ドラッグ オン ドラグーン3 討鬼伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊音「清水谷さんと」京太郎「園城寺さんにエッチな悪戯!」

                   http://blog-imgs-56.fc2.com/s/s/i/ssipaimatome/20548142.jpeg
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:02:13 ID:tZz6Dm2Q0
豊音「あのー、千里山女子の竜怜カップルですよねー」

竜華「か、カップルやて///」テレテレ

怜(うわぁ…、この人でかっ!?えっ、女の人なん?)

京太郎「すいません。俺達、清水谷さんと園城寺さんのファンなんです」

怜「はぁ…、どうもおおきに…」ペコリ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:07:05 ID:tZz6Dm2Q0

豊音「サイン下さいー」

竜華「ええでええでー。うちらって全国的に有名なん?」

豊音「はい、それはもう。お二人は付き合ってるんですか?いつもイチャイチャしてるイメージがあります」

竜華「お、お、お付き合いはまだやねんで///」テレテレ



怜「うちのサインなんか欲しいん?」

京太郎「えぇ、一応」

怜「竜華は、千里山女子の顔やからよくサイン頼まれてるけど、うちはサイン書くの初めてやで」カキカキ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:10:17 ID:tZz6Dm2Q0

キキィーーー!

怜「ん?乱暴な車やな」

豊音「京太郎君」チラッ

京太郎「うっす」


ガシッ

怜「えっ…!?」

京太郎「少し眠ってて下さい」


ハンカチにクロロホルムを染み込ませて、怜の鼻と口を塞ぐ京太郎


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:15:01 ID:tZz6Dm2Q0

怜「むーーーーっっ、むっっーーーー!?」バタバタ

京太郎「こっちです、大人しくして下さい」





竜華「あれは、中三の合宿やった…」

豊音「うんうん」

竜華「でな…、あれ?怜がおらん」キョロキョロ

豊音「そろそろ、おっけーみたいだね。園城寺さんは、あの車の中に居るよー」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:20:14 ID:tZz6Dm2Q0

竜華「あぁ?」ギロッ

豊音「ちょー怖い!まぁまぁ、危害は加えませんよ。今はね」

竜華「…どう言う事や、コラァ!」

豊音「よく私相手に睨み利かせれますね。大阪の人はなかなか度胸がある」

竜華「関係あるか…、怜に何かしたら…、しばくぞ…あんたら」ギロッ

豊音「車の中で説明しますよ。と言っても、私達もよく知らないんだけど」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:26:39 ID:tZz6Dm2Q0

車の中

竜華「手錠ね…。用意周到な事で…」ジャラ

怜「すぅすぅ…」zzZZZ…

豊音「免許取り立てだよー。まぁ、運転はよくしてたけど」

京太郎「田舎じゃ車の運転出来ないとかありえないですもんね」

豊音「地面が凍ってて、すごく怖いんだよ。岩手の車道は」

竜華「うちらをどこに連れて行くつもりや。このノッポ女!」

豊音「身長気にしてるんだよー。私も、園城寺さんや清水谷さんみたいに、普通の女子高生に生まれたかったよー」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:31:06 ID:tZz6Dm2Q0

数時間後

豊音「着いたよ。入って入って」

京太郎「よっこいしょっと」


怜をお姫様抱っこしようとする京太郎だが

竜華「怜に触れんな!このヤンキー!」バシッ

京太郎「おっと…」

豊音「寝てるから仕方ないよ。じゃあ、私がお姫様抱っこして連れて行くね」

竜華「…それならまだええけど」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:34:31 ID:tZz6Dm2Q0

カツンカツン…

三人+一人は地下へと歩いて行った


竜華「なんやねん…ここ…」ブルブル

京太郎「助けは来ませんよ。携帯も預かってますし」

豊音「電波届かないし、携帯なんてあっても無くても一緒だよー」

怜「すぅすぅ…」zzZZZ…



カチャ

豊音「ここが、竜怜カップルさんの部屋になるよー」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:40:43 ID:tZz6Dm2Q0

竜華「うちらを監禁かいな…」

豊音「そう言う事になるねー」

竜華「何するねん…。何させるねん…」ビクビク

京太郎「普通に生活して貰います。まぁ、指示があれば俺らが何かしますけど」

豊音「清水谷さんと園城寺さんに指示する事は多分ないかな。運動不足にならない程度に、筋トレでもしてて下さい」


部屋はビジネスホテルの一室みたいなの


竜華部屋

----------マジックミラー----------

怜部屋


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:47:30 ID:tZz6Dm2Q0

竜華「うちの部屋と怜の部屋が繋がってるわけやないんや…」

豊音「はい、別々の部屋です。ちなみにこのマジックミラーは、叩いても蹴っても壊れません」

京太郎「猛獣も飼えますからね。この部屋」

竜華「ふん、逃がす気ないって事かいな…」ブルブル

豊音「まぁ…、運命だと思って諦めて下さい」

京太郎「残念っすね。俺達が言うのも何ですけど」

竜華「怜は病弱なんや。具合が悪くなった時とかどうするんや!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/05 23:53:27 ID:tZz6Dm2Q0

豊音「基本的には関与しません」

竜華「は?」

京太郎「俺達も暇なんで、医学の勉強はします。けど、出来る限界ってあると思います」

豊音「この辺にお医者さんとか居るのかな?よく、知らないけど」

竜華「…って事は、怜を助ける事は出来へんって事かい!」

京太郎「そうなりますね。いざって時は見捨てるとか…」


パーン!

竜華は京太郎の頬を思いっきり叩く

京太郎「…」ヒリヒリ

京太郎「失言でした」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:00:13 ID:27wQDZcK0

京太郎「また飯の時間に来ます。監視カメラでチェックしてますから、プライバシーはありません」

竜華「トイレもシャワーも丸見えかいな…」プルプル

豊音「二人の部屋は、マイクとスピーカーを繋いでるから、会話しようと思えば出来るよ」

竜華「へいへい、怜と喋られへんかったら狂ってしまうからねー」ケラケラ

豊音「では」


ガチャ、バタン

竜華「…」プルプル


怜「…うーん」パチッ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:06:07 ID:27wQDZcK0

竜華「怜、起きた?何が起こったかわからんけど、うちら監禁されたらしい」


怜「え~~~~!?」





竜華「って事や。食べ物すら、与えられるかわからん」


怜「そうなんや…。水は蛇口捻ったら出るな…」ジャーーー


竜華「人間、水だけで一カ月生きられるとか」


怜「うちは病弱やから、二週間かな」アハハ


竜華「笑い事ちゃうやろ!」バン


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:12:03 ID:27wQDZcK0

ガチャ

京太郎「晩飯の時間っす」

怜「あぁ、良かった。一応、ご飯は貰えるんや」ホッ



ガチャ

豊音「ご飯だよー。と言うか、水だけどね。六甲のおいしい水」コトッ

竜華「…うちにはご飯無しかい」グーグー

豊音「超ごめんだよー。私達は指示されてる事しか出来ないからねー」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:18:12 ID:27wQDZcK0

怜「なんでや!?竜華にもご飯上げたってや!」

京太郎「今日は無理ですね」

怜「うちのご飯の半分だけでも!」

京太郎「無理です無理です。そのご飯は、園城寺さんのご飯です。食べるか捨てるかは自由にして下さい」

怜「そんな…アホな話があってたまるか…」ガクン

京太郎「一時間後、容器を回収に来ます。もし残してても、下げますので」



京太郎「一応、俺が腕によりをかけて作った料理なので、全部食べて貰えたらうれしいです」

怜「…わからん。うち、グルメやから」ムスッ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:24:12 ID:27wQDZcK0

怜「竜華…、うち…どないしよ…」グーグー


竜華「迷う事なんかない。食べればいいやん。それは怜の晩飯や」


怜「でも…でも…、竜華だって、お腹すいてるやろ」グスン


竜華「もちろん、お腹すいてないって言えば嘘になる。けど、一日くらいご飯食べなくても、うちは平気やで」

竜華「実はダイエットしてた所なんや!」アハハ


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:29:03 ID:27wQDZcK0

怜「竜華はホンマにええ子や…。そんなん嘘やろ?今日は、クレープ食べに行く計画してたやん」


竜華「ははっ、まぁ強がりやな。でも、うちが一番嫌なんは、怜が空腹で倒れる事、体調を悪くする事」

竜華「うちはご飯食べられへんより、そっちの方が辛い」


怜「…そうなん?じゃあ、悪いけど食べさして貰うな」


竜華「もちろんや。感想聞かせて。あのヤンキーの手料理とか、クッソまずそうやけどなー」


怜「音、聞えへんように毛布被って食べる」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:35:33 ID:27wQDZcK0

竜華(別に目の前で食べてもいいのに…。うちの事、考えてくれたんか…)

竜華(やっぱり怜はいい子や。何とか、怜だけでも逃がしたいけど…。怜は体力無いし、仮に脱走できても…)

竜華(助かる見込みは薄いかもな…。まぁ…、うちより長生きさせるで!絶対にな!)





京太郎「時間っす」

怜「ゲロマズやったわ。こんなマズイご飯食べた事ない」

京太郎「と言いつつ、残しはしないんですね。一応、好きな食べ物とかリクエスト受け付けますよ」

怜「…」ウーン

怜「…餃子」


竜華(それ、うちの好きな食べ物やん)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:40:08 ID:27wQDZcK0

監禁生活二日目


竜華「…」グーグー

竜華(お腹すいて、あんまり寝られへんかった…)


怜「今日は、竜華がご飯食べる番のはずや!大丈夫、あの人らもそこまで鬼畜じゃないと思うし…」


竜華「だとええな」ハハハ



京太郎「ご飯の時間っす。リクエスト通り、餃子料理です」

豊音「今日はアルプスのおいしい水だよー」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:46:08 ID:27wQDZcK0

怜「なんでやねん!」バン

京太郎「一人分しか用意してませんから」


豊音「まぁ…、ガンバ」

竜華「水ね。うち、六甲の水の方が好きやねん」ハァ



京太郎「食べる食べないは自由です。でもせっかくリクエスト通り作ったのに…」ショボーン

怜「これは竜華の好きな食べ物なんや!」

京太郎「そんな事、言われてもねぇー」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:51:26 ID:27wQDZcK0

30分後

竜華「怜、はよ食べて。ヤンキー兄ちゃん、来るで」


怜「食べへん」プイ


竜華「怜!いい加減にして!怜が生き残る事だけを考えや!」バン


怜「嫌や!どうせ死ぬなら、竜華と一緒に餓死する!竜華だけ痩せ細って行く姿をうちは見てられへん!」


竜華「ええ加減にせぇ!うちは、怜には生きて欲しいんや!」


そんなこんなで一時間が過ぎる


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 00:57:03 ID:27wQDZcK0

京太郎「あーあー、せっかく作ったのに…」

怜「うち、餃子嫌いやねん」プイ

京太郎「明日は何にしますか?」

怜「明日もうちだけ、ご飯あるんかいな!?」カタカタ

京太郎「そうっすね」



竜華「…」グーグー

豊音「流石に元気無くなって来たねー。大丈夫?」

竜華「大丈夫なわけあるか…。死ね巨人女」

豊音「ひーどーい」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:03:11 ID:27wQDZcK0

監禁生活三日目


怜「…」グーグー

怜(あかん、一日ご飯抜いただけでこの辛さ。三日、ご飯抜いてる竜華はかなり辛いはず)


竜華「…」グーグー


怜「うちが何とかせんと」ボソッ



京太郎「飯の時間っす。今日は、うどんです」

怜「来たか!」パサッ


豊音「はーい。六甲のお水」トン

竜華「…おぅ」ガクッ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:09:11 ID:27wQDZcK0

怜「…」ヌギヌギ

京太郎「あれ、園城寺さん、下着でどうしたんっすか?風邪引きますよ」

怜「あ、あのな。須賀君。あんたらも上で暮らしてるんやろ?」



豊音「そーだよー」

竜華「怜!?あんた何してんの!」ガタッ


怜「須賀君、男の子やし性欲くらいあるやろ?竜華にご飯分けてくれたら…、う、うちの体使ってええから…」ブルブル

京太郎「へぇー…、マニュアルマニュアルっと」パサッ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:15:15 ID:27wQDZcK0

竜華「ふっっっっっっ、ざけんなぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」


バキィィィィィ!

ガラスを力いっぱい叩く、竜華

竜華「いたッッ…」ジンジン

豊音「げ、元気あるじゃん」タラタラ

豊音「怖いから逃げよーっと」



京太郎「このケースは書いてあります。交換条件成立です」

怜「ホンマか!?」



竜華「怜!アホな事、言わんといて!!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:24:16 ID:27wQDZcK0

竜華「おい、こらぁ!この雄猿!うちが相手したるわ!怜に手を出すな、ボケえぇぇぇぇぇぇ!!!!!」


京太郎「…って言ってますけど」

怜「ははは、竜華はちょっと興奮してるだけや。うちの方がええと思うよ」カタカタ

京太郎「俺、あの人と二人っきりになるの怖いっす。多分、噛み千切られます」

怜「うーん、否定出来へん」



京太郎「じゃあ、お願いします」ポロン

怜「う、うん///うわっ…、グロいな…これ」

京太郎「最初は手でシて貰えって書いてます。手でお願いします」



竜華「殺す!絶対殺す!殺す殺す殺す!!その汚いリー棒、ちょん切る!噛み砕く!ときいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」ポロポロ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:32:32 ID:27wQDZcK0

>>78、一応操作可能で。多分、見えないように操作しないけど


怜「あの…、竜華に見られたくないし、毛布被ってシていいか?」

京太郎「ダメっす。性行為は隠すのは禁止って書かれてます」

怜「…そうか。竜華、見やんといてくれると助かる」


竜華「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」ポロポロ

竜華「あぁぁぁあぁぁぁあああぁぁぁ」グスグス

竜華「嫌や、嫌や!ご飯なんか食べたくない!いらん!」グーグー

竜華「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:38:20 ID:27wQDZcK0

怜は京太郎の指示通り、慣れない手つきでシゴいた

怜「むぅ…」シュシュ

京太郎「いいっすねー。そこ弱いです」

怜「あぁ、そう」シコシコ


ビュルルルルル

京太郎「すいません、顔にかかりましたか?」

怜「ええよ。…すぐ風呂入るし。約束さえ守って貰えたら」

京太郎「了解です。食事時間は後40分残ってます」



竜華「…」

竜華「…」

竜華「…」ポカーン


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:46:44 ID:27wQDZcK0

ガチャ

豊音「清水谷さーん、待望のご飯だよー」

竜華「…」

豊音「園城寺さんが、3分の1食べたけど、後残りは食べていいよー」

竜華「…あっそ」

豊音「後30分したら、取りに来るから早く食べてねー。じゃねー」


バタン


怜「竜華。こんなん洗えば、すぐキレイになるし、気にせんといて。ゴキブリを素手で触ってしもたみたいな感じやし」


竜華「…うん」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:55:12 ID:27wQDZcK0

怜「はぁ…正直、手で触るだけで良かった…。これなら、竜華にご飯分けれるし…」


竜華「…食べるか」パクパク

竜華(復讐の機会を待つ。姉帯は、まぁ警察に突き出すだけでいいかもしれんけど…)

竜華(須賀京太郎。アイツは、絶対殺す!)メラメラ


竜華はこの日から、筋トレを開始した


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:56:45 ID:ZoavMGFhT

筋トレwww


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 01:58:12 ID:io3d2nyl0

わろた


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:01:22 ID:27wQDZcK0

監禁生活七日目


怜「じゃあ、今日もいつも通り…」

京太郎「はいっす。今日は清水谷さんの好物の餃子料理ですよ」

京太郎「あっ、オ○ホ持って来たんで、これでシゴいて下さい」

怜「なんやこれ…、けったいな形してるで」



竜華「…」ギリギリ

豊音「清水谷さん、機嫌悪そうだねー」

竜華「当たり前や。今すぐ、アイツの頭を金属バッドでカチ割りたいわ!}


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:07:19 ID:27wQDZcK0

竜華「ふんっ、ふんっ…」クイクイ


怜「竜華はまた腕立てかいなー」


竜華「やる事無いしな。鍛えとこう思って」


怜「動くとお腹すくで」


竜華「怜のおかげでご飯食べれてるから…。別に辞めたかったら、辞めてええで?」


怜「いや、最近コツもわかったし、楽な作業に思えて来たで。10分くらいあれば…、その…射精させれるし」


竜華「…」イライラ


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:13:02 ID:27wQDZcK0

監禁生活八日目

怜「じゃあ、おチ○チン出して」

京太郎「ボスの指令で、今日から口解禁だそうです」ポロン

怜「は?」



バキイィィィィィィィ!

ガラスを蹴る竜華


竜華「おぅ、こら。クソジャリ、今、なんて言った!?」

豊音「怖いから、退散」ドヒュー


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:18:58 ID:27wQDZcK0

怜「く、口でしろ言うの?」カタカタ

京太郎「はい、すいません。ボスの命令で…。俺自身は、二人分の料理作りたいんですけど」


竜華「怜、断わって!そんな汚いもん、口に入れたらあかん!!!!!」

竜華「断わらんかったら、絶交や!絶交やからな!」ドンドン



怜「…口に咥える」ゴクリ

京太郎「一応、洗っときましたよ。園城寺さんの部屋に来る前は、毎回キレイに洗ってます」

怜「…うぅ」チラッ


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:24:10 ID:27wQDZcK0

竜華「おぃ、須賀!うちがお前の、その汚いヤツ、しゃぶったるわ!怜の代わりにな!」ドンドン


京太郎「嫌ですよ…。俺、女になりたくないです」

怜「…」

怜「…」

怜「…やるわ。けど、対価が欲しい」



竜華「怜!?は?は?はぁぁぁぁぁぁ?何言うてるの!?」プルプル


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:28:57 ID:27wQDZcK0

京太郎「対価ですか?」

怜「せや。ここから出せ言うのは無理やろ?」

京太郎「はい、多分」

怜「ご飯の量を増やすとか…、うちらの欲しい物を用意するとか…」

京太郎「…まぁ、それくらいなら」


ピーーーガーー

?「ご飯にデザート追加」


怜「デザート」ゴクリ

京太郎「だそうで」


竜華「デザートなんかいるかあぁぁぁぁぁぁぁ、このボケえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

バキィ!


竜華、無駄なのにガラスを蹴る


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:34:06 ID:27wQDZcK0

結局

怜「んぐっ!?」

京太郎「はぁはぁ…、園城寺さんの口、あったかいっすね」ドピュ

怜「がはっ…、げほげほ…」

怜「おえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」ゲーーー



竜華「聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない…、見たくない見たくない見たくない…」カタカタ


竜華は部屋の隅っこで、目を瞑って両手で耳を塞いで震えてた…


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:35:15 ID:m24Ot44r0

咲さんかわいい!


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:36:38 ID:ZoavMGFhT

よし


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:41:27 ID:27wQDZcK0

監禁生活14日目


竜華「…」レイプメ


京太郎「口に出すぞ!」グチュグチュ

怜「う、うん。飲んだらええの?」

京太郎「おぅ」


ビュルルルル

京太郎「はー、いっぱい出た。あっ、ちゃんと飲んで下さいよ」

怜(これマズイんよなぁ…)

怜「…」ゴクン


京太郎「今日のデザートは、園城寺さんの好きなショートケーキです」

怜「おぉー、竜華!3分の2くらい食べてもええ?」


竜華「全部食べや…。うち、ケーキってか。白い食べ物は食べられへんし」イライラ


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:50:20 ID:27wQDZcK0

京太郎「あと残念なお知らせっす」

怜「なんや?」フキフキ

京太郎「ボスが茶番は飽きたから、セクロスしなさいって」

怜「…」ガタッ



竜華「は?」


怜「…そうか。いつか来ると思ってたけど」

京太郎「すいません、命令には逆らえません。園城寺さんが嫌がっても、俺が無理矢理します」

怜「…うん」



竜華「おいおい、待て。待て待て待て待て!!!!!なんで、怜とセクロスする気やねん!こらあぁぁぁぁぁ!」ギロッ

竜華「怜は処女なんやぞ!!!!!」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:58:00 ID:27wQDZcK0

ゴンゴン!

竜華はガラス越しに、頭突きをする


竜華「なぁ…、須賀君。あんたも人の心が残ってるなら、可哀想やと思うやろ!?」

竜華「初体験が無理矢理って!アホか!」

竜華「女の初体験は…、忘れられへん思い出になるんやで…」ポロポロ



京太郎「俺だってしたくありませんよ。でも色々とあるんですよ」

怜「…まぁ、見ず知らずの他人じゃないだけマシかもしれんな。もうええよ、うち疲れた…」

怜「セクロスくらいさせるから、ご飯二人分用意して」


ピーーーガーーー

?「いいよー。同じ女として気持ちわかるし。まぁ、別に私には関係ないからいいけど。いい顔見せるね、貴方の相方」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:58:06 ID:ZoavMGFhT

いやほんと残念だわー


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:58:37 ID:fLiCeqXD0

つらいなー


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 02:59:11 ID:W4fvWkP10

かわいそうだわー


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:05:01 ID:27wQDZcK0

>>155よくわかったな。


竜華「…」ヌギヌギ

竜華「京太郎くーん、うち、オッパイ大きいし、怜よりいい体してると思うでー」スリスリ


ガラス越しに陰部を擦り付ける竜華


竜華「怜より楽しませる自信あるし、うちとセクロスをしよう!うん、今なら抵抗せーへんで」

竜華「不安なら、手錠でも何でもつけてくれていいし」スリスリ


京太郎「…」ゴクリ

怜「竜華、あんたこそ処女やろ。うちは汚れてるんやから、こんな役はうちに任せとき」ニコッ


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:11:50 ID:27wQDZcK0

京太郎「ぼ、ボス。どうしましょう?」


ピーーーガーーー

?「清水谷さんに手を出すのはまだ早いかな。ヤっちゃえ、京太郎」


京太郎「園城寺さんか…。いいっすか?」

怜「嫌や言うても、やる言ってたやん。ええよ、もう濡れてるし」

京太郎「…うっす」グイ


京太郎「あぁ…、これが女の人の…、中…」パンパン

怜「ひぐっ…、うぅ…」ポロポロ


竜華「…」プツン

竜華「あははははははははははははは!!!!!!!!!!」

豊音(ヤバい…、殺されるかも…。武器持って来よっと)


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:17:04 ID:27wQDZcK0

監禁生活31日目


怜「ちょうど一ヶ月か…」


竜華「…」ボリボリ


怜「竜華、自分で自分を傷つけるのは辞めて」


竜華「うちの勝手や」ブチッ


怜「うちは薬もないし、どーせすぐ死ぬ。竜華さえ、生き残ったら…。もしかして、逃げれるかも」


竜華「逃げられへんよ。怜が死んだら、うちもすぐ死ぬし」アハハ


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:21:29 ID:27wQDZcK0

怜「あぁ、そやそや。一応、言っとかんとな」


竜華「なんやねん」ガリガリ


怜「うち…、竜華の事好きやってん」


竜華「…あぁ、そうなんや」ツーーー


怜「いつも竜華に助けて貰ってばっかりやったから…、何かうちが役に立ててうれしい…。竜華のためなら体くらい安いもんや」


竜華「うちがいつ助けて欲しいって言った…」ポロポロ


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:27:40 ID:27wQDZcK0

ガチャ

豊音「ご飯だよー」

怜「あれ、須賀君ちゃうんか?」

豊音「めでたく解放されたみたい。こんな事、言っちゃ悪いんだけどさ…」

怜「ええよ、ええよ。言ってみ」

豊音「私も早く解放されたいから…」

怜「レズセクロスは…、初めてやな…。まぁ、男よりマシか。好きなようにどうぞ」クパッ



竜華「ははは、須賀のヤツ解放されたんや…。絶対許さんからな…。うちの人生全て使ってでも、絶対に見つけ出して殺してやる…」ゴゴゴ


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:35:35 ID:27wQDZcK0

どこかの同じような場所

優希「き、京太郎」グスン

京太郎「ゆ、優希。待たせたな…。ようやく、お前を助ける事が出来た…」


ドスッ

京太郎「えっ…」プシューーー

優希「全部、見てたじぇ…。あの女と毎日毎日、セクロスセクロス。私がひどい目にあってるのに…」

京太郎「そんな…、あれは…、俺だって仕方なく…」

優希「京太郎を殺して…、私も死ぬじぇ…」



?「まぁ、当然。都合のいいように編集してたんだけどね」クスッ


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:44:55 ID:27wQDZcK0

監禁生活?日目


豊音「私もようやく解放されるよー」クチュクチュ

怜「そっか…良かったな」アンアン


竜華「…」ブツブツ


豊音「後続の人は誰が来るかわからないけど…、実は、私リモコン持ってるんだ」

怜「リモコン?」

豊音「このガラスの壁を外すリモコン。これ…、置いとくね。今開けてしまうと、清水谷さんに殺されると思うしね、私」

怜「おおきに。竜華は毎日見てるけど、会うのは久しぶりなんやで」



豊音「…」

豊音「もう会う事もないし、許してくれとも言わないけど」


竜華「殺すで?」


豊音「さよなら…、清水谷さんに見つからないように、どこか遠くへ逃げます」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 03:53:04 ID:27wQDZcK0

豊音「さてと…」


豊音「あれ…、鍵か開かない…」ガチャガチャ


ウィーン

竜華「…ガラスが上に上がった」

豊音「園城寺さん!?やっぱり裏切ったの!?私を恨んでた!」

怜「押してない!押してないで!うち!」



?「飽きました。姉帯さん、お疲れ様です。熊倉さん、老人なのを考慮してませんでした。なぜか急死されました」

?「ごめんなさい」ぺっこりん



豊音「そんな…、私…、ちょー頑張ったのに…」ガクッ


195: 訂正 2013/01/06 03:54:00 ID:27wQDZcK0

豊音「さてと…」クルッ


豊音「あれ…、鍵が開かない!?」ガチャガチャ


ウィーン

竜華「…ガラスが上に上がった」

豊音「園城寺さん!?やっぱり裏切ったの!?私を恨んでた!」

怜「押してない!押してないで!うち!」



?「飽きました。姉帯さん、お疲れ様です。熊倉さん、老人なのを考慮してませんでした。なぜか急死されました」

?「ごめんなさい」ぺっこりん



豊音「そんな…、私…、ちょー頑張ったのに…」ガクッ


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 04:02:04 ID:27wQDZcK0

竜華「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

豊音「!?」ビクッ

怜「竜華!姉帯さんが悪いわけやないんや!」ガシッ


竜華「それでも…、コイツは…コイツは…!うちの怜の犯して犯して犯しまくった!!」ボカッ、バキッ、ボキィ

豊音「園城寺さん、いいよいいよ。この人には私を殴る権利があるよー」ポロポロ

竜華「許さん!怜の痛み…、うちが…代わりに!」ボキッッッッ

怜「竜華!それ以上やると、姉帯さん死んでまうから!」



?「どうせみんな死ぬけどね。毒ガス、ぽちっとな」


プシューーー、モクモク


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 04:10:24 ID:27wQDZcK0

穏乃「憧ー、麻雀牌握れるようになったよー!」

憧「ホントに!?あんた、トラウマ克服出来たの!?」

穏乃「うん!また…、麻雀楽しめると思う!いや、きっと楽しくする!憧と一緒に!」

憧「シズぅぅぅ…、良かった…良かった…」ポロポロ



憧「清水谷さんと大星さん恨んでないの?」

穏乃「なんで恨むの?私が弱かったからだよ。あの二人は強かった…、だから私達は負けた」

憧「シズが牌握れなくなった時は、どうしようかと思ったわよ…」

穏乃「大星さんとは仲良くなったよ!また…、一緒に打てる時を楽しみにしてる」



憧「そっか…」

穏乃「今日から、部活も復帰するよ。最近、どうだった?」

憧「シズの居ない麻雀部は暇だから、暇潰しして遊んでたよ。まぁ、もう必要ないけどね」



終わる


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 04:11:47 ID:Chlw7MrT0

ナチス憧とは……たまげたなぁ……


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 04:12:17 ID:q1IYHltp0

oh...


220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06 04:12:36 ID:m24Ot44r0

京タコと姉帯トシはとばっちりじゃねーかwwwwww



スレッドURL: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357394533/


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。