FC2ブログ

ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

岡部「・・・・・・」  ダル「うわあああああ!」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/images.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:41:26 ID:kfDT4Kzc0
立ったら書きます。

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:43:45 ID:Ubf/rMED0

岡部「なあ、ダル。朝目が覚めたとき唇が湿っている事はあるか?」

ダル「は? 普通渇いてるんじゃね? まあヨダレ垂らしてたらわからんが」

岡部「うむ。その可能性は考えてみたのだが。唇全体が湿っているというか、
    濡れているというか。何故か潤っているのだ」

ダル「ふーん。で? そんだけ?」

岡部「ああ、ここ数日家に帰って寝ているのだが。
   その日に限って潤っている」

ダル「て事は、今日も朝潤ってたってことかお?」

岡部「うむ。しかも今日は首筋も少し湿っていた」

ダル「なにそれ、ちょっと怖いんだけど」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:45:39 ID:MI6l8zjO0

もうわかったからいいや


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:46:07 ID:Ubf/rMED0

岡部「ああ。俺も、寝ている間になにか変な事が起きているのではないかと思って
   少しばかり恐怖を覚えている」

ダル「僕は心霊現象的な話はマジで無理なんだお」


ガチャ


まゆり「トゥットゥルー♪ おはよー二人共」

岡部「まゆりか、もう昼過ぎだぞ」

ダル「まゆ氏、おはよーなのだぜ」

まゆり「えへへー。オカリン、朝ちゃんと起きれた?」

岡部「ああ、まゆりが起こしてくれているお陰でな」

ダル「え? まゆ氏に朝起こしてもらってるん?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:49:09 ID:Ubf/rMED0

岡部「ん? そうだ。まゆりが学校の補習があるというのでな、
   俺が家に帰っている時は朝起こしてもらっているのだ」

ダル「一人で起きれないのかよ。子供かよ」

まゆり「オカリンはお寝坊さんなのです」

岡部「まあ、俺も青果店の息子だしな。家に泊まった時くらいは
   早起きして、家の手伝いくらいはしておこうかなと思ってだな」

ダル「親孝行ですね。わかります。だからってまゆ氏に起こしてもらうのはどうかと思うんだが」

まゆり「まゆしぃは全然気にしてないのです。バナナも買えるから丁度いいのです」

ダル「ん? てことはオカリン。まゆ氏ならなんか知ってるんじゃね? 朝の事」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:52:07 ID:Ubf/rMED0

岡部「おお、そうだな。まゆりよ、最近起きると唇が湿っているのだが、
   俺を起こすとき、なにか気付いたことはないか?」

まゆり「んー。まゆしぃはわからないのです」

岡部「そうか・・・・・・やはり、霊的ななにかなのかもしれん」

ダル「ちょ、オカリン止めてくれ! オバケ的な話はNGだお!」

まゆり「オカリン、オカリン。夢の中で美味しい物食べてて、舌舐めずりしてるんじゃないかなぁ」

ダル「まゆ氏の口から舌舐めずりとか、エロ過ぎるお!」

岡部「自重しろこのHENTAI! まゆりで妄想するな!」

ダル「幼馴染を守るオカリン・・・・・・フラグ立てるきなのかお」

まゆり「えへへー。ちょっと恥ずかしいのです」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:55:15 ID:Ubf/rMED0

岡部「なっ!? ダル! なにを言い出すんだ貴様!」

ダル「はいはい、リア充乙」

岡部「くっ!」

ダル「だいたい、幼馴染に朝起こしてもらうとか、どこのエロゲ主人公だっつーの」

岡部「・・・・・・まあいい。そこでだ、一つダルに頼みたいことがあるのだが」

ダル「なんだお? どうやったらエロ展開に持っていけるのか聞きたいのかお?」

岡部「ちがぁぁう! 俺の部屋に隠しカメラを付けて欲しいのだ」

ダル「・・・・・・」

ダル「・・・・・・本気なのかお?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 21:58:10 ID:Ubf/rMED0

岡部「本気だ。霊的現象ならば、そいつが何をしているのか知っておかなければ
   何も解決できないと俺は思ったのだ」

ダル「オカリン・・・・・・僕はあくまでも霊だとは信じたくない・・・・・・」

岡部「そうだろう? だから尚更一部始終を録画して確かめるのだ!」

ダル「仮に、霊的現象だったら・・・・・・僕は手を引かせてもらうお」

岡部「ふっ、その時は霊媒師に頼むからダルの力など借りん」

ダル「まゆ氏はどう思う?」

まゆり「んー。オカリンに任せるのです。まゆしぃは難しい事は分からないのです」

岡部「2対1だな。さぁダルよ。さっそく準備をするのだ」

ダル「・・・・・・分かったお。じゃあ電化製品売り場に行くかお」

岡部「ああ、行こう」

まゆり「おー♪」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:01:16 ID:Ubf/rMED0

ショップ帰り



ダル「ふぅ。安く手に入ったお」

岡部「ああ、電化製品の良し悪しは、ダルにしか頼めんから助かったぞ」

まゆり「ダル君は凄いのです♪」

ダル「・・・・・・まゆ氏、もっと褒めてくれていいんだぜ?」

まゆり「凄いのです♪」ナデナデ

ダル「まゆ氏、マジ天使」

岡部「設置に関してもすべてお前に任せるぞダル」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:04:09 ID:Ubf/rMED0

ダル「オーキードーキー! つか、牧瀬氏に相談しなくてよかったん?
   いろいろヒントくれそうな気がすると思われ」

岡部「クリスティーナに霊的な話をしてみろ。あいつが信じるわけがない。
   きっとこう言われるだろう」

『はぁ? 霊? そんな非科学的な事あるわけないじゃない。妄想乙』

ダル「・・・・・・あぁ、うん。もうそれ以外考えられないお」

岡部「だろう? この作戦は俺とダルとまゆりだけで遂行する事が最善だ」

まゆり「何が映るんだろうねー。オバケさん映るのかなー?」

ダル「まゆ氏、もうオバケ禁止でお願いします」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:07:08 ID:Ubf/rMED0

まゆり「ダル君、ダル君」

ダル「ん?」

まゆり「ヒュードロドロドロドロー☆」

ダル「・・・・・・まゆ氏、鬼畜すぎる・・・・・・」

まゆり「あははー」

岡部「まゆり、あまりダルを怖がらせるんじゃない。ダルが居ないと
   次に進めないのだからな」

まゆり「うん♪ ダル君、頑張って欲しいのです」

ダル「まゆ氏の為に頑張るお!」

岡部「では、俺の家に行くとするか」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:10:09 ID:Ubf/rMED0

岡部宅




ダル「とりあえず、オカリンが寝てる場所とその周辺が写る様に設置してみたけど、
   こんなもんでいいかな?」

岡部「うむ。これなら何かしらあれば確実に見えるな」

まゆり「あそこにカメラがあるのー?」

ダル「そうだお、一見なにもないように見えるけど、バッチリカメラがあるんだぜ?」

まゆり「ダル君は凄いなー」

岡部「ふっ、我がマイフェイバリットライトアームなのだからな。当然だまゆりよ」

ダル「なんでオカリンが得意気なのか」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:13:17 ID:Ubf/rMED0

まゆり「じゃあ、紅莉栖ちゃんが、レフトなのー?」

岡部「ん? あいつは助手だがな、まあ左腕にしてやってもいいが」

まゆり「そっかー」

ダル「オカリン、寝る前にちゃんと録画スイッチ押すんだお。
   押し忘れたとかマジないからな」

岡部「この鳳凰院凶真! そんなドジを踏むわけがなかろう!」

まゆり「ねえ、オカリン? 明日まゆしぃは起こしに来てもいいの?」

岡部「ああ。いつものように7時で頼むぞまゆり」

まゆり「えへへー。了解なのです♪」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:16:14 ID:Ubf/rMED0

ダル「くそ! なんだよ、オカリンばっかりいい思いしやがって!!」

岡部「まあダル落ち着け。この作戦が成功したあかつきには、
   メイクイーンニャンニャンで好きな物を奢ってやろう」

ダル「絶対だな! 絶対だからな!」

岡部「ああ、フェイリスに頼んでサービスもしてもらおう」

ダル「オカリン・・・・・・僕は幸せだお・・・・・・」

まゆり「まゆしぃもサービスしちゃうのです♪」

ダル「まゆ氏・・・・・・マジ天使・・・・・・」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:19:09 ID:Ubf/rMED0

岡部「そういう訳で、今日は解散だ」

ダル「うん、僕はラボに戻って明日オカリンとまゆ氏が来るのを待ってるお」

まゆり「まゆしぃも家に帰るのです」

岡部「ダル、まゆり。今日は助かったぞ」

ダル「いいんだお。んじゃ、また明日」

まゆり「また明日ねーオカリン」


バタン
オジャマシマシター

岡部「さて、残っている宿題でも片付けるか」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:22:11 ID:Ubf/rMED0






岡部「よし、バッチリだ。宿題も終わった。録画ボタンも押した」

岡部「あとは寝るだけだな。クククッ、さあ、どんな物が写るのか楽しみだな!」

ヴーッヴーッ

岡部「ダルからメールか」

『録画ボタンを押すのを忘れるなお(´-ω-`)』

岡部「ふ、タイミングのいい奴だ」

『既に押してある。あとは寝るだけだ。おやすみ』

岡部「よし、全ての準備は整った・・・・・・今日も月が綺麗だ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:25:06 ID:Ubf/rMED0






「オカリン、オカリン、朝だよー。起きてー」

岡部「んっ・・・・・・・んん・・・・・・・」

「起きてよー。オーカーリーン!」

岡部「んあっ・・・・・・まゆり・・・・・・か・・・・・・おはよう」

まゆり「おはよーオカリン」

岡部「うむ。ご苦労。ありがとな、まゆり」

まゆり「えへへー」

岡部「ん? まゆり、少し顔が赤くないか? 熱でもあるのか?」

まゆり「ううん、違うよー。ちょっと急いで来たので身体が火照ってるだけなのです」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:28:11 ID:Ubf/rMED0

岡部「そうか。すまんな、いつも」

まゆり「気にしないでいいよー」

岡部「むっ。やはり唇が濡れている・・・・・・」ゴシゴシ

まゆり「オバケさん来たのかなー?」

岡部「わからん。しかしそれも直ぐに分かるのだ! ラボへ行くぞまゆり」

まゆり「ごめんね、オカリン。まゆしぃ今日はちょっと用事が出来てしまったのです」

岡部「なに? そうか。いつ頃ラボに来れるのだ?」

まゆり「んー。時間はわからないけど、夜になるかもしれないのです。
    だから、ダル君と二人で確認しといて欲しいのです」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:31:10 ID:Ubf/rMED0

岡部「うむ。分かった。ではダルと先に見ることにするか」

まゆり「うん♪ じゃあ、まゆしぃは行くね」

岡部「ああ、気をつけてな。また夜に会おう」

まゆり「またねー」


バタン
マユリチャンバナナモッテキナー
オジサンアリガトー



岡部「よし、まずはメモリーカードを取って、と・・・・・・・」

岡部「さて、あとは着替えを済ましてラボに行くとするか」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:34:08 ID:Ubf/rMED0

ラボ



ガチャ



岡部「ダル、ついにこの時が来たぞ!」

ダル「オカリン、おはようなのだぜ」

岡部「ああ、さっそくセッティングを頼む」

ダル「あれ? まゆ氏は? 一緒じゃないん?」

岡部「ああ、まゆりは急遽予定が出来てしまったらしくてな、
   夜までこれないと言われた」

ダル「そっか。じゃあ、夜まで見るのはお預けかお」

岡部「いや、まゆりは二人で先に見ておいてくれと言っていたからな。
   先に映像を確認しておこう」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:37:06 ID:Ubf/rMED0

ダル「おっけー。んじゃ、メモリーカードを」

岡部「うむ。頼んだ」

ダル「ほいほい、ほほほい。準備できたお!」

岡部「では、再生を頼む」

ダル「つか何時間かかるんだよこれ。寝てからの映像ずっと見るとか」

岡部「仕方ないであろう。いつ何が映るのかわからないのだからな」

ダル「オカリン昨日メールしたの1時くらいだったよな・・・・・・
   てことは6時間かお・・・・・・その間二人で画面見続けるとか・・・・・・」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:40:10 ID:Ubf/rMED0

岡部「だからこうして、大量のお菓子を用意してきたのだが」

ダル「飲み物はもちろんわかってるんだろうなオカリン」

岡部「ああ、抜かりはない。ダイエットコーラさんだ」

ダル「さすがオカリン」

岡部「さあ、真実を見せてくれ!」

ダル「ポチッとな」

『キョウモツキガキレイダ』

ダル「なにいってんだオカリン」

岡部「くっ!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:43:16 ID:Ubf/rMED0

バリバリ・・・・ゴクゴク

ポキポキ・・・・ゴクゴク


5時間後

ダル「・・・・・・」ズルズル

岡部「・・・・・・」フーッフーッ、ズルズル

ダル「なあオカリン。お菓子も尽きて、しまいにはラーメンまで食べて・・・・・・
   まったく変化がないわけだが・・・・・・」

岡部「・・・・・・あと一時間の辛抱だ・・・・・・耐えてくれダル・・・・・・」

ダル「なにが悲しくて、オカリンの寝てるだけのシーンを延々みなくちゃならないのか」

岡部「言うなダル・・・・・・俺も辛いんだ・・・・・・」

ダル「オカリン・・・・・・メイクィーンの話、絶対だからな・・・・・・」

岡部「ああ・・・・・・絶対にこの借りは返す・・・・・・」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:46:06 ID:Ubf/rMED0

30分後


『バタン』

ダル「おっ? まゆ氏来たよ」

岡部「なに? 俺が起きたのは7時だったはずだが」

『・・・・・・オカ・・・・・・リン』ソワソワ

ダル「・・・・・・なんかまゆ氏、そわそわしてね?」

岡部「・・・・・・まゆり、どうしたんだ・・・・・・」

『・・・・・・』スルスル

岡部「・・・・・・」

ダル「うわあああああ!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:49:07 ID:Ubf/rMED0

ダル「・・・・・・なんで・・・・・・まゆ氏、下着姿になってんだお・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

ダル「オカリィィィン! なんなんだこれえええ!」

『オカリン・・・・・・』

ダル「まゆ氏が・・・・・・オカリンの傍に・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『オカリン・・・・・・チュッ、ンッ・・・・・・クチュッ、ハァ・・・・・・ンンッ』

ダル「・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

ダル「キスしながら、自分の胸揉んでるようにしか見えないんだが・・・・・・」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:52:11 ID:Ubf/rMED0

『ンッ・・・・・・チュッ、チュッ・・・・・・オカ・・・・・・リン・・・・・・キモチイイヨ・・・・・・アン・・・・・・・ンン』

ダル「オカリン・・・・・・これが、答えだと・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・レロレロ・・・・・・ンチュッ・・・・・・ンッ・・・・・・』

ダル「ディープからの・・・・・・乳首責め・・・・・・だと・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『アッ・・・・・・チュッ・・・・・・ンアッ!・・・・・・モウ・・・・・・ダメッ・・・・・・』

ダル「・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『オカ・・・・・・リン・・・・・・イッチャウヨ・・・・・・マユシィ・・・・・・・イッチャウ・・・・・・』

ダル「・・・・・・まゆ氏・・・・・・」

『ンアアアアアッ!! ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・ンッ・・・・・・ハァ・・・・・・ハァ・・・・・』


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:55:09 ID:Ubf/rMED0

『・・・・・・』チラッ

ダル「・・・・・・まゆ氏が・・・・・・こっち見つめてるお・・・・・・恥ずかしそうに・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『・・・・・・・・・・・・・・・・・』

ダル「・・・・・・なんか言ってる?・・・・・・口パクかな・・・・・・」

ダル「・・・・・・・お、か、り、ん、だ、い、す、き・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『・・・・・・・・』

ダル「服着た・・・・・・髪型整えてる・・・・・・」

岡部「・・・・・・」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 22:58:08 ID:Ubf/rMED0

ダル「あれから10分・・・・・・まゆ氏はオカリンを見つめ続けてるわけだが・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

『オカリン、オカリン、アサダヨー。オキテー』
『ンッ・・・・・・ンン・・・・・・』
『オキテヨー。オーカーリーン!』

ダル「なあ、もういいんじゃね?」

岡部「・・・・・・」

ダル「オカリン・・・・・・なんか言えよ・・・・・・」

岡部「・・・・・・これは・・・・・・夢だ・・・・・・」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:01:13 ID:Ubf/rMED0

ダル「・・・・・・これは今日の朝実際にあったことだぞ・・・・・・オカリン・・・・・・」

岡部「・・・・・・まゆりが・・・・・あの、まゆりが・・・・・・」

ダル「そして、数日前から毎日行われてたことなんだお・・・・・・」

岡部「・・・・・・俺は・・・・・・どうすればいい・・・・・・」

ダル「それを、僕に聞くのかお! この僕に!」

岡部「・・・・・・」

ダル「まゆ氏は、この隠しカメラを使って・・・・・・オカリンに告白したんだお・・・・・・」

岡部「・・・・・・ああ」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:04:09 ID:Ubf/rMED0

ダル「あとは、オカリンの気持ち次第なんじゃね? ああもう! 爆発しろよオカリン!」

岡部「・・・・・・そう・・・・・・だな・・・・・・」

ダル「このメモリーカード・・・・・・破棄するしかないな・・・・・・・」

岡部「ああ・・・・・・ダルよ、この事はくれぐれも口外するんじゃないぞ」

ダル「うん。僕もこの映像の事は忘れるから・・・・・・あとはオカリンがどうするか決めてくれ」

ダル「まゆ氏とオカリンがどんな関係になろうとも、僕は応援するから・・・・・・・」

岡部「ああ・・・・・・・」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:07:09 ID:Ubf/rMED0

2時間後


ダル「んじゃ、僕は帰るお」

岡部「そうか、今日はすまなかったな」

ダル「謝るんじゃねえ! 僕が余計惨めに見えるじゃないか!」

岡部「そうだな。俺の気持ちはもうハッキリ決まっている」

ダル「・・・・・・そっか。どうするのか、聞いてもいいかお?」

岡部「ああ・・・・・・俺はまゆりの気持ちに・・・・・・応える」

ダル「うん。オカリンならそう言うと思ったよ」

岡部「ありがとう、ダル」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:10:15 ID:Ubf/rMED0

ダル「まゆ氏、夜にくるんだったよね。他のラボメンが来ないように
   みんなにメールしとくよ。今日はラボ空いてないって」

ダル「あと、オカリンはまゆ氏にメールしとけよ。待ってるって。
   最悪まゆ氏来ない可能性もあるからね」

岡部「ああ、そうだな。いろいろ助かったよダル」

ダル「あーあ。僕なんでこんな事してるんだろう。ふと、そう思いました!」

ダル「じゃあな、オカリン。頑張れお」

岡部「うむ。ではな」


ガチャ
リアジュウバクハツシロー!


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:13:10 ID:Ubf/rMED0

岡部「・・・・・・さて。メール・・・・・・だな・・・・・・」

『まゆり。ラボで待ってる。ずっと待ってるからな。』

ピロリン

岡部「あとは・・・・・・待つだけだ・・・・・・」

岡部「・・・・・・まゆり・・・・・・待ってるからな・・・・・・」




ラボ 夜 21時


岡部「・・・・・・まゆり・・・・・・」

岡部「メールの返信もない・・・・・・来てくれないのか・・・・・・まゆり」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:16:13 ID:Ubf/rMED0

ガチャ


岡部「!! まゆり!」

まゆり「・・・・・・」///

岡部「まゆり、来てくれたのか!」

まゆり「・・・・・・ウン・・・・・・」

岡部「・・・・・・顔が赤いな、まゆり」

まゆり「だって・・・・・・恥ずかしいのです・・・・・・」

岡部「大丈夫だ、俺はこれからもっと恥ずかしい事を言うぞ」

まゆり「・・・・・・ウン」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:19:17 ID:Ubf/rMED0

岡部「・・・・・・スゥーハァー。まゆり・・・・・・俺はお前が好きだ。
   俺と・・・・・・いつまでも、一緒に居てくれ・・・・・・」

まゆり「・・・・・・オカリン・・・・・」

岡部「毎日、お前と一緒に居たい・・・・・・毎日お前の笑顔が見たい・・・・・・
   毎日お前と笑っていたい・・・・・・毎日だ・・・・・・」

まゆり「・・・・・・まゆしぃが、おばあちゃんになっても・・・・・・・?」

岡部「ああ・・・・・・俺がおじいさんになって、まゆりがおばあさんになっても、
   ずっと俺の傍に居て欲しい」

岡部「人質としてではなく・・・・・・恋人として・・・・・・だ」

まゆり「・・・・・・オカリン!」

岡部「まゆり!」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:22:11 ID:Ubf/rMED0

俺はまゆりを抱きしめた
強く抱きしめるほど
まゆりもそれに応えるように
力強く抱きしめ返してくれた

まゆり「まゆしぃね・・・・・・ずっと、ずっと前から、
    オカリンのこと・・・・・・・ 大好きだったんだよ・・・・・・」ポロポロ

岡部「俺も・・・・・・大好きだったぞ! まゆり・・・・・・」

まゆり「まゆしぃは、るか君みたいに料理上手じゃないし・・・・・・
    紅莉栖ちゃんみたいに頭もよくないけど・・・・・・いいの?」

岡部「俺は、そんなまゆりが・・・・・・大好きなんだ」

まゆり「・・・・・・ありがと・・・・・オカリン」

岡部「まゆり・・・・・」

まゆり「オカ・・・・・・リン・・・・・・」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:25:18 ID:Ubf/rMED0

チュッ

俺はまゆりとキスをした
何度もまゆりとはキスをしていたが
俺もまゆりもこれが初めてだ
二人がお互いを意識し
お互いを想いながらした
初めてのキスだった


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:28:08 ID:Ubf/rMED0

後日 ラボ



紅莉栖「まぁ、岡部とまゆりならお似合いよね」

フェイリス「そうだにゃー。羨ましいにゃー」

まゆり「ま、まゆしぃ・・・・・・・恥ずかしいのです」///

鈴羽「あははは。可愛いなー椎名まゆりは」

るか「まゆりちゃん、おめでとう!」

萌郁「おめでとう・・・・・・」

ダル「さあ! ここに桐生氏が買って来てくれたケーキがあります。
   なんと、ホールケーキです!」

岡部「なに!? ホールだと!?」

鈴羽「苺たっぷりのケーキだー!」ワクワク


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:31:08 ID:Ubf/rMED0

紅莉栖「高かったんじゃないのこれ?」

ダル「高かったです! 直径21cmでお値段はなんと4000円!」

フェイリス「ダルにゃん、なんかテンションが高いにゃ」

ダル「あたりまえだおフェイリスたん。今日は記念日だからな!」

ダル「オカリンの友人、いや、親友として全額僕が支払いましたから!」

岡部「ダル・・・・・・貴様なにを考えているのだ・・・・・」

ダル「るか氏、例の物、準備できてるかお?」

るか「は、はい! ちゃんと持ってきました」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:34:08 ID:Ubf/rMED0

ダル「うん、じゃあ、ほら、まゆ氏とオカリンはケーキの前に」

岡部・まゆり「?」

ダル「で、他の皆にはこれを持ってもらいます」

紅莉栖「・・・・・・クラッカー?」

フェイリス「クラッカーだにゃ」

鈴羽「ねーこれなーにー?」

萌郁「・・・・・・・うん」

ルカ「阿万音さん、お尻の紐を引っ張るんです・・・・・・あ、まだですよ!」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:37:24 ID:Ubf/rMED0

岡部「おい! ダル! 貴様まさか・・・・・・」

まゆり「?」

ダル「じゃあ、オカリンとまゆ氏はこれを」

フェイリス「セレモニーナイフだにゃ」

紅莉栖「なるほど」ニヤ

ダル「皆さん分かってもらえたかと思います。ケーキ入刀です!」

岡部「ダァァルゥゥ! 何を言っているのだ貴様!」

まゆり「///」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:40:21 ID:Ubf/rMED0

るか「ドキドキ・・・・・・」

岡部「な!? なにをニヤニヤしているのだ貴様ら!」

紅莉栖「早くしなさいよ」ニヤニヤ

フェイリス「そうだにゃー」ニヤニヤ

るか「ドキドキ」

萌郁「・・・・・・」ニコ

鈴羽「あーそう言うことかー」ニコニコ


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:43:08 ID:Ubf/rMED0

岡部「ま、まゆり! お前からも何か言ってやれ!」

まゆり「・・・・・・」

岡部「・・・・・・まゆり?」

まゆり「・・・・・・まゆしぃはね・・・・・・いいよ?」///

岡部「・・・・・・」

紅莉栖「岡部! まゆりに恥かかせるんじゃないわよ?」

フェイリス「そうだにゃ! 凶真、男を見せるにゃ」

岡部「ぐっ・・・・・・貴様ら・・・・・・」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:46:17 ID:Ubf/rMED0

まゆり「オカリン・・・・・・?」

岡部「・・・・・・まゆり、いいんだな?」

まゆり「うん♪」///

ダル「うおおおおおお! いっけえええええ!」

俺とまゆり
二人で握ったナイフが
ケーキに入れられた

パンッ! パパンッ! パンッ!


『二人共おめでとー!』


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:49:10 ID:Ubf/rMED0

ああ、これでよかったんだ。
まゆりの笑顔
ラボメンの笑顔
俺はこんなに幸せでいいのだろうか。

いいのだろうな。
これがシュタインズ・ゲートの選択だ。


2年後
俺とまゆりは結婚した。

『オカリン、ずっと、ずーっと、傍に居るよ♪』

                                     まゆりend 




          別√もあるのです♪


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:52:04 ID:Ubf/rMED0

>>86 から続く

2時間後

ダル「んじゃ、僕は帰るお」

岡部「そうか、今日はすまなかったな」

ダル「謝るんじゃねえ! 僕が余計惨めに見えるじゃないか!」

岡部「そうだな。俺の気持ちはもうハッキリ決まっている」

ダル「・・・・・・そっか。どうするのか、聞いてもいいかお?」

岡部「ああ・・・・・・Dメールを送る」

ダル「なん・・・・・・だと・・・・・・」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15 23:57:23 ID:Ubf/rMED0

岡部「俺が家に泊まらないように、Dメールを送るのだ」

ダル「本気かよ、オカリン・・・・・・」

岡部「・・・・・・ああ」

ダル「まゆ氏の気持ちは・・・・・・受け取れないってことかお」

岡部「俺はまゆりが好きだ・・・・・・だかな、その好きは別の好きだ。
   俺はまゆりの事は妹のようにしか見れない」

ダル「そっか・・・・・・」

岡部「まゆりと、恋人同士にはなれない」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:02:06 ID:TSIeWmcy0

もう怒った寝てやる。とかでてエラーになる。ごめん、ちょいちょい時間かかるかもしれない。


ダル「・・・・・・そしたら、Dメールを送るしかないんだお」

岡部「ああ・・・・・・この世界では、まゆりと俺の関係は壊れてしまうだろうからな」

ダル「帰ろうとしたけど、帰るわけにはいかなくなった」

岡部「すまんな、ダル」

ダル「まあ、僕としてはオカリンとまゆ氏はお似合いだと思うんだけどね。
   オカリンがそう言うなら仕方がないお」

岡部「ああ」

ダル「・・・・・・なあオカリン。Dメールを送ったら僕は記憶がない。
   だから、そっちの世界の僕に、この事を教えてやってくれ」

岡部「・・・・・・ダル?」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:05:21 ID:TSIeWmcy0

ダル「僕はオカリンやまゆ氏、ラボメンの事が好きだお。
   僕ならきっとオカリンに力を貸せると思うんだ」

岡部「ああ、必ずお前に相談しよう」

ダル「頼むぜ、オカリン」

岡部「しかしだな、お前が俺の話を信じてくれるかどうか・・・・・・」

ダル「ああ、そうだお。僕しか知らないハズのことを言えばいいんだお」

岡部「なにかあるのか?」

ダル「僕は牧瀬氏のマイスプーンをペロペロした事がある」

岡部「・・・・・・」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:09:07 ID:Ubf/rMED0

ダル「僕は牧瀬氏のマイスプーンをペロペロした事がある。大事なことなので2回いいました」

岡部「・・・・・・貴様」

ダル「信じなかったらこれを言うんだぜ? 間違いなく僕は信じると思う。
   そして、酷く狼狽すると思う」

岡部「まあいい。それではDメールを送る準備をしてくれダル」

ダル「おっけーだお! はぁ・・・・・・暴露してしまったお・・・・・・」

岡部「安心しろ、必ずお前には伝えてやる。そしてこれは二人の秘密だ」

ダル「オカリン! あんた今輝いてるよ」

岡部「さあ、準備を急ぐのだ!」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:12:58 ID:TSIeWmcy0

ダル「とかいいつつ、既に準備完了なんだぜ?」

岡部「さすがは、ダル。我が右腕に相応しい働きだな」

ダル「僕は役にたつだろ?」

ダル「おっけー、放電現象きたお!」

バチバチバチッ

岡部「ダルよ、最後に言っておく事がある」

ダル「ん?」

岡部「二度と舐めるなよ」ドゴォ!

ダル「おうふ・・・・・すま○こ」

ピロリン


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:16:58 ID:TSIeWmcy0

ラボ

岡部「くっ・・・・・・RSが発動したか・・・・・・」

紅莉栖「・・・・・・」

岡部「助手・・・・・・か」

紅莉栖「な・・・・・・なによ・・・・・・」

岡部「いや、ダルはいないのか?」

紅莉栖「し、知らないわよ」

岡部「ん? どうした? 元気がないようだが」

紅莉栖「何もないわよ、気にしないで」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:20:26 ID:TSIeWmcy0

岡部「そうか、ならよい」

紅莉栖「っ――」

岡部(そうだ、家に連絡をして確認してみるか)

『親父? 俺は最近いつ家に帰ったかわかるか?』
『はあ? おめぇーは1週間以上帰って来てねえよこのドラ息子が!』
『そうか、ありがとう親父』

ピッ


岡部(うむ。間違いない、過去は変わった)

岡部(さて、ダルに連絡だな)

ガチャ

まゆり「トゥットゥルー♪ まゆしぃです♪」

岡部「! まゆり・・・・・・」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:22:08 ID:TSIeWmcy0

紅莉栖「まゆり、いらっしゃい」

まゆり「ん? オカリンどうしたのー?」

岡部「いや・・・・・なんでもない」

まゆり「へんなオカリーン」

岡部(やはり意識してしまうな。これではダメだ。
   今のまゆりはあのまゆりではないのだぞ)

まゆり「二人共ジューシー唐揚げナンバーワン♪ 食べるー?」

紅莉栖「ううん、私はいいわ」

岡部「俺も今はいらないぞ、まゆり」

まゆり「そっかー。じゃあまゆしぃ一人で食べちゃうのです」

岡部(ふむ、ダルに電話してみるか)


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:24:32 ID:TSIeWmcy0

『オカリン、どしたん?』
『ダル、今どこだ?』
『今は牛丼食ってるお』 ケイタイキンシ!
『そうか、今から行くから待っててくれ』
『うん、わかったお』 キンシー!

紅莉栖「岡部、どこか出かけるの?」

岡部「ああ、ちょっとダルと話があるのでな」

紅莉栖「そう・・・・・・」

岡部「ああ、そうだ助手よ」

紅莉栖「なに?」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:26:12 ID:TSIeWmcy0

岡部「スプーンを使うときは良く洗ってから使えよ」

紅莉栖「え? 当たり前じゃない。使ったあとも直ぐ洗ってるし」

岡部「うむ、それなら安心した。ではちょっと出かけてくる」

紅莉栖「? ええ、いってらっしゃい」

まゆり「オカリン、いってらっしゃーい」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:29:03 ID:TSIeWmcy0

ガチャ


牛丼屋


ダル「で? どしたんオカリン」

岡部「うむ、俺の話を聞いてくれ、そして信じろ」


 ―――――――――――――――――――――

     ―――――――――――――――

          ―――――――

             ―――

ダル「妄想乙」

岡部「くっ!」

ダル「オカリン、妄想するのはいいけどな、それを人に言うなお」

岡部「妄想ではない! 事実だ!」

ダル「正直引いた」

岡部「貴様にだけは言われたくない!」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:32:09 ID:TSIeWmcy0

ダル「まゆ氏がオカリンの寝込みを襲ってオナヌーとかありえないだろ常考」

岡部「貴様の為を思って言わなかったのだが、仕方あるまい」

ダル「ん? まだなんかあんの?」

岡部「僕は牧瀬氏のマイスプーンをペロペロした事がある」

ダル「」ガタッ

岡部「僕は牧瀬氏のマイスプーンをペロペロした事がある。大事な事なので2回いいました」

ダル「・・・・・・」

岡部「前の世界のお前が言った。お前が俺の話を信じなかったらこう言えと」

ダル「・・・・・・まじかお・・・・・・」

岡部「正直引いた、だと? 俺のほうが引いたのだぞダルよ」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:35:08 ID:TSIeWmcy0

ダル「・・・・・・信じるお」

岡部「うむ、だろうな」

ダル「こ、この事は誰にも・・・・・・」

岡部「ああ、前の世界のダルとも約束した、それだけはせん」

ダル「サンクス・・・・・・オカリン」

岡部「・・・・・・」グッ

ダル「お、オカリン! 暴力は反対だお!」

岡部「ああ、もう既にこの拳は振り下ろされている」

ダル「・・・・・・え?」

岡部「前の世界のダルに一発かましてある。二度と舐めるんじゃないぞ」

ダル「わかったお・・・・・・ごめんお・・・・・・前の僕・・・・・・」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:38:12 ID:TSIeWmcy0

ダル「それにしても、まゆ氏がな・・・・・・」

岡部「ああ、言葉を失ったぞ」

ダル「つか、オカリンはまゆ氏ラブだと思ってたんだが」

岡部「LIKEだ、LOVEではない」

ダル「そっか、で? 僕はなにをすればいいん?」

岡部「ここ数日、お前から見たまゆりはどんな感じだ?」

ダル「まゆ氏? そっちのまゆ氏がどうだったか知らんけど、普通だお。
   いつもニコニコしてて、明るいまゆ氏だお」

岡部「ふむ、そうか」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:41:04 ID:TSIeWmcy0

ダル「つーか、変なのはむしろ牧瀬氏の方だお」

岡部「ん? どーいう意味だ」

ダル「なんか、オカリンと喋ってる時やたらキョロキョロしてるし、
   歯切れは悪いし、見てて違和感ばりばりだお」

岡部「ふむ。確かに先ほど助手と話している時少し変だなと思ったな」

ダル「だろ? 最近ちょっとおかしいなと思ってたんだお」

岡部「そうか、なにか悩みでもあるのかもしれんな」

ダル「かもしれないお。でもあの牧瀬氏の事だし、素直に話してくれるとは思えないお」

岡部「そうだな。本人が自分で喋ってくれるのを待ってみるか」

ダル「それがいいと思われ」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:43:59 ID:TSIeWmcy0

岡部「そうだ、ダルよ。これから時間はあるか?」

ダル「お? うん、全然予定はないけど」

岡部「前のお前と約束していてな、メイクィーンを奢ってやると」

ダル「!! オカリン・・・・・・」

岡部「約束は約束だからな、好きな物を奢ってやる」

ダル「言わなければ奢る必要もないのに、オカリン・・・・・・お前って奴は・・・・・・」

岡部「お前には世話になったからな、いろいろと・・・・・・な」

ダル「僕一生オカリンに付いていくお!」

岡部「では、行くか」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:47:33 ID:TSIeWmcy0

メイクィーン



フェイリス「いらっしゃいませニャー。凶真、ダルにゃん」

ダル「フェイリスたん!」

岡部「フェイリス、例の席を」

フェイリス「にゃにゃっ!? また機関の陰謀の話なのかにゃ!?」

岡部「ああ、誰にも聞かれてはならない重大な話なのだ、至急手配を頼む」

フェイリス「ガッテンにゃ! ついてくるのニャ」

ダル「フェイリスたん萌えー」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:50:01 ID:TSIeWmcy0

フェイリス「ご注文はお決まりかニャ?」

岡部「ダルよ、好きな物を頼むのだ」

ダル「オカリン! 貴方が神か!」

岡部「俺はアイスコーヒーを頼む」

ダル「じゃあ、僕は、世界がヤバイオムライスと、あれとこれとそれ」

フェイリス「了解だにゃ! 待っててくれにゃ」

岡部「牛丼からのオムライスか・・・・・・よく入る腹だな全く」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:55:15 ID:TSIeWmcy0

ダル「僕のお腹は4次元に繋がっているとかいないとか言われてるんだぜ?」

岡部「まあいい。存分に食べるがいい! フゥーッハハハハ」

ダル「んで? まだなにか聞きたいことはあるん?」

岡部「いや、特にないな。これはただの礼だからな」

ダル「そっか、ありがとな、オカリン」

フェイリス「お待たせニャンニャーン。ごゆっくりどうぞだニャー」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:56:06 ID:TSIeWmcy0

ダルとたわいもない話をした。
ダルには感謝しなければならない。
『僕はオカリンやまゆ氏、ラボメンの事が好きだお。
 僕ならきっとオカリンに力を貸せると思うんだ』
この言葉に救われた
前の世界で俺を助けてくれた。
そして、この世界でもダルは俺を助けてくれる。
ありがとう、ダル。
 
 
 
ダル「オカリン、ご馳走様だお」

岡部「ああ、満足したか?」

ダル「うん! じゃあ、また明日な、オカリン」

岡部「ああ、じゃあな、ダル」

岡部「ふむ、ラボに帰るか」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 00:59:12 ID:TSIeWmcy0

ラボ


紅莉栖「あっ、おかえり岡部」

岡部「ん? なんだ助手よ、まだ居たのか?」

紅莉栖「え、ええ。ちょっとレポートをね」

岡部「そうか、あまり根を詰めるなよ」

紅莉栖「・・・・・・心配・・・・・してくれてるの?」

岡部「なっ、ラボメンだからな! 多少はする」

紅莉栖「そっか・・・・・・ありがと・・・・・・」

岡部(やりにくい・・・・・・この助手はやりにくいぞ)

岡部「ゴホン。あーそろそろ帰らないと終電がなくなるのではないか?」

紅莉栖「あ、そうね。岡部は? 今日もラボに泊まるの?」

岡部「ああ、多分今週はラボに泊まる事になるだろうな」

紅莉栖「そっか。じゃあ、また明日ね」

岡部「うむ。気を付けて帰るのだぞ」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:02:12 ID:TSIeWmcy0

ガチャ
テクテク

岡部「なんなんだ。やけにご機嫌だったな」

岡部「いつもなら『助手ってゆーな!』と言うはずなのだがな」

岡部「む? あれは宿題のノート。確か終わったはずだな」

岡部「・・・・・・くそ! 前の世界で終わらせただけでこっちの世界では
   まるで手付かずではないか!! くっ、機関の陰謀か!」

岡部「ふ、まあいい。一度やったものだ。楽に終わらせる事ができるだろう」

岡部「寝るまで気合を入れて終わらせるか」


午前1時


岡部「ああ・・・・・・もう眠い・・・・・・宿題も終わった」

岡部「うむ、今日も月が綺麗だ・・・・・・」


そうして俺は眠りについた
ベッドではないが、
このソファーの寝心地は最高だ。


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:05:51 ID:TSIeWmcy0

朝 7時


岡部「ん・・・・・・ふあっ・・・・・・んん」

岡部「朝・・・・・・か・・・・・・」

岡部「・・・・・・」

岡部「・・・・・・!!」

岡部(唇が・・・・・・湿っている・・・・・・)


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:08:35 ID:TSIeWmcy0

岡部(なぜだ? 過去は変えた! なぜ再び唇が湿っているのだ!?)


ガチャ


岡部「!」ゴシゴシ

まゆり「トゥットゥルー♪ おはよーオカリーン♪」

岡部「ま、まゆり!?」

まゆり「ん? オカリンどーしたの?」

岡部「まゆり・・・・・・今・・・・・・来たのか?」

まゆり「? そうだよ? なんでー?」

岡部(まゆり・・・・・・ではない・・・・・・?)


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:11:07 ID:TSIeWmcy0

岡部「ああ、いやなんでもない。気にするな」

まゆり「うん? だいじょうぶ? オカリン」

岡部「ああ、ちょっと寝ぼけてただけだ」

まゆり「そっかー。なにか飲むー?」ガチャ

岡部「では、ドクペを頂こう」

まゆり「うん♪ はい、どーぞ」

岡部「ありがとう、まゆり」

まゆり「えへへー」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:14:14 ID:TSIeWmcy0

岡部(これは、早急にダルの力を借りねばならん!)

岡部「まゆりよ、今日はラボにいられるのか?」

まゆり「ん? 今日は補習があるから直ぐに学校に行くよ?
    ほら、制服着てるでしょ?」

岡部「確かにそうだな。うむ、気を付けてな」

まゆり「うん♪ じゃあ、まゆしぃは行くのです」

岡部「ああ」


ガチャ
ナエチャントゥットゥルー マユリオネエチャントゥットゥルー


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:17:04 ID:TSIeWmcy0

『ダル! ダル! 起きろ!』
『んー? オカリン・・・・・オハヨ・・・・・』
『ダル! 直ぐに来てくれ! 緊急事態だ!』
『・・・・・・眠い・・・・・・勘弁してくれ・・・・・・』
『ダァルゥ! 頼む! 直ぐにだ! 頼む!』
『わかったお・・・・・・待っててくれ・・・・・・』


岡部「ダル・・・・・・頼むぞ・・・・・・!」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:20:02 ID:TSIeWmcy0

8時30分



ダル「・・・・・・眠くてストレスがマッハなんだが」

岡部「ダル! 助けてくれ・・・・・・」

ダル「え? ちょ、オカリン何があったん?」

岡部「この世界でも・・・・・・唇が湿っていた・・・・・・」

ダル「・・・・・・」

岡部「どうあがいても、俺の唇は湿っているんだ・・・・・・」

ダル「ああ、うん。いいんじゃね? もう」

岡部「どういう意味だ!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:23:04 ID:TSIeWmcy0

ダル「前の世界じゃ、霊の仕業だなんだのでカメラ設置したんだろ?
   結局人的な事だったんだし、死ぬわけじゃないからよくね?」

岡部「よくないだろ!? 眠いからって適当な事を言うでない!」

ダル「僕の口から言わせるのか? そうなんだな、オカリン!」

岡部「・・・・・・なにを・・・・・・だ・・・・・・」

ダル「オカリンの口が湿ってんのは! 誰かに寝込み襲われただけだろ!」

岡部「・・・・・・・」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:26:19 ID:TSIeWmcy0

ダル「分かってるくせに、僕に言わせるなお・・・・・・ハァ・・・・・・・どこのエロゲ主人公だよ」

岡部「どうすれば・・・・・・いいんだ・・・・・・」

ダル「え? なに? オカリン? また僕が言うパターンじゃねこれ」

岡部「どうすれば・・・・・・」

ダル「ラボに! 隠しカメラ! しかければ! それでよくね!?」


ガチャ・・・・・・


岡部・ダル「あっ・・・・・・」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:29:05 ID:TSIeWmcy0

紅莉栖「・・・・・・隠しカメラがなんだって?」ギロッ

ダル「え!? ちが、違うんだ牧瀬氏!」

紅莉栖「隠しカメラしかけてるの?」ギロッ

ダル「仕掛けてないお! ちょ、オカリン! 自分で説明しろよ!」

岡部「助手よ・・・・・・まずは落ち着いてくれ」

紅莉栖「私は落ち着いてるわけだが」

岡部「これから俺が話す事。信じられないかもしれないが、
   だが、最後まで聞いて欲しい」

紅莉栖「・・・・・・分かったわ。しっかり聞いてあげる」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:32:33 ID:TSIeWmcy0

岡部「ダル、余計な話はするな、俺が説明する」ヒソヒソ

ダル「ああ、オカリンにまかせるお」ヒソヒソ

紅莉栖「なに? 内緒のお話? 今しなきゃダメなの?」ギロッ

岡部「・・・・・・いや。では、聞いてくれ」

・朝起きると唇が湿っている
・寝ている間になにかおきているかもしれない
・もしかすると、霊的な者のせいかもしれない
・怖くてハゲそう
・なのでラボに隠しカメラを設置して様子を撮りたい
・助手よ、信じてくれ

岡部「・・・・・・以上だ」

ダル「オカリン、襲われたってのは言わなくていいのか?」ヒソヒソ

岡部「ああ、ラボメンの仲に亀裂が入るかもしれんからな」ヒソヒソ


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:35:13 ID:TSIeWmcy0

紅莉栖「・・・・・・ちょっと考えさせて」

岡部「ああ、ゆっくり考えてくれ」

紅莉栖「・・・・・・隠しカメラ、これから付けるのよね?」

岡部「そうだ。だが安心してくれ。俺がここで寝ている間しか起動させない」

紅莉栖「・・・・・・そう」

岡部「信じてくれるか?」

紅莉栖「ま、まあ。霊現象(笑)は全く信じないけど・・・・・・一つ。条件があるわ」

岡部「なんだ?」

紅莉栖「隠しカメラの設置、起動確認、私も一緒にさせなさい」

岡部「・・・・・・それだけか?」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:38:19 ID:TSIeWmcy0

紅莉栖「ええ。写ってる映像自体に興味ないから見ないけど
     私の知らないところで隠し撮りされたら嫌だから」

ダル「まあ、それなら全然問題ないんじゃね? オカリン」

岡部「そうだな。男二人で隠しカメラなんぞ仕掛けたあとに
   他のラボメンにバレたら大事になるかもしれんしな」

紅莉栖「でしょ? 私が一緒にする方がリスクが少ないと思うわよ」

岡部「うむ。では一緒に頼む」

ダル「よしっ。話も纏まったところで、買いに行きますか」

岡部「ああ。ダル。買う物はお前に任せる」

紅莉栖「じゃあ、行きましょ」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:51:32 ID:0RUg95380

家電ショップ



ダル「おっ。オカリン、こいつ中々のもんですぜ?」

岡部「ふむ。確かに良さそうだ。値段も手頃だしな」
   (どこの世界でもダルの目は本物だな)

紅莉栖「へー。橋田ってこういうのも得意なのね」

ダル「ムフフ。ただのデブだと思うなお!」

岡部「そうだな、我が右腕に相応しい能力だ」

紅莉栖「はいはい、買うのはそれだけでいいの?」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:53:07 ID:0RUg95380

ダル「うん、これだけあればあとはどうにでもなるお」

紅莉栖「思ったんだけど、隠しカメラに詳しいって事は
    あんた盗撮とかやったりしてないでしょうね?」

ダル「え? いや、牧瀬氏? 僕は犯罪になるような事はしてないお!」

岡部「助手よ。ダルは見た目や知識はマニアックだが・・・・・・
   そのような行為は決してしない男・・・・・・だ・・・・・ぞ?」

ダル「なんで疑問系なのか詳しく」

紅莉栖「ふふっ。冗談よ、冗談」

ダル「牧瀬氏、ブラックジョークかお」

岡部「では、会計を済ましてラボに戻るか」

紅莉栖「そうね」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:55:25 ID:0RUg95380

ラボ



ダル「牧瀬氏、設置する場所、ここでいいかな?」

紅莉栖「んー、もうちょっとこっちの方がいいんじゃない? うん、そこらへん」

ダル「うっし、設置オッケーだお! 後はスイッチ入れるだけだ」

岡部「うむ、ご苦労」

紅莉栖「ふー。岡部、お腹空いたんだけど」

岡部「そうだな、もう2時だしな」

ダル「オカリン、カップ麺を要求する!」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:57:45 ID:0RUg95380

岡部「味はなにがいい? 味噌、塩、豚骨、醤油選り取りみどりだぞ」

ダル「豚骨でお願いします」

紅莉栖「共食い乙。私は塩がいいわ。あとフォークも」

ダル「牧瀬氏さらっとヒドイこと言ったお」

岡部「ダル、あっさり豚骨とこってり豚骨があるが、どっちがいい?」

ダル「んー。じゃあ、こってり豚骨で」

岡部・紅莉栖「共食い乙」

ダル「うん、分かってたよちくしょう!」


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 01:59:41 ID:0RUg95380

3分後

助手「チュルチュル」

岡部「フーッフーッズズズッ」

ダル「猫舌乙」

ダル「ズルズルッズル」 岡部「ピギャーピギャー」

紅莉栖「チュルチュr ブ――ブハッ!」

ダル「・・・・・・」

岡部「助手よ、汚いぞ」

紅莉栖「アハハ! ちょ――おか――やめ――」ケラケラ

ダル「ズルズルズル」 岡部「共食い乙」

紅莉栖「や――め――て」ケタケタ


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:01:29 ID:0RUg95380

ラボ 夜


岡部「あっという間に22時だ」

紅莉栖「そうね。ほんとあっという間」

ダル「僕はすごく長く感じたわけだが」

岡部・紅莉栖「気のせいだ(よ)」

ダル「僕は決めたお! 二度と豚骨は食べないと!」

紅莉栖「別にいいのよ、食べたって」

岡部「そうだぞ、人間だって極限状態では人をだな――」

紅莉栖「もう――ム、リ――」クスクス

ダル「共食いネタはもういいお!」


225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:03:56 ID:0RUg95380

ダル「じゃあ、僕はそろそろ帰るお」

紅莉栖「そうね、私も帰るわ」

岡部「そうか、ではスイッチを入れておくか」ポチッ

紅莉栖「じゃあ、オバケに気を付けて」クスクス

ダル「オカリン、幸運を祈る」ビシッ!

岡部「ああ、二人共気を付けて帰れよ」


ガチャ
ピギャーピギャー トモグイオツ


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:05:42 ID:0RUg95380

岡部「ふむ。シャワーでも浴びて、寝るとするか」

・・・・
・・・
・・


岡部「さて、誰も来ないことを祈るか」

岡部「寝込みを襲われたと断言は出来んがな」

岡部「いっそ、霊であってほしい」

岡部「眠い・・・・・・うむ。今日も月が綺麗だ・・・・・・」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:07:49 ID:0RUg95380

ラボ 朝 9時



岡部「・・・・・・ん・・・・・・・んん」

岡部「・・・・・・はぁ、朝か」

岡部「・・・・・・だよな。湿ってるよな」

岡部「・・・・・・はぁ」

岡部「ん、ダルからメールがきてるな」

ダル『今からラボに行くお! 寝てたら起こす」

岡部「ふむ。もう少ししたら着きそうだな」


228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:10:18 ID:0RUg95380

ヴーッヴーッ

岡部「助手からか」

紅莉栖『録画見たら内容を教えろ。ちょっと気になる』

岡部「気になるのなら見に来ればいいものを」

岡部『了解した。そんなに時間はかからないと思う』

岡部「ダルが来る前に準備しておくか」

岡部「メモリーカードをここに差し込めばよかったよな」

岡部「うむ。あとは再生ボタンだけだな」


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:19:33 ID:0RUg95380

ヴーッヴーッ

ダル『すまん、野暮用が出来た。一人で確認しといてくれ。
                         HYKBKHTSR』

岡部「野暮用か。それは良いとして、最後のはなんだ?
   エイチワイケービーケーエイチティーエスアール? なんだこれは」

岡部「どこかの店か? まあいい。映像の確認をするか」 ピッ

岡部「最初は飛ばすか、シャワー浴びただけだしな」 ピッ

『キョウモツキガキレイダ』

岡部「・・・・・・俺は寝る前にこんな事を言ってるのか・・・・・・?」 ピッ

岡部「・・・・・・飛ばし飛ばしみるべきだな。時間の無駄だ」 ピッピッピッ


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:22:25 ID:0RUg95380

07:20 REC

『ガチャ・・・・・・』

岡部(く・・・・・・来たか・・・・・・)

『・・・・・・』テクテク

岡部(な!? お前が・・・・・・)

『・・・・・・』チラッ

岡部(・・・・・・紅莉栖・・・・・・)

『・・・・・・』ヂィー

岡部(カメラを見つめている・・・・・・)

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

岡部(まゆりの時と同じか?)

岡部(こ、れ、が、こ、た、え、だ、)

『・・・・・・』チュッ

岡部「・・・・・・」


239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:24:10 ID:0RUg95380

『・・・・・・』チラッ

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

岡部(こ、う、え、ん、で、ま、っ、て、る)

『・・・・・・』タタタタッ

『ガチャ・・・・・・』

岡部「・・・・・・」

岡部「まさか・・・・・・紅莉栖だったとはな・・・・・・」

岡部「ダルと一緒じゃなくてよかったな・・・・・・」

岡部「公園か。あの場所しかないよな・・・・・・」


ガチャ
ダダダダダッ


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:26:20 ID:0RUg95380

公園


岡部「はぁっ・・・・・・はぁっ・・・・・・」

紅莉栖「・・・・・・オソイ」

岡部「す・・・・・・まな、い・・・・・・」

紅莉栖「返事を・・・・・・聞かせろ」

岡部「はぁっ・・・・・・はぁっ」

紅莉栖「・・・・・・」

岡部「・・・・・・俺も、お前が・・・・・・紅莉栖が好きだ!」

紅莉栖「ピクッ」

岡部「お前と出会って、色んな話をして。最初は憧れていただけだった」

岡部「だが、いつの間にか俺にとって、大切な存在になっていたんだ!」

紅莉栖「・・・・・・ウン」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:27:09 ID:qsiCzulN0

早く爆発しろ


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:28:32 ID:0RUg95380

岡部「お前が、アメリカに戻る事は知っている。だが、それでも俺はお前と一緒に居たい!」

紅莉栖「・・・・・・オカ・・・・・・ベ」

岡部「紅莉栖! お前が好きだ!」

紅莉栖「岡部!」


紅莉栖が飛び込んで来た
俺はその小さな身体を
力いっぱい抱きしめた
離したくない
離れたくない
俺は牧瀬紅莉栖が大好きだ


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:30:53 ID:0RUg95380

紅莉栖「・・・・・・ナマエ」

岡部「ん?」

紅莉栖「名前、呼んでほしい・・・・・・」

岡部「む・・・・・・く、くり・・・・・・す」

紅莉栖「ちゃんと呼べ」

岡部「・・・・・・紅莉栖・・・・・」

紅莉栖「おかべ・・・・・・」 ン


背伸びをする紅莉栖
紅莉栖の唇が近づいた
触れるか触れないか
とても僅かな
紅莉栖との口付け


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:32:19 ID:0RUg95380

岡部「・・・・・・なあ紅莉栖」

紅莉栖「・・・・・・なに?」

岡部「視線が痛い」

紅莉栖「!!」 バッ

岡部「・・・・・・」

紅莉栖「・・・・・・」

岡部「・・・・・・ベンチに、座るか」

紅莉栖「・・・・・・」コクコク


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:34:32 ID:0RUg95380

ベンチ

岡部「・・・・・・」

紅莉栖「・・・・・・」

岡部「・・・・・・あー、その。ダルが途中でこれないと言ってな?
    その、来なくて良かったなと思ってな」

紅莉栖「・・・・・・私が、行くなって言ったから・・・・・・」

岡部「なに? そうなのか?」

紅莉栖「・・・・・・あれは、岡部に気持ちを伝えたメッセージだから、
     橋田は見ないでって・・・・・・メールした」

岡部「・・・・・・そ、そうか」

紅莉栖「・・・・・・ウン」


253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:36:41 ID:0RUg95380

岡部「紅莉栖。俺はまだお前の口から聞いてないぞ」

紅莉栖「・・・・・・」

岡部「これが答えだ。公園で待つ。それだけしか聞いてない」

紅莉栖「ダ・・・ス・・・キ、ヨ・・・・・・」

岡部「聞こえないな」

紅莉栖「大好きよ! 岡部!」



公園に響き渡った紅莉栖の声
歩いている人に
また視線を向けられるんじゃないか
そう思った
しかし、俺の目の前には
真っ赤に頬を染めた紅莉栖の顔
誰に見られてもいい気がした
2度目の口付けだった


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:36:52 ID:sDT+7Yru0

はやくばくはつしろ、か


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:38:25 ID:0RUg95380

後日 ラボ


ダル「で? 牧瀬氏のビデオレターに巻き込まれた僕になにかないん?」

紅莉栖「もう! 許してよ! 謝ったじゃない!」

ダル「え? 皆に喋ってもいいって? オッケー言いふらすお」

紅莉栖「やめて!」

岡部「そうか。残念だな」

ダル「うん、何を言われてもこんな面白いネタ、黙ってられないんだお」

紅莉栖「いやぁぁ・・・・・・」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:40:21 ID:0RUg95380

岡部「奇遇だな、俺もとても面白いネタを一つ持っていてな」

紅莉栖「?」

岡部「スプーンがな、黙ってないと思うんだが」

ダル「・・・・・・」

岡部「スプーン味のキャンディーだったか、いや、キャンディー味のスプーンか」

ダル「オカリン、たった今僕の口にはチャックが付いた」

岡部「奇遇だな、俺の口にも付いた」

紅莉栖「? 黙っててくれるの?」

ダル「墓場まで持ってく所存でございますですはい」

紅莉栖「ヤッタ!」


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:42:18 ID:0RUg95380

岡部「紅莉栖は塩ラーメンでよかったな」

紅莉栖「塩一択だろ常識的に考えて」

岡部「うむ。ダルには――」




俺は紅莉栖とずっと一緒に居たい
紅莉栖もそう言ってくれた          岡部「豚骨と豚骨と豚骨があるのだが、どれにする?」
これから色んな苦難が
俺たちを待ち構えているだろう
しかし、紅莉栖となら             紅莉栖「橋田、好きなの選びなさい」
どんな壁も乗り越えていける
ああ、絶対に乗り越えられる
そして                      ダル「じゃあ、こってり豚骨お願いします」
紅莉栖を幸せにしてみせる!

エル・プサイ・コングルゥ                  『共食い乙!!!』



                   共食いエンd 紅莉栖end


265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:43:03 ID:MbpTloF40

共食い乙


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:45:27 ID:0RUg95380

長々とお付き合いありがとうございまいた。

まゆり、紅莉栖しか考えてなかったです。

コメ見てたら、確かに全√も書けるかも、

とか思いましたが、書く気ないです。


今度は、フェイリス、ルカのどっちかでSS書きたいなと

思いました。 お疲れ様でした!


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:46:20 ID:r4xHkN9MO

共食い乙


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 02:46:57 ID:bkcn8Niw0

あれ、ただのフリーダムか


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16 03:12:14 ID:YFn4Z+yb0

ダル√来るかと思ってたけどないのか

乙!



http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363351286/

関連記事
スポンサーサイト