ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョナサン「あれはなんだろう……?」アヴドゥル「チッチッチッ」

http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/mohamedoavudoxyuru.jpg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:08:12 ID:wp+PPDgJ0

ジョナサン「き、君……」

アヴドゥル「!?」ビクゥッ

タッタッタッタッタッタッ

ジョナサン「なんだったんだろう……」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:10:14 ID:wp+PPDgJ0

ジョナサン「君はディオ・ブランドーだね?」

ディオ「そいうい君はジョナサン・ジョースター」

ボギャアァ

ジョナサン「な、何をするだァー!ゆるさんッ!」

アヴドゥル「チッチッチ」ダッ

ディオ(な、なんだ?あれは)

アヴドゥル「アヴドゥルキック!」ボギャアッ

ディオ「ぐはぁっ!」ドザァッ

タッタッタッタッタッタッ


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:13:24 ID:wp+PPDgJ0

ジョナサン「あ、あの人は……」




ディオ「やあ!君…………エリナって名なのかい?」

ディオ「ジョジョと泳ぎに行ったろう!あいつ最近うかれていると思ったらこういうわけだったのか」

ズキュウウウウウン

取り巻き「やっ、やったッ!」

取り巻き「そこにシビれるゥッ!」

ディオ「初めての相手はジョジョではないッ!」

ディオ「こいつ、いったい何考えてんだッ!」

ディオ「泥水で口を洗っているぞッ!」

ブワシィッ

ディオ「もういい!行こう!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:14:56 ID:wp+PPDgJ0

アヴドゥル「チッチッチ」

取り巻きA「ん?なんだ?アイツは」

取り巻きB「変なヤツだなぁー」

アヴドゥル「マジシャンズレッド!」

取り巻き「ぎゃあああああ!熱いぃぃぃぃぃ!」

ジュウウウウウ……

アヴドゥル「チッチッチ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:16:01 ID:ASOVsHYS0

ディオにやれよwww


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:18:35 ID:wp+PPDgJ0

SPW「ゲブッ!な……なんてやつだ!ハッタリじゃあねぇッ!」

SPW「こいつには指どころか両足だって失ってもいい覚悟があるッ!」

SPW「そして恐怖や痛みに耐える精神力がある!」

SPW「やめりゃあよかった!こんなタフガイにケンカふっかけるのはよォ!」

ギ…………ギ…………

SPW「や、やめろみんな!その紳士に手をだすことは……このスピ」

アヴドゥル「C・F・H・S!」

ギャアアアアア!

SPW「」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:22:34 ID:wp+PPDgJ0

ディオ「こいつ…!!両腕をへし折ったのに骨をメチャメチャにくだいたのに!体に火がついたのに!」

ディオ「力をほんの少しもゆるめん!ナイフを離さん!!」

ディオ「ヨォォォし!」いいだろう!ともに猛火のn」

アヴドゥル「アヴドゥルパァァァァンチ!」

ディオ「URYYYYY!」

アヴドゥルパンチが当たり、吹っ飛んだディオの先にはッ!

ジョースター家の守護神、慈愛の女神像!!

ディオ「ギャヤヤアアア!」

アヴドゥル「YES I AM!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:25:27 ID:XfWicclu0

なりきりダンジョンの小説を読んだ後だと、可能性の枝がどんどん増えていくように思えるぜ…


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:26:46 ID:wp+PPDgJ0

ディオ「タルカス!黒騎士ブラフォード!もはやおれの出るまでもない!」

ディオ「出てきてこいつらにファンファーレという悲鳴を吹かしてみろッ!」

アヴドゥル「マジシャンズレッド!」

ブラフォード「ぐあああああああ!」

タルカス「WWWRYYYYY!」

ディオ「」

ジョナサン(まただッ!またあの人が僕達を助けてくれた!)

ジョナサン(あの人はいったい何者なんだ?)

アヴドゥル「チッチッチ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:29:33 ID:SfOHrkKL0

なにこれwwwww


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:31:01 ID:wp+PPDgJ0

ディオ「WRRRRYYYYY!」

ツェペリ「波紋疾走!」

ディオ「ウゲーッ」

アヴドゥル「アヴドゥル疾走!」

ディオ「WOOOOOOOOOOO!」

SPW「世界は救われたんだッ!」

SPW「人間としての常識が麻痺しちまって疑問にも思わなかったがいちばんの謎はあんただぜ!」

SPW「あんたはいったいどこでこんなことおぼえたんだ!?」

アヴドゥル「チッチッチッチ」ダッ

SPW「あっ……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:38:01 ID:wp+PPDgJ0

ディオ「こ……こいつ……死んでいる……!」



スモーキー「お……奥歯だ……奥歯~~~っ女の人の奥歯だ!」

ジョセフ「この野郎……ほ……ほんとうにひっこぬきやがった!」

ストレイツォ「ストレイツォ容赦せん!」

アヴドゥル「マジシャンズレッドは許さん……」

アヴドゥル「レッドバインド!」

ストレイツォ「ぬぅっ!?」

アヴドゥル「YES I AM!」

ストレイツォ「NUGAAABHHHH!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:41:01 ID:wp+PPDgJ0

ジョセフ(な、なんだァ~?アイツは……)





ジョセフ「人呼んで波紋ヘア・アタック!」

アヴドゥル「クロスファイアハリケーン!」

サンタナ「GYAHHHAHHHHH」

ジョセフ(ま、またアイツだ……)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:45:40 ID:wp+PPDgJ0

エシディシ「動物は!運動や病気でエネルギーを使うと体温がある程度あがる…」

エシディシ「おれは血液を500℃まで上昇させ放出できるッ!」

アヴドゥル「500℃?怪焔王の流法だとぉ?」

ボウッ

エシディシ「あんまりだァー」

アヴドゥル「YES I AM!」

ジョセフ「」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:49:16 ID:sva2I8Zs0

2部もいるのかよwwww


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:49:26 ID:vocfGami0

普通に強いよね


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:52:33 ID:wp+PPDgJ0

ワムウ「解毒剤を飲んでみせてくれ、おれが消滅しちまわないうt」

アヴドゥル「アヴドゥル流波紋疾走!」ゴシャアッ

ジョセフ「」


SPW「アルティミット・シイングカーズの誕生だッーっ」

カーズ「フン!」

アヴドゥル「うおおおおぉぉぉ!」

ジョセフ(まただ!またアイツがやってきた!)

アヴドゥル「マジシャンズレッドレクイエムゥゥゥ!」

カーズ「RRRRRRRYYYEEEEEE!!」

カーズ「こ、ここは……なにもない!」

カーズ「ぎぃゃあああああ!こ!凍るッ!く……空気が凍っている!」

カーズは亜空間から脱出することはなかった……

鉱物と生物の中間の生命体となり永遠に亜空間にいるのだ。

そして、死にたいと思っても死ねないので

そのうちカーズは考えるのをやめた。


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:53:23 ID:vocfGami0

ヴァニラアイスの能力じゃねーかw


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:54:00 ID:bYeMzX4B0

レクイエム化してるじゃねーか


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 20:56:37 ID:wp+PPDgJ0

アヴドゥル「マジシャンズボンバー!」

ドォォォォン

DIO「WRYYYYYYY!?」

アヴドゥル「第三部完」

アヴドゥル「そろそろ寿命がきてしまうな……」

アヴドゥル「マジシャンズ若返りっ!」

アヴドゥル「ふぅ……」

アヴドゥル「エジプトに戻るか」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:01:39 ID:wp+PPDgJ0

女「ねぇねぇ見たあ?ボーリングの爪切り持ってたよ……今時ボーリングの爪切りだって!」

男「超ダサァーッ!」

女「ムカツクーッ」

吉良「……」


男「何だてめーは人の部屋にッ!」

ダッ

アヴドゥル「マジシャンズボンバー!」

ドォォォォン

吉良「……?」

ドォォォォン

女「」ボロボロ

吉良「……」

吉良「……」ガリガリガリガリガリガリ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:01:48 ID:aGGeF18k0

これはあれか、勧誘されたときにぶっつぶしたということか


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:04:28 ID:wp+PPDgJ0

露伴「なぜこれから起こる事を体験しているのだ?『スタンド能力』にしてはそこがおかしい」

ピタリ

パパの名前は[マジシャンズフィルター]

露伴「!?」

露伴「なんだ……これは」

露伴「マジシャンズフィルター?」

岸辺ロハンも殺された。

露伴「……?」

成長した[マジシャンズフィルター]


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:07:32 ID:wp+PPDgJ0

吉良「……」

アヴドゥル「……マジシャンズ分身ッ!」

吉良「……?」

ズラァッ

吉良「……!?」

アヴドゥル「マジシャンズレッドレクイエムゥゥゥ!」

吉良「こ、これは……」

吉良は亜空間から脱出することはなかった……

鉱物と生物の中間の生命体となり永遠に亜空間にいるのだ。

そして、死にたいと思っても死ねないので

そのうち吉良は考えるのをやめた。


32: ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 2013/04/10 21:08:07 ID:K7Hwz50R0

破壊力
接近戦
遠距離戦

これほどまでに万能で強力なスタンドはあるだろうか。


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:08:16 ID:aIwxwlA10

吉良人間だろwwwwwwwwwwwwwwwwwww


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:11:02 ID:9mvMh09y0

アヴドゥル好きの俺には最高のスレ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:12:30 ID:wp+PPDgJ0

アヴドゥル「モハメドスペシャルッ!」ブゥンッ



パサァッ

ナランチャ「ん?」

フーゴ「紙だ……」


組織のボスの名前はディアボロ。
これがディアボロの現在地だ。
キングクリムゾンの能力は封じ込めているので倒すなら今だ。
ボスを倒せばブチャラティが次のボスとなるだろう。
ボスを殺すか殺さないかは君達次第だ。



ディアボロ「俺のそばに近寄るなーっ!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:13:05 ID:Ps8d86vJO

やべえなんか知らんけどめっちゃ楽しい


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:18:48 ID:wp+PPDgJ0

プッチ(このプッチを押し上げてくれたのはおまえらだ、わたしの味方は刑務所の時からおまえらだったのだ)

プッチ(天にまします主よわたしを導いてください……)

プッチ(わたしが間違った道を歩まぬよう見守っていてください……あなたの御心に我が身を捧げます)

アヴドゥル「しかし断わる、アヴドゥルスペシャル」

プッチ「感じたぞッ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:22:45 ID:wp+PPDgJ0

プッチ「『位置』が来るッ!!!」

プッチ「今承太郎が銛を撃ちこんで来たあの位置で感じたッ!」

プッチ「わたしを押し上げてくれたのはジョースターの血統だったッ!」

エンポリオ「アナスイだッwwwwwシャトルの外壁にすでにのってるぞォッwwww」

アナスイ(なんだ?とてつもない力が……)

アナスイ「くらえッ!『ダイバー・ダウン』!」メシャアアアアアア

プッチ「うぬおおおおおおおおお!」

プッチ「だ……だが……もうC-MOONではない……天国の時はついに来た……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:23:00 ID:DwrVFC140

しかし断るワロタw


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:26:04 ID:wp+PPDgJ0

プッチ「おおおおおおおおおお!」

C-MOON→マンハッタン・トランスファー

プッチ「……え?」

ダイバー・ダウン→ワールド

アナスイ「なんだ……これは……」

ストーン・フリー→キングクリムゾン

徐倫「えっ」

バーニングダウンザハウス→ダイバーダウン

エンポリオ「え?」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:26:48 ID:izk0CJaH0

クソワロタ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:28:23 ID:wp+PPDgJ0

スタープラチナ→ティナー・サックス

承太郎「何が起こっている……?」

キッス→スタープラチナ

エルメェス「ん?」

マジシャンズレッド→メイド・イン・ヘブン

アヴドゥル「これでいいんですよ………これで」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:31:19 ID:wp+PPDgJ0

アナスイ「こ、この力は……」

アナスイ「時を……止められた?」

アナスイ「WRYYYYY!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!」

アナスイ「そして、時は動き出す」

プッチ「このちっぽけな殺人鬼がぁぁぁぁぁぁぁ!」


アヴドゥル「終わったようですな……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:35:59 ID:wp+PPDgJ0

アナスイ「終わったようだな……」

承太郎「アナスイ」

アナスイ「承太郎さん……」

承太郎「結婚の許可を与える」


アヴドゥル「時は加速する!」



アヴドゥル「さて、ついたついた」

アヴドゥル「くっそー、やっぱりこれに出たかったんだよなー!」

アヴドゥル「スティール・ボール・ラン・レース楽しむぞぉ!」

終わり


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:37:22 ID:izk0CJaH0

そして群生サボテンに突っ込んで即死


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/10 21:37:58 ID:LHGmISiM0

それ馬に乗るレースなんすよ


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365592092/
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。