますって」

ヒロ「そういえば私もテレビで見たことある気がするわ」

なずな「昨年度の全中……ってことは私たちと同学年!? 見えないよ……」

乃莉「あはは、確かにあの人はスタイルいいからね」

沙英「あれで年下かぁ」

乃莉(原村和……ネット麻雀界の伝説『のどっち』その人という噂は有志の検証や調査により事実とほぼ確定……)

乃莉「ほんと、あれで私とタメってありえないですよ……」

ゆの「……?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:07:24 ID:liCbWMbS0

『ただいまより、麻雀フェス麻雀大会の開会式を始めます。参加者の方は……』


京太郎「おっ、開会式始まるみたいですよ」

久「よし。みんな行くわよ!」

優希「おー!」

和「はい……」


憧「ほら、急ぐわよ……ん?」

穏乃「あれ、和!?」

和「!」

宥「それに清澄高校の皆さん……」

玄「偶然ですね!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:10:31 ID:liCbWMbS0

咲「あ、阿知賀の人たちがどうしてここに?」

まこ「そりゃあもちろん大会に参加するためじゃろうが」

灼「うん。トーナメントはまた逆ブロックだけど、よろしく」

咲「えっ、もう組み合わせ発表されてるの?」

穏乃「まだ見てなかったんですか!? ほら、あそこですよ!」

優希「おー、どれどれ?」

久「ふむぅ……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:15:20 ID:liCbWMbS0

白玉中ソフトテニス部──┐                                       ┌─桜守高校第二ボランティア部
チーム葵ヶ丘高校 ───┤                                             ├─ハーフプライサー同好会
                      ├───┐                              ┌───┤
落語家ガールズ.────┤      │                        |      ├─時定高校麻雀部
夜見北中三年三組───┘      │                              |      └─チーム聖桜学園
                        |                              |
清澄高校麻雀部────┐      │                              |      ┌─私立リディアン音楽院高等科
放課後ティータイム───┤      |                              |      ├─ストライクウィッチーズ
                      ├───┤                              ├───┤
七森中ごらく部 ────‐┤       |                              |      ├─千里山女子麻雀部
チームひだまり荘.───‐┘       |                              |      └─迷い猫同好会
                        ┝===┓              ┏===┥
碧陽学園生徒会────┐      │      |              |      |      ┌─慧心初等部女子バスケ部
大洗学園戦車道チーム.─┤       |      |              |      |      ├─輝日東高校麻雀同好会
                      ├───┤      |              |      ├───┤
風新新聞専売所―───┤      |      |              |      |      ├─鴨川女子高ジャージ部+α
リトルバスターズ女子部.─┘       |      |              |      |      └─櫻花會ナイン
                        |      |              |      |
ローゼンメイデン────┐       |      |              |      |      ┌―チーム禍具(ワース)
室江高校剣道部────┤      |      |              |      |      ├─ホームズ探偵学院代表
                      ├───┘      |              |      └───┤
七色ヶ丘中学二年二組 ─┤               |    優勝      |              ├─阿知賀女子麻雀部
稲羽市特別捜査隊───┘              |      |      |              └─風間ファミリーズ
                                ┝===┷===┥


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:15:47 ID:liCbWMbS0

cafeたまゆら─────‐┐             |              |              ┌─綺羅星十字団
時空管理局代表────┤              |              |              ├─極東魔術昼寝結社の夏
                      ├───┐      |              |      ┌───┤
チームMAHO堂────‐┤       |      |              |      |      ├─彩井高校GA一年
隣人部――――────┘      |      |              |      |      └─コミックアーススター編集部
                        |      |              |      |
海の家れもん ─────┐       |      |              |      |      ┌─猫神やおよろーズ
陵桜学園高等部────┤      |      |              |      |      ├─チームB★RS
                      ├───┤      |              |      ├───┤
宮守女子麻雀部────┤      |      |              |      |      ├─川平家の犬神たち
聖リリアナ学園生徒会.─‐┘      |      |              |      |      └─青錆学園中等部
                        ┝===┛              ┗===┥
見滝原スパローズ ───┐     |                              |      ┌─エンジェル隊
白凰女学院ヨット部 ──‐┤     |                              |      ├─結姫女子学園ぬこ部
                      ├───┤                              ├───┤
学園都市代表────―┤      |                              |      ├─ましまろな女の子たち
チームワグナリア.───‐┘      |                              |      └─雛見沢分校部活メンバー
                        |                              |
チーム765プロ ―───‐┐     |                              |      ┌─猫毛高校麻雀同好会
桃月学園1-C ――――─┤      |                              |      ├─ソニックダイバー隊
                      ├──―┘                              └───┤
チーム南家.──────┤                                         ├─チーム彩南高校
戦国コレクションズ.───┘                                              └─白皇学院麻雀部


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:17:01 ID:liCbWMbS0

穏乃「インハイ同様一回戦は1チーム、それ以降は上位2チーム勝ち上がりみたいですよ」

咲「……あれ? 宮守女子って確か」

久「うん。全国二回戦で当たったチームね」

優希「思い出したじょ、あの糸ミミズみたいな眉毛が先鋒だったチームか!」

白望「誰が糸ミミズだって……?」

優希「うおっ!?」

久「ご、ごめんなさい。この子に悪気はないのよ……」

塞「いや、気にしてないよ」

胡桃「シロにぴったりだもんね」

エイスリン「アハハ、イトミミズ!」

白望「私は気にして…………まぁいいか……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:17:33 ID:oSNd3AZB0

カwオwスwww


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:18:18 ID:liCbWMbS0

豊音「今度は負けないよー、宮永さん」

咲「えっ……あ、ああえっと、お手柔らかによろしく……」

胡桃「まあ三回戦まで残っていればの話だけどね」

まこ「おや、随分と消極的じゃのう」

塞「いやこっちは余裕だけど……清澄さんがねぇ?」ニヤリ

久「へえ……?」


玄「わわっ、なんか険悪ムードなのです……」

憧「何なのこの空気……しず、何とかしなよ」

穏乃「えっ、私!?」

灼「……任せた」

穏乃「ええっ!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:19:56 ID:liCbWMbS0

晴絵「まあまあ、そのくらいにしなさいあなたたち」

和「赤土さん……」

トシ「そうよ。三回戦の話より初戦の心配をしなさいな」

穏乃「えっ、熊倉さん!?」

憧「どうしてここに……」

晴絵「おや、アンタらは知らないんだっけ?」

塞「熊倉さんは私たち宮守女子麻雀部の顧問だよ」

穏乃「そうだったんですか!」

トシ「うちのチームは全国では二回戦で負けちゃったからねぇ。監督能力では赤土さんに負けるかしら」

晴絵「いえいえ、そんな……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:20:57 ID:liCbWMbS0

トシ「それより……この大会を甘く見ない方がいいと思うわ。さっきからどうも嫌な予感がするのよねぇ」

晴絵「そうだよアンタたち。私も感じるわ……この大会はどこか不気味よ」

憧「この二人が言うのなら相当ヤバげってことよね……」

穏乃「だ、大丈夫! 必ず決勝まで行ってまた和たちと遊ぶから!」

灼「そこは優勝を目標にしようよ……」

久「あはは、負けないわよ?」

塞「おや。私らだって遅れは取らないよ」


咲(熊倉さんに赤土さんか。きっとすごい打ち手なんだろうな)

咲(うん、確かに……気のせいじゃない。ここには強い人が沢山居る!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:22:16 ID:liCbWMbS0

晴絵「ほら、そろそろ開会式始まるよ」

穏乃「あっ、はい!」スタスタ


憧「清澄と宮守、そしてさっきは話題にならなかったけど……」

穏乃「うん」


セーラ「よう、やっぱり阿知賀ってお前らのことか」

竜華「おおー。久しぶりやなー」

憧「来たわね、千里山!」

宥「ご、ご無沙汰してます……」

怜「その節はどうも」

玄「あっ……園城寺さん!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:24:49 ID:liCbWMbS0

穏乃「園城寺さん、生きてたんですね!」

怜「何や、その死にかけてたみたいな言い方……縁起でもない事言わんといてや」

玄「良かった……」

怜「あれくらい何てことない。この通りぴんぴんしてるわ……っとと」クラッ

穏乃「!!」

泉「ああ園城寺先輩、まだ無理せんといてください!」

怜「はは、すまんすまん」

灼「そんな体で大会に参加して大丈夫?」

浩子「まぁ不安ではありますけど、リハビリも兼ねての参加ですわ」

竜華「今回は絶対無理せんといてや、怜」

怜「わかっとるわ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:26:29 ID:liCbWMbS0

京太郎「いやー、開会式すごかったですね!」

久「そうね。竜宮小町のステージを生で見れるとは思っていなかったわ」

?「いやぁ、ほんとすごかったな! さっきのミニライブ!」

咲「えっ……?」

優希「だ、誰だじょこの人……」

和「さあ……」

律「そう警戒しなくていいよ。私は田井中律。清澄さんと一回戦で当たる放課後ティータイムの者だ」

まこ「その『放課後ティータイム』とは何の団体なんじゃ?」

律「一言で言うと、私たち桜が丘高校軽音部のバンド名だよ」

和「アイドルや軽音部員が麻雀ですか……」

京太郎「まあ、今回は麻雀のお祭だからなぁ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:27:56 ID:liCbWMbS0

律「アンタらあれだろ? インハイ優勝校の」

久「あら、知ってるの? その通りよ」

律「はあ、やっぱり清澄ってそうだよなー。まあいいさ、胸を借りるつもりでぶつかるよ。よろしくな!」

久「はいよろしく。一緒に楽しみましょう」

律「ああ。それじゃ試合会場で」スタスタ

優希「ふぅむ……目上の人へ試合前に挨拶とか、なかなか出来る奴だじぇ」

京太郎「目上ってお前な……」


梓「……どうでした?」

律「やばかった、めっちゃ緊張した……」

澪「お前の発案だろ、フランクに話しかけてプレッシャー与える作戦」

律「そ、それはそうなんだけどさ。そう上手くは行かないって」

唯「あはは~」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:36:10 ID:liCbWMbS0

<ルール>
10万点持ちスタート。
試合は先鋒・次鋒・中堅・副将・大将の順、各半荘二回で行われる。
焼き鳥やチップ、ウマ・オカは無し。切り上げ満貫無し。
ダブロン・トリロン無し。全て頭ハネ。
赤ドラ4枚有り。喰いタン有り。喰い替え、後付けOK
二飜縛り、八連荘無し。人和、流し満貫、オープンリーチその他ローカル役無し。ダブル役満以上は無し。
九種九牌流局有り、連荘。(ただしオーラスかつ親でトップの場合は終了)
四風連打流局有り、親流れ。四家立直流局無し。
四開槓流局有り(4回目のカンが成立した時点で流局)、親流れ。
カンの成立(カンドラをめくる)タイミングは暗槓なら即時、明槓の場合は嶺上牌をツモり切った牌が通った時点。
ただし明槓して嶺上開花を和了った場合はカンドラが乗る。
大明槓からの嶺上開花はカンさせた者の責任払いとなる。
オーラスが流局で終了した場合、供託の千点棒はトップ者のものとなる。
ラス親は順位に関わらず和了り止め出来る。ただしテンパイで流局した場合は連荘。
大三元・大四喜・四槓子の包有り。ツモ時は全額払い、ロン時は放銃者と半分ずつ支払う。
多牌・少牌、副露ミスは和了り放棄。その他の重篤なチョンボは基本的に満貫払い。
満貫払いのチョンボが起こった局のリー棒は宣言者に戻す。
オーダーは最大12人のエントリーメンバーの中から一試合ごとに自由に変更できる。

<補足>
萬子:一二三四五六七八九
筒子:①②③④⑤⑥⑦⑧⑨
索子:123456789
赤牌:(五) (⑤) (5)
千点棒:⊂・⊃


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:36:49 ID:liCbWMbS0

○第一試合先鋒戦○

『清澄高校麻雀部』 片岡優希・一年

優希「よろしくだじぇー」


『放課後ティータイム』 中野梓・二年

梓「よろしくお願いします」


『七森中ごらく部』 歳納京子・中学二年

京子「よろ~」


『チームひだまり荘』 なずな・一年

なずな「よ、よろしくお願いします……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:39:09 ID:liCbWMbS0

東一局 親:片岡優希 ドラ:東
優希:100000 梓:100000 京子:100000 なずな:100000


優希:七八九①②③③789東東西西

優希(おお、我ながら惚れ惚れする配牌だな。一気に攻めるじぇ!)

優希「リーチ!」トンッ ③

梓「!」

なずな「ふぇっ!?」

京子「おおう、いきなりダブリーかぁ」

梓(……話には聞いていましたけど)

京子(なかなか面白いねー)

なずな(ど、どうしよう……)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:40:05 ID:liCbWMbS0

梓(この人の場合は一発ツモの可能性もある、か……)

梓:一四(五)七八②②④578西中

梓(……よし)

梓「チー!」トンッ 西

優希「それはロンだじぇ!」ジャラッ

梓「うっ……」

優希「裏が一枚で18000!」

梓「はい……」

京子(おお、何というスピード麻雀だ……)

なずな(とりあえず東場を凌げって乃莉ちゃんは言ってたけど……こんなの無理だよぉ)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:41:33 ID:liCbWMbS0

放課後ティータイム控え室――

澪「お、おい大丈夫なのか梓は?」

律「んー……まあ東場だし仕方ないだろ」

紬「そうね。梓ちゃんを信じないと」

唯「うんうん。あずにゃんがんばれ~」


チームひだまり荘控え室――

沙英「うわっ、なずな東余ってたじゃん。あっぶな」

乃莉「ダブリー、チャンタ、ドラ3……ここにダブ東とドラ一つで10飜ですか」

沙英「もし一発も付いたら三倍満だね……」

ゆの「まあなずなちゃんがドラの東を切るかどうかは分からなかったけど……」

宮子「それ以前に中野さんが振り込んだわけだしね~。そんなこと考えても仕方ないんじゃないかな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:42:15 ID:liCbWMbS0

東一局一本場 親:片岡優希 ドラ:三
優希:118000 梓:82000 京子:100000 なずな:100000


三巡目――

優希:三四②③④⑤⑦⑧23499 ツモ二

優希(来たじぇ……)

優希「リーチ!」トンッ ⑤

なずな(ま、また来た……!)

梓(鳴けないか。とりあえず一発は回避しないと)トンッ ⑤

京子(むむ……)スッ

京子:一三九①②⑨⑨78東南白中 ツモ西

京子(さて、どうする私……)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:43:47 ID:liCbWMbS0

京子(……待てよ。昨日読んだルールブックに九種九牌というものがあったぞ)

京子(1、2、3、4……8、9! 九種ある、これだ!)

京子「九種九牌!」ジャラッ

優希「……え」

梓「はっ?」

なずな「えー!」


七森中ごらく部控え室――

ちなつ「うわー……」

結衣「あ、あの馬鹿何やって……ああもう!」

あかり「ま、まあまあ落ち着いてよ結衣ちゃん」

千歳「あはは~、どんまいやなー」

綾乃「これだから歳納京子は……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:44:17 ID:liCbWMbS0

京子「えっ? えっ?」

梓「えっと……九種九牌は誰も鳴いていない一巡目でしか出来ませんよ」

京子「えっ、そうなの?」

なずな「いつでも出来たらいろいろ困るよ……」

京子「それもそうかぁ。あっ、罰符っすね。はいはい……」ゴソゴソ

京子「……で、罰符っていくらだっけ?」

梓「満貫払いですよ」

京子「あー、親4000・子2000か」

優希(こ、こんなことで私のリーチが止められるなんて……いやいや)

優希(冷静に考えたら別に止められたわけじゃないじょ。気を取り直して行くじぇ!)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:45:29 ID:Hv9bLuJf0

綺羅星十字団出るのか
誰が出るのかな


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:45:47 ID:liCbWMbS0

東一局一本場 親:片岡優希 ドラ:⑥
優希:122000 梓:84000 京子:92000 なずな:102000


七巡目――

優希(うむむ……明らかに調子が落ちてるじょ……)スッ

優希:一一二①②③④⑤⑥⑦⑧西西 ツモ⑨

優希「やっと来たじぇ、リーチ!」トンッ 二

なずな「あっ……それロン」ジャラッ

優希「なぁっ!?」

なずな「平和のみ、一本場で1300点です……」

梓(安手で親流し、ナイスです)

京子(安っ! この人弱気っぽいし、怖くてリーチかけられなかったのかな)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:46:14 ID:liCbWMbS0

清澄高校麻雀部控え室――


京太郎「何だ、もう失速気味か? あいつらしくもない」

久「うーん。どうやらさっきの九種九牌のチョンボで調子が狂わされたみたいね」

京太郎「えっ、まさかわざと?」

まこ「それはないじゃろ。ありゃあどう見ても素じゃったけえ」

京太郎「ですよね……」

咲「……まだ東場は終わってないよ」

久「ふふ、そうね」

和「まだまだここからです……」


優希『ツモ! 3000・6000だじぇ!』


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:47:36 ID:liCbWMbS0

南一局 親:片岡優希
優希:139700 梓:77000 京子:85000 なずな:98300


優希(結局調子を取り戻せない内に東場が終わってしまった……もう少し稼いでおきたかったじょ)

梓(南入……よし、これで攻めに転じられる!)


梓「リーチ!」トンッ

梓「ツモ、2000・3900!」ジャラッ

優希「むむ……」


放課後ティータイム控え室――

梓『ロン! 5800です!』


律「やるなぁ梓」

澪「うんうん。期待してた通りだな」

律「何言ってるんだ、さっきはあんなに心配してたくせに……」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:48:37 ID:liCbWMbS0

南四局――

梓「ツモ、1300・2600!」ジャラッ


『前半戦終了です!!』

優希:123700 梓:103100 京子:85100 なずな:88100


なずな(ほとんど和了れなかった……)

優希(このちっこいツインテ、調子いいじぇ……)

梓(よし、10万点まで戻せた!)

京子(最下位か。なんの、まだ後半戦がある……)

京子(というわけで作戦開始!)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:49:59 ID:liCbWMbS0

優希(後半戦はもっと稼ぐじょ。早くタコスパワーを補充せねば……)

京子「いやー、東場の片岡さんすごかったですねー」

優希「お? ま、まあな。でもあれじゃ稼ぎ足りないくらいだじぇ」

京子「ええっ、もっと稼げるって事ですか? すごいな~」

優希(誰のせいで稼げなかったと思ってる!)

京子「そんな片岡さんに麻雀の戦術について教えてもらいたいんですけど……」

優希「ちょ、ちょっと待て」

京子「あれ、どうかしたんですか?」

優希「むむ……」

優希(10分後には後半戦が始まる……こんなところで足止め喰らってるわけには行かないじぇ)

優希(かといって私を頼ってきた中学生を軽くあしらうのもどうかと思うし……)

優希「何でもないじぇ。とりあえず歩きながら話そうか」

京子「はい!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:51:56 ID:liCbWMbS0

優希「そういう時は私ならこうするじょ」

京子「ほほう、なるほどなるほど」

優希「……っと、私の控え室はこっちだ。また後半戦で会おうじぇ」

京子「うっ……」フラッ

優希「ど、どうした!?」

京子「…………」バタリ

優希「おい!? しっかりしろ!!」

京子「わ……私なら大丈夫です……」

優希「良かった、意識はあったか」

京子「向こうの、私たちの控え室まで肩を貸してください……」

優希「わ、分かったじぇ」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:57:17 ID:liCbWMbS0

その頃、清澄高校麻雀部控え室――

??『すみません』トントン

久「おや、誰かしら」ガチャッ

千鶴「どうも失礼します」

咲「あなたは……?」

千鶴「『七森中ごらく部』の池田千鶴ですが、原村和さんはいらっしゃいますか?」

和「和なら私ですが……」

千鶴「姉があなたのファンなので是非サインが欲しいと」

和「はあ、構いませんよ」サラサラ

千鶴「…………」ジーッ

和「どうかしましたか?」

千鶴「いえ」

千鶴(どうして姉さんは自分でサインをもらいに来なかったんだろうか……)


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:58:27 ID:liCbWMbS0

千歳「失礼します~」

千鶴「姉さん? どうせなら一緒に来れば良かったのに」

京太郎(うおっ、同じ顔が二つ……)

久(あら。姉って、双子だったのね)

千歳「アンタが原村さんか~。噂通りやなぁ」

和「噂……?」

千歳「ふんふむ、ほな戻るで~千鶴。失礼しました~」スタスタ

千鶴「あっ、姉さん! し、失礼しました」バタン


まこ「何じゃあありゃあ?」

京太郎「さあ……」

咲(和ちゃん人気だなぁ……)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 21:59:22 ID:liCbWMbS0

七森中ごらく部控え室前――

京子「ここまでで大丈夫です。ありがとうございました……」

優希「そうか。それじゃ私は行くじぇ!」

優希(あと三分……ぎりぎり間に合うはず……!)タッタッタ


清澄高校麻雀部控え室――

優希「た、ただいま戻ったじぇ! 犬、早く例のブツを!」

京太郎「おっ、遅かったな……ってあれ?」ゴソゴソ

咲「どうしたの京ちゃん」

京太郎「タコスが無い……」

優希「なにぃー!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:00:23 ID:liCbWMbS0

優希「こ、このバカ犬! 私のタコスを忘れてくるとは何事か!」

京太郎「何だよ、用意したのはお前だろ?」

優希「はっ。そういえばそうだったじぇ……私は確かに持ってきたはず……」

和「もしかしてさっきの三人組……」

優希「三人組?」

和「はい。『七森中ごらく部』の……」

久「!! 三人って……二人じゃなくて?」

まこ「そうじゃ、さっきのは双子じゃったはず……」

和「いえ、もう一人黒髪の綺麗な子が居ましたよ。言われてみれば、私も途中で見失いましたけど……」

咲「……東横さん?」

和「いえ、東横さんではありませんでした」

久「でも、似たような人が居ても不思議じゃないわ。これが麻雀中なら和が見逃すことはなかったでしょうけど」

優希「な……何ということだ……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:01:48 ID:liCbWMbS0

『まもなく先鋒後半戦を始めます。参加者の方は……』

京太郎「おい、もうすぐ後半戦始まっちまうぞ」

久「んー。今回はタコス無しで行くしかないわね」

優希「そんな……」

まこ「とはいっても、無いもんは無いけえのう」

優希「……くっ、行ってくるじぇ!」バタンッ


和「がんばって下さい……」

咲「優希ちゃん大丈夫かな……」

久「何とか乗り切ってもらうしか無いわ」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:03:03 ID:liCbWMbS0

優希(タコス無しで試合に臨むとか県大会以来だじぇ……)


京子「あれぇ、片岡さん何だか元気無さそうですね~。どうかしましたか?」ニヤリ

優希「む? と、特にどうもしな……」ハッ

優希(待てよ。タコスを奪ったのは『七森中ごらく部』の……ということは……)

京子「あっ、おかげさまで私は元気ですよ! ありがとうございます!」

優希(さっきのは仮病だったのか!)

優希「くっ……」ギロリ

京子「おやおや、そんな怖い顔をしてどうしました?」ニヤニヤ

優希「何でもないじぇ!!」

京子「それならいいんですけどね~」

京子(よーし、作戦は成功したみたいだぞ)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:04:43 ID:liCbWMbS0

七森中ごらく部控え室――

千鶴「歳納の策に利用されるなんて……」ムスッ

千歳「機嫌直しぃや、千鶴~」

千鶴「姉さんも姉さんですよ。作戦なら最初からそうと言ってくれれば……」

千歳「あはは、すまんな~」

綾乃「しかし歳納京子ったらそんな小細工に会長まで使うなんて……」

りせ「…………」パクパク

結衣「その会長さんはまんざらでもないみたいだけどな」

あかり「た、食べちゃっていいの? ちゃんと返さないと駄目じゃ……」

ちなつ「奪った時点で駄目ですけどね」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:05:41 ID:liCbWMbS0

『後半戦開始です!』


梓(何とか12万点くらいまでは持って行きたい……じゃないと……)

梓(うーん、先輩たちはいろいろと不安だからなぁ……)


なずな(うう……とりあえず10万点まで戻さないと……)


優希(ぐぬぬ……この金髪リボン、許せないじぇ……)ジーッ


京子(よし、効いてる効いてる)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:06:21 ID:liCbWMbS0

東一局 親:片岡優希 ドラ:8
優希:123700 梓:103100 京子:85100 なずな:88100


四巡目――

優希:二二三三四四④⑥⑦⑦⑧88 ツモ⑧

優希(来てるじぇ……タコスが無くてもやっぱり東場は私のものだじょ!)

優希「リーチ!」トンッ ④

京子(って、早速来たし!)

なずな「あっ、それロン……2600です」ジャラッ

優希「なっ! 早いじぇ!」

なずな「ご、ごめんなさい……」

梓(早いとかあなたに言われたくないですよ……)


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:09:18 ID:liCbWMbS0

東二局 親:中野梓 ドラ:3
優希:121100 梓:103100 京子:85100 なずな:90700

五巡目――

優希:1134(5)6789東東東北 ツモ2 

優希(親番はあっさり流されちゃったが、まだまだ東場は続いてるじぇ! 字牌単騎待ちもいいがここは三門張で攻める!)

優希「リーチだじょ!」トンッ 北

京子(うーん、やっぱり東場は止められないのか)スッ

京子(おっ、これは……)

京子:一二三七九①①①89西西西 ツモ西

京子(先制されたけどこっちも絶好の一向聴! 流れは私にある!)

京子「カン!」

梓(こ、この場面で槓?)

なずな(勇気あるなぁ……)


京子:一二三七九①①①89 ツモ4 □西西□ 新ドラ:1


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:11:08 ID:liCbWMbS0

京子(うわ、いらねえ)トンッ 4

優希「それだじぇ! ロン!」ジャラッ

京子「……え?」

優希「リーチホンイツ東ドラ4……裏ドラ無しで16000!」

京子「……え?」


七森中ごらく部控え室――

あかり「うわ、倍満だって……」

結衣「あの馬鹿、下手に槓なんてするから……!」

千鶴「ざまぁ」

千歳「こら、ちゃんと応援せなあかんで千鶴」

千鶴「す、すいません姉さん」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:13:20 ID:liCbWMbS0

東三局 親:歳納京子 ドラ:二
優希:137100 梓:103100 京子:69100 なずな:90700


京子(酷い目に遭った……)

優希(よし、タコスを奪った不届き者に報いてやったじぇ!)

京子(……仕方ないなー、そろそろ真面目に打つか)


七森中ごらく部控え室――

綾乃「これは……歳納京子の表情が変わった……?」

千鶴「……? いつも通りの馬鹿面にしか見えませんが」

結衣「おっ、ようやく本気モードか? あいつはまともにやれば強いんだよな」

あかり「確かに……まだ初心者で役とかもうろ覚えのはずなのに、あかりじゃ全然敵わないよ」

千歳「そうなんか? 意外やな~」

結衣「まあ本気出せば簡単に学年トップを取るような奴だからな。飲み込みが早いんだよ」


京子『チー!』


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:14:40 ID:liCbWMbS0

京子(先月麻雀始めたばかりで分からないことだらけだったけど今日の私は違うぞ……)

京子(昨日麻雀関連の本を結構読んだ! 役も全部覚えたし点数計算もたぶん出来る!)

京子「ポン!」トンッ 一

京子:一二三九九89 ①②③ 南南南


優希(二副露……テンパったか?)スッ

優希:二三四(五)六七②③(⑤)(⑤)357 ツモ④

優希(来た……けどカンチャン待ちか。二索が欲しいところだじぇ)

優希(ここは手変わりが望める以上、リーチは無しだじょ!)トンッ 7

京子「ロン!」ジャラッ

優希「なっ!?」

京子「へへ~。やられてばかりじゃないっすよ~」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:16:07 ID:liCbWMbS0

梓「……点数の申告は?」

京子「おおう、忘れてた」

京子(えーっと、これは……)

京子「ほ……ホンチャンタイヤオチュウ、ドラ2で……5800?」

優希(ホンチャン……ああチャンタか)

なずな(混全帯幺九って久しぶりに聞いたなぁ……)

京子(なんか様子がおかしいけど、とりあえず計算は間違ってないみたいだ。よしよし)


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:17:08 ID:liCbWMbS0

東三局一本場 親:歳納京子
優希:131300 梓:103100 京子:74900 なずな:90700


京子(よーし、いい感じの和了りで東場もラスト……はっ、一本場!?)

京子(そういえばそんなシステムがあるんだった。えっ、それじゃ私和了れないじゃないか!)

梓「……」ジーッ

優希「……」イライラ

京子「……ん?」

なずな「あの……早くサイコロを……」

京子「おおう、忘れてた」


梓(和了ったのに浮かない顔をしてる……?)

なずな(どうしたんだろう……)

優希(ちっ。いちいち調子狂うじぇ)


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:19:30 ID:liCbWMbS0

京子(いやいや、冷静に考えよう)トンッ

京子(親という事は打点が上がるわけで)トンッ

京子(しかも和了り続ければずっと連荘……)トンッ

京子(それって稼ぐチャンスじゃんか)トンッ

京子(そうだよ、本来はそういうメリットある制度のはずだよね)トンッ

京子(危ない危ない。片岡さんを恐れて本質を見失うところだった……)スッ

京子(よし、ここは和了りまくって稼ぐぞー!)トンッ

梓「ロン。3900は一本場で4200です」ジャラッ

京子「……ですよねー」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:21:14 ID:liCbWMbS0

東四局 親:なずな
優希:131300 梓:107300 京子:70700 なずな:90700


なずな(うう、ほとんど和了れてない……)トンッ 西

優希(東場も残り一局か……ここは何としても和了る!)トンッ 西

梓(ここはさっさと流して南場に入りたいところ……)トンッ 西

京子(なんかおなかすいたなー)トンッ 西


なずな「あ……」

優希「なっ!?」

京子「えっ? 何?」

梓「……四風連打ですね」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:22:54 ID:liCbWMbS0

京子「四風……あっ、途中流局?」

なずな「親、流れちゃうんでしたっけ……」

梓「はい。四風連打と四開槓は親流れですね」

なずな(まあいいか……東場は怖いし……)

優希(ぐぬぬ、あっさりと東場が終わっちゃったじょ……)

京子(親流れってことは……南場来た! これで勝てる!)


清澄高校麻雀部控え室――

まこ「あっちゃあ。今のは不運じゃのう」

京太郎「四風連打か……大丈夫かあいつ」

和「そんなに珍しいものでもありませんし、こういうこともありますよ」

久「うーん。何だか嫌な予感がするわね……」


梓『ツモ。2100・4100です』


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:25:31 ID:liCbWMbS0

南二局 親:中野梓
優希:127200 梓:115600 京子:68600 なずな:88600


梓(これが最後の親か)スッ

梓(この点差なら逆転できるかも……というか逆転しておかないと)トンッ

京子「……ロン!」

梓「っ!?」

京子「混一色ドラ3で12000!」

梓「……はい」

梓(染め手っぽいなとは思ってたけど張ってたんだ。これだけ点差があってもダマテンか)

梓(まぁリーチがかかっていたらおそらく私は振らなかっただろうし……)

梓(この子、初心者かと思ったけどもしかして……いや、たぶん初心者は初心者なんだろうけど)

梓(うん。侮れない相手には違いなさそうだ)


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:27:59 ID:liCbWMbS0

七森中ごらく部控え室――

京子『ツモ! 2000オール!』


綾乃「歳納京子、調子良さそうね」

千鶴「チッ……」

結衣「まぁあいつは何というか……直感力が強いというかな。もちろん飲み込みが早いってのもあるけどさ」

あかり「ほんと、京子ちゃんすごいよね!」

ちなつ「はいはいすごいすごい」

あかり「きょ、興味なさそうだねちなつちゃん……」

ちなつ「私は麻雀も京子先輩も嫌いですから」

結衣「だったら無理して付いてこなくても良かったんだぞ?」

ちなつ「そんな無理なんて! 結衣先輩あるところに私ありですよ!」


京子『ツモ! 1300……じゃなくて1400オール!』


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:32:48 ID:liCbWMbS0

南三局二本場 親:歳納京子 ドラ:北
優希:123800 梓:100200 京子:90800 なずな:85200


九巡目――

優希(さっきからこの金髪調子いいな。どうもまたテンパってる気がするじょ……)

京子:□□□□□□□□□□ 三四五
[捨牌]
南白九①七二東六⑤

優希(萬子を鳴いた割に捨牌に萬子が多い……役牌も無さそうだし、タンヤオか)スッ

優希:一二三三四五579發發中中 ツモ北

優希(北……ドラだけどすでに二枚切れてるじぇ)トンッ 北

京子「……ロン!」ジャラッ

優希「はっ?」

京子:④④④333888北 三四五

京子「三暗刻ドラ2! 二本場で12600!」

優希(さ、三暗地獄単騎待ちだと……!?)


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:34:04 ID:liCbWMbS0

南三局三本場 親:歳納京子
優希:111200 梓:100200 京子:103400 なずな:85200


京子(何だかものすごく調子がいいぞー。気付いたら10万点超えてるし)

京子(よし、こうなったら目指すはトップ!)トンッ

なずな「あっ……それロンです、4800」ジャラッ

京子「げっ……」


梓(なずなさん……この人はこの人で要所要所で和了ってる……)

梓(うーん、私で差を付けておきたかったのにこれは厳しいなぁ……)

梓(よし、せめてオーラスで和了ってトップを取らないと!)


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:35:35 ID:liCbWMbS0

南四局・オーラス――

なずな「の、ノーテン……」 優希「ノーテンだじょ……」 梓「……テンパイです」 京子「テンパイ!」

『後半戦終了です!!』


優希:109700 (+9700)
梓:101700 (+1700)
京子:100100 (+100)
なずな:88500 (-11500)


なずな(テンパれなかった……)

優希(ちっ。締まらないオーラスだじぇ)

梓(……まぁこんなものですよね)

京子「はー、終わった終わったー。おつ~」

なずな「あっ、お疲れ様です……」

梓「お疲れ様でした」

優希「お疲れ様だじぇー」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:38:11 ID:liCbWMbS0

優希(何とかトップで終われたじょ……戻るか……)トテトテ

優希「……はっ、そうだじぇ!」


七森中ごらく部控え室――

京子「ただいまー!」ガチャッ

結衣「お、戻ったか。お疲れ」

あかり「後半すごかったね、京子ちゃん」

千歳「ホンマやな~。あの状況から10万点まで戻すとは思わんかったわ~」

綾乃「な、なかなか良かったわよ」

京子「えへへ~ それほどでもー」

(コンコン)

ちなつ「おや、誰か来たみたいですよ」

あかり「はーい。どちら様ですかー?」ガチャッ


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:39:11 ID:liCbWMbS0

優希「タコスはどこだじょ……」

あかり「わわっ……」

京子「げえっ 片岡さん!」

優希「くんくん……そこか!」

りせ「…………」モグモグ

優希「なあっ!? 私のタコスが……」

ちなつ「会長さん、全部食べちゃったみたいですね」

優希「そ、そんな……」

りせ「…………」スッ

優希「む……何だその箱は? 私にくれるのか?」

りせ「……」コクリ

千歳「って会長、それはウチの…………まぁええか。片岡さんも気の毒やしな~」

優希「むぅ……こ、今回はこれで許してやるじぇ。これに懲りたら二度と悪事は働かないことだな!」バタン


京子「ふぅ、助かった……」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:41:16 ID:liCbWMbS0

清澄高校麻雀部控え室――

優希「ただいま戻ったじょ」ガチャッ

京太郎「おっ。来たか」

久「お疲れ様」

咲「あれ……その箱どうしたの?」

優希「さっきのタコス奪った輩からのお詫びの品だじぇ」

和「中身は何ですか?」

優希「さぁな。今から開けてみるじょ」パカッ

優希「えっ……」

久「あら、沢庵ね」

まこ「おお、こりゃうまそうな沢庵じゃのう」

優希「確かに美味しそうだじぇ……って、こんなのでタコスの代わりになるか! 沢庵なんて要らないじょー!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:43:19 ID:liCbWMbS0

放課後ティータイム控え室――

紬「っクシュン!」

律「どうしたムギ。風邪か?」

紬「な、何でもない。ちょっと鼻がむずむずしただけだから……」ズズ

律「そうか。ならいいんだけどな」

梓「あの……先鋒戦あまり稼げなくてすみませんでした」

澪「そんな、謝るなって。トータルでプラスだったのに謝られたらハードル上がっちゃうだろ」

律「そうだそうだ。十分健闘してたしな」

梓「……そうですね。次鋒戦がんばってください、ムギ先輩」

紬「うん、がんばるわね」

唯「ふぁいとー」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:45:26 ID:liCbWMbS0

チームひだまり荘控え室――

なずな「ごめんなさい、最下位になっちゃいました……」

沙英「謝る事ないって。むしろ褒めてあげたいくらいだよ」

なずな「そ、そうですか……?」

乃莉「うん。和了った点数や回数こそ少なかったものの、いい具合に親を流せてたからね」

宮子「そうだねー。なずな殿じゃなかったらもっと酷い状況になってたかもしれないよー」

ゆの「それに警戒してた片岡さん以外の二人も強かったし……」

ヒロ「なずなちゃんを先鋒にして正解だったってことね」

なずな「そう言ってもらえると気が楽になります……」

宮子「それに次は!」

乃莉「はい。我らが沙英さんの出番ですからね」

沙英「え、ええー? 何だよそれ……」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:49:03 ID:liCbWMbS0

『間もなく次鋒戦を開始します。選手の方は試合場に……』


○第一試合次鋒戦○

『清澄高校麻雀部』 染谷まこ・二年

まこ「おっ、時間のようじゃのう」


『放課後ティータイム』 琴吹紬・三年

紬「それじゃ、行きましょうか」


『七森中ごらく部』 船見結衣・中学二年

結衣「おっ、出番か。行って来るぞ」


『チームひだまり荘』 沙英・三年

沙英「まぁ、私なりに精一杯がんばってくるよ」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:50:56 ID:liCbWMbS0

東三局一本場 親:琴吹紬
結衣:92000 まこ:106500 紬:115900 沙英:85600


紬「ツモ。4100オール~」

結衣(この人、またか! これで三連続和了だぞ……)

沙英(調子付いてるなぁ。参ったな……)

まこ「……」ジーッ

まこ(ふむ……三人とも特に変わった特徴は無さそうじゃな)

まこ(琴吹っちゅう人が少し調子良さそうじゃが、おそらくオカルト的なものではないじゃろう)

まこ(いやオカルトにせよ何にせよ、似たような状況はいくらでも見て来たけえ)

まこ(そろそろ仕掛けるとするかのう)カチャッ


清澄高校麻雀部控え室――

京太郎「先輩がメガネを外した……」

優希「勝負はここからってことだじぇ!」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:51:44 ID:liCbWMbS0

東三局二本場 親:琴吹紬 ドラ④
結衣:87900 まこ:102400 紬:128200 沙英:81500


紬「リーチ」トンッ 二

まこ「ロン、1600」ジャラッ

紬「あら……」

まこ:一三四五六七八九中中 678 

紬(イッツーのみ……?)

結衣(その手で鳴いたのか……)

沙英(もったいない手だなぁ)

まこ(無理にでも流さんと親がヤバげな手を和了りそうな気がしてのう)

紬:三四五④④④(⑤)34(5)東東東

紬(うーん、いい手だったのに残念ね……)


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:53:02 ID:liCbWMbS0

清澄高校麻雀部控え室――

久「始まるわね……」


まこ『ロン。3900』


まこ『ツモ。1000・2000』


久(この中にまこの経験を上回る相手は居ないみたいね)

久(まこの想定内の打ち方しか出来ないのなら苦戦を強いられるでしょう……)

京太郎「相変わらずすごいですね、染谷先輩は」

久「そうね。普通の人が相手だと相当強いわよ」

京太郎「普通、ですか……」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:54:04 ID:liCbWMbS0

後半戦・南四局 親:染谷まこ
紬:128200 沙英:81500 結衣:87900 まこ:102400


沙英「ツモ、1300・2600」

『後半戦終了です!!』


まこ:125200 (+15500)
沙英:94200 (+5700)
結衣:93600 (-6500)
紬:87000 (-14700)


まこ「お疲れさん!」

沙英「お疲れ様ー」

結衣「お疲れ様でした」

紬「お疲れ様~」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:55:30 ID:liCbWMbS0

放課後ティータイム控え室――

紬「ただいま~」ガチャッ

澪「おお、お疲れムギ」

紬「ごめんなさい、途中から調子が乱れちゃって……」

律「最初は勢いづいてたんだけどなぁ」

唯「あのメガネの人が和了り出してからだよね~」

律「いやメガネの人は二人居たしお前が言ってる方は途中で眼鏡外してたけどな……」

唯「あれ……そうだっけ?」

梓「まぁ何にしても、さすがはインハイで活躍した選手ってところですね」

律「ああ。そしてついに私の出番だ……」

梓「相手は部長……強敵ですが、がんばって下さい」

律「安心しろ。私も部長だ!」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:57:54 ID:liCbWMbS0

チームひだまり荘控え室――

なずな「沙英センパイ、お疲れ様です」

沙英「うん、ただいま。あんまり稼げなくてごめんな」

ゆの「と、とんでもない! プラスだったってだけでも十分すぎるほどですよ!」

乃莉「ゆのさんの言うとおりです。現時点で二位ですし……」

宮子「うんうん。さすが沙英さんだ~」

沙英「そっか。ありがとみんな」

ヒロ「沙英、お疲れ様~。お茶入ってるわよ」

沙英「おっ、ありがとうヒロ。私の試合どうだった……って、麻雀分からないヒロに聞いても仕方ないか」

ヒロ「うふふ、かっこ良かったわよ~」

沙英「なっ……! そ、そういうんじゃなくて……まぁいいけどさ……」

ゆの「あはは。次は宮ちゃんだね、ファイト!」

宮子「おー。それじゃ行って来るねー」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 22:59:12 ID:liCbWMbS0

七森中ごらく部控え室――

結衣「うーん、何とかプラスまで持って行きたかったんだけどな」

ちなつ「結衣先輩……次、私が行きます!! 結衣先輩の仇は私が取ります!!」

結衣「わっ……お、落ち着けってちなつちゃん。麻雀嫌いだって言ってエントリーすらしてないだろ?」

ちなつ「ううっ……自分の愚かさが恨めしいです……」

櫻子「まあまあちなつちゃん。次はわたしに任せておけって!」

結衣「おっ、生徒会一年生コンビ来てたか。まぁまだ来てなかったら時間的に問題だけどな」

向日葵「はい、遅れてすみません船見先輩。櫻子が準備に手間取ってしまいまして……」

櫻子「なっ! 向日葵こそ飲み物何買うか迷ってたくせに!」

あかり「け、ケンカ始めないでよぉ。ほら、そろそろ櫻子ちゃんの出番だよ?」

櫻子「っと、そうだった。トップの座を取り戻して来るから見てろよ向日葵!」

向日葵「はいはい……存分にがんばって来てくださいな」

ちなつ「取り戻すってまだ一度もトップになってないし……あの子じゃ不安すぎるんだけど……」ブツブツ

京子「ふふふ、まあ見てろってちなつちゃん!」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:01:58 ID:liCbWMbS0

清澄高校麻雀部控え室――

久「相変わらず安定した打ちっぷりね」

優希「惚れ惚れするじぇー」

まこ「まあ、あのくらいの相手なら最低限こんくらい稼がんとのう」

京太郎「さすがですね、染谷先輩は」

咲「次は部長の番か……」

久「あら、そんな不安そうな顔してどうしたの? もしかして私が心配?」

咲「い、いえ……でも癖のある選手が多そうなので気を付けた方がいいかなって……」

久(この子に心配されるとはね……)

久「ふふ、私なら大丈夫よ。いつも通り楽しんでくるから!」

和「がんばって下さい部長……」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:03:43 ID:liCbWMbS0

○第一試合中堅戦○

『清澄高校麻雀部』 竹井久・三年

久「さて、今回はどんな人たちが相手かしら?」


『放課後ティータイム』 田井中律・三年

律「めっちゃ緊張する……いやいや落ち着け、クールになるんだ私……」


『七森中ごらく部』 大室櫻子・中学一年

櫻子「そういやわたしたちごらく部じゃないんだけどいいのかな」


『チームひだまり荘』 宮子・二年

宮子「あーしまった、始まる前にお昼ご飯食べておけば良かったなー」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:08:25 ID:liCbWMbS0

東一局 親:大室櫻子 ドラ:④
櫻子:93600 宮子:94200 久:125200 律:87000


八巡目――

久(よし、来たわね)

久:二三四五六③④(⑤)57888 ツモ七

久「リーチ!」トンッ 7

律(来たか……)スッ

律:三五六七八九⑦⑧⑨579北 ツモ7

律(むぅ、悪待ちで有名な清澄の部長……字牌とかで待っててもおかしくないよなぁ)

律(一枚切れてるし安全そうだからって北持っておいたけど、この人相手だと安牌の気がしないぞ)

律(……とりあえず一発だけは避けておかないとな)トンッ 7


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:11:58 ID:liCbWMbS0

櫻子(先制されたか……でもこっちもイーシャンテン!)スッ

櫻子:二三四②③④⑦⑨⑨234(5) ツモ⑧

櫻子(よし来た! さてどこを切ろうか……)


七森中ごらく部控え室――

京子「清澄高校の部長、あの手牌で五索単騎待ちに取るとか!」

千歳「あの人は悪待ちで有名やからな~」

結衣「さて、大室さんはどうするかな……」

あかり「櫻子ちゃんって基本的に降りないんだよね?」

ちなつ「だとすると振り込む可能性が高いですね」

向日葵「確かに櫻子は危険牌とか滅多に考えませんけど、もしかしたら大丈夫かもしれませんわ」

千鶴「何……?」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:12:39 ID:liCbWMbS0

櫻子(いやいや迷うまでも無い)

櫻子「リーチ!」トンッ 2

櫻子(平和もドラも逃さない完璧な一手!)


あかり「そ、そこを切るの?」

向日葵「あの子はドラを重視しすぎる傾向にありますの。つまり……」

綾乃「まさか、ドラに気を取られて三色を見落としてるっていうの……?」

千歳「あはは、さすが大室さんやな~」

京子「ふふふ……私が見込んだとおりだ!」

結衣「はぁ? 見込んだって何だよ……」

京子「中堅は曲者が多い……それに惑わされずに打てるのは彼女だけなのだ!」

ちなつ「でも今回は馬鹿だから助かっただけですよね」

あかり「ば、馬鹿は酷いよちなつちゃん!」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:14:46 ID:liCbWMbS0

櫻子「ツモ! リーチとツモと平和とドラ2で、えっと……4000オール!」

久「あら……」

久(……三色を捨てて私への放銃を回避した? なかなか面白そうな相手じゃない)

律(その打牌……ドラが切りづらかったのか?)

宮子(んー……)


清澄高校麻雀部控え室――

咲「部長……」

まこ「大丈夫じゃ。こんくらいでペースを乱されるような人じゃないけえ」

和「そうですね……」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:16:49 ID:liCbWMbS0

東一局一本場――

櫻子「リーチ!」トンッ

律「……通らないな。ロン、4200」ジャラッ

櫻子「何だとー!?」

律「悪いね」

律(うん、とりあえず一つ和了れたな)


東二局――

宮子「リーチ」トンッ

律「ツモ、1000・2000!」ジャラッ

宮子「おー」

律(よし、いい感じ……)


久(んー……何だか調子出ないわね)


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:18:51 ID:liCbWMbS0

東三局 親:竹井久 ドラ:三
櫻子:101400 宮子:87200 久:119200 律:92200


九巡目――

久:三四五五③④⑤⑥345東東 ツモ東

久(テンパったか。ここはダマで……二・五萬待ちかしら)トンッ ⑥

律:二三三六七八②③④3456 ツモ南

律(うーむ、早めにテンパりたいところなんだが……)トンッ 南

櫻子:四(五)七七(⑤)(⑤)677西西白白 ツモ(5)

櫻子(やった、赤ドラが全部揃った!)トンッ 7

宮子「……」スッ

宮子(ふむー……)


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:20:32 ID:liCbWMbS0

宮子「リーチ」トンッ 三

久(おっと、追いつかれちゃったわね。ドラ切りリーチか)

律「ポン!」トンッ 二

櫻子(おお、ドラ3!)

久(鳴いて飛び出る当たり牌……か)

久「それは通らないわ、ロン」ジャラッ

宮子「ありゃ、私もロンだよ。頭ハネだねー」ジャラッ

久・律「!!」

宮子:一一二二⑦⑦⑧⑧⑨⑨123 二

宮子「裏ドラが2つで8000てーん!」

律(三萬切りリーチ……平和とドラ、純チャンの可能性まで捨ててシャボ待ちか……!?)

久(まずいわね、このままじゃ乗り遅れてしまうわ……)


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:23:19 ID:liCbWMbS0

東四局 親:田井中律 ドラ:⑥
櫻子:101400 宮子:95200 久:119200 律:84200


十巡目――

律:三四五五五③③④(⑤)5678 ツモ③

律「よし、リーチ」トンッ 8

律(二五・③⑥の四門張、これは行けるだろ!)

櫻子:三四②③④⑤⑥⑥⑦⑧⑨西西 ツモ①

櫻子「じゃあ追っかけだ!」トンッ ⑨


七森中ごらく部控え室――

あかり「またドラを抱え込んで安めに取ったね……」

結衣「そして奇しくもそれがまた放銃を回避する一手になったな」

京子「まさか……大室さんは能力者だったのか!」

ちなつ「能力とか意味が分かりません。この状況で追っかけは分が悪いですね」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:24:43 ID:liCbWMbS0

櫻子:三四①②③④⑤⑥⑥⑦⑧西西 ツモ(五)

櫻子「ツモ、3000・6000!」

律「ぐっ……」


千歳「おお~、またツモったで~。大室さんはドラ抱えると運が巡って来るんか?」

ちなつ「た、ただの偶然でしょう……」


律(またドラ切りを嫌ってのツモ和了り……にしても、よりによってそこを引くかよ……)

宮子(そっか、分かったぞ。さっきの東三局で何となく誰かがドラ抱えてる気がしたのはこの子が原因か)

宮子(ドラの三萬を抱えてる人が居るのなら一萬と二萬は出やすいんじゃないかと思ってたけど……)

宮子(この子はドラを抱えるのが好きみたいだね~。そしてそれが功を奏しやすいみたいだ)

久(阿知賀には『龍帝』という意味でのドラゴンロードさんが居るけれど)

久(大室さんはドラを抱えることが正解の『道』へと繋がるドラゴンロードなのかしら)


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:27:23 ID:liCbWMbS0

南一局・七森中ごらく部控え室――

櫻子『ツモ、4000オール!』

あかり「す、すごい……」

向日葵「まさか本当にトップに立つとは思いませんでしたわ……」

結衣「うん。やるねあの子」

千歳「ホンマやな~」

ちなつ(ドラ爆ならぬドラ馬鹿のくせに……)


清澄高校麻雀部控え室――

優希「部長、どうしたんだじょ!」

まこ「今ひとつ調子が出んようじゃのう」

和「まあそういう事は誰にでもありますから……」

咲(部長……がんばって下さい)


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:29:19 ID:liCbWMbS0

南一局一本場 親:大室櫻子 ドラ:五
櫻子:126400 宮子:88200 久:112200 律:73200


九巡目――

櫻子:四五五六六(⑤)⑦2344(5)6 ⑧

櫻子(むむむ……カンチャンでもドラを取る!)トンッ ⑧

宮子:三三三四(五)④④④⑥⑥⑥67 三

宮子(んー、四枚目……?)

宮子「カン!」

宮子:四(五)④④④⑥⑥⑥67 ツモ8 □三三□ 新ドラ:7

宮子(おー、こう来るかー。じゃあここかな)トンッ (五)

櫻子「ポン!」トンッ 四

宮子「あっ、それロン。8300てーん」

櫻子「なっ!?」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:31:33 ID:liCbWMbS0

南二局――

宮子「ツモ、2000オール!」

律(まずい、二位三位だった二人が調子付いてるせいでぶっちぎりの最下位じゃないか……)

久(うーん……少し対抗策を考えないとまずいかしら)


チームひだまり荘控え室――

沙英「いい感じだな、宮子」

乃莉「はい。さすが先輩です」

なずな「とても初心者とは思えません……」

ゆの「あはは、まあ宮ちゃんはね」

ヒロ「あら……一番の経験者のなずなちゃんが自信を失うほどなのね」

なずな「経験者といってもほとんど小学生の時くらいですし……」

乃莉「いやいや、まだまだ総合力ではなずなの方が上ですよ」

沙英「そうだな。なずなは自分に自信が無さすぎるんだよ」

なずな「うう、すみません……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:33:06 ID:liCbWMbS0

放課後ティータイム控え室――

澪「大丈夫か、律のやつ……」

紬「りっちゃんを信じましょう」

唯「うんうん。りっちゃんなら大丈夫だよー」


律『ロン、4200!』


唯「ほらね~」

梓「そうですね。律先輩はやる時はやる人ですし」

澪「……そうだな」

澪(馬鹿だな……私があいつを信じないでどうするんだ……)


律『ツモ! 2000・4000!』


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:34:24 ID:liCbWMbS0

南四局 親:田井中律
櫻子:109900 宮子:100500 久:106200 律:83400


七巡目――

律(前二局で流れは掴んだ。このラス親で挽回するぞ!)トンッ

櫻子(このままトップで終わらせる!)トンッ

宮子(やっと前半戦オーラスか。麻雀って長いなー)トンッ

久「……ロン」ジャラッ

宮子「おっ?」

久「1000点よ」

律(ぴ、平和のみ……?)

櫻子(やった。ラッキー)

宮子(ふむー)


『前半戦終了ー!!』

櫻子:109900 宮子:99500 久:107200 律:83400


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:36:19 ID:liCbWMbS0

七森中ごらく部控え室――

櫻子「疲れたー」

向日葵「はぁ……まだ前半戦ですわよ?」

綾乃「でも、トップになったのは素直にすごいと思うわ」

櫻子「このくらい当然ですって!」

ちなつ「……三色やイッツーを捨ててドラを取ったのはわざと?」

櫻子「……ん? あー、そういえばそんな事もあったっけ?」

ちなつ「どうなの!?」

櫻子「ど、どしたの急に……何が通るかも分かんないし、自分の好きなドラを取りたかっただけだよ」

櫻子「まぁその結果役が消えちゃったりもしたかもしれないけど、特に深い意味は無いってば」

あかり「あはは、櫻子ちゃんらしいね。ちなみにドラ切ってたら結構振り込んでたよ」

櫻子「マジでっ!」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:38:20 ID:liCbWMbS0

チームひだまり荘控え室――

宮子「んー……」

ゆの「ど、どうしたの宮ちゃん」

乃莉「どうやら最後の平和のみが引っかかってるみたいですね……」

沙英「いや、あれは田井中さんが連荘してたから流しただけじゃない?」

宮子「まあそんな感じなんでしょうけど、どうにも嫌な予感がするんですよねー」

ヒロ「宮子ちゃんの予感は当たりそうで怖いわね……」

なずな「といっても、警戒して打つしかありませんよね……」

宮子「警戒かぁ……いや、私は私らしくのびのびと戦うよ」

ゆの「……宮ちゃん?」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:39:08 ID:liCbWMbS0

放課後ティータイム控え室――

律「いやー、参った参った」

紬「りっちゃんお疲れ~」

律「おう。でもまだ後半戦が残ってるんだよな……はぁ……」

澪「おいおい、そう弱気になるなって」

梓「そうですよ。このくらいの差ならまだ取り返せます」

唯「りっちゃんふぁいとー!」

律「……そうだな。せめて10万点まで戻してみせるさ」

澪「よし、その意気だ」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:39:59 ID:liCbWMbS0

清澄高校麻雀部控え室――

久「みんななかなか手強いわねー」

まこ「部長、大丈夫か?」

久「ん、大丈夫よ」

優希「でも、平和のみとか部長らしくないじぇ!」

咲「いや……あれはいい傾向だったような気がする……」

久「あら、不思議と私もそう思ったのよね」

和「そんなオカルトありえません。さきほどのオーラスはもっと高い手を狙える場面でした」

久「あはは、和は手厳しいわね」

和「しかし……早和了りで他家の和了を確実に防ぐというのもありだと思います」

和「今は僅差ですしまだ先も長いです。得点より確実な和了りを取るのも悪くないのではないでしょうか」

久「……そうね。そういう意図も無くはなかったわ」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:42:27 ID:liCbWMbS0

東一局 親:宮子
宮子:99500 久:107200 律:83400 櫻子:109900


六巡目――

久「リーチ!」トンッ

律(来たな……)トンッ

櫻子(でもそんなの関係ない、わたしはわたしの道を行く!)トンッ

久「ロン、一発が付いて3900ね」ジャラッ

櫻子「うっ……」

宮子(また平和……)

律(悪待ちで和了れないから良形で攻め始めたか?)


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:45:26 ID:liCbWMbS0

東二局――

久:二二二三四(五)六七33 ツモ八 ④(⑤)⑥ 

久「ツモ。2000オール」

律(また良形……これはチャンスかもしれないぞ)

宮子(うーん、何だか嫌な気配が……)


清澄高校麻雀部控え室――

京太郎「何だかさっきから部長らしくない和了り方だな……」

咲「いや、あれでいいと思うよ」

京太郎「そ、そうなのか?」

和「当然です。いつもの部長が変則的すぎるんですよ」

咲(そういう意味じゃないけど……まあそういうことだよね)


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:47:38 ID:liCbWMbS0

東二局一本場 親:竹井久 ドラ:一
宮子:97500 久:117100 律:81400 櫻子:104000


七巡目――

久「ポン!」トンッ 四

久:□□□□□□□□□□ 二二二

律(ふーむ……テンパったか?)スッ

律:一一一三四五④(⑤)⑥2234 ツモ3

律(よし、こっちもテンパイだ)

律「リーチ!」トンッ 一

久「……ロン」

律「なにっ!?」

久:一四(五)六⑥⑦⑧發發發 二二二

久「12300よ」

律(わ、悪待ち!? ここで来るのか……!)


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:50:16 ID:liCbWMbS0

東三局二本場 親:竹井久
宮子:97500 久:129400 律:69100 櫻子:104000


律(普通にいい待ちと悪待ちを混ぜてきたか……厄介だな……)スッ

律(次はどう来る? この状況、私はどう戦うべきだ……?)トンッ

櫻子(ふん、相手がどう来ようが関係ない!)スッ

櫻子(……っていうか、わたしは自分の打ちたいようにしか打てない!)トンッ

宮子(ふむ~。基本的な戦術なんだろうけど、竹井さんがやると脅威みたいだね)スッ

宮子(一番まずいのはそれに気を取られて冷静さを失うこと……)

宮子(大室さんは大丈夫そうだけど、田井中さんに迷いがあるっぽいなー)トンッ

久「リーチ」トンッ

宮子「ロン、二本場で3200!」ジャラッ

久「む……」

律(流した……そういえばこの宮子さんはずっと自分のペースを保ってる気がする……)

律(そうだ。相手に惑わされてたら勝てる戦いも勝てなくなってしまう。しっかりしろ私!)


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:51:27 ID:liCbWMbS0

東四局――

宮子「ツモ、1000・2000!」

櫻子(またこの人かよ! 後半戦になってから全然和了れない……)

律(うーん、やるなぁ。私も負けてられないぞ)


南一局――

律「ロン、3900!」

櫻子「うぐ……」


久(やっぱり一筋縄では行かない、か……)

久(でも……ふふっ。そうでなくっちゃ楽しくないわよね)


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:52:31 ID:liCbWMbS0

南四局・オーラス――

律「ツモ! 2000・4000!」

『後半戦終了です!!』


久:121800 (-3400)
宮子:111500 (+17300)
櫻子:88300 (-5300)
律:78400 (-8600)


久「お疲れ様。なかなか楽しかったわ」

宮子「お疲れ様でーす」

櫻子「おつかれさま!」

律「おつかれー」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:54:31 ID:liCbWMbS0

放課後ティータイム控え室――

律「申し訳ない……」

澪「あ、謝るなって」

紬「そうよ。私より好成績じゃない!」

律「いやー、でもなぁ……この場面で差を広げちゃったのは……」

澪「大丈夫だ。私と唯が取り返してみせるさ」

唯「うん、がんばるよー」

律「でも……」

梓「律先輩、私たちはチームであり仲間ですよ。もっと頼りましょう」

律「……そうだな。後は任せたぞ、澪、唯」

唯「あずにゃんはいい事言うね~。任されたよ、りっちゃん!」

澪「うむ。応援よろしくな」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:55:19 ID:liCbWMbS0

七森中ごらく部控え室――

あかり「結局トータルではマイナスだったね……」

櫻子「後半戦一度も和了れなかった……」

向日葵「焼き鳥ですわね。櫻子にふさわしいですわ」

櫻子「うう……」グスッ

ちなつ「さ、櫻子ちゃん!?」

向日葵「あわわ、いい今のは冗談ですわよ!?」

櫻子「……あっはは、なんてな! 私がこんなことで泣くわけないだろ!」

向日葵「なっ……」

櫻子「まぁそりゃ悔しいけど、でも楽しかったし」

向日葵「つ……次は副将戦ですわね。行って参りますわ!」

櫻子「がんばれよー」

向日葵「ふんっ、あなたに言われるまでもありませんわよ」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:56:17 ID:liCbWMbS0

チームひだまり荘控え室――

ゆの「宮ちゃん、すごかったね!」

宮子「いや~、それほどでもー」

乃莉「それほどでもありますよ! 完全に自分のペースで圧倒してたじゃないですか」

宮子「いやいや偶然だって。さっきのはぎりぎりの勝負だったよ」

沙英「だとしても、そのぎりぎりの勝負を制することが出来たのは宮子の実力あってこそだと思うよ」

なずな「うん……麻雀ってそういうものですよね……」

宮子「そっかなぁ。あ、そういう話より私はですね……」

ヒロ「宮子ちゃんお疲れ様。はい、おにぎりとお茶よ」

宮子「おー! さっすが~、ヒロさんは話が分かる!」

乃莉(先輩たちが稼いでくれた点棒……失わないようにしないと)

乃莉(たとえ相手があののどっちだとしても、絶対に負けられない!)


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:57:29 ID:liCbWMbS0

清澄高校麻雀部控え室――

久「ただいま」

まこ「おぉ、お疲れさん」

咲「部長、今回は運が無かったみたいですね……」

久「ん……そうねぇ。何とかプラスまで持って行けるかと思ってたけど、相手が思ったより厄介だったわ」

優希「確かに、普通にインハイに居てもおかしくないくらいの選手だったじぇ」

京太郎「後半戦の東場とか完全に部長のペースになったと思ったんだけどなぁ……」

まこ「そうじゃのう。いい感じに見えたんじゃが……」

和「点差によって状況は変わりますが、機会は均等ですからそう易々と連荘出来ませんよ……」

久「あはは、それもそうね」

咲「……次は和ちゃんの出番だね」

和「はい。がんばってきます」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/31 23:58:38 ID:liCbWMbS0

○第一試合副将戦○

『清澄高校麻雀部』 原村和・一年

和「相手が誰であれ私は私の麻雀を打ちます」


『放課後ティータイム』 秋山澪・三年

澪「とりあえずこれ以上点数を減らさないようにしないとな……」


『七森中ごらく部』 古谷向日葵・中学一年

向日葵「さて、櫻子に負けないよう精一杯打ちませんと」


『チームひだまり荘』 乃莉・一年

乃莉「さすがにちょっと不安……だけど、それ以上に楽しみかな」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:01:02 ID:Iwd5bRZi0

和「……!」

乃莉「どうもです」

和「あなたは会場の入り口で会った……」

乃莉「はい、乃莉っていいます。よろしくです」

和「あなたも参加者だったんですか。よろしくお願いします」

澪(何だ、この二人知り合いか?)

澪「よろしく」

向日葵「よろしくお願い致しますわ」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:02:16 ID:Iwd5bRZi0

東一局 親:古谷向日葵
向日葵:88300 和:121800 澪:78400 乃莉:111500


六巡目――

乃莉(テンパイ……ダマでもいいけどここは仕掛けてみるか)

乃莉「リーチ」トンッ

向日葵(早いですわね……こちらはまだ二向聴ですのに)トンッ

和「……」トンッ

澪(まだ始まったばかりだ。ここで振り込むわけには行かないな)トンッ


流局――

向日葵「ノーテンですわ」 和「ノーテン」 澪「ノーテン」 乃莉「テンパイ」

乃莉(全員降りたかぁ。これは思った以上に堅い面子かも……)


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:06:02 ID:Iwd5bRZi0

東二局一本場 親:原村和 ドラ:西  ⊂・⊃×1
向日葵:87300 和:120800 澪:77400 乃莉:113500


七巡目――

向日葵「リーチですわ」トンッ 二

和「……」トンッ

澪「……」トンッ

乃莉(二人とも合わせ打ちか……私も今回の手では押せないなぁ)トンッ

向日葵(ふむ……どうやらこの人たち相手では出和了りは期待できそうにありませんわね)


五巡後――

向日葵:二三四⑥⑦⑧1234567 ツモ4

向日葵「ツモ。600・1100」ジャラッ

乃莉(二萬切りのリーチ……平和・タンヤオを捨てての三門張か……)


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:07:19 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

京子「ふわぁ……」

櫻子「何だこのおっぱい卓は! もっと面白い麻雀打てよ!」

あかり「ちょ、ちょっと櫻子ちゃん。落ち着いて」

ちなつ「この戦いの良さが分からないなんてダメダメですね」

結衣「まあ……確かに地味だけどな」

ちなつ「ですよね! もっと派手にやらないと盛り上がりませんよね!」


放課後ティータイム控え室――

律「この面子でこの点差はきっついなぁ」

梓「そうですね……」

梓(最後に控えてるのが唯先輩ですし……)チラッ

唯「ん~? あずにゃんどうかした?」

梓「い、いや、何でもないですよ」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:13:01 ID:Iwd5bRZi0

東三局 親:秋山澪 ドラ:北
向日葵:90600 和:119700 澪:76800 乃莉:112900


九巡目――

和「チー」トンッ 7

和:三四(五)③④(⑤)4588 (⑤)⑥⑦

澪(鳴いてきた……テンパったか?)トンッ 9

乃莉:二三四五②②②⑤⑥西西西北 ツモ⑦

乃莉(来た……ここは北地獄単騎で攻めてみようかな)

乃莉(いや、今の状況じゃのどっちに攻め負ける気がする……)トンッ 二


向日葵:七八九⑨⑨334499白白 ツモ⑧

向日葵(原村さんが一副露……迂闊な牌は切れませんわね)トンッ ⑨

和「……」トンッ 白


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:15:15 ID:Iwd5bRZi0

澪(せっかくの親なのに厳しそうだな……)スッ

澪:六六七七八八1224(5)67 ツモ3 

澪(おお、張った)

澪「リーチ!」トンッ 1

乃莉(親リー……よし、それなら仕掛けてみよう)スッ

乃莉「追っかけです!」トンッ 四

澪(む……ツモ切りリーチ? 張ってたのか……)

向日葵(ま、まずいですわ……三人が張ったとなると……)トンッ 白

和「……」トンッ 四

乃莉(のどっちは手牌から現物切り……降りたのかな?)

澪(やはり出和了りは難しいか……親リーに対して追っかけというのも怖いぞ……)トンッ 三

乃莉(う、うーん。ちょっと冒険しすぎたかも……)トンッ 東


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:17:25 ID:Iwd5bRZi0

四巡後――

向日葵(あわわ、現物が無くなりましたわ……)トンッ 七

和「……」トンッ 北

乃莉「そ、それロンです!」ジャラッ

向日葵(北の地獄単騎待ちですの?)

澪(その待ちで追っかけたのか……!?)

乃莉「裏が一つで8000ですね」

和「はい……」


乃莉(ふぅ、何とか和了れたかぁ)

和(まあこんなこともあります……)

澪(確実性の高い打ち方をする面子だと思ったが、結構無茶をしてくるな……警戒しないと)


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:18:27 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

優希「のどちゃんが振り込んだじょ!」

まこ「まぁ今のは仕方ないじゃろ」

久「確率の低い牌を選んだ結果だからね。親リーに対して地獄単騎待ちとか面白い事をする子だわ」

京太郎「でも、この堅い面子だとそういう手は有効そうですね」

咲「いや、そうでもないよ」

京太郎「えっ?」

久「そうね、そんな攻め方ばかりじゃさすがに無理が出るわ。今回は乃莉さんの運が良かっただけ」

まこ「確率的にも期待値的にも地獄待ちよりは良形テンパイの方が上じゃろうしな」

京太郎「確かに、それもそうですか……」

久「きっと和は『こんなこともあります』と思った程度でしょうね」

咲「でも堅実な打ち手全員が和ちゃんみたいな考え方を出来るわけじゃないですよね」

久「ふふっ、そうね」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:19:07 ID:Iwd5bRZi0

東四局 親:乃莉 ドラ:4
向日葵:90600 和:111700 澪:75800 乃莉:120900


八巡目――

乃莉「リーチ!」トンッ ④

向日葵(親リーですか……さきほどは地獄待ちでしたけど、さすがに毎度そんな待ちではないでしょう)スッ

向日葵:三四五①②②③⑤2345(5) ツモ②

向日葵(よし、こちらもテンパイですわ。ここは落ち着いて立ち回りませんと)トンッ ①

和「……」トンッ

澪:二三四③④⑤⑦4(5)6發發發 ツモ③

澪(テンパったか。しかし七筒……いや引っ掛けなんて可能性は少ないはず……)

澪(まあ行けそうな気はするが、相手は親だし現物を通そう)トンッ ④

向日葵「ロン。5200ですわ」ジャラッ

澪(なっ、そっちか!)


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:20:12 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

和『ツモ。1300・2600』


律「おいおい、大丈夫か澪……」

唯「あはは、中堅戦のときはりっちゃんも澪ちゃんに心配されてたよ~」

律「そ、そうなのか? まあ私も決して調子よくは無かったからな……」

紬「落ち着いて応援しましょう。私たちにはそれくらいしか出来ることが無いし……」

梓「そうですよ。澪先輩を信じましょう」

律「そ、そうだな」

唯「ほら、それに澪ちゃんの後には私も控えてるから安心して!」

律(ある意味それが一番不安なんだけどな……)


乃莉『ツモ、500・1000です』


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:20:55 ID:Iwd5bRZi0

南四局一本場 親:乃莉  ⊂・⊃×1
向日葵:92200 和:116400 澪:67300 乃莉:123100


向日葵(もうオーラスですか……)

澪(せっかくの親がノーテンで流れてしまった……)

澪(ん……これは好配牌だぞ。一向聴じゃないか!)

乃莉(この配牌……面白いなぁ)

乃莉「九種九牌です」ジャラッ

和「……!」

向日葵「なっ……」

澪「……えっ?」

和「オーラスでのトップ親の九種九牌……これで半荘終了ですね」


『前半戦終了です!』

向日葵:92200 和:116400 澪:67300 乃莉:124100


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:22:21 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

澪「だ……駄目だ……」

律「し、しっかりしろ澪!」

澪「もう帰りたい……」

梓「駄目ですよ澪先輩!」

澪「だって……」

唯「澪ちゃん澪ちゃん」

澪「ん……?」

唯「澪ちゃんは出来る子だよ。自分の打ち方を貫けばきっと勝てるって!」

澪「唯……お前どこからそんな自信が来るんだよ……」

紬「唯ちゃんの言う通りよ。澪ちゃんは私たち三年組で一番の実力者じゃない」

律「そうだそうだ。気合入れ直してがんばれ」

澪「ムギ、律……分かった。もう半荘がんばってくるよ」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:23:02 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

櫻子「こら向日葵、地味な試合しやがって! やっぱりおっぱい禁止だ!」

あかり「さ、櫻子ちゃん。向日葵ちゃんはいい試合してるってば……」

向日葵「ふんっ。地味ではなく堅実と言ってもらいたいものですわね」

千歳「せやな~。大室さんみたいな打ち方を古谷さんに求めるのは無理があるわー」

結衣「でもトップとは3万点以上の差……もっと攻めて行かないと厳しいかもな」

向日葵「そうですわね……でも私は赤座さんに賭けておりますわ」

あかり「ええっ、あかりに!?」

綾乃「確かに赤座さんには大きな武器があるけれど……」

向日葵「はい。でも、だからといって赤座さんの負担は極力抑えませんとね。私は私の使命を全うしますわ」

京子「みんなで応援してるからがんばれー」パリポリ

ちなつ「あかりちゃん……それに会長みたいなおかしな人たちが居るから麻雀なんて嫌いなんですよ……」ブツブツ


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:24:43 ID:Iwd5bRZi0

チームひだまり荘控え室――

ゆの「乃莉ちゃん、いい感じだね」

乃莉「あっはは……ちょっと無茶しちゃいましたけど」

なずな「乃莉ちゃんにしては珍しいよね……」

沙英「まあ良かったんじゃないか? ああいうのもたまには必要だと思うよ」

宮子「うんうん。麻雀ってそういうものだよね」

なずな「そ、それさっき私が宮子センパイに言った言葉……」

沙英「何言ってるんだよ宮子、お前麻雀初心者のくせに」

宮子「あっはは~。いや、さっきなずな氏が『麻雀ってそういうもの』って言った意味が何となく分かった気がしまして……」

乃莉「そうですね。確率や期待値だけでは麻雀は打てませんし、やはり何らかのセンスが求められると思います」

乃莉「いやまあ……私がセンスある打ち方を出来てるかどうかは分かりませんけど……」

ヒロ「うふふ。麻雀って楽しそうね」

ゆの「ヒロさんもやればいいのに……」

ヒロ「だ、駄目よ私はそういう難しいのは……」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:26:29 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

優希「のどちゃん、今回はマイナスだったな……」

和「そういうこともありますよ」

久「そこが和の強さね。負けを『そんなこともある』で済ませ、ぶれずに打ち続ければ長期的には勝ち越せる……」

まこ「まあ逆を言えば半荘二回程度だとマイナスで終わることもあるじゃろうがな」

咲「それでも大きなマイナスになることは少ないはずだし……」

和「私は自分の信じる麻雀を打ち続けるだけです」

優希「これでオカルトの対策も出来れば最強なんだけどな!」

和「オカルトなんてありえませんよ」

久「あははっ、それも和の強さの一つよね」

咲「そうですね」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:28:14 ID:Iwd5bRZi0

後半戦・東一局 親:乃莉 ドラ:南
乃莉:124100 和:116400 向日葵:92200 澪:67300


七巡目――

乃莉「リーチ!」トンッ

和「……」トンッ

向日葵(原村さんがリーチに対してツモ切り……? 危険牌ではありませんけど、確実性から考えると……)

向日葵(まさか、原村さんも張ってますの? これは警戒しないとなりませんわね)トンッ

澪:二三三四四八八③④(⑤)⑥南南 ツモ⑤ 

澪(むむむ……ここは南の対子落としが安全そうだが、ドラ待ちリーチもあるかも……)

澪(うん、原村さんがテンパってると決まったわけじゃない。ここは親の現物で……)トンッ 二

和「ロン。12000です」

澪「うっ……は、はい」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:30:04 ID:Iwd5bRZi0

東二局――

澪(駄目だ駄目だ、何をやってるんだ私は……)

澪(まだ前半戦を引きずってるのか……気合入れ直すと決めただろ!)

和「リーチ」トンッ

澪(そうだ。消極的になった挙句、それでも振り込むなんて馬鹿馬鹿しい……)

澪(さっきの原村さんは親リーに対しても降りなかった)

澪(それは期待値が大きかったから……攻めるべき時に攻めるなんて当たり前の事だ)

澪(ならば私だって……)

澪「リーチ!」トンッ


澪「ツモ! 裏ドラが……3つで4000・8000!」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:30:47 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

澪『ロン、5200』


澪『ツモ、2000オール!』


律「あいつ、吹っ切れたみたいだな」

梓「はい。やっぱり澪先輩は強いですよ」

紬「私たちの中で一番の経験者の梓ちゃんに対抗できるのは澪ちゃんだけだもんね~」

梓「そ、そんなことありませんって。先輩方はみんなそれぞれいいところがありますし」

唯「そっかぁ。じゃああずにゃん、私のいいところって何かな?」

梓「それはえっと……い、今は試合に集中しましょう!」

唯「え~……」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:32:11 ID:Iwd5bRZi0

東四局一本場 親:秋山澪
乃莉:117100 和:118400 向日葵:81000 澪:83500


十巡目――

向日葵「リーチですわ」トンッ

澪「……」トンッ

乃莉(合わせ打ちか……勢いに乗ってても無理はしないんだね。引き際を心得てるなぁ)スッ

乃莉(でも、このリーチに私のダマ聴も加わったらどうなるかな?)トンッ


流局――

澪「ノーテン」 乃莉「テンパイ」 和「ノーテン」 向日葵「テンパイですわ」

乃莉(降り切られた……のどっちはまあ仕方ないけど、秋山さんも冴えてるなぁ)

向日葵(後半戦に入って和了れませんわね……このままでは櫻子と同じく焼き鳥になってしまいますわ……)


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:34:10 ID:Iwd5bRZi0

南一局二本場 親:乃莉  ドラ:7  ⊂・⊃×1
乃莉:118600 和:116900 向日葵:81500 澪:82000


七巡目――

和「……」トンッ 7

向日葵「ポンですわ」トンッ ⑦

向日葵:三四(五)⑥⑦⑧3345 777

向日葵(この局こそ和了りますわよ!)

澪(ドラ3か……)トンッ

乃莉(ここで振り込むわけには行かないね)トンッ


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:35:14 ID:Iwd5bRZi0

向日葵(うう、来ませんわ……)トンッ

澪(古谷さん以外は降りか。まあドラ3に振り込むよりはノーテンの方がマシだしな)トンッ

乃莉(このまま流局か……最後の親だけど仕方ないね)トンッ

和「……」トンッ

向日葵(海底牌……)スッ

向日葵:三四(五)⑥⑦⑧3345 ツモ6 777

向日葵「!! ツモですわ!」

澪・乃莉「!」

向日葵「2200・4200……いえ、海底なので3200・6200ですわね」

澪(ツモられたか……)

乃莉(あちゃー、親かぶりかぁ)


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:35:58 ID:Iwd5bRZi0

乃莉「ツモ、2000・3900です」


和「ロン。8000」


乃莉「ロン、2000」


『副将戦終了ーー!!!』

乃莉:122300 (+10800)
和:117800 (-4000)
向日葵:85100 (-3200)
澪:74800 (-3600)


乃莉(よし、トップでゆのさんにつなげることが出来た!)

澪(安手でラス親流された……)

向日葵(結局マイナスでしたわね。せめてプラスで終わりたかったのですけれど……)

和(区間最下位ですか……まあこんなことも……)


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:37:18 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

澪「オーラスいい手入ったんだけどなぁ」

紬「運が無かったわね……」

梓「そういえば前半戦も配牌一向聴を九種九牌で流されてましたよね」

律「うーん、あの子も上手かったなー」

梓「チームひだまり荘はレベル高いですね。先鋒の人もマイナスではあったものの要所で和了ってましたし」

唯「そうだね~」

澪「ごめんな唯。結局最下位でお前に回してしまった……」

唯「いいんだよー。私たちは麻雀を楽しみに来たんだもん」

澪「……そうだな。麻雀の祭典だし、楽しまないと意味が無いよな」

唯「うんうん。もちろん、このまま負けるつもりもないけどね!」

律「おう、大将戦ぶちかましてやれ!」


189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:38:04 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

向日葵「これでは櫻子の事を笑えませんわね……」

櫻子「そうだそうだ、どうしてプラスにして帰ってこない!」

あかり「さ、櫻子ちゃん……」

結衣「しかし厳しい展開になったな。まぁ私もマイナスだったし強くは言えないが」

綾乃「唯一のプラスが歳納京子だけなんて……」

ちなつ「それも100点だけですけどね」

京子「唯一じゃないよ。まだあかりが残ってるから……私たちは負けない!」

千鶴「うぜえ」

千歳「歳納さんの言う通りや~。赤座さんに期待せんとな~」

千鶴「そうですね姉さん」

あかり「そんな、期待なんて……うう、緊張するよお……」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:38:39 ID:Iwd5bRZi0

チームひだまり荘控え室――

沙英「やるじゃんか乃莉!」

なずな「トップだね、乃莉ちゃん!」

乃莉「あはは、私自身びっくりですよ。のど……原村さん相手にトータルで勝てるとは思ってませんでしたし」

宮子「いやー、さすが乃莉っぺはやりますな~」

ヒロ「何言ってるの。宮子ちゃんだって大活躍だったじゃない」

乃莉「そうですよ。今トップなのは私じゃなくてみんなのおかげです」

ゆの「トップ……トップなんだ……」

沙英「お、おいゆの。あんまり気を張りすぎるなよ?」

ヒロ「そうよ。リラックス、リラックス」

ゆの「は、はい」

宮子「絶対一位で戻ってきてねーゆのっちー」

ゆの「ううっ……」

なずな「み、宮子センパイ……悪気は無いんだろうなぁ……」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:41:25 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

和「戻りました」

久「お疲れ様、和」

優希「のどちゃんが区間最下位なんて珍しいじぇ……」

京太郎「最下位といっても僅差だけどな」

和「すみません……」

咲「だ、大丈夫だよ和ちゃん」

久「そうよ。どんな実力者でも負けることがあるのが麻雀でしょう?」

まこ「じゃが、一回戦から苦戦を強いられるとはのう」

久「ま、大将は咲だから大丈夫でしょうけどね」

咲「はい……でも油断は出来ません」

優希「咲ちゃんファイトだじょ!」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:45:45 ID:Iwd5bRZi0

○第一試合大将戦○

『清澄高校麻雀部』 宮永咲・一年

咲(インハイクラスの選手も普通に居る……大将戦、どんな人たちが相手かな……)


『放課後ティータイム』 平沢唯・三年

唯「よーし、やっと出番だね~」


『七森中ごらく部』 赤座あかり・中学一年

あかり「あかりに全てがかかってるなんて、プレッシャーだよぉ……」


『チームひだまり荘』 ゆの・二年

ゆの「トップ……一位かぁ……」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:46:22 ID:Iwd5bRZi0

東一局 親:ゆの
ゆの:122300 唯:74800 あかり:85100 咲:117800


咲(平沢さんの捨牌、これってもしかして……)

あかり(チャンタとかじゃなくて、あれだよね?)

唯「えへへ~、ツモっちゃった」ジャラッ

唯:一九①⑨19東南北白白發中 ツモ西

咲「!!」

あかり「ええっ!?」

ゆの「こ、国士……」

唯「8000・16000だよー」

『おーっと、役満が出ましたー!!』


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:48:17 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

律「あ、あいつやりやがった」

紬「本当にぶちかましたわね……」

梓「さすがというか何というか……」

澪「これは本気で分からなくなってきたな……」


チームひだまり荘控え室――

ヒロ「あら……」

なずな「お、親かぶり……」

沙英「あっちゃあ、これは痛いなぁ」

乃莉「ゆ……ゆの先輩なら大丈夫ですって。大将戦はまだ始まったばかりですよ!」

宮子「そうだね~。ゆのっちファイトー」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:49:20 ID:Iwd5bRZi0

東二局 親:平沢唯 ドラ:九
ゆの:106300 唯:106800 あかり:77100 咲:109800


八巡目――

ゆの(さ、さっきのは事故みたいなものだし、気を取り直して行かなくちゃ)スッ

ゆの:一二三七九①①789南南北 ツモ①

ゆの(よし、テンパイ。点数を取り返すチャンス!)

ゆの「リーチ」トンッ 北

唯「うーん」トンッ 五

あかり「……」トンッ 八


チームひだまり荘控え室――

沙英「おおっ、やったなゆの」

乃莉「平沢さんが五萬を出してくれたおかげか当たり牌が出ましたね」

宮子「ちょっと待って。ゆのっちの様子がおかしいよ……」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:50:22 ID:Iwd5bRZi0

咲「……」スッ


なずな「えっ、スルー……!?」

沙英「何考えてるんだ!! 一発だぞ!?」

宮子「ゆのっち……?」


七森中ごらく部控え室――

結衣「あーあ……せっかく一発だったのにかわいそうにな」

京子「はっはっは! 絶好調だなあかり!」

向日葵「存在感の無さにより鳴かれず、当たり牌までもスルーさせてしまう……」

千歳「ある意味無敵やな~」

ちなつ「……だから麻雀なんて嫌いなんです」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:51:29 ID:Iwd5bRZi0

唯「……」トンッ 八

ゆの「ロン。8000です」ジャラッ

唯「ありゃ、当たっちゃったかー」

あかり「……あれ? 八萬ならさっきあかりが切ってるよ?」

ゆの「えっ……あ、あれ??」

咲「!!」

唯「あーフリテンだね」

ゆの(そ、そんな……見逃しなんて初歩的なミス……)

あかり「どうしてかな? あかりと戦ってるとみんなそうなんだよね~」

咲(まさかこの子が優希ちゃんのタコスを奪った……いや、でもそれは黒髪って言ってたような……)


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:52:53 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

京太郎「これってまさか……」

久「和! 双子と一緒にやってきたってあの子?」

和「いえ、違いますね……それは黒髪でしたし別の人ですよ」

優希「そうだじぇ。あんな赤髪のお団子、あの中学生の控え室に居なかったじょ」

久「居なかった……? いや、居たのかもしれないわ。でもそれに気付けなかった……」

まこ「ど、どういうことじゃ?」

久「七森中ごらく部にステルス使いは二人居るのよ!」

京太郎「なるほど……」

和「そんなオカルトありえません。何ですかステルス使いって」

優希「のどちゃんは相変わらずだな……」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:54:15 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

澪「い……今のは何だ?」

律「ふ、フリテンだろ?」

澪「いや、そうじゃなくてだな。あの見逃しは明らかにおかしかっただろ……」

梓「麻雀をやってるとたまに居るんですよ……常識では測れない打ち手が」

紬「まさか、あの赤座さんって子もその一人なの?」

梓「可能性は高いと思います。長野県大会にもちょうど似たような選手が居たみたいですし」

律「そんな馬鹿な……」

紬「でもそれなら今のフリテンも納得が出来るわね……」

梓「長野県大会に居たその選手も、相手次第ではしばらく消えられないという欠点がありました」

澪「じゃあ赤座さんにも何かしら弱点的なものがあるって事か?」

梓「かもしれませんし、ないかもしれません。ああいう人種は私の理解を超えていますので何とも……」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:55:30 ID:Iwd5bRZi0

東二局 親:平沢唯
ゆの:98300 唯:110800 あかり:79100 咲:111800


ゆの(あの場面で見逃しなんてそんな……わけがわからないよ……)スッ

ゆの(だ、駄目だ私。こんな時こそしっかりしないと!)トンッ

あかり「ロン」ジャラッ

ゆの「えっ!?」

あかり「一発が付いて5200だよ」

ゆの(リーチかかってたの!? き、気付かなかった……)

咲(この驚き方……私だけじゃなくてこの子もリーチに気付いてなかったみたいだね……)

咲(間違いない、赤座さんって子は東横さんと同じだ!)


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:56:18 ID:Iwd5bRZi0

東三局 親:赤座あかり
ゆの:93100 唯:110800 あかり:84300 咲:111800


ゆの(トップで繋いでもらったのにあっという間にこんな点数になっちゃった……)

ゆの(きっと赤座さんには何かあるんだ。注意深く観察してみよう)

咲「カン」

ゆの「!!」

ゆの(そ、そうだ……この人も居るんだった……)

咲「ツモ。1600・3200」ジャラッ

ゆの(インハイで活躍した、清澄の嶺上使いさん!)

唯「おおー」

唯(生で見ると迫力あるな~)


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:57:40 ID:Iwd5bRZi0

東四局 親:宮永咲
ゆの:91500 唯:109200 あかり:81100 咲:118200


あかり(宮永さんは嶺上開花が得意技なんだっけ……)

あかり(得意技って意味が分からないけど、あかりも存在感の無さが武器になってるからなぁ)

あかり(そんなのが武器になるなんて悲しいけど、今はそれを最大限利用しないとね……)トンッ

咲(……見えた!)

咲「カン!」

あかり「えっ……!?」

咲「ツモ。4800です」

あかり「は、はい」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:58:10 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

京子「なっ、あかりが鳴かれた!?」

綾乃「どうやらカンが絡むと宮永さんの力が上回るみたいね……」

千鶴「伊達にインハイで活躍してないですね」

京子「馬鹿な! そんなオカルトありえない!」

結衣「そんなこと言ったらあかりの能力だって有り得ないだろ……」


清澄高校麻雀部控え室――

久「ふふっ、さすがね」

優希「カンに関しては咲ちゃんに敵うものなんて無いじぇ!」

まこ「そうみたいじゃのう。心強い限りじゃ」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:58:40 ID:Iwd5bRZi0

東四局一本場 親:宮永咲
ゆの:91500 唯:109200 あかり:76300 咲:123000


ゆの(三万点差か……何とかしないとまずいけど……)

あかり「ツモ。3100・6100だよ」ジャラッ

ゆの「!!」

ゆの(跳満手のリーチすら気付けないなんて……)

咲(赤座さんとはこの点差でも油断できないね……)


南一局――

あかり「ロン、8000点」

唯「わっ」

ゆの(うーん、こんな相手にどう戦ったらいいか分からないよ……)


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 00:59:42 ID:Iwd5bRZi0

南二局 親:平沢唯 ドラ③
ゆの:88400 唯:98100 あかり:96600 咲:116900


ゆの:二三四四(五)六七七③④ ツモ北 222

ゆの(リーチで攻めるとまたフリテンになるかもしれない)

ゆの(だからここは鳴いて攻めてみようと思ったけど……)トンッ 北

唯「……」トンッ ②

ゆの「ロン、3900です」ジャラッ

唯「あー、やっぱりそこかぁ」

ゆの(うーん……たったの3900点じゃ全然足りないよ。鳴き主体だと高い手作りづらい……)

ゆの(でも、リーチかけたらフリテンになっちゃうし……どうしよう……)


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:00:36 ID:Iwd5bRZi0

南三局――

唯「……」トンッ

咲「ロン、8000」ジャラッ

あかり「あー、リーチかけたの失敗かぁ」

咲(えっ、リーチしてたの!?)

ゆの(宮永さんも赤座さんを認識できてないみたいだ……)


南四局――

あかり「ツモ。1300・2600だよ」

ゆの(あれ、これで半荘終わり? うう、何も出来た気がしないよ……)


『前半戦終了ーー!』

ゆの:91000 唯:84900 あかり:100800 咲:123300


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:03:50 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

律「初っ端から国士とか、やっぱりお前持ってるな!」

唯「いや~それほどでも~。でもそれ以外はダメダメだったからね……」

梓「ところであの赤座さんって子、『見えない』んですか?」

唯「えっ、どうして分かったの!?」

澪「本当にそうなのか……」

唯「そうなんだよ。いつの間にかリーチかけて和了ってくるから困っちゃって」

唯「宮永さんは宮永さんで嶺上開花連発してくるし……」

紬「さすがに大将戦は一筋縄で行かないわね……」

梓「そういう意味では唯先輩が一番の適役ですね」

唯「どういう意味で!?」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:04:19 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

あかり「ただいま~」

結衣「おう。あかり、お疲れさん」

京子「なかなか良かったぞー」

櫻子「射程圏内に捉えたな!」

向日葵「とはいっても、宮永さんには嶺上開花がありますし……」

あかり「あかりでも宮永さんのカンは封じられそうにないよ……」

千歳「それはつらいな~」

千鶴「あのカンさえ封じられれば勝率も上がるんでしょうが……」

綾乃「まあ、出来ないものは仕方ないわね」

あかり「うん。でも、あかりなりに後半戦もがんばってくるから!」


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:05:27 ID:Iwd5bRZi0

チームひだまり荘控え室――

沙英「どうしたんだ、ゆの? あんな見逃しするなんて」

乃莉「それに赤座さんに対して無防備な場面も多々ありましたね……」

ゆの「すみません……あの赤座さんって子、気配が消えるんです……」

沙英「は、はぁ?」

宮子「やっぱりそっか~。そんな気がしてたよ、うん」

ゆの「えっ! 宮ちゃん、気付いてたの?」

宮子「そういう人もいるのかなって思ってねー。でもゆのっち、押せる場面は押して行かないと駄目だよ」

なずな「そうですね……たとえ赤座さんが見えなくてもフリテンになる可能性はそう高くないはずです……」

宮子「そうだ! もしフリテンでも次取り返せばいいだけだ!」

沙英「つ、付いていけないよ……」

ヒロ「うふふ。でも不思議と希望に溢れている気がするわ」


219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:06:14 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

久「赤座さん、やっぱりステルスなのかしら」

咲「はい……」

優希「ステルスが二人とかおかしいチームだじぇ」

咲「ということはやっぱりタコス盗ってった人とは違うんだね……」

咲「でも、そのおかげでゆのさんは調子が出なかったみたいですし、ある意味助かりました」

久「そうね。でも油断してると後半戦足元掬われるわよ?」

咲「あの面子相手に油断なんて出来ませんよ。それじゃ行ってきます」スタスタ


まこ「あの子、大丈夫かのう……」

久「大丈夫よ。咲の前半戦の収支を見てみなさい」

和「+5500点……」

京太郎「五捨六入計算でプラマイゼロ!」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:07:30 ID:Iwd5bRZi0

後半戦・東一局――

あかり「ロン、5200だよ」ジャラッ

咲「!」


東二局――

あかり「ロン、8000」ジャラッ

唯「むぅ~」


あかり(よーし、この調子で行こう!)

ゆの(赤座さん絶好調だなぁ……)

咲(まだトップだけど、このままだと厳しいかも……)


224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:08:38 ID:Iwd5bRZi0

東三局 親:平沢唯
ゆの:91000 咲:118100 唯:76900 あかり:114000


八巡目――

あかり「ポン!」トンッ

ゆの(ポンか……この辺危険そうだけど……)

ゆの(ここは攻めなきゃいけないし、切らないわけにも行かないよね)トンッ

あかり「ロン、3900」ジャラッ

ゆの「うっ……はい」

ゆの(あー、やっぱり危険牌だったかぁ……あれ、『やっぱり』?)

咲(ん……何だろうこの違和感……)

咲(あっ、もしかして……)


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:09:25 ID:Iwd5bRZi0

チームひだまり荘控え室――

宮子「ゆのっち……?」

乃莉「どうかしましたか、宮子先輩」

宮子「今ゆのっち、赤座さんが見えてたような……」

なずな「でも振り込んじゃいましたよ……?」

宮子「それはそうなんだけどさ、見えてた上で振り込んだ感じがして」

沙英「まあ確かに、あの手なら切らずにはいられない牌だったけどね」

なずな「じゃあ看破する方法を見つけたって事ですか……?」

宮子「いや、そうでもない気がするんだけど…………あっ!」

乃莉「何か分かったんですか?」

宮子「赤座さんって確か前半戦一度も鳴いてなかったよね?」

なずな「……! 赤座さんは鳴くと見えるようになる……?」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:10:17 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

京子「あかりの馬鹿! 鳴いちゃ駄目だってあれほど言ったのに!」

結衣「でも結果的に和了れたんだからいいだろ?」

綾乃「そうよ。毎局鳴かずに手を進めるなんて無理があるわ」

京子「それはそうだけど……ぐぬぬ……」

櫻子「連荘で調子に乗ってるんだよ、あかりちゃんのことだから」

ちなつ「調子に乗るあかりちゃん……あまりいい予感はしませんね」

結衣「そう言われると確かにな……」

京子「だろ!? もう二度と鳴くなよあかり!」

千歳「残念ながらその声は赤座さんには届かんけどな~」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:13:39 ID:Iwd5bRZi0

東四局 親:赤座あかり
ゆの:87100 咲:118100 唯:76900 あかり:117900


ゆの(もしかして、赤座さんは鳴くと見えるようになるのかな)

ゆの(もう一度鳴いてくれたらその答えが分かるんだけど……)

ゆの(いや、その推察が間違ってて既に鳴いてるけど私が気付いてないって可能性もあるか)

咲(鳴くとステルス状態が解除されるとしたら、副露せずに手を進めないとならないよね)

咲(どうしても鳴きたい場面はあるだろうけど、限られた状況でしか鳴いて来ないはず……)

あかり(うーん……親の時に限って手が悪いよぉ)

あかり(この手牌じゃ鳴きたくないし……テンパイ遠い状態でステルス解けちゃったらなぁ)


流局――

あかり「ノーテン」 ゆの「ノーテン」 咲「テンパイ」 唯「テンパイだよー」

あかり(せっかくの親だったのに……)


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:14:53 ID:Iwd5bRZi0

南一局一本場 親:ゆの ドラ:5
ゆの:85600 咲:119600 唯:78400 あかり:116400


十巡目――

ゆの:一二三①②③③1234(5)5 ツモ②

ゆの(この手……これだね宮ちゃん。今が押す場面だよね)

ゆの「リーチ」トンッ 4 


チームひだまり荘控え室――

宮子「おー、強気だなゆのっちー」

乃莉「リーチしますか……」

沙英「ダマでも親っパネだけど、一盃口と裏の可能性もあるからなぁ」

なずな「ツモでも親倍ですしね……」


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:17:17 ID:Iwd5bRZi0

咲(久しぶりにリーチを見た気がするよ)トンッ

唯(う~、こっちにも手が入らないかな……)トンッ

あかり(あ、あかり見えてないよね? 大丈夫だよね?)トンッ

ゆの:一二三①②②③③123(5)5 ツモ①

ゆの(よーし、来た!)

ゆの「ツモ!」ジャラッ

咲(高めの一発ツモかぁ……)

あかり(お、大きい!)

ゆの「うーん、裏は無しです。8100オール!」

唯(裏が一つでも乗れば三倍満だったのか、惜しかったね~)


232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:20:11 ID:Iwd5bRZi0

南一局二本場 親:ゆの
ゆの:109900 咲:111500 唯:70300 あかり:108300


あかり(ま、また三位になっちゃった……トップは近いし攻めないと!)

あかり「ポン!」トンッ

唯「あっ、それロン。二本場で8600だよー」ジャラッ

あかり「!?」

唯(あれ……赤座さんから和了れた?)

ゆの(やっぱり赤座さんは鳴くと普通に見えるようになるんだ!)


京子「ああもう、だから鳴くなって言ったのに!」

綾乃「だからそれは聞こえてないって言ってるでしょ……」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:23:18 ID:Iwd5bRZi0

南二局――

唯「ツモ、2000・4000だよ」ジャラッ

ゆの:107900 咲:107500 唯:86900 あかり:97700

咲(ん……)

ゆの(宮永さんが親かぶりで一応トップになったけど……)


南三局――

咲「ツモ、3000・6000」ジャラッ

ゆの:104900 咲:119500 唯:80900 あかり:94700

ゆの(うっ。ここで跳ねツモか……まあそう簡単には行かないよね……)


咲(次でオーラス……逃げ切るよ!)

ゆの(でも、逆転してみせる!)

あかり(ラス親だしチャンスはあるよね……)

唯(……えっと、今何点差だっけ?)


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:25:32 ID:Iwd5bRZi0

南四局・オーラス 親:赤座あかり ドラ:7
ゆの:104900 咲:119500 唯:80900 あかり:94700


放課後ティータイム控え室――

澪「オーラスで親でもないのに4万点近くの差……絶望的だ……」

梓「いえ、澪先輩。4万点近くの差であって4万点以上の差ではありません。これは大きいみたいですよ」

澪「えっ?」

紬「そうね。4万点未満の差なら直撃じゃなくても一撃で逆転できる可能性があるわ……」

律「……つーか、あいつどうかしてんだろ……」

澪「なっ……!!」


唯:九①⑨189東南西白發中中


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:27:44 ID:Iwd5bRZi0

六巡目――

唯:九①①⑨19東南西白發中中 ツモ北

唯(あはは。またテンパっちゃった……)

唯(逆転が見えてきたね)トンッ ①


澪「何というか、すごいな唯は……」

梓「捨牌おかしいですし、まさか国士をテンパってるなんて思われませんでしょうね」

律「確かにな……」


唯・捨牌:
8白西2⑨①


238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:31:08 ID:Iwd5bRZi0

あかり:一二二四(五)六七八九東東南南 ツモ北

あかり(絶好の一向聴だね……24800点差だから、リーチが入れば跳満ツモで逆転可能なんだけど……)

あかり(とりあえずここは点差を縮めたいなぁ)トンッ 北


ゆの:三三三四五五③④(⑤)⑥345 ツモ六

ゆの(来た! 点差は14600……ツモなら12000以上、直撃なら7700以上……)

ゆの(タンヤオ平和三色ドラ1……直撃ならダマでも満貫、ツモれば跳満の絶好手だ)トンッ ⑥


咲:一二②③④⑤⑥(5)66778 ツモ②

咲(んーっと……)トンッ ⑥


唯(一萬来ないかなー)トンッ ②

咲「ポン」

咲:一二③④⑤(5)66778  ②②②


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:35:09 ID:Iwd5bRZi0

梓(これはもしかしたら……)


咲「……」トンッ 二


梓「!?」

律「やった、宮永さん一萬余ったぞ!」

澪「これは行けるんじゃ……」

梓「いえ、むしろまずいですね……」

澪「どうしてだ? 唯の当たり牌の一萬が余って……あれ?」

梓「おかしいでしょう? 一萬を切れば喰いタンのテンパイでしたが、今の状態では役がありません」

律「確かにおかしいな。どうして一萬を残したんだ?」

紬「もしかして唯ちゃんの国士が見抜かれちゃったのかしら……」

梓「おそらく違います。わざわざ二筒をポンしての『常人には』不可解な一萬残し……これは……」


243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:36:38 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

京太郎「お、おい……咲の奴やばいんじゃ……」

まこ「おや、そう見えるかのう」

京太郎「えっ?」

和「どうして二萬を残さなかったのでしょう……いち早く流したいこの状況で役なしに取るなんて……」

優希「一萬が危険牌だと感付いたのか?」

久「だったらそもそも鳴かないんじゃないかしら。咲は和了るために一萬を残したのよ」

京太郎「あっ、嶺上開花!!」

久(リンシャンドラ3で満貫か……後半戦、ここまでの咲は-3800点……)

久(8000点の和了りだとトータルで+4200。プラマイゼロにはならないわね)

久(誰かがこの順目でリーチをかければ話は別だけど……)

まこ「おや、部長どうした?」

久「いえ……何でもないわ」

久(まあ、そもそもあの子はプラマイゼロになんてこだわってないはずよね)


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:37:18 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

京子「リンシャンで和了られる!?」

結衣「ああ、おそらくだけどな。次巡宮永さんは二筒をツモって加槓し、嶺上牌で一萬をツモる」

京子「そんな!! 鳴けあかり、今すぐ鳴いてツモをずらすんだ!」

ちなつ「無茶言わないで下さい……」

綾乃「鳴けと言ったり鳴くなと言ったり……まったく、歳納京子は……」

櫻子「それでもあかりちゃんならきっと……」

向日葵「いくらなんでも難しいですわね……」

千歳「まあ、仕方ないな~。インハイ王者相手にここまで善戦出来たんが奇跡やし……」

千鶴「そうですね、姉さん……」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:38:13 ID:Iwd5bRZi0

唯「……」トンッ (⑤)

あかり(三萬来ないかなぁ……さっきの二萬ポンしておけば良かったかなぁ?)スッ

あかり:一二二四(五)六七八九東東南南 ツモ8

あかり(いや……ステルス消したら直撃取れる気しないし、危険牌も通せなくなるもんね……)トンッ 8


乃莉「駄目ですね、鳴けない牌です……」

沙英「まぁたとえ鳴けたとしても鳴く場面じゃ無いしなぁ……」

ヒロ「あら……負けちゃいそうなの?」

宮子「いやいやそんなことありませんってー。まだ可能性はありますよ~」

宮子「行けーゆのっち! 最後の五筒を引いてリーチ一発チャンカン狙いだー!」

なずな「む、無理がありますよ……」


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:41:44 ID:Iwd5bRZi0

ゆの:三三三四五五六③④(⑤)345 ツモ三


乃莉「……ツモれなかったですね」

沙英「まあそう都合良くは行かないよな……」

なずな「あれ……? でもこれって……」

宮子「おお~。すごいところを引いたねー」


ゆの(三萬か……要らないなぁ)ザワッ

ゆの(……? 何だろう、妙な予感が……)

ゆの(まさか三萬が当たり牌……? ポンしてからの二萬切りだし有り得るのかな……)

ゆの(二二四を持ってて二筒ポンして二切りの三萬待ち……それとも二四五だったとか……?)


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:44:44 ID:Iwd5bRZi0

ゆの(あ、あれ……ポン? 宮永さんのポン?)

ゆの(宮永さんといったら嶺上開花だ!!)

ゆの(もしリンシャンだとすると和了れないなら何を切っても同じになっちゃう……)

ゆの(いや、でも宮永さんがリンシャンを和了るにはツモ牌も重要なはず)

ゆの(じゃあ鳴かせてツモ順をずらす? といっても誰かが鳴ける牌なんて分からないし、切ったところで鳴く保証は無いよね……)

ゆの(そうなるとここで私が取るべき行動は……)

ゆの「カン!」

咲「!!」

咲(り、嶺上牌を取られた……!?)


沙英「や、やった!」

宮子「さすがゆのっち、私たちに出来ないことを平然とやってのけるね~」

乃莉「そこに痺れる憧れる……ってやつですね!」

宮子「へ? 何言ってるの乃莉っぺ」

乃莉「あ、あれ……?」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:47:56 ID:Iwd5bRZi0

優希「咲ちゃん、リンシャンが無かったら役が無いじょ……」

京太郎「……もしかして今度こそ本当にピンチですか?」

久「……かもしれないわね」

和「見てください、ドラが……」

まこ「ほぉ……」


ゆの:四五五六③④(⑤)345 ツモ一 □三三□ 新ドラ:三


律「うわぁ、ドラ5……あの子も持ってるなぁ」

紬「一萬は宮永さんの待ち牌と同時に唯ちゃんの当たり牌でもあるし……」

澪「あの状況でカンをした勇気だけでも評価したいところなのに……」

梓「和了りを封じた上に逆転の目まで残すとは思いませんでしたね……」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:51:19 ID:Iwd5bRZi0

ゆの(なるほどね。これが宮永さんの当たり牌……さて、どうしようかな……)

ゆの(三萬をカンしたから一萬待ちならシャボか単騎……場に一萬はまだ一枚も出ていない、か)

ゆの(どっちにしても一萬は切れないから単騎待ちにするのは確定だけど、そうなるとリーチかけないと役無いんだよね)

ゆの(でもリーチをかけたら赤座さんが一萬切った時にフリテンになってしまう……)

ゆの(といってダマで構えたらもし平沢さんから一萬が切れた時に宮永さんの和了を阻止できない)

ゆの(まぁその場合私が和了っても逆転には裏二つ必要なんだけど、宮永さんに和了られたらその時点でアウトだし……)

ゆの(んー……もし宮永さんが単騎待ちだったとしたら今のカンで一萬は不要牌になったはず)

ゆの(今すぐにでも切りたい牌だろうけど、ここで一萬引いた私からリーチがかかったら絶対切れなくなる)

ゆの(単騎じゃなくてシャボ待ちだったら、えーっと……)

ゆの(……いや、そもそも宮永さんが完全リンシャン期待で役なしだとしたら?)

ゆの(うー、何だかもうよく分かんなくなって来ちゃったよ……ここは直感に従おうかな)

ゆの「リーチ!」トンッ 五


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:53:48 ID:Iwd5bRZi0

咲(ま、まずい……この子一萬待ちだ……)スッ

咲:一③④⑤(5)66778 ツモ② ②②②

咲(今カンしても首を絞めるだけだし、一萬は切れない……)

咲(一萬重ねられればまだ攻めようもあるんだけどなぁ)トンッ 7

唯(うーん……もしかしてすごい状況になってるのかな?)スッ

唯(私はどのみち圧倒的最下位だし、この手に賭ける以外ないけどね)トンッ 

あかり(ドラ4以上のリーチ……直撃でもツモでも逆転確定手かぁ。先を越されちゃったな)スッ

あかり(おっ?)


あかり:一二二四(五)六七八九東東南南 ツモ東


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:54:39 ID:Iwd5bRZi0

結衣「あかりも引いてきたか……」

京子「さすが、腐っても主役!」

綾乃「く、腐ってもって酷いわね……」

櫻子「よーし、あかりちゃんの存在感の無さなら一萬切っても通るし!」

向日葵「相手全員の和了り牌なのに……まあ一人は役なしですけれど」

千鶴「なんと恐ろしい子……」

千歳「ツモられたらどうしようもないけどな~」

ちなつ「ロンを封じられるだけでも十分すぎますよ……」


あかり(ふっふっふ……ここで引いてくるなんて、やっぱりあかりは主人公!)


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:58:05 ID:Iwd5bRZi0

あかり(和了り牌はもう南だけだけど、リー棒が出たから裏一つでも乗れば直撃じゃなくても逆転可能!)

あかり「この勝負、真の主役であるあかりの勝ちだよ! リーチ!」トンッ 一

ゆの「……あれ?」

ゆの「何だろう……赤座さん、何だか輝いて見えるよ」

あかり「ええっ!?」


結衣「あ、あいつ調子に乗りすぎだ!」

千歳「あはは。大声出して存在が隠し切れなくなったな~」

京子「あはは、じゃないぞ! こ、このままでは……」

千鶴「いや、でもゆのさんの手では一発が付いても……」


ゆの「ロン」ジャラッ

咲(や、やられた……私の負け……いや、リーチ一発ドラ5?)

咲(倍満には役が一つ足りない……裏ドラ次第ってこと!?)

ゆの(分かってる。この手じゃ逆転には届かない……でも裏が乗れば!)


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 01:59:41 ID:Iwd5bRZi0

沙英「ま、こうなったら和了らないわけには行かないよなぁ」

宮子「ですよね~。宮永さんが一萬待ちだと思ってる以上、賭けるしか無いですし」

乃莉「実は宮永さんが役なしで和了れないなんて思ってませんよね……」

ヒロ「どうなるのかしら……」


久「あー、これは……」

京太郎「裏ドラが一つでも乗ったら倍満ですよ!?」

優希「16000点だと逆転されちゃうじぇ!!」

和「乗れば、ですけどね」

まこ「まあ落ち着いて見ときんしゃい」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:00:40 ID:Iwd5bRZi0

ゆの:一四五六③④(⑤)345 ロン一 □三三□


裏ドラ表示牌一枚目:[發]


梓「一つ目は中ですね……」

澪「ど、どうなるんだ……?」

律「もったいぶらずに一気に開けろよ!」

紬「り、りっちゃん落ち着いて。ほら、二枚目が開くわよ!」


裏ドラ表示牌二枚目:[六]


ゆの「……12000です」


『た……大将戦終了ーー!!!』

咲:119500 (+1700)
ゆの:116900 (-5400)
あかり:82700 (-2400)
唯:80900 (+6100)


258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:02:36 ID:Iwd5bRZi0

『チームひだまり荘一歩及ばず! 一回戦の勝者は清澄高校麻雀部です!!』

ゆの「あ、ありが、とう……ござい……」グズ

ゆの「……ありがとうございましたっ!」

咲「お、お疲れ様でした」

あかり「お疲れ様で~す……」

唯「おつかれさまー」

ゆの「いい試合でした。楽しかったです」ニコッ

唯「うんうん、またやりたいね~」

咲「こんな試合初めてだった。正直びっくり……三人ともすごいよ」

あかり「え~っ、それって一位の余裕?」

咲「い、いやいや純粋な感想だよ?」

ゆの「ありがとうございます。それじゃまた機会があればどこかで会いましょう」

咲「うん、またね……」


259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:03:28 ID:Iwd5bRZi0

チームひだまり荘控え室――

ゆの「うっ……ぐすっ……」

宮子「泣くなーゆのっちー。ゆのっちは十分いい勝負したぞー」

乃莉「そうですよ。結果的に一歩及びませんでしたけど、ゆの先輩はあの宮永さんにも引けを取っていませんでした」

ゆの「私、宮永さんには役が無いんじゃないかって気付きかけてて……」

沙英「ゆの……」

ゆの「ツモを待った方がいい予感がした……でも止まらなかったんです……」

なずな(正直驚いてます……宮子センパイがこのメンバーの中で一番実力があると思ってましたけど……)

なずな(もしかしたら潜在能力ではゆのセンパイが上回るのかもしれません……ですが……)

なずな「それが麻雀ですよ、ゆのセンパイ」

ゆの「……うん、そうだね。ごめんみんな」

ヒロ「いいのよゆのちゃん。よくがんばったわ、お疲れ様」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:04:27 ID:Iwd5bRZi0

七森中ごらく部控え室――

京子「こらあかり! 最後の最後で調子に乗りやがって!」

あかり「ご、ごめんね京子ちゃん。何だか勝ちのビジョンが見えちゃって、つい……」

ちなつ「結果負けましたけどね」

櫻子「やっぱあかりちゃんが調子に乗るとろくなことが無いなー」

向日葵「あら、それは櫻子も同じではないですの?」

櫻子「何だとー!」

結衣「はいはい、喧嘩はそれくらいにしろ」

京子「……来年も出たいなぁ」

綾乃「し、仕方ないわね。次は私も出場してあげてもいいわよ?」

千歳「千鶴もな~」

千鶴「姉さん!? 歳納と同じチームなんて嫌です!」

りせ「…………」

奈々「あっはっは! 松本、それは名案だ!」

綾乃「に、西垣先生!? 居たんですか……」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:06:15 ID:Iwd5bRZi0

放課後ティータイム控え室――

澪「オーラス、唯も赤座さんが見えてたのか?」

唯「うん、見えてたよ。でもあそこで和了っても一位じゃなかったし、どのみち頭ハネだったし……」

律「……あーあ、勝てなかったかー」

紬「結局最下位だったわね……」

梓「でも、がんばりました。十二分に力を発揮しましたよ私たちは」

律「しかし負けは負けだ! 名残惜しいが滞在費もあれだし帰ろうぜ!」

紬「あら、それなら気にしなくて大丈夫よ~」

澪「ま、まさかムギ……」

紬「うふふ」

律「そっかー、ムギがそこまで言うのなら仕方ないな……」

梓「特に何も言ってませんけどね……」

律「清澄の……この大会の行く末を見守ろうぜ!」

唯「おお~っ」


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:06:57 ID:Iwd5bRZi0

清澄高校麻雀部控え室――

久「咲。あなたもしかして本当に油断したのかしら?」

咲「う……」

まこ「油断というより、勝ちを急ぎすぎたみたいじゃのう」

久「あそこで二筒をポンしなければゆのさんの引いた牌があなたに入ったはず……」

京太郎「ゆのさんの引いた牌……って三萬?」

優希「あっ! ポンしてなかったら和了り牌だじぇ!」

久「まあそれは結果論だけどね。あなたには二筒をカンできる予感があったんでしょう」

久「嶺上牌が一萬だということも分かっていた。そして赤座さんのステルスが厄介だから嶺上開花で和了りたかったのもある……」

久「しかし目先に囚われて他家がカンするという考えが湧かなかったみたいね」

和「そ、そんなこと普通は考えません!」

久「そうね。でもこれからは焦って行動した結果窮地に陥るような真似はしないで欲しいのよ」

咲「……はい」


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:08:01 ID:Iwd5bRZi0

咲(確かにさっきのオーラスは冷や冷やした……うーん、インハイ終わって気が抜けてるのかな……)

咲(しかしやっぱり最後は和了って勝たないと勝った気がしないものなんだね……)

優希「部長は厳しすぎるじょ」

咲「いや、私も悪かったから仕方ないよ」

和「プラス収支で終わった咲さんが悪かったら私の立場がありません……」

咲「の、和ちゃん……でもほら、副将と大将では役目が違うし……」

和「そんなことは分かっています!」

咲(も、もしかして副将戦で最下位だったのが結構悔しかったのかな?)

咲(誰だって負けることがあると口では言ってるけど、人一倍負けず嫌いなんだね……)

咲「まあそうじゃなきゃ麻雀なんてやってないか……」

和「えっ? 何か言いましたか?」

咲「ううん、何でもない。次の試合もがんばろうね!」

和「……はい!」


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:12:31 ID:Iwd5bRZi0

阿知賀女子麻雀部控え室――

穏乃「よーし、まずは一回戦突破!」

灼「やったね」

憧「まあ私たちなら当然よね。思ったより厄介な相手だったけど……」

宥「確かに面白い選手が多かったね……」

晴絵「私でも見たこと無いような類の打ち手も居たね。やっぱりこの大会侮れないよ」

玄「ですが、二回戦も私が先鋒で引き離すので大丈夫です!」

穏乃「うんうん、玄さんは心強いですね! そういえば他の一回戦はもう終わったのかな?」

憧「見てこよっか」

穏乃「うん、行こう!」


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:14:40 ID:Iwd5bRZi0

トーナメント表前――

穏乃「おっ、さすがに清澄は勝ってるね!」

灼「宮守もだね」

憧「えっ……」

穏乃「ん? どうした憧?」

憧「ほ、ほらあれ」

穏乃「えっ!?」

玄「せ、千里山が……」

宥「負けてる……?」


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:15:29 ID:Iwd5bRZi0

白玉中ソフトテニス部──┐                                       ┌─桜守高校第二ボランティア部
チーム葵ヶ丘高校 ───┤                                             ├─ハーフプライサー同好会
                      ┏━━━┓                              ┏━━━┓
落語家ガールズ.━━━━┛      |                        |      ┗━時定高校麻雀部
夜見北中三年三組───┘      |                              |      └─チーム聖桜学園
                        |                              |
清澄高校麻雀部━━━━┓      |                              |      ┌─私立リディアン音楽院高等科
放課後ティータイム───┨      |                              |      ┏━ストライクウィッチーズ
                      ┗━━━┥                              ┝━━━┛
七森中ごらく部 ────‐┤       |                        |      ├─千里山女子麻雀部
チームひだまり荘.───‐┘       |                        |      └─迷い猫同好会
                        ┝===┓              ┏===┥
碧陽学園生徒会────┐      │      |              |      |      ┏━慧心初等部女子バスケ部
大洗学園戦車道チーム.━┓       |      |              |      |      ┠─輝日東高校麻雀同好会
                      ┗━━━┥      |              |      ┝━━━┛
風新新聞専売所────┤      |      |              |      |      ├─鴨川女子高ジャージ部+α
リトルバスターズ女子部.─┘       |      |              |      |      └─櫻花會ナイン
                        |      |              |      |
ローゼンメイデン━━━━┓       |      |              |      |      ┌―チーム禍具(ワース)
室江高校剣道部────┨      |      |              |      |      ├─ホームズ探偵学院代表
                      ┗━━━┛      |              |      ┗━━━┓
七色ヶ丘中学二年二組 ─┤               |    優勝      |              ┗━阿知賀女子麻雀部
稲羽市特別捜査隊───┘              |      |      |              └─風間ファミリーズ
                                ┝===┷===┥


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:15:45 ID:Iwd5bRZi0

cafeたまゆら─────‐┐             |              |              ┏━綺羅星十字団
時空管理局代表━━━━┓              |              |              ┠─極東魔術昼寝結社の夏
                      ┗━━━┓      |              |      ┏━━━┛
チームMAHO堂────‐┤       |      |              |      │      ├─彩井高校GA一年
隣人部――――────┘      |      |              |      │      └─コミックアーススター編集部
                        |      |              |      │
海の家れもん ─────┐       |      |              |      │      ┏━猫神やおよろーズ
陵桜学園高等部────┤      |      |              |      │      ┠─チームB★RS
                      ┏━━━┥      |              |      ┝━━━┛
宮守女子麻雀部━━━━┛      |      |              |      │      ├─川平家の犬神たち
聖リリアナ学園生徒会.─‐┘      |      |              |      │      └─青錆学園中等部
                        ┝===┛              ┗===┥
見滝原スパローズ ━━━┓     |                              │      ┌─エンジェル隊
白凰女学院ヨット部 ──‐┨     |                              │      ├─結姫女子学園ぬこ部
                      ┗━━━┥                              ┝━━━┓
学園都市代表────―┤      |                              |      ┠─ましまろな女の子たち
チームワグナリア.───‐┘      |                              |      ┗━雛見沢分校部活メンバー
                        |                              |
チーム765プロ ‐━━━━┓     |                              |      ┌─猫毛高校麻雀同好会
桃月学園1-C ――――─┨      |                              |      ├─ソニックダイバー隊
                      ┗━━━┛                              ┗━━━┓
チーム南家.──────┤                                         ┠─チーム彩南高校
戦国コレクションズ.───┘                                              ┗━白皇学院麻雀部


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:18:52 ID:Iwd5bRZi0

二回戦-SideB-につづく……


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:22:42 ID:Iwd5bRZi0

次回予告――

玄「これが二回戦のストライクウィッチーズのオーダーですけど……」

竜華「!?」

セーラ「……これ、ホンマか?」

泉「んなアホな!」

宥「ど、どうかしたの……?」

浩子「いやな、うちらに勝った相手の情報を教えようか思っとったんやけど……」

穏乃「えっ、何ですか? もったいぶらずに教えて下さいよ!」

怜「残念やったな。一回戦で戦った選手は一人も居らんわ」

灼「メンバー全員入れ替えたってこと?」

憧「それってつまり……千里山に匹敵する選手が10人以上居るの!?」

晴絵「驚いた……どうやら日本の選手団じゃないみたいだね」


284: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:25:35 ID:Iwd5bRZi0

玄(カンドラ!? 私相手にドラを乗せてくるなんて……)

智花「なるほど。真帆の力ならドラローさんに対抗できるんだね」

紗季「さすが『打ち上げ花火(ファイヤー・ワークス)』といったところかしら」


ひなた「おー。ツモ、6000・12000」

憧(今度は三倍満!? さっきから何なのこの子……)

真帆「それでこそ『無垢なる魔性(イノセント・チャーム)』……牌を魅了せし子だ!」


紗季「ロン。3900」

灼(ドラ8が見えてるのに何という冷静な対処……まだこんな子供なのに)

昴(みんな完全に自分の特性を活かしてるな。短期間でこれほどの力を身に付ける吸収力……)

昴「まったく、小学生は最高だぜ!」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:26:44 ID:Iwd5bRZi0

ペリーヌ「トネール!」

玄・真帆・なの「……えっ?」

ペリーヌ「り、リーチですわ!」


トゥルーデ「ロン。16000」

愛莉(わ、私のブロックを超えてきた……!?)

宥(すごい……いきなり倍満なんて……)


憧(この人、まるでこっちの手牌が完全に分かっているかのような打ち方をするわね……)

美緒(もう一度行くぞ……魔眼――!!)


287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:27:30 ID:Iwd5bRZi0

なの「ツモ、1300・2600で……えっ、あの、何かありました?」

玄(むむむ、気になります……)

真帆(その背中のゼンマイは何だ!?)


麻衣「あっ、これフリテンだ……」

宥(口に出して言っちゃってるけど……いいのかな……?)

麻衣「良かった、引けた。ツモ……8000・16000」

愛莉(純正九連宝燈!? うう、何なんだろうこの人たち……)


祐子「ふっふっふ……来たよ来たよ~。ツモ!」

祐子「平和、三色イッツー……あれ、頭がない……」

憧「……ってそれ多牌じゃないの!」


※次回予告は制作中のものです


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 02:29:34 ID:39tbxILP0


大作だなー、次回作に遭遇できればいいんだけど


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:07:21 ID:mnmZ3jQd0

お疲れ
次回に期待


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01 03:12:11 ID:FDwk9vha0

多すぎてワケワカカメ
とりあえず次に期待乙


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364730763/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。